eye.jpg

正直しんどい...

2カ月程前から、自分が働く部署の
新人さんへの指導係に、ど〜いうわけか任命され
それからというもの、日々多忙すぎて
へとへとの毎日を過ごしております(苦笑)

まぁ〜新人さんも頑張って覚えようとしていることも
よく分かるし、仕事内容的には
そんなに簡単ではないことも
私も1年もやってきているので、
それも重々よく分かる。
だからこそ、何でか指導係になってしまっていた
私なりにも質問には全て応えているつもり。

何度同じことを聞かれようとも、
自分のスタンスとして、嫌な顔せずに
対応させてもらっているつもりです。

とは言え、私が分かる範囲の範疇を超えての
質問には上司やリーダー的な人に
聞きに行かざるを得ないわけでして、
正直聞きに行くのも躊躇いたくなることもあります(苦笑)

上の人たちは私以上の多忙の業務を
こなしているのも見ていてよく分かるので
極力は話しかけない方が
良いんだろうねぇ〜って時がありますな(汗)
ピリピリしている空気感や、
余裕のない表情や態度を取られると
ちょっと心境的にげんなりするよねぇ...。

多分当人たちは、そんなつもりはないんだろうけども
直で対面するとリアルに伝わるのよ(苦笑)

でも分かる!分かるよ!!(苦笑)
今話しかけるタイミングじゃないのも
よく分かってるよ(笑)
たださぁ〜下っ端も困るわけよ(汗)
答えを出してあげないと、先に進まないわけよ。
だから内心はどう思っていても良いから
もう少し聞きやすい雰囲気を作ってくださいよ(苦笑)

望んでもいない中間管理職みたいな気分だよ(汗)

そこそこ公言しておりますが、
今の職場の前に働いていた、複数の職場では
責任者的な立場もあったので
それに疲れ切ったからこそ、
黙々と働ける仕事を探して、
今のところに辿り着いたわけですが、
まさかここでも、そういう立場に
させられるとは思ってもいなくて...。

正直、この時期は特にしんどい...(苦笑)

期待されていたり、あてにされていたりと
ポジティブに捉えれば、きちんと働きっぷりが
評価されていると思うんだけど、
なにぶん業務量が多すぎて、
現在キャパオーバーなわけです(汗)

それでも周りの人たちの、対応は素晴らしいので
それに応えたいという思いもあるので
頑張って働いております(苦笑)


そんな中、自分的にはあてにしていた人が
今月で終了するという話を聞き、
え〜〜〜って大声を出しそうになったり
結構ショックだったります。
そこら辺は一般の会社ってのは
シビアなんだなぁ〜と非常に残念な思いです。

入り自体は短期の人だったろうけども
働く意欲はあるんだから、
頑張ってもらえば良かったんじゃないなかなぁ〜
なんてことを考えながら、
何とか一週間働いておりました(苦笑)

今年もあとわずかだから、
残りの期間も頑張って働くことにします(汗)

週末万歳(苦笑)

25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

iPhone Ⅹ

やっとこさ、使えるレベルまでには
もってこれました(苦笑)
二年振りの作業は忘れているのもあるけど、
復元前のiPhoneと、復元後のiPhoneの
バージョンを合わせなきゃいけなかったり
復元作業も1~2回では上手くいかなくて、
結構マジで面倒な作業が続きました(汗)

改めてやっていくと、家のWi-Fiルーターも
古い機種であるがために、速度もそんなに
速くないのが分かっちゃったし、
それによってダウンロードも遅いし
ちょっと重たいデータダウンロードしちゃうと
通信止まっちゃうし...(苦笑)
ってことでWi-Fiルーターも購入しました(汗)
ほぼポイントでGetしました(苦笑)

PCもそうだけど、スマホ系も全て通信速くなりました。
時代の変化ってすげぇ~なぁ~(汗)


iPhone Ⅹは、やはり最新機種だけあって
サクサク動いてくれるし、
画面も有機ELディスプレイになったから
凄い綺麗に色々なものが表示されています!
文字とかも読みやすい気がします!

IMG_4351.jpg

FaceIDは、追々賢くなっていくという話だったので
それについてはもうちょい日数が必要かと(苦笑)
でも意外に便利かも知れません。

ホームボタンについては、慣れのせいだと思うけど
まだ意味なく押してしまいそうになる自分がいます(苦笑)
後、アクセシビリティの疑似ホームボタンが
優秀でこんなに機能あったかなぁ?
って思うほど、大抵の動きはカバーできますね。
私の場合、通知やコントロールセンター、
マルチタスクなど頻繁に使いますが
それも大体カバーできます!
これなら手の不自由な人でも、
操作は可能っぽいですな!(苦笑)


それにしても両面ガラスなのは
正直手が不自由な人間には
恐ろしくて仕方がないけど(苦笑)
まぁ~そこはケースだよりってことで(汗)
取り敢えずは落下した時の衝撃を抑える機能と
カード一枚収納と、ストラップを
つけられるものを選んで
安いものにしてみました(苦笑)

ちょっとした雰囲気のある写真を撮るには
ポートレート機能は結構優秀ですな。
所々違和感のあるボケ具合だけど(汗)
それでもちょっとした写真なら
結構素敵なの撮れそうです!!

IMG_4350.jpg

ただの変顔しかしてくれず切ないけど(汗)
周りのうっすらボケ具合は
雰囲気は出ておりますな!

後は慣れかなぁ~。
そして落とさないこと(苦笑)
大事に使っていこうと思います(笑)

支払金額が当初より月額2000円オーバーを
超えてしまって、それをママに伝えるときが
少々緊張したりして(苦笑)
ありがとうママ!!

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

これでいいのだ!

どうやらバカボンのパパと
同じ年齢に達してしまったようだ(苦笑)

マジか!?
バカボンのパパは41歳の設定なのか?(苦笑)
何となく意外な展開でした(汗)


まぁ~でもこれでいいのだ!(笑)


と言うわけで、本日KAZは41歳になりました!!
立派なおじさんです(苦笑)

ほうれい線は目立ってくるし、
髪だって染めないと、結構な白髪だらけだし
髪だけに限らず、鼻毛も白髪だし
あそこの毛も白いの増えてきたし・・・
夕方にはパソコン見ていると眼がショボショボしてくるし
足がよろけて転倒するし(汗)
夜寝るのも早くなってきたし、体力も減ってきたし・・・
味濃いめの飯も受け付けなくなってきたし
若いって良いのぉ~って切に思ってるし
何をするにもあの頃は良かったって思っちゃうし
書けば書くほど切なくなってくるけど(苦笑)


だけど、やっぱりこれでいいのだ!(笑)


今更どうしようとも、若くなることはないし
人生グラフでも折り返しを過ぎただろうし
でも今は今なりに、息子との生活が楽しいし
一緒に喜怒哀楽を共有できる奥さんもいるし
たまに馬鹿言い合える仲間もいるし
音楽もやれているし、KAZ自身を応援してくれている
方々も大勢いることもありがたいし
仕事もしんどいけど充実はできているし
こんな素敵な人生を送れていることに
いったい何の不満があるというのだね?(苦笑)

何だかんだ言ったって、リア充な人生ですよ!!

障がいを持って生まれてしまったけど、
多分健常者よりも良い人生送っているんじゃないかな?
自分がやりたいなと思うことは大半ができていると思います。

強いてできていないことをあげるとすれば
車を自分で運転できないのと、
金持ちになれないことでしょうかね(苦笑)

車に関していえば、もう自動運転車が
そう遠くないうちに実用化されるんだろうから
自分での運転は諦めて、リーズナブルな値段になってきたら
購入して、車内爆音音楽でドライブしたいものです(笑)

金持ちは・・・まぁ~無理か(苦笑)


40歳の1年ってのは振り返ると・・・
病気と怪我が大半だったのぉ・・・(苦笑)
41歳になっても後厄が残っているから
充分に気をつけながら、息子の成長を見守りつつ
マイペースで、楽しく、くだらない毎日を
平穏で過ごせれば良いなと思っております!!

さぁ~この日記を読んでしまった皆さん!!
お祝いコメント待っております!(苦笑)
もしくは、同じように切ないエピソード待ってます(笑)

今後とも頑張って生きていきますので、
これからも、ケーエーゼットを温かく見守ってください(笑)
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


ということで、最後もこれでいいのだ!


25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪でいいのだ!

毎年のことながら...

良く降る雪でごさんずね(苦笑)
先週のチャリティーライブ前後も降って
リアル困っておりましたが(汗)

もうこれは多少溶けたとしても寝雪パターンでしょうかね(汗)
仕方ないとは言え、また憂鬱な数カ月が始まります。

こうなってくると、困るのが当然通勤!
でも去年いろいろな方からの手助けがあって
何とか乗り切ったわけですが、
また今年も手伝いますよって言ってくださる方も
たくさんいらっしゃいまして、
本当にありがたいなと心より思っておりますm(_ _)m

さらに新しいところからも、協力しますという話もあり
近々打ち合わせをさせていただく予定です。


若い頃は、できないことは山程あったけど
それでも一人で何とかなるんじゃないかって
強がって生きていたこともあるんですが
この年になると、意味のない強がりは
自分を追い込むだけで、良いことはないんだなと
悟ってきまして...手を貸していただける方には
素直に甘えさせていただいても
良いんじゃないだろうか?って思うのです。

全部を甘えるってのは、また別の話になってきて
面倒くさくなりますけど、できない部分を
手を貸してくださいっていうお願いは
何ら恥じることではないと思います。

障がいがあろうがなかろうが、
自分ではできないってことはあるじゃないですか?
頼ることができない性格だったり、
どーしても頼れないってことはあれど、
頼って良い部分は、素直に甘えて良いと思う。


まぁ〜度を超すと嫌われますけど(苦笑)
そのさじ加減も分かりづらいけど...。
少なくとも家族を含めて、誰かしらの手を借りないと
自分は生きていくことも難しいのは
認める心持ちも必要なんだと思います。
だから私は素直に手を貸してくださいって
大声を出して、呼びかけております!

ただ逆に誰かが助けを求めていて、
私にできることがあるのなら、
そこは手を差し伸べたいと思っています!
お金の面は難しいけど...(苦笑)


人間、持ちつ持たれつの関係で成り立ってるでしょ?
窮地に追い込まれる前に、取り敢えず声を出してみましょうや。
誰かは気付いてくれるんじゃないかなぁ。

そんなことを思う、雪降りの夜でした(汗)

まだ連絡してない方もいらっしゃいますが
緊急要員として、ご連絡させていただきますので
今回も雪降りの期間、ご協力いただけましたら
大変ありがたく存じますので、
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

無事に終わりました

少し日数が経ってしまいましたが
まずはお礼を兼ねまして、日記を上げさせていただきます!

本番の前日から降り続けた雪は、札幌の景色を真っ白に染めて
当日になったら、うっすらどころか、
真冬ばりの積雪になっておりました(汗)

今までのパターンからいきますと、結構晴れ男で通ってきたのですが
今回ばかりは嵐が北海道にやってきたついでに
強い寒気まで連れてきてしまって、
ある意味、嵐旋風が巻き起こった感じでしたね(苦笑)

嵐のライブを蹴って、UHB主催のKANさんが出演するライブも蹴って
皆さんはKAZに会いに来てくれたんですよね?(苦笑)
大変光栄に思っております(笑)

でも本当に、足が不自由だったり、
車いすに乗っていたりすると、雪が積もっちゃうと
外に出るのが億劫になると思う中、
チャリティーライブに足を運んでくださったことは
心よりありがたく感じております。
あらためて本当にありがとうございましたm(_ _)m

kazcl_20171119.jpg

ライブレポは、別途上げたいと思いますので
この日記では割愛させていただきますが、
風邪を引いてしまったり、どーにも車いすで
外に出るには大変だったり、
体調が悪かったりする方など、
わざわざお詫びの連絡をいただきまして、
そんなこと気にしなくていいのに
逆に気を遣わせてしまい申し訳ございませんでしたm(_ _)m

私としては、そりゃ見て欲しいですけど
行きますよと意思表示を示していただくだけでも
充分嬉しく思っております。
それだけでも励みになります!!
次の機会にライブ会場で会えることを願ってます!


とは言え、余りの大雪には少々焦りもあり
みんな来てくれるだろうか?
などの心配は結構しておりました(汗)
でも蓋を開けてみれば、定員のほとんどの方が
来てくださりまして、大盛況の内に終えることができました。

行けないけど募金だけします!って言ってくれた人もいます!
お名前だけお知らせします。

・スライリィー基金様
・ポリープゆうぢ様

本当にありがとうございましたm(_ _)m


今回選んだ会場は、ライブをやるための場所では
ありませんでしたので、これはこれでどうなっちゃうのか
不安がなかった訳ではありませんでした。
ステージも段がある訳でもないし
目線は皆さんと一緒でしたし、照明も融通の利く
感じではありませんでした(汗)

ただただ縦に長い部屋という感じでしたので
どういう使い方をすればいいのか
当日皆さんに委ねるしかなかったです(苦笑)

でも人数制限があるというのは分かってたので
部屋全体が埋まることはないため
部屋の後ろ側は、退屈するであろう
我が子を始めとする、子どもたちの自由スペースにすることだけは
部屋を借りる際には決めておりました。

この点についてだけで言えば、上手い利用方法だったと思います。
親御さんからも、ありがたいという話も聞けましたので
素直に良かったなと思っています。
そこだけで言えば、照明の融通の利かなさも
ある意味功を奏したのかもしれませんね(苦笑)


音量について言えば、当初ほどほどにしてくださいって
言われていたので、どこら辺が線引きなのか
分からないまま、突入してみたけど(汗)
意外に音量出せたし、終わってから鍵を返却する際に
大丈夫だったか聞いてみたけど、
特に問題はなさそうでした。
今回のライブでの音量がオッケーなら
私的には今後も使う場所としてはアリかなと思ってます。

ライブ自体に妥協はしたくない。
でも見に来る人に対しても、基本制限はしたくない。
車椅子だから入れませんとか、
子どもは声を上げるからダメとか、
何か理由つけて、制限するのはイヤだなと。
まぁ〜人数制限はありますがね(苦笑)

このチャリティーライブだけは、
見に行きたいなぁ〜と思ってくれるように
演者も頑張るし、見に来る人も自由であって欲しいのです。
その流れでライブ見たら、募金も自然にできてるし
ちょっとでも子どもたちのことを考える
きっかけを持っていただけたらと思って取り組んでいます。


今回も余計な話ばかりしちゃって
子どもたちのことを、きちんと話せたかは
正直怪しいんですけど...
しかも時間を押しに押してしまったし(汗)
そこら辺をカバーするためにパンフを作ってたりもするので
一回は読んでもらえれば、真剣に取り組んでいることは
理解していただけるのではないかと思っております。


何はともあれ、無事に終えることができて
心からホッとしております(苦笑)

PAのエバタさん、
KAZ一派のRYOさん、やってぃ、シヴァーP、ナベ、
ボランティアのOさん、
サポートのやまちゃん、大先生、キメラさん
MCミック、よっし〜
カメラマンの梶川さん、はるかさん、Eちゃん
オープニングアクトを務めてくれた
三浦里菜さん、こうえいたさん
いつも支えてくれている、ママ、
一緒に歌ってくれた、つむくん

そして何よりも、ご来場いただきました皆様に、
あらためて深く深く、厚く御礼申し上げますm(_ _)m


取り敢えず、10回の目標を目指して来年も開催しますので
今後とも応援していただけると大変嬉しく思います!!
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

いやぁ〜参った(汗)

  • かなしい事

昨日の夜はKANさんのライブを見に行って
楽しすぎたけど、体力はへとへと状態でした(苦笑)

家に帰って、そっこーで休みましたが
連日の仕事の疲れと、チャリティーライブの練習と
そしてKANさんだったので、やっぱ限界だったんですかねぇ(汗)

今朝、仕事に行く前の用意する段階で
トイレに行って出ようとしたら、
足がもつれたようで、転倒しました...。
頭を壁に強打しながら、擦りつけてしまったようで
後頭部を5cm程度切ってしまい
気付けば血だらけになってました(汗)

さすがに転倒だけでも焦るけど
頭からの血が出ているのを見ると
ヤバイんじゃね?って思い、取り敢えず出勤済みの
奥さんの職場に電話をかけヘルプを求めました。

唯一の救いはスマホがテーブルの端っこにあったのと、
ストラップがだらーんとぶら下がっていたので
手を伸ばせば届いたことでしょうかね。
正直取れなかったら、夜まで気付いてもらえないかも(苦笑)

その後、横になっているのも微妙なので
多少座りたいので、ひたすら身体をずって動き
ベットのあるところまで辿り着き、
何とか少しは座る感じにまではもってこれました。
でももう動く気力もなく、奥さんが戻るまで
ただただ待ってました(苦笑)

あたり一面血だらけになっている状況を
察し救急車を手配してもらって
近くの脳外科へ搬送されます。

その後、CTやレントゲンを撮って
どちらも異常がないことを確認して
切れている部分を縫合することになり
ドクターXでは良く見る、医療用ホッチキスで
傷を縫合されました(苦笑)

あれはあれで結構な衝撃と痛さがあるよ(苦笑)
どっかの建築現場のような...バチンって音が
治療室に響き渡っていた(泣)
麻酔することも痛いらしいので
さっと終わらせるには仕方がないらしい...ホントか?(汗)

まぁ〜そこそこの出血だったけど、
言うほど異常がなかったのが救いですな...。

明日からは髪も洗って良いらしいし
日常は普通におくれそうです。

ただなぁ〜尾てい骨が、結構痛いのよぉ(汗)
搬送された際は、そこまでの痛さがなかったから
あまり強くは訴えなかったんだけど
明日も痛ければ、今度は整形外科かのぉ...。


何はともあれ...1年で二度も救急車を手配するのも
異常がなかったのを確認するまでの間や
カーペットの血だらけをキレイにせざるを得ない
奥さんにも本当に申し訳なかったのぉ...。

気を付けて歩くようにはしてたけど
疲れすぎて思考回路は回ってなかったのかもなぁ。

危うくチャリティーライブ
中止になってしまうところでしたが
開催はしますので、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

皆さんも転倒と頭の強打には気を付けてください(苦笑)

25周年も安心しづらいが、いつものぉ〜あでゅ〜♪

Another week

いよいよ来週の日曜日には、ひっさびさの
チャリティーライブが開催されますよ!!

取り敢えず、チケットも返事待ちを除けば
ほぼソールドアウト状態なので
本当にありがたい限りですm(_ _)m
貴重な休みの日に、お付き合いいただくこと
心より御礼申し上げます。

パンフの印刷も無事届きまして、
ある程度のモノは用意ができまして
後は練習と、MC用原稿だったり
自分用の原稿作りでしょうかね・・・(汗)

kazCL2017panfu.jpg

何はともあれ、来ていただける皆様に
楽しんでいっていただけるような
ライブにしたいと思って取り組んでおりますので
ぜひご期待いただけたらと思います!!

さて改めて細々とした説明をさせていただきますね。


●会場について

まずは会場である、かでる2.7のレクレーション室ですが
一階の入り口を入ったら右に狭い通路がありまして
そこのを奥まで進んでいただきますと
レクレーション室があります。
詳しくは下記の画像を参照願います!!

kaderu2_7_1f.jpg

ちょっと早めに着いてしまった方には
入り口正面にあります展示ホールスペースにて
お待ちいただくことは可能ですので、
暖をとってお待ちください。

それでも不明な場合は入り口横に
総合受付がありますので
お気軽にお問い合わせください。


●駐車場について

かでる2.7には駐車場があり、通常は有料ではありますが
車で来ていただき停めることは可能です。

車高の高さ制限があり2mまでになります。

但し、チャリティーライブ以外にも
かでるホールでも当日イベントがあり、
既に使われている可能性はあります。
しかも台数も機械の故障とかで現在29台までしか
停めることができないようです(苦笑)
本来は80台近く停められる設備らしいのですが
直すための予算が市から得られないらしく
仕方なく29台までらしいです・・・。

車椅子利用の方には優先的に利用していただきたいのですが
先着順らしく状況によってはかでる2.7の駐車場は
使用できない可能性もあることだけは
申し訳ないのですが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。
私自身も使えない可能性もあります(汗)

一番近場で、YAMADA電機に駐車場が有料ですがあります。
どうしようもない場合は、そちらの利用をお願いします。

一応利用できたときの話をしますと、
障がい者手帳をお持ちの方であれば
駐車料金は免除されますので、駐車場の受付さんに
手帳を提示してください。


●定員について

施設利用に当たり人数制限がありますので
予約されていない方の入場はできませんので
予めご了承ください。


●お子様連れの方

私も2歳児の親なのでよく分かりますが
さすがに2時間も大人しくしているのは
難しいかと思います(汗)
なので会場を自由に動き回っていただいて構いません(笑)
泣いても、大声出しても問題ありません(苦笑)
無理強いはしないでください。

一応、私含めて歌い手は、小さい子向けの
曲を用意していますので、
何かしら反応してもらえると思っています(苦笑)

飲食も基本はアレですが、掃除は我々スタッフが行いますので
気になさらずに、飲み物やお菓子は食べさせてあげてください。

荷物に関しては、50人分のロッカーも完備されていますので
身を軽くしたいときには自由にお使いください。
鍵はあるので大丈夫だと思いますが
貴重品については各自で責任を持って扱ってください。
後、鍵はなくさないでください(苦笑)


●車椅子を利用されている方

面倒だとは思われますが、レクレーション室が
元々裸足でも使用できる部屋として設定している関係上
歩いている方にはスリッパに履き替えていただき
車椅子利用の方にはタイヤを拭いてから入るように
施設側より指示を受けておりますので
ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

そしてトイレについてですが、車椅子用のトイレは
同じ1階にはありますが、ホール側の方にありますので
少々離れていますが、その点もご了承ください。


取り敢えず説明としては、こんなところでしょうか?(汗)

何はともあれ、今回は小さいお子さんの参加が多く
多分私のチャリティーライブとしては初だと思われますが
どうにか2時間楽しんでいただけるように
頑張っていきますので、見に来てくださる皆様も
どうぞ楽しみにしてくださいね!!

私含めて風邪などを引きませんように・・・(苦笑)

KAZ Charity Live 2017
To a heart of children Vol.Ⅵ
〜世界はこんなにもカラフルに染まっている〜

日時:11月19日(日) PM16:00〜OPEN PM16:30〜START
場所:かでる2.7 レクレーション室(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル1F)
TEL:011-204-5100
定員:45名まで
チケット:1,000円(18歳未満無料)
サポート:ヤマガタユウジ、城 禾乃、キメラ...
Opening Act:三浦里菜、こうえいた

寄付先:児童養護施設 旭川育児院(旭川市台場2条2丁目3-45)

Web Pagehttp://kaz-sing.com/charity/
チケット予約Mailkazing.s@gmail.com

主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会

2017CL_ol.jpgのサムネイル画像

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

10月も終わる

台風からの温帯低気圧に変わり、激しい暴風雨と
みぞれ交じりの雪が降り、本当に10月だったんだろうか?
なんてことを思わせる10月も終わりを迎え
いよいよチャリティーライブまで
三週間を切ってしまいました!!(苦笑)

6月に場所を抑え、今年は余裕がありそうな
予感がしておりましたが、蓋を開けるといつも通りっていう...(汗)

もうここまでくると、やはり性格的な問題で
ギリギリにならないと、取り組まないんだろうなぁ私(汗)

まぁ〜言い訳の類も沢山なくはないんだが
言ったって仕方がないということで
取り敢えず多忙な仕事は、意識を遠ざけておいて
気持ちだけでもチャリティーライブに
集中していこうと思っております!!

チケットも残り13枚まできましたので、
お悩みの方は、少しお早めの決断をお願いしますm(_ _)m


時計台から始まり、バージョンアップを兼ねて
パトスを選んで取り組んでいたものの
子どもが生まれて、一旦小休止して
昨年はライブバーのMellowさんでやらせていただき
今年はどーしようか悩みつつも
場所代を協賛等でお願いするにも限界があり
初心に返り、自分で賄える分でやろうと思い
値段的に可能だった、かでる2.7を選びました。

ライブをやるという会場としては、
パトスを経験しちゃうと、雰囲気はがらりと
変わっちゃうんだけど、それでもそれなりに
楽しんでいただけるのではないかなと思って
必死に取り組んでおります!

自分の置かれている現状をはねのけてまで
無理して行うことが正しいのか分からなくなっていたけど
昨年のライブは、小さいながらも、やっぱり楽しかったし
自分が親になって思うこともリアルになってきたし
周りの友人達にも子どもが生まれてきました。

日々の子どもとの生活は、大変なことも多いし
こんにゃろ〜って思うこともあるし
イラッとするとこもありますよね。
でも、やっぱりかわいいし、楽しいし
愛おしいんですよ!!

そんな中でも、いろいろな事情がある中で
親と一緒に暮らすことができない子どもたちがいることも
また事実なんですよ...。
何とかならんのか?って思うわけですよ。
自己満足も否定はしませんよ。
でも微力ながら、そんな子どもたちのために
役に立つことがあればと思って
チャリティーライブを開催させていただいております。

なので皆さんのチケットの売り上げや、
当日の募金などには、一切手を付けずに
そのまま児童養護施設へ寄付させていただいております。
それが私なりのポリシーです。

まぁ〜おかげで、一派を含むスタッフさんや
ボランティアさんには謝礼も出せないし
オープニングアクトを務めてくれる方々にも
なんの謝礼も出せませんが、
そんな無茶苦茶な条件の中でも
協力してもらえて本当に感謝しております。

本当にワガママにお付き合いいただきまして
心より御礼申し上げますm(_ _)m
今年のライブも一緒に盛り上げてくださいm(_ _)m

と言うわけで、チケット残り13枚です!!
ご予約お待ちしておりますm(_ _)m

KAZ Charity Live 2017
To a heart of children Vol.Ⅵ
〜世界はこんなにもカラフルに染まっている〜

日時:11月19日(日) PM16:00〜OPEN PM16:30〜START
場所:かでる2.7 レクレーション室(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル1F)
TEL:011-204-5100
定員:45名まで
チケット:1,000円(18歳未満無料)
サポート:ヤマガタユウジ、城 禾乃、キメラ...
Opening Act:三浦里菜、こうえいた

寄付先:児童養護施設 旭川育児院(旭川市台場2条2丁目3-45)

Web Page:http://kaz-sing.com/charity/
チケット予約Mail:kazing.s@gmail.com

主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会

2017CL_ol.jpgのサムネイル画像

25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

着々と

チケット予約が入ってきましたよ!!(苦笑)
もう~みんなスロースタートだなぁ~
いけずぅ~(まるちゃん風(汗))

現在保留中の方などもいらっしゃるので
ある程度は見えてきましたが、
まだ余裕はありますので、どんどんご予約お待ちしております。

そんな中、ポスターやチケットなども
印刷が上がってきて、後は当日配布するパンフを
デザイナーさんにお願いしているところになります。

2017CL_poster.JPG

まぁ~他にも用意しなきゃならないものも
多数あるんだけど、なにぶん本気で仕事が忙しいので
結構一杯一杯です(苦笑)
やはり年末調整の時期の開催は、
自分を追い込むだけだのぉ・・・(汗)

でも楽しみにしていますという声も
たくさんいただいているので、
おじさんは頑張っていきますよ!!(苦笑)


印刷屋を離れて早2年ですが・・・
自分たちでやれてた頃は、限りなく安く
設定できていたので、改めて外注に出すと
そうは安くはならんのぉ~(汗)
裏側を知っているので、用紙代とか
プリント代とかは、ある程度把握できてしまうだけに
気持ちもう少しお安く~と心の中で思っちゃう(苦笑)

とは言え、相手方も商売ですから
安くする理由は、てんでありません(汗)
それでいいと思います(笑)
なので今後とも、よろしくお願いしますm(_ _)m


話が逸れてきましたが・・・(苦笑)
何はともあれ、少しでも子どもたちのためになればと
今年も開催させていただきますので
お客さんが予約で埋まりますよう、
今しばらくご協力の程、よろしくお願い申し上げます。


KAZ Charity Live To a heart of children Vol.Ⅵ
~世界はこんなにもカラフルに染まっている~

2017CL_ol.jpg

日時:11月19日(日) PM16:00〜OPEN PM16:30〜START
場所:かでる2.7 レクレーション室(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル1F)
定員:45名まで(完全予約制)
チケット:1,000円(18歳未満無料)
サポート:ヤマガタユウジ、城 禾乃、キメラ...
オープニングアクト三浦里菜こうえいた

寄付先:児童養護施設 旭川育児院(旭川市台場2条2丁目3-45)」
寄付の使われ方:クリスマス会などのレクレーションの経費に充てられます

Web Pagehttp://kaz-sing.com/charity/
チケット予約Mailkazing.s@gmail.com
         他にSNS経由でも予約の受付OK
TEL:090☆9083☆7040 ☆を消して電話してください(PM20:00~22:00まで可)

主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会

※お願い
・人数制限が施設運営上必須のため、予約されていない方の入場はできません
・車椅子使用の方向けですが、かでる2.7には地下に行く駐車場があります
 基本的に有料ですが、障がい者手帳を提示すれば免除されます
 ただし駐車場が空いている保証はありませんので、その場合は近隣の駐車場を
 使用せざるを得ないことは予めご了承ください(近隣の場合は有料です)
・付き添いの方につきましても、チケットは必要になります
 (チャリティーイベントのためご理解ください)
・レクレーション室に入る際には、施設管理側より車椅子のタイヤを軽く拭くように
 指示されていますので、ご迷惑をおかけしますが、ご協力お願いします
・かでる2.7の自販機で購入した飲み物のみ持ち込み可(極力こぼさないでください(汗))


拡散用テンプレ
【超が付く拡散希望】KAZ Charity Live Vol.Ⅵ 日時:11/19 PM16:30開演 場所:かでる2.7 レクレーション室 定員:45名 チケ:1000円 売上全額「旭川育児院」へ寄付! 詳細はhttp://kaz-sing.com/でチェック!

どうぞ、皆様よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

初のカラオケ

  • KAZ Jr

と言うことで、今年の夏はパパが具合悪い日が続き
最近も風邪を引いたりと踏んだり蹴ったりですが(汗)
水族館以外には、ろくに息子を連れての
お出かけができていなかったので・・・
アンパンマン音楽が好きだということで
キッズルームがあるシダックスへ急遽行ってみました。

HPの写真のイメージでは楽しいものが
ありそうな感じだったけど・・・
これは少々期待外れだった気がする(苦笑)

まぁ~子どもが過ごしやすいように
座る椅子やテーブルなどは低めだったけど
後は巨大な人形があって、最初は入りたくないと
泣いていたし・・・(汗)
何とか貸し出しているオモチャで多少機嫌を取り戻し
部屋には入ってくれたけど・・・
やはりカラオケに関しては時期尚早は
否めない感じでしたねぇ・・・(汗)

ママとパパが必死で、息子が知っているであろう
アンパンマン音楽を歌い続けたけど、
パパが歌うとイメージが違うのか、
ちょっとだけ反応して後はオモチャで遊んでました(苦笑)


おかしいのぉ~これでも歌い手なんだが(汗)


息子にマイクを渡そうとするも拒絶され
あんなに家で歌っていた姿からは
想像も付かないくらい一緒には歌ってくれんかった(苦笑)

結局2時間で部屋を出て、その後発寒イオンに行ったけど
そこでブラブラしているときの方が
よっぽど大声で歌っておった(苦笑)
人前で歌っているから、シャイボーイって訳でもなさそう。


単に部屋の照明が対して明るくなかったり
何となく雰囲気がイヤだったのかねぇ。
明るさは多分マックスの明るさだったと思うし
絶対に一緒に歌える曲をチョイスしていたけど
息子的には、あそこでは歌う気分じゃ
なかったのかも知れません(苦笑)

マイクすら持ってくれなかったから
写真も対して撮れなかったし(汗)

カラオケ初戦は苦い敗退だったよ(苦笑)

来年辺りリベンジしてみよう(笑)

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

彼方からの返信

ちょい前に、朝の地下鉄に乗る際に、
大通駅の駅員が対応できずに待たされるという
愚痴をつぶやき、その後続くもんだから
札幌市交通局へ、少々お怒りのメールを送った件です(苦笑)

送った詳細は以下の感じ。

連日二本〜三本、乗れるはずの地下鉄に
大通駅の駅員が人員不足で対応できずに乗れない
少なくとも一本は待たされることを含めて
余裕を持って早めに駅には着いている
遊びではなく仕事に通うために利用している
8時台のラッシュではなく、ラッシュ過ぎの
9時台を利用している
昔に比べ車椅子の方の利用者が増えている
駅同士の連絡の記録は取っているから車椅子の人が
乗る時間帯のシミュレーションは可能のはず
そもそも駅員自身が待たせることに対して
当たり前にしか思っているように感じられない
正直、この内容は障害者差別解消法の案件に当たると思っている
大通駅の駅員の人員を増やすように要望する
少なからず同じように待たされている人は他にもいる

などのことを、交通局へメールしてみました。
送信後、一週間程度経ち、やっと返信がきました。


これも抜粋すると。

まずはお詫びから
朝の9時台と、夜の5時台〜7時台に着いては
利用者が多いのは把握しており、人員は増やしている
その上でも利用者が多い場合は、対応がすぐにはできず
お待ちいただかざるを得ないこともある
要望としては受け止め、努力はしていく

こんな内容でした。
何となく、さらっとした返信だったので
なんだかなぁ〜という心境ではありますが
取り敢えずは、返信が来ただけでも
よしとするべきなんだろうとは思います。

とは言え、結局のところは、無理なときは無理だから
大人しく待っとれという、何の解決にも至ってないのは
多分間違ってはいないんだと思う(苦笑)


最近は乙武のせいで、文句を言える障がい者は
プロ障がい者と言われるらしく、
まさしく私は、その部類なんだろうとと思います(汗)
まぁ〜別に呼ばれても良いけど、至極まっとうなことを
伝えても、プロと言われるのは心外だのぉ(苦笑)

市の管轄の交通局だから、市長のFacebookに
直接書き込んでも良いかなと思ってるけど
コメントは消されて終わりかなぁ(笑)

そもそも公共機関としてであれば
バリアフリー法では、障がい者に限らず、高齢者や
妊婦さん等の方が、円滑に移動が行えるようにしなさいと
定められているが、基本罰則はない。
障害者差別解消法に至っても、敢えて記載したけど
これについても結局のところは罰則はない(苦笑)

なんのための法律なんだか...。
世の中、所詮口先だけだもんなぁ。

よくこれで東京パラリンピックをする気になるもんだ。
札幌市だって冬季オリンピックを招致しようとしてるらしい。
冬の移動なんて、足の不自由な人はさらに困難なのに
招致したところで、恥をさらすだけじゃないの?


私は地下鉄を利用するようになってから
独り言のように提言しているんだけど(苦笑)
羽田空港のモノレール駅のように、ホーム側で乗り場の部分が
自動でスロープが出るように作れば良いと思ってます。
全乗車口じゃなくたっていい。
一番前と、一番後ろだけでも良いと思う。
それだけでも自分たちで勝手に乗り降りできるし、
ストレスはは大幅になくなるし、
高齢者も、子育て中のママたちも楽に乗れる。
駅員さんの手を煩わせることは減るから、駅員さんも楽になる。
意外にWIN WINじゃないの?

サピカのようにガラパゴス化してるICカードに
お金かけるなら、誰もが助かるバリアフリー化を
真剣に考えて欲しいもんだ。


正直、仕事に間に合うかどうかの問題は
リアルに困るから、今回の要望には真摯に
向き合って改善していただきたいもんです。

とまぁ〜珍しく真面目に綴ってみました(汗)
どうかどうか頼んますm(_ _)m

25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

おかしいのぉ

チャリティーライブの予約が一向に入らない(苦笑)
宣伝に力を入れられてないのも否定はできないけど、
今のところ10人くらいしかいらっしゃいません(汗)
どうか皆さま、意思表示をお願いします!!(苦笑)


KAZ Charity Live To a heart of children Vol.Ⅵ
~世界はこんなにもカラフルに染まっている~

日時:11月19日(日) PM16:00〜OPEN PM16:30〜START
場所:かでる2.7 レクレーション室(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル1F)
定員:45名まで(完全予約制)
チケット:1,000円(18歳未満無料)
サポート:ヤマガタユウジ、城 禾乃、キメラ...
オープニングアクト:三浦里菜、こうえいた

寄付先:児童養護施設 旭川育児院(旭川市台場2条2丁目3-45)」

主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会


当日になってみないと分からないという人も
いらっしゃるとは思いますが、
それでも行こうと思っていただけてる方は
ぜひ一言「行く」の一言でも入れていただけると
本当に助かります(汗)

予約が入らなければ、当日の受け入れも
可能なんですけど、ある程度、人数の見込みも
把握しておきたいのです!!

本当に本当にお願いします!!m(_ _)m


いやぁ〜どうしても行けないんだよねぇ〜って方は
宣伝の協力をお願いしますm(_ _)m

拡散用テンプレ
【超が付く拡散希望】KAZ Charity Live Vol.Ⅵ 日時:11/19 PM16:30開演 場所:かでる2.7 レクレーション室 定員:45名 チケ:1000円 売上全額「旭川育児院」へ寄付! 詳細はhttp://kaz-sing.com/でチェック!


仕事が多忙で平日は疲れ切ってはおりますが
頑張って仲間と一緒に、ライブ頑張りますので
ぜひ遊びにいらしてください!

小さい子どもかいるからと遠慮はいりません!!
騒いでも全然オッケーです!
会場は、そこそこ広いので、走り回ってもオッケーです!
多分うちの息子は走り回ってると思われます(苦笑)

車椅子トイレもきっちり完備されていますし、
手帳お持ちの方であれば、駐車料金も免除されます!
ヘルパー資格を持っている方もいらっしゃいますし
なんなら看護士の方もいらっしゃいます(笑)
安心して遊びにいらしてください!!(苦笑)


と言うわけで、皆さまからの予約、
そして当日会場で会えるのを楽しみにしております!

よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

血液検査結果

2週間ほど前に、夜中に突然顔がパンパンに腫れてきて
軽いお岩さん状態になってしまった私は
皮膚科に診察に行くと、血管性浮腫(総括すると蕁麻疹)と
言われてしまい、仕方ないから、その場で血液検査を行い
本日やっと結果を聞きに行ってきました(汗)

何となく分かっていながら、
検査するまでに至ってなかったのですが
結果的にアトピー体質なようでして・・・
軽度だけれども、ダニやハウスダスト、マラセチア(属)、
食べ物で言うとエビ、そして一番驚いたのですが
ゴキブリという項目もあり、それがちょっと他より
数値は高い感じでした(苦笑)

北海道はゴキブリに遭遇することは
そうそうないでしょうけども、
本州に住んだら厳しそうだのぉ(汗)

とは言え、まだ軽度範囲で治療や
日々の生活で気をつける程ではないので、
一安心といえば一安心(笑)

先生からは何食べてもOKだから
秋の味覚を存分に楽しんで!!と言われました(苦笑)


でもこうやって結果を知ると、確かに少々ホコリに弱いし
でっき~の毛包炎を引き起こしやすい
マラセチアなどで反応があると、
そういうことだったのか!と頷ける部分もあります。

最近じゃ、桃を食べると口の周りが痒くなるし
メロン食べると喉のイガイガが半日以上続くし
今回の結果では分からなかったアレルギーもあるんでしょう(苦笑)


そもそも今回の血管性浮腫が起きた原因は
当初前日に食べたサーモンの塩麹漬けかと思ったので
それを伝えたことによる該当する検査だったのです。
その点ではサーモンは該当しないし
大好きなシ~ス~は存分に食べて良いらしいので
マジで良かったぁ~と思ってます(笑)

あぁ~寿司が食べられて、日本人に生まれてきて~
良かったぁ~~~~~~!by ブルゾンちえみ風

取り敢えずは、極度の疲労や、寝不足、
後は調子が良くないときの食べ物の摂取については
ちょいっと気をつけた方が良さそうなので
そこら辺は肝に銘じておきたいと思います。

本当に重症化したら喉を圧迫するらしく
呼吸困難になるらしいので、そうなったら救急車らしいよ(汗)

当面は乗りたくないので、本当に気をつけようと
心に誓う今日この頃です(苦笑)

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

とまと畑ライブ

  • ライブ日誌

本当は7月にも声をかけていただいておりましたが
体調が悪くてお休みしていたので
4月以来のライブになっております。

毎回声をかけていただいて本当にありがとうございました。

ライブ始まる直前辺りから
大雨警報が発令され、場所によっては洪水警報も
出ていたらしく、更には雷もゴロゴロ鳴っていて
来たのはいいものの帰れるのか不安だらけでした(汗)

しかも今回は夏にかかってしまった
手足口病により爪が剥がれかけていて
ギターが弾けないので、急遽1週間前に
ヤマガタユウジくんに全曲弾いてくれという
無茶振りをして、函館から呼んでしまう
本当に申し訳ない状況でした(苦笑)
(やまちゃんは今日仕事だったらしくライブ終了後
函館に戻っていきました・・・(汗))

あらためて無理なお願い聞いてくれて
やまちゃん本当にありがとうございました。
無事に帰っていることを願っております(苦笑)


という中、今回は1曲もギターを弾かないという
多分ライブやり始めて初という取り組みだったので
どうせ弾かないなら普段やらない曲をセレクトしてみたくて
カバー曲は、これも無茶言っちゃったなぁ(苦笑)

数カ月も体調悪い日が続いていたので
歌うこともできていなかったし、
声も出るんだか怪しい感じでしたが、
前日は息子の運動会で休みもらっていたので
午後からは3時間のヒトカラで、
取り敢えず歌い続けました(汗)

その無理矢理な練習方法が正しいのかは
分かりませんが、思ったよりも
当日は声は出ていたんじゃないですかね?(苦笑)

録音したものも聴いてみたけど
ところどころ外れているけど(汗)
それでもトータルすると良いできだった気がします(笑)

ライブやって歌のみに集中できるのは
結構ありがたいんだなぁ~と思いました。
いつもは長年やっているくせに
演奏に意識が持って行かれているんだなと(苦笑)

まぁ~そんな歌い手とは別に
急遽かり出された、やまちゃんは1週間で
藤井フミヤのAnother Orionと、
KANさんの秋、多摩川にてを覚えさせられ
演奏しなきゃならないんだから、やっぱ大変だったろうね(汗)
Another~の方は、ラスサビで転調しちゃうし
秋多摩はピアノ曲をギターで演奏だから
今振り返ると、やっかいな曲を選んでしまったよ(苦笑)

でも1週間で完成させるんだから、
彼は優秀すぎて感心しちゃう(汗)
秋多摩のイントロをギターで弾けるのは
素直に羨ましくなります(苦笑)

本当にお疲れ様でしたm(_ _)m


他の出演者は、何度か共演している
乙高瀬くんだったり、ポライボゥさんや
黒田剛史さん、初共演の事件を解決できない
金田一葵さんなどがジャンルが幅広くて
楽しかったです!!
最後の方は、天気が怪しかったので
先に帰ってしまってすいませんでした(汗)


次は来年になるかと思いますが
また歌わせていただけたら幸いです。
マスター来年も、よろしくお願い申し上げます。

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

曲目
01.なくしちゃいけないモノ
02.リアル
03.Another Orion(藤井フミヤカバー)
04.秋、多摩川にて(KANカバー)
05.カラフル

ミニ運動会 2回目

  • KAZ Jr

9/22の金曜日の話。

今週は台風が北海道を通り過ぎて
金曜日は晴れるのか不安もあったけど・・・
まぁ~快晴で日差しも熱くて
昨年同様、子どもや見に来ていた親族
先生方も体力が必要な良い天気でした(汗)

今年も非常に楽しみにしていたパパ・ママでしたが
当の本人も毎日いろいろと練習しているのか
楽しみにしているんだろうなぁ~というのが
感じられる最近の様子でした。

2017_tsumu_undou01.jpg

さて昨年は、半分くらい泣きじゃくっていた
つむも運動会が始まってみると
笑顔全開で走ったり、踊っていたり、
大声で挨拶したりして、親としては
おぉ~成長したのぉ~としみじみ感動していました(笑)

2017_tsumu_undou02.jpg

かけっこは・・・女の子に負けていました(苦笑)

2017_tsumu_undou03.jpg

その後の、障害物競走のための衣装チェンジで
アンパンマン仕様にお着替え!

2017_tsumu_undou04.jpg

似合うでしょ??

2017_tsumu_undou05.jpg

今日はあちぃ~し、競争前の麦茶で一服だよ!

2017_tsumu_undou06.jpg

そして障害物競走で、バイキンマン役の先生に
ア~ンパ~~~ンチ!!

2017_tsumu_undou07.jpg

やっつけた後にはママが待ち受けていました!!
笑顔全開~(笑)

まさかの家で毎日繰り広げられている
ア~ンパ~~~ンチが、運動会で取り入れられるとは
思ってなかったので、ちょっと面白かったです(笑)

2017_tsumu_undou08.jpg

2017_tsumu_undou09.jpg

みんなと一緒に踊りを踊って、親も参加して
一緒に踊っていて楽しそうでした。

2017_tsumu_undou10.jpg

無事に踊りも終わると、先生からアンパンマンメダルを
受け取って、本当に嬉しかったようで
全力でパパ~見て~と走ってきました!!
かわいいのぉ~(苦笑)

2017_tsumu_undou11.jpg

全ての競技が終えると、ヤクルトの水分補給です!
やっぱ一気飲みでしょ?(汗)

と言うわけで、園児ならではのかわいさ全開でしたが
一年で大きく成長する姿も見られて、
たまにこうやって参加できるのは嬉しい限りです。

連日の練習をする園児や、先生方の労力は
大変なものと推測されますが、
本当にお疲れ様でしたm(_ _)m

残念ながら来年には、市の制度により
新しい保育園に移らざるを得ないので
現在の園での運動会は最後になっちゃいますが
どうぞ来年の卒園式まで、つむぐのことを
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年12月 [2]
  2. 2017年11月 [5]
  3. 2017年10月 [5]
  4. 2017年9月 [6]
  5. 2017年8月 [3]
  6. 2017年7月 [4]
  7. 2017年6月 [5]
  8. 2017年5月 [5]
  9. 2017年4月 [3]
  10. 2017年3月 [3]
  11. 2017年2月 [2]
  12. 2017年1月 [6]
  13. 2016年12月 [4]
  14. 2016年11月 [5]
  15. 2016年10月 [6]
  16. 2016年9月 [4]
  17. 2016年7月 [3]
  18. 2016年6月 [4]
  19. 2016年5月 [5]
  20. 2016年4月 [2]
  21. 2016年3月 [2]
  22. 2015年12月 [3]
  23. 2015年11月 [2]
  24. 2015年10月 [2]
  25. 2015年9月 [1]
  26. 2015年8月 [1]
  27. 2015年7月 [4]
  28. 2015年6月 [3]
  29. 2015年5月 [4]
  30. 2015年4月 [3]
  31. 2015年3月 [1]
  32. 2015年1月 [3]
  33. 2014年12月 [1]
  34. 2014年11月 [3]
  35. 2014年10月 [6]
  36. 2014年9月 [3]
  37. 2014年8月 [6]
  38. 2014年7月 [4]
  39. 2014年6月 [4]
  40. 2014年5月 [7]
  41. 2014年4月 [5]
  42. 2014年3月 [3]
  43. 2014年2月 [3]
  44. 2014年1月 [4]
  45. 2013年12月 [9]
  46. 2013年11月 [11]
  47. 2013年10月 [6]
  48. 2013年9月 [9]
  49. 2013年8月 [7]
  50. 2013年7月 [6]
  51. 2013年6月 [11]
  52. 2013年5月 [9]
  53. 2013年4月 [8]
  54. 2013年3月 [9]
  55. 2013年2月 [9]
  56. 2013年1月 [8]
  57. 2012年12月 [21]
  58. 2012年11月 [18]
  59. 2012年10月 [15]
  60. 2012年9月 [18]
  61. 2012年8月 [14]
  62. 2012年7月 [12]
  63. 2012年6月 [12]
  64. 2012年5月 [10]
  65. 2012年4月 [14]
  66. 2012年3月 [19]
  67. 2012年2月 [10]
  68. 2012年1月 [21]
  69. 2011年12月 [18]
  70. 2011年11月 [23]
  71. 2011年10月 [20]
  72. 2011年9月 [8]
  73. 2011年8月 [12]
  74. 2011年7月 [16]
  75. 2011年6月 [19]
  76. 2011年5月 [19]
  77. 2011年4月 [19]
  78. 2011年3月 [19]
  79. 2011年2月 [17]
  80. 2011年1月 [18]
  81. 2010年12月 [27]
  82. 2010年11月 [20]
  83. 2010年10月 [20]
  84. 2010年9月 [21]
  85. 2010年8月 [25]
  86. 2010年7月 [17]
  87. 2010年6月 [24]
  88. 2010年5月 [17]
  89. 2010年4月 [29]
  90. 2010年3月 [22]
  91. 2010年2月 [19]
  92. 2010年1月 [20]
  93. 2009年12月 [19]
  94. 2009年11月 [18]
  95. 2009年10月 [23]
  96. 2009年9月 [13]
  97. 2009年8月 [19]
  98. 2009年7月 [19]
  99. 2009年6月 [16]
  100. 2009年5月 [22]
  101. 2009年4月 [17]
  102. 2009年3月 [20]
  103. 2009年2月 [16]
  104. 2009年1月 [16]
  105. 2008年12月 [20]
  106. 2008年11月 [20]
  107. 2008年10月 [12]
  108. 2008年9月 [10]
  109. 2008年8月 [23]
  110. 2008年7月 [27]
  111. 2008年6月 [25]
  112. 2008年5月 [25]
  113. 2008年4月 [18]
  114. 2008年3月 [17]
  115. 2008年2月 [19]
  116. 2008年1月 [21]
  117. 2007年12月 [13]
  118. 2007年11月 [22]
  119. 2007年10月 [20]
  120. 2007年9月 [19]
  121. 2007年8月 [21]
  122. 2007年7月 [27]
  123. 2007年6月 [21]
  124. 2007年5月 [23]
  125. 2007年4月 [23]
  126. 2007年3月 [27]
  127. 2007年2月 [26]
  128. 2007年1月 [17]
  129. 2006年12月 [21]
  130. 2006年11月 [16]
  131. 2006年10月 [22]
  132. 2006年9月 [22]
  133. 2006年8月 [20]
  134. 2006年7月 [11]
  135. 2006年6月 [22]
  136. 2006年5月 [14]
  137. 2006年4月 [13]
  138. 2006年3月 [14]
  139. 2006年2月 [14]
  140. 2006年1月 [21]
  141. 2005年12月 [21]
  142. 2005年11月 [10]
  143. 2005年10月 [14]
  144. 2005年9月 [17]
  145. 2005年8月 [16]
  146. 2005年7月 [15]
  147. 2005年6月 [16]
  148. 2005年5月 [18]
  149. 2005年4月 [24]
  150. 2005年3月 [22]
  151. 2005年2月 [20]
  152. 2005年1月 [17]
  153. 2004年12月 [20]
  154. 2004年11月 [7]
  155. 2004年10月 [10]
  156. 2004年9月 [11]
  157. 2004年8月 [10]
  158. 2004年7月 [10]
  159. 2004年6月 [9]
  160. 2004年5月 [10]
  161. 2004年4月 [7]
  162. 2004年3月 [8]
  163. 2004年2月 [8]
  164. 2004年1月 [11]
  165. 2003年12月 [13]
  166. 2003年11月 [13]
  167. 2003年10月 [1]
  168. 2003年9月 [2]
  169. 2003年8月 [1]
  170. 2003年7月 [2]
  171. 2003年6月 [6]
  172. 2003年5月 [6]
  173. 2003年4月 [3]
  174. 2003年3月 [5]
  175. 2003年2月 [3]
  176. 2003年1月 [6]
  177. 2002年12月 [5]
  178. 2002年11月 [5]
  179. 2002年10月 [6]
  180. 2002年9月 [5]
  181. 2002年8月 [5]
  182. 2002年7月 [6]
  183. 2002年6月 [7]
  184. 2002年5月 [2]
  185. 2002年4月 [4]
  186. 2002年3月 [6]
  187. 2002年2月 [5]
  188. 2002年1月 [11]
  189. 2001年12月 [7]
  190. 2001年11月 [3]
  191. 2001年10月 [2]
  192. 2001年9月 [3]
  193. 2001年7月 [1]
  194. 2001年6月 [2]
  195. 2001年5月 [2]
  196. 2001年4月 [2]
  197. 2001年3月 [4]
  198. 2001年2月 [2]
  199. 2001年1月 [4]
  200. 2000年12月 [6]
  201. 2000年11月 [9]
  202. 2000年10月 [3]
  203. 2000年9月 [4]
  204. 2000年8月 [4]
  205. 2000年7月 [7]
  206. 2000年6月 [8]
  207. 2000年5月 [8]
  208. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4