eye.jpg

Welcome to my 40's

と言うわけで、本日より40代に突入しました!(苦笑)

なんか40代に突入したわりには、いまいち大人になった感が
一切感じられないのは、まだまだ現役満載な
適当なことばっか言ってるからだろうか?(汗)

毎年言ってる気がするけど、年齢を重ねるたびに
ダンディーさが増して、若いチャンネーからは
KAZさんって渋くてかっこいいよね!!とか、
若いダメンズからは、あんな大人になりたい!!
なんて言われるような、イメージで生きてきた
つもりなんだがのぉ~(苦笑)

会社では真面目に働く、熊野さんで通ってるけど
仕事外の会う人々には、KAZで通るけど
かっちょいいというよりは、面白い歌い手さん
というイメージでしかないような気がする(汗)

石田純一の次はKAZくらいの思いでいたけど
どこでどう道を踏み外したのか・・・
どうしたもんじゃろのぉ~(苦笑)

まぁ~40年も生きてきて、今更変わろうなんてこと
自体がどだい無理な話ではあるんだけど(汗)
それでも後数年は、KAZさんかっちょいいって
言われたいもんである(苦笑)


しっかし40代に突入したって、考え方や思考が
劇的に変化することがないと分かった今、
我々が大人だと思っていた、あの大人たちは
結局のところ、大人という虚像を
見せていたに過ぎないのかもね(苦笑)

年をとればとるほど、政治家はどうしよう~もないと
分かってくるし、正しいことをするはずの警察官や公務員、
子どもを守らねばならない教職員など、
ほんっとに、どうしよう~もないやつばっかでしょ?
(※あくまでも勝手な私のイメージです(苦笑)
 ほとんどが真面目にやっていることは重々理解しています(笑))

それを見て育ってはいけないはずが、見てきてしまったから
やはり我々もある意味、どうしよう~もないのかも知れませんが
チャラいと言われようとも、適当だなぁ~と言われようとも
じぇ~んじぇんダンディーじゃなくても
それなりに信念を持って生きていることだけは確かなので
ここは我々中年世代も、大人という虚像を
見せていこうではないか!!(笑)

どうせ大きくなってきたら分かっちゃうんだから(笑)
それまではエセダンディズムを披露していこうと思います(苦笑)


さて日本人の男性平均寿命は、
2014年の統計では80歳くらいなんだとか。
ってことは私はついに折り返しの地点に来てしまったということ。
この40年あっという間とまではいかないけど、
それなりに激動に生きてきたことを考えると
残りの40年は、ある程度落ち着いた感じで
縁側でミルクティーでも飲みながら、
ドラクエでもやったり、ギターを弾いたりと
なんか隠居生活にも似た感じだけど(苦笑)
そんなゆったりとした空間の中を
ひっそりと生きていきたいのぉ~(笑)

後20数年は、息子を育てなければいけないから
まぁ~ゆったりもしていられないけどな(苦笑)

昔は定年60歳と言われておりましたが、
今では死ぬまで働けというのが、日本の流れなので
取り敢えず会社から辞めてって言われるまでは
頑張ろうかと思います(苦笑)


介護を受けていても、介護保険をとられ、
年金も年々減らされ、将来楽しみだのぉ~って
なかなか言いづらい世の中になってきたけど・・・。

それでも息子が生まれ、日々の成長を
ママと一緒に感じることができて
いろんな人に出会うことができて、
新しいことに挑戦させてもらえて
今この時代を生きることができて、
やっぱり大人になるのも悪くないかもなって
素直に感じることができています。

だから残りの40年も、今まで通りの私のまま
エセダンディーな爺さんになってやろうと思います(苦笑)

ってなわけで、お互いに長生きできたら
後40年みんなも付き合ってくれよな(笑)

伊達にあの世は見てねぇ~ぜ!
これからも、よろしくってばよ!
仲良くしてくれいない~と、月に変わってお仕置きよ!!(苦笑)

お祝いコメント待ってます(笑)

40歳になってもぉ~変わらずのぉ~あでゅ~♪

マイ・フェイバリット・アーティスト 第1_15弾「KAN」

  • KAN

今更ながら、9月に行ったKANさんの
弾き語りライブレポの書きかけを完成させてみる(苦笑)
良いとこまで書いていて、後は多忙で忘れていたこともあり
内容も既に??状態ですが、思いつく限りは書いてあります(汗)

では行ってみよう!!(苦笑)

KANさんの弾き語りライブ
弾き語りばったり#29 「責任者はテクニシャン」を
土曜日に見に行ってきました!!

今回はKANオフも、そんなにいなかったのか、
ノアさんや、ポリープゆうじくらいしか
発見できなかったなぁ〜。
私も俺もいたわって人は、コメントよろしくです(苦笑)

前回の弾き語りは紡久が生まれる直前だったり
追加公演も生まれたばったりだったし
さすがにママをおいて行ってくるわとは
口が裂けても言えるわけもなく(苦笑)
ナベに全部譲ったんだけど(汗)
でも有り難いことに、その公演はCD化されまして
参加できた気分になれて嬉しかったです!


さて今回の弾き語り内容ですが、
まだ六公演目ということで、触れてしまって
いいものかは悩みどころだけど、
まぁ〜気になる方は読まないでくださいということで
相変わらず今回もネタバレ満載でレポを書いていきます(苦笑)

曲順に関しては、毎回お世話になっています
SEIさんのサイトより拝借します。
いつも的確なセットリストありがとうございますm(_ _)m


会場は共済ホールということで、
kitaraほどの環境ではないにしろ、
利便性はいいので、雨降りだった当日は
大変助かる会場だったりして(苦笑)

四列目の真ん中当たりをゲットしていた私は
とても見やすい位置でした。
相変わらず会場に着くと、既にKANさんは
ピアノに向かって指慣らしをしている光景は
何度もライブに参戦している人には当たり前ですか
初めての人には...えっ??と驚くとは思います(汗)

そして時間になると一旦はけて、すぐに登場する当たりも
我々には見慣れた演出です(苦笑)


ライブが始まると、50年後も、まゆみと
弾き慣れた安定感のある曲を先頭に持ってきて
緊張をほぐすようにするんだそうです(苦笑)

そう言えば、春先のバンドツアーで取り入れていた
歌詞を表示させるのは今回もやっていて
理由としては、前回と同じく馬場俊英さんが
弾き語りツアーの直前で、共演したイベントでも
歌詞を表示させていたので、やっぱり取り入れようと
なったんだとか(苦笑)

いっつも同じ曲を入れ替えてると思われるのも
困るということから、弾き語りできる曲を増やすのも
一つの課題としてるらしく、今回は懐かしの
だいじょうぶ I'M ALL RIGHTを演奏してくれました。
個人的には好きな曲なので、聴けたのは嬉しかったし
イントロの部分が格好いいので
弾き語りで聴けたのは貴重だった気がします。

MCでは、本来全会場共通のトークを考えて
それを通すらしいんだけど、今回は素数である
29周年記念イヤーにちなんで、29都道府県回るのに
同じ内容もどーなの?ってことで、その地域にそった
話題をしようとするも、北海道はラジオもやってるし
ライブの本数も多く、ほとんどしゃべってないことの方が
少ないということで、敢えての北海道話ではなく
3月に参加した熊本のイベントの話でした(苦笑)

秦基博さんの出演するイベントだったかで、
KANさんと、くまモンがシークレットゲストだったようです。
KANさんはいつものようにタキシードに
背中に羽を広げている衣装だったんだけど、
くまモンのカラーにかぶると気付いて
そうなると赤色が足りないということで、
事務所のスタッフに来る前に、赤色のハンカチーフか、
赤色のパ○ティを買ってくるようにお願いしたら
一応両方買ってきたようで(苦笑)
結局胸元のポケットにはキレイに折り畳まさった
パ○ティを入れてライブに臨んだそうです(笑)


お客さんからトークネタを仕入れる
ピンクカードタイムでは、官能的にタイトルコールして
ウィンドチャイムを、チャララーンと鳴らして
それだけでも充分笑えるんだけど、
岩見沢から来たお客さんからのフリが面白くて印象に残ってます。

岩見沢で開催されたキタオンという音楽イベントがあって
翼をくださいの山本淳子さんに始めてお会いしたらしく
その時のKANさんの衣装が、アメフトのプロテクターなどを
装備した状態で、そのまま挨拶に行くと、
あなたそのかっこうででるの?
と冷たくあしらわれたとのことだったんですが、
KANさんが歌った世界でいちばん好きな人を聴いたら
えらく気に入ったらしく、後に自分のライブで歌って良いかと
言われたとのこと(苦笑)
更に数年後に会った際には、いやぁ〜KANさん
あの曲、本当に素晴らしい曲ですねって
お褒めにあずかったというエピソードも聞けたりして
それも充分笑わせてもらいました!
(なんか最終的には、もっと面白いオチがあった気がするけど
すっぽり頭から抜け落ちて忘れました(苦笑))


曲構成でいくと、影響を受けた曲として
The BeatlesのLady Madonnaや、
Billy JoelのWhy Judy Whyを演奏の後
ポカポカの日曜日がいちばん寂しいと行くのですが
サイモン&ガーファンクルのイメージで曲を作り始めるも、
ピアノ独特のベース音も一緒にくっついてくることもあり、
最終的には二つの曲が合体した感じになったと話してました。
でもWhy Judy Whyはかっこよかったなぁ。

後は、はじまりはいつも雨については
邦楽で気に入っていて、改めて邦楽を聴くきっかけになった
ということもあり、もっともっとラジオでも
かけていきたいが、現状流しづらく、埋もれさせるには
もったいない楽曲であるので、ならば私が歌っていこうと
なったらしく、今回のセットリストに加わったそうです(苦笑)
KANさんバージョンも素敵でしたし、
確かに埋もれさせるには、もったいない曲ではありますね(笑)


安息も弾き語りで聴けたし、Listen to the Musicの
サックスの部分が、口で歌って演奏するという
斬新な展開を見せると、最初だけ笑っていた
お客さんも、最後のエンディング部分では
拍手に変わっていたので、口での演奏であったとしても
最高にかっこいいアレンジでしたね。

他にも小ネタは満載だったはずなんだけど、
月日が流れすぎて、じぇ~んじぇん覚えてなくて
取り敢えず、こんな感じのライブレポでした(苦笑)

次のカルテットライブも行きたいけど、
祝日ということもあり、息子を預けられる
保育園も少なくて、諦めることにしました。
でもCD出るから、それはGetしようと思っています!!

29周年の締めのバンドツアーは行きたいです!!(笑)

曲目
01. 50年後も
02. まゆみ
03. だいじょうぶ I'M ALL RIGHT
04. 世界でいちばん好きな人
05. Lady Madonna(The Beatles)
06. Why Judy Why(Billy Joel)
07. ポカポカの日曜日がいちばん寂しい
08. Moon
09. はじまりはいつも雨(SKA)
10. 安息
11. REGRETS
12. よければ一緒に
13. Listen to the Music
14. 愛は勝つ
15. 永遠
〜encore〜
16. 寝てる間のLove Song

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

KAZ Thank You YEAR!

終了まで後1週間(苦笑)
タイトルのような思いで一年を
過ごしてきたようにも感じるんだけど
果たしてどれだけThank Youを言えただろうか?(汗)

私としては、年々ジャックナイフから
白髪とともに大人になってきたという
自負はあるものの、あくまでも自己申告だからのぉ~(苦笑)

振り返るには早いんだけど、
この一年も本当にいろいろありました(汗)

一番大きかったのは転職だろうけど、
それでも新たに受け入れてくれた
今の職場には感謝していますし
実力主義の会社だから、実力さえ伴っていれば
障がいあるなし関係ないという
言葉は久々に胸に突き刺さってきましたね。

当然仕事は大変なんだけど、
でも頑張る価値のある仕事をさせて
もらってるなって実感しています。
取り敢えず年末調整の仕事がメインなので
後数カ月は本当に大変なんだけど(汗)

仕事が見つかるまでは、やべぇ~どうしよう??
なんて少々焦りもあったけど・・・
だけど逆に心に余裕ができたこともあり、
息子と過ごす時間も増えたと思うし
きちんと成長を一緒に見守っていけるのは
やはり素直に親として嬉しく思いますね。


心の余裕は、音楽活動にも影響を与えて
今年もできないなと思ってた
チャリティーライブもすることができたし
多くの方々が、応援してくれてるのを
再実感できたし、NHKさんにも取材してもらえたし
Thank Youという言葉が相応しいなと思っています。

前向きに考えられるというのは
やっぱり生きていく上では大切だし
そういう想いが、良いことを引き寄せているのかな?
とも思うようになってきたので、
長年の私のモットーである
なんとかなるさ」という
ポジティブシンキングは
あながち外れてはいなかったように思います(苦笑)

冬の通勤に関しても、皆さんのご厚意により
今年も私を職場へ連れてってくださるようです(苦笑)
これも本当にThank Youという想いが強いし
改めていろいろな方に気にかけていただき
助けていただき、支えられているんだなと感じます。


本当に本当にThank You~でぇ~す!!

残りの30代を惜しみながら1週間を
過ごしていこうと思います(苦笑)

ではでは、意味なく日記をあげてみました(苦笑)
24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

本当にありがたいです

先日、冬の通勤のお手伝いを
募集しましたら、たくさんの方々から
協力できる日は手伝うよぉ~って
言ってくださる方がいらっしゃって
本当に助かります!!

なかなか曜日の固定は難しいようで
いろいろと調整は必要ですが
みなさんのおかげで何とか見えてきました。

改めてFacebookの威力も知ったし
皆さんの困ってるなら助けてあげなきゃ
という温かい心を感じることができまして
人と人の縁に感謝しているところです。

毎年、冬の通勤の件では悩まされるけど、
何だかんだ、いろいろな方に助けられて
通勤はできていますが、
東北以降の北の地域の車いすの人は
結局同じように悩まされているんだろうなぁ~
と感じるわけです。

まぁ~この地域に住んでいる者の
宿命なのかも知れませんが、
足が不自由な人や、車いすに乗っている人が
如何に雪道の移動が困難になるか
役所の人間には一切伝わらないみたいで
結局、移動支援という外出介助では
通勤の移動支援利用はダメとなっています。

-------------------

外出するの大変ですよね?

「当然大変です!!」

じゃぁ~移動支援の対象にしましょう!!

「ありがとうございますm(_ _)m
働いているので通勤でも利用したい!!」

それはできません!!!

「えっ、外出には変わりありませんよね?」

それとこれでは話が別です!!

「じゃぁ~冬の期間の通勤時の移動はどうすれば?」

分かりません!! 家族や、家族が難しければ
会社に掛け合うか、自分でボランティアさんでも
探してもらうしかありません!!

-------------------

おそらく役所に掛け合うと、こうなると思われます。
移動支援の範疇は各自治体となっているので、
私は札幌市在住なので、要は札幌市の判断です。

ちなみに他の自治体によっては、通勤OKさ!!
という自治体も存在します。
違いは何か?と言われたら、障がいのある方の
絶対数だという話があります。

札幌市に住んでいる方で、一般就労されている方が、
どれだけいるかはさすがに分かりませんが
仮に0.5%でも10,000人いるということになると
相当な金額がかかることになります。

まぁ~自治体の気持ちも理解できなくはない。
札幌市といえども財政は、
そこまで余裕があるとは思えませんので。

でも思うのは、冬のみの期間ならどうなんでしょうね?
特例措置という形で、12月~3月までの
期間くらいなら、年中OKだすよりは
まだかわいげがあるような気がするんですけど
これすらも、介護事業所と札幌市の年1、2の
全体研修会でも話は上がれど、
結局却下されて終わっちゃうんだそうです。

働いてるということは税金だって
きちんと払っているんですけどねぇ。
収入が上がれば、障がいがあろうがなかろうが
住民税の課税対象にもなるんだけど
どうにかしてよぉ~~~秋元市長~~(苦笑)


というわけで、私は毎年いろいろなところへ
交渉しては、何とか通勤を可能にしてきましたが
でも結局毎年お手伝いしてくださる方を、
探すという悩みは一向に終わらないんですよねぇ。
決まるまでの期間ってのは結構ストレスなんですよ。
決まらなかったら、下手したらタクシーとか
利用することになったりもしますからね(汗)
どんだけVIP通勤だ?という話ですな(苦笑)


だから手伝うよぉ~って仰ってくださる方々の
存在がどれだけありがたいか、
嬉しすぎて、涙ぐみました(苦笑)

本当に本当にありがとうございます。
冬の期間ですが、お世話になりますので
よろしくお願い申し上げます。

もし今年やってみて、嫌じゃなかったら
来年も声をかけさせてください(苦笑)

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

今回も無事に

チャリティーライブの売り上げを全額
寄付させていただきました!!

2016cl_kifus.jpg

動員数:26名(関係者購入分含む)
売上総額(募金、CD売上含む):33,500円

内訳
チケット売上:26,000円
CD売上:2,000円
募金:5,500円

寄付先児童養護施設 広安愛児園
    (熊本県上益城郡益城町古関73)
    寄付の使われ方は、子どもたちが参加する、
    行事やレクで必要な経費(飲食代など)に充てられる予定です。


少額がではありますが、皆さんの想いがこもった
大切なお金ですので、少しでも子どもたちのために
使われることを心より願っておりますし、
未だに続く地震からも、早く心が安らぐ時が
来ることを切に願っております。


どうしたら子どもたちが安心して生きてゆける
世界になっていくのだろうか?と
このイベントを通して、いつも考えさせられます。
答えは出ないし、有効な手段も思いつかないんだけど
まずは身近な大人たちが恥じぬ姿を
見せていくしかないんだろうなって感じます。

立派に生きれよって言ったって、
日々流れてくるニュースを子どもが見たとして
ははっって苦笑するような、ニュースしか流れてこなければ
そりゃぁ~無理ってもんです(苦笑)
だからせめて我々は、良い手本になるように
日々を生きていくしかないんだよねぇ。

と、自分に言い聞かせております(汗)

何はともあれ、少しでも被災した子どもたちが
笑顔になれることを願いながら、
今年のチャリティーライブの
売り上げの報告とさせていただきます。

ついでに先日のNHKさんの番組の件ですが
1週間でサイトから動画が消えちゃったので
あんなに良い特集を消してしまうのは
もったいないということで、Youtubeにアップしました(苦笑)

良ければ、また見てやってください!!

20161027_NHKの番組でKAZが特集される!
https://youtu.be/UmecANpsLko

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

NEW PC いらっしゃ~い!

Windows10に興味本位でアップグレード
してしまったために、ぶっ壊れてしまった
我が家のPCさんは・・・自作で作ったということもあり、
どこにもサポートも頼めず、
リカバリーCDもあるわけもなく
さすがの私も撃沈し・・・
重たい作業をノートPCに頑張ってもらっていましたが
この度、8年振りに新しいPCをゲットしました!!

北海道民なら、日本ハムファイターズに
熱狂している状況の中・・・
私は、そこまで興味はないので(汗)
どちらかと言えば、最新PCのサクサク感に
一人熱狂しているところでございます(苦笑)


しかし8年も経つと・・・
随分PCも変わってくるんですね(笑)

まぁ~また8年くらいは使い倒そうと
考えているから性能のいい構成を組んだから
良いマシンになっているのは
当たり前なんだけど(汗)
こうも快適に動いてくれると、
今まで我慢しすぎたのか?とさえ思っちゃう(笑)

しっかりとした構成ならWindows10も
ストレスなく快適に動いてくれてますから
Windows10も悪くないもなって思ってます(苦笑)


本当はチェックしていたのは
ヨドバシでDELLのPCだったんだけど
何となく惹かれるようにTUKUMOに行ったら
お手頃な値段なのにDELLより良いマシンがあって
あれあれ?と頭がなっていって
店員さん捕まえて話を聞き始めると
自作感覚でカスタマイズできますよって言われ
望む構成を伝えて見積もりもらうと
それでも充分に安かったもんだから
TUKUMOで買おうと速攻で決めました(苦笑)


取り敢えず本体はぶれちゃったけど、
こんな感じです。
ちょっと奥行きは前のよりあって
若干邪魔だけどでも素敵(笑)

2016newpc_02.jpg

構成はこんな感じです。
OS Windows10 Home64bit
CPU Corei7 6700 3.40GHz
メモリ 32GB
マザーボード ASUS H170-PRO
グラボ NVIDIA GeForce GTX950 2GB
ストレージ 480GB SDD
      2TB HDD
ドライブ Blu-ray読み書き対応
周辺機器 USB3.0対応 カードリーダー
     USB 3.0×5、2.0×2

2016newpc_01.jpg

となっております。
メモリの32GBは、本当にそこまで
必要だったのかは怪しいけど、
でもコピーしている間に、他の作業を
同時にやってたけど、固まることないから
メモリは大いに超したことはないんだろうね(汗)

あと外付けHDDにバックアップデータを入れていて
それを本体のHDDにコピーしたら
USB3.0は本当に早いのね(汗)
使うの初だから、すげ~って関心しちゃったよ(苦笑)


さすがに20代の頃のような
24時間フル稼働で使うことはなくなったので
下手したら10年くらいいけるかも知れん(汗)

頼むぞ!! 息子はまだ小さいから
今回買えたのも、ある意味奇跡なんだから(苦笑)


あぁ~そう言えば、唯一の失敗は
音楽のデータを管理していた
iTunesの移行のやり方を把握していなくて
プレイリストバラバラという悲惨さは
リアルに凹んだ(苦笑)
修正に日数がかかるのぉ~(汗)

皆さんもPCで音楽聴いているなら
気をつけた方がよろしいかと思います(苦笑)

でも今日はテンション高いゼェ~~ット!!(笑)


24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

世界はこんなにもカラフルに染まっている

やっと見ることができました!!(苦笑)
6分も特集を組んでいただきまして
あらためてNHK北海道さん、そして前さん、
カメラマンの皆さん、本当にありがとうございました。


自分が映るだけでもすごいのに
息子まで一緒に映していただいて
素直に感慨深いですし、
とても思い出に残る取材になりました!

取材が始まった経緯ですが、
多分5年前に東日本大震災で被災した方々への
募金を集める路上ライブを偶然に
前さんが目にしてくれていたようでして
そこから数年経って、ふと私を思い出してくれて
連絡が来て、取材が始まりました!

若干その頃、多忙を極めていたこともあり
チャリティーライブをするかどうかを
悩んではいたんですけど、
最終的には、やらないの?という声があって
開催を決意したんですが、NHKさんの取材も
背中を押してくれたように感じています。

特集の内容ですが、良くも悪くも、
ホントにありのままの
私が出ていたと思います(苦笑)

40年前なんて、今のように便利なものが
あったわけではないから、ラジオかテレビが
毎日を楽しむツールだったし
そこから流れてくる音楽には敏感だったし
カセットに録音しては一人で歌っていたと思います。

高校に上がると部活でバンド組んで
歌っていたこともあるし、その頃から
楽器ができたらなという思いはありました。

だから某局の○○テレビで見た
ギターを上から押さえる演奏法には
マジで衝撃を受けましたし、
私の中で「これだ!!」と確信しました。

以降、自分が抱えられるサイズの
ギターを探し、きちんと音が鳴るようになるまで
飽きもせず一年くらいは毎日弾いていました。

そこから今の私があります。

今でも毎日、家族を始め、多くの方々に
手を貸してもらいながら生活をしていますが
無駄に大人になった自分ができる範囲で
次の世代の子どもたちへ何かしたいという想いから
チャリティーライブもするようになりました。


まぁ~小学生の頃の写真は可愛らしげがありますが
中学生・高校生になると、すげー粋がっているのが
全面的に出てくるから、とてつもなくはずいんですが
それも今の私につながっていると思えば
致し方ないことなんだと思われます(苦笑)


新曲「カラフル」も、こんなに全面に
取り上げていただけて、本当にありがたい限りです。

上手く編集していただけると
こんなに名曲に聴こえるんですね(笑)
なんか良い曲作ったなと自負できます(苦笑)

でも、この曲に込められた想いも
何一つ嘘はないし、息子のために作った曲だけど
子どもたちへ向けたメッセージもあるので、
これからもチャリティーライブをするにあたっての
メインソングになる曲ができたなと感じています。


何はともあれ、こんなに素敵な特集を組んでいただきまして
本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m
NHKの前さんには感謝してもしきれません。

取材抜きにしても仲良くさせていただけたら
大変ありがたく思います!!

さて、リアルタイムで見れなかった方、
録画すら間に合わなかった方々、
北海道外の皆さま!!
安心してください! 見れますよ!!

NHKのWEBサイトにて!!!!(笑)

一か月限定らしいんですけど、
パソコンでもスマホでもタブレットでも
オールオッケーです!!(苦笑)

なので、全国の皆さま!
ぜひ映像を見ていただきまして
ご感想をお待ちしておりますm(_ _)m


北海道NEWS WEB
障害乗り越え音楽で心響かせる
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20161027/3732931.html

よろしくお願い申し上げます。

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

sing a song

少し遅くの報告となりますが、10/15無事に
KAZ Charity Live
To a heart of children SP ~やさしさに包まれたなら~
が、終了することができました!

2~3人は都合で来られなかったので
当日券を販売しても大丈夫な感じではございましたが
スペースを考えると、少し余裕が持てて良かったのかも知れません。


当日は天気も快晴で、しかも気温も高めで
ただただ気持ちの良い一日だったと思います。

あらためまして、ご来場いただいた皆さま
誠にありがとうございましたm(_ _)m

私としては、多くの皆さまに支えられ、見守られ
サブタイトルの如く、とても優しい空間に包まれたような
気がしてなりませんでしたが、皆さんはいかがだったでしょうか?

少しでも楽しんでいただけたなら幸いですm(_ _)m


集まった売上や、募金等の合計額は、
33,500円になりました!!
これはチケット売上だけではなく、当日行けないけど
募金に参加したいという方々からの
ありがたい申し出も加わった金額になっております。
本当にありがとうございますm(_ _)m

お預かりしたお金は確実に、子どもたちにお届けします。
お届けした時点で報告もさせていただきますので
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


では当日の様子を書いていこうと思います。

最近のチャリティーライブの流れになっている
オープニングアクトで、二組登場していただき、
最後に私KAZが登場するというパターンで進めていきました。

今回オープニングアクトをお願いした一組目は
Twinkle★Twinkleというアイドルユニットです!

kaz_cl20161015_01.jpg

kaz_cl20161015_01_1.jpg

通常のライブの他に、医療系、福祉系、教育機関系などにも
積極的に歌いに行ってるという話を聞き、
珍しいなぁ~と思ってたけど、
どうやら彼女ら当事者が、そういう学校に行き
学んでる最中だったようです。
勉強も大変だろうにって、おじさんは関心しちゃったけど(苦笑)

曲のセレクトも、アイドル曲から童謡まで幅広くて、
童謡は自分がやるときにもアリだなって思った(笑)

歌も上手だったし、ほんわかしてかわいかったです!

でも顔合わせから途中まで、本当に10代だと思ってたけど
20歳を過ぎてたのにはマジ驚いた(苦笑)
今頃ですが大変失礼いたしました(汗)

お礼も兼ねて、一回はライブに行きたいと思ってます。
アールワイオーに連れてってもらおう(苦笑)

時間的には短かったと思いますが
参加していただけて本当にうれしかったです。
ありがとうございましたm(_ _)m

オープニングアクト二組目は、わたなべゆうじです。

kaz_cl20161015_02.jpg

kaz_cl20161015_02_1.jpg

彼は昔の路上時代からの付き合いで
一時期共演がなかったけど、最近は顔を良く合わすから
妙に懐かしいのもあって、ボサノバというジャンルも
あまり生で聴くこともないだろうから
是非とも歌って欲しくてお願いしました!

ライブのMCでも私が話したけど
雰囲気も、音楽のスタイルも、上手さも変わらないのよねぇ(苦笑)
曲調もあるんだろうけど、甘酸っぱい空間にする
音楽のスタイルは素敵なんですよねぇ(笑)
一切私にはない要素ですな(苦笑)

チョコレートという曲が私は好きなんですけど、
私にくれないだろうか??(笑)
でもKAZが歌っても甘酸っぱくはならないんだろうなぁ~残念(苦笑)

仕事帰りに駆けつけてくれて、本当にありがとうございましたm(_ _)m

さて本編のKAZでございますが
今回は、お借りしたお店の都合や、車椅子用のトイレが
近くにないということもあり
全部で二時間で納める構成にしていたので
ちょっと少なめの一時間に終わらせる内容にしました。
アンコール含めて全9曲でした。

ちなみに、今回もヤマガタユウジくんに全面的に
依存しまくりで、全曲のサポート、曲順、
アレンジなど頼りっきりでした(苦笑)
彼の才能の一部がほしいくらいではありますが、
それは物理的に無理ということで、
毎回チャリティーライブでは、甘えまくりです(汗)
本当にいつもすいませんm(_ _)m
おかげで毎回素敵なライブができています。

ちなみに当日の会場の様子がこちら↓

kaz_cl20161015_03.jpg

満員御礼でした!!

では、気を取り直し、
ここからは曲の解説も含めてのレポです!


01.晴れた空の下

全体の構成からいくと、ゆったりめの曲が多めだったので
トップにくる曲は明るめにしようと決めました。

やまちゃんのカッティング気味の、
心地よい演奏から始まり、私のいつも通りの
ストロークが合わさり、格好いいオープニングの予定が
入りをいきなり私が間違うという、一番やってはいけない
パターンをお披露目しちゃいましたが、
そこは13年のベテランですから
鋼の心臓を持ってますので、何かありましたか?
的な顔をしながら、無理矢理演奏を継続しました(苦笑)

連日の練習のし過ぎもあり、私の声が軽くしゃがれていましたが、
でも声は良く出ていたように思います。

正に快晴の一日だったライブの
オープニングナンバーとしては、
ぴったりだったのではないでしょうか?

kaz_cl20161015_04.jpg

02.regrets(KANカバー)

セットリスト考えるときに、やっぱりKANさんの
曲はやりたいなぁ~と思ってて提案したら
KANさんの弾き語りライブで印象に残った曲を
選んでくださいとなり、この曲を選びました!
この前の弾き語りライブでは、妙に心に残ったんですよねぇ。

私は自分が歌いたいってのもあるけど、
そこそこ昔からKANさんの良さを伝える
布教活動を行っておりますので(苦笑)
やはり、これからもKANさんのカバーは
続けると思われます(笑)

でもピアノ曲をギターでやるって大変よね(汗)
やまちゃんもアレンジ大変だったと思うけど、
私も結構大変だったよ(苦笑)
案の定間違えてたし..._| ̄|○

kaz_cl20161015_05.jpg

03.夜空ノムコウ(SMAPカバー)

ゲスなことだらけの今年の芸能界だったけど
一番のびっくりポンはSMAPの解散でした。
噂はありつつも、仲良さそうに見えていたので
本当に残念に思います。

やはり名曲の多いSMAPですから
誰かが継続して歌わないとということで、
今後は私がカバーして歌っていきます!!(苦笑)

ギターアレンジは、スガシカオ風になっていました。
歌は最後の最後で、うわずっちゃって
そこが上手く歌えていたら完璧だったのになぁ(笑)


04.もう一度

これは単純に、SMAP解散 → ちょ、まてよ! → もう一度という
私なりに上手く繋がったように感じましたが、
ちょ、まてよの物まねが失笑されながらも
やりきった感はあるので、満足しています(苦笑)

これは最近結構歌っている曲だったし、
間違える要素は一切ないはずなんだけど、
練習ではカウント取ってから始まっていたのに
本番でいきなりスタートさせたので
やまちゃんは焦ったと思います(苦笑)

最近の自作曲では好きな曲でございました。

kaz_cl20161015_05_1.jpg

05.君がヒーローになれ

MCを挟まずに連続で歌わせていただきました。
まぁ~カポの交換時間の無音はあったとは思うけど(汗)

この曲に関していえば、最近歌ってない曲を
選んでみようと思いセレクトしました。
RainbowのCDにも入ってることもあり
やまちゃんのアレンジは仕上がっていたので
唯一安定感のある一曲だったかも知れません。

個人的にも好きな曲なんですよ。

kaz_cl20161015_06.jpg

奇跡の親子共演も果たしました(笑)

kaz_cl20161015_07.jpg

06.やさしさに包まれたなら(荒井由実カバー)

子どもが聴きに来てくれた時を想定して
いろいろ悩んだんだけど、ジブリ系なら知ってるんじゃね?となり
歌えもしないのに、もののけ姫とか適当なこと
ばっかり言ってましたが(苦笑)

トトロは前にやったし、ナウシカやラピュタって感じでもなくて
結局魔女宅だなとなり、この曲をセレクトしました。

そして決まってしまえば、一番サブタイトルに
相応しいと思い、そのままタイトルにしちゃいました。

アレンジも、ちょっとカントリー調のアルペジオで
やまちゃんのみで演奏して、私は歌のみにしました。
良く出来たかなと思ってます。

kaz_cl20161015_08.jpg

07.上を向いてあるこう(坂本九カバー)

今年のニュースに絡めたカバーを
もう一曲ほしいとなり、永六輔さんが亡くなったというのと、
実は作詞家でもあったというのが結びついて
みんなも知ってるし歌ってくれると思い、
この曲を選びました。

やまちゃんに頼りっぱなしなので、
この曲はコードも簡単ということで
KAZ一人でギター弾き、やまちゃんには
ギターでパーカッションしてもらってました。

意味なくTwinkle★Twinkleに呼びかけたり
わたなべゆうじにも無理矢理歌わせました(苦笑)
でも、みんなで歌うと一体感でますよねぇ(笑)


08.希望の灯

本編最後の曲ということで、やはり今年は
地震で被災した熊本の児童養護施設に
寄付すると決めたこともあり
この曲しかなかったと思います。

この5年で、ある意味一番歌ってるかも知れないですね。
それだけ思い入れもあるし、メッセージ性もあるし
伝えるということを考えると最適な曲だと思います。

神戸の震災はある程度復興したと言えるのかなと思うけど、
東日本大震災は、未だに帰れない人が
沢山いらっしゃる中で、気が休まることなく、
今年の熊本地震は、いつどんな時でも
危険と隣り合わせなんだなと再認識させられました。

必ずそこには、小さな子どもがいるわけで
不安だろうし、怖いだろうし...。
直接手を差し伸べられる訳ではないけど
何か出来ることはあるはずと信じて、
この活動を続けています。

そういう想いを胸に、心を込めて歌わせていただきました。
少しでも皆さんと共有できたら嬉しく思います。


encore 09.カラフル(新曲)

先日の日記でも歌詞を先行で、発表させていただきましたが
息子への想いを込めた曲ができました。

最後の最後だから、きっちり歌い上げたかったけど
入りを間違えたのよねぇ...(苦笑)

ライブの10日くらい前にできあがり
それを無理矢理やまちゃんにアレンジをお願いして
アンコールに持ってくるんだから無謀と言えば無謀だったけど
どーしても歌いたかったんですよねぇ。

ミディアムなナンバーになりましたけど
聴きごたえある曲になったと思います。

子どもの目線でありつつも、最後には温かく見守る
親目線の歌詞を織りまぜられたのは、
珍しく上手く出来たなとは思いました(笑)

kaz_cl20161015_09.jpg

ライブ後には、新曲良かったですねという声が
聴けたので、3年ぶりの新曲の発表としては、
ドキドキしていましたので、ありがたいかぎりですm(_ _)m
音源化希望のの声も聞けたので、余裕ができましたら、
真剣に考えたいと思いますので、
本当に気長~~~~~~にお待ちくださいm(_ _)m


現在NHKさんの取材を受けていまして、
ライブも撮影していただいていますので、
その時に少しお聴かせできるかも知れません!
なので、放送を楽しみにしていてくださいね!!

kaz_cl20161015_10.jpg

kaz_cl20161015_11.jpg

余談ではありますが、前日練習の帰りに夜空を見上げていたら
人生で初めての流れ星を見たんですよねぇ。
本当に初めて見たから、なんか妙に嬉しくなって
明日のチャリティーライブは成功すると
勝手ながら思ってました!!
これはライブのMCで話そうと思ってたけど、
結局忘れちゃって、今更の話題になっちゃうんだけど(苦笑)


ではでは長くなりましたが、チャリティーライブの様子と
見に来てくれたお客様、協力してくれた皆様、
そしてKAZ一派へのお礼を兼ねた、ご報告でございました!!

本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m
来年も頑張りますので、どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

24年目も~あでゅ~♪

(All Photo by office seAsOw Hidekazu&Haruka Kajikawa)

セットリスト
01.晴れた空の下
02.regrets(KANカバー)
03.夜空ノムコウ(SMAPカバー)
04.もう一度
05.君がヒーローになれ
06.やさしさに包まれたなら(荒井由実カバー)
07.上を向いてあるこう(坂本九カバー)
08.希望の灯
~encore~
09.カラフル(新曲)

ついに明日!!

2年振りになる番外編の

KAZ Charity Live 2016 To a heart of children SP
~やさしさに包まれたなら~

が開催されます!!

ここまでの道のり・・・一番大変だったのは
やまちゃんで間違いない(苦笑)
開催場所へ何度も打ち合わせに行ってくれたり
期間が短い中でのアレンジを必死に考えたり
強行練習スケジュールで付き合わされたり
本当に大変だったと思いますが
取り敢えず開催できるところまで
こぎ着けられたのは本当に感謝しています!

明日やまちゃんに会ったら
お疲れさんと声をかけてあげてください(苦笑)


私も強行スケジュールの中、
本日よりNHKさんの取材もスタートしまして
練習風景や、合間のインタビューを受けるなど
一杯一杯ですが、サブタイトルのように
やさしさに包まれるライブができたらと思っています!!

頑張ります!!!!!

予約いただきました皆様
多少は明日暖かいらしいので
お気をつけていらっしゃってください。
会場でお待ちしておりますm(_ _)m

KAZ_Charity_Live_2016.jpgのサムネイル画像


KAZ Charity Live 2016 To a heart of children SP
~やさしさに包まれたなら~


日時:10月15日(土) 14:30-OPEN/15:00-START/17:00-END
場所:Live & Dining Mellow
   札幌市白石区南郷通り1丁目北2-32 ダイアパレス白石1F
TEL:011-827-0114
定員:25名まで
チケット:1,000円(1D付、18歳未満無料(但し、ドリンク1杯ご注文願います))
Opening Act:Twinkle★Twinkle、わたなべゆうじ

寄付先:児童養護施設 広安愛児園(熊本県上益城郡益城町古関73)


24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

緊急報告NHKに出演決定!!

来週に迫ったチャリティーライブですが
実は同時進行でNHKさんの取材も受けております!!

そしてチャリティーライブでもカメラが入り
その活動も含めて、私の生い立ちも含めて
北海道夕方に放送中の、ほっとニュース北海道
KAZが取り上げられることになりました!!

6~7分程度の特集を組んでいただけるということで
本当にありがたい限りでございます(苦笑)

時期は今月の最終週~11月中には放送予定です!
放送日は決まり次第発表させていただきますので、
北海道の皆さ~~~ん!!
その際は録画してでも見ましょうね(笑)

私は7時まで仕事なので、見られませんが
ハイビジョン録画を決め込んで
帰ってきてから見てみようと思います(苦笑)

さてさて、先程チャリティーライブでも
カメラが入ることをお伝えしましたが
昨年はお休みしたこともあり、
毎年とまでは言えなくなっちゃったけど
継続してきたことが、メディアを使って
お伝えする機会を与えてもらったのは
本当に嬉しく思っています。

私としては、紆余曲折はありながらも
見に来てくれたお客様には、
心を込めてライブは行ってきましたし
お預かりした売り上げや寄付については
全額きっちり児童養護施設へお届けしましたし
その報告もHPや、次回のライブ等で
きっちり行ってきたという自負はあります。

その辺はライブに足を運んでくださる
皆様には分かっていただけてると思っています。


まぁ~メディアを通すことが正確性を
求められているのかという問いがあれば
100%とは言えないかも知れませんが
それでもこれまで行ってきた活動を
皆さんに知っていただけるということは
やはり大きいなぁ~とは常々思っていました。
だからこそ取材の話があったときは
素直に嬉しいなぁ~と感じましたし
良いきっかけになりました。

今回の取材は私のこれまで生きてきた中での
音楽活動や日常がメインになってくるので
チャリティーライブだけに
焦点が当たるわけではありませんが
少しだけでも子どもたちのために
活動しているよってことだけでも
理解してもらえたら嬉しいですね。


何はともあれ10/15のチャリティーライブを
成功させるべく頑張りたいと思います!

あっ、チケットについてですが
25名分の予約枠は埋まりましたので
ご報告させていただきます。
後は当日急に行けないという話がない限りは
当日券の発売はありませんので
ご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

KAZ_Charity_Live_2016_soldout.jpg

KAZ Charity Live 2016 To a heart of children SP
~やさしさに包まれたなら~

日時:10月15日(土) 14:30-OPEN/15:00-START/17:00-END
場所:Live & Dining Mellow
   札幌市白石区南郷通り1丁目北2-32 ダイアパレス白石1F
TEL:011-827-0114
定員:25名まで(SOLD OUT)
チケット:1,000円(1D付、18歳未満無料(但し、ドリンク1杯ご注文願います))
Opening Act:Twinkle★Twinkle、わたなべゆうじ

寄付先:児童養護施設 広安愛児園(熊本県上益城郡益城町古関73)

今回もカバーありの、新曲ありの
素敵な曲をセレクトしておりますので
お楽しみに!!(苦笑)

それでは寒くなってきましたが
予約いただきました皆様、
当日お待ちしておりますので
お気をつけていらっしゃってくださいませ。

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

新曲できた!!

  • 新曲情報

と言うわけで、メロディー構想2年
歌詞構想3カ月・・・おもいっきし
集中させてもらったら完成しました(苦笑)

我が息子に向けて作った曲になります!
いつか分かるようになったときに
喜んでくれると嬉しいんだけどなぁ~。

メロディーはチャリティーライブでお届けしますが
歌詞のみ先行して発表しちゃいます!!

ささやかながらパパからの願いを込めた
贈り物という感じですね。

ではでは、はりきってどうぞぉ~(笑)

カラフル  作詞・作曲:KAZ

その瞳には どんな景色が映るのだろう
色とりどりの キラキラした
この素晴らしい世界が 君を待っている


玄関の扉開けて 思い切り外へ駆けてゆく
胸のドキドキは 誰にも止められない

青い空 頬を流れていく風
その全てが 新しい感触 さぁ冒険が始まる

君の瞳には どんな未来が待ち受けるだろう
白いキャンバスに 君だけの
カラフルな色たちが 描かれていく


悲しくて泣いた日も 嬉しくて笑顔になる日も
一つ一つが想い出にかわる

広い大地 光に包まれ
真っ直ぐに 歩く道を照らす 冒険の続きが始まる

その瞳には どんな奇跡が煌めくのだろう
モノクロの日々に 暖かな
虹色を連れてくる 君の元へ


君次第で どんな色にも交わる
自由自在に思いの丈を描こう カラフルな日々が始まる

君の瞳には どんな奇跡が煌めくのだろう
モノクロの日々に 暖かな
虹色を連れてくる

僕たちの瞳には 素敵な未来が待ってるよ
そんなこと想い 毎日に感謝しながら

その瞳には どんな景色が映るの
誰のものでもない 君だけの色を探そう
世界はこんなにもカラフルに染まっている

ポスター完成

とはいえ、今回は奥さんも多忙で
作る暇もなく、仕方なく自分で作ってみました(苦笑)

印刷会社にいたわりには
デザイン系の仕事が苦手でございまして
よくトータル8年も仕事ができたもんだと
ある意味自分を褒めてあげたい(苦笑)

あんまかっちょよくないけど、
それでも今回はコレで行きます!!!!(笑)


現在、予約受付中ですので、
よければ一緒に、アットホームな空間を
作りませんか!!

KAZ_Charity_Live_2016.jpg

※Photo by office seAsOw Hidekazu Kajikawa

KAZ Charity Live 2016 To a heart of children SP
~やさしさに包まれたなら~

日時:10月15日(土) 14:30-OPEN/15:00-START/17:00-END
場所:Live & Dining Mellow
   札幌市白石区南郷通り1丁目北2-32 ダイアパレス白石1F
TEL:011-827-0114
定員:25名まで
チケット:1,000円(1D付、18歳未満無料(但し、ドリンク1杯ご注文願います))
Opening Act:Twinkle★Twinkle、わたなべゆうじ

寄付先:児童養護施設 広安愛児園(熊本県上益城郡益城町古関73)


------------拡散テンプレ------------
KAZ Charity Live 2016~やさしさに包まれたなら~ 
日時:10/15(土) 15:00-START 場所:Mellow(HP参照) 
定員:25名 チケ:1,000円(1D付、18歳未満無料(別途1D注文))
Act:Twinkle★Twinkle、わたなべゆうじ
-------------------------------------

ぜひぜひ、よろしくお願い申し上げます。

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

ミニ運動会

  • KAZ Jr

運動会があるって知ってから
無駄に楽しみでしょうがなかった
一児のパパです(苦笑)

昨日のゲリラ豪雨があっただけに
外での開催が危ぶまれていたわけですが
ふたを開けてみれば、今年最後の夏日だった
札幌は日差しも強く参加する子どもたちも
見に来ていた親族も、なかなか体力がいりましたな(汗)

そんな中、パパ・ママ同様、当の本人も
楽しみだったのか、運動会で踊る内容なのか
昨夜は簡単には寝てくれず、ひたすら笑顔で
遅くまで踊ってたりしてました(苦笑)

朝起きると、鼻水だらだらで若干の風邪を
引いてるようで、肝心な日に体調を崩すあたり
やはりパパ似なんでしょうよ(汗)

2016_tsumu_undou01.jpg

さて肝心の運動会はと言いますと
最初の方は、体調が優れないのか
対して寝られてないから眠いのか・・・
結構泣きじゃくっておりました。

それでもところどころ笑顔が垣間見えたので
楽しかったことは間違いないのでしょう!

同年代の子との障害物競走では、
先生の手を借りてしっかりと頑張っていて
最後まで走りきることができました!!

2016_tsumu_undou02.jpg

2016_tsumu_undou03.jpg

2016_tsumu_undou04.jpg

2016_tsumu_undou05.jpg

プログラム最後の方の親子競争では
ママの顔を見て安心したのか、
また泣いていましたが(苦笑)
すぐに笑顔になり、頑張っていました!!

2016_tsumu_undou06.jpg

2016_tsumu_undou07.jpg

2016_tsumu_undou08.jpg

運動会が終わって、みんなも残って
公園で遊んでいるときが、一番笑顔が多かったのも
良いんだか悪いんだかってな感じでしたが(汗)
それでも見ている分には、運動会が本当に
楽しかったんだろうなぁ~と思いました。

2016_tsumu_undou09.jpg

満面の笑みを浮かべて走っていたり

2016_tsumu_undou10.jpg

ボールを抱えて遊んだり

2016_tsumu_undou11.jpg

カートの陰に隠れたりと
普段家では見れない、広い場所で
楽しそうに遊ぶ紡久が見られて
パパも幸せなひとときを得られました。

園長先生や、他の先生からも
つむくんは、よく食べるし、元気だし
絵も上手だし、好奇心旺盛で
良い子ですねって褒められると
親としてはホッとしたというか
素直に嬉しかったです(笑)


毎日、練習を頑張ったんだろうし
家に帰ってきてからも踊ってたりするので、
つむにとっても良い経験を
させてもらったんだと思います。

パパ・ママにとっても初めての運動会の参加は
なんだかホッコリする素敵な想い出になりました。

お疲れさま!!

そして、この運動会のために
毎日の子どもたちへの練習や準備などで
大変だったと思われます園長先生をはじめとする
先生方、本当に本当にお疲れさまでした!

日々、大変だとは思いますが
これからも紡久のことを、よろしくお願い申し上げます。

来年も楽しみにしております!!

24年目も~あでゅ~♪

チャリティー情報追記

さて先日チャリティーライブについて
発表させていただきましたが、
何点かきちんとお知らせしとかないと
いけませんので、ここでお知らせさせていただきます。

1.お店の入り口には1段だけ段差があります

ただスロープがあるとのことで、
そこは車いすに乗る方がいらっしゃっても
問題はないと思っております。

2.25名定員ということからそこまで広くはありません

現時点で考えていますのは、私も含めて
車いすに乗っている方の対応人数は
4~5名と考えています。

3.車いす用のトイレはありません

ここが一番重要なんですが、
今までのチャリティーライブでは
時計台にしろ、パトスにしろ
すぐ近くに車いす用のトイレはありました。
今回のMellowさんでは残念ながら
車いす用のトイレはありませんので、
一番近い車いす用のトイレとなると
地下鉄東西線白石駅内にあるトイレになります。

そこら辺も踏まえまして、OPアクト2組と
KAZ本編も含めて、2時間以内に終わるように
設定しておりますので、事前に済ませておいて
いただけると何とかなるかなと考えています。
それでもどうしてもという場合には
白石駅まで行ってもらうしかありませんので
大変申し訳ございませんが、ご了承ください。

4.駐車場はありません

これはパトスとかであっても
同じ案内でしたが、お店用の駐車場はありませんので
基本的には公共機関をご利用いただくか
近隣の有料駐車場をご利用いただくか
または○○ストアさんに一時的に
止めていただくかなどになるかと思います。

5.夜の営業時間もあり長居はできません

18:00から夜の部のリハが始まるということで
私たちも実は17:50くらいまでしかおれませんので
交流時間は30分くらいと考えております。
その点もご了承いただきますよう
よろしくお願い申し上げます。

6.寄付先

ライブの売り上げに関しましては
今現在も強い地震に見舞われている
熊本県上益城郡益城町にあります
社会福祉法人キリスト教児童福祉会
児童養護施設 広安愛児園さんに
寄付することにしました。
売り上げの使われ方は、
施設の方にお任せしようと思っています。


さてさて急ピッチで物事を考えているから
至らない部分も多々あるかとは思われますが
少しでも子どもたちのためにという想いだけは
一貫して変わっておりませんので
どうかご協力いただけましたら幸いです。

取り敢えず気力を振り絞って頑張ります!!

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

やさしさに包まれたなら

あっという間に9月になってしまいました(苦笑)
再就職後は、時間の流れが早く、
まだまだ仕事にも慣れず、体力的にもしんどい日々が続きますが
取り敢えずは、パパ頑張ってます(苦笑)

さてそんな中で、一つ発表がありまして、
7月のファクトリーライブで先行発表しましたが、
今年もやらないと宣言しておりました
児童養護施設への寄付をする
チャリティーライブを、規模を小さくしてですが
開催しまーーーす!!

では何故やるようにしたかと言いますと
チャリティーライブやらないんですか??
という声が前からありまして、
その都度悩んではいたのですが、
ヤマガタユウジくんの小さくても良いから
やりましょうよという声に押され
続けることが大事だよなぁと考え直し
いつもよりは小さめの場所での開催になりますが
決行することに決めました!!

ライブやらないの?という期待してくださる方がいて、
ライブやりましょうよ協力しますよという仲間がいて
さらには何でも手伝うよと言ってくださる応援者もいて
本当に本当に嬉しく思いますm(_ _)m

いろんなことで、バタバタな日々を過ごしていますが
やっぱ子どもたちのことは常に気にかけていて
少しでも何かできればという想いだけはあるので
これだけ仲間がいるなら、おじさんも頑張らねばと
考えなおしました(苦笑)

日程と場所と、オープニングアクトは
決まったのでお知らせします!
後はこれから詰めていきます(苦笑)


KAZ Charity Live 2016
To a heart of children SP
〜やさしさに包まれたなら〜

日時:10月15日(土)
14:30-OPEN/15:00-START/17:00-END
場所:Live & Dining Mellow
札幌市白石区南郷通り1丁目北2-32 ダイアパレス白石1F
TEL:011-827-0114
定員:25名まで
チケット:1,000円(1D付、18歳未満無料(ドリンク代は別途ご負担願います))
寄付先:熊本県の児童養護施設を予定
オープニングアクト:Twinkle★Twinkle、わたなべゆうじ
チケット予約メール:kaz@kaz-sing.com

今回は人数制限がありますので、予約を賜りたいと思います。
行くよーって言ってくださる方が
いらっしゃましたら、コメントなり
DMなり、メールなりとお知らせくださいm(_ _)m
予約がいっぱいになったら本当にごめんなさいm(_ _)m


忙しすぎて、疲れすぎて、夜もすぐに寝ちゃうんだけど(苦笑)
本当に開催しますので、ぜひぜひよろしくお願いしますm(_ _)m

ポスターは、また後日お披露目します。
パソコンが作業中に落ちるから、
作る気をなくすのよねぇ...(汗)
でも作るので、そちらもお楽しみに!!

ではでは、イイネ!シェアリツイート口コミ
拡散のほど、よろしくお願いしまーーーす!!(苦笑)

24年目も〜あでゅ〜♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2016年11月 [5]
  2. 2016年10月 [6]
  3. 2016年9月 [4]
  4. 2016年7月 [2]
  5. 2016年6月 [4]
  6. 2016年5月 [5]
  7. 2016年4月 [1]
  8. 2016年3月 [2]
  9. 2015年12月 [3]
  10. 2015年11月 [2]
  11. 2015年10月 [2]
  12. 2015年9月 [1]
  13. 2015年8月 [1]
  14. 2015年7月 [4]
  15. 2015年6月 [3]
  16. 2015年5月 [4]
  17. 2015年4月 [3]
  18. 2015年3月 [1]
  19. 2015年1月 [3]
  20. 2014年12月 [1]
  21. 2014年11月 [3]
  22. 2014年10月 [6]
  23. 2014年9月 [3]
  24. 2014年8月 [6]
  25. 2014年7月 [4]
  26. 2014年6月 [4]
  27. 2014年5月 [7]
  28. 2014年4月 [5]
  29. 2014年3月 [3]
  30. 2014年2月 [3]
  31. 2014年1月 [4]
  32. 2013年12月 [9]
  33. 2013年11月 [11]
  34. 2013年10月 [6]
  35. 2013年9月 [9]
  36. 2013年8月 [7]
  37. 2013年7月 [6]
  38. 2013年6月 [11]
  39. 2013年5月 [9]
  40. 2013年4月 [8]
  41. 2013年3月 [9]
  42. 2013年2月 [9]
  43. 2013年1月 [8]
  44. 2012年12月 [21]
  45. 2012年11月 [18]
  46. 2012年10月 [15]
  47. 2012年9月 [18]
  48. 2012年8月 [14]
  49. 2012年7月 [12]
  50. 2012年6月 [12]
  51. 2012年5月 [10]
  52. 2012年4月 [14]
  53. 2012年3月 [19]
  54. 2012年2月 [10]
  55. 2012年1月 [21]
  56. 2011年12月 [18]
  57. 2011年11月 [23]
  58. 2011年10月 [20]
  59. 2011年9月 [8]
  60. 2011年8月 [12]
  61. 2011年7月 [16]
  62. 2011年6月 [19]
  63. 2011年5月 [19]
  64. 2011年4月 [19]
  65. 2011年3月 [19]
  66. 2011年2月 [17]
  67. 2011年1月 [18]
  68. 2010年12月 [27]
  69. 2010年11月 [20]
  70. 2010年10月 [20]
  71. 2010年9月 [21]
  72. 2010年8月 [25]
  73. 2010年7月 [17]
  74. 2010年6月 [24]
  75. 2010年5月 [17]
  76. 2010年4月 [29]
  77. 2010年3月 [22]
  78. 2010年2月 [19]
  79. 2010年1月 [20]
  80. 2009年12月 [19]
  81. 2009年11月 [18]
  82. 2009年10月 [23]
  83. 2009年9月 [13]
  84. 2009年8月 [19]
  85. 2009年7月 [19]
  86. 2009年6月 [16]
  87. 2009年5月 [22]
  88. 2009年4月 [17]
  89. 2009年3月 [20]
  90. 2009年2月 [16]
  91. 2009年1月 [16]
  92. 2008年12月 [20]
  93. 2008年11月 [20]
  94. 2008年10月 [12]
  95. 2008年9月 [10]
  96. 2008年8月 [23]
  97. 2008年7月 [27]
  98. 2008年6月 [25]
  99. 2008年5月 [25]
  100. 2008年4月 [18]
  101. 2008年3月 [17]
  102. 2008年2月 [19]
  103. 2008年1月 [21]
  104. 2007年12月 [13]
  105. 2007年11月 [22]
  106. 2007年10月 [20]
  107. 2007年9月 [19]
  108. 2007年8月 [21]
  109. 2007年7月 [27]
  110. 2007年6月 [21]
  111. 2007年5月 [23]
  112. 2007年4月 [23]
  113. 2007年3月 [27]
  114. 2007年2月 [26]
  115. 2007年1月 [17]
  116. 2006年12月 [21]
  117. 2006年11月 [16]
  118. 2006年10月 [22]
  119. 2006年9月 [22]
  120. 2006年8月 [20]
  121. 2006年7月 [11]
  122. 2006年6月 [22]
  123. 2006年5月 [14]
  124. 2006年4月 [13]
  125. 2006年3月 [14]
  126. 2006年2月 [14]
  127. 2006年1月 [21]
  128. 2005年12月 [21]
  129. 2005年11月 [10]
  130. 2005年10月 [14]
  131. 2005年9月 [17]
  132. 2005年8月 [16]
  133. 2005年7月 [15]
  134. 2005年6月 [16]
  135. 2005年5月 [18]
  136. 2005年4月 [24]
  137. 2005年3月 [22]
  138. 2005年2月 [20]
  139. 2005年1月 [17]
  140. 2004年12月 [20]
  141. 2004年11月 [7]
  142. 2004年10月 [10]
  143. 2004年9月 [11]
  144. 2004年8月 [10]
  145. 2004年7月 [10]
  146. 2004年6月 [9]
  147. 2004年5月 [10]
  148. 2004年4月 [7]
  149. 2004年3月 [8]
  150. 2004年2月 [8]
  151. 2004年1月 [11]
  152. 2003年12月 [13]
  153. 2003年11月 [13]
  154. 2003年10月 [1]
  155. 2003年9月 [2]
  156. 2003年8月 [1]
  157. 2003年7月 [2]
  158. 2003年6月 [6]
  159. 2003年5月 [6]
  160. 2003年4月 [3]
  161. 2003年3月 [5]
  162. 2003年2月 [3]
  163. 2003年1月 [6]
  164. 2002年12月 [5]
  165. 2002年11月 [5]
  166. 2002年10月 [6]
  167. 2002年9月 [5]
  168. 2002年8月 [5]
  169. 2002年7月 [6]
  170. 2002年6月 [7]
  171. 2002年5月 [2]
  172. 2002年4月 [4]
  173. 2002年3月 [6]
  174. 2002年2月 [5]
  175. 2002年1月 [11]
  176. 2001年12月 [7]
  177. 2001年11月 [3]
  178. 2001年10月 [2]
  179. 2001年9月 [3]
  180. 2001年7月 [1]
  181. 2001年6月 [2]
  182. 2001年5月 [2]
  183. 2001年4月 [2]
  184. 2001年3月 [4]
  185. 2001年2月 [2]
  186. 2001年1月 [4]
  187. 2000年12月 [6]
  188. 2000年11月 [9]
  189. 2000年10月 [3]
  190. 2000年9月 [4]
  191. 2000年8月 [4]
  192. 2000年7月 [7]
  193. 2000年6月 [8]
  194. 2000年5月 [8]
  195. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4