2000年8月の記事一覧

夏休みの報告2

  • 過去日記


 昨日の続きですが、今度は8/17,18,19と、名古屋への研修報告を書きます。(一応本当のレポートも書かないといけないけど・・・。)実は、俺が住んでいる福祉ホームや、通ってる授産所などは、名古屋にある「AJU」という施設を見本として(お手本といった方が正しいかも・・・。)作られたので、一度見学をメインとした研修に行った方が良いと言われてました。んで、今回選ばれてしまいました。旅費はもちろん相手持ち。と言うことで、最初はかなりノリ気でいたので楽しみだったんですが、行ってしまえばなんのその・・・、ひたすら暑い・・・(^^;)北海道人は行かない方がいいと思いました。誰かが言ってましたが、日本で一番暑い場所は名古屋らしい・・・。それさえ知ってれば、多分行くことはなかったと思っています。

 まぁ、話がそれてきて申し訳ないですけど、そろそろ本題に移りたいと思います。一体俺は、研修とは言っても何をしてきたかと言うと、俺が通ってる授産のこれからの在り方みたいのを学びに行ったのです。俺等の授産所は4月にスタートしたばかりで、どういう風に将来的にしていけば皆にとっていいのかを試行錯誤状態で、同じ事を毎日やる人、人がやるからとりあえずやる人、ダラダラする人、お金を貰うんだということを今一理解してない人ets・・・・・・・、色々なタイプの人間がいます。それはそれでいいと思いますが、授産所に一生いるなら問題はないけど、そうじゃなくて何はともあれ、気持的にも将来はちゃんと普通に働きたいと思うのがいいんじゃないかなーというのが、俺の意見なんです。俺の通ってる授産所は年齢層が幅広いので、無理な人は沢山いますが、じゃぁせめて授産所自体をそういう方向に持って行けたらと感じるのです。
 名古屋の授産所は、授産所という言葉は相応しくないほど、完全な仕事場でした。職場でした。俺自身、今まで思っていた授産所のイメージが覆されました。でもその反面、授産所の将来図としての理想がそこにはありました。自分達で仕事を探してきて、自分達の理想通りに仕事をしていく。俺はこれこそが、俺自身の理想であり、授産所としての理想だと確信しました。
 しかし、俺の通っている授産所は、多種多様の幅広い障害を持っている方ばかりで、更に年齢もかなり幅があるので、さすがに名古屋のようにはいかないなーと思ってます。だからこそ、このメンバーではないと出来ない仕事を、これから探していけばいいのかなーと、今のところちょっとお気楽気分ですが、そういう風になれることを、今の俺が通っている授産所に期待をしたいですねー。

 と言うのが、悲しくも一番暑い時期に、体験した夏休みでした。貴重な夏休みを、取られたみたいでショックなんですけど、でも自分の将来を考えるには、大変有効的で価値のあるモノでした。(上手ーくまとめてみました・・・・。(苦笑))

夏休みの報告1

  • 過去日記


 えー・・・、すっかり日記はご無沙汰ですが、電話を止められ、やっと最近復活する間に、夏休みに入り、やることが沢山ある良い休みでした・・・。(苦笑)

 まず、反無理やり連れていかれた、「介護保険(老人用)のケアマネージメント」の講演会に連れていかれました。ケアマネというのは、説明が面倒なので省きます。皆さん興味のある人はメールにて、もう少し詳しくお教えします。感想は眠くなりましたが、上手く事が進めば、将来的には身障者自身が資格を取れて、仕事が出来るようになるかも知れないということです。これからの世の中は、多分、介護保険制度が中心になってくるので、それだけケアマネが必要になるし、当たり前の仕事として評価されるでしょう。ということは、まだ日の目を見ない、この資格はかなり価値のあるモノになって、後々皆さんが欲しくなったときに素直に取れないかも知れませんので、今がチャンスかも!!

 ただし、予め言っておくと、俺が今話しているのは、2005年に始まる「身障者用の介護保険」のことです。具体的な内容は、まだまだ大雑把なことしか決まってないと思うので、焦らないようにして下さい。んで、身障者用の介護保険の試験は、予定では2003年に、何とも難しいけど、受けれるようです。それまではじっくり勉強してた方が良いかも・・・。(^^;)

 更に試験(介護保険(老人用))を受けるための、最低条件は、福祉施設・老人施設で、確か10年くらい実績経験を積まないとダメらしいので、気を付けてねー。俺も地道に、将来の予定(就職とかの道)を立てる上で、今回の講演会は大変助かりましたので、皆さんも色々調べてみては・・・??

貧乏はヤダー・・・。(^_^;)

  • 過去日記


 えー、突然ですが、予算の都合上、明日から電話が止められます。(苦笑)かなり泣きそうですが、これが一人暮らしの辛さということでしょうか??お金がないのは、辛いですねー。(笑)予定では、年金の入る15日くらいまでは、止まってます・・・。(-_-;)当然の如く、ネットも当分出来ません。(約1週間くらいです。)まぁ、最近日記や、メールもなかなか、書けなくて、そんなに困らないんですが・・・(^^;)、取り合えず報告までしておきます。
 
 因みに、幾ら払うかといいますと、1万弱です・・・。(苦笑)復活を待ってて下さいね・・・。(笑)(^^;)

最近、北海道は変・・・??(苦笑)

  • 過去日記


 今年も暑いっすねー・・・。(^^;)毎日が倒れそうだー。(苦笑)しかし倒れてる暇はないのです。今度、俺が通ってる授産所で大きな仕事を貰いまして、その為の講習会に8月の1,2,3日と、最強に暑い中、札幌のど真ん中まで、朝7時に起きて毎日通いました。日差しが強すぎて、初日なんて目眩がして、本当に倒れそうだった・・・。(苦笑)それでも、継続的に続く仕事と聞いているので、印象を良くするために絶対に遅刻はしないように気を付けて頑張りました。
 さて、一体何の仕事を頂いたかと言うと、「AUTO CAD」という建築ソフトを使って、初心者でも出来る図形を描く仕事と、元ある図形の修正の仕事です。ソフト自体は、扱いやすく、講習した先生の教え方も良かったので、簡単に出来そうですが、図面を見たら自分的に結構引きました・・・。(^^;)予想以上に細かくて、項目も非常に多いので、値段の意味がなんとなく理解してきました。(-_-;)やりごたえのある仕事だなーと、ちょっと気合いが入ってます。

 しかし問題があって、授産の仕事ではあるんですが、俺個人の仕事がいつくるか分からない状態なので、それも不安の一つなんです。俺は不器用ので、2つのことを同時にすることはなかなか出来ません。絵は絵、CADはCADと言うように、分けてやりたいけど、多分無理だろうなー・・・。(笑)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4