2002年4月の記事一覧

今日の俺・・。

  • 過去日記


 体調悪く・・休んでました。どっと疲れがきたようで、本当に動きたくなかったです。プロジェクトの責任者で、緊張感がずっと続いていたので、気が抜けた瞬間こうなってしまったようです。(苦)
 でもそれだけでは、会社は休めませんね。もう一つ理由がありました。それは、「吹き出物」です。実は私、18歳くらいから、身体中に出来物が出来る体質になってしまいまして、度々苦しめられてるんですね~。多分ね、この日記を読んでいる人達の中にも「あ~分かる」という人達もいると思うんだよね。そういう体質になったら、もうずっと付き合うはめになるんだと・・・。正式名称は「網膿炎」というらしい。(漢字が合ってるかどうかは定かでない・・。)皮膚科に行くと教えてくれる。
 結局、体の肌の柔らかいところに出来るんだよね。脇とか、耳の後ろとか、お尻とか等です。それが出来たら何が辛いって、潰れてくれないとひたすら痛いんですよ~。日々座る生活の人間には、お尻や太股の裏あたりに出来ると、もう無理ですね。座るのが辛い・・・。
 なもんで、昨日から巨大化した吹き出物が悪化したので、座れなくなりました。(苦)だから必要最低限しか座らないようにしてました。会社も休んだし、座るのきついから皮膚科も行けないし、最悪だったね・・・。夜になって少し潰れたので、楽になりましたが、完治はしてません。でも後はほっとくのが一番です。(笑)明日は会社に行くぞ~。(笑)
 この吹き出物は、いくら清潔にしていても出来るので、対処方法はないようです。出来たら早めに潰す!!これだけらしい・・・・。まぁ俺はさすがに、潰されるのが嫌なので、抗生物質(薬)をもらって、収まるのを待つ日々です。(苦笑)
 だって怖いんだもん!!(>_<)

お久しぶりです。

  • 過去日記


 やっと日記が書ける状態になりました。(笑)
 なんだかんだと忙しい日々を送ってました。普通に考えれば・・・働きだして3ヶ月くらいの人間に、プロジェクトを任せないですよね~??(苦)すっかり任されてあたふたした2週間です・・・。(苦笑)ソフトも初めて使うし、2週間でやるには量は多いし、チェック項目も非常に多いし、絶対にバイトにやらせる仕事ではないと思ってました。(-_-;)
 それだけ期待されてるのか・・・無謀な会社なのか(苦)疑問ではありますが、色々な人に支えられながら無事終わりました。というよりは乗り切りました。(笑)
 本当に昨日なんて、進めようとしても、クライアントからまだかまだかと催促のCallの連発でした。泣きたくなったよ正直ね・・・。(苦)結局プロジェクトはほぼ2人でこなしたのね。当然プロジェクトは締め切りがあって、締め切りは守れたように自分は感じてたら、修正はそんなにはないとふんでました。(-_-;)当然ありましたが・・・段々自信なくなるんだよね~やっぱりさ・・・。仕事に対しては認められたい部分もあるから、全力で励むんだけど・・・何回も修正修正と返ってくると、本当に落ち込むね・・・。そんな素敵な経験が出来ました。
 でもね~勉強になったし、自分にとってはかなりのプラスになったと思います。今回のプロジェクトの出来が良ければ、同じようなプロジェクトの仕事が大量に来るらしいです。だからこそ、次の仕事があれば、俺自身がこなしてきたことが認められたということになるんですわ。
 さっ、どうなるでしょう~。その時は報告しますね~。




 あっちなみに俺が引き受けたプロジェクトの会社に入る報酬は「100万円」でした・・・。(-_-;)

突然・・・。

  • 過去日記


 昨日の夕方ですね・・・訃報が入りました。元同じ身障者施設で一緒だったNさんが亡くなったとのことです。余りにも突然すぎて言葉を失っています。
 まぁその施設を出てから、結局のところ忙しくて連絡自体はとってなかったんですが・・・。やっぱ思うのは、いつも同じ事を繰り返すんだな~人間て。そう思うんですよ。というのも、多分ほとんどの人が思う傾向にあるのが「いなくなる・亡くなる」そういう風に現実となったときに、後悔をするじゃないですか・・・。なんでもっと連絡を取ってなかったのかとか、もっと時間を共有していればよかったとか、絶対に感じてしまうんですよね・・。
 でもだからと言って、自分には自分の生活があり、仕事がありで、忙しいからそうそう連絡等は難しいし、まさか亡くなるなんて考えること事態おかしいからね。結局はなんも変わらないことを再認識するんです。


 亡くなったNさんの分まで、頑張って幸せに生きようと誓うのでした。ご冥福を祈ります。






 話は変わり、昨日すっげ~久し振りに彼女が泊まってくれました。なんか恥ずかしながらめちゃくちゃ嬉しくて、勝手に舞い上がってましたが・・・。(苦笑)彼女の親には当然作り話で通したところは罪悪感がありつつも、色々と話をしました。将来についても久々に真剣に話し合えたと思います。まぁ毎週会ってるから話し合えないわけではないですが・・・。(苦)遊びに行ってたりするから、真剣にはそうそう語れなかったりしてね~。(笑)取り敢えず幸せでしたの報告です。(いらないって??(>_<))

4月ですね♪

  • 過去日記


 煩わしい冬の季節も過ぎ(とは言っても今年は早めに過ぎましたが・・・。(笑))、春ですな~皆さん(笑)なんだかんだ言ってもやっぱり寒い季節よりは暖かくなる方が断然気分がいいですよね?車いすにとってはとっても動きやすいし、どんどん外にでましょう。


 早いもので、引っ越し半年が経ちました。本当に早く感じます。身障者施設の一人暮らしではなく、社会に出ての一人暮らしはニュアンス的に違う感じがして、大変なんだろうなと思ってました。実感したのはマンションとかは、本当に隣人と関わらないことがTVの世界だけではないことを学習しました。(笑)これじゃぁ~隣で何が起きてもわかんないよね・・・。いやな社会だなと思いつつも、俺も今時の人間なのか・・面倒はなくていいんだよね。(-_-;)


 話は変わり、4月は色々なことが思い出されます。2年前に彼女と出会ったし、昨年は社会人になったし、やっぱそういう時期なんでしょうね。人間が生きていく上での始まりの時なんですね~。(まぁ4月だけとは限定は出来ないけど・・・(苦))
 俺も取り敢えずは、立派に世の中にでて働いているんだと、自画自賛してもいいですよね??(笑)昨年は何も分からない只の暇人でしたが、職は変われど1年も働いているし、それなりに自分を褒めても良いかなぁと最近は思います。納得のいく人生・・・間違いなく進んでいます。後は自分の理想に向けて更に歩を進めていこうと思ってます。当面は「目指せ!!正社員!!」を目標にするつもりです。彼女との関係も考えれば、まずは正社員に俺がなることなんだし、そしてゆっくりと・・・ゆっくり・・二人の幸せな人生を歩んでいくということですね。
 そういう意味でも4月という時期は互いに再確認できる季節なのではないでしょうか。




 JUN SKY WALKERSより

 
 「START~ START~ これから始まる 新しい日がきた 2人の~START~♪」




 どんな事であれ、新しい生活をSTARTする皆さん、おめでとうございます。そして一緒に頑張りましょう~。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4