2002年6月の記事一覧

2002 FIFA World Cap 終結!!

  • 過去日記


 しかし、よく考えたら早いね~1ヶ月は・・・。
今日でW杯も終わってしまいました。優勝は、途中からの予想通りの「ブラジル」でしたね~。ドイツのカーン(今大会決勝まで1点しか取られていないキーパー)からいくらゴールを奪えるかが、最大の注目でした。前日のインタビューでも強気の発言をしていたので、かなり期待はしていましたが!!結果、ロナウド(ブラジル選手)に2点も奪われて意気消沈してましたね・・。ちょっと気の毒でもあったけど(苦)ブラジルひいきの俺は、嬉しかったりもする。(笑)
 まぁ、今大会を振り返ると、強豪チームが、予選から消えたり、審判の納得いかない判定があったり、チケットも大幅に余ってたり、常連参加チームや大会主催者側から見れば、波乱含みの大会だったでしょうね~。
 しかしアジア側から見れば、最高に燃えた1ヶ月だったのではないかと思うのです。日本はトルコ戦はなんだかなぁ~と思いつつも、ベスト16だし。韓国なんて第4位ですからね!!びっくりですよ・・。(>_<)この成績をむねに4年後のW杯ドイツ大会は期待できるかな??(笑)その前に監督は誰になるのだろうか(笑)


 話は変わり、最近仕事が忙しくて日曜でも休んだ気になれない・・・。(-_-;)給料も安いから余計にやる気が出ないのさ。かと言って、なんか自分で目指すと言いますか、将来の仕事としてやっていくのは、何が相応しいのかが見えてこないんです。VBを極めろと社長に言われても、会社の仕事をするだけで一杯一杯だし、最近体力がないので、運動もやらなければいけないし、プライベートな時間を有効に使うには、少し無理があるんだよね。わかっちゃくれないだろうけどさ・・・社長はね。どうしたもんかなぁ~転職をやっぱ考えようかな~・・・・。(苦笑)

久々に・・。

  • 過去日記


 なんか日本が不本意な負け方をしてから、日記を書くのを辞めてました・・。だってさぁ~スタメン全然違うし、トルシエ君の言う奇抜なメンバーにしても限度があるだろうに~と、文句を言ってやりたい感じ~。チュニジア戦のままのスタメンで良いのに、いきなり西沢と、三都主でくるもんだからぁ・・・、ビックリしたよ!?全てを全て否定はしたくないが、あまりにも安易な考えだったのではないかと思っています。
 気がつきゃ、三位決定戦が明日で、日韓共同W杯も明後日で決勝戦です。予想通りの「ドイツ×ブラジル戦」です。でもね~波乱含みのW杯は予想がつかないね決勝だけは。ブラジルが7割がた勝つような気がするが、オリヴァー・カーンから点を取るのもしんどそうだから、素直な気持ちはわからない、んなところですかね~。


 話は変わり、最近カヴァーアルバムのブームですね。まぁこんな話題をすれば、福山好きの人間ですからメインは、やっぱマシャなんだけど~。(笑)ふと昔の曲はいいのが多いと思うのです。名曲というのでしょうか、しっとり聴けます。今の曲もいいんだけど、時代の感覚なんですかね。その時代特有のメロディーが捨てがたいのです。多分普通に俺らも、もっと年を重ねて、振り返ると昔は良かったね~とか言っているんでしょう。(笑)
 そんな語り継がれる名曲を作りたいなぁ~と思いながら、毎日を気楽に生きるのでした。(苦笑)

げっ!!!!!

  • 過去日記


 ちょ~驚きました・・。(笑)決勝トーナメント1戦目が「セネガル×スウェーデン戦」だったんですけど。驚異のミラクルチーム「セネガル」が勝っちゃったんだよ~。これは驚きました、本当に!!なんかW杯わかんね~な~と思う。強豪はどんどん敗れていくし、だからこそ見ていて楽しいんでしょうね~。どうせなら日本がトルコに勝って、セネガルと戦ってほしいですね~。期待しようっと!!(笑)

決勝トーナメント進出!!

  • 過去日記


 ビビリました・・。(笑)ついにここまできました。決勝トーナメントに出れるのです。初です。(笑)なんかネットを徘徊して、W杯の掲示板を見ていくと、言いたい放題書いているところがあったが・・・大半は予選敗退で日本は終わりだと書いてありました。(苦)正直・・・そういう気持ちがあったが、試合を見ていくと、そんな気持ちはどこへやらって感じでね(^_^;)全然強いからね!!あの試合を見て、今でもそう思うのかなと思いながら、チュニジア戦を振り返りましょう。


 実はリアルタイムで見れませんでした。(笑)なんせ仕事だったし・・・。(-_-;)んでしょうがないから、ビデオで見ようと思ってさ、家に帰るまで絶対に情報を聞かないようにしようと思ってたら、まず社長が状況言っちゃうし、帰りのガソリンスタンドで、大々的に放送してるし、さらに地下鉄の駅員さんまで親切に教えてくれるから、結局ね全て分かってしまったのです。(苦笑)ガッカリ・・・。(-_-;)


 何はなくとも、森島でしょうね~。後半メンバーチェンジして、すぐに点を入れましたからね。思うのは、若い人間ばかりのチームよりも、ベテランも大事なんだなぁ~とつくづく感じました。そして中田でしょう!!誰もがそろそろゴールが見たいと思っていたのではないかと思います。これまた後半から投入された市川からの絶妙のセンタリングをヘディングで決めましたね~。その後、口を切ったのか血を流してましたが・・・。(苦)それにしても素晴らしい試合でした。
 やっぱりリアルタイムで見たかったなぁ~・・・。だってトルコ戦も昼間の試合だし・・・。いいことねぇ~な・・・。(笑)勝ってほしいな~したらもう昼間の試合はないんだよね~。(^_^;)
 なにはともあれ、勝ってほしい~VIVA日本!!!

歴史的、初勝利!!!!!!!!!!!!!!!

  • 過去日記


 もう何も言うまいが、皆さん!!日本がW杯で初めての勝利をもぎ取りました。恥ずかしながら、半泣きです。(笑)それくらい感動が、伝わりました。「対ロシア戦」今頃になりますが、負けるかなぁ~と思ってました・・・。(苦笑)やっぱりH組の中では、ロシアは強いから、要注意だったんですよね~。でもそのロシアに勝てました。気分は「ク~ッVIVA 日本!!」ってな感じです。(笑)


 なんと言っても「稲本」ですね。正直、ベルギー戦まで存在は、ほとんど知らなかったのだ・・。(笑)これは何とも失礼な話ですがね・・・。(苦笑)ただ幻のゴールも含めれば、稲本は3点も入れてるんですよね~。凄いことですよ。4年前は1点が遠かったのに、今大会は点は取れるし、尚かつ初勝利だし、本当に良かったよ~(*^_^*)
 もう一つは、戸田・楢崎・宮本、この3人の活躍が大きいですよね。宮本はフェイスマスクを付けてるから、見てるだけで心配するけど、ちゃんと守ってましたね~ちょっち感動したし。(笑)楢崎もよく守ってたし、戸田のセーブはロシアの機能を動かさなかったと思う。本当に良いチームになりました!!


 見ていて面白かったのは、中山登場です。メンバーチェンジの時は凄い歓声で、逆に日本には欠かせない人物なんだと再認識しましたね。でもFWはやっぱ中山を見習うべきだと思う。中山ほど、ひたすらボールだけを追いかける姿は、美しいです。(ただ、それではスタミナが持たないんだろうねぇ~・・。(笑))


 今日は勝利の余韻に浸りながら寝ることにします。
 次は、14日「対チュニジア戦」です。勝ってくれ!!日本!!

今月は、相も変わらず・・・。

  • 過去日記


 サッカーネタです。
 早速昨日の「日本×ベルギー戦」について、素人なりにコメントします。(笑)結論から言いますと、引き分けで勝ち点1点をとったといって、喜んでいる奴はいかん!!!!どうみても勝てる試合だったと思うのです。完封とまではいかなくても、2-1で勝てたのに~。
 最初の失点は、仕方がないでしょう・・。但し、2点目がいたいね。同じミスで点を取られては、話にならないような気がします。あれは防いでほしかった・・。非常にがっかりしましたよ。いつも思うのは、日本のFWってほぼ、自分でシュートしないんだよね~。外すのが怖いのもわかるんだけど・・・決定的な時はせめてシュートを打ってほしい。毎回思います。更に、審判のジャッジもどうかと・・・。柳沢なんて4回も足を引っかけれれてもファールにならいのが、非常に納得のいかない試合でした。大抵の試合で納得いかないのは実は審判のジャッジが多かったりもしますよね。それでも「負け」ではなかったので、よしとしましょう。
 やはりMVPは「稲本」でしょうね~。幻のゴールも含め、ベルギー相手に2点もとったのですから、素晴らしいですよね。今回、純粋に思ったのは、4年は無駄な期間ではなかったと思うのです。日本は強くなりましたね。スピードはあるし、押されても引かない強さが目立ちました。メンタル面でも強くなったんだろうなと実感しました。
 さぁ、次は問題の「対ロシア戦」です。正直・・・勝てるかどうかが不安ではありますね。解説者が言うには、スピードは余りないらしいので、攻めるならそこでは(スピード重視)ないかと言っていた。ロシアはメンバーがいいから、苦しいでしょう。だからといって負けるわけにはいかないので、最低引き分け、負けたら今回のW杯は、グループリーグだけで、終わりますね。寂しいから頑張ってほしいゾ~。フランスでさえ負ける時代だ。ロシアなら勝てるかも・・・と願いつつ、次の日本戦まで。ではでは・・。(笑)

World Cap 2002

  • 過去日記


 久々の日記です。ご心配をおかけしました。m(_ _)m


 さて、昨日から「サッカーワールドカップ」が始まりました。まぁ気持ちは全試合チェックしたいけど、それは無理なんで・・・。(苦)取り敢えず、楽しみな試合は、見ていこうと思います。


 昨日、開幕戦について。
 「フランス-セネガル戦」なんと「0対1」という強豪(前ワールドカップ優勝)フランスが敗れました。これはリアルタイムでチェックしていたんですけど、ビックリしましたね。まさかフランスが敗れるとは思わなかったので、しかもセネガルは初出場だし・・・。こういう事があるんですね~。でも強いんですよセネガルが。意外というか、信じれなかったです。(苦)ジダン(フランス代表。超有名人)がケガで不出場っていうのもあったでしょうがね。(結果が全てなんで言い訳でしょうが・・。)しかし、国の威信をかけて戦うところは、やはり素敵だし、純粋に楽しめます。


 ところで、札幌でも試合がありまして、現在も試合中です。それで、噂のフーリガンですが、その影響か警察の人の数が半端でないです。(笑)安全を期すには仕方がないんでしょうけどね・・・普通に誰でもビビらない試合が見れたらいいのにね~と思いつつも、実は俺もビビってます。(苦)
 6/7の「アルゼンチン-イングランド戦」これが、一番要注意らしいですよ。(フーリガンに対してね。)サポーターが激しいんだと。(苦)だからその日は出歩かない方がいいよと、地下鉄の駅員さんに言われました。(笑)


 さぁ、問題の日本戦まで、後2日となりました。スタメンは誰が出るのか、トルシエさんに期待しつつ、初戦は勝ってほしいと願うのでした。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4