2002年7月の記事一覧

宮崎駿夫ワールド。

  • 過去日記


 彼女が「千と千尋の神隠し」を購入してきたので、見ました。先日「猫の恩返し」を見たばかりなので、すっかり宮崎ワールドに取り憑かれていますが、やっぱ面白いです。アニメってジャンルによっては、マニアックな方が多いけど、宮崎作品は、それこそ子供から大人まで、純粋に楽しめる作品なんですよね。それにしても大ヒットしただけのある作品でした。絵が凄いリアリティで、綺麗で、内容も面白くて、あっというまの2時間でしたね。
 なんかあれだけの作品を作るんだから、やっぱ時間は掛かるよなぁと思いつつも、彼女の友達で、元スタジオジブリで働いていた人がいたみたいなんだけど、凄い大変らしい話を聞くと、微妙な心境です。(苦)でもそれだけ苦労してるから、壮大な作品が出来るんだなと感心したりもします。
 ちょっと俺的に納得いかないのは、CGを使ってるんだよね「もののけ姫」あたりから。昔の「ナウシカ」や「ラピュタ」は、CGを使わなくともあれだけリアリティな作品になったんだから、どうせなら貫き通して欲しいのが本音ですね~。(苦笑)


 まっ、様は楽しめればいいんだけどね。(笑)

ショック!!!!

  • 過去日記


 いや~何がって、Mr,childrenの桜井さんが「小脳梗塞」の疑いがあるらしい・・。もしかしたらそうなのかも知れないね。結局、年内の活動が全てキャンセルになってしまいました。かなり寂しいですなぁ~2年連続コンサートに行ったものとしては・・(-_-;)
 でもね、早い段階で病気が分かったから、後遺症とかは残らないでしょう。ネットを徘徊して、色々な書き込みを見たが、頑張れ~って書き込みが多かった。純粋に俺もそう思った。出す曲、出す曲、新鮮で感動をくれる彼「桜井和寿」は、俺にとって大きな存在です。福山雅治同様、無くてはならない存在だと言えます。
 彼が作り出す、壮大で斬新な、素敵な曲をもっと聴きたい~と思うのでした。帰ってこいよ~桜井和寿~Mr,children~。(苦)


 僕からはこんな曲を応援歌にします。
 Simple
 「10年先も 20年先も ずっと傍にいてほしいんだ 悲しみを越え 遠回りしたんだけど 探してたものは こんな Simple なもんだったんだ」

ishot購入~。

  • 過去日記


 彼女が機種変更をしているときに、見れば見るほどそそられていく「SH251i」いわゆるカメラ付き携帯である。CCDカメラだから画像数も31万画素にしてはめちゃくちゃ綺麗だし、自分も欲しくなったんですよね~。(苦笑)何を思ったか、購入しました。(-_-;)新規で申し込みました。(先日、Air-H"とDocomoPHSを解約しておいて良かったと、つくづく感じました。(苦))基本的には、SH251iはメールのみにしようと思っていたので、そんなに金はかからないはずと思っています。(苦笑)まぁストレスの多いこの社会で(何を語ってんだか・・。(笑))、楽しみがあるのはいいことで、これからishotを堪能しようかと思います。
 本当は、もう少しでishotの新機種が出るので、待っても良かったんだけど、欲しい衝動に駆り立てられて買っちゃいました~!!!!!!!(笑)


 あとは、他機種への送信が可能かどうかを調べるだけでやんす。多分、J-phoneやauへの送信は可能だと思ったんだけどね~。
 まっ今後、HPもishotを利用したページを更新していくのでお楽しみに~。(>_<)

花火大会~!!!!!!!!

  • 過去日記


 昨日(7/19)、札幌豊平川で花火大会がありました。以前の会社(ベ○)で、お世話になっていたKさんに誘われて、彼女も無理矢理呼び(苦)、行って参りました。初めて見る、俺と彼女はドキドキもんで会場へ向かいました。
 開始まで時間は結構あったのに、人は多かった・・。(苦)でも花火大会だけあって浴衣あり、家族連れありの、ワイワイ賑やかな感じで、楽しい感じでした。天気も良くて、昼間会社でどよ~んとした暑さと空気の中で働いていたら、夜の外も良いもんだと改めて感じたのでした。
 間近で見る花火は、大きくて時に吸い込まれそうになりながら、非常に大喜びの俺でした。(笑)んで花火大会を見に来ていた人の大半は分かりやすい反応で、連続花火には拍手喝采で、単発ものには拍手がないんですね~。(笑)最初の1発目は素直に喜ぶんだけど・・・見慣れると連続の方が感動するんだよね。だから途中からは、単発ものは意外と飽きちゃって・・・。(苦笑)多分皆そうなんだろうなぁ~とKさんや彼女と話していました。
 もうひとつあって、俺はね花火を見てたら「た~まや~」って皆が言うのかと思っていたら(苦)、子供しか言わないんだね(笑)でもKさんの子供に「た~まや~」っていうんだよと仕込んであげて、一緒に言ってました。(笑)あ~いうイベント物は大好きなんですよ。まぁ初めてだったし、はしゃいでいても気にしないでねって感じでしょうか~。
 でもね~残念なこともあってさ、風邪が殆どないもんだから煙が残っちゃって、肝心の花火が煙の中で光っていたりもしたんです。あれは職人さんも残念だったろうなぁ~と思いました。見てる方はもっと残念だったけどね。(笑)


 ところで、Kさんの子供ですが、会う度に大きくなっていって、カワイいんですよね。下の子(R君)は、上の子(Yちゃん)より2歳弱違うんだけど、サイズがね変わらないんだ。(笑)大きいんだよね。妙に成長が楽しみな2人です。
 帰りは食事をして、解散しました。


 しかし人が非常に多かった・・・多すぎです。んで若年カップルのイチャイチャし過ぎにも、どうかなぁ~と思いながら無視して先を急ぐのであった。(笑)

日々勉強かなぁ~。(苦)

  • 過去日記


 先週の3日間、Visual Basic(Windows用ソフト開発ツール)を習いに、講習会に行って来ました。ちゃんと金は払うんだよ!!(笑)今まで独学で微妙に勉強してましたが・・(本心はちと怠けていたかも(苦笑)なんせ難しくて・・。)無理があったようで・・・。だから少し気合いを入れて頑張ろうかと思い行って参りました。(金払えばやる気は出るよね。(苦))
 ただ成果はありました。基礎編ではありましたが、固定概念をなくすにはもってこいの講習でした。なんかプログラムを作成するというとやっぱ引くでしょ??(笑)実際俺がそうだったし・・・。でも自分をアピールするには、これかなと認識していたからね。将来的にも有望職でしょう。
 しかし、やりたいからといって素直に出来るわけではないので、ここは真剣にやらざるを得ない状況まで追い込んでいく必要があると自分に言い聞かせてます。まぁ時間はかかるとは思うんだけどね・・・・。(苦)平日は仕事でしんどいけど、休日くらいは遊びたいから、仕事から帰ってきたらドラマが見終わったら(苦笑)コツコツと勉強するつもりです。
 まぁ基礎は、なんとなく掴めたから、後は実践あるのみでしょう。こういうジャンル(プログラム)は、独学よりも習った方が凄くわかりやすいことが理解できただけでも習った甲斐があったというものですよ。(^_^;)さぁどうなるでしょう~。(苦)

夏だというのにね~。

  • 過去日記


 現在も進行中ですが、出来物にやられております。座るのもしんどいです・・・。木曜あたりから出来はじめて、一応病院にも行ったけど・・・なかなか直らず今に至っておりますが、会社も休んじゃうし、いいことないなぁ~というのが、最近の状況です。(笑)明日からは出勤するぞ~と思ってます。(これは日曜の夜に書いてます。(笑))


 ちなみに今年のフジの27時間TVは、ハモネプがメインでしたが・・あまり面白みがない番組でした。本来27時間を通してハモネプをやるのかと思ったら、最後の5~6時間しかやらないでやんの・・。せっかく全国から、皆集まっているのに、番組始まる前に、決勝トーナメントにでる10組を選ばなくてもいいのにね。あんだけ時間あるなら全部聴かせれば、まだ面白みがあったのに~と思いながら見てました。
 でも「さんま、中居」のトークコーナーは面白かったので、よしとしましょう。来年も、このコーナーだけは続けてほしいと願いつつ寝ますぅ。(笑)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4