2004年6月の記事一覧

実は北海道弁??

  • 過去日記


 いや~コールセンターは、めんどくさいことが大半だけど、学ぶことも結構あったりして、多少新鮮みもあったりもします。(苦笑)んで何の話かと言いますと、本日時間外研修という名目で、日本人の一番の天敵「敬語」についての研修がありました。(笑)大抵敬語って、ある程度社会に出てから身に付く部分が多いと思うんだけど、自分も含めて今の若者!?(俺は含まれない年なんだろうか・・。(笑))に敬語を使えと言って上手く使える自信はあるだろうか??多分摩訶不思議な敬語であることは言うこともないであろうと思ってます。(笑)まぁ~今の中年世代の人間も上手く使えてるかというと、そうでもないと思うけどね。(笑)
 結局の所、俺はコールセンターで働く以上は、身に付けなければならない必須項目であるのですよ。今日研修していて、やっぱインチキだなぁ~俺って思ったもん。(笑)


 話を戻し、「敬語」にも種類があって、「尊敬語」は自分より目上の人に対して使う言葉で、「謙譲語」は相手より自分を下げての言葉なんだそうだぁ~。んで色々と学んだ結果、接客をする職業に就いてる方なら、分かってもらえると思うんだけど、お客さんに対して本当にこれで良かったかどうか確認する時に「よろしかったでしょうか?」と使いませんか??これ実は北海道弁らしいですよ。俺ね普通に使っていたんですよ。確かに表現的にはおかしいと思うけど、これが方言だとは気付きもしませんでした。(笑)だってさぁ~仕事の対象が全国の人対象だよ。でも今まで対して言われないから通じるもんだと思ってたよ。(笑)したっけ(←ちなみにこれも北海道弁です。(苦笑))今更表現がおかしい言われてもね~。(笑)どうしろってのさぁ~??直せばいい話なんです・・・えぇ~気を付けますよ。(苦笑)




 最近、「おにぎりあたためますか」という番組が好きで見ていて、大泉洋が佐藤重幸とコンビを組んで、メジャーデビューして、初登場オリコン7位だってさ。やるもんだなぁ~羨ましいけど、歌が上手いんだよね~。楽曲も良かったし、納得できます。俺も頑張ろうっと。(苦笑)

んでライブレポ第2弾!!

  • 過去日記


 行ってきました。3年ぶりの札幌公演のMr.childrenを見に!!何はなくても、まずカッコいい~。そして見応え充分のライブでした。ファン心理としては、待ちに待ったライブであったことは間違いないでしょう。
 過去のヒットソングを最初に持ってきて、最新のアルバムを中心に進行していきましたが、いつ聴いても古さを感じさせないアレンジなど、さすがMr.childrenと言うべきでしょうか。立ち見席まで一杯になる程の人の多さでしたから、おそらく2万人近くはいたのではないかと推測できます。それだけの人間が一斉にオールスタンディングでしたら、気持ちは最高潮に盛り上がりましたね。会場の電気が消えて、ギターの音色が流れた瞬間に、体中が鳥肌もんでした。いつもの聞き慣れたギターのストロークから始まったのは、「終わりなき旅」、あのスケール感の漂う曲を1曲目に持ってくるあたりは予想を裏切って感動しました。「光の射す方へ」「PADDLE」「イノセントワールド」が4曲連続できて、桜井さんの淡い学生時代の恋物語のMCが入って、「花言葉」「口笛」「抱きしめたい」「Pink~奇妙な夢~」と新旧混ぜていき、「血の管」の後の「掌」の入り方がカッコよくて、ライブ特有のアレンジが入り、新たなメッセージを込めて唄う姿には、本当に同じ人間かとさえ思う程、聴き惚れていました。「ニシエヒガシエ」もカッコよくて「Image」といきます。んでやっぱファンとしてはアルバム「IT’S A WONDERFUL WORLD」の楽曲も聴きたいところで「蘇生」とくるわけですよ。(笑)もうねぇ~泣くしかない!!(苦笑)「youthful days」の後で「くるみ」これが一番聴きたかった。(笑)「天頂バス」「HERO」で、第1弾が終わりアンコールへと行くんですね。「Mirror」「タガタメ」ときて、最後に新曲の「Sign」でライブは終わりました。


 まず・・・アッという間の2時間半でした。こんなに時間が早く過ぎるのは凄いことだと思う。俺なんて30分でも長く感じながら唄ってるのに・・・(一緒にするなって(-_-;)(苦笑))んでファンをとても大事にするグループだとも思いました。過去に2度ライブ見に行ってますが、「抱きしめたい」を唄わないライブはありませんでした。確かにファンとしては聴きたいので、良いと思うんだけど、Mr.childrenとしては過去の代表曲なしでライブとかやってみたいんじゃないかなぁ~って感じます。是非ファンの為じゃなく、自分達が演奏したい曲目でライブをやってほしいなぁ~なんて勝手に思ってます。(苦笑)そういうライブも見てみたいでしょ??(笑)
 してもう一つ、必ず最後の最後に唄うのは、一番新しい新曲だと言うことです。過去2回もそうでした。でもなんも抵抗なく曲に入り込めるのは、やっぱ魅力なんですよね。っで才能なんだと思います。どんなアーティストでも、1~2曲はつまらない唄とかもあるじゃないですか??(ないかなぁ~俺だけかな??(苦笑))Mr.childrenには、一切それがない!!尊敬・関心・感動ですよ。(笑)メッセージ色も強いし、ライブ用の映像も良くできてるし、無駄がないアーティスト、それがMr.childrenなんだと思います。
 本当に本当~に、最高のライブでした。ありがとう~Mr.children!!!!!!!(笑)

まずは!!

  • 過去日記


 本日、仕事を3時で終えるようにシフトを組んで、矢井田瞳のライブを見に行ってきました。席は前から9番目の右側でしたが、肉眼でハッキリとヤイコをとらえることが出来ました。実は去年も、よっし~が行くというので、見送りに行くつもりが結局見たくなって(笑)当日券買って見てしまったというオチがあるものの、すっかりはまってしまっている自分がいたりして(苦笑)んで今年は最初からよっし~が誘ってくれたので、素直に行くことが出来ました。(笑)会場では、路上仲間や、高校時代の後輩にも会ったりして、ビックリでしたが。(笑)

 やっぱ当然のことなんだけど、プロのライブはカッコいいです。ステージや、曲・歌もさることながら、盛り上げかたが上手い!!なんだかんだ言って、CDを持っていなくても知ってる曲が多いから、自然と体がリズムを取っているし、一緒に口ずさめるんですよね~。初心者でも十分に楽しめるライブ構成でした。まぁ~俺としては「アンダンテ」が聴きたかったけど、仕方ないッスね。(笑)俺とよっし~は「ヤイコ~!!」って吠えまくってました。(苦笑)それだけノリにのれる、良いライブでした。ベストが来月にでるらしいので、まずはCDをGetしてみようと思ってます。


 して明日は、Mr.childrenのライブに行って来ます。これまた非常に楽しみなんで、報告を楽しみに待っておれ!!

ドラマを見て

  • 過去日記


 皆さん「光とともに・・・自閉症を抱えて」というドラマを見たことあります??毎週水曜日やっていて、さっき最終回を迎えました。4月からのドラマの大半が障害者関係だったんで、やっぱり多少は気になってみてしまうんですけど、一番見ていて考えさせられるドラマが上記のドラマだったんだよね。自閉症って言葉は知っていても、内容は実は俺らでも分からないんだよね。だから真剣に見てしまいました。まぁ~かと言って症状は様々だから、全てが分かるわけでないんだけど、一番納得がいくドラマでした。


 でもドラマの内容は、やっぱり子供が親や友達や学校や地域を通じて、成長していく過程がメインなんで、色々と問題は発生していくんです。っが、周りがいい人達で固まっていくのはドラマかぁ~って思うこともある。んで最終回が、特殊学級の先生が辞めて、来年度からどうなるのかというところなんだけど、校長先生や周りの人達が頑張って、新たな良い先生を見つけて終わるもんだと、ハッピーエンドで終わるもんだと思ってたんだけど・・・実は違いました。
 校長先生が倒れて、新たな校長先生が赴任して、特殊学級の担任も新たな人に替わるんだよね。これがまた分かりやすいくらいに、イヤ~な先生なんだよね。最後の最後で出てきたから、その家族はどうしていくんだろうと続きが気になっちゃたよ。(苦笑)
 単純に、良いことだけが続くわけでは絶対にないんだよね。生きていれば、色んな人達に出会うワケじゃないですか?それって必ずしも、いい人だけと限らないでしょ。まぁ~悪い人だらけでもないんだけどね。(苦笑)障害を持って生まれてきた以上、絶対に一人では生きては行けません。だから子供の頃から、沢山の色んな人達に出会って経験していくんだよね。それで少しでも大人になれたらいいよね。違う意味での人生の障害を乗り越えていくわけですよ。
 ホント色々と考えさせられました。俺としては続編をやってほしいなぁ~。自閉症の子供が、その子を取り巻く家族や環境が、どうなっていくのかを是非見てみたい・・・。原作のマンガを買おうかなぁ・・・・・・。(笑)
 意味なく語ってしまいました。(笑)良いドラマだったんでね。

フフフフフフフッ!!!!

  • 過去日記


 なんとMr.childrenのチケットをGetしました!!ヽ(´ー`)ノ6/26に行ってきます。もし行く人がいたら、そこで会いましょう。(笑)今回は3年ぶりのライブだから期待度も高いです。その間2枚のアルバムを出しているからね。両方唄ってもらえるとファンとしては最高なんだけどなぁ~。
 今回も相変わらず、ネットオークションでGetしました。んで、一応チケットの取り扱いをしているWESSへ、車いすなんですけど~って言ったら、前もって連絡くれないと基本的には困るって言われたんだよね。まぁ~Getしたチケットが立ち見席だから余計に文句を言いたいんだろうけど、なんかそこまで文句言われる筋合いがあるのかって感じですよ。こんなことならもう直接行けば良かったなぁ~って思ってもしまうよ。当初はダフ屋で買うつもりだったんだから~(笑)
 まぁ~なんと言われようとも、今後もオークションんでGetしてライブに行ってやる!!(苦笑)んで車いすは良い席に座れるのです。(苦)それくらいの特典は許してくれ~(笑)

日記のネタは

  • 過去日記


 沢山あるのに、書く暇がないのが残念だ。(笑)
 まずは6/18の会社の初の飲み会から!自分が働いているセンターが設立1周年記念と言うことで、企画されたらしいんだけど。結構な人数になって、まとめるのが大変だったようです。たぁ~だ・・・それでも車いすが2人もいるんだから、階段を結構下りる店はどうなんだろうなぁ~。お店に行く前に幹事(頼りないんだコイツは(苦笑))の人に、階段って聞いたけど大丈夫なんですか??って確認したら、頼りない声で「え~大丈夫でしょう~」とやる気のない声で返事が返ってきて・・・かなり不安になったりもして、どうやって運ぶのか聞いたら「両脇抱えて降ろす」とか、「おんぶして降ろす」等、なかなか思ってもいない回答が帰ってきたので、本気で帰ろうか悩むも、滅多になさそうなんで取り敢えず向かってみました。まぁ~着いてみれば、上の人間ではなく周りの同僚さんが持ち上げてくれました。本当に感謝です。
 飲み会が始まれば、いつものメンバーに加え、話したこともない人達もやってきてくれて素直に楽しかったです。やっぱ会社で打ち解けるのには、飲み会は必要なんだと再認識しました。


 んで飲み会が終わって、家に帰るだけだったんだけど、地下鉄に向かうとね、救急車やら消防車やらで沢山あるんだよね。近くで火事か何かあったかなぁ~なんてのん気に、地下鉄のエレベータに乗って改札に降りたら、人がたむろしてるんですよ。邪魔だなぁ~と思ってると、アナウンスが流れてきて、「東西線が人身事故の為復旧時期が未定です。」・・・え~って帰れないの~?????切なくなりましたよ。結局開通まで1時間くらいかかって、家に帰れたのが1時過ぎで非常に疲れたとさ・・・。
 まぁ~それだけじゃ面白くないので、地下鉄復旧を待っている時の面白体験を書きましょう。改札の事務室に、全く知らない人の電動車いすの人がいたんです。横には女性らしき人と・・・はて女性らしき人とは??と思ったでしょ?(笑)実はね地下鉄に乗れないのか?って質問したんですよ。っで、その女性らしき人が振り返ってビックリ!!オカマさんでした。(笑)初めて本物を見たから、人身事故よりショッキングな出来事でしたよ。でもね話し方とかは、テレビで見るまんまのオカマさんでしたよ!!!(笑)非常に貴重な体験ができたのと、なんか1回だけで良いから、オカマバーに行ってみたいと思いました。(笑)誰か一緒に行きませんかぁ~??(苦笑)

6/12の話

  • 過去日記


 まずは、ゆきウサギさんを見に「ヨサコイ」に行きました。もう今や6月の恒例行事になっているほど、見学・・・いや追っかけをしております。(笑)でも見に行く分には結構楽しんでたりもします。だもんで呼ばれたら素直に見に行ってます。
 いや~思うのはね、ゆきウサギさん年々踊りが上手くなっていくから、凄いなぁ~って感心してしまうんですよ。だから続けていった方が良いと思うよ。頑張ってほしいです。ちなみに俺は踊りませんのであしからず。(苦笑)


 んで次は、ライブに関して。
 見に来てくれる人の関係上、トップバッターを務めたわけですが・・・正直トップで良かったと・・・。(苦笑)というのは、他の人達が上手すぎた。未熟さを痛感しました。でもね、ミスったりして焦っていた部分もあったんだけど、自分らしさは出せたかなぁ~とも思います。KAZページにも書いたけど、自分が目指すべき音楽性が見えてきたんですよ。分かりやすくて、簡単で、伝えやすい音楽をやっていきたいんだと考えたんです。自分が出来る精一杯の音楽を真剣にやっていけば、伝えたい思いやメロディーは分かってもらえるんじゃないかって、そう思うようになりました。自分でも努力はしますけどね。(笑)
 今回は懐かしい友人たちにも会えて楽しかったです。来てくれた皆さんありがとう~。できればもっと感想くれぃ~。(笑)

チャレンジ!!

  • 過去日記


 札幌で、ミュージシャンのオーディションがあるらしく、ちょっくら自分の実力を知ってみたくて、俺も応募してみることにしました。んで応募するには音源が必要になるので、途中まで作っていた音源を無理矢理完成させました。2曲だけなんだけどね。(苦)それでもそれなりに納得のいく音源になったと思うので、頑張りたいと思います。ただドラムだけ単調なんだ・・・(笑)それだけが唯一の心残りではあるモノの、普通に聴いているぶんには、あんまり支障がないような感じがするのは、自己満足の世界でしょうか??(苦笑)
 でも初めての応募なんだよね。今後は色々と、送ってみようと思うんだ。万が一でもきっかけがつかめたら嬉しいじゃないですか。だからどんな反応が返ってこようが、やることが大事なんだと思ってます。まぁ~見ておれっ!!
 結果が来るのか分かりませんが、結果が帰ってきたら、報告します。


 そういや~大好きなSingerの一人KANが、3年ぶりにパリから帰国するようです。今年中には新曲が聴けそうな予感がするぜぃ!!ライブもあるかなぁ~楽しみダス!!

言いたい放題!!(笑)

  • 過去日記


 昨日、仲の良い会社の3人で、飲み会(名目はね・・・本当はファミレスだった。(笑))を決行しました。皆心に秘めた、熱いトークをしたくてムズムズしていたわけですよ。(苦笑)んでもって、休みの都合が合わなくて、入社3ヶ月目にして、初めて休みを合わせて、ぶっちゃけトークをしてやろうということになりました。(笑)素直に言いたい放題な環境は、時間を忘れトークが弾むもんです。3人であれだから、もっと人数がいたらどうなったんだろうと、違う意味での好奇心がわいてきました。(笑)
 結局、コールセンターの仕組みなのか、そもそも会社自体の運営方針なのか(2年前もいたので。(苦笑))・・・上に立つ人間が、人間的におかしいんだよね。仕事が出来れば、人間性は無視しても良いんだろうかとさえ思ってしまうんだなぁ~今の会社は・・・。(苦)
 2年前の状況と、今の状況は働いている人達は違えど、最終的には同じに感じてしまう。ダメだこりゃ~と思いながらも、俺が働くぶんには良い環境であると思うので、特に反抗はしないと思います。(笑)結局俺も変わらないようで・・・。(苦)


 本日、大通り3丁目でPM13:00より、6月12日の為の宣伝路上やります。平日なんで見に来いという方が、無理難題ではあるが、お暇な方は見に来てやってください。m(_ _)m

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4