2004年10月の記事一覧

スランプ脱出!?

  • 過去日記


 昨日発信業務4日目にして、やっと1日で4件獲得できました。なんか3日間も獲得できないと、本気で凹むんだけど、取り敢えず取れることが分かったから、やっては行けるかなと思ってます。(苦)まぁ~結局の所は「運」だよこれは。いくら話す技術があっても、興味のない人間に振り向かせることは出来ないですからね。(苦笑)だからその日の、お客さんの心境や、時間帯によっても全く反応は変わってきます。でもシステムでお客さんの情報が出てくるから、過去の履歴を見れば分かるだろうにと思うんだけど、お客さんから聞いた情報を気にせずに、システムを登録している人もいて、俺並みにやる気がないヤツが多いようです。(苦笑)
 システムって何の情報も入れずに登録するとランダムに出てくるんだ。でもお客さんから過去に夕方6時くらいが在宅しているよと、聞いていても朝の10時にシステムで表示されたりするんです。基本的に画面に出てきた人には発信するんです。(苦)要はさぁ~過去履歴を見た人は、ちゃんとチェックして時間指定して、終わってくれれば何ら問題ないのに~。したら無駄に逆ギレされずに済むんです。是非発信業務の方々、きちんと登録しましょう~。(笑)じゃないと新人は辛いぞ~。

まぁ~色々

  • 過去日記


 ありますわね~人間だもの(苦)ってなんの事かというと、発信業務ですよ。やっぱ向いていないのが一目瞭然な程、日々ブルーに生きています。なんか大人げなく出社拒否したいもんね。(笑)まぁ~それが仕事だから諦めて働くんですけど。ゆら~り憂鬱状態です。俺はね電話の業務には向いていると思って働いてるんです。電話応対は評価されているからね。それは間違いない事実なんですが、あくまでも受信に関してであります。勝手にかかってくる分については何ら問題ないんです。
 根本的にサポートセンターって、お客さんが目的があってかかってくるわけだから、お客さんが話さなきゃ何も進展しないんですよ。でも発信は、お客さんの都合も顧みず時間を割いてもらうわけだから、どうみても好意的にはならないんです。忙しい上に、金に関わる話をしなきゃいけないのは、当然お客さんにとっては苦痛なわけですね。俺だって前に「布団どうですかぁ~??」っていわれてムカついた事があるので、非常~~~によく分かります。(苦笑)たぁだ、それが俺の仕事・・・。一方的に電話を切られても、逆ギレされても、時間を割いて話を聞いてもらって、納得してもらう為に、勝手に電話しているので、発信する方が悪いのでしょう。(笑)
 一応ノルマはないんですけど・・・取れなければ、やっぱそういう風に見られると思うんだよね。それがないとは絶対に言えないからさ、一本でも多く獲得したいんですけど、そこは才能かも知れませんね。頑張りますよ・・・取り敢えず転職は考えてないので。


 でも少しポジティブに物事を考えるのであれば、全く興味のないところから、こちら側に目を向けさせるという技術は、実は路上にも通じるモノがあるかなとも思います。だからこの発信の業務で、やっていけるようになれば人の目を向けさせる技術は向上しそうな気がしてます。そういう面では、ありだなと(笑)挫けないように皆さん心の中で頑張れって応援してください。(苦笑)

いや~

  • 過去日記


 ご無沙汰だよ。(苦笑)めんごめんごm(_ _)m
 じゃぁ~さっそく近況報告から行ってみよう!!!(笑)まず治験の事は皆さん覚えてますか??1週間という期間限定ではありましたが、なかなかミスが許されない危険な業務でしたが、今後クライアントから苦情がなければ、無事クリアしたと言うことでしょう。(笑)当初かなりビビっていたわけですが、やってみるとねこれが人気ないのか、そもそも今回の治験の症状に合う人が少ないのか、全然電話なく凄く暇だったんですよね。ヽ(´ー`)ノ1時間に1本取れれば良いくらいの暇さでした。(苦笑)それでも電話をくれる人の95%は悩んで電話くれるから、下手なことは言えないのです。だから期間限定でも時給は1000円なんです。(笑)ちなみに残りの5%は変態さんやら、暇人、または治験荒らしさんです。(゚o゚C=(_ _;バキッ さすがに変態さんに限っては女性が受ける電話しか来ないようですがね。(苦笑)あまりに変態すぎて、ここには書けません。(笑)まぁ~取り敢えずは無事に終わって良かったですよ。


 さて次に、今後の仕事は・・・なんと「発信業務」です。あれだけ拒否続けてきたのに、何故に今更発信なのか、納得できない気持ちで一杯なんだけど。仕事がないって言われたら、こちらも生活があるから、渋々やらざるを得ませんが、それにしてもちょっとなぁ~発信への持っていき方が、卑怯なんだよなぁ~(まるで「ちびまるこちゃん」に出てくる藤木くんみたいな感じでしょうか?(笑))なんか会社にしてやられたって感じでもあります。
 まぁ~いいや。んでどんな業務かと言いますと、これがねまた説明しずらい内容なんだけど、皆さん電話加入権って持ってます??それって某通信会社が今までは独占していたじゃないですか。でも今年の末や来年の頭には、第3社の通信会社も電話加入権の権利を持てるようになって、全ての通話料などが自分の会社から請求できるようになるんだよね。
 分かりやすく言うとね、マイラインって知っている上で説明しますよ。(苦笑)マイラインって、通話料に関しては自分の会社から請求できるんだけど、電話の基本料金って某通信会社に必ず払っていたと思うんだよね。それってやっぱり某通信会社の独占状態だったわけですよ。せっかくマイラインってサービスがあっても、結局一番おいしい基本料は加入権を売ってる、某通信会社に持って行かれるわけです。んで今回の画期的なサービスは、某通信会社から第3社に乗り換えることによって、今までの通信料はもちろんのこと、基本料金も全て第3社からの請求となるので、メリットは「請求書は1つだけになる」、「基本料金も多少下がる」、「某通信会社が嫌いな人は沢山いるので、結構な大打撃をくらわせる事が出来る(苦笑)」等、そこそこ面白い展開になるんですよ。俺的にも某通信会社は好きではないので、このいじめれる展開はもってこいです。(笑)ってか本音としては、今頃になってやっと戦うようになったのかよ!!と言いたいところではあります。(苦笑)
 無駄に話が長くなりましたが、要はその新サービスの発信を行うわけです。まぁ~良いサービスだから、話の提供としては悪くはないんだけど、なんか研修やってくれた人(頭がでこっパチなので、通称「パチ」(笑))がね、もうこれほど良いサービスはないって言い放つもんだから、逆に不安になっちゃってさぁ~うさんくさいんだよね~。(苦笑)ちょっと面倒な質問したら、いや~な顔するしね。(笑)まぁ~敢えていや~な質問してるんですけど。(苦笑)とにかく気が乗らない業務なのは確かです。っがお金を稼がねば・・・。はぁ~(ノ-_-)ノ┻━┻ちゃぶ台返し←そんな気分です。(笑)

「Two persons' happiness(2人の幸せ)」

  • 新曲情報

新曲出来ました。来月知り合いが結婚することになり、人数の関係上、式には呼ばれていないけど、結婚と同時に遠くへ行っちゃうし、せっかくお友達になれたんだから、なんか残したくて作ってみました。
当然来月結婚だから、締め切りとかもあって正直楽勝で作れると思ってたけど、案外難しかったです。(苦笑)歌詞がこんなに書き直したり、浮かんでこないのは初めてでした。ちょっとスランプかと悩んだくらいだからね。(笑)でも納得が出来るものが出来たかなと思ってます。
では歌詞だけですが、読んでみてください。


どこまでも続く 青い空 教会の鐘が
鳴り響く 今日だけは 2人の愛の音色

明日への言葉 誓いのくちづけ 生涯を誓う
約束は お互いの 胸に刻みつける

出逢いは突然だった 導かれるように
たった1つの手紙が 2人を近づけた

1つの勇気が 2人を結ばせ 神様が永遠の愛をくれた
偶然じゃなくて きっと運命なんだ 新しい歴史の幕が開ける
2人の幸せが ずっと続きますように

どこまでも続く 長い道を 踏みしめて歩く
つないだ手を 離さずに いつまでもそばにいるよ

祝いのメッセージ 感謝の挨拶 込み上げる涙
伝えきれない想い 本当にありがとう

言葉は必要なくて 見つめ合えばすぐ分かる
大切なことは1つ 2人がここにいれば

あふれる想いを 微笑みで返そう 皆が祝福してくれるから
2人の未来も 一緒にいるよ 年をとっても変わることなく
あきれるくらいの 幸せでいます

ご無沙汰です。

  • 過去日記


 さて早速新しい業務について、そのごどうなったか書いていきましょう~。結論から行くと・・・実はほとんど入電なし(苦笑)すっげ~暇なんですよ。(笑)こういう期間限定の業務ってね、ある程度予想入電数ってのがあって、その予想に対して人間を割り当てていくんだけど、予想なんてあってないようなもんだから、当たらない時は全然当たらないんだよね。(笑)んで今回どのくらい暇かと言いますと、1時間に1回程なんですね~。だから1日働いて8人と話せば業務終了です。(笑)更に言えば、時給が期間限定で1000円だから、1人につき1000円と考えると良い仕事ですよ。(笑)まぁ~良いことは長続きしないのがセオリーなんで、気を引き締めて働くつもりですがね。(笑)

Blue Moonライブ

  • ライブ日誌

今回もオーナーの安達さんとの共演でした。
お客さんがあまり来ず・・・少々寂しい感じではありましたが、その中でも全然楽しくやれたのは、身内集まりだからですかね?(苦笑)

順番は安達さん→KAZの順番でした。まぁ~理由としては、今回最後の曲に「恋い焦がれるのと同じ」の作詞した紅音さんと一緒に唄おうと決めていました。いわゆるコラボレーションでした。んでお客さんのよっし~にも見てもらいたくて、後半にしてもらいました。
いや~前の日からブルームーンで練習なんかもやっちゃって、気合い万全でした。(笑)意外と本番に弱いのがお互いに難点ではあったものの、結構好評だったようで、嬉しく思ってます。

安達さんは俺が行くと、ほぼ必ず弦を切るんだよね。(笑)もう毎回爆笑です。昨日は2本切ってました。(苦笑)今後も切ってくださいね。
んで安達さんや、よっし~との会話の中で、来月KAZ誕生日なんですって言ったら、Birthdayライブやろうって話になり、来月29日ソロライブをやります。ソロだって・・・大丈夫なんだろうか(苦笑)
取り敢えず楽しみに待っておれ!!!!!!(笑)

今回一緒に唄ってくれた「紅音さん」ありがとう~。見に来てくれた皆さんありがとう~。安達さんもありがとう~。


曲目
01.地平線の果て
02.旅
03.青空へ響くメロディー
04.Answer
05.Message
06.The Money(スローバージョン)
07.恋い焦がれるのと同じ


最近の流行??

  • 過去日記


 皆さんBlogって知ってます??簡易的に日記などのHPを作ったりするサービスなんだけど、本当に作るのが楽でね~結構お勧めです。HPのメインが日記であれば、Blogを利用した方が、管理しやすいと思うんだよね。ただね、HPのデザインとのことを考えると、まだまだデザインテーマが少なくて、その点だけはデメリットかも知れませんね。(苦)
 しかし初めてHPを作ったりしたいと考えているなら、やってみてはどうでしょうかね??ちなみに楽そうなんで、KAZのライブレポを今度からBlog(DION製)にすることにしました。見たい場合はKAZのMemoryのコーナーを見てくださいな。出来ればヒロの部屋も変えようかと考え中です。ヒロの部屋の日記が、今のままが良いんだろうか、変えた方が見やすいか、意見をくれると嬉しいなぁ~。

Logライブ

  • ライブ日誌

札幌ススキノにあるLogというライブバーで歌ってきました。8時スタートなのに、なんと総勢8組も歌うことになっていてかなり驚いたのと、一人30分歌うので、全員の歌を聴けないことにあります。なぜなら地下鉄で帰る為です・・。終電に乗って帰らないと辛い・・。(苦)
Logという場所は、結構古くから存在していて、自分的には自分が歌う場所ってイメージではなかったんです。なんか自分には場違いな気がしていて。(そんなこと言ったら怒られそうですが・・。)他のミュージシャンが歌う場所って思ってました。だから結構歌うことが決まった時には緊張していましたし、当日もかなり緊張していました。
いつも以上に演奏にもミスはあったし、声も上ずんでいたようにも思えます。でもこれでKAZもミュージシャン達に受け入れていられたのかなぁ~とも思えます。1年以上も付き合いはあるのに、初めて聴いたって人も沢山いたし(泣)気持ちに不安定な部分があってミス等も沢山あったけど、なんか非常に嬉しかったです。これからも頑張って歌っていこうって思えました。

眠いのに、最後まで臨時マネージャーを務めてくれたよっし~ありがとう。他のミュージシャンの皆さんもありがとう~。
Logの皆さんもありがとう~これからも歌わせてください。m(_ _)m


曲目
01.青空へ響くメロディー
02.恋い焦がれるのと同じ
03.Message
04.The Money
05.Paece


速報!!

  • 過去日記


 歌の大辞典ではありません。(苦笑)先月の日記にKAZ取材されたと日記に書き込みましたが、皆さん覚えています??ってかめったにないから覚えていてください。(笑)んで、10/4の夕刊に載ったそうです。俺がでてる内容は「街の詩」というタイトルで、記者の方が言うには、「街の詩」という(多分コラム)コラムの第1弾がKAZなんだって。(笑)なんか嬉しいじゃない。でも写真を撮られた記憶がない。記事内容も不明ですが、毎日新聞を購読している方、俺はまだ見てません!!記者の方が送ってくれるらしいんだけど、是非見た方は、ご一報ください。そしてどんな内容か教えてください。(苦笑)どうせなら・・・写真も入れてもらえば、ちょっち知名度は上がったと思いつつ、贅沢は言っては行けないのでした。(笑)KAZについての記事が載るだけでも、1つの快挙ですよね。頑張ってやってきて良かったぁ~。これからも頑張るぜぃ!!!

新しい業務

  • 過去日記


 10/1に研修があったんですよ。皆さん「治験」と言う言葉をご存じでしょうか?製薬会社が新しい薬を作る時に、動物実験終了後、人間相手に行う治療試験のことを「治験」というらしいです。んで治験って結構行われているらしいんです。新聞や雑誌などの差し込みではいっているんですって。
 んでここから本題、要は新しい薬に対してのモニターさんを募集するんですよ。だもんで、今回の業務はモニターになりたいって人から、電話がかかってくるので、その症例に当たる人かどうかを確認して、ヒットすれば最寄りの病院を教えてあげる仕事らしいです。ただモニターになりたいと言って、なれるわけはないんだよね。(苦)薬の開発って、必要な症状に対しての薬じゃないですか。だからやみくもになりたいからといってなれるものではないんです。っで薬の開発には病院の協力が絶対で、病院って根本的に忙しいでしょ?だから全然症状の違う人がやってきても、時間の無駄になるから、変な人送り込んだら病院から製薬会社へクレームが行くんだって。製薬会社は病院からのクレームが一番苦手なんだそうです。(笑)まぁ~そうですよね、最終的には厚生労働省へ許可をもらって薬になるんだけど、その許可を取る為には病院様のお力添えがなければ、あり得ないんですよ。かなりの神経を使う業務ですよ。
 この話ね奥が深いんですよ。製薬会社が一つの薬作るのに、いくらつぎ込むと思います?あと何年かかると思います??まず金額は100億~200億なんだって!!凄くない??(笑)でもね1つの薬がヒットすれば、月収何十億も稼げるらしいです。(苦笑)んで1つの薬を作るまでの期間は、それこそ10年~20年もかかるんだって!!!
 結局ね期間はかかるし、金額もばかでかいところまでいくからミスは許されないのですよ。薬を作るには、先ほど厚生労働省の名前を出しましたが、「これから作る為の手続きを始めます」というGCPという基準書を提出するらしいんだけど、その何百項目ある内の1つでも基準違反をすると、何十年かけてきた手続きが最初からのやり直しになるんだそうです。(苦)その当てはまるかも知れない内容が俺等の電話もふくまっているんだよね。(泣)だから誤った案内は絶対に出来ないんだ・・・。大丈夫だろうか・・・とは言っても、期間限定だからいいけど・・・でも微妙です。(笑)取り敢えずミスしないように祈っていてください。(苦笑)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4