2005年9月の記事一覧

今日は無理ですが・・・

近々、俺が高校3年の時に書いた、在校生宛の文章をUPしたいと思います。

突然の内容でビックリすると思いますが、
琴似のBlue Moonにキーボード演奏者で、
俺が昔通っていた、山の手養護学校の用務員さんだった人が来ています。
俺が卒業後なので、当時の面識はありませんが、
その方が学校文集を全て持っていたのです。

何度か俺は実家が引っ越しをしているので、
行方不明状態なので、10年間見ることはありませんでした。
ところが運命のように10年目にして、
高校時代に書いた文集が手に入りました。

正直・・・笑えたし、10年経っても今と同じようなことを書いてました。
一人で大爆笑ですよ。(苦笑)
詳細は後日、必ずこの日記で全てを明らかにしますので、乞うご期待あれ!!
お約束します・・・絶対に笑えるはずです。(笑)

皆さん、学生時代の文集などがある場合は見てみましょう~。
恥ずかしさを通り越して、大爆笑間違いなしです。(笑)

今なんと

  • ふと思う事

1時間無料でネットができる、Yahooのネットカフェにいます。(笑)
これから路上をやるんだけど、
やるまでの暇な間に、時間つぶしとして、外にいてまでネットをやろうというものです。
やっぱ光回線は快適だなぁ~というのが、正直なところですね。

これだけネットカフェが存在する中で、1時間でも無料というのは素直に嬉しいですね。
当然無料だから、結構込み合ってます(苦笑)
こういうカフェに沢山の人がいるのを見ると、やっぱ時代は変わってるんだなぁ~と思う。
俺的にはありですが(笑)

たまには外に来てまで、ネットをやるのは皆さんいかがですか??(苦笑)

そういえば・・・

最近退院した母親の状況書いてないですね。
まぁ~退院したから一件落着になれば、
それに越したことはないんですが(苦笑)
明日、また実家に戻るのであれですが、
思ったよりも体調は良い感じのようです。
ご飯も昼飯は自分で作ってるようだし、
周りが心配する程、本人は頑張れてるようですね。
無理はしてほしくないんだけど・・・。
でも体力つけないとなぁ~と思うのも本音だったりします。


話変わって「電車男」のドラマは終わってしまいましたね~。
正直あんなにかわいいエルメスがみれないのは残念です(苦笑)
本気でドラマにはまってました(笑)
最近のマイブームは「詳細キボンヌ」です(^_^;)
この表現考えた奴、最高です。
またドラマの我修院達也さんが、これまたはまり役でした(笑)

でもこのドラマは別の意味で良いドラマでした。
電車くんの恋愛が苦手というのは、
ジャンルは違えど、昔の自分に重なって見えました。
あっちはアキバ系のオタクだけど、
俺は障害者という枠で、自分にまともな恋愛が出来るとは思わずに生きてきた。
正しくは逃げていたんでしょうけど・・・。
でもね・・・そんな俺でも人を好きになるのは自由だし、
そんな俺を好きだと言ってくれた彼女には本当に感謝したいです。
今の恋愛が成就したときから、自分は変われたと思うんです。

本気で社会に出て働く気になったし、叶うはずもない夢に真っ正面から向かい合えたし、
何よりも自分は一人じゃないんだって、気付かせてくれました。
全て今の彼女がいたからなんです。
色々な面で強くなれました。優しくなれました。勇気がもてました。
感謝してますm(_ _)m

別に忘れていた訳じゃないんだけど、改めて再認識させてくれたのが、
今回の「電車男」というドラマでした。
下手なラブストーリーより、このドラマの方がグッと引き込まれました。
久々に良いドラマに出会えた気がします。オチも良かったし(笑)

インターネットって便利だけど、すぐね~ウイルスとか、ハッキングとか、
個人情報が漏れたとか、あんまり良いイメージがなさそうじゃないですか?
でも全く見ず知らずの人達に意見をもらって助けられたり、
普通に生活している部分では絶対に会えないような、素敵な人達に会えるのも
インターネットの魅力だと思うんだよね。
個人的に言うなら、同じ障害の人達に会えたり、
自分の曲を聴いて、多数の意見がもらえたりと、良いところが沢山あると思ってます。

だから俺はインターネットが好きなんだろうなぁ~。
そのツールを使っての物語だから余計に、ドラマにはまったんでしょうね~。
本当に素敵なドラマでした。

伊東美咲ありがとうぉ~(笑)

新しい

  • 音楽ネタ

Mr.childrenのCD「I Love U」を買ってGetして聴きました。
ちなみに本当はLoveの所はハートのマークなんですけどね(苦笑)

相変わらず完成度の高いアルバムでした。
ミスチルのアルバムって、全体を通して聴く感じになっていて、
ストーリーがあって初めてアルバムになってるんですよ。
桜井さんの詞の世界観は凄いですよ。
正直マネはできません(苦笑)マネる程ボキャブラリーがないのが現状です・・・。
でも詞だけじゃないと俺は思っていて、
メロディーラインも個人的には幅広いなぁ~と感じるし、
コード進行の持って行き方も、思いつきません俺には(^_^;)

今回アルバム出す期間が短いように感じるんだけど、
昨年出した「シフクノオト」からそんなに経ってないと思います。
それだけ頭の中に、詞やメロディーがあふれ出てくるんでしょうね~。
なぁ~んて羨ましいと素直に思ってしまう。

ただね、いつもそうなんだけど、アルバムを一番最初に聴く時って、
実は印象がある曲って少ないんだ。
思いっきりはまったりするのは、ライブ行ってからですね。
ミスチルのライブって、映像表現も凄くかっこよくて、
その映像と曲がマッチしたときには、今までにない感情が溢れるんですよ。
ミスチルのライブは説得力があって、歌詞・曲・演出・映像、
全てが完璧に見えるんだよね。
だからライブ行って、好きになったアルバムとかもあります。
是非行けるならライブとかに行ってみて、改めてミスチルの凄さを知ってほしいです。
普通に泣けますよ(笑)

あとやっぱ、プロデューサーの小林武史の存在も非常に大きい。
ミスチルの編曲もやってる方です。
多分ね~この人以外の編曲だったら、ミスチルの良さは引き出せないと思う。
Mr.children=小林武史という関係で、初めてミスチルが生きてくるんだと思うんだよね。

ここまで売れてくれば、イヤでも耳にすると思うけど、是非もっと聴いてみてください。

マイ・フェイバリット・アーティスト 第4弾「Mr.children」

  • 音楽ネタ

久々のコーナーです。(笑)

新しいMr.childrenのCD「I Love U」を買ってGetして聴きました。
ちなみに本当はLoveの所はハートのマークなんですけどね(苦笑)

相変わらず完成度の高いアルバムでした。
ミスチルのアルバムって、全体を通して聴く感じになっていて、
ストーリーがあって初めてアルバムになってるんですよ。
桜井さんの詞の世界観は凄いですよ。
正直マネはできません(苦笑)マネる程ボキャブラリーがないのが現状です・・・。
でも詞だけじゃないと俺は思っていて、
メロディーラインも個人的には幅広いなぁ~と感じるし、
コード進行の持って行き方も、思いつきません俺には(^_^;)

今回アルバム出す期間が短いように感じるんだけど、
昨年出した「シフクノオト」からそんなに経ってないと思います。
それだけ頭の中に、詞やメロディーがあふれ出てくるんでしょうね~。
なぁ~んて羨ましいと素直に思ってしまう。

ただね、いつもそうなんだけど、アルバムを一番最初に聴く時って、
実は印象がある曲って少ないんだ。
思いっきりはまったりするのは、ライブ行ってからですね。
ミスチルのライブって、映像表現も凄くかっこよくて、
その映像と曲がマッチしたときには、今までにない感情が溢れるんですよ。
ミスチルのライブは説得力があって、歌詞・曲・演出・映像、
全てが完璧に見えるんだよね。
だからライブ行って、好きになったアルバムとかもあります。
是非行けるならライブとかに行ってみて、改めてミスチルの凄さを知ってほしいです。
普通に泣けますよ(笑)

あとやっぱ、プロデューサーの小林武史の存在も非常に大きい。
ミスチルの編曲もやってる方です。
多分ね~この人以外の編曲だったら、ミスチルの良さは引き出せないと思う。
Mr.children=小林武史という関係で、初めてミスチルが生きてくるんだと思うんだよね。


アルバム紹介コーナー(笑)

01.Everything
02.KIND OF LOVE
03.Versus
04.Atomic Heart
05.深海
06.BOLERO
07.DISCOVERY
08.1/42(ライブCD)
09.Q
10.It's a wonderful world
11.シフクノオト
12.I Love U

ここまで売れてくれば、イヤでも耳にすると思うけど、是非もっと聴いてみてください。

やべぇ~

書くことね~(苦笑)
まぁ~強いて言うなら、少々体調不良ですが、
今はやっと治りつつありますので、ご安心を。
風邪でも引いたんでしょうかね?
なぜか腰は今でも痛いけど、これもほっとけば治るでしょう(笑)

そういえば新曲が2曲も同時に出来ました。
詳しくはKAZのHPを見てください。
1曲は結構勢いで書いた詞だけど、
もう1曲の方は、なんか頭に浮かんだものを
つなげあわせたら、微妙に意味合いの深い歌詞になりました。
色々と感じ取ってもらえるような感じがします。
メロディーもちょいゆっくり目かな(笑)
近々歌うのでお楽しみに~。

以上書くことないので、終了します。(笑)

「リアル」

  • 新曲情報

なぁ~んと続けて2曲目の発表です。(苦笑)
出来るときは出来るもんです。

今回はちょっとテーマが重いですよ。
歌詞を書いて行くうちに「リアル」というキーワードが出てきました。
読んでもらうと分かると思いますが、現実から目をそらし誤魔化して生きている人達へ
多分もしかすると自分も含まれるかもしれませんが・・・目の前で起きていることは
本当のことなんだと、改めて認識する意味の歌詞かもしれません。

今年は俺としても、色々ありまして、
それこそタイトルのようにリアルな出来事があって、
深く考えさせられました。
歌詞から、その人なりの考えを持ってもらえたらと思います・・・
なぁ~んてかっこいいこと書いてますが、
今思ったり感じたことを書いた詞です。


誰かの言葉に 耳を傾けられない
僕は只の 弱虫だろう

現実を受け止める事が 出来ないままで
くだらない大人になっていたんだ

必ず通る道なのに 地図にない道を探しては 現実(いま)から逃げる

いつまでも続くと 思っていた幸せは
儚くもリアルを映し出す
苦し紛れの 言い訳を探しては
被害者のように 振る舞ってた

もう少し 僕に勇気があればと 悔やむことばかり

過去に戻れるなら 同じ過ちは二度と
繰り返さない そう僕は誓うだろう

結局人間は 何かが起こらないと
分からない 愚かな生き物なんだ

ほら目の前にあるのに また気付かないフリをしては 目をそらす

どうせ逃げられない 道があるから
君と僕のリアルを 受け入れよう
扉の向こうに 良いことがあるなんて
簡単には言えないけど

誰かが 手を差し伸べてくれる

僕等は一人じゃないさ 僕等は一人じゃないさ

いつかは笑えるだろう

「もっと もっと」

  • 新曲情報

久々の新曲情報です。

今回の「もっと もっと」はライブの
1発目のノリの良い曲がほしくて作りました。
気持ちとしては、遠くで聴いてないで、
もっと近くで聴いてほしいという願いが込められてます。


もっと もっと 近づいてよ
皆の心を つなぎ合わせよう
もっと もっと もっと もっと
僕の歌声が 君に届くように

哀しみの曲は もういらないんだ
せめていまだけは Happy Songを 一緒に 口ずさもうよ

もっと もっと さぁ歌おうよ
君の声を 僕に届けて
歌詞が違っても 気にしないで
その勇気が 僕を強くしてくれる

もっと もっと 近づいてよ
皆の心を つなぎ合わせよう
もっと もっと もっと もっと
僕の歌声が 君に届くように

「秋 歌 会 ~三歩目~」

  • ライブ日誌

よ~く考えると、ライブやるの久し振りでした。(苦笑)
これじゃぁ~いかんなと思いながらも、
出来ない理由も、それなりにあったわけで・・・(北の国からの純風)

まぁ~それはいいとして、年4回の企画ライブの
「歌会」第3弾の「秋歌会~三歩目~」が、9/17にありました。
今回、かわいよしこさんが諸事情により参加が出来なかったんですが、
ピンチヒッターでtaecoさんが急遽参加してくれました。

順番としては、佐々木のよっし~→KAZ→安達さんtaecoさんです。

1番目よっし~。
最近のよっし~は曲調が替わってきたように感じる。
ちょっとPOP指向になってきたかなぁ~?
結構新曲も良い感じでした。
ただ本人も認めていましたが、練習不足は否めませんでしたね。
秋がテーマということもあり、ゆったりめな曲順でした。
これはこれで好きですな。

次はKAZです。
一応新曲「もっともっと」を最初に披露したんですが、
これはまだ改良の余地がいるなと、実感しました。
この新曲の位置づけは、ライブでのオープニングテーマ曲になればと思って作った歌です。
でもなぜか物足りなさを感じたので、歌詞を足すか曲を改良するかになりそうです。
ちなみにライブでも語りましたが、なんとコード3つで作りました。
それに関しては満足気味なんだけど、
その為に物足りないのかもなぁ~とも思う(苦笑)
あと最近メロディーに裏声を入れるのが好きだったりする(笑)
まぁ~もちっと改良しますので、もうすこしお待ちください。

次、安達さん。
普段あまり歌わない曲をやりますって言っていて、
聴いてみると昔作った歌とかでも、本当に良い曲多いです。
素直にさすがと思ってしまった。
でも「キズナ」が一番好きかも。
この曲、歌詞もさることながら、メロディーがいいです。
是非聴いてほしい1曲ですね。
音源化希望です。(笑)

最後にtaecoさんです。
この方は、曲もそうなんだけど、独特の世界観があって、
結構引き込まれます。
して歌も上手いんだ。裏声綺麗だし、羨ましい限りです。(笑)
今回急に参加してくれてありがとうございました。


さぁ~て、残すは「冬歌会」のみになってしまった。
しかし1年って本当に早いですね~(^_^;)
冬歌会用のプレゼントをそろそろ練らなければ・・・。
あぁ~でも自分のBIRTHDAY_LIVEも考えなきゃ・・・結構忙しいぞ(苦笑)

まぁ~いいや、皆さん、冬歌会もよろしくです。


曲目
01.もっともっと(新曲)
02.The Money
03.Birthday Song
04.初秋
05.青空へひびくメロディー
06.Message


見ました!!

  • ふと思う事

ザ・ノンフィクション「あゆの恋
関東では7月に放映されていたのに、北海道では今日でした(苦笑)
これだからローカルは・・・・。

あのね、大人げなく泣きそうになりました(笑)
あゆちゃんって凄い子なんだなぁ~って。

俺は3月に直であったことがあるので、
雰囲気やイメージは分かってたつもりでした。
でもこの番組見たら、またなんか変わってきてるんだよね。
恋をしている女性ってかわいいですね。
そこにね「病気」とか「障害」って一切関係ないわけですよ。(サンボマスター風)
要はハートの問題なんですよ!!(笑)
結果的に彼とは番組を見る限り、上手くいかなかったのかなぁ~と推測しますが、
関係ねぇ~よ、もうドンドン恋愛しちゃえ皆~(苦笑)
それで上手くいかなくても、めげちゃいかんぞ~。

話がそれてきましたので戻しますが、
あゆちゃんには、俺は「頑張って!!」という表現が正しいかは、ちょっと分かりません。
でもそういう気持ちにさせる、あゆちゃんにはやっぱ頑張ってほしいと思わせてしまうんです。
それも彼女の魅力であり、一つの才能かなぁ~って感じてます。

正直、俺が歩もうとしている所を、いつも先を越されて、
ちょっぴり悔しいという気持ちもありますが、
たまたま同じ障害を持っていて、たまたまネットで知り合った関係で、
たまたま3月にオフ会を決行するまでに至った仲ですが、
素直に応援していきたいと、ヒロは思うのでした。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4