2006年1月の記事一覧

めずらしく

  • 携帯より

外の歩道と道路の段差が解消されてました。
これは素直に嬉しい〜。
まぁ〜いつまでこの状態が続くかは、正直怪しいですが(^^;)
でも少しは道の雪かきをしてくれた、見知らぬ人に感謝しておきますね(苦笑)

今会社の昼休み中に書いていますが、
日記をBlogにしてから、この書き込みで198番目になります。
そう考えると昨年の日記は二日に一回書いてるペースになりますね。
良く書いてますよね(笑)
適当な内容で、七年も続くもんなんですね〜(^^;)
ある意味、自分に感心します(笑)
そもそも飽きっぽい人間ですから、
七年も日記を続けてるのは快挙ですな。
B型が飽きっぽいっていう話は多分嘘ですよ(笑)

日記なんて自己満足の世界でしょ?
いやまてよ…音楽にしろ、HPにしろ、自己満足の世界だから、続いてるとしたら、B型は自己満足主義の人間ってことですか?(苦笑)

ありえる…(^^;)

やることなし(苦)

なのでオチのない日記を書いてみよう(笑)

今頃学んだことを1つ書きますと、
皆さん「ライブ」と「コンサート」の言葉の違い分かります?
分かります?って聞いたけど、
それ知ったの昨日なんだけどね~(苦笑)

コンサートって音楽会や演奏会で、
完成されたモノを聴かせることで、
ライブはラジオ・TVの生放送や生演奏で、
生の音を聴かせることになります。

そう考えていくと、コンサートはクラシック的なイメージで、
ライブは表現が難しいけど、ポピュラー音楽のイメージかな?
分かりづらかったらすみません(笑)

単純に違いが分からなかったからね~。
少なくとも意味が違うのが分かったから、良かったかな(笑)


話は変わり、ニュースは毎日色々あって大変だよね(苦)
東横インの社長の身障者へ対する不適切発言ですが、
あ~いうの見るとね、何でもっと考えて発言しないかなぁ~と
どう考えてもバッシングされるのわかるだろうと思うんだけどね。
頭悪いよなぁ~、元々は法令違反での会見だったのに、
今後は余計な発言で、世の中からバッシングされ続けるんだよね~。
んで先日の会見でのお詫び文載せるなら、
始めから言わなきゃぁ~いい。
世の中、もう少し頭の良い人はいないんでしょうかね?

ヒューザーの社長も、すっかり髪が白くなって、
勢いもなくなったね(笑)見てて笑えるわ。

もっと賢く生きた方が良いと思いますよ、お偉い方!!

今ですね~

金色のガッシュベル!!を見ていたらですね、
ガッシュベルの声優さんが変わっていました。
はて?まさかと思い、ネットを調べてみると、
体調不良により1時休業とのことらしいです。

声優さんの名前は、大谷育江さんで、
主な役どころは、ポケモンの「ピカチュウ」や
ワンピースの「トニートニー・チョッパー」だったり、
名探偵コナンの「円谷光彦」だったり、
古くは姫ちゃんのリボンの「野々原姫子」だったり、
NHKでやってた海外ドラマに「フルハウス」と言う番組があり、
その中で「ステファニー」の声や、コボちゃんまでやっていたようです。

過去の日記で書いたことがあるので、ご存じと思いますが、
俺は高校生の頃に「姫ちゃんのリボン」にメチャクチャはまってて、
毎週欠かさず見ていたんですが、その頃から大谷さんの声のファンでした。

大谷さんだから出せる声であって、特徴のある声なんですよね。
アニメファンなら番組内で声優が変わるのは、正直厳しいです(苦笑)
もうイメージ定着してますからね~。
ガッシュやチョッパーは他の人では、限界があると思うんだよなぁ~。
まぁ~1時休業の様なんで、復活することを祈っております。
よくよく考えると、声優さんって大変ですよね(汗)
人気声優になると、週3~4本は普通らしいし、
かといって全てキャラが違うから大変だよね~。
ならないと思うけど、コナンの光彦君がチョッパーの「このヤロ~」とか、
チョッパーがガッシュの「ウヌヌッ」とか間違えるくらい多忙だったら
可哀想なんだけど、ちょっと面白いよね(苦笑)

取り敢えず復帰待ってます。

ちょっと話が変わりますが、週刊少年ジャンプに連載中の
「デスノート」ってマンガ知ってます?
詳しくは省きますが、このデスノートがね今年の夏と秋だったかな?
実写版の映画になるそうです。しかも前編後編とやるようです。
マンガ自体は凄く好きなんだけど、アニメならともかく、
実写版は無理があるのではと思ってます。
というのも内容がね、死神がいて人間を殺すのに、
死神専用のノートがあるんです。
んで、それをわざと人間界に落とし、拾った人間が、
いなくなってしまえばいい人間達をノートに名前を書くと死んでいく
こういう話なんですが、死神を実写化するとなると、
着ぐるみじゃ~ただのコント映画になると思うんだ(苦笑)
多分CGになるんだろうと予測は付きますが、どの道無理があるような・・・。
アニメなら作画が、よっぽど下手ではない限り楽しめると思うけど、
どうにもね~面白いマンガだけに外して欲しくはないと思うのです。
でもマンガの主人公に夜神月の役に
「藤原竜也」が適用されたのは、少し納得してしまったのでした。

一応見に行ってみようと思ってます(苦笑)

「あの頃の夢」

  • 新曲情報

新曲出来ました。
曲のテーマとしては、実は出来た今でも定まってません(苦笑)
でも社会への投げかけるテーマと感じてもらえると思います。

色々なニュースが飛び交う中で、
子供の頃に描いていた未来図と、
実際に大人になった今はどう見えるのか?
という感じの歌詞になっています。
最終的には、大人になった今でも意外と変わらないんだよってなことです(笑)


あの頃の 景色は 今もそこにあるのかな?
夢見てた 過去の自分に また会えますように

君から見た 日本は どう映っているのだろう
お世辞にも 褒められた 社会じゃないかもね

心を 痛める 毎日だ
歪んだ 気持ちになってくる
それでも 昔は 君と 同じように
夢を 持っていたんだ

大人の階段を 昇れば 楽しいことばかりじゃない
泣くのを 堪えて 生きていく 強い 大人で 頑張ろう

笑うことに 疲れたなら
1人で かかえこまないで
周りを見渡せば 必ず 誰かが
君を守ってあげるから

あの頃の 景色は 今もそこにあるのかな?
夢見てた 過去の自分に また会えますように

僕等が描いた未来
僕等に映した現実
僕等へ下した課題
僕等に出来ることと言えば・・・

そんな僕も 今年で もう30歳
責任という 言葉が 重くのしかかる

そんな僕も 今年で もう30歳
体力も 減ってくるけど 気持ちは まだ10代

そんな僕も 今年で もう30歳
一番 大人になりきれない 今日 この頃です

2006年第1弾LIVE 「元気ですかぁ~!」レポ

  • ライブ日誌

気が付いたら、前回のLIVEは冬歌会だったので、
2ヶ月弱、LIVEをやっていなかったんです。
新曲も2曲も用意していたので、
それも含めて珍しく緊張していましたね(苦笑)

LIVEって面白いもんで、2年半も続けているけど、
基本的には非常に楽しい空間ではあります。
それでも少し期間が空くと、全く持って逆の怖さを感じます。
どんな理由であれ、定期的にやらないとダメだなぁ~と実感させられます。

さてLIVEタイトルが「元気ですかぁ~!」となってますが、
寒い冬だからこそ、LIVEに来てもらってる人に、
元気になって帰ってもらえるように、と考えたところから付けています。
多分元気になって帰ってもらえたと信じたいですな(笑)

LIVEの順番は、KAZ→安達さん→KAZ&安達さんユニットでした。

まずはKAZから。
最初に言わなきゃならないのが、どうやらKAZはトークし過ぎたようです。
これは素直に反省しておきたいと思います(^_^;)
言い訳をしますと、1時間時間があったので、話しても余裕があると、
勝手に思っていて、いつも以上にヒートアップしたようですね(苦笑)
今回は新曲も2曲やるつもりでいて、多分いつも以上に緊張して
しどろもどろな感じはいなめなかったなぁ~と思っています。
LIVE後の感想を聞くと、「in」に関しては、
曲始めには「おっ」と思わせたようですね。
ただし・・・最終的にはKAZになったと感想がありました(苦笑)
いわゆるイメージが変わったと思っていたら、
途中からいつもの感じになったと言うことだと思います。
新たな面を出していくために、作った曲なので、
試みは良かったんでしょうが・・・まだまだ課題は多そうですね(笑)
あの頃の夢」は歌詞が良かったと、反応がありました。
最終的には自虐的な歌詞になりますが、そういうところがウケたのかな?
結果的には良いライブなったと思うけど、
ある人からは「まだBIRTHDAY LIVEの余韻があるのかな?」と
手厳しい意見も頂きました・・・(苦笑)まだ引きずってるかなぁ~?
まぁ~頑張ります(笑)

次に安達さん。
珍しくスタンディングのLIVEでした。
いつもは座ってのLIVEだったので、あれはあれは良い感じでしたね。
でもいつも思うけど、良い曲多いですなぁ~。
俺のトークが長すぎて、若干安達さんの時間が短くなったかも(苦笑)
本当にすみませんね~安達ファンの皆様m(_ _)m


最後にKAZ&安達さんのユニットです。
カバーを3曲やりました。
声質が似ていることもあるので、良い感じで歌うことが出来ます。
素直に楽しかったなぁ~カバーの数を増やしてくと
今後はカバーだけのLIVEがあっても良いと思うので、
色々曲を練習していきたいと思います。
これからの2人にご期待あれ!!


曲目

01.The Money
02.in(新曲)
03.卒業
04.もっともっと
05.あの頃の夢(新曲)
06.My Life
07.Message

早寝早起き?(笑)

  • ふと思う事

昨日は眠すぎて、夕方に寝て、
今日朝4時半に目覚めるという、妙に珍しく健康的な1日かも(笑)

しかし仕方ないんだろうけど、
毎日livedoorニュースやってますけど、
毎日もやると、少々うんざりだよね(苦笑)

NHKの子供ニュースを見たら書いてありました!!
今回のlivedoorが犯したであろうことに関しては、
詳しく書いてありました。
過去の日記にも、子供ニュースが分かりやすいと書いてありました(笑)

今回はLINKではなく、記事を引用させて頂こうと思います。
でも苦情が来たら、LINKに変更します(苦笑)
記事に関しての著作権はNHK側にあります。
そこを踏まえて記載しますね。


NHK週間こどもニュースより
ライブドアは何をした?'06/1/21 放送

インターネットの会社のライブドアが
東京地方検察庁特捜部の捜査を受けました。
ライブドアの仲間の会社が、自分の会社の株の
値段を上げようとしてうその情報を流したという疑いです。
どういうことなのか説明しますが、
まずは株についておさらいしておきましょう。
会社を作ったり新しい仕事を始めたりするときにはお金が必要。
そこでお金を出してくれた人に証拠として渡すのが株ですね。
会社が儲かると株を持っている人は分け前がもらえます。
そんな会社の株はみんな欲しいと思うよね。

株は売ったり買ったりできます。
いろんな会社の株が取引されるところが証券取引所というところ。
たとえば会社がうまくいって儲かっている会社の株は
みんなが欲しがって人気があるので株の値段は上がります。
逆にうまくいっていなければ人気はなくなり株の値段は下がります。
会社は儲かっているか、どんな仕事をしているか
正しく発表するよう法律で決められています。
この情報を参考にして株の取引は行われるからです。
だから法律を守らないと罪になります。

さて人気がある会社の株は上がっていきますね。
でもどんどん値段が上がっていって
たとえば1株10万円になったとします。高くてなかなか買えません。
そこでみんなが買えるよう、こんなことができるのです。
株を分割、つまり分けることができるのです。
たとえば10万円の株を10に分けると一株1万円の株が10個できます。
10万円の株を1個持っている人は1万円の株10個もつことになるのです。
値段は変わりません。でもこれだと買いやすくなりますよね。
株を分けただけなのですが、株を欲しがる人が増えるので、
株の値段も急に上がることがあるのです。

いま問題になっているインターネット会社、
「ライブドア」の関連会社の「ライブドアマーケティング」も
この株の分割をしました。
ライブドアの堀江貴文社長は、ニッポン放送の株を買い集めたり、
衆議院の選挙に立候補したりと、みんなも知っている有名人ですね。
いまはこんな分割はできませんがおととしの11月、
1株を100株に分けると発表しました。
株の値段は一気に上がり、
分ける前と比べると値段が40倍以上になったこともありました。
株を分けること自体は法律違反ではありません。
でもライブドアマーケティングは、
株の値段がもっとあがるようにするため株が
分割される前にうその情報を2つ流した疑いがあるのです。

まず一つ目のうそ。
株を分けると発表した同じおととしの11月、
会社が儲かっているかどうか発表しました。
売り上げも増えて儲かっているという内容でした。
そんな会社なら株を買おうと思う人が増えて株の値段はあがりますよね。
ところが実際はこれがうそ。会社は儲かっていなくて、
赤字だった疑いがもたれているのです。

もうひとつのうそ。
ライブドアマーケティングは同じころ、
マネーライフという出版社を買収する、
つまり自分のものにすると発表しました。
本の出版という新しい仕事をスタートさせるということですから
「これから儲かるのではないか」と思う人が
多くなって株はやはり上がりますね。
ところがこれもうそだった疑いがあるのです。
実はこの会社ライブドアの別の仲間がすでに買収していたのです。
仲間がもっている会社を仲間から買っただけなのに、
これをかくして新しく買ったと発表したのです。
もしこれがわかっていれば株の値段は上がらなかったかもしれません。
つまり、うその情報を流して、
株を買おうとする人たちをだまし株の
値段を吊り上げた疑いがあるのです。
ライブドアはこれについて「調査したが問題はなかった」といっていますが、
東京地検は法律に違反するとして捜査しています。

なぜ株の値段を上げる必要があったのか。
実はライブドアはライブドアマーケティングの
株をたくさん持っていました。
この株を売って儲けるために株の値段を
上げたのではないかという疑いもあるのです。

うその情報を流すことがどうしていけないのでしょう。
実際はうまくいっていないのにうまくいっているという
会社の発表を信じて株を買うと損をする人が出ます。
それだけではありません。
株は信用できないといって株を買う人が少なくなります。
すると会社がお金を集めることができなくなって、
新しい仕事もできなくなります。
うまくいかなくなる会社がどんどん増えて
結果的に日本の経済全体に影響がでてしまうのです。
株を買って損をする人がでるだけでなくもっと大きな影響がでるのです。
今週の水曜日には株を売る人が増えすぎて
東京証券取引所がパンクして大混乱するという影響もでました。
こんなことが起きないよう株の取引がちゃんと
行われるための法律が決まっているのです。

今回の事件は大きなニュースになりました。
ライブドアショックとも呼ばれています。
捜査のポイントは、これまで見てきた疑いに、
堀江社長本人が関係しているかどうかです。
ライブドアは、そして堀江社長はどうなるのか、
このニュースしばらくは目が離せません。


あぁ~やっぱ子供向けに、説明は非常に分かりやすいですね(笑)
次は逮捕についての説明を、期待したいもんです。

さて今日は出勤日、天気悪いなぁ~。
雪も降ってるし・・・外に出たくないもんです(笑)
頑張ってはきますけど(^_^;)

未だに

生活改善をする気がないような気がするヒロです(笑)
すいません・・・こんな時間まで起きていて。

ところでlivedoor関連のニュースは
あれだけ話題になっても、やっぱり株は仕組みが難しいですね。
何がどうダメなのか、どうみてもわからんわ。
誰か分かりやすく教えておくれ(笑)
どうでもいいっちゃぁ~いいんだけど(苦笑)

今TVを見ていると、現在の歯医者事情がやってました。
最近の歯医者さんは、患者をつかむのが大変のようで、
他の病院と差別化を図るために、
歯科衛生士さんが、コスプレとかさせて
人気を得ているようですよ(苦笑)
発想が頭悪いように感じるんだけど、
そうでもしなきゃぁ~患者をGet出来ないのかね?(笑)
でもアレにつられていく人も多いんだと思いますね。
まぁ~何にせよ、病院維持のためならと言うことでしょう。

俺、歯医者行ったこと無いです(笑)
虫歯を経験したこと無いんですよ。
だから歯医者自体行ったこと無いなぁ~。
一度行ってみたいんですけどね、悪くもないのに
無駄に初診料払う必要ないっしょ?
歯石取ってもらえとは言われるけど、やっぱめんどいよね(苦笑)
いつか機会があれば、行ってみたいと思います。

さぁ~て、LIVEの練習をしようかな。

ついに

livedoorの堀江社長が逮捕ですって。
証券取引法違反での逮捕って、
最近では、西武鉄道株等の関係で堤義明前会長が
捕まったことがあげられますが、
悪いことは悪いとなるんでしょうけど・・・。
前にも書いたけど、証券等の違法は難しいですね。
NHKの子供ニュースでわかりやすい解説を期待しましょう(笑)

今更ながらですが、
メディアの対応の違いが面白いですね~。
社長自体をタレント化させておいて、
強制捜査や、実際に逮捕されると、
それ見たことかと避難の繰り返し、
違う意味での対応の違いに感心させられますね。

ここ数年、堀江社長が話題にならない日はないくらい
良くTVで見かけてはいました。
メディア進出に関してはね、別に良いと思うんですよ。
でも政界進出までは、やりすぎだったのかなぁ~と思う。
これまた素朴な疑問なんだけど、
政治家になる人を決めるのは国民ですよね?
でも選挙に立候補して良いですよって判断を決めるのはどこ?
もし当選されたら、一応国民の代表になるわけでしょ?
そういう人達に対して、調査とか行わないのか疑問なんですよね。
基本的には選挙なんて、立候補して投票までの活動の資金と、
立候補するための基本資金を払えば、申込は可能だよね。
間違ってたら申し訳ないけど、言い方を変えれば、
資金さえあれば悪者でも立候補は出来ると言うことですか?(苦笑)
まぁ~当然ながら、当選されるかされないかは別問題ですが(^_^;)

言いたいことは、後に逮捕される程の問題があるかもとのことなら、
人材には多少の調査が必要でしょうといいたいのです。
TV見てると、自民党の対応は冷たいですよ(苦笑)
武部幹事長とか竹中総務大臣・郵政民営化担当は
あれだけ持ち上げていて、今は恥ずかしいだろうね(笑)
仕方ないかも知れないが、あぁ~いうのみると頭悪いと思う(苦笑)

話を戻すけど、livedoorは会社自体、
そろそろヤバイかもね~。
どこかの会社が買収するしか生き残る道はないでしょう。
ISP契約とか、Blog利用者は考えた方が無難かも知れませんよ。
でもまだ大丈夫かな?(苦笑)

個人的には、堀江社長は嫌いじゃないんだけどね(^_^;)

珍しく

  • ふと思う事

外に出る機会が多いです。
とはいっても歩道と歩道の間にある道路の段差は激しいけど。

でも家まで送ってくれたりするので、
非常に助かってます。
本当にありがとうね~皆さん。

会社とか、仕事日当日に大雪になっていないので、
今のところ急遽のお休みはしていません。
それだけが唯一の救いだったりしますね(^_^;)

通常いつもの冬は、仕事日以外は外に出ません。
理由は簡単で、雪の段差がひどいことと、
寒いのと・・・(苦笑)、外に出る用事がないためです(笑)

今年はライブ関係などで、良い友人達が出来まして、
結構外に連れ出してくれます。
これは素直に嬉しいんですよ。

ただ全く仕事以外で出てないわけではないですよ。
彼女とは良く出かけてますから。
それとは別のところで、食事をしに行ったり、
話をしに行ったりと考えると、例年は少なかったと言うことです。
そう考えると、いい人ばかりです。
こういう関係がずっと続きますように(笑)

気が付けば、1月も終わりが近づいてきています。
乗り切るところ、後1ヶ月半というところですかね?
雪祭りも、まだやってないけど、早く春が来ますように。

え~っと

やることないんで、日記を書くことにします。

先日KANさんのLiveに行ってきました。
詳しくは→「KAN LIVEレポ」をみてね。

今回クラップスホールでやったんだけど、
キャパが立ち見で300人くらいは入れると思うんだけど、
弾き語りLIVEということもあり、座りで見るLIVEでした。
でもねぇ~普通にやってもチケットが取れない理由が、
やっと理由が分かりましたわ(苦笑)
座りじゃぁ~150人がいいところだもん。
そりゃぁ~、普通にやったって取れるわけない。
ネットオークション万歳です(金はかかるけどね(苦笑))
これからもネットオークション利用させて頂きます(笑)


少し話を変えますか(笑)

今更な話なんですが・・・HP作成・サーバー立ち上げたり、
仕事で利用したり、音楽作成だったり、最近じゃ~ラジオやり始めたりと、
PCなしでは全く持って生きていけないんじゃないかと思う程利用しています。

んでね、何を言いたいかというと、
もしPCを利用してなかった場合、俺はどういう人生を歩んでいるのか?
ということなんですよ・・・(苦笑)
時代が時代なので、いつかは辿り着くと思うんだけど、
今みたいにある程度、扱い慣れてれば、PCは楽しい機器なんだけど、
ネットサーフィンや、メールのみの利用程度なら、
そんなにPCが必要か?ということですよ。

俺はライフスタイル自体が、PCあっての日々を送ってます(苦笑)
正直なかったらと想像がつかないんだけど、
それを結論づけたら、この書いてる内容自体意味分からなくなるので(苦笑)
敢えて自分が想像する、別のライフスタイルを考えてみます(笑)

そもそもPCに出会ったのが、1999年に友人より格安で
貰い受けたのが始まりなんですね~。
したっけ非常にはまって、仕事もPCを使うのを選ぶようになりましたとさ。

俺は元々、ギターは1997年くらいから始めてます。
それまでは只のゲーマーであったと思われます(苦笑)
ゲーマーがPCオタクになったと言うことですか?(笑)

いやいや・・・そんな話じゃないんだけど、
PCなければ、相変わらずのゲーマーだったろうなぁ~。
ドラクエ7と8は普通にクリアしていたんだろうと思います(笑)
未だにクリアする気配がない・・・(^_^;)
ドラクエマニアとしては非常に悲しいもんですよ。
あんなに好きだったのに(苦笑)

まぁ~それもいいか。

でもギターは、もっとはまっていたかも知れませんね。
1997年から始めていたけど、
最初の2年くらいは、コピーやら、
自己流で演奏する技術に没頭していたから、
楽しかったけど、前に進んでいる感じではなかったなぁ~。

そんな時にPCに出会ったからね~。
気持ちがちょっくらギターから離れたのも事実です。
ただはまっているモノがなければ、
ギターに打ち込んでいて、もうちっと早めに作詞作曲に
取り組んでいたに違いない(苦笑)
そしたら名曲はもっと生まれていたかも・・・かも??(笑)

う~ん・・・

やっぱ結局のところ・・・

PCのない生活は考えられないし、
PCを利用してるからこし、今の俺があるんだろうし、

あ~だったら、こ~だったらと考えるだけ、
実は今の俺には無駄かも・・・かも?(苦笑)

長々書いたわりには、オチが思いつきませんでした(笑)

ふと思っただけなんですよ(^_^;)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4