2006年2月の記事一覧

そりゃぁ~あんたぁ~

俺だってムッとくるさぁ~。
・・・って何の話かと言いますと、本日の会社での出来事です。

俺がコールセンターで働いてるのは周知の事実ですが、
冬になるとですね、出勤が減りますね~。
そして俺が電話取ってる業界では、
冬から春にかけて、新サービスを出すパターンが多いです。
となると自然に、浦島太郎状態になるのは、
おわかりになると思うんです。

でね、今時期は更に引っ越しシーズン突入であるため、
結構忙しい日々が続くんです。

そんな中で、分からないことがあるので、
上の人を呼んで確認したりするんですけど、
いけ好かないヤツは、こういう業界は本当に多いです。
数社渡り歩いた経験です(苦笑)

良い解釈をすれば、俺なら分かってるだろうという意味での
言葉であったんだろうけど・・・カチンときたんですね。
でも会社でのもめ事を起こす程、若くはないので、
大人しく引き下がるんですけどね。

ちなみに言われた言葉は、
「こんな事も分からないの?」でした。

んっ?分からないから俺は聞いてるんじゃないの?
逆に「そんなことも分からないの?」
って聞き返したい気分でしたが、バカらしくてやめました(苦笑)


どうもね~今の会社では誰ともウマがあわないようです。
いい人も当然いるんですよ。
今までの俺なら、それなりに交流も持つ人間でしたが、
なんか今の会社では、そんな気も起きません。
若干いずらい雰囲気もあったりして(^_^;)
被害妄想といってしまえば、それだけなんだけどね。

昨年、母親の病院へ行くことで、
結構会社を休んじゃったんですよね・・・。
直接それで、何か言われたわけではないんですけど、
多分俺自身が、勝手に気にしているために、
俺から会社の人へ距離をおいてるんでしょうね。


まぁ~いいんですけど。
クビにならない限りは辞めない予定なので。
気楽に頑張ってきます。


しかし・・・会社以外では非常に元気なんだけどね(^_^;)
会社の人間関係には、正直メンドイわ。
作り笑いも疲れるね(苦笑)

ちょっと複雑?

皆さんお気づきだろうか?
KAZのHPのアクセス数が先程20000HITしました。
まぁ~大半が身内からのアクセスであれ、
これは素直に嬉しいです。本当にいつもありがとう。

っで、何が複雑かと言いますと、
ヒロの部屋のアクセス数は7年目にして
やっと20000HITしたんですが・・・_| ̄|○
KAZのHPは設置してから2年と10ヶ月で達成したんです。

この差は何だ・・・?(^_^;)

やっぱ力の入れようですかね~??
約3年弱、KAZに関しては自分自身でも驚く程の
成長が分かるくらい、頑張ってきました。
固定のお客さんが増えたかと言えば、まだまだでしょうが・・・。
それでも結構KAZはひいきされていると思います。
KAZの音楽を聴いてもらいたいので、
沢山の方と交流を持つようにしてきました。
このアクセス数は、絶対的に皆さんの応援のおかげと、
少しの自分の努力が実を結んだ証なのではないかと思います。

とは言ってもまだまだ、アマちゃんな新人さんですが、
今年も路上・ライブ・ラジオDJと、幅広く皆さんに関われるように
精進していく次第であります。
今後ともKAZを応援してやって下さいm(_ _)m

お祝いメールや書き込み下さいな(笑)

気が付けば

冬季オリンピックも、今日の深夜で閉会式ですって。
あっけないというか、メダルが少なすぎて、
盛り上がりに欠けた大会でしたね~(苦笑)
ジャンプの原田は、一体どういう顔で帰ってきたんでしょうか?
ハーフパイプの若い2人とかも微妙でしたね。
まぁ~結果だけが全ての大会ですから、
仕方がないと言えばそれまでなんでしょうが・・・。

そういえば点数をつけて決めるスポーツは、
全員が全員、そのスポーツの経験者じゃないってしってました?
俺はてっきり経験者が点数を付けてると思ってました。
そういう話しを聞くと、オリンピックも政治がらみなんでしょうね。
記事で読みましたが、長野オリンピックの時に、
ジャンプで日本大活躍だったじゃないですか?
あまりにも日本が活躍しすぎたことに腹を立てた、
ヨーロッパ勢が、IOCへ文句を付けて、
ジャンプとかの新たな基準を設けさせたようなんです。

結局、純粋にスポーツで感動というわけに行かず。
それじゃぁ~スポーツの祭典も、空しさを感じます。

でも金メダルを取ったりすることもある以上、
実力も備わっているんでしょうね~。
ミキティー4年後期待していますぞ(笑)


さぁ~て、そろそろ3月のラジオのために、
新曲を作ってみようかと思ってます。
出来るんだろうか・・・(苦笑)

2006年2月24日LIVE 「元気ですかぁ~!2」レポ

  • ライブ日誌

ライブの数日前に、胃を不調にし、非常に体調が悪かったと
言い訳を始めてから、レポに移ろうかと思います(笑)

今回も先月の「元気ですかぁ~!」のシリーズとして、
安達さんと、あとユニット名が決定した「佐々丘兄弟。」で、
LIVEを行いました~。

順番はKAZ→安達さん→佐々丘兄弟。でした。


まずはKAZです。
新旧織り交ぜながらの曲順にしましたが、
結構楽しめた感じはあると思うんですけど、
若干スローな曲でまとまったかも知れませんね・・・。
この時期でしか歌わない曲があって、
それを入れてしまうと、やっぱり大人しい感じになりますね。

そう考えていくと、ノリの良い曲はもっと欲しいですね~。
恐らく今後の課題になるかと思います。
今ある曲でも、ノリの良い曲がないかというわけでもないんだけど、
段々昔の曲は避けてるところもあるので、
新たに作っていく曲に、ノリの良さを加えていくしかないですね(苦笑)

「in」は結構好評で、嬉しい限りですが、
「あの頃の夢」は自分ではそこそこ気に入ってますが、
メロディーラインが、ある有名曲に似たようです(笑)
敢えて書きませんが・・・(^_^;)曲作りは難しいね~(苦笑)


次は安達さんです。
曲の幅広さがあって、毎回驚かされます。
懐かしさもある雰囲気だし、でも新しかったりもするし、
良い意味で味があって、引き込まれますね~。
新曲がちょっと自信なさげが、また良かったです(笑)
今後も色々盗んでいけたら、盗んできたいと思います(苦笑)


最後に、KAZと安達さんのユニット「佐々丘兄弟。」をやりました。
昔懐かしい曲をセレクトして、カバーしています。
役割分担としては、ソロパートが多いのが安達さんで、
俺は大体はハーモニーを担っています。
コーラスが綺麗になると、歌っていて気持ちいいですね~。
声質も似ているから、良い感じなんですよ~。
このユニットは、かなりウケが良いようで、
トークが皆さん期待しているようなところもありますが、
個人的には、もっともっとカバー曲増やしていきたいですね。
是非今後の2人にご期待あれ!!

曲目

KAZ
01.旅
02.Message
03.in
04.青空へひびくメロディー
05.卒業
06.あの頃の夢

佐々丘兄弟。
01.夢の中へ
02.万里の河
03.春夏秋冬
04.22歳の別れ

新譜を

Getしました!!
KANさんの新曲「カレーライス」と、
YUIの初アルバム「FROM ME TO YOU」です。

KANさんの曲は、暖かい雰囲気のある曲で、
やっぱKANさんいいなぁ~と思えます。
今回の新曲4年半振りです(苦笑)
サビから転調するあたりが、にくいと思うし、
なかなか曲作りとしては、
チャレンジしなければいけない部分も、
サラリとやってしまうあたりは、素直に感動します。
今年はアルバムを作る話もあるし、
俺としてはKANさん復活YEARと思ってます。
今日も新曲発売のプロモーションで、
1日かけてSTVラジオのジャックしていました。


そして、YUIですが、皆さん知ってます?
デビュー曲が「不機嫌なジーン」の主題歌だったし、
映画の主題歌や、アニメの主題歌も歌ってる、
今一押しの存在ですな。
声が特徴あるんですよね。
不思議な世界観を持ってる歌い手さんです。
元々ストリートミュージシャンだし、
何かね~応援したくなりますね~。
アルバム全体としては聴きやすいと思うし、
聴いたことがある曲もあったりするので、お勧めです。

胃痛についての続報ですが、
取り敢えずもう大丈夫のようですよ(苦笑)
胃カメラの影響で、喉のいずさといいますか、
違和感があるんですけど、数日中には治るでしょう。
本当にご心配をおかけしました。

人生初の胃カメラ!!

そもそも胃痛は、年に1~2回あれば
多いくらいの人間でした。
ところが今年になって、たった2ヶ月で10回近くも、
胃痛があって、痛さも徐々に激しくなってきました。
まず最初の打開策として、胃痛薬のガスター10で
当初はカバー出来ていました。

ところが今日の明け方は違いました。
激しい胃痛に苦しめられ、薬を飲み、
一時期は収まったんですけど、
数時間後、新たに胃痛が発生して、
我慢して我慢していたんですけど、
どうにも収まらず、8時間くらい空けて、
改めて胃痛薬を飲みました・・・。

んで短時間でも収まっているうちに、
今回は覚悟を決めて病院へ行くことにしました。
そこまで追いつめられていましたから(苦笑)

只ですね~(^_^;)
病院へ行くには、一つ問題がありました。
それは国保の滞納で、手元にある保険証が、
10割負担になってしまう保険証でした(苦笑)
これでは幾らお金があっても足りないので、
素直に滞納している保険料を払ってから病院へ行きました。

取り敢えず、病院費に関しては、
安心は出来たんですけど、病院へ行くまでの間も、
やっぱり胃痛が酷くてね・・・。
とっとと診察して欲しかったんだけど、
これは最近の病院では仕方のない、予約の人から
診察をしていくために、突然行った人は、
1時間以上待たされましたね・・・その間も当然痛いんだけど。

我慢して我慢して、やっと順番が来て、
自分の症状を伝えると、
「胃カメラ飲むかい?」・・・と(T_T)
朝も1口でもご飯食べたから、今日はないだろうと思ってたら、
思わぬ言葉が聞こえて・・・一瞬焦って、
「胃に食べ物入ってますよ」と伝えても、
「あぁ~大丈夫だから」と言われ素直に受けることにしました。

俺は皆さんご存じのように、ヘタレな人間ですから(苦笑)
痛いモノとか、怖いモノは非常に苦手なんです(T_T)
でもね、原因不明なまま、
しかもこれからも胃痛に悩まされることになるなら、
ここは怖かろうが辛かろうが、受けるしか安心の道なしです。

しかし物々しい雰囲気の中、やっぱり怖かったですね~。
まず喉に麻酔の液を5分間溜めておくように言われ、
その後、肩に胃の動きを止める麻酔注射をされ、
大体円形が1cmの長~い管らしきモノを
口に挿入されていきますが・・・躊躇ったら奥には
進まないもんなんですね・・・。
それでも容赦なく喉の奥に進んでいくと、
呼吸は苦しいし、気持ち悪くなるし、
若干残っていた、胃の残り物は、自分の意志とは関係なく、
吐き出しましてしまいました・・・あれは申し訳なかったけど、
でもアレはコントロール出来ないわ自分で・・・。

結局15分間くらいだったでしょうか。
苦しいだけの時間でした・・・。
ただ胃自体には炎症はなかったようで、
胃潰瘍とかではなかったようです。
原因は多分、元々胃の消化が悪いので、
その為に、固いモノとかが胃を痛めつけていたのかなと。
正直、胃カメラ中に吐いたんですけど、
終わってから非常に楽になったんですよね(苦笑)

と言うことは根本的な解決に至ってません(笑)
上記理由と、ストレスが本人の解釈です(^_^;)
ガスター10より、強力な薬をもらったので、
胃は全く痛くないからいいっちゃぁ~いいんだけど。

これからは、食生活を少し気を付けますわ。
あのね~皆さんも絶対に胃カメラはお勧め出来ないので、
本当に身体には気を付けて下さいね。
泣くだけでは耐えきれない検査ですから・・・。
参りました・・・それだけです(T_T)

今日

障がい者自立支援法に関する手続きをしてきました。
前回も日記で書きましたが、上限額を決めるための、
手続きであったので、きちんとやっておかないとね(苦笑)

なんかでも、区役所の福祉課の人も、
実はよく分かってないんだろうなぁ~ってのが、
話しを聞いた素直な感想ですね。
説明も曖昧だし、俺等利用する人間側の方が、
よ~く理解しているんだなぁ~と思いました。

今の段階では、自己負担も1割と言われてるけど、
将来的には、2割・3割となっていく可能性も
否定は出来ないでしょうね~。
何とか現状維持で行くこと願っています(笑)


いやぁ~それにしても、暖かくなってきました。
雪も良い勢いで溶け始めていますから、
動きやすくなりましたね~。
俺の家の周りも説けてきましたから、
段差も低くなって、俺の季節がやってキターって感じです(笑)
このまま降らないことを切実に祈る・・・(-_-;)

サボり気味でした??(笑)

いやいや・・・ラジオ録音で時間をくっていまして、
やっと昨日データUPさせて頂きました。
興味のある方は、聴いて感想下さいね~。

最近あったことを書くと、特にないんですが(^_^;)
やっぱオリンピックネタでしょうかね。
冬のオリンピックって、今までは見ていなかったので、
今回も見ないだろうと思っていたんですが、
気になるのか、見てしまいますね(笑)

ちょっくら文句を付けるなら、
選手達は金メダル取ってくると
言わない方が良いと思うんですね~(苦笑)
自信満々な人程、今回見ていて切ない結果になっています。
メディアも持ち上げすぎだと思うんだなぁ~。
取れないことは、最初から含まれていないよね。
まぁ~期待をする気持ちも分かるけど、
メディアで期待されている選手程、結果としては厳しいですよ。
もっとリラックスした状態で、行かせてあげれば、
今とは違う結果になっていたかも?とも思う。
でもあ~したら、こ~したらってのは、
所詮後の祭り状態なので、いうだけ無駄なんですけどね~。

さんざん言った後でも、フィギュア女子に期待してしまう
俺もただの矛盾屋さんですがね(^_^;)

音源作りに

行き詰まったので日記を気晴らしに書きますね(苦笑)

先日も書いたと思うけど、ラジオで流すために
曲を録音してるんですよ~。
でね、新曲の録音は済んだから、
後はラジオを録音すれば良いんだけど、
どうしてもこの時期に聴かせたい曲があって、
それの歌録りで、無駄に苦労しているのです(笑)
単純に弾き語りだから、あっという間に終わるとふんでいたけど、
これが意外に手こずっています(^_^;)

まぁ~んなぁ~ことはいいや。
Yahooニュースを見ていたら面白いのを発見しました!!
バレンタインが近いからというわけではないんですが、
以下は本文を抽出しています。


『女性は「返信mailが早いと脈アリと思う」~vodafoneの調査』

ボーダフォンは2月9日、
「恋愛とケータイに関する意識調査」の結果を発表した。
同社が「LOVE定額」をきっかけに推進する、
“LOVE”をテーマにしたプロモーション活動の一環。
携帯ユーザーが、恋愛対象とのコミュニケーションで
どのような点に関心を持っているかが明らかにされている。

それによると、男性より女性のほうが携帯を
使った密なコミュニケーションを喜ぶ傾向がある。
「相手からの電話は長いほうが嬉しい」は
男性が51.3%だったのに対し、女性は60.0%とより多い。
「夜寝る前のおやすみメールは嬉しい」は女性は70.5%だが、
男性は63.4%に留まった。

気になる異性からの返信メールが早いと
「脈アリ」(相手も自分に好意を持っている)と感じるかどうかは、
10代後半の女性で55.8%が「そう思う」「ややそう思う」と回答。
しかし10代の男性で同様に答えたユーザーは、
全体の38.7%と4割に満たない。

●「メアドがダサいと萎える」約24%

「気になった相手のメールアドレスが
ダサいと気持ちが萎える」かどうかは、
30代前半の男性では7.5%しか「そう思う」
「ややそう思う」と回答していない。
一方で20代前半の女性では、
この割合が男性の3倍以上に上る24.4%となった。
「メールの内容だけでなく、メールアドレスからも
その人らしさを読み取りたいという
女心の表れと考えられる」(ボーダフォン)

「メールの文中の『ハート』の数で相手の
気持ちや機嫌が分かると思う?」という問いには、
女性の42.1%が「そう思う」「ややそう思う」と回答。
しかし30代の女性になると、この割合は大幅に減少する。
また20代前半の女性の約7割は「気になる相手には、
メールの最後を『?』(質問調)にして返信を期待する」と
回答している。


これを読んで面白かったのは、メアドがダサイと萎えるって、
ついに男性は、メアドのことまで気にしないといけない時代に
なったということでしょうか???(苦笑)
いいじゃんね~メアドぐらい好きに選ばせてくれよって思う(笑)
迷惑メールが非常に多い時代で、困っているから、
ちょっと意味不明のアドレスにしている人もいるだろうに、
女性から見たら、「アドレスダサっ!!」ってのは切ないね~(苦笑)
格好いいアドレスを考えていきましょう~男性諸君!!

でもメールって手紙だよね。
そう考えると、女性の方がメールに対する意識が高いのは
うなずけることかも知れませんね~。
俺は昔から文書書くの好きだったから、
手紙自体はイヤじゃないんだよね~。
さすがにPCがこんなに普及してくると、
字を書く機会は、仕事だけになっちゃったけどね(^_^;)
それでも人が書く文字は、その時の心境等を表しているので、
本当は大事なんでしょうね。


最後に追記。
元モー娘。の加護亜依ちゃんが喫煙しているのを
フライデーに撮られたらしいですよ(苦笑)
ちょっと喫煙のイメージはないからショックかも知れないが、
何にしろ人前で吸わなきゃいいのにね(^_^;)
吸うなら家で吸いなさいと、無駄な突っ込みを入れたくなりました。(苦笑)

暇だなぁ~・・・

ってなわけで、WAT最近お気に入りですね~(苦笑)
2人自体には興味ないんですけど、
でも彼らは自分たちで作詞作曲していて
良い曲書いてるんですよね~。
耳に入りやすいメロディーだし、
音楽に取り組む姿勢は、普通に好感を持てます。
事務所も彼らをただ歌わせればいいというわけでなく、
ちゃんと実績を積んでこいとのことで、
2人に課題を与えさせて、それをクリアした時に
デビューさせるという、良い意味で
アーティストを育ててる感じがあります。
課題はストリートで歌って、1000人集めるというものだったと
テレビで言ってたと思います。
んで実際に集めちゃうんだから~
ひがみじゃないが、イケメンはいいやね~(苦笑)
いやいや、ちゃんと歌も歌ってるし、
売れるにはそれなりに頑張ってきたんでしょう~。
3月にはアルバムも出るらしいから、ちょっと期待です。


話は変わり、DocomoのFOMA利用している人に朗報です。
今月の3月1日以降から、
どの料金コースでもパケホーダイが適用されるように
なるらしいですよ、でも新料金コースへ変更が必要らしいけど、
それでも一番安いコースでもパケホーダイが使えるのは
素直に魅力的かと思うんですよね~。
どうせならパケホーダイ自体の料金を下げればと、
思わなくはないけどね・・・(苦笑)そこまでは酷かね(^_^;)
いつの時代も、あと1歩のサービスが足りないんだよね~。
もう少し頑張って欲しいもんですね(苦笑)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4