2006年5月の記事一覧

今年3度目の

  • かなしい事

出来物さんがお尻に現れました(泣)
今日も座ってられなくて、仕事休んじゃったし、
毎度のことながら、イメージダウン・・・ですな(^_^;)

まぁ~なんか体調悪くなる度に、どうでも良くなる俺も考えものですか(苦笑)
だってぇ~休みの電話するのも苦痛だし、
またかと思われるのも癪だし(その通りなんだけど・・・)、
そんなレッテル張られてまで、働きたくはないな正直・・・。

頑張ろうって決めた矢先が、コレですからね~。
誰がどう見たって、仕事にやる気がないから休むんだと
思われたとしても仕方がないですよね。
本当に辛いんだけどね~・・・。
多分コレは誰にも理解はしてもらえないでしょう。

一旦辞めちゃおうかなぁ~(苦笑)

いやぁ~でもなぁ~・・・。

取り敢えず悩みつつ、具合が悪いので寝ることにします。
ちなみにジャンプ片手にね(苦笑)

今度は

甥っ子が事故にあって、左足の太ももの複雑骨折だとさ。
最近のヒロ家では、やっぱなんかあるんでしょうね~(苦笑)

事故に関しては、青信号で自転車で渡っていた甥っ子に
横からカーブしてきた車に引かれたようです。
全面的に運転手が悪いので、こっちには非はありません。

車の運転手は、小樽のホテルのチーフらしく、
きちんとした人間で、対応も良くやっていたらしいです。
毎日お見舞いに来てるようだし、
事故に関しては、ムッとくるけど、逃げずに認めたのは良いことだと思います。
完全に治ったら、家族をホテルに招待してくれるようだし、
俺等は呼んでくれないか、姉に頼んできました(笑)
多分ウイニングベイの近くの大きいホテルらしいです(笑)
期待大!!


とまぁ~お馬鹿な話はともかく、
最近ニュースでもやっていた、子供を跳ねてバレルのが怖くて、
山の奥の方に置き去りにした事件などもあったので、
ちょっと怖いですよね・・・。
今回はたまたま自分の非を認めて、逃げなかったから、
結果的には良かったですけど、人間的にどうしようもないヤツだったり、
逃げて後から捕まるようだったら、何の保証もないし、
やってられない状況も考えられますよね。

車は便利だけど、一歩間違うと殺人兵器にもなりますから、
車に乗る方は気を付けて欲しいもんです。


ちなみに甥っ子には兄貴もいて、
二人で近くの西友に行き、ゲームを買ってやったら、
買ったゲーム機を持ってるのは兄貴の方で、
弟に見舞いとして買ってやるつもりだったのに、
すっかりだまされた気分でしたね(苦笑)
まぁ~念を押して、弟にも貸してやれよと言ってきましたが・・・。
あまりにもずる賢い、その兄貴に昔の自分の姿を浮かべたのでした(苦笑)

イラっ!?

会社ではなく(イヤ・・・会社もイヤだけど(苦笑))、
セブンイレブンの店員ですな。
どうみても俺が年上だと思うし、
態度や口調が気に入らないヽ(`Д´)ノ
俺を障がい者として、なめきってるのだろうか?
あいつに会うたびに、イライラする。
お客と店員の関係を忘れてやがる。
ヤツ的にはフレンドリーと思ってるんだろうが、
こちらは日々イライラ・・・イライラ・・・イライラ・・・(苦笑)

他に客がいなかったら、多分次はキレる!!
間違いない!!(`_´ )ゞ

milk tea/美しき花

  • 音楽ネタ

別に俺が飲みたい願望ではないですよ(苦笑)
俺がとっても尊敬するSingerの福山雅治さんの新曲です。
昨年の「東京」以来の新曲ですが、
熱いナンバーが揃ってますよ。

全作品が福山さんらしい王道の曲4作品なんだけど、
でも全て聴き応えがあって、最高のSingleです。

hiroの個人的な主観で解説していきましょう。

1.milk tea

曲の歌詞は女性からみた視点で捉えられていて、
これで堕ちる女性は沢山いることでしょう(笑)
メロディーとしては、「泣いたりしないで」とか、
「Good Night」等の曲を彷彿させますね。
ギターの音色が綺麗な、スローなナンバーですね。
良い曲です。

2.美しき花

どちらかと言えば、頑張る貴女への応援Songでしょうかね?
曲調もマーチ色を取り入れた、聴きやすい曲になってます。
感想のオーケストラも良い感じに仕上がってます。
過去の曲のイメージで、敢えて探すなら「明日へのマーチ」や
「約束の丘」等が近いかも知れませんね。

3.LOVE TRAIN

これは完全にライブを意識して作ったと思います。
最近で言えば、「RED×BLUE」をイメージ出来ますね。
結構歌い慣れるまでは大変だと思うけど、
歌えたら格好いいだろうなぁ~と思うナンバーですね。
いつも思うけど、色んな国のテイストを曲に加えるのが上手いんですよ。
ジャズやブルース、ラテンやサンバ、マーチとかね。
頭でイメージしている曲を、更にテイストを加えるところは
素直に関心しかないですね(笑)

4.あの夏も 海も 空も

俺は実は、このSingleでは一番好きな曲です。
曲自体にスケール感がでかくて、オーケストラが最高のマッチしてます。
歌詞も曲も熱いんですよ。
是非聴いて頂きたい1曲です。
過去の曲のイメージは「虹」やアルバムに入ってる「巻き戻した夏」、
「Dear」とかが浮かんできます。
いやぁ~マジでたまらないナンバーです。何度も言うが是非!!(笑)


ちなみに同日発売された、
リミックスアルバム「ANOTHER WORKS」は、
そんなに面白くなかったです(苦笑)
でも懐かしいナンバーも、こういう風になるのかと
関心は出来ますが、改めて購入する必要はないかな?(苦笑)
まぁ~人それぞれなので、判断はご自由に(笑)

Singleは最高でした!!

そういやぁ~

20060509113801.jpg

先日、血液検査とMRI検査を受けた時に、
MRI検査を待つのに、2時間近くもあったので、
近くの公園へ行き撮った、「さくら」の写真です。

あの瞬間だけ、幸せを感じたのでした(苦笑)

それからそれから

先日体質改善をすると宣言してから、
早2週間以上経ちました。

本当にジュースをやめたのか?
とよく聞くので、敢えて言いますよ!!

本当にやめました!!(笑)

俺的にはある意味快挙ですが、
周りからすれば、やっとか・・・と言われることでしょう。
気付くのは遅かったけど、それでも気付けただけ
マシじゃないかなぁ~と自分に言い聞かせています(苦笑)

次の目標は、タバコを減らしていき、
最終的にはやめれたらと思ってますが・・・
ストレスが多い日々では、やめれるかどうかは
怪しいところですけど、でもやめるようには進めていきます。

今俺が、彼女との関係や、好きな音楽を続けていられるのも、
身体が健康であって、初めて成立するものです。
まぁ~表現として彼女との関係は少し違うかも知れないけど、
音楽に関しては間違いなくそうなんですよ。
万が一倒れたりしたら、音楽は続けられなくなると思う。
やっぱ俺から音楽は外せないんですよね。
そう考えると、最終的に辿り着くところは、
「健康第一」になるわけです(苦笑)

最近飲んでいるものシリーズ

家庭で作る「麦茶」

伊藤園の「緑の野菜ジュース」

midori.bmp

カゴメの「野菜生活(紫の野菜)」

p_pakage.jpg

色々な人が「これは飲みやすい」とか「あれは飲みやすい」
など皆さんが、気を遣ってくれています。
本当に感謝です。
取り敢えず頑張ってるぞい!!

Blue Moon Live

  • ライブ日誌

久々のLiveレポってことは、それだけLiveを
やってなかったってことでしょうか?(苦笑)
路上などをやってるから、そっちと錯覚をおこしているんですかね?

まぁ~そんなのはいいか(^_^;)

今回は、最近RADIOにも参加してくれた
「かわいよしこ」さんとの共演でした。
共演自体は冬歌会以来でしょうかね~??

基本的にはFANだから、いつでも聴きたいんですけどね(笑)

順番は、当然KAZ→かわいよしこです(笑)

まずKAZから。

最近気合いが入ってないと言われていたので、
ちょっとその傾向を吹き飛ばそうと思い、
練習はいつも以上に時間をかけました。
その甲斐あってか、大半の人には「今日のLiveは良かった」と
言われたので、素直にホッとしています(苦笑)

気合いが入ってる入ってないの云々は、
正直見た人が思うところなので、
本人が例え頑張っていたって、それが見ている人に伝わらなければ、
なんの意味もないと思うんですよ。
見ている人が「う~ん・・・」と思うようなLiveは
やっぱ大したことがないんでしょう~(苦笑)
そう思わせてる時点で、本来は音楽家失格ですよ。

でもただ失格の言葉で終わらせる程、
中途半端な気持ちではやってませんので、
そろそろ汚名挽回と申しますか、
良いLiveと思ってもらいたい気持ちで頑張りました。

結果として良く受け止めてもらえて嬉しかったです。

今回は声が良く出ていました。
路上の効果も少しはありましたね。
演奏に関しても、若干の間違いはあるものの、
こりゃぁ~ダメだと思うようなことではありませんでしたので
ここ数回のLiveから見れば、自分的には大いにOKです(笑)

新曲「Overture」も反応が良かったし、
気分が良いです(笑)

この上向き傾向を継続していきたいと思います。
頑張るぞい!!


続いて、よしこさん

久々のBlueMoonLiveと言うこともあり、
緊張は隠せなかったでしょうか?
でも歌っている表情は、良い笑顔でしたよ。
歌うことが好きってのがよく分かります。

「キューピット」なんですが、
Liveの方が俺的は好きですね。久々に聴いてそう感じました。
なんだろう~?ピアノの音が違うのかな?
声とピアノの音が、丁度良いんですよね。
他で聴いたこと無いので、ハッキリは言えませんが、
Liveで是非聴いて欲しいと思います。

新曲「空」
これね~実はラジオ収録前に少しだけ聴かせてもらっていて、
その時のイメージが、完全版を聴いたら、違ってたなぁ~。
歌詞がもっと爽やか系かと思ってたけど、
「生きる」というテーマが別にあるように感じて、
実は熱い歌になってました。
驚いたのと同時に、「やるなぁ~」というのが素直な感想です。
歌詞だけで読んでみたいし、その上で改めて聴いてみたいです。
コード進行も、今までのよしこさんじゃない
感じがして新鮮みもありました。
この「空」は一度聴いた方が良いですよ。

同じ年齢で、曲のジャンルも近いような気がして、
良き仲間であり、良きライバルって感じています。
よしこさんのLiveを見て、一層やる気が出てきました。

今後のKAZと、かわいよしこにご期待あれ!!


曲目

01.晴れた空の下
02.なくしちゃいけないモノ
03.リアル
04.Mylife
05.夏
06.Message
07.Overture


久々の日記が

愚痴っぽくなりそうです(苦笑)

会社で数少ない話す人が、
ボソッと「つまんない仕事だよね~」っと
言うもんだから、俺もうなずいてしまった(苦笑)
なんか皆思うところは一緒なんだなぁ~と思っちゃった(^_^;)

彼女も体が辛そうだし、正直仕事ってなんなんだろうって考えます。

今更なんですけどね~。

でも働かないといけないのも確かなんですけど、
どうにもやる気はでなかったりする。

皆さぁ~会社に愛着ってあります?
会社のためならぁ~って人います?
俺自身は無いと思ってんのね。
自分で作ったりした会社なら別ですよ。
単純に雇われている身なら、別に愛着も何もないよ。
だもんだから、今俺は電話に出てるけど、
そのクライアントが好きでもないから、
応対もホントにどうでもよかったりします(苦笑)


だからね

「おたくの会社使ってやってるのに~!!」

って怒られても

「あっそうですかぁ~」


・・・って
・・・さすがに言わないけど、
とってもいいたくなります(苦笑)

俺としては、社会人の9割は生活のために働いてると思ってます。
なんのこっちゃ!!と思うでしょうが、
皆大人だから、敢えて声に出しては言わないでしょ?
だから、こう思ってるのは俺だけなのかなぁ~って思うこともある。
でも少し、イヤだなぁ~って思う人の意見が聞けると、ホッとする(笑)

ある意味声に出さない人は、偉いのか、言えないだけなのか、
普通なのか、よくわからんとです(苦笑)
結局日記などで発散しているんだろうね~。


何か書きたいことが定まらず、取り敢えず寝ようかな(^_^;)

諦めて明日も働いてきま~す(苦笑)

「Overture」

  • 新曲情報

毎月言ってますが(苦笑)
新曲出来ました!!

めずらしく自分自身に向けて作った感じです。
強く生きていくために頑張ろう、というのがテーマですかね~。
ちなみにタイトルの「Overture」の意味は「序章」という意味です。

まずはどこかで聴いてくれい(苦笑)


今ならきっと 分かるはずさ 僕も大人になった
弱気な自分も 受け入れて 前を見つめ歩く

流した涙も 無駄なんかじゃない それに気が付いたんだ
沢山の人に支えられて  一歩一歩踏みしめ歩く

見上げると 青い空  苦しみや 哀しみも 消えていく

この広い地球の下で 強く 強く 生きていこう
難しいことじゃないさ 泣いて 笑って 生きていこう

考えることも 必要だから  悩むのも 仕方がないよ
答えも決して 1つじゃない 絶対なんて 有り得ないさ

目の前には 青い海  嬉しさや 喜びが 溢れていく

この広い空の下で 強く 強く 生きていこう
対して辛いことじゃないさ 泣いて 笑って 生きていこう

明日また 挫けても  明後日また 頑張ろう
僕も 君も 1人じゃないさ 誰かが 背中を押してくれる

この広い空の下で 強く 強く 生きていこう
対して辛いことじゃないさ 泣いて 笑って 生きていこう
この広い地球の下で 強く 強く 生きていこう
難しいことじゃないさ 泣いて 笑って 生きていこう

人間ドック

じゃないんだけど(苦笑)
検査してもらいました。

本当は人間ドック受ける気満々だったんだけど、
2週間以上も待たされそうだったんで、
頭痛が酷いという理由で、病院へ直接行って、
血液検査と、MRIでの検査を受けました。

ちなみに行った病院は、脳に関してはスペシャリストの
札幌にある「中村記念病院(南1条西14丁目)」です。
色んな人から、この病院の名前を聞いていたので、
調べたらしっくりくるかもと思って行ってきました。

でも凄まじく混んでましたね(^_^;)

っで結果はコチラ↓
血液検査結果

基本的にはちょっと血液がドロドロなようです(苦笑)
でも食生活を今変えてきたし、少しの運動を始めたので、
そのまま続けていけば、特に問題はないとのことでした。

MRIも調べると、血栓が出来ていたり、
どこかで詰まりかけてもいないとのことです。

取り敢えずは安心しても良いのかな?と思ってます。

でもこれでまた元の生活に戻ったら、
何の意味もないので、生活改善に励んでいこうと思います。
家族や彼女へ心配させるのは切ないし、
自分自身で変えていけることですからね。
あのままで脳梗塞等の状態になっていたら、
やっぱ最悪死亡か、寝たきりになっていたと思うんです。
色々やりたいこともあるし、彼女とも幸せになっていきたいし、
そしてまだ若いしね(笑)

これから体のことも考えていきたいです。

沢山の方々に御迷惑と、ご心配をおかけしましたm(_ _)m

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4