2006年7月の記事一覧

意外にも

mixiは面白いかも知れないと感じています(苦笑)
というのも、最初は仕組みがよく分からなかったし、
マイミクは増えるのか微妙に不安だったし(^_^;)
参加したのは良いけれど、仲間増えなかったら寂しいっしょ(泣)
でもやっていくと、音楽仲間が結構やっているし、
会社の元同僚とか、高校の同期とかね。

っで一番喜ばしいのが、
今まで日記を7年付けていたのに(Blogは2年目ですが)
反応はほぼ無かったんです。
それがmixiやってから、皆反応が良いこと(笑)
皆読んでんじゃん!!って大声で言いたい(苦笑)
だったら前から反応してよ~と思ってるんですね~。
最近、日記を書く意義が出てきた気がする(^_^;)
まぁ~所詮日記なんて、自分の近況報告をするつもりで
つけたところもあるので、我が儘は言いませんけど。

しかし7年ですか・・・。
良く書いてきてるよね俺も(苦笑)
ネタというより、思ったり感じた事を綴ってるだけだけど、
俺が日記を書く事を期待する人もいるから
余計に不思議なんだが、期待に応えたい俺もいます(笑)
基本的に文章を書く事は嫌いじゃなく、
好きだから続いていると思うんだよね。
これからも適当に書いていくので、是非反応下さい!!(苦笑)

あっ後、mixiやってて面白かったのが、
同じ生年月日のコミュがあったこと。
ちょっと感動したもんね(笑)
是非仲良くしてやって下さい、同じ生年月日の人!!
よろしくです!!!(笑)

僕等の音楽

  • ふと思う事

今回のGestはBankBandが出ていて、
リアルタイムでは見れなかったけど、
録画してチェックしてみました。

環境問題に取り組む為に、
「ap Bank」を立ち上げて、
環境問題に取り組む人達へ、「お金」と言う形で
サポートしていく、という主旨で始められたとの事。

音楽家が、音楽というモノで、
環境だけに限らず、エイズ問題や災害への復興に
取り組む姿は、よく見ると思うんですけど、
なんかイマイチ主旨が伝わりづらかったりするんだよね。

まぁ~エイズ問題は「AAA(Act Against AIDSの略)」で
毎年イベントがあったりと、取り上げられていますが、
自分を含め、そのイベントを見に行った人達の、
どのくらいの人が理解しているんでしょうね?
敢えて自分も含めているのは、
多分俺もそのイベントに行ったとしても、
他のお客さんと同じように、ただライブを楽しんで、
肝心の主旨は、そっちのけのような気もする。

本当はイベントを通して、皆に少しでも被害や
今の世界中で起こっている現状を、
学んで欲しいはずなのに、と思ってしまう。

どうなんでしょうね?
イベントに参加するだけでも、やらないよりは
効果や意義は、やっぱりあるんでしょうかね?
いや・・・ないと意味はないよね(苦笑)

日本人の特色か、それとも人間自体の特色かは
分かりづらいけど、結局は何か他人事じゃないですか。
それも自分も当然含まれてますけど、
本当は世界中で考えなきゃいけないことなのに、
自分に降りかかって初めて気付くので、
頭が悪い生き物ですよね(苦笑)

考えてるだけじゃダメだし、分かった振りしてるだけでもダメだし、
行動に移してこそ、やっと動き出すんでしょうね。
その点、世界平和を訴え続けてきたジョン・レノンや、
ちょっと怪しいけど、マイケル・ジャクソン(笑)や、
今回のMr.childrenの桜井和寿や小林武史、
桑田佳祐、泉谷しげるなどは、行動に移しているからね。
素直に尊敬出来ますね。

本当は音楽以外にも、活動している人達も沢山いるんだろうけど、
たまたま音楽が伝わりやすかったってことかな?


俺も何かに貢献出来たらなぁ~と思うけど、
どうにも実行出来ていないのが情けなかったりする・・・。
でもね、俺が音楽を始めた理由は、
単純に自分が売れたいという理由もあるけど(苦笑)
自分と同じように障がいを持っていても、
外に出る勇気を持ってもらえたらと思ったんですよ。
んで俺には音楽という武器があったので、
それを使って訴え続けていこうと思いました。

アイツでも、あんな風に歌ってるなら、
俺にも、私にも、と思ってくれたら嬉しいじゃないですか。
だから万が一でも売れたら、
それを映像や音で伝えられるかもなぁ~って思って、
俺は頑張って行ってるつもりです。


なんか桜井和寿や小林武史の、トーク内容聞いて
そんな事を考えさせられたので日記にしてみました。

イマイチ良くならず

  • 音楽ネタ

仕方なく家で大人しくしているんですけど、
でもネットは手放せず・・・(苦笑)

話は変わり、最近聴いてる曲で、
意外にもはまってしまったのが、
「mihimaru GT」だったりする。
今までなら聴くジャンルではなかったと思うんだけど、
結構CMで流れているしね。
耳に入ってくるんですよ。
「気分上々↑↑」と「ツヨクツヨク」お勧めです。
ってか反応が遅いですかね(^_^;)

俺結構、お笑い等はブームが去ってから、
気に入るタイプが多い・・・彼女に「この芸人誰?」
って聴くと、必ず「知らないの???」と返ってくる(苦笑)
それくらい反応が遅いらしい(泣)

音楽に戻ると、小林武史とミスチルの桜井さんのユニットの
「BankBand」の「to U」も良い曲だし、
ミスチルの新曲「帚星」も良い曲です。
あとコブクロの「君という名の翼」もいいですね。

でも思ったのは、
最近プロのミュージシャンの曲聴いてない
ってことに気が付きました。
それは自分のライブがあったり、
人のライブばっかりに足を運んでいたから、
アマチュアの曲しか聴いてないんだよね(苦笑)
だから久し振りにプロの曲聴くと、逆に新鮮だったりする。
ある意味、珍しい現象ではないだろうか。

ただやっぱ当然の事なんだけど、
曲作りが上手いなぁ~なんて思ってしまった(苦笑)
音源一つ一つ、ちゃんと作り込まれているから、
羨ましいし、欲を言うなら俺も編曲者欲しいよ~(笑)

その前に売れないと編曲者用意する理由もないな(^_^;)
あぁ~その前に風邪治さないと歌も歌えないや(笑)
まだまだ、だなぁ~、気長に頑張ります!!(苦笑)

その後

  • かなしい事

風邪を引いたと日記に書いて、
素直に早めに寝ようと思ったけど、
気付けば凄まじく具合が悪くなり、
試しに熱計ったら、38℃も熱があった・・・。
一気に熱が上がった感じで、
今日の夕方まで苦しめられていました(苦笑)
しかも喉も痛いし、結構厳しいぞい。

彼女も風邪を引いていたようで、
同じく38℃の熱があったらしい・・・。

今回の風邪は、熱が上がるタイプなんだろうか?
病院関係者、意見求む(笑)

しっかし、この時期の風邪になると、
食欲がわかず、あっさりした素麺や、
冷たい麺系にならざるを得ないよね。
くどそうな食事は食べる気が起きないです。
でも食べないと薬も飲めないしね~困ったもんだ。

皆さんも風邪には気を付けておくんなまし。

どうやら・・・

  • ふと思う事

風邪を引いたらしいぞ。
喉が痛い・・・(苦笑)

せっかくギターを久々に触り始めていたのに、
喉が痛く声が強くは出せないな・・・。
早めに治したいと思います。
誰か風邪もらって(笑)

自然に

行ってきました。
といっても、真駒内にある「芸術の森」なんですけど。
そこで「アートマーケット」というイベントがあって、
音楽仲間の、かわいよしこさんが出るとあって、
自然も得意ではない俺は行ってきました。

自然が嫌いな理由は、基本的に虫を含め動植物が苦手で、
あまりそういうのが存在しない、都会が好きなんですね(苦笑)
だから今回も虫がいたら嫌だなぁ~って思ってたけど、
そんなに発生していなくて、
意外にも過ごしやすかったです。
アレなら、また行っても良いなぁ~なんて思ったりして(^_^;)

実は彼女に過去に行こうと、誘われていたんですよね(汗)
でも虫が多そうという理由だけで拒否していました。
非常に申し訳なく・・・(苦笑)
本人にはお詫びしておきました。

対して虫がいなければ、
自然も悪くないと感じた俺は、どうしようもないですね(苦笑)
木々の香りも、風も気持ちよくて、癒された気がしました(笑)
そして青空の下のライブも、気持ちよさそうで羨ましかった。
芸森のイベントは、9月にあって、それはまだ募集しているので、
応募はしてみようと思います。
俺もあんな気持ちいい場所で歌ってみたいですね。


イベントが終わった後は、皆で食事し、
最終的には俺と、よしこさんと、
アコースティックベイビーのヤマガタくんの3人で
音楽について熱く語ってましたが、
熱く語りすぎて、今となれば少し反省しています。
申し訳なく・・・(苦笑)
でも1日通して楽しかったです。
天気も良かったしね。次は俺が歌うぞ~。

今日は

音楽仲間の、かわいよしこさんと、
大島夕采さんのライブがあり、行ってきました。
基本的に、よしこさんの追っかけ状態ですが、
一応音楽仲間です!!(苦笑)

たった2週間音楽から離れていただけなんだけど、
随分遠ざかっていたような感覚を覚えます。
久々にギターを弾きたくなりました。
そう言う点で俺は、やっぱ音楽人な感じ?(^_^;)

俺はどちらかというとメロディー重視な人間ですが、
でも最近は人の曲の詞にも注目を置いて聴いていて、
なんか新しい曲のヒントを得たような気がしています。
それが素直に曲に反映される事は実は少ないですが・・・。

ただやっぱ自分好きなんで(笑)
俺が歌いたいなぁ~なんて思ったりもしました。
体力はないんですけど・・・(苦笑)
早く体力つけないと、まともにライブ出来ないなぁ~。
頑張ろうっと(笑)


そういやぁ~病院にいた時の、小ネタを一つ。
ニュースにもなったらしいので知っている人もいると思うけど、
俺が入院していた病院の1階のトイレと、
患者が入院している7階のトイレが、夜の11時半くらいに
放火!?にあったようで、消防車が何台も来る程、
大騒ぎしていたのに、全く俺は気付かず爆睡していました(苦笑)
結構病院中、パニック状態だったらしいが俺は爆睡です。

火事自体は小火で、誰もけが人などはなく良かったけど、
次の日の朝に、「昨日小火があった」と報告受けるも、
なんのことやらって顔してると、
「ヒロさん(本名ですけど)は、幸せですね」って言われました(苦笑)
今となれば、どういうこっちゃ!!って突っ込み入れたいけど、
そん時は、苦笑いしていました(^_^;)

しっかし、よ~~~く考えると怖いですよね・・・。
もし自分が入院している同じ階の所で起きていたら、
その火事が小火じゃなかったら・・・、
俺は助かっただろうか・・・(苦笑)
なぁ~~~んて、入院中で気が弱っていた俺は
そんな事を考えていたのでした(苦笑)

病院中の関係者が「火」に対して警戒心を強めている時に、
車椅子に乗れるようになった俺は、
看護士さんに「タバコ吸いに行って良いですか?」
と聞いて、無駄に嫌な顔されたのでした(苦笑)

帰ってきたぞぉ~帰ってきたぞぉ~

ウルトラマン~♪

とまでは行かないものの、月曜日に退院してきました。
高校卒業後、12年振りの入院は
思った以上に、暇で、辛~い体験でした。
とは言っても、手術自体はすぐに終わって、
結構切った割には傷は痛くなく、
どちらかと言えば、ずっと寝ていなくてはいけなかったので、
腰の痛みが延々と続く2週間だったように感じます(苦笑)

しかし寝たきりというのは結構不便で、
元々ある一定の条件の下でしか、
腕が動かせないので、食事介助・トイレ介助等、
通常は1人で出来る事が全く無理でした(泣)
アレは結構苦痛でしたね~。

でも俺が入院する少し前にも、
俺と同じように、お尻を切る手術した人がいるらしく、
その人は医者や看護士さんの言う事を聴かず、
動き回っていたら、傷口が開いたらしく、
通常2週間の入院が、追加で3週間も増えたそうです(苦笑)
動きたいと若干文句を言っていた俺に、
先生や看護士さんが、その患者の話を俺にして、
脅していました(笑)かなりリアリティーがあり大人しくしてました。
さすがに追加の入院は避けたかった(^_^;)

まぁ~それでも先生や看護士さん、助手さんを含め
皆さんいい人ばかりで、腰の痛みさえなければ
結構楽しく入院出来ていたかも??です(苦笑)

家族・彼女を含めて、皆お見舞いに来てくれたし、
この場を借りて、本当にありがとうございましたm(_ _)m

追記 彼女曰く、入院した病院の看護士さんは
    若い人が多いと聞いていましたが、本当でした(笑)

追記2 2週間寝たきりの代償は激しく、
     凄まじく俺の筋力を奪っていって、今は家の中を
     歩くのも辛い程筋力がありません・・・リハビリが続く・・・。

じゅつまえのよる

分かっていても病院は暇である。
かろうじて座れる今日までは日記を継続してみます。

今日は朝早くから入院の手続きを行いましたが、
その手続きが終われば。ほぼ放置プレイですね(苦笑)
特に検査もないし、担当医師が来るまで結局寝てました。
そこそこ寝た気がする(笑)

まぁ~一つ面白いというか、時代は昔と違うなぁ~と感心したのが
今は何でも、データでのやりとりらしく
看護士さんはPDAを持ち歩いてました。PDAってのは
モバイル端末機で、通常は出張が多いリーマンが、
パソコン持ち歩くのが面倒な時にメールチェックなどで使う
簡易型パソコンだと思ってもらえば分かりやすいと思います。

PDAの利点は患者データをリアルタイムでチェックできて、
同時に送信もできること。
あと入院患者にはバーコード入りのネームをつけられるんですが、
PDAにスキャナーをつけて、そのバーコードとデータが
一致するか、あとは点滴等にもバーコードをつけて
投薬を間違えないかチェックするんだって。
間違いを防ぐには良いアイデアですよね。

それを教えてくれた看護士さんは、
若干年齢が上なので、機械導入に四苦八苦してる様子でした(苦笑)
今まで紙で整理していたモノが、
突然機械導入じゃぁ~きついかもね。

さて明日はいよいよ手術ですが、
早めに寝ないといけないとダメってのは、
よ~く分かるけど、HELOを携帯ワンセグで
こっそり見て明日に備えようと思います(苦笑)

では皆さん、緊張感のないヒロでした(苦笑)

明日は

いよいよ入院するぞ~(苦笑)
皆に生きて帰って来いよ~って言われると、
そんな大病かと思うけど、普通にお尻を切るだけですからね(^_^;)
多分手術時間も1時間もないと思います。
本人としては、結構気楽に考えてます(苦笑)

敢えて来て欲しいわけでないので、
入院先は書きませんのでご了承くださいな(笑)

日記も当面、更新されないと思いますが、
こちらもご了承くださいm(_ _)m

逝ってきまぁ~す(笑)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4