2006年8月の記事一覧

もう

8月も終わり・・・
気が付けばRADIO更新されていません。
理由は色々ありますが、
曲の録音には夏と言えども窓を完全に閉め切らないと
他の方々に迷惑になる為、
一度締め切ってチャレンジしましたが、
暑すぎて断念しました(苦笑)
集中力に欠けるし、締め切ると33℃は超えてました。
ちなみに夜の話です(泣)
という訳で、涼しくなる頃を見計らってたら、
今時期になってしまったと言うことですね~・・・。

んで早速、昨日の夜に曲の録音に入りました。
それでも充分に暑かったけど、
まだ耐えれまして、明け方には録音は終わりました。
少し寝て、現在音の調整中です。

RADIOに関しては、本日中に録音して、
明日にはHPにUPされる予定です。
されなくても日付は8/31で通します(苦笑)

まぁ~のらりくらりとトークしているんで、
暇があれば聴いてやって下さいな。


でもまずは腹ごしらえかな?(苦笑)

遥かなるまわり道の向こうで

  • KAN

KANさんの14枚目のアルバムのタイトルです。
約5年ぶりでしょうか。
単純な感想を先に述べると、
やっぱKANさんの曲は好きだなぁ~と改めて思った。

どこか懐かしいメロディーは、
新しい曲なのに、気持ちだけ昔に戻れる
そんな印象です。
本当にメロディーメーカーだなと思うけど、
歌詞は結構ダジャレも多くて、
とっても俺好みです(苦笑)

01.世界でいちばん好きな人

ピアノのコード弾きから始まる曲です。
そして綺麗な曲です。
大まかにLOVESONGかと思えば、
戦争に対しての反対のメッセージや、
平和でいれる今をあなたと生きていきたいと願う
本当に歌詞も曲も良いです。

02.キリギリス

KANさんのアルバムでは、
いわゆる異色Songが毎回存在するんですけど、
今回は2曲目の「キリギリス」でしょうか?(笑)
曲的にはクラシック的な要素がある感じです。
歌詞は説明しづらいですなぁ~(苦笑)
焦ることなく、気楽にやっていこうよ・・・と思う(笑)
でも俺は好きな曲ですね。

03.彼女はきっとまた

歌詞はふられたけど、いつか彼女は帰って来るであろう
と願っているイメージです。
曲調はPOPで聴きやすいです。
ところでKANさんはモノマネも好きな人で、
曲の中に「ん~ん、どぉなんでしょう」という、
長嶋さんのモノマネがありました。
個人的には歌詞の最後の「・・・と、思うよ。」も
はねとびの秋山さんの老人のマネに感じました(苦笑)

04.小さき花のテレジア

バラードソングです。
これは歌詞が綺麗で、曲の作り方は
KAZ的にヒットです(苦笑)
曲の作り方の構成が、やっぱ上手いんだよなぁ~。
KANさんを聴かない人に是非聴かせたい1曲です。

05.エンドレス

これは浜省をバリバリ意識して作ったと思う(笑)
歌い方もいつもと違うし、歌詞に浜省が出てきます(苦笑)
曲の最初と最後に、「Oh oh oh~」と叫んでる部分があって、
俺には浜省にしか聞こえない(苦笑)
誰か浜省FANに聴かせたいです(笑)

06.おしえておくれ

曲調は80年代のディスコ風でしょうかね。
スカパラと共演したら面白そう。
歌詞はLOVELOVEだったのに、
気付けばいなくなっちゃったというストーリーです(笑)

07.遥かなるまわり道の向こうで

これは歌詞がたまらないです。
KANさんのイメージって、恋愛ソング(しかもふられる(笑))
ばかり歌ってるって感じてる人多いと思うけど、
年齢を重ねているだけ、重みのある歌詞も沢山書いてます。
メロディーもロックバラードな感じでお勧めです。

08.カレーライス

ご存じ?今年の1月にドラマの主題歌になった曲で、
久々のシングル曲でした。
KANさん王道の曲なんだけど、
俺はホッと出来る曲で大好きです。
タイトルだけ見ると、どういう曲か分からないでしょうが、
恋愛を意外な固有名詞で比喩するところが、
やっぱこの人は、凄いなぁ~と感心です。

09.RED FLAG (一般道路速度超過)

KANさん自身がスピード出しすぎで、
初の切符を切られた時の悔しさを歌にした曲です(笑)
歌詞を読むと笑えるけど、
曲はロック調で格好いいです。
こういう実体験を曲にすると事も好きですな(笑)

10.アイ・ラブ・ユー (versionCJP)

通常KANさんは、頭にメロディーを浮かべて、
他の楽器なども合わせながら編曲していくんですって。
でもこの曲に関しては、ひたすらピアノを奏でながら
作り上げた曲で、結構珍しい感じです。
確かに曲調がいつもと違う感じがあるけど、
ピアノメロディーが綺麗で、良い曲ですよ。


さて、一気に思ったことを書いていきましたが、
これを読んで、聴きたいと思った人はいるだろうか?(苦笑)
KANさんを沢山の人に聴いて欲しいと思い、
10数年頑張って進めてるんだけどね(苦笑)
徐々に影響はされていると思うけど・・・。
是非聴いてみて下さい。
本当に良い曲だらけです。

自分でも感心するくらい

週末はどこでも行くものです。
金曜日は、かわいよしこさんのライブに行き、
土曜日は、自分の赤レンガ路上ライブ、
日曜日は、ON THE STRRET 2006、
いわゆる音楽付けの日々ですね。

金曜日の話をすると、
昼間に札幌ステラプレイスに行き、
男鎌田真吾という歌い手を見てきました。
それこそ3年前に見た以来なんで、
覚えて貰っているか微妙でしたけど、
一応覚えて貰っているようでした(笑)
ライブはパワーアップしているように見えました。
年齢は俺と同じなはず。
歌い手である以上は、年々レベルがアップしないと、
話にならないと、つくづく感じさせられました。

んで夜なんですけど、
場所が最初分からなくて、目的の場所とは違う方向へ
行っていて、向かってる途中で、
偶然同じ場所へ行く人に呼び止められて、
「そっちじゃぁ~ないよ~」って言われ、
正しい方向へ誘導してくれました。
偶然見つけられなかったら、
俺はどこへ行くつもりだったんでしょうね(苦笑)

やっとの思いでお店に着くと、
お店の雰囲気はよかったです。
ライブも他に共演者がいなかったので、
よしこさんの「コヨシクラブ」が時間を空けて
2ステージやりました。
声も出ていたし、良かったと思います。


んで土曜日は赤レンガ路上ライブでした。
これがまた良い天気でねぇ~。
路上歌いには、たまらない爽快な空でした。
今回は赤レンガで歌うに値するか、
オーディションの意味も兼ねてのライブだったので、
担当者の方々が3人程来てくれました。
お休みだったのに申し訳ないです。
多分気に入ってくれたと思うので、
今後は歌えるようになるはず・・・です(笑)
ちょっと残念だったのが、人が少なかったんですよね~。
天気が良かったから、もう少しいると思ってました。
それでも聴いてくれた人もいたので、
結果的に気分も良かったし、総評としては楽しかったです。

最後まで付き合ってくれた、やまちゃんありがとう~。
今後も色々と迷惑をかけそうですが、
助けてやって下さい(苦笑)
あっN店長も最後の方に来てくれてありがとうでした。
最後はまったりムードで歌わなくて申し訳なかったです。
今のうちにもっと、もっと歌っていこうと思います。

夜はSTVの24時間TVの企画で、
STVホールでアマチュアのライブがあり、
これまた久し振りの新田あつこさんを見てきました。
バックにサポートを付けて、やってたけど、
歌が上手くなったなぁ~というのが印象です。
皆着実にレベルはアップしていますね。
羨ましいくらいだけど、自分もアップしているはず(笑)
あぁ~あと、俺も歌いたいなぁ~とやっぱ思うのでした(苦笑)


して最後に日曜日のON THE STRRET 2006です。
これは2年前まではKAZも出演していたんですけど、
色々諸事情があり、今は出演していません(苦笑)
でもこの日も凄く天気が良くて、暖かくて、
参加すれば良かったと後悔の念もあります(^_^;)
年々参加者の顔ぶれが分からなくなってるけど、
久々に見る顔もあって、懐かしかったです。
いけだこうすけ、という歌い手がいますけど、
やっぱ歌は上手い!!
自分の声質を多分理解しているから、
作る曲も考えて作っていると思うんだよね。
だからどんな歌を聴いても、説得力を持っている気がします。
まだ若いけど、素直に尊敬出来るかも。
3曲じゃぁ~少なかったな(苦笑)

あと谷口さんや、サイトウさんや、かがりちゃん、さやちん、
もりなおちゃんなど、久々に見る顔もあって、
素直にお客としても楽しかったです。
来年は、また出れるように、ぶーに聞いてみようかな?(笑)

あぁ~結局

先週録画したバレー見れていない・・・。
というよりか、ダンドリと結婚出来ない男以外の、
ドラマもすっかり見れていない(録画はしてます。)
週末になると時間がなくなるなぁ~。
明日は昼から赤レンガ路上ライブだし、
夜は人のライブ見に行く予定だし、
多分日曜は日曜で、出掛けるだろうし・・・。
他から見れば贅沢な悩みですね(苦笑)すいませんm(_ _)m

自分が今やらなきゃ行けない課題は山積みです。
ラジオ録音する為に、新曲録音、11月のライブの内容や
CD制作も取り組まなきゃ行けないし、
してそろそろ就職活動(これが一番大事(苦笑))も
始めていかないと、なんだかんだグダグダしそうだ・・・。

でも仕事は、そんなに焦ってはいないです。
次の仕事に就く時には、すぐ辞めたくなる仕事には就きたくない。
当然のことなんですけど、今までがそうだったから、
しっかりと前を見据えて、決めていけたらと思ってます。
なさそうなんだけど、メディア関係に勤めてみたいです。
今自分で、微力ながらでもRADIOやってると、
そういう関係に興味がわいてきて、
企画とか、仕組みとか、流れとか、
裏方的な役割とか、知ってみたいんですよね。
だから今一番興味がある職種です。
さすがにTV局とか、RADIO局とかでの採用は厳しそうだけど、
ローカルな局であれば、たまに募集してるから、
そういうところからアタックしてみたいです。
なにか情報あれば教えて下さい。

取り敢えず名残惜しくなってきた、
夏を堪能しながら、一歩前へ出てみます。

追記:しつこいようですが、明日AM:11:00~PM16:00まで
道庁赤レンガで歌いますので、こちらもよろしく(苦笑)
寝坊しないように早く寝ます(泣)

「tear」

  • 新曲情報

新曲情報です。
今回は切なげな歌詞に重点を置いてみました。
メロディーも悪くはないんだけど、
聴いてもらって判断した方が良いかも(苦笑)


涙を拭いて 悲しまないで ずっと僕が傍にいるから
知ってるから 君を誰よりも 近くで見守ってるから

無邪気な笑顔の裏には 本当の意味が
そんな強がりな君を 愛しく想った
一番近い場所にいるのに 一番遠くて
君は誰を見ているの?

分かってるのに 気付いてるのに 僕は現実から逃げていく
言葉にできない 伝えられない 君を失うのが怖くて

喜ぶ顔が見たくて 気持ち押し殺して
毎日のように君の 隣にいるのに
良い人振りを演じては 平気な顔して
虚しさを感じている

ごまかさないで 瞳を伏せないで 今は顔を上げて前を見て
勇気をだして 諦めないで 泣くのはいつでもできるから

心が痛くて 崩れそうな時は
一番頼って 欲しいと願ってるよ ウソでも良い僕だけを

いつもの場所で 待っているから 悩んだ時にすぐおいでよ
皮肉だけど 君が困った時にしか 僕は会えないから

真実を告げる 事が出来ない 僕はただの君の親友さ
たまには僕に 気を遣ってよ 泣き顔よりも笑顔が欲しい

涙を拭いて 悲しまないで ずっと僕が傍にいるから
知ってるから 君を誰よりも 近くで見守ってるから

久々の日記に

なってしまいましたね。
KANさんの曲をBGMに書いていこうと思います。

先日、路上をやっていたんですけど、
いつものようにスロースタートでありましたが、
途中から人がチラホラ止まるようになってきて、
ずっと止まって聴いているわけではないけど、
良い感じで皆さん聴いていてくれたようです。

そんな効果もあってか、CDが初の5枚も売れて、
思った以上にKAZは受け入れられているような気がします。
どんどん路上やっていくたびに、
良い結果になっているような気がして、
素直に嬉しかったりもします。

でも今まではチラシ配ったり、CD売れても、
次に繋がらなかったんですけど、
今回はちゃんとメールもくれた人もいるし、
ライブ情報の登録メールにもメールがありました。

少しずつだけど、自分が理想としてきた形に
近づいてきたような気がして、マジ嬉しい(笑)
やる気が本当にわいてくるって感じですかね。
運気が上がって来ているんじゃぁ~ないだろうか?
運頼みもどうかと思うけど、この傾向は逃しちゃいかんね。
やったらやっただけの結果は、
当然付いてこないといけないけど、
やらなかったら、こんな気持ちさえ感じることはないですよ。

まだまだ調子に乗るには早いけど、
3年頑張ってやってきて良かったと思います。
これからもKAZは歌って頑張っていきますので、
今現在応援してくれる方、
そして今後出会う方、よろしく頼んます!!

まずは8/26(土)AM:11:00~PM16:00まで
道庁赤レンガで歌いますので、こちらもよろしく!!

バレボール

やってますね。
ただ初日から、俺が何も書かないの珍しいでしょ?
あんなに全日本女子バレーを応援しているのに。

簡単なことですよ。
見れてないんです(苦笑)
全て録画しているので、あとは時間をかけてじっくり見るだけです。
今回の大会は週末限定なので、
多分来週も録画するしかなさそうです(泣)

録画した試合を見始めたら、無駄にうんちくを語ると思うので、
バレーが好きでない方は、ご了承下さい(苦笑)


さて昨日ですが、初めて札幌競馬場へ行ってきました。
競馬をする為ではなく、
北海道JRAキャンペーンガールの相武紗季が
札幌に来るというので、素直に見に行ってきました。

時間帯は午前11時50分~と、午後5時20分~の2本でした。
午前中の方は、まだ人が少ない方だったので、
一番前まで乗り込んでいき、無事に見られました。
後半の部は若干諦めて、後方から見ることに止めました。
それでも結構見れた方なんで、大満足の1日です(苦笑)

相武紗季と言えば、結構CM出てて、
ミスタードーナツとか、OCNとか、花王とか、
オートバックスとか、色々出ていて、
ドラマも今はレガッタだし、前はアテンションプリーズや、
がんばっていきまっしょいとか、どんまい!とか、
初期のウォーターボーイズ等にも出ていたようです。

一言で言うならば、可愛かったです。
気に入った女優さんが地方に行く事って、
ほぼないから、今回は貴重だったと思うなぁ~。

どうせなんで、初競馬も経験しましたが、
結果は秘密にしておきます(苦笑)

天気が良すぎて、顔が日焼けで真っ赤っかです(笑)
明日路上やるので、お暇な方はからかいに来て下さい(^_^;)


追記:先日出演させて頂いたイベントの、
D-fine media projectの中で
ネットラジオ「キタエンタ」をやっていまして、
KAZのMessageが流れていて、
投票によっては、何週か流してもらえるようなので、
PCでネットしている方、協力して下さ~い。
締め切りは、8月25日(金)までです。
ネットラジオは8月18日から2週間聴けます。
アドレスは↓
http://d-fine.dee.cc/kitaenta.html
投票だけでもと言う方は、
http://d-fine.dee.cc/kiyoki/kiyoki.cgi
是非宜しくお願いします。

最近の携帯事情

  • モバイル

最近の携帯事情

俺は基本的にモバイル端末が好きで、
よくHPで新着情報をチェックしてるんですけど、
ちょっと面白いモノを見つけました。

発売する商品ではなく、
アサヒビールのキャンペーンで、
WILLCOMのW-SIM(FOMAで言うFOMAカードのようなモノ)を
利用する腕時計型端末が当たるらしい。
しかも今や注目株のワンセグ対応。
皆ワンセグ分かるよね??(分からなければいずれ説明します(苦笑))

しかし名前がダサイ(苦笑)
スーパーワンセグTV Watch
もうちょっと良いネーミングはなかっただろうか?
まぁ~いいか。
画像を拾ってみました。閉じた画像は↓

si_onesegw-01.jpg

開いた画像はコチラ↓

si_onesegw-02.jpg

人がどう思うかはわかんないけど、
俺は結構好きな分類の一つです(笑)
だって腕に付けておけるんですよ?
いつでもTV見れるし、ワンセグだから映像綺麗だし。
有りだと思うけど・・・時代にはまだついて行ってないですかね(苦笑)

腕時計型ってのが、いまいちヒットしてないけど、
昔にもDocomoがPHS内蔵で腕時計型を作ったことあるんですよ。
Wristomo(リストモ)」って名前で人気はありました。
っがマニア受けだったようです。
ちなみに画像はコチラ↓

risutomo.jpg

でもそろそろ腕時計型携帯も日の目を浴びる日も近いのでは?
と思っているので、期待したい今日この頃です。

ところでWILLCOMのW-ZERO3という機種を持っているのですが、
前にも話しましたがPHS内蔵PDAという機種になるんですけど、
端末に小型のキーボードが付いていて、
結構使いやすくて便利だし、無線LAN内蔵だから、
契約さえしていれば家以外にも、
外でも無線LANでの通信も可能です。

でねWILLCOM気合い入ってていいなぁ~と思ったら、
他にも色々と取り組んでいるようです。

米Sony Electronicsが「mylo」という端末を9月頃から発売らしい。
画像はコチラ↓

ah_mylo1.jpg

日本の発売はいつか、ハッキリしないけど、
韓国や中国を含め、海外ではキーボード搭載型は多いです。
日本はやっとか?という気持ちなんですけどね俺は。
SHARPのザウルスとかDocomoのシグマリオンとか持っていたんで、
PDA=キーボード搭載が理想なんですよ。

そういやぁ~Docomoは法人向けに、
こんな端末を販売するようです。画像はコチラ↓

si_htc.jpg

名前はね、スマートフォン「hTc Z」・・・文字入力がメンドイ名前ですね。
まぁ~名前は良いとして、これもキーボード搭載型です。

入力モノが中にしまわれている為に、
基本の画面が大きく使える部分を考えれば、
メリットもあるんでしょうね~。
無線LANを搭載さえすれば、コストも安くなるだろうし、
現代向きな機器になりつつあると思います。

今後、ソフトバンクやイーモバイルは、
こういう系統の端末出してくると思うので、若干期待しています。

と、言うわけで

人の意見に左右されやすい男、KAZです(苦笑)
これからはKAZで通していきます。
コメントとかもKAZでOKです。
今更、別の日記を構築するの面倒だし、
中途半端にやって、皆にHPアド変えました!!って
連絡するのも面倒なので、これでいきます。

KAZのHPにも、このBLOGを設置したし、
BLOGで書いた文は2年分あるし、
初めて来た人にも、そこそこ分け分からん男で通るでしょう(苦笑)

まぁ~ヒロの部屋とKAZのBLOGを共通にしたから、
これで尚一層、ヒロの部屋の更新は減りそうだけど、
ヒロの部屋で出会った人も沢山いるから、
閉鎖をする気は起きないし、閉鎖はしません。
同じ病気などで、HPで調べて辿り着いた人にも、
これから育つお子さんは、ちゃんと強く逞しく育って行きますよ
ってメッセージを発信していきたいから
ヒロの部屋の存在意義もあるでしょう。

KAZの方も、グダグダな日記だけど、
KAZという人間を少しは理解してもらえるのではないでしょうか?
たまたま路上やLIVEで曲を聴いて、
HPをチェックした時に、日記とかRADIOで
更に興味を持ってもらえたら嬉しいですよね。

頑張るぞぃ!!

ある友人の一言

  • ふと思う事

昨日の路上やっている時に、
久々な友人が2人現れました。
どちらも久々で、しかも突然でちょっと笑ってしまった(苦笑)
その彼らにも、ちゃんと聴いてもらおうと気合いを入れるも、
指にはめるサムピックが折れてしまい、
結局の所、時間内やりきることなく、
途中で終わってしまいました(泣)

いつものメンバーで終電時間まではいるも、
最終的には友人の1人と家までの距離を話ながら歩いた。
その彼は、友人でありつつ、KAZを応援してくれる人なんです。

んで音楽性の話などをしていたんだけど、
Blogの話になって、KAZのBlogにも日常的な事を
書いていった方が良いのではないか?
とのご指摘を受けました。
人気のあるアマチュアのミュージシャンとかは、
日常に感じたりすることを綴っているとのこと。

思い起こせば「ヒロ」と「KAZ」を切り分けているには理由があって、
ヒロの部屋の主旨は自分が1人暮らしを始めるに当たり、
色々経験談などを伝えることが出来ればと
思って作ったHPではあるんですよ。
同時に同じ障がい者の人達とネットを通して、
知り合いになって情報交換が出来ればと思ってました。

なのでヒロが書く日記というのは、真面目な話しも
おバカな話も、日常に感じることなど赤裸々に書いてきたと思う。

んで途中から音楽をやる時に、本名は嫌だったので、
KAZという名前を作って活動を始めました。
単純に音楽活動をする為だけの存在でいたかったし、
掲示板や、Blogも別に分けているのもそういうことです。

ただ自分自身、ヒロ/KAZを分けているようで、
ほぼ全く分けきっていなかったと思うんですよね。
だからヒロの日記で、音楽の話や自身のLIVEの話を書いたり、
どちらかと言えば、混合しているように見えますよね。
多分、俺を第3者で見ている人には、ヒロもKAZも
音楽をやっていること以外には差は感じなかったでしょうね。
もっとしっかり区切るべきでした。

結局ね、友人の一言というのは、
今のKAZのHPの内容だけでは、見に来た人に
KAZはどういう考えをしているとか、
KAZ像が浮かんでこないと言うことでした。
言われてみるとね、掲示板とライブレポだけでは、
人物像は浮かんでこないよね。
多分直接会って、やっとKAZ像が浮かぶタイプなんだと思う。
最近はねRADIOとかやって、
分かってもらおうと努力はしていますけど、
結局それもどちらかと言えば、気取っている部分も
否定出来ないから、本心のKAZを伝えるにはまだまだなんですよね。

KAZのBlogでも日常的なことを書いても良いんだけど、
なんか微妙に違う気がするのね・・・。
それならヒロとKAZを一本化して、KAZだけでやっていくのが、
妥当なのかなぁ~とも思うようになった。
まぁ~正直力が入ってるのはKAZになるんだよね。
でも色々路上やLIVEでチラシとか配っても反応がない
理由も意外と、そこにあるのかなぁ~と思った。

さてどうしたものか・・・。
友人の言った一言は結構重要部分を占めていて、
改善の余地はあります。
KAZという人間性を発信していけば、
もしかするとお客さんもつかめるようになるかも知れないね。
しかし1日に2つの日記を綴るのも厳しいよねぇ~(苦笑)
いやぁ~もっと早くに気付けば良かったなぁ。
友人の一言も2年前に言ってくれれば、
手は打ちやすかったな(苦笑)

あれっ!?mixiやり始めて思ったけど、
KAZというプロフを作って、ヒロ日記を当てているけど、
それはそれでウケが良いことを考えると、
別にそこまで悩む必要もないのかね?
だってmixiを見ている人は、ヒロ=KAZで成立してるもんね(笑)
そうか!?それでいいんだわ(苦笑)

取り敢えず、何となく答えが見えてきたので、
その方向で進めていこうと思います。

長々無駄に書いてしまい済みません(苦笑)
自己完結って事で・・・お許しを。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4