2006年9月の記事一覧

どうやら

月曜日から仕事が始まるようです。
やっと無職生活からおさらばになります。
長かったような、あっという間のような、
不思議な感覚ですね。

1人暮らしを初めて、4ヶ月も仕事をしていないのは、
初めてでしたね。その間、入院やら音楽付けやらで、
時間は、どれだけあっても足りなかったような(苦笑)
無駄な時間を過ごしただろうか?
いや何かしら、得ることはあったでしょう。
音楽に取り組む姿勢は、
入院期間中に改めて考えたことだったし、
無駄な事なんてなにもないですよね。

さて、仕事はどうなっていくか正直分かりませんが、
頑張ろうと思える環境であったらいいなぁ~。
久々に障がい者だらけの空間に、
加わることになりますが、
気持ち的に他のメンバーと同じにならないように
気を付けていきたいです。

なんかこんなこと書いていると、
俺がイヤな人みたいですね・・・(苦笑)

誤解して欲しくないのは、
自分自身の考え方が、障がいがあるから
というような考え方にはなりたくないだけ。

俺が働こうとしている場所は、
そういう考え方を全面に出しているような
気がするので、お世話になるけど、
気持ちまで染まらないようにしたいと思ってます。

取り敢えず、頑張ってみます。

追記:ラジオは日曜日中には仕上げたいと思います(苦笑)

B.M 5周年記念ライブ 1夜

  • ライブ日誌

気が付けば、自分の入院やお店が一時的に
休業していた関係で、3ヶ月振りのライブとなりました。

色々声をかけたんですけど、
あまり集まらず少々申し訳なかったですけど・・・。

それでもお店を愛する人達で集まって、
5周年記念を皆でお祝い出来たと思います。
改めて、5周年おめでとうございます。

思えば、KAZがユニット時代に
最初に歌わせてもらって、ソロになって、
ずっとお世話になっているお店になります。
最近はイベントなどで、色々な所で、歌ってますけど、
やっぱKAZのホームはBlueMoonだと思ってます。

このお店があったからこそ、
僕は成長出来たんだと確信しています。
沢山の人達に支えられて、
沢山の意見をもらって、
沢山のダメだしや、ご指摘を受けながら、
常に前を見てやってこられました。

本当に本当に感謝しています。


さて、今回のKAZのライブは、
前座の役割を持ってやらせて頂きました。

でも僕自身が、BlueMoonで歌うのが、
久し振りなので、気合いは入っていました。
声は出ていたと思うし、間違えも一つだけでした。
ライブとしては良かったと思っています。

MCも軽快?だったと思うし、
良かったと思うんだけどねぇ~どうなんでしょ?(苦笑)
出来は皆さんの判断に委ねましょう(笑)


安達さんも、久し振りな割には、
良い感じのライブで聴き入ってしまいました。
新曲も数曲あって、良い曲作ってますよね~。
MCも絶好調でしたね(笑)
なんか安達節、みたいのが連発でした。


これからも宜しくお願いします。
そして、改めて5周年おめでとうございました。


曲目
01.Message
02.なくしちゃいけないモノ
03.初秋
04.真夜中の訪問者
05.tear
06.Peace


あっ

そういえば、一応仕事が決まりました。
一応というのはね、前に日記に書いた通り、
国の認可がまだおりてはいないんです。
でも取り敢えずは採用されて、
認可がおり次第、仕事に就けるとのことです。

相変わらず、のほほんと進んでいく、
世の中に不満が募りますが、
まぁ~仕方がないでしょう・・・。
それを選んだのは自分自身なので。

結局、通勤が非常に楽だという事、
後休みの都合が、付けやすいという事で、
決断させて頂きました。
朝の開始も、9時半からというのも、
決めた理由です。
些細なことが、後から困ったりしますから、
若干の融通が利くのは個人的には助かります。

でもこれから、やることが結構あるから、
大変だろうけど、充実した日々を過ごせる
のではないかと勝手に思ってます。

多少の心配は、障がい者だらけの空間に
馴染めるか?ということくらいでしょうかね・・・。
これで馴染めなかったら、
また仕事探す羽目になるんだろうか?(苦笑)
いい加減、我慢しろって事ですかね?
いや、我慢して働くつもりですけどね(^_^;)

働くことが決まったら、また詳細を書きたいと思います。
今はまだわからん(苦笑)

追記:明日9/29にBlueMoonにて、
    ライブがあります。お時間のある方は是非!!

ラスト路上

772645_2414108628.jpg

昨日今年最後の路上をやってきました。
天気にも恵まれて、最後なんだけど
気分良く歌ってきましたよ。

今年最後だぁ~っていうメールを出した効果か、
長くはいられなかったけど、
何人かの人達が足を運んでくれました。
素直に嬉しかったです。

来られなかった方でも、メールをくれたりして
皆さん本当に良い方ばかりで感謝です。

色々な方々に支えられながらの路上ですけど、
心から感謝しているんです。本当です(笑)

元々は、今は亡き「ブッチ君」と
頑張ってきましたけど、やっぱ俺には
人の助けがあって、歌うことが出来るんです。
毎年、路上を始める時や、路上が終わる時には、
初心に返るような気持ちになります。

4月から9月までの半年だけですけど、
外で歌うというのは、沢山の発見があります。
1回の路上で歌っている所を通る人数は、
場所が場所なんで150人以上は通ってる
と思うんだけど、その中で関係なく通り過ぎる人は7割で、
興味を示してくれる人は2割、
立ち止まってくれる人は0.8割で、
実際にCD購入してくれる人は、0.1~0.2割程度です。

ちなみに毎週路上やっても、
HPにアクセスして、メールくれるのは
半年やって、4~5人いればいい方です。

それくらいの人達をGetするのがいかに大変かは
良く理解して路上をやっているつもりです。
色々工夫していかないとダメなんですよね。
今年は看板が間に合わなかったけど、
来年にはCD発売中の看板を置いてやってみる予定です。
後は路上でもトーク出来れば良いんだけど、
これはある程度立ち止まってくれないと、
無理があるんですよね~。
だもんで結局は、インパクトのある看板や
チラシや、最終的には「歌」次第ですよね・・・。

来年は、今年以上にお客さんをGet出来るように、
頑張っていこうと思っています。
是非、来年以降の路上も楽しみにしていて下さい。

最後に、今年路上に協力してくれた、
RYOさん、YOSHIHITOくん、あきるくん、
ヤマガタくん、しょこたん、ありがとうございました。

当然、見に来てくれた方々、CD買ってくれた方々、
本当にありがとうございました。

追記:ライブとかイベントは、まだまだあります。
    今年もBIRTHDAY LIVEもありますので、
    そちらも楽しみにしていて下さい。

マイ・フェイバリット・アーティスト 第1_3弾「KAN」 Liveレポ

  • KAN

遅ればせながら感想書きたいと思います。

でもその前に、ちらっと当日の朝のことを書きますね。
イトーヨーカドーライブが朝からあって、
かなりの早起きをして、向かいました。
天気も良かったんで、気分良く歌ってきましたよ。
駐車場の所に、お祭りの場を作って、
お客さんに聴いてもらうという感じの場でしたね。

トップバッターだったんで、お客さんの集まりは
あまりなかったけど、ライブ終了後は、
何人かの方に声をかけられて、
「CDはないんですか?」と言われました。
でもお馬鹿な事に忘れちゃったんですよね・・・。
夜のライブに気が行きすぎて・・・(苦笑)
肝心の自分のライブが少し疎かになった気がします。
ちょっと反省をしました(^_^;)

でもまぁ~滅多にない、社員食堂に入れたり、
しかもただで食べ出せて頂きました。
感謝感謝です。

朝早かったから、結構グッタリしていたんですけど、
夜のKANさんライブになると、
ボルテージは最高です(笑)

今回はZEPP SAPPOROで久々のバンドツアーでした。
ちょっと早めの4時半くらいに会場に着くと、
まだまばらな感じでしたが、段々と人が集まって、
長蛇の列が出来ていました。
しかも何となく待っていた場所が、
列の1番最初になっていて(苦笑)
俺の後ろに沢山の人が並んでいました。
1番前で並ぶというのも、悪くない感じです(笑)

機材の関係で、若干の会場入りが遅れましたが、
あっという間に会場が人で埋まり、
早くKANさんに会いたい~って空気が流れていると、
シルエットにKANさんらしき人が現れて、
一気にヒートアップですね。

ここから↓はネタバレです。


いいですか??


まず1曲目は、
過去にスピード違反でキップを切られた時に出来た曲で
「WHITE LINE~指定場所一時不停止~」です。
そう来たか?って感じで幕が下がって、
今回のライブで演奏する為に、
購入したギブソンのフライングVで登場です。

KANさん自体が公言していましたが、
基本的にはバンドツアーでは
ギターは弾いてる振りなんだそうです(苦笑)
でも今回は少数でのツアーなので、
ちゃんと演奏しないといけないらしく、
ちゃんと弾けるギターを購入したんですって。

でもノリが良い曲からのスタートは、
会場中大盛り上がりでしたよ。
2曲目の「ロック試練の恋」もロック調で盛り上がりました。

3曲目は「いっちょうまえに高級車」で、
KANさんの曲では、初期の作品になってくるので、
これはコアなFANにはたまらない選曲だったと思うし、
4曲目の「だいじょうぶI'M ALL RIGHT」も、
昔の曲で、聴きたい曲の1つでした。
ここら辺で、既に胸が一杯で泣きそうでしたね(笑)

5曲目は、シングルとしては最新曲「カレーライス」。
これは聴き馴染みがあるので、しっとりと聴かせてくれました。
改めて聴くと、良い曲なんだよね~。

6曲目は、こちらは最新アルバムに収録されている
「キリギリス」という曲です。
これは曲に「~オーボエ」だったか、「~クラリネット」が
使われているんですけど、かなり珍しい楽器らしく、
バンドで演奏するのに、誰も吹ける人がいないので、
ギターシンセでカバーしていました。
ギター演奏しているのに、上記の楽器の音がするのは、
やっぱ時代は進んでいるなぁ~と思ったし、
そういうやり方もあるんだなぁ~と普通に感心してました(笑)

7曲目はアルバムのタイトルになっている
「遥かなるまわり道の向こうで」です。
曲が素晴らしいから、聴き入ってしまいましたね。

8曲目は懐かしのナンバー「東京ライフ」です。
ピアノのみの弾き語り形式で、
1つのスポットライトで照らして歌う姿は格好良かったです。

んで東京ライフから3曲連続で、「東京」が付く
曲を歌っていました。KANさん曰く偶然だそうです(笑)

9曲目は「東京に来い」です。
これもFANにとっては聴きたかった1曲だと思います。
俺はこの曲を是非歌いたいんだけど、
コードが分からないんだよね(苦笑)
ちゃんと演奏している所を見ておけば良かった・・。

10曲目は「東京熱帯SQUEEZE」です。
KANさん初の?ラップ曲なんです。
この選曲は、皆かなり意外だったと思うなぁ~。

11曲目は「星空がCrying」です。
「東京に来い」~「星空がCrying」までが
簡易的な構成でのライブでしたが、
それでも曲自体が良いからしっくりはまるんだよね。

12曲目はこれも懐かしい「Regrets」です。
名曲のうちの1曲です。
俺が初めてKANさんのアルバムを買ったのは、
Best盤で、そこに入っていたんですよね。
ジーンと聴き入ってました。

13曲目「まゆみ」です。
これはKANさんの曲の中でも売れた方というか、
聴き馴染みのある曲だと思うんですけど。
これも聴けるとは思わなかったなぁ~。

して一気に会場中が盛り上がった
14曲目の「愛は勝つ」
大体売れた曲って、ライブにそんなに入れないので、
素直に聴けて嬉しかったし、良い所で持ってくると
思って、勉強になりました(笑)

15曲目は80年代のディスコ調の曲で、「Disco 80's」です。
これは盛り上がりましたよ(笑)
演奏者全員でアフロヘアーを付けて始まったから、
面白かったし、曲も盛り上がるから、
会場は絶好調でした。

16曲目は最新アルバムから
「RED FLAG (一般道路速度超過)」です。
実はこれも1曲目と同じで、スピード違反でキップ
切られた時の歌なんです(苦笑)
曲が始まったら会場の中で、赤い旗持ってる人がいて、
やられたぁ~と思った(笑)
ロック調で、この曲も盛り上がったね~。

17曲目は「Oxanne~愛しのオクサーヌ~」です。
もうガンガンぶっ込んでいきますか?
というくらいの勢いで、演出も素晴らしかった(笑)
アレは見ないと分からんよね(苦笑)

本編最後の18曲目「世界でいちばん好きな人」です。
段々立っているのが疲れた俺は、
じっくり聴きたかったので、座って聴きました。
名曲にはいると思う曲です。
でもこれが最後なんだ?って思いました。
どちらかといえば「遥かなるまわり道の向こうで」で
しめるのかなぁ~と思ってましたが、
曲をじっくり聴いていると納得です(笑)

そしてアンコールになるんですけど、
ここでまだアルバムの曲を歌ってないのがあって、
それが浜田省吾さんをイメージした曲があり、
まさかそういう格好で出てくるのかなぁ~?
なんて話してました(笑)

予想通りでした(笑)

多分あの格好したい為に、アンコールに残していたんだと思う。
19曲目は浜省の許可をわざわざ取ったという、
「エンドレス」という曲です。
曲自体は良い曲だけど、もう浜省の格好で
笑っちゃって耐えられませんでした(苦笑)
でもあぁ~いうセンスが大好きです(笑)

20曲目はライブでは定番の「適齢期LOVE STORY」です。
この曲の中で9/24はKANさんの誕生日だったので、
それをお祝いする部分があったりして、
皆でハッピーバースデイを歌いました。
KANさんは恥ずかしそうでしたね(笑)
あと「適齢期LOVE STORY」の中では、
本日のライブ曲を1曲目からメドレーで聴き直す
というのもあります。
これはね、あれだけ違う曲調をちゃんとメドレーにする
技が素晴らしいです(笑)
所々にマツケンサンバも入ってましたけど(苦笑)

21曲目は、散々盛り上がった後に、本当に最後の曲は
ピアノのみで「50年後も」でした。
しっとり、そしてじっくりと聴かせてくれました。


あっという間の2時間半でした。
まだまだ聴きたい曲は山程あったけど、
次回のライブで聴けることを願いながら、
メチャクチャ気分が良いまま会場を後にしました。

笑いあり、感動あり、涙ありと、
改めてKANさんは、最高のエンターテイナーです。
絶対に一生応援していくことに決めました(笑)

本当に良かったよ!!
是非一度行ってみて下さいね~。


01.WHITE LINE~指定場所一時不停止~
02.ロック試練の恋
03.いっちょまえに高級車
04.だいじょうぶI'M ALL RIGHT
05.カレーライス
06.キリギリス
07.遥かなるまわり道の向こうで
08.東京ライフ
09.東京に来い
10.東京熱帯SQUEEZE
11.星空がCrying
12.Regrets
13.まゆみ
14.愛は勝つ
15.Disco 80's
16.RED FRAG
17.Oxanne~愛しのオクサーヌ~
18.世界でいちばん好きな人

-アンコール-

19.エンドレス
20.適齢期LOVE STORY
21.50年後も


イトーヨーカドーライブ

  • ライブ日誌

とっても晴れた良い天気でした。
気温も暖かくて、外でのイベント万歳です。

朝早くからのイベントだったのと、
場所が遠いことから、6時半に起きて、
7時半には家を出ていました。

会場に着いたのは9時ちょっと前で、
待ち合わせをしていたんですが、
早く着きすぎたようで、休憩をしていました。

んで実際に、歌う場所まで行くと、
リハーサルをやっていました。
結構な組が出ることに驚きましたが、
見たことあるグループもいて、
少しの安心もありましたね。

当初の予定より、10分程度遅れましたが、
無事に始まりました。
でもトップバッターは、やっぱ厳しいですね。
お客さんがイベントに、あまり気付いていなく、
まばらな感じで始まってしまいました。
それでも20分の中で歌いきったように感じます。
まぁ~朝早かったこともあり、声は出てませんでした。

アレは中盤だったら、人も沢山いたので、
気持ちよかったろうなぁ~(苦笑)
それだけが、少し残念でした。

でも終わった後で、何人かの人に声をかけられ、
良かったよぉ~と言われホッとしました。
ただ自分のCDを持って行くのを忘れたのが、
一番情けなかったなぁ~・・・。
購入してくれたろうに・・・(苦笑)

まっ、何はともあれ、気持ちよく歌えたし、
昼飯もただで食べれたし(苦笑)
歌わせて頂けて、本当に嬉しかったです。

イトーヨーカドー関係者の皆さんありがとうございました。
また機会があれば歌わせて下さい。


曲目
01.晴れた空の下
02.tear
03.Message


待ちに待った

KANさんのライブが明日あります。
バンドツアーは本当に久し振り~。
また笑わせてくれたり、感動させてくれるんだろうなぁ~。
楽しんでこよ~っと。

ちなみに、席は前から2列目。
さすがの目の悪い俺でも捉えられるぜぃ~。
待ってろよ~KANさん(笑)


取り敢えず、明日も朝から自分のライブもあるので、
もう寝ます~おやすみ~。

またまたまた

  • かなしい事

出来物に襲われていました。
とは言っても、お尻ではないです。
さすがに手術した箇所は、もう出来ないみたい(苦笑)

今回は左太ももの裏側に出来ていて、
ぼっこり腫れて、先程やっと少し潰れてくれました。
しっかし、この体は不便なことだらけ。
元々体も動かないのに、出来物が至る所に出来、
風邪も引きやすい・・・、白髪も増えてきて、
白髪は関係ないですか・・・(苦笑)

認めたくはないが、やっぱ30歳の年齢は
バカには出来ないんでしょうかね??
やりたいことは沢山あって、
これから仕事も就かなければいけないのに・・・。

最近は、また自分で少しは食事を作るようにしてるから、
野菜とかも通常よりは入れているし、
体力が付くような材料も取り入れてるんだけどね。
上手くいかないもんですね。


まぁ~いいや。
出来物の話に戻りますが、
お尻の部分を手術したら、
全て丸く収まる訳では、当然無いのです。
ってか、出来物なんて、1カ所良くなったら終わりでなく、
多分始まりだと思う(苦笑)
これは経験者は語るってな感じで、
お尻の手術は、一番症状が悪い部分を取っただけ。
出来物の要素は体中に沢山あるんです。
んで今回は左太ももの裏側だったんです。
2日程度で潰れてくれましたが(泣)

それでも今までは1週間近く寝込んだり、
高熱にうなされることはなくなったので、
充分に助かってはいるんですけどね。

参った参った・・・。
やっぱずっと付き合っていくモノみたいですね、
この出来物さんは・・・。
まさに出来レース(上手いこと言った俺(苦笑))ですね。

数日

日記を書かないと、
随分と間が空いたように感じますね。

18日にはモエレ沼公園でイベントがあって、
19日は路上をやってきました。
どちらも台風の影響か、天気が良くなかったけど、
楽しくは歌うことが出来ました。

しかしモエレ沼公園は遠いですね(笑)
麻生からバスに乗って40分近くかかって
やっとのこさ着いたって感じですよ・・・。
まぁ~初めてバスに乗りましたけど、
あれはあれで使えますね。
行き先さえハッキリしていれば、
バスに乗るのも悪くはないです。
もうちょっと面倒かと思ったけど、
車内にスロープがあって、
それを外に引きずりだせば終わりですから、
もしあれが面倒だというなら、バス会社は失格です。
そりゃぁ~時間帯によっては、混むかも知れないから、
若干の面倒さはあるでしょうが、
そこは乗せてくれぃ~と言ってる車椅子側も、
考慮すべきだと思いました。
地下鉄や、JRとは違って、
全て運転手さん1人で対応しなければ
いけないのは、状況によっては厳しいと思います。
まっ電動化すれば良いだけの話だけど、
その予算も考えれば、すぐに出来ないのも頷けます。


さて話は変わり、自分が乗っている車椅子、
良く空気が抜けます・・・(苦笑)
でもパンクしているとかではなく、
ギターとかアンプとか背負わせると、
やっぱ通常よりは早く抜けるようです。
っで、その都度空気を入れてもらうのも面倒だし、
お願いしたりするのも忘れたりします。
かといって自分で空気を入れるのは正直無理(苦笑)

ということで、近くのホーマックへ行き、
電動の空気入れを探しに行きました。
まずは予算を確かめるのと、
実際に手頃なサイズのモノが存在するのかを、
確認しに行きました。っが、実はあまりないらしい。
その中でも無理矢理探してもらって、
「ミニエアーコンプレッサー」↓ を見つけました。

0491.jpg

値段もお手頃で2000円弱。
これは良いモノを見つけたと思って、
購入しようと思った所、家庭用コンセントでは
利用出来ないような注意事項があったので、
一応店員さんに確認すると、
差し込み口が、シガーソケットへ差し込む為、
車からの利用で、車がなければ、
やはり利用は出来ないとのこと・・・。

それはまた不便だなぁ~と思い、
シガーソケットを家庭用コンセントへ
変換する機械はないのか聞くと、
変換コンバータがあるが、1万以上すると言われる(苦笑)
2000円弱の商品を買うのに、
それを使うのに、1万も出すのは納得がいかないので、
一旦保留し帰ってきました。
っで家に帰ってから、ネットで変換器がないか調べたら
ありましたよ~理想通りの安い商品が(笑)
それが「DC-ACコンバータ」↓ です。

bc-12dc.jpg

規格はあってるので、利用出来ると思うんだけど、
これはヨドバシのHPで見つけて、
値段はこちらも2000円弱です。
現在取り寄せ中です。
取り敢えず、これでやっと自分でも空気を入れることが、
出来ると思うから、多分便利にはなるでしょう~。

しかし、こういう電動空気入れというのは
何故に車を持っている人対応なんでしょうね?
車を持ってない人は使うことはないと思うのかね?
もう少し融通が利いても良いのになぁ~と感じました。

Aサーキット2006 ROUND-6

  • ライブ日誌

最近若干ライブレポが多くなってきてる気がする。
良いことですよね~(笑)

先日、18日にモエレ沼公園の
ガラスのピラミッド スペース1にて、
2回目の参加になる、
Aサーキット2006のイベントに参加してきました。

あいにくの雨模様で、しかも場所が遠かったけど、
いつもと違った場所での
ライブってのもいいもんですよね~。

俺はバスの都合で、他の方より遅れて到着しました。
それでも快く受け入れてくれるスタッフや、
参加者のメンバーには感謝しています。

実際に到着すると、結構モエレ沼公園は広くて、
ピラミッドの位置は遠くから分かるけど、
そこに辿り着くまでがやっぱり遠かった(苦笑)

でも昔からピラミッドパワーと言うくらい、
ピラミッドには不思議なパワーが宿ると言われています。
と言うのが本当かどうかは分からんけど(苦笑)
頑張ろう~ってテンションになったのは確かです(笑)

最初に恒例の歌う順番決めがあり、
18日に近い誕生日(日にちだけ)の人を
会場から選ぶことになりました。
んで俺は、受付をしていた海坊主さんにお願いしたら、
何と17日だったため、トップバッターになりました。
基本トップは嫌いじゃないけど、
お客の入りを考えると後半の方が無難だったようです。

さて内容はどうだったかというと、
今回ライブ場所の都合で、大きな音が出せないとの事。
マイクのみの使用は許されていたんですけど、
俺のミニギターでは充分な音が、
生音では厳しい為、本当はダメなんだけど、
無理矢理もう1本のマイクで
音を拾ってもらいながら、歌うことにしました。
まっ、後の反応を聞くと、
対してギターの音は聴こえなかったらしいです(苦笑)

前半・後半で歌うんですが、
前半に決めた曲順などは、意外にも功を奏したようで、
前半の投票率は、そこそこ高かったです。
悲しいことに後半は、俺が歌い出すと、
途端にゾロゾロと、お客さんがいなくなっていきました(泣)
あれは悲しいよね・・・(笑)

でも一番厳しかったのは、投票してもらう瞬間の、
アピールタイムですね(苦笑)
苦肉の策で、モノマネを披露しましたが、
もう外しまくりで、会場中が引いていたなぁ~(苦笑)
ただアピールタイムを結構聞いてくれていたのは
俺だけだったんじゃぁ~ないだろうか?
皆対して話し声が聞こえなかったもんね。
外す覚悟があれば、何でもこいですよ!!(笑)


何はともあれ、結果は3位。
特に結果は求めてないけど、
俺の知り合いで、俺に入れないヤツが1人いました(苦笑)
アレはわざとなのか?
俺が嫌いなのか?(苦笑)
まぁ~いいけど(笑)

取り敢えず楽しかったです。
晴れていたら最高にハッピーな空間だったと思います。


曲目

前半
01.なくしちゃいいけないモノ
02.tear

後半
03.青空へひびくメロディー
04.初秋
05.ありがとう


このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4