2006年11月の記事一覧

My Birthday!!

久々に落ち着いた、誕生日を迎えそうです。

BIRTHDAY_LIVEを、誕生日当日に行うのでなく、
ちょっと前もって土曜日に行ったので、
お客さんは沢山集まってくれたし、
週末にライブやるってのが、心境として気分良かった。

そのかわり、3年振りに落ち着いた三十路を
迎えることになりましたが、これはこれで良いですね。
自分という存在が、生を受けて30回という
区切りが良い年齢まで生きてこられたのは、
やっぱ素敵なことだと思うんです。

生まれ持ってついてきた「病気」を抱えたまま、
普通の人よりは、長くは生きられないような、
勝手なイメージが子供の頃にはありました。

だから、今考えれば親に失礼だけど、
いつ亡くなっても、ここまで生きれたと思えば、
若くして死を迎えても、幸せに思えるのではないか、
と思ったりもしていました。

誤解して欲しくないのは、俺の病気は、
死ぬ病気ではないし、進行型の病気でもない。
個人の勝手な思いこみなんです(子供の頃のね。)。

でも10年・20年・・・そして30年目を迎える今は、
ここまで無事に生きてこられたことに感謝したいし、
更に長く生きてやろうと思っています。

沢山の人が、俺を見守っていてくれる。
それだけで、人が人として生きていきたいと願うことは、
当然の気持ちなんだと思います。
だから昔のような変な気持ちもないし、
夢も・・・いい歳を迎えても、純粋にあるし、
それに向かって、躊躇いもなく進んでいけるし、
ただ単純に、誰よりも生きていたいと思っています。

辛いことがあっても、どん底より下はないはずだから、
あとは這い上がれば良いと思います。
無駄と思えることでも、何かしらの経験になるし、
気持ち一つで、楽しくなると思います。

家族や、恋人、友達、同僚、何よりも俺を応援してくれる人、
大切だと思える人が1人でもいる限り、
これからの人生を前向きに生きていこうと思います。

俺に関わってくれている全ての人に、
改めて感謝の気持ちを伝えつつ、
30歳という1年を素敵な年にしたいと思っています。

結構

面白い職場かも知れないと今日思った(苦笑)
というのも、会社持ちで食事会があって、
そこはそんなに盛り上がらなく、
2時間で終わるから、素直に帰ろうと思ったら、
2次会の費用も少し会社が出してくれたので、
行けるメンバーで、カラオケに行こうと言うことになり、
帰ろうとする俺を無理矢理連れて、7~8人で行きました。

体の疲れも取れていないので、
若干の面倒さが前に出ていて、
とても乗り気ではなかったけど・・・これがヒットした!!(苦笑)

なんだ皆面白いヤツばかりじゃん(苦笑)
人の歌う時に、一斉にチャチャ入れたりして、
盛り上がる盛り上がる(苦笑)
こういうのって、職場だけでは分からないもんだよね。
あんなに嫌々行ったのに、最後にはもう2時間くらいいても
良かったかも??なんて思ったりもしました。

仕事上では、ちょっと頼りない所もあったりするけど、
こういう部分で良い所を見つけられると、
印象は凄く変わるもんですね。

まだ皆、障がい者を前面に押し出す、
人達が少ない部署だから、やって行けそうだったけど、
もっともっと気分的に楽しくなってきて、
長くいたい環境に感じてきました。

俺自身も、まだまだ至らない部分も沢山あるけど、
障がい者が集まる環境として考えるのでなく、
普通の考えを持つ人々が集まる職場として捉えると、
明日からも、頑張って、楽しく働けそうです(笑)

無事に?

950077_1919073893.jpg

BIRTHDAY_LIVEが昨日終わりました。
詳しいレポに関しては後日、
もう少し落ち着いてから書こうと思っています。
それについてはお待ち下さい。

単純に個人的見解を述べると、
やっぱソロの練習不足が目立つのと、
声が思った以上に出てなかったと言うことでしょうか。

まぁ~終わってしまったんで、
言い訳を少しすると、前日までは、
声が絶好調だったんですけど、
当日朝起きると、声がガラガラだったんですよね・・・。
寝不足や、歌いすぎの点で、
絶好調ピーク時を間違ったようです(苦笑)

とは言っても、全て結果論なんで、
今後の自分の活動に、体調管理も本気で
必要だと言うことも踏まえて行きたいと思います。


それでも本当に沢山の人に来て頂いて、
KAZは素直に幸せ者だなと思いました。

改めて、この場でお礼を申し上げます。
ありがとうございましたm(_ _)m

予想していた人数を遥かに上回っていたので、
お店はギュウギュウ状態だったと思います。
あれだけ沢山いると、それだけで暖かくて、
この時期にして汗をかくライブは珍しいかも知れません。

若干の不調はあるものの、
どんどんテンション高くなって、最終的には
ぶっ壊れていたかも知れません(笑)
終わってみれば、精魂尽きた感じで、
気が抜けた感じになっていましたが、
でも楽しく歌わせて頂きました。

アンケート読み返すと、おおよそ楽しかったと
言ってもらえていたので、それだけでも嬉しいですし、
来年も見たいと言ってくれる意見も多く、
これも素直に嬉しかったです。

今回はソロが微妙だった反面、
K-BANDの評価が凄く高かったです。
早くから練習に取り組んだ甲斐もあるし、
アレンジも皆で相談しながらやっていきましたから、
どの曲も良かったという意見が多数でした。
中でも「Answer」が一番評価されていました。

りっちゃんのピアノと、安達さんのギターに、
KAZの歌の、シンプル構成が逆に良かったようで、
アンケートでは大絶賛でした。
歌っていた俺もライブの中で、
一番気持ちよく歌えた1曲でした。

俺的には「音の楽園」と「なくしちゃいけないモノ」の
アレンジも好きで、気持ちよく歌えましたね。

K-BANDの、りっちゃん・あらBomさん・安達さんも、
ご協力本当にありがとうございました。
是非来年もお付き合い下さい(苦笑)

皆さん優しく見守って頂いて感謝しています。
来年も懲りずにライブやりますし、
良い曲も沢山作っていきますので、
これからもKAZを応援してやって下さい。

最後にBlueMoon関係者の皆様、
K-BANDの皆様、
CD作成時のジャケ・キーボード担当のtea様、
ビデオ撮影して頂いた、エバタ様、
そして、何よりも見に来てくれた皆様、
本当に本当にありがとうございました。


追記:今回のケーキを購入してくれた方々は、
    teaさん、りっちゃん、みくさんでした。
    こちらも本当にありがとうございました。

KAZ BIRTHDAY_LIVE Vol.3

  • ライブ日誌

※ 2007/1/7現在の記事です。


振り返るには随分と時間がかかってしまいましたが、
お忙しい中、エバタさんが正月中に頑張って頂き、
先程BIRTHDAY_LIVEのDVDを持ってきてくれました。
本当にありがとうございました。

オープニングやエンディングの編集は、
とっても格好良く作って頂いて、素直に嬉しいです。

改めて見直すと、声が出ていないってのは、
至る所で自分で言ってきましたが、
それ以上に感じてしまったのが、
間違いがえらい感じてしまう・・・(苦笑)
アンケートとか見てもご指摘は多々ありましたが、
ここまであるとは思ってませんでしたね(泣)

ちょっと恥ずかしくなった(汗)

まぁ~でも結果が全てですから、
見てもらった方々の受け止め方だと思わせて下さい。


今回は曲順に失敗感もありました。
「晴れた~」から「青空~」まで、3曲連続で、
爽やかSongじゃぁ~いまいちですな。

後半は結構良かったと思うんだけどね。

BANDになってから、なんか勢いが増した気がします。
アンケート結果も、BANDが良かったと
意見は多数あって、聴いている方には、
安心して聴けたのかも知れませんね(苦笑)

なかでも「Answer」は好評で、
りっちゃんのピアノと、安達さんのアコギと、
KAZのボーカルだけで、シンプル構成でしたが、
すごくしっとりと聴かせることが出来たと思います。
りっちゃん本当にありがとうございました。
安達さんも急遽ギターお願いしてありがとうございました。


まとめてしまうと、色々な意味で準備と心構えが
足りなかったかも知れません。
ただ、終わってみると、皆に楽しかったと言ってもらえたし、
自分も素直に楽しかったし、
今年も無事に終わって良かったというのが感想です。

来年はCD作成するにしても、別日程で組みたいと思います。
あまりにも時間取られすぎたし(苦笑)
一番の反省はそこだろうか・・・。

懲りもせず来年も、BIRTHDAY_LIVEはやります。
是非、沢山の厳しい意見を言う為に来てやって下さい。

本当に皆さんありがとうございました。


曲目
01.Santa Station~白ひげサンタの始発駅~ (オケ)
02.晴れた空の下
03.夏の贈りもの
04.青空へ響くメロディー
05.Two persons' happiness~2人の幸せ~ (オケ)
06.真夜中の訪問者
07.あの頃の夢
08.tear
09.Peace
10.音の楽園 (BAND Ver)
11.Message (BAND Ver)
12.Answer (BAND Ver)
13.in (BAND Ver)
14.Birthday Song (BAND Ver)
15.なくしちゃいけないモノ (BAND Ver)

~Encore~

16.地平線の果て (BAND Ver)
17.ありがとう


Aサーキット2006 ROUND-8

  • ライブ日誌

今頃書くのか?
って話でしょうが・・・ご了承下さい。

今回の参加は、結構個人的に慌ただしい中での
イベントへの参加でした。
BIRTHDAY_LIVEが夜に控えてる中での参加は
無謀のようにも感じたけど、
LIVEの宣伝やCDの宣伝も敢えてしたかったので、
あれはあれで良かったかなぁ~と納得しています。

でもそうは言っても、早く帰りたかったのも事実。
最初に順番を決めるのは分かっていたので、
出来るだけ最初を狙っていました。
それは自分の出番が終われば先に上がっても良いと言うことを
聞いていたので、早めに帰れると思ったんです。

ただね・・・そういうことを考えると、
絶対に上手くいかないのが、俺の人生(苦笑)

8組もいた中で俺は最後でした・・・。
もう全てにガックリきて、素直にイベントを楽しむことに決めました(笑)

でもなぁ~8組はやっぱ多かったな(苦笑)
もう少し少なくても良かったかもね。

最後にまわってきたKAZは、
朝から不調な声をあらわにしてしまったのでした(苦笑)
しゃがれていたなぁ~・・・。
前日までに頑張りすぎたんだろうね。
色々と反省点の多い1日でした。


曲目

01.Message
02.真夜中の訪問者
03.地平線の果て
04.青空へひびくメロディー


すっかり

日記の更新を怠っていますが・・・
結構多忙なんです(苦笑)
CDが着々と進んではいるけど、
なかなか時間がかかってしまって。

簡単に出来そうな曲なんて1つもなくて、
1曲だけに5~6時間は当たり前。
というか、5~6時間で済めばいい方です。

去年の今頃もそうだったけど、
やっと実感がわいてきました。

毎回のことだけど、色々な人に協力してもらいながら
一つのイベントが迎えられるんですよね。
ホント皆さんには、苦労かけっぱなしですけど、
最後までお付き合い頂けたらと思います。

土日で、どこまでCDが進むか分かりませんが、
聴いてもらった人に、良いアルバムと言ってもらえるように、
精一杯頑張って作ろうと思っています。

お楽しみに!!

KAZ BIRTHDAY LIVE
11月25日(土) PM20:00~OPEN PM20:30~START
場所:西区琴似2条3丁目共栄ビル2F BlueMoon
チケット:2500円(1D・CD付)
演奏者:KAZ-Vo・AG K-BAND,Vo・AG-KAZ,Bass-安達秀俊,Keyboard-りっちゃん,Drums-あらBom

KAZの一世一代のライブに来てやって下さいm(_ _)m

だっ大丈夫か?

・・・俺(苦笑)

土日に、あれだけペース良くCD作成に注ぎ込めたのに、
平日はさっぱりパリです。
かと言って、BIRTHDAY_LIVEという一大イベントに、
中途半端になるわけもないので、
バンド練習を含め、かなり時間を注いでいるんですけど、
どうにも時間が足りない・・・して扁桃腺のせいで
すっかり体力が落ちたようだ(苦笑)
今日のバンド練習では、全然声が出ていなかったです。
まぁ~声に関しては、まだ2週間弱あるので、
今から日々声を出していけば、乗り切れるはずだけど、
CDは時間を取らないと、出来ないよ~・・・。

どうやら今週末が最後のチャンスのようです。
でもほぼゴールは見えているんです。
今出来ているのが、3曲で、
歌入れだけが、2曲となっていて、あと数曲残っています。

本当はもうプロモーションに入って、
ちょっとおバカなこともしたいんだけど、時間ないなぁ~(苦笑)
CDTV見たいに、CD発売の映像を流したいんですけどね。
そこにつぎやす時間があれば、CDに没頭するよね。

あぁ~、頑張ります(苦笑)

初雪?

札幌の平野部での話ですけどね。
コンビニへ行く時に外を出たら、
普通に降っていました(苦笑)

あぁ~そういう時期になったかぁ~ともの悲しくもあり、
今年は大通のイルミネーションも
見れないなぁ~と思いつつも、
寒い中通勤が楽で嬉しいとも思うのでした(苦笑)


今週から会社に聴覚に障がいがある方が、
新たに加わりました。
基本的に何かしらの音は感じるようですが、
会話というところでは、聴くと言う事は難しいようです。
ただ口の動きで大体の内容は理解出来るようで、
話す側がきちんと口を動かして話せば会話は成り立ちます。
その方も中途の障がいなので、話す事が出来ます。

意外と明るい方なので、すぐにとけ込んだようなんですけど、
ふと質問をされました。
「普通の会社にいて差別とかはなかった?」と。
最初にあった時に、俺は以前普通の会社で働いていた、
と話してあったので、前の所ではどうだったのか
聞きたかったらしいです。

俺は差別を感じた事はなかったので、
素直に「差別を感じた事はない」と伝えました。

多分こういうことを聞いてくると言う事は、
実際に差別と言わないまでも、イヤな事や
苦しい事があったんだろうなぁ~と話から感じました。

それはあたりだったようで、耳が不自由なことで、
色々あったみたいです。
ここでは書かないけど、悔しかった記憶が蘇ったみたいで、
少し涙を浮かべて話してくれました。

たまたま自分は、働く上では差別やイヤな事も
なかったので、一般会社で働く人の感じる部分は
少ないかも知れません。

でもどんなに時代が変わっても、障がい者に対しての、
偏見や差別や嫌がらせ等は、なくなったりしないのでしょうかね?
ただ人より不自由な部分があるだけで、
仕事は健常者より出来る人もいるかも知れません。
ちょっとした理解とコミュニケーションだけなのだと思う。

そんなに面倒な事ですか?
目が不自由であれば、声をかけてあげればいい。
耳が不自由であれば、近くでメモを書いてあげればいい。
体が不自由であれば、手をかしてあげればいい。
たったそれだけのことですよ。

仕事上の付き合いであれば、その程度で充分助かるんですよ。
もう少し目の前にいる人を対等に、
そして平等に接して欲しいなぁ~と思います。

久し振りに、障がいを持つ事に対しての、
悲しさや空しさを感じてしまったので日記にしました。

でも・・・そう考えると、自分がいた環境は幸せだったのかも知れませんね・・・。

さて話は変わり、やっとですね~CD制作が進んできました。
やっぱ追い込まれてから本領発揮するようです。
この二日間で、2曲完成しました。
後2週間を切りましたからね。頑張らねば。
扁桃腺も良くなったし、声も出るようになりました。
ただひたすら準備をしていくだけです。
待っておれっ、BIRTHDAY_LIVE!!(苦笑)

著作権法違反

寝ていたんですけど、目覚めてしまい、
もう寝れなそうなので、日記を書く事にします(苦笑)

Yahooでこんな記事を見つけました。
「ビートルズ生演奏で著作権法違反、スナック経営者逮捕」

スナックで客の求めに応じて、ビートルズのナンバー数曲を、
ピアニストとかに演奏させていたそうです。
JASRACから再三、利用許諾契約するように
求められていたようなんだけど、どうやら無視していたようで、
そのため結局、経営者が逮捕されたようです。

確かにどんな作品にも著作権が必要だと思うし、
それが制度としてあるからこそ、
守られるべきものが、正しく守られると思うんですけど、
にしても若干厳しすぎるのではないでしょうか?

これは制度否定ではないですよ(苦笑)

販売物に関しての、著作権違反なら分かるけど、
お店とかで音楽を流したり、演奏者がカバーをするくらい、
誰も儲けていないでしょ?
逆に曲の良さに再認識して、CD購入に繋がるかも
知れないと何で思わないかなぁ~。
すぐCD購入に繋がるとも断言は出来ないけど、
それでもスナックの経営者逮捕するよりは、
海賊版や、アングラサイトでネット販売している
ヤツをとっ捕まえた方が断然有効だと思うよ。


なんか記事を読んで、もっと他にタイ~ホする
人間は沢山いると思って、書いてしまいました。

ちなみに俺の扁桃腺は少し良くなったようです。

全然

体調が良くならなく、今日は休んでしまいました。
それで夕方に少し動けそうだったんで、
病院へ行くと、扁桃腺が腫れているんだそうです。
ふ~んと思って聞いていたが、風邪とどう違うのか?
良くわからんのです。
かといって説明を聞くのもしんどいので、
敢えて聞かなかったです。

ふと疑問ですが・・・風邪と扁桃腺の腫れとは、
意味が違うの?同じじゃぁ~ないの??(苦笑)

喉はメッチャ痛くて、鼻水・鼻づまり、
咳に痰が詰まる症状、熱もある・・・。
これは風邪でしょ?(笑)

ってか風邪と思いこみたいのかも。
扁桃腺が腫れると、治るまで時間がかかると
誰かに聞いた事があるんですよ。
このままじゃぁ~BIRTHDAY_LIVEに
何もかもが間に合わないではないかぁ~!!
と思っているので、風邪であって欲しいのです(汗)

でも3日程、点滴するから通いなさいと言われたし、
やっぱ風邪の時の対応と違うから、
これは扁桃腺が腫れているというのが本当なんでしょうね。

もう~自分の体がイヤだぁ~~~(泣)
何も12月になったら、痛めてくれても良いのに、
今時期は勘弁してよ~・・・。
誰か他に良い対処法があれば教えて下さ~い(苦笑)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4