2006年12月の記事一覧

大晦日

なんだけど・・・どうにも実感がないなぁ~(苦笑)
そこそこ忙しかったからでしょうかね?
まっ良いことなんだろうけど。

一応今年は今日で終わりなので、
少しばかり1年を振り返ってみようと思います。

まずは1月に今は休止していますが、
インターネットラジオ「気ままにMylife」をSTART。
1月に久し振りにUP予定です。
お楽しみに。

同1月、Bluemoonのオーナー安達さんとの、
「佐々丘兄弟」のユニットを結成。こちらも休止中(苦笑)

4月に路上再開。9月一杯まで行う。
今年はRYOさん以外にも路上を
手伝ってくれる人も増えて、楽しくできたと思っています。
RYOさん、王子、しょこたん、やまちゃん、本当にありがとう。
来年も宜しくです。

あと路上では沢山の人に出会いました。
CDも改めて増盤して、50枚中40枚は売れました。
初期の頃と合わせると、多分120枚以上は売ってると思います。

本当は6月に手術の予定だったので、
5月に仕事を退職します。
少しの期間生活保護を受けて生活する。

7月にお尻の出来物を除去する為、
2週間の入院で手術する。

退院後、8月にAサーキットに参加。
道庁赤レンガ前で路上も行う。

この頃から、イベント参加に積極的になる。

9月にJサーキットで初めて歌わせてもらう。
イトーヨーカドーでもライブを行う。

10月には、小樽短期大学、ウイングベイ小樽等で歌う。
同時に印刷関係の職に就く。
11月のバースデイライブの為のバンド練習もSTART。
ここら辺から結構多忙になる。

合間を縫って、11月から3rd_CD作成。
寝不足の日々を堪え、30人近くに見守られながら、
無事にバースデイライブを乗り切り、CD発売にこぎつける。

12月にはウイングベイ小樽で見てくれた方より、
福祉施設でのクリスマスイベントにオファーもらう。


こうやって見直すと、仕事をしていない期間もあるので、
音楽ばっかりの話題ですが、
福祉の内容にも若干意識を置くようになったし、
印刷関係の仕事も面白いし、
新たに出会った人も沢山いて、それなりに充実した、
1年だったのは間違いないと思います。

毎年思うけど、人との出会いは本当に面白いよね。
普通の生活では出会わない関係でも、
音楽を通じて仲良くなったりするから、
音楽の偉大さを改めて感じてしまいます。

安易な言葉だけど、KAZを応援してくれた皆さん、
仲良くしてくれた皆様、CD買ってくれた皆様、
本当にありがとうございました。
来年も宜しくお願いします。

来年も、音楽は頑張っていくし、
来年こそ音楽会社にCDを送っていこうと思います。
イベントとかも、今年以上に積極的に参加していこうと思うし、
福祉関係からのオファーもどんどん呼んで欲しいと思います。


暗いニュースも沢山続いたけど、
来年は皆さんにとって、幸せな1年でありますように。

See You Next Year!!

今年の

お仕事終了です。
7月に手術などもあり、4ヶ月近く無職でしたが、
10月から仕事が始まって、
分からない事も沢山ありました。
まぁ~色々聞きながら、なんとかこなしていったと思います。
来年以降も、まだまだ覚えることも多そうだけど、
楽しく働けたらいいなぁ~。

今日は職場の大忘年会があったけど、
大体はいつものメンバーで固まっていたけど、
それでも他のメンバーとも話せて、
今後に繋がりそうです。

でも結構疲れました(苦笑)

思いのほか

DSのマリオにはまっている自分が微妙(苦笑)
やっぱ年代が年代なので、2Dの世界観が好きなんですな。
まぁ~それだけ心に余裕があると言うことでしょう。

明日で年内の仕事は終了です。
多分掃除して、後は大忘年会へ移行すると思われます(笑)
なんか激しそうだなぁ~。
噂では昨年は朝まで徹麻(徹夜で麻雀)をやっていたらしい・・・。
さすがの俺も、それに付き合う気にはなれない。
というよりか、徹麻をやるという話が凄い(苦笑)
それも利用者ではなく、職員らしい。

でも入社後、初の忘年会だから、
風邪の体調が良ければ、結構遅くまでいようと思っています。

そうまだ風邪が完全には治ってないのですよ。
前回の日記よりは良くなっているけどね。
何となく体が弱ってるなぁ~。
もうちょっと食事に気を付けたいけど、
仕事帰ってきてからご飯作る気にならないし、
そもそも疲れているし、横になってしまうんだよね~。

体力を付けたい今日この頃です・・・。

さて寝ますか。

風邪が

  • かなしい事

治らん・・・(苦笑)
今日も早めに寝ます(^_^;)

Merry Christmas!!

と言いたいところですが、
風邪引いたようで、夜になると具合が悪くなります。
体調悪ければ休みたいところだけど、
明日は電動車椅子を受給する為の
判定を受けに行くんですよ・・・。
めっちゃ大雪だったし、明日どうやってもタクシーでしか、
行けなさそうだから、残念だなぁ~。

そんな中でも、昨日は彼女とお互いプレゼントを
あげあうので久し振りに街中に行ってきました。
俺は腕時計を買ってあげて、
彼女からはニンテンドーDSとZippoを買ってもらいました。
DS欲しかったから、素直に嬉しかったな~♪

早速、DS仲間のRYOさんを呼んで、
今日は対戦していました(笑)
対戦すると、随分ゲームやってなくても、
ゲームやり始めるとはまりますね(苦笑)

英語漬けも買って、少し勉強しようかと(笑)

でも最近のモバイルゲーム機は、
性能が良いですね。
画像がすげぇ~綺麗なんで、
ドラクエⅨが楽しみです(笑)

さて、明石家サンタ見て見て寝ます。
起きてられたらですが・・・。

どうにも

  • かなしい事

訃報が多いですね今日は。
青島幸男、岸田今日子、カンニングの中島忠幸、
そして偶然、今日少し前に後輩が亡くなっていたのを知った。
そんなに交流はなかったけど、
そういうの聞くと、やっぱ切なくなるよね。
ご冥福をお祈りします。


今年も、もうすぐ終わりますねぇ。
毎年言ってるけど、あっという間だな(苦笑)
こうやってどんどん年を重ねていくのね・・・。

出来物の関係で手術をした以外は、
そんなに悪いことはなかったような気がする。
去年が色々あり過ぎたからね。
それに比べたら、自分の手術くらいは対したことないな(笑)
来年も楽しくありますように。


あぁ~あと年賀状作らなきゃ・・・。
年々、減ってるんだってよ。
メールで挨拶を済ませる人が多くなってきているそうな。
でも味気ないよなぁ~。
一時期、俺もやってたけど、年賀状もらうと嬉しかったりするよね。
その嬉しさを味わいたいので、
今年も素直に送りますので、お待ちあれ。

実は

昨日の出張ライブには続きがあって、
ライブ終わった後に、琴似に戻ってきて、
びっくりドンキーで飯を食べていたんですよ。

多分3時間くらいいたと思うけど、
ちょっと遠くの席でイライラしている人がいました。
どうやら注文しているモノがきていないとのこと。
それでも俺等は関係ないから、
いつも通り話していたら、

ドーンッ!!

ふと横を見ると、40代の男性が
顔真っ赤にしてキレていました(苦笑)

「こっちは30分も前からビール頼んでいるんぞぉ~
こるぁ~~~~!!!!!」

みたいな感じ(苦笑)

早速店長が出てきて、遠くから見てるぶんには謝ってる模様。
アレで店長もキレていたら、ちょっと面白かったかも(汗)

でもどうにも怒りが収まらない40代。
テーブルを叩くわ、唾を飛ばすわ、
水を店長にぶっかけるわ、やりたい放題・・・。
終いには、意味なく財布から金ばらまいて、
「俺はなぁ~違う店でも、100万取ったこともあるんだぁ~!!!!」
とよく分からない自慢(苦笑)

ばらまいた金は、店長が拾って、
仲間の客に渡すと、多分財布にしまっていたと思う(苦笑)

結局収拾がつかなくなり、警察を呼んで外に出て行きました。
RYOさん曰く、呼ぶのが遅いとのこと(笑)

何となく居心地が悪くなったので、
店を出ると、外では警官5人くらいいました(苦笑)
1人の暴れ馬に5人も必要か不思議だったが、
寒くなければ、結末を見たかったなぁ~(笑)

しっかし飯喰ってるところで、キレるのはやめてほしいもんだ(苦笑)

出張ライブ

  • ライブ日誌

意外にも初なんですよね~。
前回も書いたとおり、ウイングベイ小樽で
歌った時に、偶然見てくれた方々より、
デイサービスのクリスマス会があるので、
歌いに来ませんか??という依頼がありました。

快くOKしたものの、1人で行くには季節的に厳しいので、
ジャーマネ2号のRYOさんにお願いして、
一緒に澄川の方へ行ってきました。

時間の関係で遅れて到着しまして、
既にフルートの演奏が始まっていました。
一瞬圧倒されていたんですけど、
すぐに出番がやってきて、
クリスマスに合う曲で持ち曲の
「Santa Station~白ひげサンタの始発駅~」を歌って、
後は「きよしこの夜」を皆さん交えて歌わせて頂きました。
まぁ~もうちっと歌ってみたかったけど、
アットホームな雰囲気で、素直に楽しかったです。

その後も、紙芝居の人や、ピアノ演奏、ハンドベル演奏など、
あっという間の時間でしたね。

なんか人前で歌うようになって、
こうやって施設などで歌うのは初めてだったんですけど、
思ったよりもアリだなと(苦笑)
最近、障がいのある人達との仕事をしていることもあるんだろうけど、
妙な固定概念があったと思うんです。
でも少しでも、こういう繋がりも大事なのでは?
と思い返すいいきっかけになりました。

クリスマス会が終わると、数人の方に声をかけて頂き、
CDを購入してくれたり、自分の施設でも歌って欲しいなどの、
お話を頂きました。
呼んで頂ければ、どこへでも駆け付けたいと思います。
どこでどう繋がって、どう化けていくか分からない人生です。
もしかしたら思わぬ朗報が飛び込んでくるかも知れません。
1つ1つの出会いを大切に、大事にしていけたらと思っています。

どんどんお声をかけて下さ~い♪


曲目
01.Santa Station~白ひげサンタの始発駅~
02.きよしこの夜


追記:ジャーマネ2号のはずのRYOさんにも
    急遽参加してもらいました(苦笑)
    RYOさんありがとうございました。

20061217145532.jpg

    逆襲投稿待ってます!!(苦笑)

きょうの猫村さん

ってマンガ知ってます?
猫の猫村さんというキャラクターが家政婦で、
犬神家に働きに行って、
色々と犬神家の内情を知っていくというシュールなマンガです。

シュールすぎて面白いです。
やっぱり猫だから、興奮したりすると、
段ボールで爪を研いじゃうし、
エプロンの結びは縦結びだし、
近所に猫村さんにライバル視している人もいるし、
どうにも不思議ワールド満載なんだけど、
読んだ方は引き込まれていくと思いますよ。

イラストは鉛筆画のラフ画だし、
アレで本として成立するから余計に不思議だ(苦笑)

今は漫画本として2冊出ていますが、
ネットで毎日1コマづつ配信されています。
是非1度読んでみて下さい。面白いと思いますよ。

HP→「猫村jp

現実とは

  • かなしい事

何だろうって思ってしまう。

ある知人の障がいを持つ女の子のBlogを読んで思った。

彼氏の両親に
「結婚するなら、俺達を殺してからしろ」
と宣告されたらしい・・・。

その上、通勤の為に地下鉄やJRに朝から、
乗ろうとして駅員に断られた事さえも、
「当然だ」との一言・・・。

障がい者というだけで、
全てを否定され、生きていく為の想いさえ否定され、
どこまで否定されていけばいいのだろう。
この世に存在したこと自体が間違っているとでも、
その彼の両親は言うのでしょうか?

確かに・・・言葉の内容は決して許されるモノではないけど、
相手の言いたいことも分からなくはない・・・。
逆の立場で、障がい者に対して知識もなく、
自分が親であったとしたら、反対はしているかも知れない。
ただ残酷は言い方はしない。絶対しない。
人間として最低だと思うから。

だから彼の両親に対しては、ハッキリ言って、腐ってるわ。
心が腐っている、そう感じます。
もしその彼がこの日記を読んで不快に感じても、
これに関しては俺は謝る気はない。

だって同じ人間なのではないですか?
身体や知能や精神に少しでも、
他の人と違うだけで、俺達は「人間」として扱ってもらえないのですか?
そこまで不必要な存在ですか?

久々に本気でむかついた内容でした。

どうしてそこまで残酷な言葉を発せられるのだろう。
万が一・・・万が一に思っていたとしても、
モノには限度があって、言って良い言葉と
言って悪い言葉がある・・・そんなの子供だって、
ある程度は理解している。
それを大の大人が、簡単に発しても良いのだろうか。
偏見だけで、差別をしていいのですか?

そんなはずではない。
人間である以上、否定されていい存在なんて1つもない。
少なくとも、生まれて喜んでいる人もいるんです。
本人はもちろん、そういう人達の気持ちを踏みにじってまで、
とやかく言われる筋合いは全くない。
今まで、この年まで、人より沢山苦労して、生きてきたんですよ。
なんで赤の他人に否定をされなきゃいけないんだか、
理解に苦しむよ・・・。

俺の前で、そういう発言したら、間違いなく、

「殺すよ」

「絶対に殺す」

それくらい、言葉1つが重いんだ・・・。
心が傷つくんだ・・・。
守らなきゃいけない、自分でさえ否定して死にたくなるんだ・・・。

頼むから偏見の目で見るのはやめてくれ。
会ってもいないのに、目を見てもいないのに、
話してもいないのに、避けないでくれ。

障がい者全てを知って欲しいとは言わない。
でも近くにいる人、近くに来ようとしている人については
少しずつで良いから、近寄って欲しいと願っています・・・。

多分・・・ここまで重たい日記は初めてだと思います。
自分のことではないけど・・・かなりショッキングな内容だったし、
完全に他人事には感じられなかったんです。

この日記を読んでくれている人については、
現状を知って欲しいのと、何か1つでも気付いてもらえたらと。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4