2007年3月の記事一覧

あぁ~勘違い(苦笑)

昨日、母親の誕生日だと思って、
土産片手に仕事終わって実家に戻れば、
「明日だよ」と言われ沈没(苦笑)
まぁ~仕方ないから普通に食事をもらって、
遅くに帰ってきましたとさ。

んで肝心の今日はと言うと、
姉も集まるらしいので、2日連続で実家に帰るのであった(笑)
姉の噂の彼氏も見れそうだし、
それはそれで楽しみなんだけど・・・。
今日もなんか買っていかないと、
やっぱダメだろうか?(苦笑)良いんですけどね。
でも元気そうで良かったです。

姉は毎年お祝いしてあげてるそうだけど、
俺が自主的に参加するのは初めてではないだろうか?(汗)
悪い意味でなく、家族に興味を持ち始めたようです(苦笑)
だって周りには、突然両親が亡くなったりしているんですよ。
一緒に住めないにしろ、
もう少し顔を見せる必要があるなぁ~と思うのです。
顔を見せるだけで、喜んでくれるのであれば、
やっぱ定期的には見せてあげるのが、
子供の役目でしょうね。

何はともあれ、皆さんも両親や家族を大事にしましょう~。
と言うわけで、これから実家に向かいたいと思います。

すこしずつではありますが、

新聞に載った反響があるようです。
掲示板に登場したマサ兄さんの「にこにこ新聞」や、
Picknic-バリアフリー情報ポータルサイト」にも、
KAZのHPが誰かの薦めでLINKを張られていました。
でも多分、どちらも札幌ではなさそう(苦笑)
そう考えると、ネットの存在は相変わらず凄いし
情報が流れるのも早いです。

アクセスもやっぱ少しは多かったです。
平均は40~50位だと思うんだけど、
100~120位は、ここ2日間はあったと思います。
単純にメディア万歳ですね(苦笑)

いえいえ・・・全て皆さんの応援のおかげだと思います。
道新の記者さんにも本当に感謝しています。
これからも応援してやって下さい。


あっ!?そういえば・・・。
今日の夕方のNHKを見ていた人はいるだろうか?
KAZちょっと映りました(苦笑)

理由は簡単です。
わが会社に昨日、上田文雄市長が訪れまして、
仕事の説明や、俺は作ってもいない千羽鶴を渡したのでした(苦笑)
それに伴って、NHKとHBCのカメラがありました。
道新も来ていたので、2日間連続で紙面に映らないか、
ちょっとだけ期待していましたが・・・
世の中は、そんなに甘いもんではありませんでした(笑)

政治パフォーマンスは結構だけど、
いかにも福祉に力を入れてますの顔はどうなの?
って思ったし、しかも意外と無愛想なのね(笑)
カメラ回っているから、いい顔すると思ってたら、
そこは妙に普通で笑えました。

まぁ~分かり切ったパフォーマンスに
今更反論するのも間違っているんでしょうが、
なんとなく突っ込みを入れたくなるのもご了承下さい(苦笑)
取り敢えず、もうやめときます(汗)苦情来てもやだし(笑)


明日は母親の60歳の誕生日です。
還暦という言葉を使う年なんですね。
まぁ~元気になってくれて素直に喜んでいます。
お祝いをしてあげれたらと思っています。


さて寝るか・・・。
明日は朝早くから、民主党市議会議員の告示日らしく、
西区に住んでいる人は集められるようです(汗)

音楽に壁はない

今日新聞に掲載された、サブタイトルです。

早速朝チェックしたんですけど、
いきなりビックリですよ。
あれだけ大きく取り扱って頂けるとは
思っても見ませんでした。

やっぱ素直に嬉しいですよね~新聞に載るって。

どういう事でも良いです。
車椅子に乗っているから、
面白そうだから、歌が良かったからなど、
KAZという存在に興味を持ってくれたらと思います。

新聞を見て興味を持ってくれた方、
どうぞよろしくです!!(笑)

今回取材をして頂いた記者さん、
本当にありがとうございました。


画像は↓

新聞記事

道新のLINKは↓

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20070328&j=0019&k=200703286282


3/30追記 記事UPします。
       記事内容の著作権は北海道新聞にあります。
       写真はいいよね??(苦笑)

いざ"路上"へ 
車いすミュージシャン「KAZ」さん 17日から狸小路でライブ再開

20070328.200703286282.jpg

「春」を待ちわびるミュージシャンがいる。雪が解け、暖かくなると、大好きな路上ライブができる。「KAZ(カズ)」こと、熊野宏和さん(30)=札幌市西区=。生まれつきの病気で、車いすの生活を送る。人を励ますような前向きな曲が好きだ。春の訪れとともに、元気のわく歌を、札幌の街へ届けに、外に出る。

 十七日昼、休日でにぎわうJR札幌駅の東コンコースに、熊野さんの伸びやかな歌声が響いた。

 「安いギターでも 思い切りならせ 心に届くはずさ 下手でもいいさ 今の自分を 見せつけてやれ」

 地元アーティストに開放しているJRタワーのステージへの出演資格をかけた公開オーディション。ノリが良く、ファンに評判のいい自作の「メッセージ」など二曲を歌い、見事合格した。

 熊野さんがギターを始めたのは二十歳のころ。高等養護学校を卒業後、何もしていなかった時期だった。幼いころから好きだった音楽に挑戦しようと、自分で抱えられる一回り小さいギターと、好きな日本のアーティストの楽譜を手に入れた。

 手足の関節の筋肉が収縮したまま伸びない「先天性多発性関節拘縮症」で、体を思うように動かせない。最初、普通の弾き方通り、左手の指を下から回し弦を押さえようとしたが、うまくできなかった。悪戦苦闘の末、ある時、上から押さえればいいことに気付いた。一年がかりで福山雅治の「遠くへ」をマスターした。

 弾けるようになると、「むちゃくちゃ楽しかった」。朝から晩まで練習し、作詞作曲も手掛けるようになった。今も押さえられないコードがある。だが、「そのコードを使わず、曲を作ればいい」。明るく前向きに、音楽と付き合っている。

 二○○○年から一人暮らしを始めた。いまは西区の印刷会社で働きながら、音楽活動を続ける。

 人前で歌い始めたのは三年前。当時の同僚の路上ライブを見て、かっこいいと思った。大型連休中の大通公園に行き、思い切って歌い出した。「車いすが珍しいからか、結構聞いてもらえた」。間もなく狸小路の三丁目に立つようになった。

 今年の路上ライブは四月十七日から再開する。毎週火曜日の夜八時半から一時間半程度。「分かりやすい曲を、一人でも聞いてくれる人がいれば歌いたい」と考える熊野さんにとって、路上は格好のステージだ。

 ほかの路上ミュージシャンは随分若い。自分はこれでよいのか考えたが、気が済むまでは続けるつもりだ。それも、「ジャーマネ」(マネジャーの意味)と冗談交じりに呼ぶ友人のサポートがあってこそという。

 「メッセージ」はどんなに下手であいまいな言葉でも、自分の気持ちを素直に伝えようという思いを込めて作った。

 「全(すべ)ての出来事が 上手(うま)くいくとは思わないけど 運命だというなら 変えてやるさ」

 「音楽に壁はない」。そう確信している熊野さんの夢は、一曲でいいからヒットを出すことだ。曲やライブの日程を紹介している熊野さんのホームページはhttp://kaz-sing.com/(細川智子)

<写真:JR札幌駅の東コンコースで自作の曲を歌う熊野さん。前向きで明るいメッセージのこもった歌声に、多くの人が足を止めた=17日>

明日の朝刊

を見て下さい!!
KAZが北海道新聞に載ります。
いやぁ~楽しみですね~。

どういう内容かは、読まないと分からないんですけど、
それでも音楽をやっているKAZに興味を持って頂き、
取材して頂いたことは、素直に嬉しいんですよ。
こういう機会は、そうそう与えてもらえるものではないですよね。
今回のことで新たなチャンスがもらえたらと思っていますし、
それがなかったとしても、
変わらずKAZは今まで通り、
皆さんに喜んでもらえるように、
そして自分自身も楽しんでいけるように頑張っていきます!!

これからもよろしくです!!

もう

  • かなしい事

また胃痛に苦しんでましたよ(汗)
昨夜の話ですけど、遅い晩飯を食べて、
それから1時間後くらいでしょうかね?

いきなりギューっと締め付けが始まり、
キリキリ、キリキリと胃を痛めつけてきました。

まず胃痛になった時のKAZの対処は、
最初は気のせいだとごまかす(苦笑)
次にダメなら、体の向きを色々な方向へ変える、
それでもダメなら、胃痛薬を飲む、
本来はここで大体は治まるはずなんですが、
今回はどうやってもダメで・・・。

仕方ないから、吐くことにしました。
以前吐いたら楽になったので、
多分それで治まるであろうと思ったのです。

だもんで、胃をとことん押し込み、
チャレンジするも失敗(苦笑)
結局割り箸で、喉の奥に突っ込みを入れると、
速攻でした(泣)
出るわ出るわ・・・洗面器の3分の1は出たと思う。
さすがに胃は楽になりました(苦笑)

でもモヤモヤは消えず、体力はすっかり落ちて、
次の朝起きて、体調も悪かったし、
病院にも行きたかったので、仕事は休みました。
一応、胃炎ではないか?
と言われ、胃痛が続くようであれば、
また胃カメラを飲んでみましょうと言われました(汗)
結構強い薬のようで、すっかり胃は良くなったと思う。
多分・・・(汗)

まぁ~不安があるので、
消化に良い「うどん」をメインに食べています。
あとはおじやとか食べるようにしています。


なんかさぁ~ここ2~3日は、
食べ過ぎてもないと思うし、
最近機嫌が良いから、ストレスもないのよ。
悪いことだけが、ストレスじゃないってネットで見たけど、
胃痛になる要因が思いつかないから、
素直に胃炎で納得しておくべきか?(苦笑)

取り敢えず、本当に辛いよね胃痛って・・・。

名刺

机の上に乱雑に置かれている、
名刺を見て、気分転換に片づけていたら、
54枚もありました。

特に自分から渡す機会は、
そんなになかったのに、気付けば
そんなにもらっていたんですねぇ~。
歌い始めた当初は、よく配って歩いてましたが、
意味なく配ってもダメだと思いやめたんですけど、
所々で渡さないのも、どうなんだろうと思ってました。

仕事に関しては、自分にも名刺を作ってもらい、
それはそれで嬉しかったんですよね。

またKAZ用に名刺を作ってみようかと思いました。
会社に頼んだら安く作ってくれるだろうか?(苦笑)
印刷会社だし、社員割引はあるよね?

でも自分で作った方が安いかな?(汗)
確か以前、用紙は買った気がする・・・。
探してみようと思います。

個人的に名刺って、結構好きなんですよね。
仕事面で言えば、ちゃんと俺という存在が、
そこで働いているんですよって言う証明でしょ?
大袈裟に聞こえそうだけど、
今まではコールセンターだったし、
特に直で人に会いに行く事ってなかったし、
だから今の会社で名刺をもらった時は素直に嬉しかったもんです。
調子に乗って、彼女にも一枚あげたしね(苦笑)

肩書きに恥じない人間になりたいですね。
仕事も、音楽もね。


ちなみにもらったジャンルは、
一番は福祉関係が多かったです。
あとは音楽関係や、マスコミや、お店など様々です。
会社に行けば、仕事関係もあるとは思うけど、
持って帰ってこないしね(苦笑)
あぁ~あと、どうしても思い出せない人も沢山いました(汗)
ダメじゃん俺(苦笑)

取材

受けてきましたぁ~。
当初、何を伝えようかなど、
姑息に色々考えていましたが、無駄でした(笑)

記者さんが、気さくで話しやすく、
感じの良い方でいたので、取材と言うよりは、
お話をしていたという感じです(笑)

緊張もなくて、素のKAZが出せたんじゃぁ~ないですかね。
音楽をやり始めたきっかけや、
KAZの音楽のコンセプトや、路上の楽しさ、
どこらへんでライブやってるかとか、
たっぷり話してきたと思います。

全てが全て、掲載されるとは思いませんが、
少しでもKAZを、新聞を読んで分かってもらえる
内容だったら嬉しいですね。

そして新聞をきっかけに、
KAZを沢山の人に知ってもらえたら本当に嬉しいです。

選挙の関係で、掲載日は未定ですが、
早ければ来週には載るかもとのことです。

是非皆さんで、道新と契約しよう(苦笑)
いや・・・すいません、それは自由です(汗)

とっ取り敢えず、新聞のチェックを宜しく!!
予定が分かったら、またUPしま~す。

統一地方選、START?

何か明日の、ワイドショーは、
それ一色に染まりそうですね。

にしても、東京の都知事選は注目度が高いですな。
して、パフォーマンス合戦と言うところでしょうか?

しかし・・・ドクター中松と、桜金蔵はいるか?(苦笑)
単なる冷やかしなら辞めた方が良いと思う(汗)

まぁ~それはさておいて、
やっぱり石原さんと、浅野さんの一騎打ちですかね。
それでも多分石原さんが強いと思う。
なんか間近で見た、浅野さんに期待しています。


ってか、北海道を注目しないとダメですね(苦笑)
北海道では、
現職知事の自民・公明党推薦の高橋はるみさん、
民主党・社民党・新党大地推薦の荒井聡さん、
共産党推薦の宮内聡さんの3人が立候補しましたが、
名前が紛らわしい宮内さんを省いて(苦笑)、
高橋さんと、荒井さんの一騎打ちでしょう。

テレビのニュースを見てたら、
高橋さんの応援に、中川幹事長や、武部さんなどが
いましたが、相変わらず武部さんはバカっぽいですね(汗)
応援の仕方が、元ライブドアの
堀江氏の応援の時のように変な応援でした(笑)
「春だぁ~はるみだぁ~高橋だぁ~」だって(苦笑)
そんなことでしか、アピール出来ないのかい?
と説いてみたい・・・。
まぁ~多分テレビが勝手に編集しただけなんだろうけど、
それにしたって、そこら辺しか扱ってもらえない程、
対して立派な演説ではなかったのでしょう。

なんか北海道という大きな自治体を
任せる人を選ぶ為の選挙なのに、
顔が知れた人を前面に出して、
アピールするなら本当に伝えたい政策とかは
伝わりにくくなるんじゃぁ~ないかな?

マニフェスト元年と言われているようですが、
言葉だけが先行して、難しいご託を並べて、
発信していったって、結局分かりづらいんですよね。
敢えて難しい言葉や、表現を避けるように、
選挙って出来ないんでしょうかね?
そういう気配りというか、考えを持って、
誰にでも自分の政策を聞いてもらいたいなら、
少しは発想を変えるべきだと思う。
選挙って興味を持ってもらって、なんぼでしょ?
ただ興味だけあっても困りますがね(苦笑)

まぁ~景気が悪いと言われている北海道を
良くしてやって欲しいと思います。

取り敢えず投票に行きましょう~!!

Hey

  • 音楽ネタ

今KAZは、いつもお世話になっている
BlueMoonと共同で、CDを作りたいと言っている人の、
CD制作の協力をしています。

それの為のお仕事を、今日はずっとしていました。
相変わらずギリギリになってからの、
手をつけるところは、どうにも頂けない感じですが、
でも結構良い感じに仕上がると思います。

今回はちょっと宣伝をしてあげようと言うことで、
Blogを書かせて頂きました。
まぁ~興味を持った方は、是非CDを買ってあげて下さいな。

発売日は4月6日(金)
マンスリーライブで発売します。

中山貴士
OFFICIAL SITE
http://hp.kutikomi.net/nakashi-room/

ジャケ前

ジャケ前1.jpg

ジャケ裏

ジャケ裏1.jpg

でも彼は、良くHPのアドレスを変えるんだ(苦笑)
今後は変えないようにしてもらわないと、
CDジャケに記載している以上、
もうちょっと意識を持って欲しいもんだと思う。

ってか、何で俺が宣伝してあげているんだろう?(苦笑)
まぁ~いいか・・・頑張って。

思わぬ朗報

先日オーディションを受けた、
パフォーマーケットを、北海道新聞の方が見ていたようで、
KAZに取材させて欲しいと連絡があったんです。

実際には、取材はもっと後でしょうが、
取材してもらえて、新聞に載ることになるとは、
嬉しい限りですよね~。
犯罪をしてなくても載れるんですね(苦笑)

本来は、ライセンスさえもらえれば充分だったのに、
特別賞もらっちゃうし、
新聞に取り上げてもらえる機会があるのは、
色々頑張ってきて、イベントに積極的に参加してきた
結果なんじゃぁ~ないでしょうか。

まぁ~これで調子に乗るつもりは毛頭ないですけど、
ツキが回ってきている様な気がします。
今結構攻めの展開するべきですよね?
どんどん今年は飛ばしていきますよ!!

詳細が分かり次第HPにてUPしますので、
今しばらくお待ち下さ~い!!

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4