2007年9月の記事一覧

BlueMoon6周年記念ライブ第3夜

  • ライブ日誌

昨日に続き、2夜連続での参加です。
今回はKAZバンドとしての参加なので、
曲数は少ないですけど、
それでも約1年ぶりなので、
楽しみな1日でもありました。

最初はhinaちゃんのソロから始まって
相変わらずの水のコーナーもあったし、
新曲も披露していました。

次にKAZバンドです。
練習時間は少なかったけど、
もう皆さん音楽家だから、全然大丈夫でしたよ。
MessageのRIKOさんのソロも終わると、
拍手も起きるし、
良い雰囲気のまま終わることが出来ました。
皆さんお疲れ様でした。

次はKバンドです(ボーカルはかり省さん)。
浜省をカバーされていて、
俺としては路地裏の少年が、
メッチャ格好良かったです。

次にRUMIさん率いる天然ずバンドです。
何と言っても、MC最高でした(笑)
天然のネタは、誰にも勝てませんね(汗)
ふりかけと胃薬は、絶対にRUMIさんしか出来ません(笑)

最後に安達さんです。
途中にギャグ大好きの瀬川さんが、
ギターとマンドリンでサポート入ってましたが、
なまら格好良かったです。


6年って期間は短いようで長いです。
色々と歌い手にとって
歌いやすい環境を、いつも提供して頂いて、
感謝しております。
これからもよろしくお願いします。



曲目
01.Message
02.in
03.なくしちゃいけないモノ


BlueMoon6周年記念ライブ第2夜

  • ライブ日誌

初日には参加できなかったものの、
第2夜には参加できまして、
楽しく歌わせて頂きました。

6年の間に、KAZとしては
4年以上もお世話になっております。
思い起こせば、佐々木よしかずさん
(以下よっし~)とのユニットで歌わせて
もらったのがきっかけなんですよね。
あの頃は、対してお客さんや、
安達さんとも話さずにいて、
寡黙的なイメージで通っていたようですが、
今じゃぁ~なんでもアリなキャラで
定着したようです(苦笑)

それ以来、色々とライブに関する
ご指導なども沢山頂きまして、
MCくらいは出来るようになったかな?と思ってます。
本当にお世話になってありがとうございます。


さてLIVEはどうだったかというと、
STEVENの「春の歌」の
「鼻から鼻水、じょわ~じょわ~」が
一向に頭から離れず、正直やられたぁ~と
思う素晴らしい楽曲でした(苦笑)

NOPANさんも、いつもよりも多く歌って楽しそうだったし、
ENちゃんも、歌自体が上手いから、
結構引き込まれるように見ていましたよ。
RUMIさんも面白かったし、ピアノセッションも良かったし、
安達さんもRIKOさんとのセッションはかっこよかったし、
良いライブだったと思います。


KAZとしては、RYOさんが来るだろうと思い、
最後から2番手にしてもらいましたが、
結局時間の都合で見てもらえませんでした(苦笑)
まぁ~声も出ていたし、良いライブだったろうと思います(笑)
次の日にもバンドで出る為、
イメージしやすいように、バンドでやる曲も交ぜました。

長丁場だったけど面白かったですね。


曲目
01.晴れた空の下
02.桜の木の下で
03.BIRTHDAY SONG
04.初秋
05.なくしちゃいけないモノ
06.Message


もう9月も終わりだねぇ~

すっかり外の気温も涼しくなってきたし、
仕事の休憩時の一服タイムも寒さを感じてきました。
まぁ~吸わなきゃぁ~いいって言われそうですが(汗)

そう言えば、土曜日は普通に休みなのに、
明日と来週は勉強会とかで、出勤なんだよね。
今週は月曜休みだったから良いんだけど、
来週は6連勤ですか・・・面倒だ(苦笑)

とはいえ、若干仕事に対する意識が
弱い人も多いから、
こういう機会も時には必要なんでしょう・・・。

今の事業所が立ち上がって1年経ちました。
最近は仕事以外のとこで無駄に注目を浴び、
仕事に集中しづらくはなってますけど、
1年も働いて、対して代わり映えしないのであれば、
それはそれで問題だと思うんだよねぇ~。

俺は管理を任されるようになってきて、
仕事の把握で結構一杯一杯です。
でもまだ選挙全盛期に比べたら、
全然忙しさは半端ないんだけど、
余裕はないようです(苦笑)

月の目標金額に何ヶ月もいってないから、
給料上がる理由もないだろうな(泣)
頑張ってはいるんだけどねぇ~。
認めてもくれてはいると思います。


今年の路上も終わったし、
イベントもほとんどなくなったから、
少し仕事に集中しなきゃダメかもなぁ~。

先は長い・・・(苦笑)

無事に

今年の路上を終えることが出来ました。
4月から9月まで、胆石入院というオチはあるものの
なんとか乗り切ることが出来ました(苦笑)

毎週お客さんが止まることはないし、
なにやってんのかなぁ~俺って思う時もあるけど、
でも最終的には20~30人近く止まってくれたし、
KANさんファンのオフ会メンバーも
見に来てくれてたし、
素直に幸せを感じる、今日この頃でございます。

本当に皆さんありがとうございました。
お手伝いをしてくれた、
RYOさん、あかりちゃん、あきる王子、ハンドさん、
nabeyakiさん、シーマン、
本当にありがとう~。

体力の無さを感じますが、
もうちょっと頑張ってやろうと思うので、
来年も皆さんご協力の程よろしくお願いします(笑)


そういやぁ~Sapporo Artstageは
今年もダメだった・・・(苦笑)
なんでなん??結局コネか??(汗)
なぁ~んかしっくりこないんですが、
諦めずに来年も申し込んでやろうと思うのでした(苦笑)

グリーングラスフェスティバル

  • ライブ日誌

これはグリーングラスフェスティバルの
ライブレポも織り交ぜた日記です。

今年は音楽イベントによる地方遠征が
非常に多くて喜ばしい限りですが、
一緒に行く人にとっては、たまったもんではないでしょう(笑)
白老や旭川は、RYOさんとteaさんが
一緒に行ってくれましたが、
それでもやっぱ遠いと思ったんだけどさ。
今回行った場所は帯広です。
まさか函館よりも遠いとは思ってもみなかった(汗)

行きだけで5時間は覚悟しなければと言うことで、
朝7時には出発しました(苦笑)
さすがに眠かったですね(汗)
いつもは絶対に爆睡の時間帯ですから・・・。

とは言っても、天気は快晴で青空満載で、
ドライブを兼ねた遠征日和でしたよ。
思わず車中から写メ撮ってしまいました。

P1030039.jpg

P1030041.jpg

朝早くから出た割には、テンションは高く、
絶対に帰るまでには持たないだろうと思いました(汗)

途中コンビニに寄るまでは、
ノンストップで2時間くらいかな?
そこで飲み物と、軽い食べ物購入して、
峠を目指して、突破して(苦笑)
12時前には帯広に入っていました(汗)

会場に着くと、沢山の方々がスタンバイしていて、
慌ただしい雰囲気のような、
でも他を見るとまったりしているような(笑)
不思議な空間でした。
でもここの会場も、すげえ~天気良くて、
最高の舞台だと思いました。

イベントが始まると、
先日日記で書いたように、
発表会的なイベントであって、
まったりゆったりな空気が流れていて、
若干自分が求めるイベントの主旨とは違ったかなと(苦笑)
ただこれは自分が分かってなくて参加したので、
よ~く話しを聞いてから、参加するべきであったと。
良い勉強になったし、いずれ障がいのある人を
対象にした音楽イベントやるのなら、
もう少し、プロフェッショナルな指向の人を集めて
やってみたいなぁ~って考えさせられました。

誤解を招くとアレですので、
書かせて頂きますが、
発表会的なイベントは必要だと思います。
こういう発表会を目指して練習を繰り返して
来ている人も沢山います。

要は自分が求めてたイベントと違ったかな?
ってことだけですので・・・。
別に批判はありませんので誤解されませんように(汗)


さてKAZとしては、
当初4曲歌うって伝えてあったんですけど、
カポを忘れてしまって(苦笑)
歌おうと思ってた歌が歌えないという始末・・・。
あそこまで行って、カポ忘れた為に、
歌いたい曲を歌えないという情けなさはありました。
まぁ~他の歌を歌えば良いだけなので、
問題はないんですけどね。
気持ち的な問題です(苦笑)

SANY0056.jpg

SANY0062.jpg

SANY0058.jpg

声があまり出ていない感はありますが、
定番系の曲でライブを乗り切りました。
反応も良かったと思うんですけどねぇ~。
CDも1枚購入頂けました。
ありがとうございました。


色々見せて頂きましたが、
会社の同僚の「ヒロ」さんが所属している
北方派五分楽団」のライブは
楽しませることがメインと聞いていて、
まだ聴いたこともなかったので、楽しみにしていました。
ちゃんとオリジナルもやっていて、
「たとえ離れて居ようとも」はヒロさんが作った曲で、
良い曲でしたよ。

長いようで短いイベントも終わり、
最後に集合写真を撮って終わりました。
虫が大量に発生して非常に困りましたが(苦笑)
また機会があれば呼んで頂けたらと思います。


曲目
01.Message
02.青空へひびくメロディー
03.ありがとう



さてライブが終わった後では、
どうせ帯広まで来たんだからと
「豚丼」を食べに行きました(笑)
本当は有名な「ぱんちょう」に行きたかったんだけど、
めっちゃ入り口前の段階で混んでいて、
待つ程、時間とお腹に余裕がなかったので、
ハゲ天(天ぷら屋さん)も、帯広では有名と言うことで、
食べてきました。頭悪いことに写メ撮るの忘れました。
そっこうで食べてしまったので、食べ終わってから
気付くというダメダメっぷりです(笑)

でも豚肉は厚みもあって柔らかくて美味しかったし、
味付けも、そんなに甘いという印象もなく、
山椒がピリッと利いていて、マジ美味かったです。
お金があれば、違う店も体験したかったですな(笑)


してお土産を買いに帯広駅へ向かい、
色々見て回ったけど、あんま帯広名物って少ないのね(苦笑)
迷いに迷ったあげく、一点だけ帯広の名前入りで、
他二点はどこでも買えそうな物ですが、
もらったかたは文句を言わないように(汗)

P1030043.jpg

結局家に帰ってきたのは、
夜の11時半過ぎで、結構大変でした(汗)
運転していた友達は、もっと大変だったと思います。
本当にありがとうね。

当面は帯広は行かないと思うけど(汗)
また行けるもんなら行ってみたいと思うのでした(笑)
ありがとう~帯広!!!

どうでもいいんですが

乗る気はさらさらないんですけど、
俺がタクシーの前に近づくと、
今まで開いてたドアを閉めて、
ダッシュでいなくなるはどういうこと?(苦笑)
たんなる俺の被害妄想なら良いですけど、
どうもそういうタクシーが多い気がするんだよね(汗)
あれは嫌がらせですか?(苦笑)
例え面倒であったとしても、金払うんだから、
ウソでもちゃんとやれよ!って言いたい。

そんなことなければ良いんですけど、
無駄にカチンとくるんですよねぇ~。
まぁ~いいか。


話変わり、どうも昨日から瞼の上に虫さされか、
瞼が腫れています(汗)
下手したら四谷怪談のお岩さん状態になるのでは?
と思っています(苦笑)
会社に行くだけならいいけど、
歌で人前に出る俺としては、
子供が泣かないか心配・・・(笑)
サングラスでごまかすのもありだけど、
あれはあれで印象が良くないよねぇ~。
明日帯広行くんですけどねぇ~(汗)
腫れないことを祈りたいもんです(苦笑)

帯広でやる「グリーングラスフェスティバル」は
今年で10回目を向かえるのですが、
障がいのある人々に、音楽や芸術の部門で、
発表できる場を作ってあげれないか?と言うことで、
札幌で始まったイベントのようです。
毎年場所が変わるあたりは、
「いけまぜ」と同じような考えなんでしょうね。
まぁ~「いけまぜ」ほど、規模は大きくないでしょうが、
それでもこういう機会を作ってくれる方々には
頭が下がる気持ちで一杯です。

俺は自分自身で歌う場所を求めて
活動していますけど、
みんながみんな、そういう風に動ける訳じゃないだろし
発表できる場があるのは嬉しいと思うんです。
自分達で企画するってのも大事だと思うんですけどね。
いつか考えてみようかな?
でも本気で音楽に取り組んでいる
障がい者って札幌や近郊にどれだけいるんだろ?
さすがに見たことないんだよなぁ~。
明日の帯広では、
そういう人達もいるのかも知れないけどね。

自分が歌うわけだけじゃなく、
色々な人達や、障がいを持つ人々にも、
自由に参加できる、イベントも必要になってくるよね。
その方面でも真剣に考える時期に来たんだろうか?

パフォーマーケット

  • ライブ日誌

さすがに季節も変わり、
今回のパフォマは涼しい気持ちで
歌えると思ったんですけど、
なんのこっちゃない、
この日だけ札幌は30度を記録しました(汗)

相変わらずの汗だくなままライブでした(苦笑)
でも結構人は止まってくれたと思うし、
チラシも100枚近くさばけました。

男鎌田真吾や、実験的ポップなど、
見慣れた人が多数出ていて、
1人のお客としても楽しむことが出来ました。

KAZとしては、汗だくながらも、
声も出ていたと思うし、ライブとしては良かったと思います。
学生さんも多くいて、聴いていってくれたように感じます。

毎回パフォマは楽しみだし、
他の人のパフォーマンスもチェックして、
吸収できるところは盗ませて頂いています(苦笑)

でも今年のパフォマは
あと2回なんだよねぇ~。
せっかくこれからだろうに、もったいないと思うな。
まぁ~来年もオーディション受ければいいだけなんだけど、
もっと冬でもやりたいなぁ~って思う。
外は厳しいですが・・・(苦笑)

まだまだ沢山の人に出会えると信じて、
残り2回を乗り切っていきたいと思います。
平日ではありますが、また来月以降もよろしくです。

関係者の皆様もよろしくお願いします。


曲目
第1部
01.晴れた空の下
02.Message
03.青空へひびくメロディー
04.もっともっと

第2部
01.なくしちゃいけないモノ
02.桜の木の下で
03.ありがとう


ちょろっと

ニュースに出ました(苦笑)
でも今回も2~3秒でしたね・・・。

あぁ~いう使われ方というのは、
結構不本意で、
今回取材された方には何の問題もないし、
「障がい者自立支援法」の
現状を訴えるには良いニュースになったと思うけど、
自分達の行っている運動と一緒にされると、
誤解を招くおそれはあると思います。

自分達の利用料未払い運動は、
ちゃんと会社と雇用契約を結び、
仕事をしているにも関わらず、国の考え方としては、
仕事が「訓練」と受け止められ、
訓練をしているのだから利用料を払えと言う
矛盾した制度に不満を抱き、
そこに対して「払う必要のない利用料」だと
声を出して訴えているのです。
僕等は「払えない」のではなく、
「払う必要がない」と言っているのであって、
誤解だけはしないで頂きたいです。

一般企業で、仕事をしているのに、
利用料を払えって言われても誰も払わないでしょ?
ただそれだけなんだよね。
それだけのことなのに、国会の先生方は、
理解もせず、矛盾も感じず、
いとも簡単に法案を通してしまうんだから、
実際の現場の人間はたまったもんじゃない。

まぁ~話は少し逸れましたが、
注目して頂くのは大変ありがたいですが、
ニュースの観点としては、
違うモノとして捉えて欲しかったです。

ついでにいうと、
結構俺は良いことを10分近く話したんですけどね(汗)
頼むぜホントに(苦笑)

KANさんオフ会

KANさんを好きな人が集まって、
KANさんの話題で盛り上がる会です。

ホントは昨年のKANさんライブの時に
一度やりませんか??って誘われたんですけど、
結局主催者と俺の2人だったので、
企画倒れで終わったんですよねぇ~。

今回ライブがあるわけではないですけど、
関係なくKANさん好きで集まってみようよ
ってな感じで、企画され11人も集まりました。
まぁ~俺が企画したわけでなく、
呼んで頂いたんですけどね(苦笑)

待ち合わせは結構ドキドキでね(汗)
だって誰にもあったこともないんだから。
実際に会うまで緊張は隠せないですね。

でもね、会ってみると特に違和感なく、
KANさんが好きなんだろうなぁ~ってのが、
雰囲気が伝わってきました。

まずはおしゃれなお店で、
食事を楽しみ、自己紹介や、KANさん自慢など、
コアな話も出来たと思います(笑)
ファンクラブ限定CDを持っていたり、
KANさんが留学する前に、
一度解散したファンクラブ限定のビデオも持っているし、
かなりのマニアックな、
Bad Looks自体を知っている人もいたし、
やっぱそういう人達との会話は素直に楽しかったです。

10年以上も間違ったまま、
覚えていたことも今回分かったんですよね(苦笑)
色々教えてもらうことも多くて、
やっぱみんなすげぇ~って思いました。

初めて会った割にはトークも弾んだし、
なんか初めて会った?という感じはなく、
良い空間だったと思います。

その後、数人は帰宅され、
残った人達で、カラオケに行き、
ほぼKANさんの曲でカラオケの予約が埋まりました。
でもカラオケの曲数が少ないのよねぇ~。
もっと歌いたい曲は山程あるし、
盛り上がれる曲も沢山あります。
リクエストしまくれば作ってくれるのかね?

最終的には、4人程度が残り、
2時近くまで歌ってた気もします(苦笑)
ただ最後の最後に、
大事MANブラーザーズバンドの「それが大事」で
閉めるあたりが、非常にナイスです(笑)

全然話が尽きませんでしたが、
今後も定期的に集まって行けそうな気がしますので、
参加した皆さん、これから参加希望の皆さん、
気を遣うことなく、楽しんでKANさんネタで
盛り上がりましょう~♪

幹事の方々、お疲れ様でした。
本当に楽しかったです。

元気フェスタ!

  • ライブ日誌

偶然にもボラナビで発見したイベントでした。
早速メールして参加できるか問いかけると、
自由なイベントだから、参加は大丈夫と言われ、
素直に参加させて頂きました。

結構頻繁にやっていられるようで、
前日にも、大通公園でやられていたようです。
雨でなければ、この日も大通公園でも
イベントがある予定だったらしいんですが、
そちらはキャンセルになって、
早めにイトーヨーカドー琴似店でやることになりました。
元々イトーヨーカドーで歌うことに興味があったので、
参考にもなるなと思いました。

代表の方は小児麻痺のうえ、
何度も癌を繰り返しているようで、
余命何ヶ月と宣告されていて、
それなら少しでも楽しくありたいとのことで、
音楽イベントを通して札幌の人々へ、
元気になってもらえたらと言うことで、
このイベントが出来たようです。

イベントの内容としては、
ホントに自由で、歌いたい人が
どんどん歌っていくスタイルで、
タイムテーブルとか煩わしいのもないんだそうです。
なので、一応KAZとしては出番は
4時過ぎだったのが、気が付けば4時45分でした(汗)
でも歌う時間はタップリ歌って良いとのことで、
40分は歌わせてもらいました。
結構音も良かったし、声も出ていたので、
気持ちよく歌わせて頂いた感じです。

お客さんも結構いたし、
ライブとしては良かったんじゃぁ~ないですかね。

まぁ~夜には用事あって、
最後までいることは出来ませんでしたから、
共演者の歌を聴くことはありませんでしたが、
次に機会があれば、聴けたらと思っています。
また呼んで頂けたら幸いです。


曲目
忘れました・・・。


このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4