2007年10月の記事一覧

仕事

復帰しましたが、非常に疲れた(汗)
すげぇ~眠い。
多分気付いたらオチると思うので、
今の内に書いておきます。

やっぱ体力落ちてますわ。
何やってもすぐに疲れる(苦笑)
大体筋力とかは、例えば2週間使わなかったら、
復活するには、その倍はかかると言うじゃないですか。
しかも俺は動くことが少ないから、
余計にかかるよね・・・(汗)

それでも今週の金曜日には、
ライブやっちゃうところが良いでしょ?(笑)
詳しくは↓

元気ですかぁ~!ライブ
11月02日(金) 20:00~OPEN 20:30~START
場所:札幌市西区琴似2条3丁目1-10共栄ビル2F BlueMoon
チケット:多分1000円
共演者:安達秀敏 他

お時間があれば、グダグダのKAZを見に来て下さい(苦笑)

練習したいけど、眠いので寝ます(汗)

これはいくらなんでも・・・

  • モバイル

Yahoo記事より抜粋↓

携帯会社移ってもメアド変わらず? 総務省が政策発表

総務省は23日、携帯電話向けのメールアドレス提供や個人認証・課金サービスに、携帯電話会社以外の事業者が参入できるようにする新たな競争促進政策を発表した。
消費者の利便性を高めるとともに、電波の割り当てを受けた携帯電話会社に利潤が集中するのを防ぎ、携帯のインターネットサービスやコンテンツ配信など関連産業を振興する狙いがある。
総務省は通信業界の活性化に向けて昨年策定した「新競争促進プログラム2010」を改訂し、メールや課金の機能を事業者間で連携させたり、各社の料金プランを比べやすいよう比較サイトの認定制度を設ける方針を盛り込んだ。
来年初めに有識者による研究会を設置し、1年以内に検討結果をとりまとめる。
携帯メールは携帯電話会社が独占的にサービスを提供しているが、利用する会社を変えるとアドレスも変わり不便だ。
総務省は「パソコンのように、回線や端末が変わっても継続利用できるメールサービスがあれば、携帯電話会社を変えてもアドレスを変えなくて済む」と指摘。
携帯電話会社のサーバーを介さず、サービス提供者から端末へメールを直接送信する仕組みを検討する。
また個人認証・課金システムも、携帯電話会社を乗り換えると、コンテンツ配信などのサービスを継続して受けられなくなることが多い。
総務省は、便利な認証・課金サービスを第三者が提供すれば、携帯電話会社を変えてもサービスを継続して受けられるとし、信販会社などの進出を促す考えだ。
ただ、NTTドコモが端末を利用したクレジットカード事業に進出するなど、各社は課金業務を重要な収益源として強化しているだけに、総務省への反発も予想される。
同省はこれまで、番号ポータビリティー(番号継続制度)や、端末代金と通信料金を区分した料金プランの導入、新規参入者への通信網開放-などを次々に打ち出し、携帯業界への“締め付け”を強めてきた。
携帯各社は自由競争に任せるべきだと反論しているが、「電波という公共財産を使っているのに、競争が十分でない」との認識で、業界のもうけ過ぎを是正するよう構造改革を迫る構えだ。


総務省さん横暴ではないかい?(苦笑)
これはメールサーバーの仕組みを分からん人が
案を考えているのかな?
んなことはないよな・・・。

過去にMNP(携帯電話番号ポータビリティ)について書いた時に、
少し触れましたが、メアドも各社共通になるってことは
間違ってもないだろうし、大体メールまで共通になれば
一体何の為に携帯会社がわかれているのか、
意味分からなくなりますよね。
そこまで一緒にしなくてもいいんじゃぁ~ないかな?
これが成立しちゃったら、携帯会社はやる気がなくなって
新機能など考えなくなるような気がする(苦笑)

普通に考えてもさ、ISP(プロバイダー)を変えて、
解約したら元のISPのメアドは使えなくなるじゃん。
WEBメールのように、フリーを使うんなら話は別だけど、
みなそれを理解してISPと契約すると思うんだよね。

人によっては、メアドが引き継がれるなら、
他社を使いたいって人はいるとは思います。
だけど、Docomoの人がauに移ったとして、
メアドは「@docomo.ne.jp」っておかしくね?
例えば何らかのアクシデントがあったとして、
メールの件はどこに訪ねるの?
auではなく、Docomoに訪ねるの?
Docomo側から行くと、
他社に移ったことまで知らんがなぁ~、
ってオチになりそうな気がするし、auに聞いても、
いやぁ~Docomoのサーバーなんで・・・
ということになると思うが・・・(苦笑)

まぁ~俺が無知なだけで、
そういうこともなく、上手くできるメールサーバーが
あるのかも知れないけど、少なくとも俺は、
メールサーバーを自分で立ち上げているものとしては
今のところそういう話は聞いたことないです。


若干話は逸れるけど、マニアックですが
俺はドメイン(KAZであれば「kaz-sing.com」等)が好きなので、
携帯会社に限らず、各ISP等のドメインは
個性があって良いと思うんですよね。
だからDocomoの「@docomo.ne.jp」は
個人的には大好きなドメインです(笑)
分かってもらえないだろうなぁ~この趣味(汗)

しっかし総務省は、なんで携帯会社ばっかに
注文つけるんだろうねぇ~・・・?
それなら固定電話のNTTの独占をどうにかせい!!
と言って欲しいもんです。
まぁ~全ての回線のインフラを最初に用意したのは、
NTTなので文句はいいづらいんだろうけど、
今の時代で電話加入権は買う必要があるの?
未だに3万以上するよね??
殿様商売に、是非総務省にはケチをつけてもらいたいもんです。

あぁ~無駄な日記をまた書いてしまった(苦笑)

責任

たけしの日本教育白書という番組で
「責任」がテーマで5時間もやってました。

所々、太田が暴走していて、
見ていて微妙でしたが、色々と考えさせられました。

そもそも森永乳業の
「森永ヒ素ミルク中毒事件」は番組を見るまで、
知りませんでした。
もしかすると、学生時代に習っていたのかも
知れませんが、正直驚きました。

もう50年以上も前から、
食品の問題が多発しているのに、
時代は変わっても、世の中は反省もないんですね。
単純に隠蔽体質は変わらないし、
認めるまでに15年もかかってしまう。

まぁ~あっさり認めてしまう会社は
少ないだろうけど、確たる原因が分かった段階で、
謝罪をして救済活動に入っていれば、
多くの子供達を救えたのではないかと思う。

結局、裁判になるまで認めず、
森永製品の不買運動など世論が動き出して、
やっと救済するようになったんだそうです。

ヒ素ミルクの被害者が完全にいなくなるまで、
救済活動を必ず続けると宣言していて、
50年経っても、まだまだ被害者がいることを
考えると、犯した罪は大きいなと。

事件を風化させないようにと、
社員教育では徹底して、
事件の内容を伝えて、
同じ過ちを繰り返さないようにしているところは、
当然のことなんだけど、
どこの会社でも教訓の一環として学ぶべきです。

本来は何か事件があれば、
罪もない被害者の為に早急に動いて欲しいと思います。


でも森永のココア好きなんですけどねぇ~(苦笑)
今更、飲まなくなることはないと思うけど、
事件としては意外とショックだったなぁ~。
雪印より驚いたよ・・・(笑)


追記:KAZ日記のデザインを久々に変えました。
    見づらかったらご連絡下さい(汗)

昨今の

  • モバイル

携帯電話市場は活発ですよね。
今年だけでも、各社料金プラン見直しは
2~3回やっているような気がします。

ユーザーの為の良い制度であれば、
どんどんやって欲しいし、やるべきだと思うけど、
一個人的な意見を言えば、種類が多くね?(苦笑)

Docomoだけで言うと、今年に入って、
基本料を半額にするサービスを
始めたばかりなのに、
新サービスを11月に発売する、
905iシリーズからスタートするようです。

要は最近問題になってる「販売奨励金制度」を、
意識したサービスなのかなと思ってます。

じゃぁ~「販売奨励金制度」ってなんでしょ?
と言うことでネットで調べました↓

販売奨励金 (はんばいしょうれいきん)

携帯電話業界で携帯電話会社から新規契約者を獲得した販売店に提供される奨励金。
販売店ではその奨励金を携帯電話端末値下げの原資に当てることが多い。
携帯電話会社は端末の代金を値引きしても、その後の通話料で稼ぐことができるという。
この制度は、電話会社がレンタルしていた電話機を消費者が買い取る「売り切り制度」が1994年の通信分野における規制緩和の一環として導入されたことを機に、契約者を獲得するために一気に広がった。
携帯電話利用者の買い替え周期は約2年といわれており、1台あたりの販売奨励金を24か月で割ると、携帯電話各社は毎月の電話料金に1500円程度を上乗せして回収している計算になるといわれる。
つまり、端末を安く買っても、正価との差額は分割されて基本料や通話料などの通信料金に上乗せされている格好なのである。
逆にいえば販売奨励金をやめて3万~4万円の正価で端末を販売すれば、基本料や通信料は安くなるはずだ。
販売奨励金制度の下では、2年未満で端末を買い替える利用者が得をし、同じ端末を長く使う利用者は他人の奨励金を負担し続けていることになる。
総務省では携帯電話各社に販売奨励金制度の停止を求めている。


と言うことらしいです(苦笑)
ハッキリ言って読むのイヤになったと思いますが(汗)
結局、携帯電話を爆発的に広める為に、
携帯電話会社が販売店に
1人でも多く獲得して欲しくて、
少しお金払うから何とか頑張ってよ!!
ってことで、始まった制度です。
でもそのせいで、毎月の電話料金に
1500円程度の上乗せをすることで、
報奨金の元はあっさり取れるんだそうです。

総務省としては、そういうことなら報奨金を止めて、
基本料を下げなさいと示したことによって、
各携帯電話会社が現在対策を練った結果、
じゃぁ~端末台を分割で払いなさいとなって、
Softbankは先陣を切って現在やっています。
Docomoも同じように、やっていくんだそうです。
auは分かりません。調べてないです(苦笑)

だからSoftbankは月の基本使用料金980円と
出せるのかなぁ~??と思っています。
そうでしょ?端末台は別途ちゃんと
分割でもらえるんだから。

ただ2年以上使う人にとっては
メリットがあるでしょうが、俺みたいに1年毎に
機種変している人間には、
いらんお世話です・・・(苦笑)
新しい機種大好きだし(笑)

一応Docomoでは、俺みたいな人も見捨てないようで、
携帯購入代金を最初に安くする
サービスも別途用意するようなんで、安心しています。


思うのは2年以上同じ機種を利用すると、
お得感を全面に出していますが、
携帯電話2年以上使う人って
結構少ないような気もするんですよね。
大体端末自体がおかしくなるのも、2年目ぐらいでしょ?
そう考えたらさぁ~
結局ユーザーは踊らされてるだけじゃん??

基本料は安くしますが、端末台は完全に請求しますよ
となると、月々に払う金額はさほど変わらないし、
本当にお得なのか!?携帯電話会社さん!!(苦笑)

最終的には何が書きたいのか分からなくなった(汗)
長文失礼しましたm(_ _)m

4年に一度の

W杯女子バレーの季節が来ましたね。
今回も全日本女子は札幌に来てくれるようです。
本当は3日間全部行きたかったけど、
一番安いチケは全て売れ切れだってさ。
なので、札幌最終日に行くことにしました。

俺は4年前にも行ってるし、
8年前にも行ってます。

4年前から「きたえ~る」になったけど、
8年前は元「真駒内アイスアリーナ」でやってて、
車椅子の席などなかったので、
記者席と同じ場所で見ることが出来たので、
あれは素直に迫力あって良かったんですよねぇ~。
その点、「きたえ~る」は随分上の席で、
見やすかったけど、遠くて寂しかったですよ(苦笑)

まぁ~でも今回はS駅に車椅子席があるようなんで、
それなりに近い席なんじゃぁ~ないですかね。

栗原、大山には今回期待は大きいだろうし、
高橋や木村にも頑張って欲しいなぁ~。

対戦カード見ると、最初と最後に良いカードがあって、
札幌来る時には正直勝って当たり前的な、
組み合わせなので、個人的には残念。
ハラハラする展開を期待しています(笑)

それまでに腰痛が完全に治ってますように(笑)

お風呂に

  • ふと思う事

やっと入れました(苦笑)
腰が痛かったので、浴槽の中へ移るのが
非常に厳しかったのです(汗)
約2週間かな・・・。
タオルで体だけは拭いてもらっていましたが、
さすがに厳しいよね・・・(苦笑)

かなぁ~り、スッキリしました。
それだけなんですけど・・・それだけじゃぁ~ダメですか?(苦笑)

久々に

外に出たらえらい寒いのね(苦笑)
若干寒いだろうと思いパーカーを着ていきましたが、
それでも充分に寒かった(汗)

取り敢えず腰の痛みは引いてきました。
自分で着替えも出来るようになったし、
座る時間も増やすようにしてきました。
やっとこれで大丈夫になってきたかなぁ~
っていう段階です。

来週からは仕事も復帰しようと思っています。
ただ無理するのは、ちょっとやめて寝る時間も入れて、
10時間以上は横になっていようと思います。
やっぱ色々と無理したんだろうというのが、
自分なりの結論ですかね。
当面大人しくしていようかと思ってます(苦笑)

まぁ~必要最低限は動きますけど(汗)
今日外に出たのだって、食料買いだしですし、
あと携帯料金も払わないと止まりそうだったんで(苦笑)

改めて動けるって素晴らしい!!(笑)
そう思う今日この頃でした・・・_| ̄|○


ところで最近、会社の人からトースターもらったんですが、
これが結構重宝しております(苦笑)
単純に食パンを焼いて食べたかったからなんだけど、
実際にあるのとないのとでは違うもので、
・・・食パン美味いじゃん!!(笑)
食べ方は至ってシンプルで、
マーガリンをぬってから、焼いて食べるだけですが、
実家にいた頃は良く食べていたんですよ。
でも一人暮らしを始めると、トースターがなくて、
食べれない状況が8年も続いていて、
今年やっと食べれたというわけです(苦笑)
無駄に大袈裟ですが、めっちゃ美味しく感じたんですよね(笑)

今は昼飯に良く食べています。
なんか食パンの別の美味しい食べ方あったら
是非是非、教えて下さい。
マーガリンしか思いつかず・・・他の食べ方も知りたいのです(苦笑)

古本屋

家のほぼ真下にある古本屋が閉店するようです。
この前病院の帰りに見かけました。
電話して聞いてみると、安売りしているというので、「ヒカルの碁」と、ドラゴンクエスト「エデンの戦士たち」全巻が安かったので、家が近いという理由で、持ってきてもらいました(苦笑)

ジャンプ掲載時には読んでいましたけど、改めて読んでみると、「ヒカルの碁」はストーリーが面白く、一時期囲碁がブームになったのも分かるような気がします。
イラストもDEATH NOTEも描いていた、小畑健さんが描いていて、やっぱ絵が非常に上手いです。
長く連載していたように感じてたけど、巻数も23巻までなんですね。
横になって寝ている間の暇つぶし用だったのに、あっという間に終わりました(苦笑)

もう一つのドラクエ「エデンの戦士たち」は、藤原カムイさんの作品ですが、ドラクエⅦをやってないと、正直分からんかも知れませんが、ファンタジーマンガなので、イラストがそれっぽくて俺的には好きな絵なんだよなぁ~(笑)
何でか知らないけど、第1部で終わって現在お休み中らしく、第2部スタートまで気長に待つしかないようです(苦笑)

これもあっさり読み切りました(苦笑)
でも、良い暇つぶしになったかなぁ~。

腰の方は、良くはなってきています。
でもまだ痛いんですよねぇ~・・・。
先は、やっぱり長そうです(苦笑)

改めて聴くと

  • 音楽ネタ

徳永さんの歌声は素敵ですな(笑)
さっき僕らの音楽で、歌っていたんですけど、カバーに限らず、最後の曲のオリジナルも良い曲だなぁ~って思いました。
こんなことなら、もっとオリジナルでCD出せば良いのに(苦笑)

ただ、深田恭子も言ってましたが、カバーすることによって、過去の名曲を新たに歌うことで、今の若者に名曲を知ってもらうことが出来るのは良いですよね。

でも徳永さんも、昔は名曲沢山ありましたよ。
それこそ番組で話していた「壊れかけのradio」とか「レイニーブルー」「夢を信じて」など、まぁ~ホントに昔で、記憶が曖昧といいますか、シングルしか知らねぇ~じゃんって言われそうですけど(苦笑)

それでも年代としては、自分らの青春の時代の歌だったんですよねぇ~。


ベストとか、カバーアルバムを、ちゃんと聴いてみたくなりました。

まぁ~

暇だから、テレビ見てたら亀田家のニュースばっか(苦笑)
基本ボクシングには、興味がないので、その試合も見てないし、亀田家がなぜそんなにメディアが取り上げるのかも良くわからん。

こういうのって何でもそうだけど、面白そうな人物を見つけては、取り上げて何かしでかしたら、一斉に叩く。
分かりやすすぎて笑えます。

例えば、ハンカチ王子や、ハニカミ王子も、良い選手であったとしても、一斉に叩いて、潰すんでしょ?(苦笑)

あぁ~恐い(汗)


しっかし暇です。
痛みも治まりません。
ホント元気なんだけどね…腰以外は(苦笑)

西区で円山整形外科以外で、いい病院知りませんか?痛みが引かない限りは、座れないし何にも出来ないな。

まぁ~でも腰痛ばっか書いていてもアレなんで、明るいニュースを探しながら、日記を書きますわ(苦笑)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4