2008年2月の記事一覧

一向に

  • かなしい事

良くならない風邪を誰かもらって下さい(汗)
久々に鼻から滝のように流れてきます。
ティッシュ使いすぎで、鼻が痛い(苦笑)

予定していた土曜日のライブは、
私はお休みさせて頂きます・・・。
関係者の皆様申し訳ありませんm(_ _)m
白い恋人は、また次の機会までお待ち下さい(苦笑)


本当はDocomoの家族間24時間無料の件とか、
仕事の件とか、
にゃーさんがやってる「勝手にBESTシリーズ」とか
書きたいことは満載なのですが、
当然そんな気力もなく・・・。

近々書きたいと思います。
じゃぁ~トイレ行く為に起きたので、もう寝ます・・・。
あでゅぅ~・・・。

まずい…

  • かなしい事

マジで風邪引いた(汗)
鼻づまりと、若干の寒気が…。

あぁ~へたこいたぁ~_| ̄|〇

あと10分だけ…

こんな記事を見つけました。

「あと10分だけ…」がたまらない!
なぜ“二度寝”はあんなに気持ちいいのか?

1日の労働を終え、就寝前のリラックスタイム。
何気なくパソコンに向かったところ、
mixiやらYouTubeやら次から次へと
気になるページを掘り当ててしまい、
ついつい夜更かし…。
「あぁ、あと3時間しか寝られない!」
なんて嘆いた経験、誰でもありますよね?

そんな寝不足の翌朝、1度鳴った
目覚まし時計を止めて、再び布団の中でうとうと…。
あとで慌てるハメになるのは毎朝のことだけど、
この刹那の快感、なかなかやめられる
もんじゃありません。

それにしても、どうして二度寝ってやつは
あれほど気持ちいいのだろう。
専門家に聞いてみました。

「二度寝の際は眠りが浅くなるため、
外部からの刺激がマイルドに感じられるのが
原因でしょう。起きている時でも、
日なたでまどろんでいるような状態って
気持ちいいですよね。あれと同じで、
半覚醒の状態では光や物音、布団の触感などが、
ほんわかとした信号としてキャッチされる
という説が有力です」(オールアバウト
「睡眠・健快眠」ガイドの坪田聡さん)

確かに、就寝時には気になって仕方がなかった
車の騒音が、二度寝の時にはむしろ
心地よく感じることもあるような。
けど、二度寝って健康に悪いという
説もありますよね?

「短時間の浅い睡眠なので、疲労回復の
効果としては弱いです。二度寝に割かれる分、
総体的に深い睡眠の割合は減るわけですし、
だらだらと寝床にいるのは
時間の無駄ともいえますね。
だったらパッと起きて、そのぶん昼寝の時間を
設けるなどした方が効率的でしょう」(同)

二度寝は時間の無駄!
そうまで言われると、遅刻や寝坊のリスクを
おかすのはバカバカしい。
よし、明朝からは心を入れ替え、
時間に余裕をもって優雅なモーニングコーヒーでも
いただこうではないか。…けど、自信ないなぁ。

「結局のところ、“もっと寝ていたい”という欲望が
強いから二度寝をしてしまうわけです。
だから睡眠よりも魅力的な、満足度の高い
楽しい行動を起床後に組み込んでおくと
いいかもしれませんね」


この年になっても、二度寝は気持ちいいよね(苦笑)
ってか未だに朝はバタバタですよ。
学生時代よりは、ちゃんと起きるけど、
ここ数年朝ご飯なんて食べたことがありませんなぁ~。

これでもTVと、携帯と、
なまらウルサイ目覚まし時計をセットしているけど、
毎日綺麗に止めて、二度寝行きです(苦笑)
頭悪いと自分でも思っているんだけど、
繰り返してしまうのですよ人間は(汗)

皆さんは、どうやって格闘しているのかな?(笑)

なんだかなぁ~

  • ふと思う事

昨日彼女と久々に会って、楽しかったんです。
それはそれでおいといて。

それとは全く別に人間関係の面倒さに
深く考え込んでしまったのです・・・。
まぁ~とは言っても俺は一切関係ないんだけど、
人間って面倒くせぇ~って改めて思う今日この頃です(苦笑)

なんだかなぁ~・・・。

俺もやってみた(苦笑)

複数の人が、やっているのを見て面白そうだったので、
やってみることにしました。

その名も「ザ恋愛インタビュアー」

要は自分のことを、自分の代わりに1000人に
疑似インタビューをしてくれるというもの。

<総合的なイメージ>

1位 頼りがいがある 528票
2位 恋愛下手そう 101票
3位 プライドが高すぎる 99票
4位 女心が分からない 91票
5位 すぐキレそう 90票

5位は・・・(苦笑)

<こんな恋愛をしてそう BEST3>

1位 彼女がいてもいなくても同じな恋愛 485票
2位 嫉妬心など自分との戦い中心の恋愛 217票
3位 ひたすらケンカばかりの恋愛 107票

1位の意味が微妙に分からないんですけど・・・(汗)

<こんな理由で別れそう BEST3>

1位 怒鳴るなど相手を怖がらせて別れる 345票
2位 嫉妬で彼女を罵倒しつつ別れる 311票
3位 一緒にいてもつまらなくなって別れる 153票

どんだけ酷い人間だ俺は・・・(苦笑)
怒鳴らないし、怖がらせないし、嫉妬で罵倒しないし、
つまらないからって別れませんよ俺は(笑)

<こんな人がお似合い>

SかMか
1位 ややSの人 491票
2位 ドMの人 161票
3位 ややMの人 157票

俺がSだからなぁ~(苦笑)

性格など
1位 自分を尊敬してくれる人 562 票
2位 従順でおとなしい人 124 票
3位 自分の未来に期待してくれている人 123 票

3位は良いね!!(笑)
こういう人が世の中に増えたら、
今頃売れているだろうなぁ~(苦笑)

<街角の声>

静岡県在住 12歳 小学生 さとみさん
私みたいな小学生の意見なんか
聞いてもらえないと思いますが、
KAZさんはもっと自分の気持ちを言うべきだと思います。
付き合う人にとっては、理屈こねすぎで
居心地悪く思うのではないでしょうか。

東京都在住 23歳 会社員 匿名希望さん
えぇ!KAZって私の元カレだよ!(爆)
あー…でもあまり思い出したくないわ。
なんか何やっても文句言うから別れちゃったんだった。

東京都在住 29歳 家事手伝い りかさん
KAZさんについてですか?
あぁイメージ…。んー余裕のなさが、
全体的に空回り感をかもしだしてるっていうか…。
ちょっとごめんなさい。
コメントは載せないでください(汗)

栃木県在住 30歳 宝飾品販売員 しずえさん
KAZかぁ。あれはちょっとカタブツよねぇ。
完璧主義っていうか、なんか安らぎがなさそう。
あまり人の気持ちを考えてないんじゃないかしら?

長野県在住 40歳 主婦 けいこさん
KAZって、あーはいはい知ってるわ。そうねぇ。
ちょっとひねくれてるところがあるかもしれないわね。
もうちょっと肩の力を抜いて生きれば
ちょうどいいと思うんだけど。


色々言われたい放題ですが(苦笑)

さとみさん、12歳なのに良いこと言う(汗)
理屈こねすぎは合ってるかもねぇ~・・・。

りかさん、余裕ないところも結構合ってるかもね。

しずえさん、カタブツ・・・合ってるかも・・・(泣)

けいこさん、確かにひねくれていて、
肩に力入ってるかも・・・。

お遊びなのに、結構当たってるのがショック(笑)


是非皆さんも、どうぞ!!
http://nashimoto.hanihoh.com/

生録世代

  • オタッキ~

今ワールドビジネスサテライトという番組で、
ICレコーダを使って、生の音を録音する人が、
少しずつ増えているんだそうだ。

俺自身は生音へのこだわりは、
昔の人程ありませんが、
それでもライブ音源とかを良い音で録音できたらと
思うことは良くあります。

最近はEDIROLの「R-09」が気になっていて、
ヨドバシへ行った時に見てきました。

top_L.jpg

高性能なマイクが内蔵されていて、
録音する時点でWAV形式だったり、
mp3形式だったりと、用途に合わせて録音してくれるし、
PCへの連携も強いです。
操作も簡単だし、電池で使えるのが俺としては良い。

しかし・・・これが結構高くて・・・(苦笑)
ちょっと断念して、似たような製品を探してみました。

探せばあるもんで(笑)
ケンウッドの「MGR-A7」がありました。

mgr_a7_r.jpg

値段は交渉したら安くしてくれて、
3000円以上も下げてくれた(笑)

内蔵メモリが2Gもあって、電源での充電だけど、
録音時間は12時間も録れるみたいだし、
R-09」よりマイクの数が多く、
3方向から録音できるので、実際に録音してみたけど、
音の厚みもあるし、低音高音も良く出ています。
利用方法はほぼ変わらないし、
外付けSDカードにも対応してくれるので、
ハンディタイプの録音機器としては結構気に入ってます。

昔はMDで無理矢理ライブ音源とか録音してたけど、
かなりの圧縮率も高いので、
音がちゃっちぃ~んだよね(苦笑)
PCに取り込むのも面倒だったし、
やっぱ1台くらいは、こういう機器は必要かと思って
安くなったのでGetしました(汗)

結構便利だぞい!!(笑)

琴似の夜

  • ライブ日誌

2月16日のライブレポです。

今回は、あきるくん(以下王子)と、ノーパンさんと共演でした。
久々の方ばかりなので、結構楽しみだったんですよ。

王子は、半年以上聴いていなかったので、
新鮮味がありました。
ギターの弾き方も上手くなってたと思うし、
MCから、それに関連した曲の持って行き方も上手い(笑)
成長したなと(笑)

ノーパンさんは、カバーがメインでありますが、
今時の年代の俺等には新鮮味があるし、
ノーパンさんの歌には、不思議な魅力があるんですよね。
技術がないと謙遜していますが、
全然俺よりもレベルは高いと思います。


さてKAZはというと、KANさん繋がりや、
お店の常連さんも来てくれて、嬉しかったです。

久々のトリで、ちょっと待ちは緊張しましたけど、
歌い出せば、緊張は吹き飛び楽しく歌えました。
MCは近所で起きている出来事や、
某メーカーからもらった食品の話や、
ダイエット用具の話など、何でもありだったなぁ~(苦笑)

今回は自分のライブを録音して聴いてみたけど、
ギターミスも多かったな・・・(苦笑)
まぁ~病み上がりで、練習が出来なったと
今更言い訳してみます(笑)

来てくれた皆さんありがとうございました。
また来てねぇ~(笑)


曲目
01.Message
02.青空へひびくメロディー
03.Image
04.桜の木の下で
05.なくしちゃいけないモノ
06.バイバイ


ライフアルバム

  • 音楽ネタ

いきものがかりの2ndCDのタイトルです。
2/13に発売になったので、本日Getしました。

life.jpg

結構この日記でも書いているので、
おわかりかと思うんですけど(苦笑)
いきものがかりが奏でるメロディーが好きで、
進んで聴くようにしています。

そもそもネットでSONYのHPで、
PVを適当に流していたら、
耳に馴染みやすい歌を歌ってるなと、
関心を持ったのが始まりなので、
1stCDの「桜咲く街物語」を聴いた時は、
衝撃的だったんですよねぇ~。

「桜咲く街物語」のアルバム内容も今思えば、
シングル曲が多いんですけど、
他のシングルを聴かないで、アルバム先行で聴いたので、
アルバム全体として、流れも良くて気に入ったんですよね。

今回の「ライフアルバム」は、
シングルは当然入るだろうけど、
カップリングも多くて、既に何回も聴いているので、
前作程新鮮味はないかも(苦笑)

それでも新曲は、いきものがかりらしい曲が沢山あって、
また何回でも聴くだろうなぁ~とは思います。

1曲目の「Good Morning」は爽やかなナンバーだし、
5曲目の「@miso soup」は、確かジャニーズでも、
こんなタイトルがあったと思うが(笑)
曲はかわいい感じで、ノリも良いし、
ボーカルの吉岡聖恵ちゃんの良さが全面に出ています。
6曲目の「ソプラノ」はバラード調で、アレンジも重みがあって、
じっくり聴きたいという感じです。名曲かも。
8曲目の「ちこくしちゃうよ」は、これもノリが良く、
サウンドは今っぽいのに、ボーカルのメロディーが、
懐かしさをかもしだしていて、ここら辺がさすがと思う。
10曲目の「ニセモノ」は、俺が聴いてるだけの範囲では、
珍しい展開の曲調で、若干80年代を意識させてる感じ?(笑)
11曲目の「東京猿物語」は、ライブを意識して
作ったんだろうと思う曲で、俺はめずらしく好きではないかも(苦笑)
12曲目の「月とあたしと冷蔵庫」は、
シメに相応しいバラード調の曲ですね。


個人的には、新曲がもう少し聴きたかったけど、
良いアルバムには違いない(笑)

同じような曲を作り続けていくと、
今の時代では飽きられてしまうので、
色々なジャンルの曲を取り入れていくのは大切で、
大事な点なんだろうけど、
いつまでも新しいんだけど、懐かしい雰囲気を感じさせる
曲を作り続けて欲しいと思うのでした。

あぁ~ファンは我が儘だ(笑)

こんなニュースを見てしまった・・・。

  • かなしい事

知的障がい者に「奴隷生活」 保護の4人経営者らを提訴

「10~30年余りにわたって無報酬で奴隷のように働かされ、
障がい者年金も横領された」などとして、
知的障がいをもつ札幌市の32~51歳の男女4人が13日、
働いていた食堂の経営者らを相手取り、
約4500万円の損害賠償を求めて札幌地裁に提訴した。
弁護士によると、住み込みだった4人は満足な
食事を与えられず、昨春に保護された時は
やせこけていた。歯磨きも長年しておらず、
緑色の歯石がびっしりたまっていたという。
経営者は保護の直後から行方がわからないという。

訴えたのは、32歳の男性1人と35~51歳の女性3人。
訴状などによると、4人は定食類を提供する
札幌市白石区の「3丁目食堂」で13~31年間働き、
調理室で調理や皿洗いを担当していた。

毎日午前6時ごろ起床し、仕事中はトイレに立っても
怒鳴られて午後10時ごろまで働かされた。
休みは月2回だけで、週1回、銭湯代が渡される他は
金を受け取ったことがなかった。入浴も実際は休日しか
許されず、下着は汚れたものをずっと使っていた。
親たちも知的障がいがあるなどし、
後ろ盾になれる状態ではなかったという。

電話相談で情報を得た弁護士が昨年6月、
4人を障がい者施設に保護した。
当時の4人は「早く食堂に戻らないと大変なことになる」
などとおびえていたという。

食堂の経営者らは4人の障がい基礎年金の手続きも
無断で行い、約2600万円を横領していた
疑いもあるという。弁護士が経営者に連絡がとれたのは
昨年9月が最後。経営者は「面倒をずっと見てきた。
責められることはない」と反論したという。
訴訟では、本人確認をせずに年金の振り込み口座の
開設を認めた信用金庫や、劣悪な環境を見逃した
障がい者支援団体も訴えている。

弁護士は「自己主張のすべがないのをいいことに、
奴隷のような環境で人格をおとしめた。
裁判を通じて警鐘を鳴らしたい」と話している。
4人は現在は健康状態が良くなり、
女性たちは化粧を楽しんで笑顔を見せるようになったという。

結局いつも弱者が辛い目に遭わされるんだね。
それこそ51歳の女性なんて、30年以上も
そういう環境にいたわけで、これって障がいがあろうが、
なかろうが、ずっと悪い環境にいたら、
誰だって感覚マヒして正常な判断は出来ませんって。

このニュースで本当に残念なのは、
まずは、4人の親も障がいを持っていること。

そして許されないのが、
市や区の障がい福祉課の担当者も、
数年前から実は把握していたこと。
この4人のいた寮を運営していた社団法人も、
状況を知っていたこと。
家族や身内でもないのに、障がい年金の手続きを
させてしまったこと。
何よりも雇っていた会社や職場の人間です。


障がいがあれば何をしても良いのですか?
弱者を奴隷のように扱っても、この国では許されるのですか?


残念なことで書いた、親も障がいがあるという点では、
本当に残念という言葉しか思いつかない。

許されないことで書いた、市や区の担当者とかは、
全てを把握するのは難しいでしょうけど、
せめて判明した時点で、何らかの措置を取っても良かったと思う。
他の方の記事を読んだ時に書いてあったのが、

「別に飯が食えてない訳でもないんでね」

と平然と語ったんだそうだ・・・。
こういう奴がいるから、どんな時代になっても
変わっていかないんでしょうよ。

同様に社団法人も、信用金庫も、
問題になってしまったからヤバイと思って、
どうにかしなきゃと考え出す程度で、
問題にさえならなければ、これから先も他人事なんでしょう。

当の会社関係者は、姿をくらましていて、
謝罪の言葉もないし、責任を取るつもりもない。
人の人生をなんと思っているんだか・・・。

でもこういう事件って、氷山の一角なんでしょうね。
怒りを顕わにしている俺も、何も見えてないんだろうし、
結局は他の人と変わらないのかも知れないけど、
もし近くの人が困ってたり、苦しんでいるなら、
少しであったとしても助けてあげられる人間になりたいと
改めて思い知らされる事件でした。

あぁ~記事が長いですね・・・。

怖いねぇ~

どうやら我が家の近所で昨日、
殺人未遂事件があったのです。

我が家から、1条1丁目しか離れていません・・・。
近所過ぎて怖いんですけど・・・。
早く捕まってくれればいいけど、
こういうのってなかなか捕まらないんだよね。

頑張って早く捕まえてよね、警察の皆さん。


体調は戻ってきました。
先日の日記を書いた後、夜中に38.5分もあり
さすがに焦ったけど、朝には平熱に戻りました。
だるいながらも会社に行ったけど、
結構しんどくて、特に急ぎの仕事もなかったので、
夕方に帰らせてもらいまして、
昨日も早く寝ました。

おかげで今日は、完全ではないけど、
普通に仕事を終え、今炊飯器でご飯が炊けるのを
気長に待っている状態です(笑)


明日はライブです。

琴似の夜
2月16日(土) 20:00~OPEN 20:30~START
場所:札幌市西区琴似2条3丁目1ー10共栄ビル2F Blue-Moon
チケット:1000円
共演者:あきる ノーパン

頑張りますので、遊びに来て下さ~い。
風邪で喉がやられてますが、
乗り切りたいと思います!!

飯食べたら今日も早く寝ます~。
皆さんもお大事に・・・。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4