2008年4月の記事一覧

自由と生存の連帯メーデー in 札幌

  • ライブ日誌

4月30日の昭和の日のこと。

外でのイベントは、ひっさびさですよね。
今回はメーデーが近いと言うことで、
働く人を含め、弱い者の立場の人が
もっと声を出していけるように訴えていくのが、
メーデーのコンセプトのようです。

まぁ~自分は、そこまで深くは意識せずに、
単純に歌わせてもらうつもりで参加しましたけど(苦笑)

出番は13時からだったので、
特に早く行く必要はなかったんですけど、
イベントに呼んでもらった以上は、
最初から参加しようと思ったので、
朝7時には起きて、用意して向かいました。

会場に着いてみると、
既に始まっていて、バンドが演奏していたりしました。
その後、弾き語りやDJなど色々出てました。

自分の出番になって気付いたんだけど、
参加者のほとんどが歌を聴いていないのね(汗)
取り敢えず音楽イベントであるならば、
興味はなかったとしても聴く姿勢はほしかったなぁ~と(苦笑)
一応頑張って「聴いていますかぁ~??」
と何度か問いかけてみたけど、
多分皆さんデモ行進の方が
気になっていたんでしょうねぇ~(汗)

IMGP0370.jpg

IMGP0371.jpg

IMGP0372.jpg

いや別に批判する気は毛頭ないんだけど、
音楽イベントとしては淋しかったなぁ~と
思っただけなんですよ・・・(苦笑)

KAZとしては、上にも書いたけど、
何とか周りを引き込もうとして声かけを
頑張ったりしてみたけど、反応無く(汗)
実際声もちゃんと出ていたかどうか怪しいです(苦笑)
夜の路上は声は出ていたけどね(苦笑)

時間も押していたようなので、
結局自分は4曲しか歌いませんでした・・・。
ちょっと残念だったなぁ~。
Peaceの時は珍しく3回もリピートさせてみました(苦笑)


でも呼んで頂けるなら俺は出ても良いかなぁ~
と思っております(笑)


曲目
01.なくしちゃいけないモノ
02.桜の木の下で
03.road
04.Peace


いいなぁ~

まだGWの人は(苦笑)
俺も個人的には休みほすぃ~・・・_| ̄|○

まぁ~それは良いとして、
先日やっと名探偵コナンの最新作を見てきました。
内容は特に触れませんが、
音楽を題材にしたのまでは良かったけど、
映画特有の迫力感に欠けたような気がする。
大体の映画のパターンはさ、
蘭ちゃんが凄いピンチに陥って、
それをコナンが助けるってのが、
暗黙の了解的な展開でしょ。
今回はそれがちょっと薄いような・・・。
それでもまぁ~話のテンポの良さとか、
ジャンルとしては音痴なコナンが、
妙に音楽の知識まで豊富なあたりが、
らしいなぁ~と感じてしまうところは、
やっぱり名探偵コナンのファンなんでしょうね俺は(苦笑)

次の制作も決まっているようなので、
毎回次こそはと期待してしまうので、
来年は、もう少しスリルとサスペンスを
織り交ぜてくれると個人的には嬉しいのでした。


さて映画を見に行くついでに、
琴似から大通まで徒歩で向かいながら、
途中で桜でも咲いていれば写真に収めようと
歩いてみたわけですが、まず寒い(苦笑)
でも懲りずにいつも歩くルートを歩いてみます。

しかし思ったよりも、歩くルートには咲いてない
事実が判明しまして、少し変更を入れながら
歩いてみると、北3条西15丁目あたりに、
咲いていたので写真に収めました。

IMGP0357.jpg

次は大通10丁目あたりと、
大通7丁目あたりに咲いていたので、
それを収めてみました。

IMGP0359.jpg

IMGP0361.jpg

円山公園に行けば、いくらでも咲いているんでしょうが、
そこまで遠回りすると、映画に間に合わないので、
断念しましたとさ(苦笑)


んで映画を見終わった後で、彼女と合流して、
飯を食べにアピアにある「赤とんぼ」に入ると、
男鎌田真吾カップルに遭遇し(苦笑)
適当に挨拶して、食べたらその場を去り、
KANさんの曲数が一番あるであろう、
狸小路4丁目にあるカラオケの鉄人だったかな??
のお店に行き楽しむはずが腹が痛くなり、
1時間ちょいでお店を退散してしまう残念な終わりでした。

こんな一日はどう~♪(汗)

週末ですな

妙に忙しかったこともあり、
あっという間に週末が来て嬉しかったりもします。
明日は絶対にコナンを見に行こうと思います(苦笑)

しっかしあれですね。
世の中は、すっかり春の陽気で、
暖かい日が続き桜も例年より早く咲き過ぎちゃって、
GWにはおそらく残らないんじゃぁ~??
というくらい札幌では満開なんだそうだ。

まぁ~満開であったとしても、
天気が味方をしてくれるなら、
それなりに残ってくれるんだろうけど、
風が強い日が続いているし、
日曜から雨も降るらしいから、
自分が花見を行う4/30にはなくなってそうなのが
ちょっと残念な気がしています。

ただ「花より団子」という言葉があるように、
花見やったって、どうせ焼き肉にしか
興味を示さないんでしょうけどね俺は(苦笑)

でもどうせだから、明日コナン見に行くついでに、
そこら辺の桜を写真に撮って
来れたらいいなぁ~と思っております。

さすがに明日は財布を忘れないようにしないとね(汗)

初めて

会社の代表や所長と、飲みに行った。
と言っても、今まで完全になかった
というわけではないが、少人数編成は初めてである。

会社の歴史や、今後の将来像や、
今まで対して話してこなかった、
自分の今の状態など、熱く語れたと思います。
来年には結婚するという話もちゃんと出来たし、
一応俺等の立場は正社員ということも分かった(苦笑)
あとは給料面の話を出来れば良かったが・・・
それは今日は言えなかった(苦笑)
また今度の機会にでも言えたらなぁ~と思います。

ずっと、ちゃんと話してみたいと思っていて、
でも仕事の時間帯や、終わった後で考えても、
タイミングが取れず、
ズルズルと今に至ったように感じます。
呼んでくれたら、いつでも付き合うのにぃ~
と言われましたが、そうそうは誘えませんって(汗)

さすがに1年半も働いているので、
代表とかに関してのお話は聞くし、
賛否両論はあるのでしょうが、
俺は結構、好きなんだよねぇ~。
そりゃぁ~全てのことを分かります!!とは
言えないでしょうけど・・・、
仲良くさせて頂きたい一人ではあります。

まぁ~こういう事書くと関係者から
まだまだ分かってないと言われるんでしょうが、
現時点の俺の心境としては、
そう思っているのですよ・・・。

個人的には、良い語り場だったと思う、
そんな今日この頃です・・・(笑)

路上ライブ

  • ライブ日誌

今年一発目の路上ライブでした。
思った以上に温かかったし、
沢山の人が応援に駆け付けてくれました。

IMGP0345.jpg

半年振りの路上ライブで
体力的には、しんどそうだったけど、
何とか1時間半を乗り切りました(笑)
実際の所、声は出てなかったと思うし、
疲れたぁ~って連発していたのは、
いただけないなぁ~とは反省しています(苦笑)

来週の4/29に札幌大通6丁目で、
イベントがあって、そこに関連した
イベントの担当者の方が来てくれて、
道新の方を連れてきてくれました。

色々写真とか取ってくれたので、
もしかすると、また記事にして頂けるかも知れません。
っていうか是非お願いしま~す(苦笑)

新聞に載ったりすると、結構良い勢いで、
1年を活動できたりするんだよねぇ~(汗)
去年はホントに良い1年だったからさぁ~。

まぁ~それはいいとして(苦笑)
今回歌っている時に、数人の女の子が止まって
聴いてくれていたんだけど、
歌い終わった後で、話しかけてくれたんです。
したっけ、突然泣き出してしまってね(汗)
私は結構おろおろしちゃってね・・・。
なんて声をかけたらいいのか困ったけど、
純粋にKAZの曲に感動してくれたらしく、
自身の辛かった話などをしてくれました。
ホントに辛かったんだろうなぁ~・・・
と色々考えさせられました。

それに歌を聴いて、感動することはあっても、
泣いたりすることもあるんだと改めて思いました。
しかも自分が作った曲に、
泣いてくれることがあるなんて、想像もしなかったよ・・・。
人前で歌っている以上は何かしら、
感じ取ってもらえたら凄く嬉しいし、
それを目指してやってきたから、
やっと自分自身に自信が持てたし、
やってきた音楽に対しても間違ってなかったのかなぁ~
って思うことが出来ました。
本当にありがとうと言いたいです。

IMGP0352.jpg

毎度毎度のことですが、
一発目の路上には音楽活動の楽しさを感じるし、
改めて皆に応援してもらえてることに感謝するし、
路上を手伝ってくれる人にありがとうと思うし、
今回のように偶然聴いてくれる人が沢山いるし、
何度言っても言い足りないんでしょうけど、
ありがとうございました。
今年1年応援して頂けたら、凄く嬉しいです。

ありませんか?

せっかく体調が良くなったので、
久々に街に行って、名探偵コナンの
新作映画を見ようとするも、
財布を丸ごと忘れ、諦めて帰ろうとすると、
たまたま札駅で「taspo(タスポ)」の
受付をやっていて、写真取ってくれるというので、
そのまま受付しちゃうこと??(苦笑)

ありませんか??

財布がなく、本当にやることがないので家に帰り、
火曜日路上STARTだから、
声だしをやりたくて、初の一人カラオケを
決行してみようと思い、車椅子でも入れるであろう、
カラオケ屋に行くも、実は段差があったという
事実を知り帰りに、本屋で立ち読みしてしまうこと(苦笑)

そんな1日でした(汗)

やっと

復活しつつあります。
彼女が言ってましたが、
俺と同じ、高熱が出て、吐き気におそわれる症状の
風邪が数人いるそうで、
今の風邪の特徴なのではないか?ということです。

なので、この症状が出たらKAZと一緒だ!?
笑い飛ばして下さい(苦笑)


さてさて、ついに今年の路上を
始める時期になったよ、そこの奥さん(苦笑)
何度も告知しているとおり、
路上&表だった音楽活動最終年に
相応しい1年にしようと思っています。

まぁ~出だしから若干の体調不良で、
スロースタートになりそうですが・・・(苦笑)

今更ながら、多くの人がKAZを応援してくれているから、
5年目に突入することができたんだと思う。

勝手に命名したKAZ一派の仲間や、
いつもお世話になっているBlueMoonの皆様や、
今は亡きブッチくんや、
KAZの歌が好きなんですと言ってくれる、しゅんくんや、
影で応援してくれている皆さんがいるから、
楽しく歌わせて頂けているんです。

伝えきれないくらいの想いが胸にありますが、
感謝しながら、皆さんの前で歌うつもりでいます。
あと1年温かい目で、
今まで以上に応援してくれたら幸いです。


まずは路上から!!
スタートは、4月22日!!
毎週火曜日 PM8:30~10:00まで
札幌狸小路3丁目ドンキホーテ前にて

[map:札幌市中央区南二条西3丁目]

1発目なので声は弱めでしょうが・・・(苦笑)
しっかりと歌ってきますので、
お時間のある方は是非遊びに来てください!!


追記:CDは延びそうだ・・・(苦笑)

なんでや・・・

  • かなしい事

風邪引いたようだ(苦笑)

週末の遊び過ぎからの疲れがたたって、
月曜の深夜から、火曜の朝には
寒気が急激にやってきて、
その次には、38.2℃の熱が出て・・・
その日は完全に一日高熱にうなされていました。
最高38.8℃まで上がって、マジでまいった(汗)

一応、今日朝に下がったので、
会社には行きましたけど、
結構しんどかったなぁ~・・・。

今日も早めに寝ることにします・・・。
Good Night・・・。

定山渓UNOの旅

定山渓まで行って何故にUNOかと言わないで下さい(汗)

まぁ~取り敢えず、土・日と定山渓に行ったわけですよ。
ちょっとした交流会をかねてかな??(笑)

車で送ってもらう関係から、
到着は7時過ぎになりましたが、
その後の朝まで完徹を考えたら、
遅くまで寝れたのは、
あのメンバー内では良かったかもね(苦笑)

行き先は「定山渓ビューホテル」。
なんかDJ等の、チェケラッチョのイベントがあったらしく、
いつもなら遭遇しないであろう、
人達と出会うのは面白かったけど、
お酒持ちながらエレベータに乗ってきて、
「あっ、(酒)飲みます??」って聞くのは止めて下さい(笑)
飲めませんから(苦笑)

そんな人混みを避けながら、
まずはCMで有名なバイキングへ!!

本当に色んなジャンルのメニューがあったけど、
ステーキとかは別料金で、しかも高かった(汗)
熊野牛があって、心境的には微妙でしたが、
やっぱ食べたかったかなぁ~??(笑)

ただ、どこに行っても麺物食べてる俺は、
バイキング向きではないのかもね(汗)

IMGP0335.JPG

IMGP0336.JPG

取り敢えず、取りに取りまくってみましたが、
いつも通りすぐにお腹一杯になり、
一切合切元も取れない私ですが、
残すのもしのびないので、
残ったメニューは、お隣さんへ無理矢理あげました(苦笑)

それを頑張って食べた、お隣さんは、
夜中ずっと胃が痛いと嘆いていたのに、
お菓子とかは普通に食べているので、
メンバーからは誰にも同情されない悲劇(苦笑)
俺が原因であるも、大爆笑してましたとさ(汗)

バイキングが終わってからは、
部屋へ行き、部屋に合わないシャンデリアがあって、
少しの談笑から、トランプ→UNOへ移行していきました。

IMGP0340.JPG

トランプは「ババ抜き」ならぬ、「ジジ抜き」をやることになり、
実はKAZは知らなかった(苦笑)
「ババ抜き」は単純明快、
ババを最後まで持ってたら負けだけど、
「ジジ抜き」は、まず1枚のカードを
抜いておき隠しておきます。
当然、抜いたカードの中身が何なのか分かりません。
それを最後まで分からないままゲームを進めます。
だから誰も、本当のババの正体が分からないから、
結構それだけでもスリリングがありますよね。
取り敢えずは、負けませんでした(笑)

んで、朝まで続くUNO大会へ進んでいきます(苦笑)

UNOをやるなんて、10数年振りでしたが、
やり始めるとカンは取り戻せました。
でも地方によってルール違うので、
所々確認が必要になりました。
しかも最初のゲームなんて、全員が終わるまで、
45分以上もかかったんだから終わった人(俺)は暇だったよ。

ずぅ~っと、続いていくゲームの中、
一人眠りに落ちて、また一人落ちていき、
最終的には俺を含め、5人で朝飯の7時までやってましたとさ(汗)

さすがに朝飯食べると眠くて、
落ちてしまいそうでしたが・・・寝ると起きれなさそうなんで、
諦めて頑張って起きてましたよ・・・(苦笑)


その後、チェックアウトして帰る途中のドライブで、
定山渓名物??の「カッパ大王」を写真に収め、

IMGP0342.JPG

さらにニュースで見た、鯉のぼりの大群を見て、

IMGP0343.JPG

家まで送ってもらいました。

運転手の方は、単純に30時間以上起きていたと思いますが、
最後まで起きていたのには、単純に拍手を送りたいですね(汗)
ホントお疲れ様でした。
幹事さんも、他のメンバーもお疲れっしたm(_ _)m

でもどうせなら、湯につかりたかったです(苦笑)
もう一人介護士さん探そう俺(笑)

またかよ!!

我が家の前で、火事が起きました(苦笑)
今度は小火ではなく、本物の火事でした。
今年に入って2回目だし、どうなってんの??
何かしら我が家を取り囲んで、
災いが起きていますなぁ~・・・。

P1030074.jpg

P1030075.jpg

みんなもホントに気を付けてね(汗)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4