2008年5月の記事一覧

つながれ!ひろがれ!春のひのき屋コンサート

  • ライブ日誌

まずは寒かったぁ~・・・。
明日から6月ですよ、あぁ~たぁ~(苦笑)
野外のライブは気持ちいいんだけど、
寒さにはとことん弱いですよねぇ~。

それでも、約100人以上の人達は、
最後までいて、楽しんでいたようです。
俺は最後の方は、ちょいしんどかったです(汗)


ライブの方は、声をちゃんと出せるように、
朝7時には起きて準備していたけど、
単純に寒さにやられて、そんなに声は出てなかった思う(泣)
朝早く起きれば出るというわけじゃないのかね?
でも寝起き程、声の出が悪いことはない(苦笑)
それだけは良く分かっているんだけど、
イベントのたびに朝早く起きて歌うけど、
良い声が出ている記憶があまりなし(苦笑)
取り敢えず、これからも早起きします。

にしても3曲だったので、
あっという間に終わった気がします。
沢山の人がいましたけど、
関係者が多数で、俺は知り合いがほぼいなくて、
寂しかったなぁ~なんて(汗)

共演者に会社の同僚のミスターがいたけど、
あっちはメンバーが沢山いたしねぇ~。

唯一、やたやんが来てくれたのが嬉しかったです。
キャットさんが歌う前に来てくれたけど、
仕事で戻ってしまって、多分仕事が
終わらなかったんですねぇ?(苦笑)


もう一グループの「ひのき屋さん」が
結構今までにないジャンルの音楽で新鮮でした。
4人全員が色々なパートをこなすことが出来るし、
全員歌も上手いし、リズム感もあり楽器も上手い。
楽器名は忘れたけど、民族系の楽器も取り入れて、
新たな音楽のジャンルとして良いなぁ~と思う。

海外をまたにかける程、忙しいグループのようで、
ちょっと羨ましかったり(笑)

最後の方は寒さに負けて、聴き込めなかったけど、
迫力満載のライブでしたよ。
機会があれば、もう一度見てみたいと思いました。


最後に、あの素敵なアウェーの中(苦笑)
声をかけてくれた「みくさん」で良かったかな??
ありがとうございました。
やたやんもありがとう~。
その後の、いわちゃんもありがとう~(笑)


曲目
01.Message
02.road
03.Peace

もう5年も

  • ふと思う事

人前で歌っていることに改めて気付いた(苦笑)
というのも、HPアドレスのドメインの
更新時期になったのです・・・。

これはこれでお金がかかるので、
切ない部分も多々あるものの、
音楽活動をすると決めた時から、
ドメインを買ってでも、分かりやすいアドレスにしたく、
KAZと言えば、「kaz-sing.com」と
広く認知されていけばいいなぁ~と思ったのです。

現実問題として、そこまで広くは認知されていないし、
要は自己満足的な発想になるとは思うんだけど、
でも今更、他のアドレスには変えれないなとも思う。

この5年で、当然音楽の成長もあったと思うけど、
HPの知識やデザイン力も充分勉強できたし、
わざわざドメインまで買ったんだからと、
自分に活を入れながら駆け抜けてきた気がします。
これからも頑張るマンでいきます!!(苦笑)

さて明日は、大通公園でライブです。

つながれ!ひろがれ!春のひのき屋コンサート
5月31日(土) PM13:00~START
場所:札幌大通公園6丁目
チケット:無料
共演者:ひのき屋 北方派五分楽団

PM14:00までの1時間の間で20分程歌います。
若干の寒さと戦いそうですが(汗)
お近くにお越しの際は遊びにきてちょ!(苦笑)


どうでも良いけど、僕らの音楽のオープニングが、
「Sony Presents」から「KIRIN Presents」に
変わったのね・・・(苦笑)
何か違和感があって(汗)

「Superfly」いいですなぁ~。
誰かCD貸して下さ~い(苦笑)

購入意欲のわかない

  • モバイル

機種だらけですね、Docomoさん(苦笑)

昨日、906iシリーズと、706iシリーズの発表が
あったようで、気になる俺はネットで調べてみました。
目立った内容としては、動画への力の入れ方と、
ハイスピードに関して力を入れたくらいかな?
あとはほぼ全機種にワンセグを搭載したくらいですな。

一機種だけ、家庭内の無線LANへ繋げて、
電話代を安くしたり(ホームU)、
共有できるサービス(ポケットU)も始めるようだけど、
本当に今それが必要ですか??

デザインもイマイチだし、
何よりも三菱(D)携帯がないのが寂しすぎる。
今回機種の中には三菱のスライドを
意識させるデザインもあったけど、
706i系だから画面も妙に小さいし、
格好良くはなかったなぁ~。


Docomoは客離れを防ぐために、
「Answer」という、キーワードを掲げて、
客の意見に真摯に対応していく方針を打ち出して、
長年親しんだロゴの変更まで決めて
(auに似ているという声も多いが(汗))
頑張ろうとしているんだろうけど、
新機種があれでは正直ユーザーとしては厳しい。

これなら907iまで待つべきなのだろうかね?
それとも最後の別れにD905iを契約しようかな(汗)
906iシリーズが出れば、少しは安くなるよね??

あぁ~つまらん機種をださんでくれよぉ~(苦笑)

路上ライブ第4弾

  • ライブ日誌

先週は大雨のためお休みしましたが、
なんか飛び飛びでやっているので、
いまいちノリきれていないような感覚でした。

それに今日は風がえらい強くて、
当然寒さもましていて・・・(汗)
若干挫けそうになりましたが、
前回の路上で、いわちゃんがカイロをくれたので、
大変助かりました。

カイロと言えば、今回は黄門さんが
わざわざ買ってきてくれました。
ホントすみません(苦笑)

今年に入って、毎週のように誰かかれか、
路上に遊びに来てくれます。
本当に有り難いことです。
色々な人に応援してもらって、支えられているからこそ、
多分俺は歌うことが出来ていると思います。

昨日の日記で、夏の予定を書いていきましたが、
福祉関係のイベントが増えてきているので、
こういう機会を元に、みんなに逆に元気になってもらえるように
歌っていきたいと思っています。


それにしても今日の俺は、
よ~~~く声が出ていました(笑)
多分ここ数年の中で一番声が出ていたと思います。
いつも歌い慣れている曲でさえ、
カポ1つ上げても大丈夫だったかも(苦笑)

今日がピークにならないことを、
自分自身に活を入れながら、今年は乗り切っていきます(苦笑)

おそらく家族連れだったと思いますが、
CDも買って頂いて本当にありがとうございました。
1stCD早めに増盤しますので、
いましばらくお待ち頂けたらと思います(汗)

黄門さん、かもさん、クズハくん、やたやん、RYOさん
見に来てくれてありがとうございました。
今後もよろしくどうぞぉ~(苦笑)


曲目
相変わらず、覚えておりません(苦笑)

ありがたいことに

  • 音楽ネタ

参加するイベントが決まってきました。
7月以降は、今年も多忙になりそうですぞ(苦笑)

取り敢えずほぼ決定は↓

つながれ!ひろがれ!春のひのき屋コンサート
5月31日(土) PM13:00~START
場所:札幌大通公園6丁目
チケット:無料
共演者:ひのき屋 北方派五分楽団

まるやまミュージックソン
7月6日(日) 17:00~START
場所:札幌市中央区南6条西18丁目 アンジュ
チケット:無料
共演者:多数

サッポロ・シティ・ジャズ2008
7月20日(日)・7月21日(月)のどっちか(汗) 未定
場所:札幌大通近辺
チケット:無料
共演者:沢山

いけまぜ夏フェス08’in 日高(予定)
8月2日(土) 未定
場所:北海道沙流郡日高町松風町2丁目254番地の1 北海道日高町立日高小学校(予定)

札幌平岡デイサービスセンターふれあい 夏祭り
8月3日(日) 時間未定
場所:札幌市清田区平岡二条3-6-8


当然路上も、同時進行していきますし、
他にもライブもはさんで行きたいと思います。
福祉系からのオファーも少しずつ入ってきているし、
段々楽しくなってきましたねぇ~。

6月とか8月後半は、まだ決まってませんので、
歌え!!というなら今ですよ奥さん(笑)

体調悪くしてる場合じゃないですね(苦笑)
頑張って駆け抜けていきたいと思います。

めざせアニソングランプリ!!

  • 音楽ネタ

昨年、ホントに偶然札幌ファクトリーへ行ったら、
アニキこと水木一郎氏が審査員する、
アニソングランプリの札幌予選がやっていたんですよ。
そこには知り合いのhinaちゃんも出場していたし、
面白いなぁ~と思って、全部見ていたんです。

それこそ来年は出場できるものなら、
してみたいと思っていました。

したっけ有力情報をGet!!(笑)
今年もやると言うじゃぁ~あ~りませんか奥さん(汗)

詳細は↓
第2回全日本アニソングランプリ


基本俺の歌っているジャンルは、
アニソンとはかけ離れているとは思うけど、
最近じゃぁ~そんなにアニソンとの枠はなくて、
アニソン自体がヒットした曲も沢山あるし、
どういう世界であり、プロへの近道がそこにあるならば、
審査が通るかは別としても、
音楽家としては血が騒ぐわけですよ(苦笑)

と言うわけで、カラオケに行って
自分で歌ったアニソンを録音して、
応募してしみることにしました(笑)

せめて予選には出場して、
アニキの前で歌を歌ってみたいです。

そこのアニソン好きなあなたも、
是非応募してみては??(苦笑)


情報提供のRYOさんThanksです!!

最強ドクター

  • ふと思う事

という番組がやってました。
確かに、この番組で取り上げられた人達は
本当に凄いと思った。

改めて人間の身体ってのは、
弱く脆いものであるとも感じれました。

でもその中でも、最先端の技術や、
取り組みなどから、救われる命もあれば、
例え命が尽きることを宣告されたとしても、
生きる希望を持たせることも出来るんですね。

ガン専門の病院で、緩和ケアの看護師長さんの
特集も組まれていました。
番組を見るまでは、俺も他の人と同じように、
治療方法がなくなり、亡くなる直前の
人に対して行うケアだと思っていて、
でもそこでは「生きるためのケア」という
理念のもと患者さんに接していました。

ガン=死。
やっぱどれだけ医療が進んでいたとしても、
誰しもが頭によぎることだと思うんです。
しかも突然亡くなるわけではないし、
徐々に身体が弱っていって亡くなっていくので、
そこには死への恐怖や、精神の崩壊や、
痛みへの我慢、治療への不安・副作用など、
数え上げたらキリがないくらい、
マイナスな要素が心を締め付けますよね。
予め辛いことが予想されるなら、
死にたいと思うことも考えて当然なんじゃないかと思う。

でも例えば、痛みがあるなら取り除いてあげて、
募る不安があるなら、いつまでも話しを聞いてあげて、
一緒になって想いを共感できるのであれば、
それは、死にたいという気持ちから、
まだ「生きていたい」と思うように切り替えられるように、
捉えられたら良いことですよね。

病は気からという言葉もあるように、
気持ち次第で奇跡が起こることもあります。
当然逆もしかりですが・・・。

もう一つ印象に残った言葉があります。
あるガン患者さんの息子さんの言葉です。

「いつ死んでもいいと思って最後を迎えられるよりは、
どうしてもまだ生きていたいと、
もがく方が生きる希望を持っているからいい」

この言葉、俺個人としては分かります。
3年前、自分の母親が大腸ガンになって
医師から宣告された時に、
「もういつ死んでもいいや」
と、ボソッと言ったんです・・・。
これはやっぱ家族として非常にショックで、
凹んでられないんだけど凹みました。

手術は無事に成功して、
今は元気にしていますけど、
そういう言葉って案外消えないんですよね。

まぁ~それはともかく、
薬で痛みが取れたり、
カウンセリングによって精神的に楽になることによって
病気と前向きに向き合ったり、
病気と戦う気力が戻るのであれば、
緩和ケアという存在は、
もっともっと増えるべきであると思うのでした。


良い病院・医者・看護師って、人それぞれだろうし、
みんな同じ人間ですからね。
完璧を求めること自体が無理があると思うんですよ。
良い時もあれば、不調な時もある。
ただ治療として上手く行かなかった時に、
人間として誠意を持って対応してくれれば、
医療裁判も減るとは思うんですよねぇ~・・・。
なんてあまいことを最後に書いてみました(汗)

ゴールドコンサート

  • 音楽ネタ

毎年10月に行われる、
障がいのある人のための音楽イベントです。
そうは言っても、東京での話なんですけど。

全国には、俺と同じように音楽活動を頑張っている
障がい者が結構いるんですよね。
そこそこメジャーなのが、めざましテレビで
取り上げられた「森 圭一郎」でしょうし、
そういう積極的に真剣に、
音楽に取り組んでいるチャレンジドを対象にした
音楽イベントなんだそうです。

主催者・企画運営者・出場者など、
障がいのある人がメインとなって運営しているんです。

このゴールドコンサートを知ったきっかけは、
昨年、札幌で発行されているボランティアマガジン
ボラナビ」の運営をされている代表の方に
会う機会がありまして、そこで情報を頂いたのです。
残念ながら昨年は、募集時期が終わっていたので、
送るのは無理だったんですけど、
今年は若干の遅れはあるものの、
問い合わせしたら、聴くだけ聴いてくれるというので、
速達で送らせて頂きました。

今年で5周年目を迎えるようで、
東京国際フォーラムでイベントを行う程、
大きいイベントのようです。

全国から募集をするくらいなので、
毎年100組くらい応募があって、
そこから1時審査で、12組に絞って
当日の本戦に進めるんだそうです。
更にその中から、グランプリを決めたりして、
プロと共演できる権利などもあるんだそうだ。

んでもし12組に選出されたら、
交通費は全額支給してくれて、
付き添いの方も、多分半分くらいは支給してくれるらしい。
ホテル代とかは自費でしょうが(苦笑)

まぁ~さすがに100組もいるんであれば、
そうそう上手く事は運びはしないでしょうが、
なんか記念でも良いから、1時審査が通らないかなぁ~
なんてあまい夢を見たりもするのでした(苦笑)

6月末には結果出ていると思うので、
分かったら、素直に日記にアップします(笑)

よく降る

雨だこって(苦笑)
そのおかげで路上はお休みです。
最近路上が楽しみであっただけに、
何か残念な感じ(汗)

5月になってから暖かい日を感じないね。
4月が5月だったくらい暖かかったのになぁ~。

来週は暖かくなりますように。


まぁ~おかげで最終予選初めて、
女子バレーが見れるんですけど(汗)

今時点までは、2戦は勝っているようだし、
カザフスタン戦も、2セットはとっています。
高さにはなかなか太刀打ちできなくとも、
スピードがあるし、木村・栗原のバックアタックは
結構見ものですよねぇ~。
女子と言えども、男子に劣らないくらいの
迫力が今の女子バレーにはあるから、
爽快に見ていられるんですよ。

なんとなくリアルタイムで見れる日が減ってきてますが、
頑張って勝ち抜いて、オリンピックへ行って、
何十年振りかにメダルを取ってもらいたいですねぇ~。

札幌にもあったんだ

先日、かものはしさんの日記を読んでいると、
世の中には、色々な種類の「ラムネ」があることが、
事細かく書かれていて、どうやらその謎の「ラムネ」は、
東急ハンズに売っているらしいとのこと。

基本的に好奇心旺盛な俺は、
早速現場へ駆け付けてみました。

したっけ、本当に「ラムネ」だけで
思った以上の種類があることを知りました。

なかでも、流石は異才の異名を持つ
かものはしさん情報の通りありました。

「危険ですので絶対に飲まないでシリーズ」

わさびラムネ
たこ焼きラムネ
杏仁ラムネ

あまりの衝撃ネームに写メに収めました(苦笑)

P1030078.jpg

思ったのは意外にも値段は高く、
遊び半分で買うには相当の勇気がいるであろう、
このおバカラムネシリーズに、
俺は・・・手を伸ばすことが出来ませんでした(汗)
こんなの買う奴いるのか??
と冷静に思っていたら、「あっ、かもさんが・・・」
なぁ~んて考えてしまったのです(苦笑)

ちなみにラムネ以外にも、サイダーシリーズもあり、
これなら飲んでも害はないだろうとのことで、
スイカサイダーと、パインサイダーをGetしてみました(苦笑)

IMGP0381.jpg

いずれ彼女が来たら、一緒に飲んでみます(笑)

ところでスイカサイダーの柄を見て、
やまだかつてないCDを思い出すのは
俺だけではないはずだ・・・(苦笑)
「さよならだけど、さよならなじゃない」は
KANさんが作った名曲の一つでしたなぁ~(笑)


KANさん繋がりと言うことで、もう一ネタ。

6月20日に行われる
KANさんのライブのチケットが無事に届きました!!
チケの写真をUPするか悩んだけど、
載せてしまいます(笑)

IMGP0377.jpg

ライブタイトルが・・・「ウルトラタブン」(苦笑)
これだけで充分に、どういう画像かお分かりだと思いますが(汗)
やっぱり「ウルトラタブン」でした(苦笑)

期待を裏切らないところがKANさんらしいし、
このチケットのために、真剣に撮影している姿を
想像するだけで、充分に楽しめました。

席は4列目らしいので、位置としては見やすいかも?
取り敢えず、このライブを楽しみに、
日々の仕事に耐えて、
自分のライブも頑張っていこうと思います(苦笑)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4