2008年7月の記事一覧

時間がぁ~

…ない(苦笑)

仕事は月末だから忙しい。
今週は取材で忙しい。
週末のイベントに向けて、
練習したいけど、CDも増盤したいし、
子供たちへ歌う予定の曲も
覚えきれてないから覚えたいし、
とにかく時間がないっ!?(汗)

矢沢の永ちゃんじゃないけど、
時間よ止まれ~♪
ってな気分です(苦笑)

さて最優先課題はどれだ?(汗)

…睡眠かな?
それとも…いや睡眠だ(苦笑)

寝ます。
あでゅ~♪

路上ライブ第13弾

  • ライブ日誌

7月29日の話。

実はこの日、夕方からTVの取材が入っていて
仕事の風景や、家での風景、
路上活動へ向かうための準備など、
撮影してくれました。

そのまま、一緒に路上場所まで行き、
路上ライブの様子も撮影されていきました。

路上のライブにTVカメラは
そうそう来ないだろうから、
珍しいのか結構な人が止まって聴いてくれました。
最大で40人近くはいたんではないでしょうかね?

その中でも、真剣に聴いてくれていた人が
数名はいたように思います。

偶然に通りかかった状態から、
気に入って来てくれるようになった
黄門さんとかいますから、
今回の撮影などもきっかけになれば
良いなと思っています。

無事にライブ終了後、
その場でのインタビューが始まり、
俺だけのインタビューではなく、
偶然通りかかった女性や、
いわちゃんと黄門さんのツーショットや、
RYOさん単独のインタビューなど(苦笑)
面白い空間だったなぁ~(笑)

なんでか道新の人もいたようで、
新聞とかもきそうですかねぇ~??(苦笑)

路上には久し振りに、やちこさんが来てくれたり、
そのまま打ち上げまで参加したりなど、
KAZ一派とも仲良くなれたろうから、
楽しかったですよねぇ~。

これから、もっと暑い日が続きそうですが、
頑張って乗り切っていきたいと思うし、
応援してくれる皆さんも、一緒に頑張っていきましょう。

放送楽しみですね(笑)


曲目
思ったよりもたくさん(苦笑)

今夜の路上は

TVカメラが取材に来るぜ!!
映りたい方は、狸小路3丁目へGO!!(苦笑)

詳しくは

書けないんだけど、
近々ビックサプライズがありそうです。
しかもメディア関係です!!

先週のサッポロ・シティ・ジャズの時に、
名刺を頂きまして、そして数日たった頃に、
ご連絡を頂きまして、
土曜日にお話をしに行きました。

とっても気さくに話をして頂き、
俺も普段の自分を出せたのではないでしょうか。
でもまだまだ、序章なのです(苦笑)
今週は、色々と忙しくなりそうですよ。

日程など決まりましたら、
速報で日記に書きますので、
ここ数日の日記に注目あれ!!

夏になると

一度は食べたくなるもの。
名前が分からないんだけど、
近くのダイエーに売ってたので、
買ってきました(苦笑)

それがコレ↓

20080726130026.jpg

イメージでは駄菓子屋で売ってる
確か「チュウチュウジュース」と思っています。
冷凍庫で凍らせて食べると美味しいんだよね。


詳しく名前が分かる方がいたら教えてチョ(苦笑)

目指せ

KAZホームページ「60000」アクセス!!

ほぼカウントダウン状態ですので、
アクセスをふんだ方は、是非書き込み願います。
景品は・・・アイスをプレゼント(笑)

書き込み待ってるぜ!!(苦笑)

揺れた(-_-;)

岩手の方で大きな地震があったようです。
先月も岩手の方であったし、
本当に恐いですよね。

怪我人とかいなければ良いけど、
さすがに震度6もあると、
全員が無事はありえないよね。

札幌も結構揺れましたよ(汗)
マンションとかは、高さがあるから
無駄に揺れるんだよね(苦笑)


ハイテクが進んでいるものの、
自然には対抗できないのねぇ~。
しかもいつ起きるかも解らないのは
ある意味一番恐いもんです(苦笑)


皆さんが無事でありますように。

路上ライブ第12弾

  • ライブ日誌

実は路上ライブを入れると、
4日間連続のライブで、ここまで重なるのは
本当に珍しいことなのですよ。

さすがに、この日は体的に辛かった・・・(苦笑)
朝だって全然動くのしんどかったし、
1日中、睡魔と戦っていたし、
一体何をしに会社に来ているのか
分からないくらいでした(苦笑)

何とか、仕事をこなし帰る時間帯に
雨が降っていたら今日は中止にしようと思っていて、
予報も雨が最有力でした(笑)

したっけさすがは晴れ男(苦笑)
見事にライブ最中、その後のディナータイムと
帰る道のり、一滴も雨は降りませんでした(笑)

ここまできたら、絶好調に歌うしかありません。
いつもの場所に行くと、既に先週いた路上人達がいて、
仕方なく場所を3丁目の奥に移動して
路上ライブをスタート!!

KAZ一派の皆さんに見守られ、
歌い始めると、自分的には喉に違和感があるも、
聴いている人たちからは、
今日はよく声が出ていると、お褒めの言葉(笑)
連日歌っているせいか、声の出が良いようです。
やっぱ歌い手は、常に歌っていることが
大事なんだなぁ~と考えさせられました。

でもやっぱ、人の止まりを考えると、
いつもの場所の方が止まってくれるなぁ~
と思ったので、来週からは早めに行こうと思います。

ディナーはラーメン屋へ。
つい2ヶ月くらいまでは喫煙OKだったのに、
いつの間にか・・・禁煙に(汗)
ラーメン屋で禁煙って・・・致命的じゃね(苦笑)
お客減るじゃんって思うけど、
結構な客の入りだったのを鮮明的に覚えています(笑)


いつも見に来てくれている、KAZ一派の皆様、
本当にありがとうございます。
あと2ヶ月、よろしくどうぞぉ~(笑)


曲目
・・・フィーリングで(汗)

ど・ど・ど・とうの

3日間でした。
7月19~21まで、世の中は真夏の3連休だというのに、
俺は全て音楽イベントでした。

詳しくは別途レポを書くので、
そちらをチェックしていただけたらと思うんですけど、
簡易的に書いていくと、
19日は会社のバザーに歌い手として参加し、
風船家NORIさんを呼べたのは良かったです。
でも暑くて、2時間半しか歌えませんでした。

20日は琴似にある、
コンカリーニョというところで夏祭りがあり、
そこで歌わせていただきました。
朝の11時半過ぎに歌ったので、
終わったら少しお祭りを堪能して、
珍しく手稲まで行き、パソコン工房へ
DS用のマジコンをGetしまして、
今後ファミコンソフトなどを突っ込んで
遊んでみようと思っていますが、
あまりにも多忙だったので、
まだ開封すらしていません(苦笑)

21日は、サッポロ・シティ・ジャズのイベントがあり、
札幌駅南口で歌ってきました。
音響設備も良くて、良い音で歌うことができました。
トップバッターだったので、
人はほとんどいなかったんですけど(苦笑)
それでも歌っていると、どんどん集まってきてくれて、
思ったよりも良いSTARTをきれたような気がします。


しっかし、全てに共通して言えるのが、
ほぼ午前中に歌うと言うこと(汗)
基本夜型人間ですから、朝から歌うとなると、
声の出が良くなるのは、やっぱ早くても、
歌う5時間以上前に起きないと
何となく、ガラガラ声だったり、しゃがれ声だったりと、
いつもの声で歌うというわけには
いかなかったりするんですよねぇ~・・・。
今回の3日間は、朝の6時に起きて、
お腹に力が入るように朝食を食べて臨みました。

結果的に、それなりに良い状態で皆さんに
聴いてもらえることができたかなぁ~なんて思ってます。


もう既に体力的には限界に
達しているのにも関わらず、
その足で「ケーエーゼットオフ会2 副題:『肉会』」を
開催して頂き、前回と同様に
豚タンをひたすら食べていたことは言うまでもない(汗)

今回の参加者は、
1次会が、KAZ・RYOさん・やたやん・いわちゃん・
しょこたん・teaさんの6人で始まり、
その後、2次会のカラオケ大会では
黄門さんとまゆげくんが参加して、
8人という順番がなかなか来ないカラオケに突入です(苦笑)

でもこのメンバー侮るなかれ(汗)
みんな芸人でしょうよ!!と言いたいくらい、
2時間大爆笑の連続でした(笑)
あれ程、笑えるカラオケはないですよ(苦笑)
あのメンバーだから、ついて来れたろうけど、
普通の人が入ってきたら絶対引いて帰ると思う(笑)

黄門さんは最高にノリが良いし、
しかも歌が本当に上手いです。
しょこたんは何歌っても「かわいいぃ~」と
オヤジ軍団からいじられ(苦笑)
まゆげと、RYOさんは完璧芸人だし、
やたやんはバラード歌うもみなにジャマされ(苦笑)
いわちゃんは呼吸困難になりそうなほど、
笑って倒れ込むし(苦笑)
teaさんはひたすら爆笑しているし、
こうみると普通に歌ってしまった俺が
実は一般人だったのではないか?って思う(笑)

2時間で、予想以上の疲れ方をしたけど(笑)
でも、あのメンバーであれば、
2時間では絶対に足りないと思う(汗)
今度は、もっと早めに取り組んで、
カラオケオンリーの大会もやりましょう。

絶対にみな、もっともっとネタを持っていると思います(苦笑)

サッポロ・シティ・ジャズ

  • ライブ日誌

3連休最終日に相応しい天気の良さで、
しかも場所は札幌駅南口ときたら、
体力的にはグッタリしてたけど、
気合いは必然と入りますよね!!

札駅で歌うのは昨年の11月以来だから、
結構嬉しさがありましたよ。

でもなにぶんトップバッターでしたからね(汗)
最初は全く座っている人がいませんでした(苦笑)
さて、この状況を打破する方法は
悲しいかな思いつきませんでしたが、
嵐の連休ライブ最終日でしたから、
そして朝早くから起きているんだから、
全力で歌おうと決めて歌い始めると、
チラホラ、チラホ~ラと人が集まってきました。

気がつけば、座る席はほぼ埋まっていました。
本当に全力で歌ったし、何よりも音響設備が本当に良くて、
気持ちよ~く、青空へ歌うことができた気がする。

0080.jpg

PAの人も、ある程度のフィーリングで、
音調整とかもしてくれたようで、
リバーヴとかも綺麗に出ていたそうですよ。
音の良さでは、小樽のウイングベイ以来らしい。
歌っている本人も音の良さは分かるけど、
お客さんの立場で聴いてみたいもんです(苦笑)

ライブ終了後は、CD1枚買っていただき、
大変ありがたかったです。
他にもHBCの編成部マネージャーさんから、
名刺をもらって電番交換したりと、
今後にも繋がるような出会いもあり、
最終日に相応しい一日となりました。

その後、夜の「ケーエーゼットオフ会2 副題:『肉会』」へと
続くのでありますが、それについては先日書いたので、
省略させていただきます(苦笑)

思い出すだけで、
アーッシャシャシャシャシャシャシャと
笑えてくるから素晴らしい(苦笑)

見てくれたお客さん、
RYOさん、teaさん、KAZ一派の皆さん
あざぁ~すm(_ _)m


曲目
01.Message
02.桜の木の下で
03.road
04.なくしちゃいけないモノ
05.ありがとう

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4