eye.jpg

いけまぜ夏フェス08 in 日高

  • ライブ日誌

いけまぜ夏フェス08'in 日高

昨年参加して以来、
1年に1回の恒例行事になりつつある、
「いけまぜ夏フェス」ですが、
今年は道南の日高で開催されました。

これは別に招待されたわけではなく、
自分の意思で参加したく、今年も申し込みしました。

障がいを持つ子供達にも、
外に出る機会や、キャンプを楽しんでもらおうと、
お医者さんや看護師さん、介護士さんや
ボランティアさんなど、色々な職業の人が
子供達のためだけに焦点をあてて
考えられたイベントで、今回で10回目になります。

年々参加者の数が増えてきて、
今年は800名程参加されたようです。

IMGP0390.jpg

個人的には障がいを持つ立場の先輩としてね、
もう少し大人になってくると、
イヤなことや辛いことなど出てくると思うんだけど、
例えば俺を思い出してもらって、
あぁ~いう大人もいたなぁ~って思って欲しいし、
お母さんお父さんには、将来のイメージがわくことによって
安心できる気持ちを持って欲しい、
そんなことを音楽という形で、
伝えることが出来たらと思って昨年参加させて頂きました。
当然今年も同じ気持ちで参加したんですけどね(笑)

昨年は、RYOさんと二人で参加したんですけど、
今年はもっと色んな人に知ってもらいたくて、
KAZ一派の数名に一緒に参加してもらいました。

いわちゃんの、バルーンアートも
絶対に子供達に喜んでもらえると思ったし、
やたやんや、クズハくんは子供受けすると思ったし、
RYOさんと俺は子供好きですから(笑)

日高への道のりは遠かったけど、
何だかんだ車内で会話していると、
結構あっという間に着いた感覚でした。
まぁ~やたやんは運転辛かったと思いますが(苦笑)
お疲れ様でしたm(_ _)m


当日は雨降っていて、残念な感じでした。
それでも子供達は雨なんて「そんなの関係ねぇ~」
と言わんばかりの元気元気で、
30歳を過ぎた俺にはまぶしかったです(笑)

先程書いたように、自分の歌以外にも
喜んでもらいたくて、いわちゃんにバルーンアートを
お願いしました。
場所は一緒の場所をセッティングしてもらって、
バルーンアートの横で路上ライブでした。

雨が相当凄く降っていたので、
そんなに外に出てこないと思ってたけど、
蓋を開けてみれば、バルーンアート大人気(笑)
そりゃぁ~普段目に見る機会が少ないだろうから
欲しくなったりするよね。
時間として2時間をもらっていたんだけど、
ずっと長蛇の列でした(笑)
時間内に収まらなくて30分程オーバーしましたが、
それだけ子供達がバルーンが欲しかったんだと思う。

IMGP0399.jpg

その笑顔を見ていたらね、
いわちゃんや、やたやんは大変だったと思うけど、
参加してもらって良かったなぁ~って
心から嬉しくなりました。

あの笑顔が一番の収穫だったような気がします。

俺はというと、いわちゃんに便乗して、
歌っていたけど、やっぱ「崖の上のポニョ」とか、
「となりのトトロ」とかの方がウケが良かったよ(苦笑)
この点は、素直に分かっていたんだけどね(笑)
だからこそ、セレクトしたんで
喜んでもらえたから良かったです。

IMGP0391.jpg

だけど、去年いたってことを覚えてくれている人もいて
こういうのって何か嬉しいよね。

歌い終わった後には、握手を求められたりしてね。
少しは俺の役目も、ちゃんとあると思えました。

それにちゃんと伝えたいメッセージのある
「smile」などは、しっかりと歌ってきました。

曲のコンセプトはシンプルで、
今の若者は、感情表現が上手くできない気がしていて、
本当は泣きたかったり、悲しかったり、
笑いたかったりと、色々な感情があるのに、
そういう感情さえも押し殺して平静を装う、
イメージがあったりするんですよ。

もっと素直に、表に出して良いんだよって
知ってもらいたくてね、作られた曲です。

だからこそ、シンプルな言葉で、
キャッチーな分かりやすいメロディーで、
送る必要があったと思うんですよねぇ~。
何かしら伝わっていたらと思っています。

IMGP0404.jpg

今回の夕食は、給食風のカレーライスでした。
美味しかったけど、その後歌う俺には
お代わりができなくて残念だった(苦笑)
当然RYOさんは、お代わりしてましたけど(笑)
あっ、やたやんもクズハくんもしてたな(汗)

食後のライブでは、何故か巻がはいって
結局4曲で終わるも、その後の花火大会では
大雨が一時的に止んで、綺麗な花火が見れて、
下手に混んでる豊平川の花火より近いし、
たっぷり見れたし、綺麗に感じましたよ。


日帰りという強行ツアーでしたが、
RYOさん、やたやん、いわちゃん、クズハくん、
本当にお疲れ様でした。

IMGP0406.jpg

沢山の笑顔に癒されました俺は、
至福な時だったと思っています。

また来年も是非みんなで参加しましょうね!!


曲目
昼の部
沢山・・・。

夜の部
01.なくしちゃいけないモノ
02.smile
03.崖の上ポニョ(カバー)
04.さんぽ(となりのトトロカバー)

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4