2008年10月の記事一覧

これは!?

便利でないかね?てっちくん(苦笑)

先日テレビ東京の
「WBS(ワールド・ビジネス・サテライト)」
を見ていたら、「トレンドたまご」のコーナーで、
紹介していました。
詳しくは↓のLINK先を見てもらうとして、

トレンドたまご10/27紹介「消せる紙(し)」

要はホワイトボードを紙にして、
マーカーやクレヨンで書いた文字やイラストを、
何回でも書いたり消したり出来るんだそうです。
A4サイズからあるようなので、
目的によっては結構便利な商品ですよね。

今まで出てこなかったのは、
紙の表面をコーティングする、
ニスが上手くいかなかったんだそうで、
新たに改良を加えることによって、
今回商品化に繋げたんですって。

KANオフ会で、クイズ大会をやったりする時に、
いつもてっちさんが、白い厚紙にサランラップを被せて、
簡易ホワイトボードを作っていたんだけど、
あれはあれで素直に感心だけど、
今回の「消せる紙(し)」をGetすれば、
もっと便利になるのではと思いました。

販売は池袋の東急ハンズらしいけど・・・。
まぁ~ただそれだけなんですけどね・・・(苦笑)

更に詳しくは↓

消せる紙(し)

路上ラストライブ

  • ライブ日誌

9/30の話。

1ヶ月以上経ってから書くのもどうかと思うんだけど(汗)
でもラストくらいは、ちゃんと書くべきかと思い
仕事の合間を縫って書いていました(苦笑)

5年間の集大成のような気持ちを持ちつつも、
気負いせずに、いつものようにKAZらしく、
終わりを迎えたいなぁ~と思い場所へ向かいました。

いつもの場所は予想通り取られていたので(苦笑)
3丁目の2丁目側へ行くと空いていたというよりか、
既に待っていてくれる人がいました。
改めて有り難いと思いました。

ラスト路上と銘打っただけあって
沢山の方に足を運んでいただきました。
KAZ一派から、KANオフ、親子連れ、
懐かしい顔ぶれ、高校の後輩とか、
20人以上はいたんじゃぁ~ないかなぁ~。

Hanaテレビの時にインタビューされた
女の子も偶然に通りかかって聴いていってくれたし、
最後だからこそ、集まって欲しい顔ぶれが
来てくれたのが本当にうれしかったです。

最後だからということで、
リクエストライブにして、「Smile」や「in」や「tear」など、
まぁ~王道ではあるけど(汗)
リクエストを受け付けるってのも自分的には面白かったです。

ラストのラストでは「Message2008ver」も
通りすがりのお客さんも巻き込んでの
一種異様の光景であったでしょうが、
RYOさんのジャンプが見れたりして、
すっげぇ~楽しかったです(笑)

全ての歌を歌い終えると、花束を頂きました。
何よりも嬉しかったのは、自分だけでなく、
RYOさんにも花束が渡されたのは素敵な演出でした。

今は亡き、第一ジャーマネの「ブッチ君」が
いなくなってから、いつも影で・・・いや全面で
支えてくれた(苦笑)RYOさんにはお礼を言い尽くしても、
足りないくらいなんですけど、
KAZを応援してくれる皆が、それを分かってくれて、
RYOさんにも敬意を評してくれるのが、
久々に胸が熱くなりました。

心の中では「ブッチ君」にもお礼を言いましたけどね。


改めてだけど、KAZひとりでは、
楽器を準備することも、チラシを配ってくれることも、
仲間を増やしていくことも出来なかったと思うんです。
基本にはKAZの曲が好きだと思ってくれる方が
集まってきて、手伝ってくれるようになって、
それが輪になってきて、毎週歌を届けることが
出来るようになってきたんですよねぇ~。

彼女が「KAZは幸せ者だよねぇ~」と、
しみじみと言ってましたが、本当にそう思います。
31年生きてきて、嫌なヤツも沢山いたけど、
社会に出てからの俺には、良い人ばかりで、
たまに自分には勿体ない気もするんだけど、
でも一人一人出会えたことに感謝すると共に、
今までありがとうと、これからもよろしく(苦笑)
と心から御礼申し上げます。


ライブ終了後は打ち上げがあり、
おるさんからの手作りチキンがあったり、
ケーキがあったりと、ここでも胸が熱くなったりして、
泣かないようにしてたりもしました(苦笑)

20081027161613.jpg

表舞台での音楽活動が5年間というのも、
短い気もする人もいると思うけど、
俺にとっては充分内容の濃い5年間でしたから、
それはそれで頑張ってきたかなぁ~
なんてことも思っております。

まぁ~福祉の場へ移行するだけで、
音楽自体を辞める気はないんだけどね。
自分よりも、もっともっと困っている人や、
悩んでいる人、辛い人などへ、
そっと背中を押す役目になれればと思っています。

今更の日記でしたが、本当にありがとうございましたm(_ _)m

ムギャァ~

  • オタッキ~

若干の切れ気味(汗)
というのも、KAZのHPのサーバが異様に不調で、
特にCPUも100%を振り切ってないし、
至って平穏状態なのに、
接続が出来なくなる状態が約半月以上続いております。

今は「Anhttp」というサーバーを、
利用させて頂いているのですが、
これで約8年もHPを管理しています。

なので、自分の中では信頼して使っているし、
何よりも日本語対応で分かりやすい。

にしても、最近のサーバの不調は頂けない。

ということで原因究明に努めているわけですが、
まずはウイルスチェックしてみます。
当然の如くウイルスソフトは入っていて、
常時チェックさせているし、最新バージョンだし、
問題はないと思うんだよね。
チェックの結果も問題はなかったです。

次に、スパイウェアのチェックをしてみます。
ファイアーウォールはかけているけど、
スパイウェアに関しては結構放置していました(苦笑)
要は不正アクセスを受けすぎて、
サーバーが堪えきれないのかと、
チェックするも、どうやらそうでもないらしい。

次にチェックしたのは、PC内のチェック。
サーバにしている割には、
余計なモノをインストールしているので、
使わないソフトは削除して軽くしてみます。
本当に必要なモノだけ残し、様子を見るもダメでした。

そろそろチェックネタがなくなってきますが、
そもそもサーバーが不調と言うことは、
大量のアクセスがありすぎる関係か?
と思い始めた俺は、ここ2年くらい放置していた
「ヒロの部屋」のフォルダをチェックします。
したっけありました(苦笑)
自宅サーバー内にあるBlogが凄まじい勢いで
コメントスパムと、トラックバックスパムにあってました(汗)

その容量もハンパなく「logデータ」も
何と1Gを超えていて、アクセス記録も見てみると、
1分間に10件から20件もアクセスを受けていて
どうやらこれがサーバーに負荷をかけすぎ、
操作不能になったようです(苦笑)

よく考えると、今のBlog「KAZ日記」の前は
「ヒロの日記」として自宅サーバで発信していて、
でも記事数が増えると動作が重くなり、
Blogが見れない状態が続いたので、
別に外部にサーバを借りたんです。
それを忘れていて自分のPC内のデータを
削除するなり移動するなりしておけば良かったんです。
それを怠ったから今回のような事態になったんですね(苦笑)

ちなみにコメントスパムやトラックバックスパムで、
2万件近くありました・・・_| ̄|○
典型的なスパム被害者です(苦笑)

ちなみにライブレポ様に設置していた、
Blog「KAZのライブレポ」も統一してから、
完全に放置していたので、こちらも酷いことに(汗)

取り敢えず、Blogは別途サーバーから外したので、
これで安心かと思っていたら、実はそうでもないようで・・・。
要はスパム発信者側が、データはないよって
アピール(エラー404)しているにも関わらず、
ひたすらアクセスしてくるので、
現状は変わらんのですよ・・・(苦笑)

んで仕方ないから、IPアドレスで拒否するも、
「Anhttp」ではデータにはアクセスさせないけど、
サーバ側までは関係なく受け付けるから、
結局アクセスされてしまうんだそうだ・・・。
使えねぇ~なぁ~と思いつつも仕方ないので、
ルータで特定IPアドレスを排除しようとするも、
「000.000.000.000」
↑これをきっちり指定しないと排除してくれなくて、
そもそもIPアドレスなんて、
固定で使っている人が少ないので、
グローバルIPアドレスなんで、
常に番号は異なるんですよ(泣)
もし設定しようとしたら、
最低でも255通りルータに設定する必要が出てきます。
でも俺のルータには30個までしか設定できず_| ̄|○
単純に曖昧設定が出来ればいんですけど。
「000.000.000.*」
↑のアスタリスク(*)のようにね。
そうすれば「000.000.000.」の
全般がブロックされるので、結構助かるんですけどね。

なかなか上手くいかないもんです(苦笑)

誰かWinXP・HOMEで
特定のIP排除する方法があれば教えて下さい。

でも少しは上の対策で減っているのは確かです(苦笑)

想~new love new world~

  • 音楽ネタ

54_20081014_00029.jpg

福山雅治さんの新曲です。
基本的に自分が好きなアーティスト
Best3に入る程熱烈なファンですが、
最近の傾向はバラード調が多かったので、
個人的には残念だなぁ~って感じだったのです。
でも今回は良いですよ。
ノリが良いし、ガンガンのエレキの音が
すっごい俺好み(笑)
これはカラオケでも盛り上がりそうですな(苦笑)

他の曲「明日の☆SHOW」は
応援Songで、何か背中を押してくれて、
明日からも頑張らねばって思わせてくれるし、
「HIGHER STAGE」はテレ朝の
北京オリンピックテーマSongで、
楽曲としてはこれもロック調でお気に入りです。

初回限定版が2種類あって、
俺はPVの方を買ったけど、
疾走感のあるPVになっていて、
曲にピッタリでございますな(笑)


さて、午後からも頑張るか(苦笑)

おじさんは

堀北真希にメロンメロンです(苦笑)
ドラマは随分重たいテーマですが、
堀北真希見てると癒されますねぇ~・・・。
毎週楽しみになりそうです(笑)

さて週末には、「容疑者Xの献身」を見てきました。
色々な宣伝を見る限りでは、
ドラマのような、くだけた部分もあると思いきや、
相当なシリアスだったです。

内容を触れられないのは残念だけど、
福山さんの演技も素晴らしかったし、
堤さんも迫真の演技に、結構胸を打たれました。

推理のポイントとか、
あっしは全く分からなかったけど、
でも最後には「あぁ~」と思う展開なので、
そういう点も注意しながら見てもらうと、
また面白みも増すと思いますよ。


最近のあっしは、
DSのドラクエⅤにはまっております(苦笑)
思った以上に記憶が飛んでいるので、
素直に楽しんで遊べますね。
にしても、モンスターを仲間に出来るシステムは、
Ⅴからなんだけど、なかなか仲間にならねぇ~(苦笑)
誰か詳しい情報あったらください(汗)

意外にも

  • オタッキ~

4thCD「桜の木の下で」の
着うたフル作ったの
誰も気付いてないみたい(笑)
ある意味嬉しいような、残念なような(苦笑)

ちなみにFOMAはOKで、
SoftBankの協力者求む。
auは無理(笑)

まっ、ただだからさダウンロードしてみてよ(苦笑)
当然携帯からね・・・_| ̄|○

FOMA
http://www.i-paradise5.jp/~kaz-sing/

SoftBank
http://www.i-paradise5.jp/~kaz-sing/sb/

Rainbow

  • 新曲情報

今更、新曲情報をUPしてみる(苦笑)
曲ができたきっかけは、
6月の路上ライブへ向かう道中で、
くっきり、はっきりと、
自分をアピールするかのような虹を見たんです。

夕暮れ時だったんだけど、
あまりにも綺麗な虹を見て、
ふと詞とメロディーが浮かんできたんですよねぇ~。

でも完全に曲として出来上がるまでには、
随分と時間がかかったもんです(苦笑)


七色に描く 虹の橋を航れ力強く
限りある時を 胸に誓い 今歩いてゆく

当たり前の日常 薄れていく感情
幸せが永遠に 続くと信じてる

何もない時代だけど 優しさを求めている
苦しいのは君だけじゃない
ひとまず足を止めて 君の前に虹が架かる

鮮やかすぎる世界 心奪われ 空に手をかざすんだ
触れることのできない 幻のビジョン 瞳に焼き付けよう

信じれない現実 受け入れない真実
明日が来るなんて ただの綺麗事

不安だらけの時代だ 誰かを求めてしまう
辛いのは何も君だけじゃない
雨があがると 光が差し 希望の虹が架かる

七色に描く 虹の橋を航れ力強く
限りある時を胸に誓い 今歩いてゆく

時を止められたらいいのに この奇跡の瞬間を
二度と出逢うことはないのに
再び巡り逢える時を信じ 虹に祈る

七色に描く 虹の橋を航れ力強く
限りある時を胸に誓い 今歩いてゆく

薄れていく記憶に 君を重ね 最後の虹が架かる
始まりがあるなら 終わりもある 儚く消えゆく

それからそれから・・・

このタイトルから幽遊白書を
思い浮かべた、あなたは相当なマニアックです(苦笑)

HPの掲示板に、日記がアップされていないと
ダメだしされて、全くその通りだと思うKAZです(汗)
忙しい・忙しくないと言われると仕事は忙しいのです。

ですが、夜の時間は普通に空いていて、
大体の皆さんの予想通り、
先日のKAZ祭の終わりから気が抜けているのは事実です。
あまりに9月の日々が多忙すぎたせいか、
何となく何もやる気がしない・・・(苦笑)
まぁ~いつまでも引きずる気はないんですけどね。
そろそろ気合いを入れようと思っています。
ご心配をおかけしました。

そう言えば、KAZ祭りの感想などを
日記で書いてくれた皆様、改めてお礼申し上げますm(_ _)m

色々な視点や、素直な感想など、
演者からは分からなかった、
当日のことを知ることが出来ました。
その後、見に来てくれた友達と、
飲みに行くこともあり、具体的に聴くことが出来ました。

みんな楽しんで見てもらえたようだし、
初めてKAZを見て聴いてくれた人からも、
「良かった」の声が多かったと思います。
こういう声が本当に嬉しいし、
一緒に頑張ったスタッフにも、伝えることが出来ます。

ある人からは
「バリアフリーライブ」だったのでは?
ということを言われました。
まぁ~コンセプトの一つに
”障がいのある人にも楽しんでもらう”
ってのが最初からあったんで、
自分の意図として参加してくれた人が
そういう風に受け止めてくれたなら個人的には本望です。

当然、車椅子の身体の人もそうだし、
知的の人も、精神の人も、子供から高齢者まで、
幅広い人に音楽を触れてもらう。
別にプロのライブでも触れられると思うけど、
演奏者・スタッフと、並びにお客さん自身も、
周りに気を配ってもらえて、
そこにいる人全員が、何かあれば助け合う、
そういう意識が少なからずあったと思うから、
「バリアフリーライブ」として捉えるのであれば、
プロのライブより本領発揮できたと思うし、
特に事故があったり、帰る時に混雑したという
話しも聞くこともなく無事に終わったんだと思います。
みんなの協力があってこそだと思うけどね(笑)


音楽をやり始めたきっかけってさ、
自分が作った曲は、どうなんだろうとか、
どうせなら売れてみたいとか、
安易な気持ちも当初はありましたけど、
色々な人に出会っていくたびに、
一緒に楽しんでいきたいとか、
元気になって帰ってほしいとか思うようになって、
旬くんに出会ってから、
自分と同じように障がいのある人にも、
音楽に触れてほしいと思い始めて、
最近では高齢者施設とかにも行くようになったけど、
今回のKAZ祭は一番自分がやりたかったことが、
出来たんじゃぁ~ないかなぁ~って思っています。

音楽に差別はないし、好きか嫌いかなだけで、
障がいがあって、そんなに聴く機会がないなら、
自分らで企画をして、誰でも入れるようにして、
必要があれば手を貸してあげて、
たったそれだけで、多くの人が音楽に触れ合える。

単純なようで今までなかったけど、
これって素敵なことではないかね??(笑)

どうか、自分以外にも同じように、
取り組んでくれる人が増えていくことを願っています。

所々、第2回の開催をお願いしますと
言われてしまい、とても有り難いのですが、
ここでじゃぁ~とやってしまうと、
ギャグとしては面白いけど(苦笑)
人間性としては頂けないかと(笑)
なので当面は結婚に神経を注ぎ込んで、
随分待たせた彼女だけを見ていこうと思います。

ということで、今後書いていく日記は、
前と同じように真面目な日記から、
マニアックな日記、くだらない日記などを
織り交ぜていこうと思いますので、
今後ともよろしくどうぞぉ~(苦笑)

※ こんなんでいいですか?黄門さん?(笑)

『「KAZ」な音楽~最初で最後のKAZ祭り~』

  • ライブ日誌

と言うわけで振り返ってみましょう~。

当日は快晴で天気が良く、
若干風はあったけど、寒~いって
言う程ではなかったと思います。

前日は朝からバンド練習して、
帰ってきてから少し休み、
夜にはガリレオを見ることもなく(録画はしました(苦笑))
ソロパートの練習に時間をかけ、
早めに寝ることができたので
次の日の朝の目覚めも良く、
朝から荷物整理をしていました。

でも時間はあっという間に進み、
現地へ着くと既にみんながスタンバっていて
当初作る予定だった、ステージも出来ていて、
あんなにスタッフを早くから呼ぶ必要はなかったかも?
と反省しつつ、座席をどうするかの打ち合わせに入り
極力詰めながら座席も確保しようとなりました。
その結果、車椅子席20席くらい、
座席80~90席は用意できたと思います。

同時に照明やPAなどの調整に入り、
昼過ぎにはリハに入ります。
数回の練習したスタジオに比べると
開放感もあってか、リハから飛ばす始末(苦笑)
正直喉の調子は良くなかったけど、
何とか乗り切ることが出来て良かったと思います(汗)

バンドリハから、やまちゃんとのツインギターのリハ、
そしてソロパートのリハをして自分は終了。
照明とかに関しては、この時点で何点か
注文をお願いしていました(おるさんは大変だったと思う(笑))

その後控え室に行くと、
何故かみんなでCD詰め作業をやってくれていました(笑)
お願いはしていたけど、
ほぼ全員でやってるとは思わなかったのです(苦笑)
でもそのおかげで、あっという間に出来たことが感謝です。

KAZの後は、NORICOさんがリハして、
やまちゃんもリハして、気が付けば3時半を過ぎていたので、
中途半端な最終打ち合わせをして(苦笑)
会場入りが始まります。

でも既に4時前には結構な人数が集まっていました(汗)
5時にはほぼ埋まったそうです。
後に聞いた話しですが、意外とエレベータの位置が
分からなかったんだそうだ・・・(苦笑)
ライフスタッフの人が気を利かせてくれて
上と下を行ったり来たりしていたんだって(汗)

そして5時になり今回重要な役割を与えてしまった
RYOさんのMCの第一声を聴くために、
楽屋裏へ移動して頑張れって声をかけるも、
既に緊張はマックス・・・(苦笑)
俺は横で見ていて面白かったけど、
当の本人は逃げ出したかったらしいですよ(笑)

そしてやまちゃんの出番が来て、
最初控え室でリアルタイムにライブ見れるのが
知らなかったので後ろからこっそり見ようと思うも、
満杯で見れず控え室に行くと見えたというオチです。

実はやまちゃんにはライブするにあたって
一つだけお願いをしていて、ノリの良いソングを
半分は入れてくれってお願いしていたんです。
彼はそれを素直に受け入れてくれて、
凄いノリの良い歌を歌ってくれて個人的には
お客側でちゃんと聴きたかったです。
他の人達からの感想だけど、良かった・上手いとかの
感想が多く、マイミクのカズさんはCDが欲しいと言ってましたよ。
お疲れ様でした。

次はNORICOさんで、ここはねホントに大絶賛の嵐でした。
歌が上手い、声が良い、可愛いなど、
KAZより上手いんじゃないか?という意見もあったような(汗)
でも出演してくれて嬉しかったです。
当然ここもお客側で聴きたかったです。
お疲れ様でした。

してKAZですよ(苦笑)
さすがに緊張していないって言ったら嘘になるけど、
それでも今まで色々なところで歌ってきたし、
経験から緊張で崩れてしまうよりは
自分が楽しくあって、聴いてくれる人も楽しくなれば、
それでいいんだろうと思ってね。
そしたら結構吹っ切れて素直に歌うことが
出来たと思います。

1曲目「晴れた空の下」

これは多分雨が降っていても歌っていましたけど(苦笑)
ライブの曲順は結構早めに決めていて、
ノリが良く爽やかなナンバーにしたかったので、
敢えてこの曲をセレクトしました。

2曲目「Message」

まず照明とのリハではやらなかったことを、
やってしまいめっちゃ焦ったと思います(苦笑)
「運命だというなら~♪」というサビの終わり部分から
スローにして歌い出したんです。
個人的なサプライズ(汗)
PAや照明も知らないサプライズをやりたかったのと、
このアレンジは早い段階で決めていました。
そういえば、ケ~エ~ゼットコールが前からじゃなく、
舞台横から聞こえていて、終いには会場からも聞こえていて、
少々笑ってしまいました(苦笑)
でもみんなで言ってくれると妙に嬉しかったです。

3曲目「真夜中の訪問者」

ここからバンド編突入です。
全員揃っての練習が前日だとは、
誰も思いつかない程の出来が良かったよね?(笑)
ソロではいつも入れることの出来ない
コーラスを絶対に入れたくてバンド編成に入れました。
やまちゃんのコーラスは俺は横で聴いていて
すっげ~楽しくて、笑いそうになりました。
あのコーラスは真剣にやればやる程、楽しいでしょ。
会場からも一緒に歌ってくれたし本望だったわ。

4曲目「tear」

当初の予定ではサックスをメインに
演奏する予定でしたが、そうなるとドラムがなくなり、
それも何だかなぁ~と思ったし、
やまちゃんにキーボードお願いしたし、
じゃぁ~っていうことでサックスはなくなりました(苦笑)
キーボード初心者の、やまちゃんがあそこまで
演奏できたことが素直に俺は感動してしまったんだけど、
本人は失敗したことが若干引きずりそうですので、
次会う人は良かったと褒めて下さい。俺と同じタイプですから(笑)
中盤のバラードはグッと引き込めたと思っています。

5曲目「in」

どうせバンドやるんだからと、
ガンガンのロックナンバーで攻めてみたくて、
じゃぁ~inだろうと思いまして、エレキギターを入れてみました。
予想通り格好良くなったし、バンドメンバー的には
やりやすい曲だったようです(笑)
ベースもドラムも格好良かったですよね。
結構照明も遊んでもらった気がする。

6曲目「なくしちゃいけないモノ」

こう振り返ると3rdCDの「君ヘノ贈リモノ」の
曲が続いていますね(笑)特に意味はありません。
バンドはここで終了するので、
シメに相応しい曲と言えば・・・これか!となったのです(笑)
inとはまた違って、ノリの良い感じに会場がなった気がします。
これはエレキギターが爽やか路線で俺好みでした(笑)

7曲目「桜の木の下で」

これはCD作る段階で、
やまちゃんに付き合ってもらっていたので、
どうせならギターのツインでやろうということになり、
2人で演奏させて頂きました。
曲のアレンジは、結構グッとくる感じになったと思うし、
会場が良い空間に包まれた気がします。

8曲目「smile」

改めて、ここからソロに移ります。
いけまぜで歌うために作られた曲であって、
今回障がいのある人にも沢山来てもらおうと思っていたので、
曲のコンセプトもあってると思うし、CDにも入ってるし、
どうしても歌いたかった1曲です。
後に良かったという声を多数頂きました。

9曲目「Rainbow」

9月に出来たばっかりの曲でしたが、
直前になるまで歌うべきか悩んだ曲です(笑)
曲は良いと思うんだけど、
演奏が意外と難しく作ってしまって(汗)
失敗するくらいなら止めた方が良いかもなぁ~
って思ってはいたんですが・・・ライブ自体進行が
良い感じに進んでいて、トークもだらだら話さずに
行ったもんだから、失敗しても許してくれるだろうと
勝手ながら思い歌わせて頂きました(苦笑)
演奏も、そんなに間違わなかったと思うし、
無事に終わってホッとした曲ですね(汗)

10曲目「Peace」

本編ラストの曲です。
アンコールやるのは必須なので、
一緒に歌いたいと思って入れた曲でした。
ここでRYOさんが歌ってくれると案内して、
無理矢理巻き込んだわけですが、
普通に盛り上がって良かったと思います(笑)
当の本人は焦ったと思うけど(苦笑)


予めネタばらしをしたので、
アンコールを呼びかけましたが、
そんなネタばらしをする必要がないくらい
RYOさんが「ケ~エ~ゼット」コールをやってくれたので、
すっごい出やすかったです(笑)
さすがMCに入れて良かったです(苦笑)


11曲目「road」

最近ずっと路上とかで歌っていて本人お気に入りの曲です。
シンプルなんだけど、奥深い曲だと思うんだよね。
ただ間違っていることには誰も気付かなかった様子(笑)
シメシメって感じです(苦笑)

12曲目「The Money」

これはRYOさんが歌わなかったら文句を言う曲です(笑)
アンコールでノリが良くて、みんなで歌える曲は、
もうこれしかなかったのですよ(笑)
当然のように、RYOさんが歌ってくれると話し、
ついでにやまちゃんも巻き込んで
会場も一緒になって歌ってもらいました。
気付いたらSeinoくんと、Takayukiくんもいたな(笑)
途中歌うのサボりましたけど、許して下さい(苦笑)
結構キツかったんだよね、この頃から_| ̄|○

13曲目「ありがとう」

ホントのホントに最後に、
みんなに届けたかった曲です。
歌う前に5年間の思いや、感謝の気持ち、
結婚の報告(これが一番湧いた気がする(笑))など
色々話したと思いますが、意外と覚えてないもんです(苦笑)
でも心を込めて歌わせて頂きました。


と、なが~く振り返ってみましたが、
結局単純な話し、
5年間応援してくれてありがとうございましたm(_ _)m
そんな気持ちだけです。

懐かしい面々にも会えたし、CDも沢山買ってくれたし、
花束も頂いたし、差し入れもしてくれたし、
140人近くも入ったんですってよ(汗)

本当に、本当にありがとうございましたm(_ _)m

KAZ祭り終了直後のコメント

一言で言うならば「終わった」(苦笑)
でも清々しいくらいの気持ちであります。

何度言っても言い足りないくらいの
本当に来て頂いた皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m
心から感謝申し上げます。

パトスの会場は、第一前提に車椅子の人
優先にを考えていたので、
極力座席は用意したつもりでしたが、
立ち見の人もいて会場が本当に埋め尽くされました。
2時間半近くのライブで立ち見は辛かったかも知れませんが
そこはご了承頂けたらと思います。

KAZ一派スタッフ・・・お疲れ様でしたm(_ _)m

PAエバタさん・フクさん・・・お疲れ様でしたm(_ _)m

バンドメンバー・ヤマガタくん・Takayukiくん・
Seinoくん・・・お疲れ様でしたm(_ _)m

オープニングアクトを飾ってくれた・ヤマガタユウジくん
NORICOさん・・・お疲れ様でしたm(_ _)m

職場のスタッフ・・・お疲れ様でしたm(_ _)m

チケット販売にご協力頂けた方、ありがとう。


そして・・・俺・・・・・・・・・・・良く頑張った(苦笑)


今はただ感無量です・・・(泣)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4