eye.jpg

『「KAZ」な音楽~最初で最後のKAZ祭り~』

  • ライブ日誌

と言うわけで振り返ってみましょう~。

当日は快晴で天気が良く、
若干風はあったけど、寒~いって
言う程ではなかったと思います。

前日は朝からバンド練習して、
帰ってきてから少し休み、
夜にはガリレオを見ることもなく(録画はしました(苦笑))
ソロパートの練習に時間をかけ、
早めに寝ることができたので
次の日の朝の目覚めも良く、
朝から荷物整理をしていました。

でも時間はあっという間に進み、
現地へ着くと既にみんながスタンバっていて
当初作る予定だった、ステージも出来ていて、
あんなにスタッフを早くから呼ぶ必要はなかったかも?
と反省しつつ、座席をどうするかの打ち合わせに入り
極力詰めながら座席も確保しようとなりました。
その結果、車椅子席20席くらい、
座席80~90席は用意できたと思います。

同時に照明やPAなどの調整に入り、
昼過ぎにはリハに入ります。
数回の練習したスタジオに比べると
開放感もあってか、リハから飛ばす始末(苦笑)
正直喉の調子は良くなかったけど、
何とか乗り切ることが出来て良かったと思います(汗)

バンドリハから、やまちゃんとのツインギターのリハ、
そしてソロパートのリハをして自分は終了。
照明とかに関しては、この時点で何点か
注文をお願いしていました(おるさんは大変だったと思う(笑))

その後控え室に行くと、
何故かみんなでCD詰め作業をやってくれていました(笑)
お願いはしていたけど、
ほぼ全員でやってるとは思わなかったのです(苦笑)
でもそのおかげで、あっという間に出来たことが感謝です。

KAZの後は、NORICOさんがリハして、
やまちゃんもリハして、気が付けば3時半を過ぎていたので、
中途半端な最終打ち合わせをして(苦笑)
会場入りが始まります。

でも既に4時前には結構な人数が集まっていました(汗)
5時にはほぼ埋まったそうです。
後に聞いた話しですが、意外とエレベータの位置が
分からなかったんだそうだ・・・(苦笑)
ライフスタッフの人が気を利かせてくれて
上と下を行ったり来たりしていたんだって(汗)

そして5時になり今回重要な役割を与えてしまった
RYOさんのMCの第一声を聴くために、
楽屋裏へ移動して頑張れって声をかけるも、
既に緊張はマックス・・・(苦笑)
俺は横で見ていて面白かったけど、
当の本人は逃げ出したかったらしいですよ(笑)

そしてやまちゃんの出番が来て、
最初控え室でリアルタイムにライブ見れるのが
知らなかったので後ろからこっそり見ようと思うも、
満杯で見れず控え室に行くと見えたというオチです。

実はやまちゃんにはライブするにあたって
一つだけお願いをしていて、ノリの良いソングを
半分は入れてくれってお願いしていたんです。
彼はそれを素直に受け入れてくれて、
凄いノリの良い歌を歌ってくれて個人的には
お客側でちゃんと聴きたかったです。
他の人達からの感想だけど、良かった・上手いとかの
感想が多く、マイミクのカズさんはCDが欲しいと言ってましたよ。
お疲れ様でした。

次はNORICOさんで、ここはねホントに大絶賛の嵐でした。
歌が上手い、声が良い、可愛いなど、
KAZより上手いんじゃないか?という意見もあったような(汗)
でも出演してくれて嬉しかったです。
当然ここもお客側で聴きたかったです。
お疲れ様でした。

してKAZですよ(苦笑)
さすがに緊張していないって言ったら嘘になるけど、
それでも今まで色々なところで歌ってきたし、
経験から緊張で崩れてしまうよりは
自分が楽しくあって、聴いてくれる人も楽しくなれば、
それでいいんだろうと思ってね。
そしたら結構吹っ切れて素直に歌うことが
出来たと思います。

1曲目「晴れた空の下」

これは多分雨が降っていても歌っていましたけど(苦笑)
ライブの曲順は結構早めに決めていて、
ノリが良く爽やかなナンバーにしたかったので、
敢えてこの曲をセレクトしました。

2曲目「Message」

まず照明とのリハではやらなかったことを、
やってしまいめっちゃ焦ったと思います(苦笑)
「運命だというなら~♪」というサビの終わり部分から
スローにして歌い出したんです。
個人的なサプライズ(汗)
PAや照明も知らないサプライズをやりたかったのと、
このアレンジは早い段階で決めていました。
そういえば、ケ~エ~ゼットコールが前からじゃなく、
舞台横から聞こえていて、終いには会場からも聞こえていて、
少々笑ってしまいました(苦笑)
でもみんなで言ってくれると妙に嬉しかったです。

3曲目「真夜中の訪問者」

ここからバンド編突入です。
全員揃っての練習が前日だとは、
誰も思いつかない程の出来が良かったよね?(笑)
ソロではいつも入れることの出来ない
コーラスを絶対に入れたくてバンド編成に入れました。
やまちゃんのコーラスは俺は横で聴いていて
すっげ~楽しくて、笑いそうになりました。
あのコーラスは真剣にやればやる程、楽しいでしょ。
会場からも一緒に歌ってくれたし本望だったわ。

4曲目「tear」

当初の予定ではサックスをメインに
演奏する予定でしたが、そうなるとドラムがなくなり、
それも何だかなぁ~と思ったし、
やまちゃんにキーボードお願いしたし、
じゃぁ~っていうことでサックスはなくなりました(苦笑)
キーボード初心者の、やまちゃんがあそこまで
演奏できたことが素直に俺は感動してしまったんだけど、
本人は失敗したことが若干引きずりそうですので、
次会う人は良かったと褒めて下さい。俺と同じタイプですから(笑)
中盤のバラードはグッと引き込めたと思っています。

5曲目「in」

どうせバンドやるんだからと、
ガンガンのロックナンバーで攻めてみたくて、
じゃぁ~inだろうと思いまして、エレキギターを入れてみました。
予想通り格好良くなったし、バンドメンバー的には
やりやすい曲だったようです(笑)
ベースもドラムも格好良かったですよね。
結構照明も遊んでもらった気がする。

6曲目「なくしちゃいけないモノ」

こう振り返ると3rdCDの「君ヘノ贈リモノ」の
曲が続いていますね(笑)特に意味はありません。
バンドはここで終了するので、
シメに相応しい曲と言えば・・・これか!となったのです(笑)
inとはまた違って、ノリの良い感じに会場がなった気がします。
これはエレキギターが爽やか路線で俺好みでした(笑)

7曲目「桜の木の下で」

これはCD作る段階で、
やまちゃんに付き合ってもらっていたので、
どうせならギターのツインでやろうということになり、
2人で演奏させて頂きました。
曲のアレンジは、結構グッとくる感じになったと思うし、
会場が良い空間に包まれた気がします。

8曲目「smile」

改めて、ここからソロに移ります。
いけまぜで歌うために作られた曲であって、
今回障がいのある人にも沢山来てもらおうと思っていたので、
曲のコンセプトもあってると思うし、CDにも入ってるし、
どうしても歌いたかった1曲です。
後に良かったという声を多数頂きました。

9曲目「Rainbow」

9月に出来たばっかりの曲でしたが、
直前になるまで歌うべきか悩んだ曲です(笑)
曲は良いと思うんだけど、
演奏が意外と難しく作ってしまって(汗)
失敗するくらいなら止めた方が良いかもなぁ~
って思ってはいたんですが・・・ライブ自体進行が
良い感じに進んでいて、トークもだらだら話さずに
行ったもんだから、失敗しても許してくれるだろうと
勝手ながら思い歌わせて頂きました(苦笑)
演奏も、そんなに間違わなかったと思うし、
無事に終わってホッとした曲ですね(汗)

10曲目「Peace」

本編ラストの曲です。
アンコールやるのは必須なので、
一緒に歌いたいと思って入れた曲でした。
ここでRYOさんが歌ってくれると案内して、
無理矢理巻き込んだわけですが、
普通に盛り上がって良かったと思います(笑)
当の本人は焦ったと思うけど(苦笑)


予めネタばらしをしたので、
アンコールを呼びかけましたが、
そんなネタばらしをする必要がないくらい
RYOさんが「ケ~エ~ゼット」コールをやってくれたので、
すっごい出やすかったです(笑)
さすがMCに入れて良かったです(苦笑)


11曲目「road」

最近ずっと路上とかで歌っていて本人お気に入りの曲です。
シンプルなんだけど、奥深い曲だと思うんだよね。
ただ間違っていることには誰も気付かなかった様子(笑)
シメシメって感じです(苦笑)

12曲目「The Money」

これはRYOさんが歌わなかったら文句を言う曲です(笑)
アンコールでノリが良くて、みんなで歌える曲は、
もうこれしかなかったのですよ(笑)
当然のように、RYOさんが歌ってくれると話し、
ついでにやまちゃんも巻き込んで
会場も一緒になって歌ってもらいました。
気付いたらSeinoくんと、Takayukiくんもいたな(笑)
途中歌うのサボりましたけど、許して下さい(苦笑)
結構キツかったんだよね、この頃から_| ̄|○

13曲目「ありがとう」

ホントのホントに最後に、
みんなに届けたかった曲です。
歌う前に5年間の思いや、感謝の気持ち、
結婚の報告(これが一番湧いた気がする(笑))など
色々話したと思いますが、意外と覚えてないもんです(苦笑)
でも心を込めて歌わせて頂きました。


と、なが~く振り返ってみましたが、
結局単純な話し、
5年間応援してくれてありがとうございましたm(_ _)m
そんな気持ちだけです。

懐かしい面々にも会えたし、CDも沢山買ってくれたし、
花束も頂いたし、差し入れもしてくれたし、
140人近くも入ったんですってよ(汗)

本当に、本当にありがとうございましたm(_ _)m

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4