2009年1月の記事一覧

雪ないなぁ~

と思う今日この頃。
すっかり日記を書く元気がないKAZですが、
皆さまいかがお過ごし??(笑)

とにもかくにも、私の引っ越し先は
何とか見つかり、ホッとするべき所なのですが、
契約が非常にめんどいことに改めて気付いたのです。

今住んでいるところも、某有名ライ○ンズさん
なんですが、偶然住みやすい家で、
家賃も納得できる家が、またライ○ンズさんで(苦笑)
この有名な名前のマンションは、
管理会社も当然ビックな会社で、
書類がわんさか、保証人に関することもわんさか、
そしてまとめてくれればいいのに、
書類だけは小出しにするし(苦笑)

俺等は、そんなにヒマではない!!
と半逆ギレしたくなる気持ちをグッとこらえて・・・
いや・・・こらえてないか(汗)
文句はそうとう言ってる気がする(苦笑)

この時期転入・転出が多いらしく、
少し後に実際に部屋に住むことになると、
何はなくても、まずはとっとと契約を済ませたいらしく、
今月中に必要な書類を全部書いて提出しろとか、
料金も今月中に払えとか、
部屋を見つけて1週間も経ってないのに、
無理難題が非常に多い(苦笑)

でもよくよく話しを聞くと、部屋に住むまでの期間が
1ヶ月以上も空くと、今以上に良い部屋が
見つかったりするために、
入る前にキャンセルされたりするのが
結構あったりするんですって。
なので、まずは契約だけは完全に済ませたい
オーナーが多いようなんです。
別に俺等は、今以上の物件が妥当な料金で、
しかも条件の良い部屋が、そうそう見つからないことも、
今回の部屋探しでよ~くわかったら
ドタキャンするつもりは一切ないんだけど、
オーナーからすれば関係なく、
早く契約を済ませて金を払えということらしい(苦笑)

ちなみに話は戻り、書類を小出しにして
わんさか持ってくる件は、
自分らだけが書く書類がわんさか
あるなら、まぁ~我慢できるし、
やっと見つけた物件だしいいんだけど、
保証人に、あれ持ってきて、これ持ってきてと、
頼むのは1回だけならまだしも、
数回あったりすると、いい加減頼みづらいでしょ??
俺だって気を遣うわけよ(苦笑)

だから書類がわんさかあるなら、
まとめて出して欲しいわけですよ。
でも、そんなことお構いなしに、次から次へと、
出てくるもんだから、イラッとするんですな(汗)
大人げないと言えば・・・大人げないが(苦笑)

まぁ~でも本当に、それなりに納得の出来る
部屋が見つかって良かったです。
実際に住んでしまえば、
ゴタゴタも忘れ都になるのでしょう~(笑)

有名物件に住みたいと思う人は、
それなりに時間と、辛抱が必要になりそうですよ(苦笑)


色々あったけど、夜に外に出たら、
キャンドルライトが歩道を照らしていて
綺麗だったから妙に心が落ち着いた今日この頃でした。
というオチでどうでしょ?(苦笑)

20090130223033.jpg

20090130223052.jpg

ひっさびさやでぇ~

  • 音楽ネタ

何がってライブですよ奥さん(汗)

まずは詳細を発表↓

イラクの子どもたち支援ライブ
~あなたにあえる~ in 西区

日時:2月6日(金) OPEN~18:00 START~18:30
(KAZはオープニングアクトになります)
場所:札幌市西区琴似2条3丁目共栄ビル4F
    フリースペース&カフェ アミカ
参加費:一般1000円 高校生500円 中学生以下無料
    参加費を頂く方にはチョコつき
共演者:澄川ベンチャーズ 大嶋愛

JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)が
イラクでがんの子どもたちが増える中、
医療が少しでも行き渡るように、
バレンタインチョコ基金を4年前から始めています。
それに伴い、札幌ではチャリティーライブを
やることになったようでKAZに声がかかったのです。

こういう主旨でのライブであれば、
そりゃぁ~進んで参加させて頂きますよ。

それにしても今はイラク云々と言うより、
ガザなどのパレスチナ問題など、
国際問題にもなってたりするので、
もっと広い意味でのチャリティーイベントになれば
いいですけどねぇ~。

しっかし・・・4ヶ月ぶりですかね??
ちゃんとしたライブに出るのが(汗)
ホントに久々なので、
ちゃんとした歌声をお届けできるかあやしいですけど、
頑張ってみようと思っておりますので、
よければ外国で起きていることを
改めて知ってみる機会にしてみてはいかがでしょうか??
よろしくどうぞぉ~(笑)

追記:平日は厳しいですよね(苦笑)

部屋探し・・・

  • かなしい事


今月に入ってから、
毎週のように新たな部屋探しの旅を
繰り広げているわけですが・・・
想像はしていたけど、
やっぱ簡単にはいかないようだ(泣)

まずエリア選択が狭いんだね(苦笑)
これは俺が仕事をする上での
仕方がないことないんだけど、
俺が住んでいる札幌西区琴似の範囲内(苦笑)
八軒1条~山の手3条1丁目内なんです(汗)
これだけでも結構無理がある・・・_| ̄|○

して今度は、マンション自体の入り口に段差がない。
雪が降る北海道には、これも結構厳しい。
何件か見させて頂いたけど、
そもそも部屋を見る前に諦めることになる。

当然、部屋にも極力段差がないことも条件(苦笑)
でも最近の傾向としては、段差があるから
手すりを付けたいと話すと、理解は早い。
これは時代なのか高齢者が増えていることもあるのか、
嬉しい傾向にあると思います。

まぁ~逆に言えば、部屋の理解力はあれど、
マンション自体の段差などの改善については、
理解を示してくれない状況が妙に切ない。

今回は二人で住むための部屋ですから、
出来るだけ彼女の意向も取り入れたいと思っています。
ただ思った以上に厳しいことからも考えると、
少しの妥協もする必要もあるのかなぁ~って思っています。
まぁ~何にせよ条件の良い部屋があれば
一番最高なんですけどねぇ~。

車椅子や、身体が不自由な人が
部屋を借りるというのは
今も昔も条件面では厳しいと感じる今日この頃です(苦笑)
そして明日からも、また部屋探しです(泣)

追記:マンションの入り口の段差については、
   意外にもGoogleのストリートビューが
   有効であることがわかった(笑)
   あんなものプライバシーの侵害だと思ってたのにね(苦笑)

頭悪っ!!

こんなニュース発見↓
民主・石井氏らに批判殺到 首相への「漢字テスト」

 20日の参院予算委員会の質問で、民主党の石井一副代表が麻生太郎首相に「漢字テスト」をした直後から、石井氏や同党本部に苦情が相次いだ。
 関係者によると、21日までに電話や電子メールで寄せられた声は「経済が大変なときに税金を使って何をやっている」「何の目的があるのか」といった批判的な内容が大半。民主党支持者と名乗る人からは「そんなことで政権がとれるか」と厳しい注文がつけられたという。
 民主党本部はこの件については「答えられない」としているが、中堅議員は「失敗。党のイメージが悪くなる」と渋い表情だ。
 インターネットでも、ニュースブログサイトの「iZa(イザ)」では21日現在、このニュースに129件の意見が寄せられた。「国会でまともなことを話しなさい」「国会をバラエティー番組にしたのか」などでの内容で、「2ちゃんねる」にも同様の書き込みがあった。
 石井氏は20日の参院予算委で、首相が月刊誌に寄せた手記中から12の漢字・熟語を抜き出し「あなたの漢字力からして、誰かが書いたと思わざるを得ない」などと指摘した。

ここ数日では、アメリカ大統領「オバマ」氏が
大フィーバーになるほど、他国からも支持を受けているのに、
日本の政治家は何をやっているのだね(苦笑)
こうなると自民党云々ではなく、民主党も社民党も
他の政党も、政治家自身の資質が問われている気がする。

別に外国のまねをしろとは言わないけど、
みんなから選ばれて国会に行ってるんだから、
もっとまともな議論しなさいよって言いたくなる。

まぁ〜漢字が読めない総理もどうかと思うけど、
それは読むべきものに、ふりがなをつけないで
発言することに問題があるのであって、
漢字が読めないことに、そこまで責められる必要もないし、
わざわざ国会を使ってまで出すテーマではない。

100年に一度の大不況なんだから、
経済や雇用に対して大いに議論して欲しいし、
他にも年金の保証や、医療や介護、福祉の議論など
色々あるでしょ??(苦笑)

こういう頭の悪い議員さんは追放しなさい(笑)

VAIO type P

  • オタッキ~

先日ヨドバシカメラへ行き、
発売されたばかりの「VAIO type P」を見てきました。

l_tm_0901pnews_17.jpg

ネットでの前評判は良く、
期待して見に行きました。

実際に手にしてみてみると、
サイズも持ち歩くことに重点を置いているので、
コンパクトにまとめられていたと思います。
しかしながら、小さいなりにも
キーボードの入力は通常のノートPCと
そんなに変わることなく、打ちやすかったし、
クオリティは高かったと思うな。

デザインもなんかSonyっぽかったし
スタイリッシュで格好良かったなぁ~。

ただねぇ~やっぱVISTAはダメOSなんだなぁ~
って思わざるを得なかった(苦笑)
まずはメモリ2GB積んでいても、
レスポンスが非常に悪くて、
1動作が本当に遅かったよ(苦笑)
あれが普通であるならば、
どうなのよSonyさん??って言いたい(汗)

そうは言っても、結構欲しいと思う俺は、
やっぱ頭が悪いんでしょうな・・・_| ̄|○

ちなみにお店で聞いて知ったんだけど、
Webカメラとか、CPUとかストレージとか、
Bluetoothなどはセレクトで付ける付けないって
決められるんだそうだ。
だからマシンにとって必要なければ、
無駄にパワーを使うのを避けられるって
カスタマイズが好きな人には良いかもって思った。
まぁ~その日に持って帰れないのは、
残念って思うのも否定できないけど、
お店から頼めるのも融通が利いていいですよね。

あと、LinuxベースでのWinOSを立ち上げる前に、
インスタントモードで、
簡易的な利用は出来るんですよね。
こういうのは単純に動画を見たかったり、
音楽をPCで聴く分には楽でいい。
でもこれはこれでUSBを使った通信機器は
利用できないんですよ。
だからインスタントモードで、ブラウザを使うには、
無線LANじゃないと使えないから、
無線LANがないところでは意味がない(苦笑)

まぁ~全てがいいPCなんてないけどね(汗)
いつか・・・いつかGetしようっと(苦笑)

もしも定額給付金が30万円だったら

そんな問題定義を
太田総理が番組で言ってたけど、
本当にそうだったら結構助かるよね(笑)

そもそも一人あたり30万円ももらうと、
予算としては36兆円という
まぁ~想像もつかない金額なんだけど、
番組内では埋蔵金を使えば、
出せない金額でもないんだそうだ(苦笑)

100年に一度の不景気なんだから、
赤字国債を発行してでも、
やってもいいのではないか?
という議員さんもいらっしゃったけど、
それはいいのか?と思いつつも、
国民全員に30万円も行き渡れば、
それなりに外に出て買い物しようかと思うし、
外食産業も潤うし、物が売れていけば、
雇用も増えるという意見もあったな。

さすがに、非現実的だということもわかるけど、
そういう発想があってこそ、
国民のための一つの案でもあるんでないの??
頑張れよ麻生さん(苦笑)

ちなみに30万円あったら俺は・・・
パソコンか・・・液晶大型TVか・・・
高級ギターか・・・そんなところかな(笑)

俺は貯金っていう発想はなく、
こういう場合は使ってこそ経済効果が、
生まれてくると思うので、貯金できないように、
昔あったように、地域振興券とかにすれば、
取り敢えず使うしかないから使うでしょ。

みんなは何に使います?

なつかすぃ~歌

懐かしくないですか??

意外と癒される(苦笑)

ピクミン 愛のうた

モバイル版

http://m.youtube.com/watch?v=RnusRQ3EurE&client=mv-google&gl=JP&hl=ja&warned=True

便利さも人による

  • ふと思う事

こんなニュース発見↓

どちらが切符用?
カード専用改札機増加で視覚障害者が困惑

 「Suica(スイカ)」や「PASMO(パスモ)」などICカード乗車券専用の自動改札機の導入が鉄道各社で進む中、視覚障害者の間から不満の声が出ている。
 視覚障害者は改札機が表示する残高が見えないことなどから切符を使う人も多いが、ICカードと切符の両方が使える従来型「併用機」と、ICカード「専用機」との区別がつかず、専用機の前で立ち往生してしまうという。
 専用機の配置場所は駅ごとに異なっており、識者から「配置する際のルールを考えるべきだ」との指摘が出ている。

 2001年に導入が始まったICカード乗車券は、カードをかざすだけで改札機を通過でき、切符を買う手間が省けるため、急速に普及が進んだ。鉄道会社での利用率は約7割に達する。
 当初は、ICカードと切符などが両方使える併用機だけだったが、ICカードが普及したため、JR東日本の場合、2005年2月に新宿駅で初めて専用機を正式導入。昨年3月末時点で、専用機は同社の駅の自動改札機の1割強にあたる494か所を占める。首都圏の私鉄9社でも導入が進み、最も多い東急電鉄の場合、4割近い274か所が専用機となっているという。
 専用機は、切符などを内部に取り込んで読み取る併用機より故障が少なく、鉄道会社にとっても維持費削減のメリットがある。

 こうした中、東京視覚障害者協会(東京)は昨年10月、JR東日本に改善を求める要請書を提出した。同協会によると、視覚障害者はICカード乗車券を使う人もいるが、改札機の残高表示が見えず、接触不良や残高不足でブザーが鳴った時に混乱するため、慣れた切符の方を使う人も多い。しかし、改札機にじかに触れるまで専用機か従来機かの区別がつかず、切符で専用機を通過しようとして立ち往生するケースが相次いでいるという。
 同協会では「専用機は廃止してほしい。廃止できないなら、どれが専用機か分かるようにして」と要望。これまでJR東日本は障害者に対し有人改札口の利用を勧めてきたが、これについても協会側は「問い合わせの客で込み合って長時間待たされることも多い」とし、「自動改札で戸惑っている時に後ろの客から舌打ちされてつらい思いをしてきた。便利さの陰に隠れがちな障害者のことも忘れないで」と訴えている。
 これに対し、JR東日本では「構造上の理由などで駅ごとに専用機の配置が異なる。安全上の問題も含めさらに対応を検討したい」としている。東急では、点字ブロックで併用機に誘導する対応をとっている。


確かにカードをかざすだけで
改札を通り抜けられるのは便利だと思うし、
人員の削減にもなって企業側からすれば
大変有効な方法なんでしょう。

でも、そういうサービスを始めるなら、
やっぱそれなりのリサーチをしてほしかったし、
少数であったとしても、不便に感じる人が
いるということを理解してほしかった。

記事の中で、「せめて専用機がどれか
分かるようにすべき」とありますが、
正にその通りかと。
これは構造上の理由云々ではなく、
設置していく段階で配慮しておけば、
大体のことはクリアできたことであると思います。

障がいがあるから、有人改札口を利用するのではなく
誰にでも利用しやすい整備を整えれば、
職員だって自分の仕事に取り組めるだろうし、
利用する人も時間がかかることはない。

車椅子の駅の利用についてもそう。
要は電車に乗るまでの段差がなく、
段差の問題が無理だったにしても、
自動で出てくるスロープなどの設置を行えば、
わざわざ駅員を通さないと乗れないなんて事もない。

札幌地下鉄の転落防止用の機器を設置して
何十億も注ぎ込むくらいなら、
自動スロープを電車の端っこだけにでも
設置するくらいしてほしいと切に思ってしまう。

障がい者に優しい環境だけってわけでなく、
誰にでも優しい環境作りこそ、
同時に障がい者にも優しかったってことの方が
よっぽど素晴らしいと思う。

そんな単純なことさえも分からずに、
「バリアフリー新法」なんて法律が出来ていることに、
世の中の頭の悪さを痛感させられてしまう。

そんなことより利益だよって言ってるヤツらは
結局最後は自分に返ってくるって知らないんだ。
その時の顔を見てみたいもんだと思う
今日この頃です・・・・(苦笑)

9年目

  • ふと思う事

今日で彼女と付き合ってから、
9年目に突入するんです。
諸事情で今日は一緒に入れなかったので、
週末にお祝いでもやろうかと思っています。

しかし・・・9年て数字で見ると、
結構長い年月ですよね(笑)

それだけ付き合ってれば、
喜怒哀楽の想い出がいっぱいある訳ですが、
ここ数年喧嘩しなくなったことを考えると
二人とも大人になったのか、
お互いに折れることを覚えたのか(苦笑)
まぁ~どちらにしても、仲良くやれているのは
大変良いことですよね!!

付き合った当初は、
俺は23歳で金髪で、今よりも・・kg痩せていて
そこそこ見た目にもみれたと思われます(苦笑)
彼女は21歳だったのか!?(笑)
そりゃぁ~二人とも若いよな(苦笑)

でも良い歳の取り方をしていると思うけどね。


そんな二人も、結婚することになりまして、
ずぅ~っと二人を見てきてくれた人には、
「やっとか・・・」とため息が聞こえそうですが(苦笑)
長年付き合ってきた二人だからこそ、
得られる関係を、更に作っていけると思っています。
あくまでも想像ですが、
俺がくだらないダジャレを言って、
それに対してキレのある突っ込みをする
関係がジジイやババアになっても
やっていたいもんです(苦笑)

たまにはこんな日記も良いッスよね???(汗)
今まで以上に頑張らないとね!!

まだ見捨ててはいなかった

  • ふと思う事

KAZの音楽ファンの皆様朗報です(苦笑)

昨年のKAZ祭から、早3ヶ月…
どうにも舞い降りてこなかった、
音楽の神が舞い降りて来たようです(苦笑)

Rainbowという曲から考えると、
これまた約4ヶ月も経っているわけですが
ふと本日メロディーが頭に流れてきて
ギターで音合わせをしていくと、
あれっ?いい曲できそうかもと
思わせてくれました。

春に合いそうな、
相変わらずの爽やかな曲になりそうです。

期待を持たせるも…

いつ発表出来るかなぁ~_| ̄|〇


なんてな(苦笑)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4