2009年3月の記事一覧

複雑

  • ふと思う事

寝たきりは暇なのですよ(汗)
なので日記更新(苦笑)

こんなニュースがありました↓

白血病生徒の受験拒否=長崎日大高「別室受験難しい」

 長崎県諫早市の長崎日大高校(野上秀文校長)が今年の入学試験で、白血病を患う長崎市内の中学3年の女子生徒の受験を拒否していたことが30日、分かった。女子生徒は病気で抵抗力が落ちているため、別室での受験を求めたが、同校が断ったという。
 同校や私立学校を管轄する県学事文書課によると、女子生徒は長崎日大高が1月20日に行った特別入試を受験する願書を提出。その際、中学の校長が同校に事情を説明し、他の受験生とは別の部屋での受験を求めた。
 同校は同月13日、学事文書課に内容を報告。「人員に余裕がない。風邪などの感染を防ぐ保証もできず、特別な対応は難しい」として拒否する考えを示し、同課も指導を行わなかった。このため、同校は女子生徒に受験を見送るよう要請した。

俺は基本、こういうニュースがあれば、
やっぱ可哀想って思っちゃう。

だってこの女の子に、何の罪もないし、
純粋に行きたい学校への受験を希望しただけでしょ?
それを白血病って病気を持っているだけで、
拒否をされてしまうのは、
同時に彼女の人生を否定してしまうことになる。

ただ学校の言い分もわからなくはない。
病気が病気なだけに、何かあれば今の時代では、
当然のように責任を追及されてしまうでしょう。
その後、彼女が受かった後の対応にも
困ってしまうでしょうね。
病気ではない人は、対抗できるウイルスとかであっても、
免疫が弱い彼女にとって、
感染を気をつけるというのは、
普通の生活の中では厳しいのでしょう。
だから一概に学校が悪い対応とは思えない。

でも違う視点で見ると、
彼女は自分の病気を受け入れていて
外に出て行くということは、
何らかの感染にあってしまっても、
納得がいっていたのではないでしょうか?
それでも尚、普通の学校にこだわり、
普通の生活を希望していたんじゃないかな?

青臭いことを言うと、
受験が「生きていくための一つの希望」
だったのではないでしょうか?

白血病は怖い病気ですよ。
それを15歳の子が真っ正面から受け止め、
当たり前のことをしようとする。
凄い勇気と覚悟だと俺は思います。

詳しくはわからないけど、
白血病=死ではなく、
少しずつ白血病=治る可能性もある
病気なんだと思うんだよね(違ったらごめんなさい)。

そもそも白血病を抱えている
子供は普通に学校に通っているだろうし、
そういう子供がいるなら、
周りが協力してあげればいい、それだけじゃないの?

完全拒否ではなくて、
受験受けさせてあげようよって言いたくなりました。

この女の子が、人生に悲観的にならずに、
病気のことでめげたりせずに、
強く頑張って生きていくことを切に願うだけですね。

取り敢えず・・・

  • かなしい事

また腰痛話(汗)

週末に何故か痛みが悪化し(苦笑)
予定していた、式での衣装合わせに参加できず、
どういうドレスになったのか実は分からない(苦)

まぁ~ある意味、楽しみに取っておけばいいのか?

月曜の朝になっても良くならず、
先週の水曜日に行った病院とは別の病院へ。

お決まりのレントゲン取るも、
当然腰や骨には異常なし。

診察途中から、段々カウンセリングに(苦笑)
そもそも生活の中で、何が一番腰に悪いのかを検証(笑)

一番多いのは、やっぱ単純に座ってること。
これは仕方ない・・・。

次に、座る位置を直すために、
本来は腕の力で身体をずらしていくんでしょうけど、
俺にはそれが無理なので、
手の甲と、足の力で、
身体を一気に後ろへジャンプさせて直すのが
だいだいのやり方です。
多分これが悪い原因の一つ(汗)
でもこれも仕方ない・・・他に方法がないんだから(苦笑)

後は、朝起きあがる時に、
そもそも腰や背中に筋力がないので、
テコの原理と言いますか、
横になった状態から起きるのは、
足を思いっきり上にあげて振り下ろす。
その勢いで上半身を上げるのです(苦笑)
腰が痛いと一番辛いのがコレ・・・_| ̄|○
だけどこれもホントにしょうがない(苦笑)
これできないと、あっしはホントに寝たきり老人ですよ(苦笑)

後は・・・体○を減らせば・・・ですかね(汗)

そんなこんなで、また少しの間、
お休みするのであった・・・_| ̄|○
ホントすみません職場の皆さん(汗)

一目置かれたカリスマ的存在?!

なんてことはない・・・
mixiの診断テストの結果です(苦笑)

[5周年特別企画] 『mixi診断テスト』あなたは社交的?控えめ?
http://mixi.jp/promotion.pl?id=10

■社交性100%:一目置かれたカリスマ的存在?!

流行のファッションや情報に敏感なあなたは、メールやケータイはもちろん、人とコミュニケーションをとることが大好きで友人も多く、輪の中心的存在なのでは?めったに人見知りをすることはなく、どんな状況でも上手に立ち回ることができるので、周囲からは一目置かれるカリスマ的存在かも?!
しかし、時には一歩引いてみることも大切です。意見や価値観は、あくまでも「あなたのもの」であり、ときには「ワガママ」ともとられてしまうかも。自分らしさを磨きつつも、周囲にいい風を送る役割を率先してみてはいかがでしょうか?



あってるといえば、あってるよね?
でも、これでも人見知りだし、別に輪の中にいることが
そこまで好きだと言うことでもないんですよ(苦笑)

ワガママで結構(笑)

困ったもんで・・・

  • かなしい事

腰痛が一向に治まらない(汗)
週末になって尚一層激しくなってきました。
一応水曜日には病院へ行き、
レントゲンも撮ってもらったんですけど、
特に異常がないんだそうだ。
背骨が潰れているわけでも、
足に痺れや麻痺があるわけでもない。

さて・・・何ぞや??
と悩みながら、録画してあるドラマなどを
ひたすら見ることしかできない現状が
有意義なのか、寂しいやつなのかは分かりません(苦笑)

取り敢えず、横になっているしかないようです。

めでたい

彼女が看護師の国家試験に合格しましたicon:body_good
本人からもメールが来たけど、
受験番号を厚生労働省のHPからも確認取れました。

いやぁ~凄いね!!(笑)
努力してきた人には、
当たり前だけど、ちゃんと結果が伴うものなんですね。
素直に喜んでしまいました。

これで晴れて看護師さん。
とまぁ~喜びもつかの間、
すぐに4月から仕事が始まりますから、
大変なんでしょうけど(苦笑)

今日は多分合格したであろう、
仲間達と飲みに行ってるようですよ(笑)



俺も頑張らないとね・・・
昨日から腰痛がひどくて、
今日は病院に行って薬もらってきたよ_| ̄|○
生活になれてないせいか、
足や腰への負担が辛いのでしょうねぇ~。

でも月末は忙しいので休めず・・・。
早めに横になって寝てようと思います(苦笑)

タバコ=薬??

こんなニュースを見つけました↓

将来的にタバコが薬として登場するかもしれません

タバコというと人体に害を及ぼすものとして認識されていますが、そんなタバコが薬として役に立つかもしれないそうです。しかし、一般的な「タバコを吸う」という行為で効果を得られるということではない上に、現在一般的に流通されているタバコとは全く違うもののようです。

詳細は以下より。

一般的に喫煙されているタバコではなく、特殊なタバコの葉が糖尿病などの自己免疫性疾患や炎症性疾患に効果があるそうです。

イタリア・ベローナ大学のMario Pezzotti教授率いる研究チームが、単球系細胞やリンパ球に作用して免疫機能を抑制性に制御するインターロイキン-10を生み出す遺伝子組み換えタバコの開発に成功したとのこと。

また、短期間で生成することもできるため、将来的にこの遺伝子組み換えタバコが薬として役に立つかもしれないそうです。この遺伝子組み換えタバコは火をつけて煙を吸うのではなく、一般的な薬と同じように服用する事になるとのこと。

現在どれだけ効果を得られるのかハツカネズミを使って実験しているようで、問題なく利用できることがわかれば、安価な糖尿病予防薬として市場に出回るかもしれません。



まぁ~面白い試みだと思いますが何か?(苦笑)

この記事から読み取ると、
タバコの葉を遺伝子組み換えにより、
糖尿病などの抑制に繋がるということですか?

これが本当なら、ある意味喫煙者には、
健康増進法に追いやられている
肩身の狭さを感じなくても良いかもですね(汗)

でもタバコの醍醐味である、
煙を吸わないとなると、
そもそも喫煙者にはあんまり意味ないような・・・(苦笑)

いつか・・・タバコが世の中から消えるのか、
それとも実は薬だから健康に気を付けているんだよと、
大見得きって言えるのは、どちらが先なんでしょうね(汗)

言えねぇ~なぁ~多分(苦笑)

水道管破損・・・

  • かなしい事

本日朝のこと・・・
キッチンの蛇口が緩やかに曲がってしまいました。

事の発端は、俺は自分で髪を洗うために、
キッチンでしか洗うことが出来ないんです。
そして洗う時には蛇口に腕をのせて
腕を頭に近づけて、やっと洗えるのですが、
シャンプーをつけて髪を洗っていると・・・
ゆ~っくりと蛇口が下降していきました・・・(苦笑)

!?

まぁ~ビックリしましたよ(汗)
しかも折れたところからは、
チョロチョロ~っと水が流れてきます。

ドバーって溢れてくるなら、
諦めもつきますが、余りにもゆったりしているので、
ちょっと訳ワカメでした(苦笑)

病院を退院してから早15年になりますが、
その間、福祉施設や、実家や、マンションなど
様々な場所で同じように髪を洗ってましたが、
そんなこと一切起きたことがなかったので、
ホントに驚きました(苦笑)

っで結局、管理会社に電話をすると、
さすがに補償外とのことで、修理は全て自腹(汗)
ただ管理会社を通すと、事務手数料がかかるので、
直接やりとりして下さいってことになり、
若干・・・若干安くなったのがせめてもの救い(苦笑)

と言うわけで・・・今日は業者待ちで家で待機(汗)
俺が対応しないと業者も意味分からないだろうしね。

どうやったら曲がるの??
って聞かれた時に、説明が大変だった(汗)

あぁ~ヒマだ(汗)

お役所仕事

って完全に役所ではなくて、
JR札幌駅の駅員の話。

昨日、買い物があったので、
JRで札幌駅に向かったのですが、
琴似駅の対応は良かったけど、
札幌駅の対応が恐かった。

通常、車椅子を電車に乗せたり、
降ろしたりする際には、スロープを設置して、
転倒防止のために、必ず後ろに体重をのせるなりして、
ひっくり返らないようにするのが当たり前なのですが、
その駅員は降りる際に後ろ向きで降りようとする
俺の車椅子を支えることなく、
手を離しやがったんです(汗)

別にひっくり返ることはなかったけど、
これでひっくり返ってたら、
まぁ~間違いなく全治一ヶ月以上か、
下手したら打ち所が悪くて死ぬかも知れませんよ。

とっさに大声で、「ちゃんと後ろ掴んで!!!」
と叫んだから、その駅員は後ろを支えたけど、
あれは恐いって・・・(苦)

今回は面倒だったから、
スルーしたけど、次あぁ~いう対応だったら、
事務所に抗議しに行きますよ。

対応が分からないと言えば、
それまでなのかも知れないけど、
確か記憶では、電車の乗り降りの対応は、
責任をもって駅員が行うことになっていて、
付添人が行うことも禁止されているはず。
ってことは、逆に言えば駅員が、
その人の命を預かるわけですよね?

それがそんな中途半端な対応では、
乗る方も冷や冷やもんですよ・・・。

ちゃんとせぇ~よJR職員!!(怒)

IE8

  • オタッキ~

こんなニュースがあったので、
取り敢えず試してみた↓

IE8こそが世界最速のブラウザであることを
証明するムービーをマイクロソフトが公開中

詳細はLINK先を見てもらうとして、
要は今現在色々なブラウザがあって、
自分にあったブラウザを使う時代が来ているんですけど、
改めてIE8を使ってよってことなんでしょう。

俺はタブブラウザが好きで、
Sleipnirを使っていたんだけど、
ちょっと放置しておくと、異常にメモリをくうため
何か良いブラウザはないモノかと、
探していたんです。

んで取り敢えず、FirefoxGoogleChrome
IE7も試しては見ていたんだけど、
何でかmixiにログインできなくなったり、
見れるサイトが見れなかったりと、
悲しいかなSleipnirを超えるモノがなかったんです。

あと最近会社でMacFirefoxを使っているから、
簡易LINKが便利だと思ってたから、
Sleipnirになくて残念とは思っていたんです。

そしたらマイクロソフトIE8を正式に
ダウンロード可能にしたから、
取り入れてみたら・・・確かに速い(笑)
言うだけのことはある(苦笑)

でも日本語版じゃなくてねぇ~・・・(苦笑)
結構扱いづらいんですよ(汗)
基本操作は分かるけどさぁ~
日本語もちゃんと同時にやってよ(苦笑)

ただ、ブラウザの出来が良いもんだから、
これなら今後のOS Win7も期待できるかなぁ~
なんて思ってしまいます。

次のOSが出るまでは、PC購入はなさそうだな(苦笑)

マイ・フェイバリット・アーティスト 第1_7弾「KAN」

  • KAN

KAN BAND LIVE TOUR 2009『じゃぁ、スイスの首都は?』

という毎度KANさんらしい頭の悪いライブタイトルですが(苦笑)
今回も行ってきましたよ!!

新作が出ていない状態でのライブで、
どういうライブを見せてくれるんだろうって
期待感はバッチリなまま、会社を早退して
ZEPPSAPPOROへ(笑)

でも思った以上に早かったようで、
誰もいないわ、寒いわで極力風に当たらないように、
隠れていると、てっち登場(笑)
どうでもいいやりとりしていると、開場になったので、
一目散に中に入れてもらい、
まずはDVDをGetしました。

これはせっかく大画面のTVがあるんだから、
映像が綺麗なDVDでライブを見たいということで、
躊躇うことなく購入(笑)

席に向かうと、今回は9列目で残念感があるも、
まぁ~それでも肉眼で捉えられる位置なので、
特に文句はなかったりして(汗)

そんなこんなで、一緒に見るために誘った、
nabeyakiさんやRYOさんも到着して、
更にはオフ会のメンバーも沢山見つけて、
改めてKANさん繋がりは良いなぁ~なんて思ったりして(笑)


さて・・・ここからが本題です(苦笑)
ネタバレが始まるので、これから見る方はご遠慮下さいね(笑)


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・みんな、いっくわよ~!(苦笑)

基本KANさんのバンドライブは
流行モノを取り入れる傾向にあるようで、
今回はオープニングから笑わせて頂きました。

最初に流れた音楽が、
何故か・・・Perfumeの「ポリリズム」?(苦笑)

そして考えるヒマもないタイミングで、
KANさんがピアノの上に登場して、
「みんな、いっくわよ~!」と松浦亜弥の声で、
エアあややをやっていました(苦笑)
不意打ちに思わず爆笑です(笑)

よくよく考えると今のKANさんの事務所は、
アップフロントなので、
やろうと思えば出来る芸だったのでしょう(苦笑)
「じゃぁ~、Perfumeは?」と思いたいところですが、
そんなのは後の余韻の話なので、
その時はどうでもよかったりします(苦笑)
単純に面白かったよ。

セットリストとしては
結構懐かしい曲が多かったと思うし、
昨年と、そんなにかぶらない感じだったので、
新鮮に聴くことが出来たと思います。

「涙の夕焼け」「1989(A Ballade of Bobby & Olivia)」
「けやき通りがいろづく頃」「カラス」「Moon」

後半の曲がメインだけど(汗)
あっ、でも「愛は勝つ」のアレンジ格好良かったし、
「TOP SECRET~誰にもしゃべるな~」の
アレンジは聴き入ってしまう程、格好良かったです。

今回はウクレレで演奏するまでの、
小ネタもあったし、一つ一つが多分真剣に
悩んだ上での小ネタだと思うので、
こっちも素直に笑っちゃうんだよね(笑)

あぁ~後思ったのが、KANさん含め、
メンバー皆さんが本当に楽しそうでね。
何か、良いなぁ~って思った。
あんな風に、ずっと音楽に触れていたいと思いましたよ。
正に音を楽しむ原点が、そこにありました。

ちなみに恒例の「適齢期LOVE STORY」もあり、
アップフロントの近藤さん?が登場するんですけど、
あの人、無駄に存在感強くて笑えるんだよなぁ~。
出てきた瞬間に俺は爆笑(苦笑)

いつものように、全曲メドレーもあったし、
途中に演奏していない「崖の上のポニョ」を
組み込んで替え歌やっちゃうし、
最後の最後にエアあややが、また登場するし、
いつもながら本当に面白いライブでした。

アンコール最後の「50年後も」を聴いた時に、
やっぱ結婚式Songにも当てはまり、
俺と彼女にドンピシャなこともあってか、
胸がジーンとなって感動しちゃったなぁ~。


とにもかくにも個人的に得たことは、
やっぱ俺の音楽に足りないのは、
「笑い」なんだと再認識させてくれる(苦笑)
最高に面白く、最高に素敵なライブでした。

DVD本気で待っていますよKANさん!!!!!


セットリスト↓
01. 健全 安全 好青年
02. Happy Birthday
03. TOP SECRET~誰にもしゃべるな~
04. Rock'n Soul in Yellow
05. RED FLAG (一般道路速度超過)
06. 愛は勝つ
07. GO PLAIN
08. 結婚しない二人
09. 涙の夕焼け
10. 1989(A Ballade of Bobby & Olivia)
11. 香港SAYONARA
12. けやき通りがいろづく頃
13. 今夜はかえさないよ
14. カラス
15. ときどき雲と話をしよう
16. まゆみ
17. 恋はTONIN' 
18. Oxanne~愛しのオクサーヌ~
19. Superfaker
20. Moon
~ Encore ~
21. Revolution (The Beatlesカバー<1968)
22. 適齢期LOVE STORY
23. 50年後も

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4