2009年5月の記事一覧

世界でいちばん好きな人

それは・・・奥様(笑)
まぁ~ノロケはいいとして(苦笑)

昨日、結婚式を無事に終えることが出来ました。
式本編、食事会にご出席いただきました皆さま、
並びに1.5次会にご出席いただきました皆さま、
誠にありがとうございました。
ご祝儀・お祝いも沢山いただきました。
あらためて御礼申し上げます。

朝からさらっと振り返ってみると、
一応早めに起床するも、朝ご飯食べたら眠くなり、
二度寝するあたりが緊張感を感じないでしょうが(苦笑)
それでも意味無く胃痛に襲われていたので、
多分緊張していたのでしょう(汗)

もろもろ準備をしていると、
一日付き添いで手伝ってくれる「まゆ」がやってきて、
タクシーで会場となるファクトリーへ。

でも考えてみると新婦は相当な準備があるだろうけど、
新郎はタキシードを着るだけなので、
早く行っても、個室が狭いので邪魔ということで(汗)
外のカフェで呼ばれるまで待っていましたとさ(苦笑)

1時間くらい待って「新郎も来ていいよぉ」と
言われたので、早速タキシードを着ることに。

・・・この1ヶ月の成果はあるんだろうか・・・??
まずはズボンから・・・ウエストが緩い(感動)
中のシャツ・・・スルッと着れる(感動)
問題のベスト・・・違和感なく着れる(感動)
ジャケット・・・完璧(笑)
結局トータルでいくと、どうやらお腹周り、胸回りが
確実に減っていたようであり、
今回のメインテーマでもあるタキシードが
問題なく着れたということでダイエット成功である(苦笑)

心の中でゴールを決めたサッカー選手ばりの
ガッツポーズを決めていたのは言うまでもありません(笑)

そんなこんなで奥様の準備が出来たということで、
見に行くと、そこにはウエディングドレスを
身にまとった奥様がいました。

俺はウエディングドレスの姿を見たのが
初めてだったので、やっぱ感動でしたね。
本当に綺麗で美しかったです。
改めて惚れ直したというか、不思議な気持ちでした(笑)

その後、リハーサルに入るんですけど、
そもそも前の人達の式が、押してしまったようで、
結局15分押しくらいになってしまったんだけど、
リハは覚えることが満載で・・・苦労しました(苦笑)
常時、あっち向いてこっち向いてとか、
そもそも一人で最初に入場するとは・・・
思っても見なかったりして正直緊張はあったな(汗)
でも色々担当者の人も工夫してくれたりして、
素直に嬉しかったなぁ~。

人前式という形式の結婚式だったので、
神様はいなくて、出席してくれた人達に、
同意してもらうので、
みんながいて初めてなりたつんですよねぇ~。

入場の際、まずは俺一人で登場するんですが、
ドアが開いた瞬間、当然のことですが、
全員俺を見ているんだよねぇ~(苦笑)
そんな中、まおさんはドアが開いた瞬間に、
泣いてくれたそうですが、
大半はタキシード姿に笑ってしまったそうな・・・(汗)
まぁ~俺も自身の姿に、ちょっと笑ったけど(苦笑)

俺が一人で途中まで進み反対を向いて
奥様を待つわけですが、次のドアが開いた瞬間には、
今だから話すけど、本当に感極まって泣きそうでした。
なんか今までの年月を振り返り、
胸が熱くなって涙が自然に溢れました。
でも序盤の序盤で泣くわけにはいかず・・・。
頑張って堪えていました(笑)

32975455_2614403786.jpg

流れとしては、入場→司祭の挨拶→誓いの詞→
指輪の交換→誓いの口づけ→証人宣言→乾杯→
ケーキカット→ブーケプルズ→花束贈呈→
退場だった気がします。

まぁ~何よりも2回も皆さんの前でさせられた、
誓いの口づけですよね(汗)
1回では写真が撮れないということで、
もう一度って言われても・・・(苦笑)
ちょいはずかったわぁ~(汗)

2009053015030000.jpg

式自体の泣き所は、奥様の入場と、花束贈呈ですね。
俺も涙もろくなったんだなぁ~と思いました(笑)

32975455_2421486716.jpg

2009053015080000.jpg

32975455_3976645057.jpg

内容満載で一杯一杯だったけど、
小さな結婚式で式を出来たのは、
本当に嬉しかったです。
最高の想い出になりました。

余談ですが、式のBGMに関しては、
我々相当の満足しておりまして、
自己満足全開です(苦笑)

と言うわけでBGMリストを発表↓

入   場 Kanon George Winston
誓いの詞 Wedding Bell DEPAPEPE
指輪交換 Jesus, Jesus, Rest Your Head George Winston
誓いのキス・署名 世界でいちばん好きな人 KAN
証人宣言・披露 何の変哲もないLoveSong KAN
ブーケプルズ TOP OF THE WORLD THE CARPENTERS
シャンパン・乾杯 START DEPAPEPE
ケーキカット FOR ALL WE KNOW THE CARPENTERS
花束贈呈 Joy George Winston
祝辞・退場 Song of Love-君こそ我が行くべき人生- KAN

となっております。
KANさんをやっぱどうしても入れたくて、
選曲しましたけど、全体的に綺麗にまとまっていて、
良くできたBGMだと思っているのです(苦笑)
KANオフの皆さんも参考にどうぞ(笑)

その後、親族の写真と、全体写真があり、
既に時間は押し気味・・・。


特に時間も空くことなく、食事会へ。
ここから食事会の流れとして、
司会を奥様友人の、あっちゃんと、むっちゃんに
無理矢理お願いしました(苦笑)
初めての割には堂々としていて、
心配しなくても良かったかなと(笑)

そして職場の代表の乾杯があり、
所長の祝辞、黄門さんの祝辞、
あっちゃんの祝辞と繋がっていきました。

みんな多様な祝辞内容で、どれもこれも、
泣き所満載でした(笑)
ここまできたら泣けば良かったろうけど、
もう少し俺としてはためておきたかったなと(苦笑)

次に各テーブルへの挨拶回りをして、
親戚テーブルは、正直殆ど会話できなかったけど(汗)
でも顔見せが出来て良かったと思っています。

ただ思った以上に時間は押していて、
何か急遽カットしようかと思ったけど、
取り敢えずは大丈夫だということで、
奥様のために作った「トビラ」という曲を歌って、
アルコール・・・いやアンコールもあり、
「ありがとう」も歌わせていただきました。

そして親への手紙にうつり、
奥様からお母さんへ贈られました。
この時点で俺は正直泣いていました。
9年も付き合っていると、亡くなったお父さんのことや、
今まで二人が頑張ってきたことなど、
走馬燈のように蘇り、もう無理でした。
良い手紙だったと思うな。

余談ですが俺も手紙は書いていたんです。
初めて親へ手紙を書いたんです。
でも読みませんでした・・・。
理由は・・・泣き崩れそうだったんで・・・。
だから帰り際に、こっそりと渡すだけにしました。
ちょっとだけ後悔です・・・。

最後に新郎から挨拶をしたんですけど、
ここでも感極まっていて・・・
所々言葉を詰まらせながら挨拶をしたと思います。

ここで、親族・職場の上司は帰られます。
やっと緊張から解き放たれ・・・、
後は弾けようと思い1.5次会へ(笑)

会場に着くなり、一斉にクラッカーを鳴らし
お出迎えをしてくれて、あれは迫力があった(笑)

部屋の装飾は、友人の風船屋NORIが
頑張ってくれたらしく、同時に出席者のみんなも、
色々と手伝ってくれたことを聞き、
本当に嬉しく思いました。みんなありがとう。

スピーチに関しては、突撃系が多かったので、
みな困惑気味だったけど、素が見れて面白かったよ(笑)

32958135_2479026053.jpg

20090531185445.jpg

余興に関しても、KAZの歌をみんなで歌ってくれたし、
歌の合間で流れていた映像も、
相当苦労したろうになぁ~と思いながら
楽しく見ていました。
NORIも場を盛り上げてくれたし、
その後の、まゆと、RYOさんの余興は、
余りにも盛り上がりすぎたから、
やりづらかったと思うけど、個人的にはバカウケでした(笑)
まぁ~一つだけ残念なのは、
もう少し各テーブルの交流が欲しかったかな。
そこでしか会えない人もいたから、
お話はしたかったなぁ~って。

でも一派のみんなが、本当に頑張ってくれていたのは
分かっていたから、心から楽しめる内容でした。
本当にありがとう。

20090531185408.jpg

親・兄弟・親族・友人・仲間・職場、
一人一人色んな想いがあったんだと思います。
それでも多忙な中、お祝いに駆け付けてくれたことに、
心から感謝申し上げます。

式の受付をやってくれた、ねぇさん、nabeyakiさん、
署名を引き受けてくれた、やたやん、理沙さん、
乾杯をしてくれた、RYOさん、
食事会の司会を務めてくれた、むっちゃん、あっちゃん、
乾杯や祝辞をくれた、代表、所長、黄門さん、あっちゃん、
1.5次会の幹事を担当してくれた、やたやん、いわちゃん、
RYOさん、まゆ、
受付をやってくれた、黄門さん、やちこ、
乾杯をしてくれた、颯太くん
祝辞の西王くん、しまくん、かもさん、みずはさん、
1日付き合ってくれた、まゆ、
荷物持ちを任せてしまった、みぃさん、はるさん、
そしてご出席いただきました皆さま、
一世一代の大イベントでしたが、
無事に終えることが出来ました。

本当に本当にありがとうございました。
KAZ、tea共々、厚く御礼申し上げます。

俺達は、みんなから逆に幸せをもらった気がします。
絶対にみんなの祝福を無駄にしないように、
幸せになりたいと思います。
これからも見守っていて下さい。

本当にありがとう。


追記:自分達のデジカメでは写真が1枚も撮れませんでした(苦笑)
    誰かデータでお裾分けして下さいm(_ _)m

本日

  • ふと思う事

いよいよ結婚式を迎えます。
何よりも楽しめたらと思います。

ご出席いただく皆様、よろしくお願いしますm(__)m

~ぶらり小樽旅~

というわけで、
本日はどこへいかれるのでしょうか?
KAZしゃぁ~ん(ぶらりナレーション風)(苦笑)

結婚式前にしか休みを
あわせることが出来なかったので、
昨日、奥様の故郷「小樽」へ1泊2日の予定で
遊びに行ってきました。

近いけれど、近いだけに行く機会もない、
小樽という街ですが、行ってみると
それはそれでノスタルジーで、
しかも平日だから人もいなくて、
混雑することもなくスムーズに
観光することが出来ました。

あぁ~いう観光スポットは、
平日に行くのが良いかもなぁ~と
意味なく思ったりして(苦笑)


午前中から行く予定でしたが
何でか目覚めると激しい胃痛から始まり、
はてさて、どうしたものでしょうかねぇ~
KAZしゃ~ん(ぶらりナレーション風)(汗)

最近仕事が本当に多忙だったこともあり、
ストレスが満載だったのかも知れませんが、
胃薬飲んで少し休むと、完全に復活し、
そのままJRへ飛び乗り向かうは小樽へ。

天気も午前中は良くなかったけど、
午後からは天気に恵まれて、
めっちゃ観光日和でした。

最初に運河を目指すことにしたのですが、
やっぱりそこは観光スポットだけあって、
食べ物屋が豊富で・・・(苦笑)

まず目に付いたのが、ソフトクリーム(笑)
あっ、予め言っておきますが、
この日はダイエット忘れてますから(苦笑)

「まちむら牧場」という小さな店舗ながら、
牧場という響きに引かれ早速注文。

)IMGP0601.jpg

バニラとコーヒーのミックスを頼んでみると、
最初から既にでかい獲物を頼んでしまい、
今夜の大物との対決は大丈夫か??(苦笑)
と思ってしまうも関係なく完食。
ミルクの濃さが良い感じでした。

20090528155342.jpg

IMGP0600.jpg

ソフトクリームを食べながら辺りを見回すと、
最近北海道と言えば、「白い恋人」に
匹敵するくらいの勢いのある「まりもっこり」
目の前で居座っておりました(苦笑)
しかもCDデビューしているらしい(汗)
あんな下ネタキャラに先を越されるのも残念ですが、
まぁ~それだけ人気があるのでしょう(苦笑)

IMGP0602.jpg

ところで、2年前に小樽へ訪れた時にも
思っていたのですが、この街のネーミングセンスは
親父ギャグ満載であると思うのです。
例えば写真のまりもっこりの上にある看板は、
トップレスの女性と北海道を掛け合わせ、
「北海道はおっぱいどぉ~」と普通に書いたり、
写真には写っていませんが、この写真の横には、
ブリーフを履いた熊の絵があって、
「スケベだベアぁ~」とあったり(苦笑)
写真の位置より更に進むと、
マリリンモンロー風のイラストに「マリモンロー」と
怪しい絵がありました(苦笑)

相変わらず・・・俺好みな街だなと(笑)
適当に付けて良いなら小樽の皆さん、
KAZに依頼して下さい(苦笑)
何でもネーミングしますよ(汗)


続いて、その足でオルゴール堂へ。
単純に見学するだけのつもりが、
パイプオルガンのオルゴールがあったり、
素敵なオルゴールが満載で、
店員さんの口車に乗りつつ、
ちょい高めの「カノン」のオルゴールを購入(苦笑)

IMGP0608.jpg

IMGP0641.jpg

でも何で小樽がオルゴールと思うでしょ?
何でも外国との交流が多い港では、
結構早い段階から西洋のモノを
取り入れる習慣があって、
小樽のノスタルジーな環境と、
一見もの悲しげなオルゴールの音色が
マッチしたために、そのまま定着したのではないか?
と言うのが説明でした。


その後、目についた「LeTAO」へ(苦笑)
ここは本当に有名になってしまったから、
お休みの日には食べるだけでも、
1時間くらい待たされるというお店なのですが、
平日は全く持ってそんなこともなく、
すんなり席へ案内され、先程ソフトクリームを
食べたばかりだというのに、
美味しそうなチーズケーキに負け(苦笑)
普通に食べてしまいました(汗)

IMGP0609.jpg

IMGP0610.jpg

そして夕焼けを長めながら運河へ。
暇そうな人力車のお兄さんをつかまえ、
写真を撮ってもらい、本日のメインイベントへ(笑)

IMGP0622.jpg

何がって?
し~す~ですよ(笑)
まさに人生のし~す~ゲームですよ(苦笑)

元々、小樽へ行ったらし~す~を
食べようとは思っていたんですが、
会社の同僚の皆さまより、
お祝いと言うことでし~す~券を頂きまして、
素直に使わせて頂きましたm(_ _)m
本当にありがとう。

お店の候補はいくつかあるも、
やっぱり古い町並みなだけあって
バリアフリーではないので、
歩きながら入れる店を探して、
某関根勤の元マネージャーだった人の
親がやっていた「しかま」というお店へ。

ここからは文章は必要ないと判断し、
写真のコメントだけ載せていきます(苦笑)

20090528155400.jpg

2度目に追加注文したし~す~の写真(汗)

IMGP0627.jpg

こりゃぁ~ホントに美味い(笑)

IMGP0628.jpg

あぁ~最後のウニだぁ~(苦笑)

IMGP0630.jpg

味を噛みしめています(泣)


奥さん曰く・・・本当に幸せそうだったと(笑)

余韻を残しながら一泊するための、
小樽築港へ移動し、元「ヒルトンホテル小樽」から
変更になった「グランドパーク小樽」へ。

部屋は身障者用の部屋もあったけど、
今回は奥様の要望で海が見えて、
上の階が良いということで、
ほぼ最上階の17階に泊まりました。
夜景も綺麗でしたが、朝の景色も抜群でした。
色々動き回り疲れていたのか、すぐに就寝(苦笑)

IMGP0634.jpg

IMGP0646.jpg

IMGP0647.jpg

次の日も早めに起きて、小樽築港周りを散策し
意外にもファンである「石原裕次郎記念館」へ(笑)
中では撮影禁止だったので、撮れませんでしたが、
入り口の部分と、

IMGP0682.jpg

本館入り口と、

IMGP0684.jpg

外にあったヨットの前で写真を撮ってきました。

IMGP0686.jpg

中では石原裕次郎と、
疑似写真を一緒に撮ることが出来ましたが、
予算の都合上今回は断念(苦笑)
次回再チャレンジしてみることにします(笑)

優雅に楽しむだけ楽しんで先程帰宅しました。
まぁ~車椅子で移動するには、
厳しい点もあるけれど、充分に楽しめる
観光スポットだと思います。
結婚後、初の旅行だったので良い想い出になりました・・・。

・・・zzz


あらあら~KAZしゃぁ~ん、
だいぶお疲れの様子ですねぇ~。
まとめることもなく寝てしまったご様子。
それではわたしが代わりに、
今回のぶらり小樽旅をしめたぁ~いと思いま~す。
それでは皆さん、またお会いしたいですねぇ~。
(ぶらりナレーション風)(苦笑

明日から

正しくは今日から、お休みを頂きました。
めっちゃ嬉しいような、休んでしまい
罪悪感を感じてしまうような・・・(苦笑)

仕事はマジ今ハードで、通常なら休んだら
顰蹙を買いそうな展開なんですが、
でも一杯一杯の中、当日を迎えるよりは、
少しだけ余裕が持てる方が心境としては楽だから、
素直に休みもらえて助かっていますm(_ _)m

会社の同僚から、し~す~券をお祝いでもらったので、
小樽へ行って絶対に食べてこようと思います(笑)
もうねぇ~し~す~だけが生き甲斐に感じる程、
本当に大好き(笑)本当にみんなありがとう。
美味しく頂き、写メ撮ってきます(苦笑)

じゃぁ~明日のために、
早く寝ようと思いま~~~す(笑)

でけた・・・(苦笑)

新曲の音源が(笑)
社会人が、こんな時間まで何やってるんだって?
仕方ないじゃない、土曜日に間に合わせないと
な~んの意味もないのですから(汗)

今日の仕事大丈夫だろうか(汗)
し~らね(笑)
まぁ~やりますけどね。

して音源ですが・・・
良い曲に仕上がったと思います。

若干の歯がゆさはあるけどね(苦笑)
と言うのも、どうもMTRとPCを繋ぐ機器が
不具合連発で、録音すると「ブツッ」という
音が絶対入るし、勝手に進んだり、
時にゆったりするし、テンポ重視な音楽にとって、
致命的ではないか(苦笑)

結局、過去に自分のライブを録音するために、
買ってあったケンウッドの「MGR-A7」
意外にも利用できて、一旦そっちへ録音して、
そのデータをPCに取り込んで、編集したら、
取り敢えず何とかなりました(汗)

でもストリングスの音が最後がちょっと、
怪しいんだけど・・・もう奥さんにやってとは
言えないな・・・(苦笑)
と言うわけで、そこは今回だけは諦めた(笑)

誰かPCへ接続する、良い機械知っている方、
情報教えて下さいm(_ _)m
特にDTMやっているであろう、にゃーさんよろしく(苦笑)

さて、寝るか・・・今日も忙しいんだよ(苦笑)

忙しさに

  • ふと思う事

かまけて大事なものが
見えなくなりそうでした・・・。

今週は本当に忙しくて・・・
仕事のちょっとした一息の
ブラウザを開く暇もない程でした(苦笑)

今日は障がい者スタッフだけの話し合いがあり、
通常では話せないようなことも、
ぶちまけてやろうではないか??(笑)
という意味合いもある会議だったんですけど
2回目にもなれば、段々意見が
出てくるようになってきまして、
普通に面白かったりするのです(苦笑)

ただやっぱり、障がい者と健常者が、
一緒に働くという概念からすると、
どっかこっか溝があるんだなと。

まだ今の職場は当事者の主体性も
尊重する部分もあるので、
多分一般会社で働くことに比べたら、
偏見や差別などないので、
働く環境としては良いんだと思います。

俺は特にないんだけど
(言いたいことを言ってるので(汗))
スタッフによっては、この職場内に置いても、
萎縮したり、遠慮したりで、
不満が積もっている様子です。

「共に働く」
このキーワードが意味するもの、
どんなに重度の障がいがあっても、
何かしら出来ることはあって、
一緒に働くことが出来るはずだ。

俺はそう受け止めています。

だけど現実は、そうはいかない。
構図は指導者と利用者になってるとか、
障がい者同士であっても、
あいつより働いているのに、
給料が少ないとか、
仕事をしたいわけではないのに、働かされているとか、
結局の所、障がいというフレーズだけで、
美化されがちな障がい者にだって、
一人一人考えや個性は違うわけで、
全員が全員同じ方向に向かうのは難しいということ。

それでも、そろそろ答えを示す時期に来ているのです。
何が正しいのか、正直分かりませんが、
今の障がい者が働く場を維持するためにも、
次の俺等の世代が、どうやっていくのか、
本気で考え始める時期に来ているんだと思います。


仕事も本気で忙しい・・・
結婚式の準備も本気で忙しい・・・
色々ありすぎて、俺の中の許容が満杯に
なりかけているようです(苦笑)

身体がしんどいです・・・(汗)

Android携帯

  • モバイル

ついに日本にも、携帯OSの標準化を
目指すであろう「Android」がきましたね。
しかもDocomoというから、ユーザーには嬉しい。

Androidケータイ日本上陸 
"HTC Magic"がドコモから登場「HT-03A」

HTC製の「HT-03A」は、HTC Magicをベースにした国内初のAndroidケータイ。約3.2インチのハーフVGA液晶はタッチパネル操作が可能で、トラックボールも備えた。HSDPAと無線LANにも対応し、Googleの豊富なWebサービスを手のひらで利用できる。
 NTTドコモが発表した「HT-03A」は、Googleが開発したケータイ向けプラットフォーム「Android」を搭載したスマートフォン。いわゆるAndroidケータイが日本のキャリアから発表されるのは、HT-03Aが初めて。

kh_ht03a01.jpg

kh_ht03a02.jpg

 ベースモデルは2月にHTCが発表した「HTC Magic」。メインディスプレイに約3.2インチのハーフVGA(320×480ピクセル)表示対応のタッチパネル液晶を搭載し、ポインティングデバイスとして決定キーも兼ねるトラックボールと、さまざまなアプリをワンタッチで呼び出せるナビゲーションボタンを装備している。
 WebKitエンジン採用のフルブラウザを内蔵しており、下り最大7.2MbpsのFOMA ハイスピード(HSDPA)や無線LANを経由してGmailやGoogle Maps、YouTube、PicasaなどGoogleが提供するさまざまなインターネットサービスを利用できる。さらに、「Androidマーケット」からAndroid用のアプリケーションをダウンロード購入して、端末に機能を追加することも可能だ。
 3Gだけでなく、IEEE802.11b/g準拠の無線LANやGPS、Bluetoothに対応。WORLD WING(3G+GSM)もサポートする。


まぁ~言うならば、iPhone対抗は
見え見えだけど(苦笑)
でもそれにしても、app-Stourに意識して、
追加アプリがあるのは嬉しい要素ですよね。

本体自体に、どれだけメモリを詰んでいるのか、
実際の使用感など、第1作目だけに不安もあるけど、
上手くいくことを期待して、今後の面白い携帯に
繋がって欲しいなぁ~と思うのでした。

取り敢えずは発売されたら見に行く予定(笑)


ただ、Docomoだけに、パケットサービスの
意味なく高い料金設定とか、
ユーザー離れをしそうな気もする(苦笑)
まずは純粋にユーザー獲得のためにも、
低料金で扱えるようにはして欲しいと思います。

あとは、単純に見るだけでは、
iモードメールは使えるのか?とか
多分おサイフ携帯にはならないんだろうなぁ~とか、
残念な部分もあると思われます。

取り敢えず実際に見て触れて質問した~い(苦笑)

忙しい

日々は続く(苦笑)

でも取り敢えず、式場関係者との
打ち合わせは今日で終わりました。

本来なら、この時点で安堵感が漂うのでしょうが(汗)
そうもいかないのがB型の良いところ(苦笑)

自分らで作る作業ものが、まだまだあったりします。
それを式までに出来れば良いんですけどねぇ。

頑張ることにします(笑)


さて、本当に式まで日程が迫ってきました。
入籍の時も感慨深い思いはありましたが、
式を終えて、やっと本当に結ばれたと
思えるんでしょうかねぇ~。

親族含めて沢山の人達に見守られて
暖かい空間になるのかなぁ~とか、
色々と頭をめぐっていきます。

当初、奥様は式は挙げないんだろう
と思っていたようで、写真だけ撮れたら良いなぁ~
って言ってました。
俺自身も高額なお金がかかってしまうなら、
やっぱ無理かなぁ~なんて思ってましたが、
長い間待たせたこともあって、
逆にどうせなら式を挙げたいと思ってきました。

そんな中、ネットで偶然にも「小さな結婚式」という
サイトに辿り着き、車椅子でも大丈夫か
聞いてみると全然大丈夫と返事が返ってきたので、
見学に行くと値段も俺等でも出せる程度の金額で
式を挙げれると分かったので、今日に至っているんです。

そんなこんなで、多忙な日々は続きますが、
6月以降は少し余裕が出てきそうなので、
もう少し頑張ってみます(笑)

さぁ~て寝ますか(苦笑)

普通

新婚さんだから、気分が明るいと思うでしょ?

でも今週に限って、仕事上でのトラブルや、
前住んでいた部屋のオーナーとのやりとりで、
非常に気分がもっさりしています(苦笑)

大声で「ふざけんなぁ~」って
言えれば気分も晴れるんでしょうが・・・。
無駄に大人になってしまったため、
言うこともなく・・・もやもやするんですなぁ~(苦笑)

まぁ~仕事に関して言えば、
悪い点も多々あると思うので、
良いと言えば良いんですけどねぇ~(苦笑)

なんだかなぁ~(阿藤快風)


とは言っても職場内で
おめでたい話も聞けたから
良いとしますか!!

ねっ、ねぇさん(笑)

続き(笑)

本日昼過ぎには、西区役所へ行き、
2人で婚姻届を提出してきました。

特に問題もなく受理されました。

言うならば婚姻届という紙ですが、
凄く重みのある紙で、
新たな家族となったわけですよね。

俺は生まれた時から、障がいを抱え
どうも他の人とは違うんだなぁ~と
子供心に感じ取っていまして、
正直将来に対しては不安しかなかったと思います。

でも人生を生きていかねばならないし、
どうせ生きていくんであれば、
障がいあるなしに関わらず、
普通に仕事をし、普通に恋愛をし、
普通に結婚し、普通に家族を持ち、
当たり前の人生を歩むのが夢でした。

数え切れないくらいの人に助けられ、
数え切れない出会いの中で彼女に会いました。

それもこれも、自分の意思を尊重してくれた親がいて、
出来るかどうか分からないことでも、
背中から見守っていてくれて、
高校卒業後、至る所へ行きましたが、
やっぱり施設よりは一人暮らしをしたいと、
当初は無謀と思われたかも知れないけど、
それでも応援してくれたからこそ、
自分で生きる道を選び、その結果運命のように、
彼女に出会うことが出来たんですよね。

親には本当に感謝したいと思っています。
結婚式では初めて目の前で「ありがとう」を言うつもりです。


にしても、結婚までの道のりは
決して楽なものではなく、
お互いの気持ちがすれ違ったり、
両親に認めてもらうまでが大変だったり、
色々あって、9年が過ぎました(苦笑)

でもやっと、認めてもらえて
周りにも祝福されて、本当に幸せ者だなと
改めて思います。

今が・・・一番幸せなんです!!(笑)

これからが本当に頑張っていく必要があるんだけど、
まずは2人の生活を楽しんでいこうと思います。


至らない点も多々あると思いますが、
暖かい眼で「KAZ」と「tea」を
見守って頂けたらと思いますm(_ _)m

追記:お祝いコメント本当にありがとうm(_ _)m

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4