2009年6月の記事一覧

風邪という名の

  • かなしい事

夏の贈り物を頂きました(苦笑)
吐き気が酷いし、まぁ〜気持ち悪いし、
この体調の悪さは、
もはやライフスタイルではないか?(汗)
なんてギャグを言う余裕もないほど、
現在はやられています(T . T)

取り合えず寝ているしかないようです...。

ただいま

夏バテまっしぐらな男KAZでございます(苦笑)
いやぁ~ホントに暑さには弱いんだわ。
と言っても寒さにも弱いので、
単純にわがままな体質なんですね(汗)

そんな中、頭ボーッとしている状態で
仕事をやっていくと、あれよこれよと、
ミス連発・・・(泣)
今日はよく怒られた1日でありました(T_T)

俺は褒められて伸びるんだって
何回も言ってるのに、やっぱり怒られる(汗)
まぁ~俺が悪いんですけど(苦笑)

ダメだなぁ~気を引き締めないと。
何やっていても裏目に出てしまう。
まさにウラメシやぁ~(苦笑)

愚痴はこれくらいにして、
やれることを一つ一つやっていこうと思います。
怒られるってのは、やっぱりそこに
ちゃんとした理由があるはずですから、
それを見逃してしまったのでしょう。

仕事は基本の積み重ね。
それさえも出来てない内は、
やっぱ注意されて仕方ないんでしょうね。
さっ、明日からも頑張るとしよう。

にしても・・・暑い・・・(苦笑)

久々に

今日は暑かったなぁ~(苦笑)
でも釧路方面は大雨警報が出ていたようで、
それはそれで大変でしたなぁ~(汗)

まぁ~それはいいとして、
KANさん恒例の弾き語りツアー
『弾き語りばったり #11 ~言った、言わない~』
の先行チケットがとれました!!

10月15日(木)
札幌コンサートホールKitara 小ホール(札幌)
(18:30 / 19:00) 4,800円

相変わらずの平日なのが気になりつつも、
秋の楽しみが増えました。
恒例のメンバーで行けたらと思います(笑)

オフ会もやるだろうから、
朝までコースだな(苦笑)

今年の春に行われたライブツアーの
DVDも発売されるようだし、楽しみは満載です。

さっ、頑張って働きますか!!(苦笑)

取り敢えず

週末は大人しくしていたこともあり、
腰痛は治まったみたい(笑)
今回は病院には行かず、
家で大人しくしていただけですが、
要は病院に行っても何ら原因が分からず、
適当なことを言われ痛み止めを飲むと、
意外にも治まってしまうので、
自分としては単純に重度の筋肉痛なのでは?
と解釈しております(苦笑)

2年前に起きた腰痛は明らかに、
神経を圧迫していたような気もするけど、
ここ最近の腰痛は、痛み止めと
横になっているだけで、数日で良くなるから、
ちょっと仕組みが違うような気がするのですよ。

でもずっと座っているだけで、
筋肉痛ってのも、どうなのかって思ったりもするけど、
原因が分からないから釈然としない感じはありますが(苦笑)
何となく胆石が見つかるまでの展開によく似てる(苦笑)

まぁ~治まったから良いかって
思ってる時点で病気をなめている証拠でしょうがね(汗)

えぇ~い

こんちくしょう(苦笑)
また腰痛が現れた(汗)
何か慢性的になっているようだ。

今は痛み止を飲んで様子を見てるんだけど、
さて素直に効いてくれるものか
どうかが非常に怪しい(苦笑)

あんま休みたくないんだよね。
そもそも弱い体質で通ってるから(汗)


ぬぉぉぉぉぉぉぉ~痛みよ
飛んでけぇ~どんだけぇ~(苦笑)

社畜.com

ネットを彷徨っていたら、
こんなサイトがあった↓

社畜.com -あなたの社畜度を判定します!

そもそも「社畜(しゃちく)」とは
何かということで調べてみてみると、
「社畜(しゃちく)とは、主に日本で、
企業に飼い慣らされてしまい
自分の意思を持たなくなった
サラリーマンの状態を指し示したものである。
「会社+家畜」から来た造語で、揶揄している。
会社人間、企業戦士などよりも、
批判が強く込められている言葉である。」
とのこと。

質問文は以下の30個で構成されています。

Q1.サービス残業をさせられる
Q2.ここ数年給料が上がっていない
Q3.有給が使える空気ではない
Q4.熱が出ても出勤する
Q5.上司に罵倒される
Q6.転勤が激しい職場である
Q7.お金のために仕方なく働いている
Q8.会社主催の運動会に出場する必要がある
Q9.今の職場は嫌だが転職する勇気もない
Q10.不可解な人事異動がある
Q11.仕事のあと飲み会につきあわされる
Q12.仕事以外に趣味などがない
Q13.上司の言うことは絶対に断れない
Q14.予定がある日でも残業対応している
Q15.休日でも会社から電話がかかってくる
Q16.取引先の商品などを買わされる
Q17.年間休日が120日以下である
Q18.終業時間が守られていない職場だ
Q19.通勤時間が往復1時間以上である
Q20.営業ノルマが課せられている
Q21.以前より忙しくなっているが給料は上がらない
Q22.社内になぜ自分より給料が高いのか不明な人がいる
Q23.翌日も仕事があるのに終電後まで飲みがある
Q24.予定がないなら残業しろと言われる
Q25.今の職場で終身雇用してもらえるはずだ
Q26.特に今の会社で働きたいわけではない
Q27.会社からもらえる給料以外に収入源はない
Q28.同僚の会話の話題はギャンブル、男女、酒しかない
Q29.一番の不満の原因は勤務先であるが仕方がない
Q30.有給を使うと言ったら上司に嫌な顔をされた


まぁ~俺自身は、そんなに当てはまらないけど、
一応やってみたら↓

shatiku.jpg

KAZさんの社畜度は21%です。

あなたは社畜予備軍になりそうな予感です。
しっかり休みを取って仕事とプライベートを切り分けましょう。

だって(苦笑)
これやる人がやったら、
相当ひどい結果が出てきそうだよね(汗)
でも頑張って働こうではないか!!(苦笑)

白い春

今の家に引っ越ししてきて、
落ち着いた頃に始まったドラマでしたが、
次週ついに最終回。

家族愛をテーマにしたヒューマンドラマです。

殺人の罪で刑務所に収監され、9年の刑期を終えた佐倉春男(阿部寛)は出所後、殺人を起こす前に付き合っていた恋人・高村真理子(紺野まひる)の消息を訪ねるが、すでに病死していたことを知らされる。そんな春男の前に一人の少女・村上さち(大橋のぞみ)が現れる。さちは強面な春男に物怖じすることなく接するが、この時互いに血のつながりがあることは、まだ知らなかった。

Wikipediaより↑

当初は何か地味なキャストで
お金かけてねぇ~なぁ~
なんて勝手に予告では思っていたけど、
第一話を見た時から引き込まれ、
今では今クールでは
一番面白いと思ってみています。

地味なキャストって書いたけど、
それでも阿部寛や、大橋のぞみ、
注目株の吉高由里子など、
良い役者さんが揃っていて、
演技が上手いからこその
配役?と勝手に思ってもいます(苦笑)

にしても、阿部寛の役どころが
本当に良い、良すぎて毎週切なくなる。

多分内容としては、結構ありきたりな感じだろうけど、
それを役者が上手くカバーしてくれているので、
良いドラマになってるよぉ~(笑)
視聴率は対して良くないんだろうけど、
そんなの関係ないくらい素晴らしいドラマです。
来週は泣きそうだ(苦笑)

万代

札幌手稲にあるんですが、
http://www.mandaisapporo-teine.com/
過去に何度か行ってますが、
ホントに何でもあって、コミックの全巻セットとか、
家電製品も沢山あるし、
ネットで見てみると、
携帯電話の最新機種とかもあるみたい(苦笑)
こういうのって多分転売目的で、
どうにか手に入れて高く売るんだろうけど、
そういう手に入れる機会があるなら、
恵んで下さいって感じですな(苦笑)

もっと近場にあれば、
結構楽しんでいくんだけどなぁ~(笑)

ヨッシャァ~コイ

昨日の話。
当初は、結婚式で撮影してもらった
写真のチョイスに行く予定で
外出するはずだったんですが、
同時に式で司会をしてもらった、
むっちゃんがヨサコイに出ると言うことで、
応援に行くことにもなりました。

多分3年前までは、ほぼ毎年ヨサコイを見に行ってました。
それは知り合いの人が踊るから来いよ!!(笑)
と呼ばれ、1日かけて付き合ってたこともありました(苦笑)
でも、その人が出なくなったので、
俺も頑張っていくこともなくなり、
すっかりヨサコイを見に行くことはなくなりました。

行ってみると、相変わらず凄い人手で、
相当なる大イベントになったもんだと改めて感心(笑)
見学する人が一番移動が多い、
パレードに向かったのですが、
お金を払って踊りが見れる優待席が、
追いかける人達には非常に邪魔でね(汗)

結局まともに見れるようになったのは、
8丁目を超えたあたりでしょうか。

自ら進んで参加意志を示したのかは不明ですが、
でも参加している人達は皆楽しそうでね。
あれは見に行った方も少し癒されたりもしました。
ホントお疲れ様でした。


続いてヨサコイに別れを告げ(苦笑)
お昼ご飯を食べに札駅へ。
妙に雨も降って寒かったこともあり、
ラーメンを食べようと、ラーメン共和国へ。
そう言えば俺が本当に大好きだった、
カレーラーメンの「大王」がなくなったのは
ショックでしたが、新しく加わった「あらとん」という
つけ麺のお店へ行ってみました。
人気があるのか少々待つことになりましたが、
席について出てきた量にビックリです(苦笑)

普通サイズを注文しましたが、
どうみても2人前はあるように見えました(汗)
俺は辛うじて食べれました(笑)
面は太麺で、スープに関しては魚介系のスープで、
思ったよりも濃くなく美味しかったですよ。
是非一度食べてみては?


その後、式会場へ行く前に、
お土産を買っていこうと思い、
大丸の地下で彷徨っていると、
あるお店の前で、顔見知りの人発見(笑)
黄門さんのお友達の、めんこたんと遭遇(笑)
何度か路上にも来てもらったこともあります。
お土産を探していると伝えると、
何故か自社製品を紹介せず、
近場の店を紹介してもらいましたが大丈夫かいな(苦笑)
でも紹介してもらったお店の「ふたくーちず」美味しかったです。
その後、めんこたんとマイミクになりました(笑)
また買い物にお伺いしますねぇ~。


次は奥さんがデジカメデータを写真にしたいということで、
ヨドバシカメラに行くも、俺は普通にiPhoneを見学(笑)

時間が来て、式場へ。
早速写真データを見せてもらうと、
まぁ~さすがプロのカメラマンですな。
良い表情を沢山押さえてありました。
奥さん、めっちゃ綺麗でした。
俺もそこそこ男前でした(苦笑)

欲しい写真だけチョイスして、
お土産を渡し撤退(笑)
実際にもらえるのは、もう少し後のようです(汗)

その足で、黄門さんの所へ行き、
買うつもりが、邪魔しに行っただけのような・・・(汗)
ホントいつもすんません(苦笑)

最後にカラオケ4時間歌い続け帰ってきた、
そんな多忙な1日でしたが、
本当に久し振りに遊んだ気がします。
楽しかったもんなぁ~。

そんなこんなで、今日はぐったりです(苦笑)

iPhone3G S

やっぱり書いちゃいますか?
書くよねぇ~書かないわけないよねぇ~(苦笑)

と言うわけで先日Appleが「WWDC 2009」を開催し、
iPhone3G Sの新型機種と、OSのiPhoneOS3.0を
発表してくれたおかげで、若干消えかけていた
購入意欲が湧いてきました(苦笑)

まぁ~奥様からすれば余計なことを・・・
と思っているのは必然でしょうが(汗)
でもある意味、ここまで待った甲斐はあったのかも?
と思わせてくれる内容だと思います。

容量を16GBと、32GBを用意し、
動作速度を大幅に高速化し、
カメラも300万画素にまでアップしてくれました。
今までの機能にはなかった、
コピー&ペーストも出来るようになったと聞くし、
正直欲しいといえば、欲しいです(苦笑)

しかも今回もSoftBankから発売され、
現在進行中のキャンペーン適用されるから、
今のキャンペーンでかかる金額に、
プラス480円で月々の負担が増えるだけなら、
やっぱアリなんじゃないか?って思うのです(笑)

さて、ここからが本題で・・・
どうやったら奥さんを説得できるのか?(笑)
そもそもメインでDocomo携帯持ってるし、
EMOBILEは解約するけど契約していたし、
そんなにモバイルばっか持っててどうすんの?
と問いつめられると、余りにもめっちゃ弱い(苦笑)

一番の契約反対理由は・・・
2年も飽きずに使うのか?ということらしく、
確かに飽きっぽいんです(苦笑)
それなりに最新機種を使ってきた俺を、
当然のように9年も見てきたわけですから、
絶対に飽きるだろうと予測しているのです。

残念ながら確かに飽きそう(苦笑)
でも欲しい・・・こんな矛盾が頭を巡っています。
もう少し自分の給料が良ければ・・・別なんでしょうがねぇ(汗)


まぁ~それはいいとして(汗)
ネットで俺と同じように、奥さんへどうやったら、
説得できるかの記事を発見(笑)
それを載せてみようと思います(苦笑)


嫁を説得できるiPhone購入術

1.普段から奥さんには優しくしておこう
2.普段から奥さんの言うことは聞いておこう
3.普段から奥さんの買い物や外食に付き合ってあげよう
4.「iPhoneの楽しさを教えてあげるよ」(セリフ)
5.「iPhoneを買うと子育てが楽になるよ」(なぜ?)
6.「君の好きそうなアプリを発見したよ......」(キラーワード?その1)
7.「君はiPhoneみたいにキレイだね......」(キラーワード?その2)
8.「オレ、iPhone買う分禁酒(禁煙)するよ」(これは現実的)
9.「iPhoneのように肌がツヤツヤだね」(7のパワーアップ版)
10.「iPhoneのようにお前をなぞりたい......」(何も言うまい)


結果的に、あんま有効な手段はなさそうなので、
何度も何度も交渉するのが、手っ取り早そうです(笑)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4