2009年8月の記事一覧

MONSTER

何げに、家の近くの古本屋さんへ行ったら
2100円で全巻が売っていたので、
意味無く大人買いしてしまいました(苦笑)

20世紀少年で今話題の
浦沢直樹さんの漫画のタイトルです。

以前読んだことはあるんだけど、
2~3回読まないと頭に入らないので、
今現在初めて読む勢いで、
普通に楽しめています(笑)

我が家は、日々漫画が増えていくな(苦笑)

さて明日は、久々に歌います。

ボランティアカーニバル
8月30日(日) PM12:00~出番予定
場所:北海道北広島市西の里507-1
チケット:無料
共演者:沢山います。
30分くらい時間を頂けるので、結構歌えると思います。

北広島にある北海道リハビリーという所で、
昨年も歌わせていただきましたが、
今年も歌わせていただくことになりました。

ただ最近の傾向として、
イベント直前になると体調が悪くなります(苦笑)
一応気を付けているんだけど、
忙しさが重なっているせいか、
暑かったり寒かったりしているせいか、
根本的に弱いのか分かりませんが、
体調が変ではありますが、
明日は歌ってきたいと思います(苦笑)

場所が場所なんでアレですが
来れそうな方はよろしくお願いしますm(_ _)m

追記:KANさんの追加公演もGetし、
来週に行われる岩見沢のイベントのチケも
Getしましたぁ~萌えだわぁ~(苦笑)

男は黙って

ひつまぶし(苦笑)

1266478307_223.jpg

一杯目は素の味を楽しみ
二杯目は薬味をのせ
三杯目はダシで楽しむ(笑)

会社の同僚が仕事で
名古屋へ行ったので
半脅しに近い形で買ってこいと
言ったら本当に買ってきてくれて
本日食してみました(笑)

本場に比べれば歴然でしょうが、
それでも本当に美味しかったです。
余計に本場で食べたくなりました(苦笑)

取り敢えず今週は乗り切れそうです(笑)

ありがとうございましたm(_ _)m

講演会

今からです。
寝そうだ(苦笑)

何となく

mixiをチェックしていると、
自分の似顔絵が作れるアプリが出来たと
あったので、まるでWiiのパクリか?
と思っているも微妙に作ってしまう自分もいて、
結構流されやすいタイプだなと思いました(笑)

んで早速作ってみたのがコレ↓

kaz_kao.jpg

まぁ~程よくニヒルな感じで(苦笑)
若干インパルスの塚地にも似ていて、
良いんだか悪いんだかって感じですが、
それなりに面白く作ってみました。

自分の中のイメージ顔、
あくまでもイメージだけだけど・・・
「福山雅治」でありたいと願いつつ
結局のオチは塚地だったりして(苦笑)

現実なんて、そんなもんよ(苦笑)
みんなもイメージだけなら、
自分は格好良かったり、可愛かったりするでしょ?(笑)
良いんですよ、あくまでもイメージだから(汗)


話変わり最近仕事が忙しい・・・
ってか元々やっていた管理の仕事が
前以上に増えた気がするのは、
気にしなければいけない人物が
増えたからでしょうかねぇ~・・・(苦笑)

10月で3年目に突入する
今の職場ですが年々多忙になる。
仕事は確実に減ってきているのに、
仕事とは関係ないところで
忙しいってのは結構やっかいですな。

ちょっと現実逃避したい感じ??
まぁ~良いんですよあくまでも
頭の中のイメージですから(苦笑)

良いんですよ・・・

無事に

KAZが取材を受けた内容が放送されました(笑)
UHBのように法律が悪いという内容ではなく、
法律には良いところも悪いところもあると、
的確に伝えることが出来た内容だったと思います。

多分、どんなことであれ、
片一方が悪いって例は少なくて、
必ず双方に何かしらの矛盾はあると思うんです。
俺が今日話した内容だって、
誰かにとっては違うよってこともあるだろうし、
誰かは、そう思ってたよって
言ってくれることもあるんだと思います。

でもこれは個人的見解に過ぎず、
それをどう伝えていくのかが、
メディアの責任であり、受け止める人の責任です。

今回は、自分達の考えを
真摯に受け止めてくれた上での、
法律についての矛盾を示してくれたので、
正直あの特集は議員さんには
特に見て欲しいし、ちゃんと受け止めて欲しいです。
その上で、国民一人一人のために、
頑張って活動を続けて欲しいと思いました。

8月末に行われる選挙では、
政権が変わるかも知れない大事な選挙で、
だからこそ俺達の一票がより大きな意味を持ち、
誰もが関心を持って、投票に行くべきなんです。

特集でもあったけど、本当にどこに投票すべきか、
正直分からんのですよ(苦笑)
どこもかしこも、間抜けな内容だけに、
支持する気力もなくなってきます。
でも、その中でも自分なりに判断して、
投票する義務があるはずです。
せっかく良い機会だから、
みんなも考えてみましょ??(笑)


ちなみに、映像には昨年の俺も出ていて、
ちょっとしたビフォーアフターだった気がするのは、
俺だけではないはずだ・・・(苦笑)

HBCの皆さま、本当にありがとうございました。
また何かあれば声をかけて下さい。
いつでもご協力させていただきます(笑)

明日のKAZは?

テレビ取材の放送です。
よっぽどのことがない限り、
放送される予定です。

まぁ~どういう内容になるかは、
見てみないと分からないというのが、
本音ではありますが、
それでも記者さんもいい人だったし、
カメラマンも偶然なのか、
昨年一緒に関わってくれた人なので、
何となく、安心したりしています(笑)

多分仕事で見れないと思うので、
録画して家でじっくり見てみようと思います。

いつもの如く、言いたい放題言ってるはずなので、
自立支援法の矛盾を含め、現実を知ってもらって、
その上で何かを感じてもらえたらいいなと思っています。

やっぱ働いているのに、
利用料請求っておかしいでしょ?
それを平気な顔で、
法案を通す議員さんもおかしいし、
何の矛盾も感じないお役所の考えも、
どうも違うと思うのですよ。

法案の主旨が悪いわけでなく、
その中身に疑問を持って欲しいのです。
本当に障がい者のための法律なのか?
ということを・・・。

所詮小さな声であったとしても、
発信していくことに意味があると信じています。

KAN様の

弾き語りばったりツアー
「弾き語りばったり #11 ~言った、言わない~」の
チケットが今日届きました。

20090819232343.jpg

本当は、2~3日前に届いていたけど、
いっつも昼間に来るもんだから
共働き夫婦は受け取れませんって(苦笑)

今回も全く持ってコンセプトが
わかりずらぁ~いチケットですが(汗)
それがいいのですよ(笑)

場所は8列目なので、
可もなく不可もなく・・・というところでしょうか(笑)
でも非常に楽しみですよ。

ライブは10月15日(木)の平日PM19:00スタートで、
若干の切なさもありますが、
乗り込んでいこうではありませんか(笑)
朝まではしゃごうではありませんか(苦笑)
ねぇ~オフ会の皆さま(汗)

追記:業務連絡nabeyakiさんメールするように(笑)

短いけど

充実したお盆休みでした。
ってか、その前から入院したりと、
何となく休んでばっかだったような・・・(苦笑)

ところで、本日「いなむら一志さん」という
シンガーソングラーたーの方に会ってきました。

KAZを応援してくれる「旬くん」の
お母さんが至るところで
「KAZという歌い手がいるよ」
と進めてくれていて偶然耳に入ったようで、
昨年から始まった「イマジン音楽祭」
というイベントに参加しないかと
声をかけてもらったのです。

イベントの主旨は戦争のない平和を
作っていこうというもので、
大人がいくら話し合っても変わらない
世の中よりも、まずは子供の声を聞き、
平和を考えていこうということです。

子供の声を聞く方法として
子供達が書いた「詩」を集めて、
その中でも気に入った作品には
プロ・アマ問わず詩にメロディーをつけて
イベント当日にミュージシャンが
その提供者へ聴かせるんだそうです。

そのメロディー作成者の一人として、
KAZも参加することになりました。

基本的にメロディー先行型のタイプなので、
詩が先に完成して、そこにメロディーを
乗せるってのは結構俺にとっては挑戦なのです(苦笑)

でも、いなむらさんの方でも
ある程度、詩をピックアップしてくれていたので、
それなりに完成されている詩が多くて、
何とかなりそうな気がしています。

きっかけはどうあれ、
未来を担っていく子供達が、
平和について真剣に考えた上での
詩にハンパなことは出来ませんので、
責任は重大なような気がしています。
詩に恥じない曲を作れたらと思います。

この「イマジン音楽祭」のイベントは
10月9日(金)PM19:00~で、
場所は札幌市生涯学習センターちえりあホール
札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10にて行われます。

お時間があれば是非!!

早くザオリクを

まぁ~ドラクエの話です(笑)
最近、書いてないなぁ~と思ったので
どうでもいいでしょうけど書いてみます(苦笑)

お盆休み以降、札駅近辺をうろつき
高レベルの宝の地図が欲しくて、
すれ違い通信をやってました。

そもそも、すれ違い通信の理屈を
やっと理解し、一度に受付が三人と
知ったのが、この時でした(苦笑)

理屈を知ってしまえば、
こっちのものということで
大量にゲットしていくと
いわゆる『まさゆきの地図』や
歴代ボスのムドーやデスピサロを
もらうことができました(笑)

後は、ひたすらメタルキング狩りを
していくと普通にレベルは99になり
スキルもほぼ極めました。

となると、既にやることがなく、
テンションが下がってきますが、
まだ『川崎ロッカーの地図』なども
ないことから、もう少し頑張ることにしました(笑)

そんなこんなで、本日ドラクエ仲間が
集まり、久々のパーティを組んで遊んでいると
どうやら、まだ極めてないスキルが
あることに気付き、メタルキングが
わんさかいる階で、転職すると
レベル99の時とは、えらい違い弱いのです(苦笑)

調子にのって勝手にメタルキングの元へ行くと、
まぁ~弱いこと(苦笑)
あっさりと倒され...ザオリクを唱えてもらわないと
生き返れないので、今度は低姿勢になり
お願いしました(笑)

ここで、一つ学びました。
自分勝手ではいかん。
強調性を身につけようと...(遅っ)

テレビ取材

先日の日記でも書いた通り、
またまたKAZはテレビのニュースで
流すための密着取材を受けました。

事の始まりを書くと長くなるんですが、
今回のきっかけは、衆議院解散により
8月の末に選挙が行われますが、
解散がなければ本来議論されるはずだった
障がい者自立支援法の改正案が
何の議論もされるまま廃案になってしまったんです。

まず障がい者自立支援法について
軽く説明してみます。
2003年に支援費制度が障がい者の施策に
導入されるのですが、サービスを受ける利用者が
急増したことにより国や地方自体の
財源が確保しづらくなりました。
合わせて身体、知的、精神障がいの
サービス内容にも大きく差があって、
精神障がいのある人には支援費制度さえも
適用されない状況も浮かび上がり
障がいがある人に対して、
均等に全曲共通のサービス利用ルールを制定し、
障がいのある人が地域で安心して暮らせることを
目的とした法律が2006年に制定された
障がい者自立支援法なんです。
(支援費制度の内容は省略します(苦笑))

法律が作られるまでの
主旨は大変素晴らしいものでした。
だからこそ、世の中の期待も大きく、
関心も強かったと思います。

ところが蓋を開けてみると、
障がい者が地域で暮らすどころか、
財源がないから少しは負担しなさいという
方向へ変わっていきました。

そもそも地域で生活してきた障がい者だからって
別に贅沢をしてきたわけでもないのに、
ギリギリの生活費に更に負担を強いるのは
地域で生活するなということと同じだと思うのです。
これは根本的に制度の主旨から外れるものであり、
実際に地域で暮らすことさえも
出来なくなった人が沢山増えました。

あと就労継続支援という制度もあり、
A型(雇用型)B型(非雇用型)の2種類ありますが、
もしA型であれば、雇用契約を結び、
労働者としてみなされるべき立場であるにも関わらず
何故かサービスを利用する利用者扱いになり、
労働者でありながら利用料を請求される
という至って理不尽な制度であることが
クローズアップされてきたことから
2006年時点で2009年には見直すと
厚労省が示していたため、
今回の改正案には本当に期待をしていました。

しかし現実問題として、
麻生政権が人気の無さに、あっさりと解散し、
障がい者自立支援法も含む、
多くの法案が議論されることもないまま、
廃案になってしまったのです。


やっと、ここからが本題で(苦笑)
要は解散し選挙して、政権交代になろうが、
今まで通りであろうが、そこは問題ではなく、
選挙をするにあたっての各政党のマニフェストに、
障がい者自立支援法の問題にほぼ触れていないこと
これは問題があるのではないか!!
ということを当事者の目線から、
どう思っているのかということで、
今回の取材になったのです。

取材をしてくれた記者さんは、
実は2年前にも俺が働く職場で
利用料不払い運動を起こしていて、
その取材にも来ていて顔見知りだったのです。
そして偶然にも昨年音楽の部分で
取材を受けたこともあって、
また白羽の矢が立ったのがKAZだったということです(苦笑)

この問題については、先日UHBさんでも
取り上げられて俺も取材を受けましたが
結局俺等の意図とする内容ではない
方向へ進んでしまったので、ガッカリしていて
今回の記者さんには、まず最初に俺等の意図を説明し、
納得してもらった上での取材なので、
大丈夫だとは思っています。


さて、もうお分かりでしょうが、
今回の取材してもらったテレビ局はHBCさんです。
放送番組は「総力報道!THE NEWS」です。
放送日時は8月20日(木)夕方6時以降です。
ただあくまでも予定でありますのでご了承下さい。
変更があれば日記でお知らせしますので、
日々のご確認よろしくお願いします。


結構、良い勢いで話していますし、
少しだけ歌ってもいますので、
その辺も期待してもらえたらと思います。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4