2009年9月の記事一覧

・・・

See you at the next stage.






























・・・沢尻エリカかっ!?(苦笑)

仕事だねぇ

  • ふと思う事

明日から(苦笑)

ちょっと楽しいことがあり過ぎてか、
若干憂鬱だな(笑)
でも頑張らないといけない
時期にきてしまったから
頑張っていこうと思います。

ここ数週間は、本当に俺で良いのか?
など思う日も多々あって、
少しばかりプレッシャーに
おしつぶされそうにもなったりも
するんだけど、かといって
自分から望んだことなんたからと
言い聞かせたりしています。

やっぱ経験の浅さが不安に
させるのかなとも思う。

自信がない訳でもない。
100%は無理でも、
それなりには出来ると思う。
みんなも助けてくれると思うし
分かってくれるとも思う。
だから決断したんだけどね。

余裕を持てるまで
もう少し時間をください。
そして、力を貸して下さい。
みんなで、やっていきましょう。

HAPPY WEDDING

昨日、友人である「しろさい・ももすけ」の
お二人が結婚式を挙げました。

二人との付き合いは、KANオフ会の中で始まり
結構いつも遅くまで遊んでいたりするわけですが、
この度、式を挙げるということで
一緒にお祝いすることが出来ました。

場所は中島公園近くにある
「ノボテル札幌」というホテル。
すすきのから歩いて向かうも
一度は普通に通り過ぎてしまい(汗)
iPhoneに助けられてしまうしまつです(苦笑)

会場に着くと、知った顔がまだ来てなく、
遅れてやってきていました。

その間に、集まりだした俺等の前で
リハーサルが始まっていて立派な花婿さんと
綺麗な花嫁さんが、そこにはいました。

式はキリスト教式結婚式で
生演奏での賛美歌があったり、
これはこれで俺等がやった人前式とは違い
新鮮に感じました。

IMGP0930.jpg

ブーケトスでは、仲間のあちょみんがGETしていて
次はあちょみんか??と盛り上がりました。


滞りなく式は無事に終え、
次は披露宴です。

ってか俺余興で歌うことになっていまして(笑)
リハーサルをしなくてはいけないということで、
そそくさと開場の中へ入れていただき、
一日付き人のジョンとセッティングぅ~を開始し、
何とか大丈夫そうだと判断し、またみんなの元へ。

披露宴が始まる前に、
オープニングムービーと題して、映像が流れ始めました。
これが普通に凄かった(笑)
前日まで苦労していたということがよく分かる作りで、
基本主役の二人は野球の日本ハムが大好きで、
その選手紹介風な演出ムービーを作っていました(笑)

ムービーが終えると同時に
多分日ハムのテーマソングだと思うけど、
しっとりくるもんだと思ってた俺は度肝を抜かれ(笑)
和装の二人が和傘を持ちながら入場してきました。
こういう派手な入場もありかと素直に関心(苦笑)

流れとしては祝辞・祝電があり、
余興で俺が歌い、

IMGP0962.jpg

もう一人が歌い、
キャンドルサービスもあり、

IMGP0980.jpg

一つのロウソクに火をともすと
徐々に次のロウソクにも火がともっていく
やつを俺は初めて見て、ちょっと感動(笑)
そしてご両親への手紙を見て、
自分たちの結婚式を思い出し泣けました。
やっぱ結婚式は良いもんですよねぇ~。

途中トイレいって戻ってくるときに、
二人が登場の準備をしていて、
多分それなりの司会もあったんだろうけど、
若干のKYの中会場に入る気まずさがあったのは
言うまでもありませんが・・・(苦笑)


そのまま2次会へも参加して、
ビンゴ大会で6リーチになるも、なかなか当たらない俺は、
それはそれでネタがあると思って良いのでしょう(笑)

3次会では、ほぼみんながまったりする中、
忙しいと思われる二人が駆け付けてくれて
しろさいの十八番?であるという
野球の「広島」テーマソングを歌ってました(苦笑)
日ハムじゃないんかい!!(汗)

4次会は会場が見つからないのと、
既に体力がピークに達していたので、
解散して一日が終えたのでした(笑)

とは言え、主役の二人が家に帰ったのは、
今日の午前中という情報もあるようなないような(苦笑)


終始素敵な笑顔の二人でした。
準備は本当に大変だったと思います。
よ~~~~~~~~く分かります(笑)
でも最高に記憶に残る結婚式だったのでは
ないでしょうかねぇ~~~。
そこにご出席させていただいたことに感謝します。

本当におめでとうございました。

時計台ライブ

  • ライブ日誌

実は昨日、こっそり・・・こっそりと
札幌時計台にてライブしてみました(苦笑)

1291301612_209.jpg

昨年、一応引退宣言しておきながらも、
これまたこっそりとイベントに呼ばれたら歌っていました。
んで調子に乗って時計台で歌っちゃったりして(苦笑)

でもちゃんと理由はあって、
昨年のKAZ祭で協力してくれた
KAZ一派のみんなが当日はスタッフ的な位置にいて
じっくりと聴く余裕がなかったので、
今回一派の人をメインにお届けしたかったのです。
それに関しては、果たすことが出来て良かったなと。

札幌時計台と言えば重要文化財で
全国的にも有名なんですが、
この2階がホールになっているのは、
意外と知られていないようで、
初めて見たという人も多かったようです。

んで案外格安で借りることが出来るんだけど、
格安なだけに競争率が半端なくて、
半年前のスケジュールを取るのでさえ、
結構厳しいんですよ(苦笑)
電話予約とか一切受け付けないので、
予約受付半年前の毎月1日の
朝にいかないとほぼ取られてしまうくらい
結構な競争率です。

今回は、たまたま3月だったと思うけど、
1日が日曜日だったために、
朝から行くことが出来て、シルバーウィークなんて
俺にとっては素敵な連休があったために、
運良く押さえることが出来たんですよねぇ~。
なので単純な話、半年前からの計画ではあったのです。

でもお客さんは超限定にして
シークレットにさせていただきました(笑)

次回も検討中ですが、
その時にはオープンに呼びかけたいと思っています。


さて内容の方ですが、
俺自身は永井真理子さんやKANさんが
そこでやっているのを見たりしているので、
とっても素敵な空間というのは知っていました。
でも自分で歌うとなると、もっともっと素敵に感じました。

木の建物なので、音が自然に反響して
アンプを通さなくてもリバーヴが綺麗で、
今までに体験したことのないステージ空間でした。

IMGP0867.jpg

今まで、小樽のウイングベイが一番音が良かったけど、
時計台が一番になっちゃいましたね(笑)

ライブ自体はヤマガタユウジくんに
オープニングアクトをお願いし、
KAZは時計台の雰囲気を生かしたかったので、
いつもの元気だからけの曲は控えめにして、
しっとりと聴いてもらえるナンバーにしました。

IMGP0872.jpg

IMGP0902.jpg

途中スペシャルゲストとして
奥さん(tea)にピアノで参加してもらいました。
いつもと違うKAZライブにするべく、
策を練りに練って、1ヶ月も前から二人で練習して
少しくらいは驚いてもらおうと頑張ってきました(苦笑)

IMGP0908.jpg

二人の共通意識として「してやったり!!(笑)」
という感じでしょうかねぇ~(苦笑)

ピアノ参加するならば絶対にやりたいと思ってた
KANさんの「秋、多摩川にて」もカバーしました。
多分一番しんどかったと思います(汗)

最後にはウエディングソングの「トビラ」もやりました。
まおさんは普通に泣くと思ってたら
やっぱり泣いていました(笑)
これも「してやったり!!(笑)」です(苦笑)

全体的に声も良く出ていたし、
ピアノとの共演も評判良かったし、
俺以上に良かったという声も・・・(笑)
良いライブになったと思います。
何よりも楽しかった!!
みんなも楽しかったと言ってくれました。
音楽やっぱり良いなぁ~と再認識しました。

またやろうっと(笑)

来てくれた皆様、
お手伝いしてくれた皆様、
本当にありがとうございましたm(_ _)m

おつかれサマンサ・タ~バサ(苦笑)

追記:夫婦ユニット名が西王くんより付けてもらいました(笑)
「Re:KAZ」(リ・カズと読むようです。)です。
普通に採用しました(苦笑)


曲目
01.晴れた空の下
02.road
03.smile
04.Rainbow(Re:KAZ Ver)
05.秋、多摩川にて(KANさんカバー、Re:KAZ Ver)
06.Answer(Re:KAZ Ver)
07.世界中に...(新曲)
08.Message
09.Peace
10.バイバイ

~Encore~

11.トビラ(Re:KAZ Ver)
12.ありがとう

あぁ~やっぱり

そうでしたか・・・。

クレヨンしんちゃんの作者、臼井儀人さんが
亡くなっていたんですね・・・。

何かショックだよ。
病気とかなら仕方ないと思うけど、
登山中の事故はやるせなくなりますね。

12月までの掲載できる原稿はあるみたいで、
ファンにとっては嬉しいんだか、
悲しいんだか複雑な心境でしょうね。

基本はギャグ漫画なので、
続き物ではないんだろうけど、
50巻近く出していたんですよね?

最終回の構想はあったのかなぁ?
どういう方向へ持って行きたかったんだろうね?
ワイドショー見ていると、
結構社会問題も取り入れていたと聞きます。

ただのギャグ漫画として
終わらせるつもりはなかったのかなと。

ただただ残念です。
ご冥福をお祈りします。


ってか、ここまで必死こいて描いている作者もいれば、
理由は不明であるも、ゲームばっかしている
という噂満載の冨樫義弘~。
お前も続きを描けよ~(苦笑)
お前は不慮の事故とかで亡くなるよ!!(汗)

昨今は

  • ふと思う事

Twitterだの、mixiではボイスだのと、
イマイチよく分からないものが
流行っているんですな(苦笑)
そして意味なく便乗して登録してみたよ(汗)

Twitterは「kaz_sing」で登録されます。
mixiは言うまでもない(笑)

多分更新頻度は低いだろうけど、
BlogやHPには設置してみた(苦笑)


話変わり、クレヨンしんちゃんの作者
臼井儀人さんは一体どこに行ったのだね?
山登りに行くと言ってから行方不明らしいけど、
当初は遭難の線もあったけど、
山登りの次の日に軽井沢で携帯電波を
キャッチしたらしいから、一概に遭難と言うよりは
失踪という状態になってきているようですね。

ブレイクしたのは俺が高校2年くらいの時だから
早16年くらい前になるよねぇ~。
一時期は床屋へ行って良く読んでました(苦笑)
ギャグ漫画という割には、
考えさせられる部分もあって、
サザエさん、ドラえもん、ちびまるこちゃんに次ぐ
国民的漫画になっただけに、
何ともなければいいけど、何かの事件だったり、
どっかの女優さんや俳優さんのように
麻薬とかやってなければいいけど(苦笑)

そういえば名探偵コナンの毛利小五郎役の
神谷明さんが降板するってニュースもあって、
アニメ自体が終わるなら分かるし、
体調不良とかでも分かるけど、
契約上の問題とかってのは
ずいぶんファン泣かせではないかね??
10年以上も続いているアニメの声優交代は
やっぱ慣れるまでには相当の時間を有するし、
何か違~うって思っちゃうんだよねぇ~。
ファン離れの可能性もあるし、
もう少し俺等の気持ちも組んで欲しかったよ。

何かホントに残念なニュースでした(苦笑)

SOTEC廃止

  • ふと思う事

こんなニュースがあったぞよ↓

<オンキヨー>PCの「ソーテック」廃止 ブランドを統一

 オンキヨーは14日、パソコンのブランド「ソーテック」を廃止し、社名のオンキヨーに統一する方針を明らかにした。10月下旬発売の米マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」に対応したパソコン新商品がオンキヨーブランド第1弾となる。90年代後半、当時としては格安の10万円を切る低価格パソコンで一時代を築いたソーテックだが、業績低迷で会社がオンキヨーに吸収合併されたのに続き、ブランドも消えることになる。
 オンキヨーは、オーディオ機器で確立した高品質なイメージのある「オンキヨー」ブランドをパソコンにも展開し、音響機能に優れたパソコンとしての認知度を高めて、差別化を図る考え。
 オンキヨーは07年にソーテックを子会社化、08年9月に合併した後も、パソコンのブランドとしてのソーテックは残していた。


まぁ~良いか悪いかは別にして
初めて自分の給料で買ったPCが
「e-note H370TDX4」で
OSはWinME、HDD12GB、メモリ最大256MB
何故かいち早くDVDもOK
という今から考えれば、陳腐なマシンでしたが、
それでもその当時では結構なハイテクマシンでした(苦笑)

思い起こせば、1年に2回は
リカバリーする羽目にもなったし、
2年も持たないPCでしたが、
自力で買ったPCだったこともあり、
愛着はあったわけですよ(笑)

場所が狭いというのと、
デスクトップは昔嫌いだったので、
ノートにこだわっていたんだけど、
今となればいかにデスクトップが良いか分かる(笑)

ネットでも対応がひどいと、
話題にもよく上っていたけど、
俺は結構好きなメーカーではあったんだよね。
根本的に値段が安かった(苦笑)

YahooがADSLや携帯料金を下げたように、
PCの値段下げに一躍かったのは
俺個人としてはSOTECだと思うんだよねぇ~。

何か妙に寂しさを知った秋の空だのぅ・・・。

Excelのバカぁ~(苦笑)

ある作業を1時間かけて作っていたのに、
しかも夜中に(汗)
保存押し忘れて違うことやってたら・・・
画面が真っ白になってしまい・・・
昔のPCとは違うから待てば復活するだろうと
ひたすら待つも回復せず・・・
しかたなく強制的に終わらせてみて、
最後の望みとして、復元してくれると思ったら、
違う意味での真っ白で・・・(苦笑)

久々に頭きた!!
くそーこの1時間の時間を返せぇ~(苦笑)
もうやめた(笑)

寝るっ!!(苦笑)

今日は

久々に気持ちもリラックスしながらの
休みを堪能しておりますが、
これから車の検討するために、
知り合いのお店に行って色々聞いてきます。

俺は運転免許試験場にて
厳しいと判断されたので、
当面ハイテクにならない限りは、
運転することはないと思います(苦笑)

奥さんが、本腰を入れて運転意欲が沸いているので、
それに便乗して勢いのあるときに、
購入してしまおうではないか!!
となり、まずはチェックしようとなりました。

とは言っても、全く車に関する知識もなく、
乗れりゃいいじゃんって思っている人間なので、
こだわりもなければ、思い入れもない(苦笑)
取り敢えず爆音で音楽が聴ければいいかなと(笑)

でもまぁ~奥さんのために、
バックモニターや、車いすを吊り上げるために
クレーンの装備は必須なんだけどね(汗)

車を手に入れたら、結構な場所まで
遠出が出来るから、それはそれで楽しみなんだけど。
行動範囲が広がるのは良いことですな。

書きたいことは

山程あって、時間見つけて
書けばいいのだろうけど、
現時点では書けないこともあるし、
何かストレス満載だよ・・・。

楽しく働かせてくれよ。
意味なく職場に政治を持ち込むなよ。
ここは白い巨塔か!!
財前教授の回診ですかっ!!

俺等は俺等なりに、
今の環境を確保しようと必死なんだよ。

一緒に仕事をやっていけないなら
一人で勝手に出て行ってくれよ。
誰も止めやしないから。

誰のための職場なんだよ。
障がい当事者のための職場でしょ?

出来もしないくせに
最初から共生共同をうたうなっての。
そんなに殿様でいたいなら
何故最初から縦社会にしなかったのか?
そういうところだってわかってれば、
今更文句も言わないよ。

今回だけは本当にがっかりした。
先に辞めていった人たちは
ある意味正解なのかも知れない。

でもじゃぁ~辞めますとは言えないんだよ。
だから早く平和になるために出て行ってくれ。
俺等で何とかして頑張っていくよ。


すいませんグダグダと書いてしまいました。
要は今の職場環境は過去に例を見ないくらいに、
最悪な状況を迎えています。
それについての愚痴を書きたかったのですよ。

あぁ~現実逃避したい(汗)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4