eye.jpg

時計台ライブ

  • ライブ日誌

実は昨日、こっそり・・・こっそりと
札幌時計台にてライブしてみました(苦笑)

1291301612_209.jpg

昨年、一応引退宣言しておきながらも、
これまたこっそりとイベントに呼ばれたら歌っていました。
んで調子に乗って時計台で歌っちゃったりして(苦笑)

でもちゃんと理由はあって、
昨年のKAZ祭で協力してくれた
KAZ一派のみんなが当日はスタッフ的な位置にいて
じっくりと聴く余裕がなかったので、
今回一派の人をメインにお届けしたかったのです。
それに関しては、果たすことが出来て良かったなと。

札幌時計台と言えば重要文化財で
全国的にも有名なんですが、
この2階がホールになっているのは、
意外と知られていないようで、
初めて見たという人も多かったようです。

んで案外格安で借りることが出来るんだけど、
格安なだけに競争率が半端なくて、
半年前のスケジュールを取るのでさえ、
結構厳しいんですよ(苦笑)
電話予約とか一切受け付けないので、
予約受付半年前の毎月1日の
朝にいかないとほぼ取られてしまうくらい
結構な競争率です。

今回は、たまたま3月だったと思うけど、
1日が日曜日だったために、
朝から行くことが出来て、シルバーウィークなんて
俺にとっては素敵な連休があったために、
運良く押さえることが出来たんですよねぇ~。
なので単純な話、半年前からの計画ではあったのです。

でもお客さんは超限定にして
シークレットにさせていただきました(笑)

次回も検討中ですが、
その時にはオープンに呼びかけたいと思っています。


さて内容の方ですが、
俺自身は永井真理子さんやKANさんが
そこでやっているのを見たりしているので、
とっても素敵な空間というのは知っていました。
でも自分で歌うとなると、もっともっと素敵に感じました。

木の建物なので、音が自然に反響して
アンプを通さなくてもリバーヴが綺麗で、
今までに体験したことのないステージ空間でした。

IMGP0867.jpg

今まで、小樽のウイングベイが一番音が良かったけど、
時計台が一番になっちゃいましたね(笑)

ライブ自体はヤマガタユウジくんに
オープニングアクトをお願いし、
KAZは時計台の雰囲気を生かしたかったので、
いつもの元気だからけの曲は控えめにして、
しっとりと聴いてもらえるナンバーにしました。

IMGP0872.jpg

IMGP0902.jpg

途中スペシャルゲストとして
奥さん(tea)にピアノで参加してもらいました。
いつもと違うKAZライブにするべく、
策を練りに練って、1ヶ月も前から二人で練習して
少しくらいは驚いてもらおうと頑張ってきました(苦笑)

IMGP0908.jpg

二人の共通意識として「してやったり!!(笑)」
という感じでしょうかねぇ~(苦笑)

ピアノ参加するならば絶対にやりたいと思ってた
KANさんの「秋、多摩川にて」もカバーしました。
多分一番しんどかったと思います(汗)

最後にはウエディングソングの「トビラ」もやりました。
まおさんは普通に泣くと思ってたら
やっぱり泣いていました(笑)
これも「してやったり!!(笑)」です(苦笑)

全体的に声も良く出ていたし、
ピアノとの共演も評判良かったし、
俺以上に良かったという声も・・・(笑)
良いライブになったと思います。
何よりも楽しかった!!
みんなも楽しかったと言ってくれました。
音楽やっぱり良いなぁ~と再認識しました。

またやろうっと(笑)

来てくれた皆様、
お手伝いしてくれた皆様、
本当にありがとうございましたm(_ _)m

おつかれサマンサ・タ~バサ(苦笑)

追記:夫婦ユニット名が西王くんより付けてもらいました(笑)
「Re:KAZ」(リ・カズと読むようです。)です。
普通に採用しました(苦笑)


曲目
01.晴れた空の下
02.road
03.smile
04.Rainbow(Re:KAZ Ver)
05.秋、多摩川にて(KANさんカバー、Re:KAZ Ver)
06.Answer(Re:KAZ Ver)
07.世界中に...(新曲)
08.Message
09.Peace
10.バイバイ

~Encore~

11.トビラ(Re:KAZ Ver)
12.ありがとう

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4