2010年1月の記事一覧

う~に~ず初ライブ

  • ライブ日誌

昨日、初期の頃以来のユニットを結成し、
う~に~ずとして初のライブをしました。

結成のきっかけは昨年の12月に、
相方のHALLさんが俺の曲の
「桜の木の下で」のコードを
教えてほしいと頼まれ、
詳しく聞いていくと学生の頃に、
バンドを組んでいたことが判明し、
じゃぁ~ギター弾けるなら
一緒にやろうよ!!といつもの様に、
安易に声をかけたのがきっかけです(苦笑)

んで同時に、会社の同僚のオグロックに
一緒にライブやりましょうよと
声をかけられていたので、
日程を組んでHALLさんにライブをやるよ
と伝え、昨日に至ったのである。

名前の由来は、これまた昨年の函館旅行を
きっかけにHALLさんがウニ好きと知り、
安易にウニ好きが二人もいるので、
「う~に~ず」となったのです。
仲間内からは他にもあるのではないか?
と言われた気もしますが、
今一番しっくりする名前だったので、
それでいいのです(苦笑)


さてライブまでの道のりは、
言うほど簡単ではなく、
実はHALLさんが組んでいたバンドは、
人前でやる前に解散しており、
しかも以降ギターにも触ってないこともわかり
勘を取り戻すところから始まります。
だけどKAZ以上に練習量がハンパないので、
1ヶ月も経てば基本的なところは問題なく
出来上がっていて余程の練習をしていたのは
容易に想像できました。

次に押さえておくところは
曲を覚えることで、
初めてと言うこともあったので、
3曲限定にして練習を進めました。

次にやるのは、曲のアレンジです。
ただ2人とも同じように演奏していては、
面白味もないし、2人でやる意味もない。
と言うわけでHALLさんには、
俺では出来ないギターソロを
弾いてもらうことにして、
さらに他の部分は単純なストロークではなく、
アルペジオを混ぜたり、
ストローク方法も変えたり、
アクセントを加えたりと、
今までのKAZの曲であっても、
新しいと思ってくれる様な、
試みを目指す必要がありました。

でもさすがにアレンジのボキャブラが
少ないことに気付き、ここで奥さん登場(苦笑)
そしてかっちょいぃ~アレンジを
考えてくれて後は練習するのみとなりました。

1月に入ってからは毎週のように
練習を進めていき、時にスタジオも借りて、
本番に望むのでした。

ライブ自体は4曲やり、
KAZ単体で、新曲「はじまりの朝」を
やるも妙にキーの高い歌を作ってしまって、
本番でも半音下げて歌っても高かった(苦笑)
これは歌の練習が足りなかったのだと思う。
後は直前の練習で張り切り過ぎたのが原因かと(汗)

う~に~ずとしては、
HALLさんも人前始めてデビューだし、
失敗したとしても楽しく終われたらなと、
思って望ませて頂きました。

IMGP1042.JPG

結果的にはエフェクターが
上手く機能しなかったり、
俺のくだらないMCのやりとりで、
混乱させてしまったのかな?(汗)
と思ってしまったけど、
次に繋げるための課題はお互いが見えたかなと。

俺も初心に返れて良かったです。
これから頑張っていきましょうHALLさん。

沢山の方に集まっていただけて嬉しかったです。
ありがとうございましたm(_ _)m

曲目

01.はじまりの朝
02.晴れた空の下
03.Image
04.Overture

追記:HALLさん↓

IMGP1045.JPG

iPad

iPadねぇ~・・・。
いや、Appleさんが新製品を
発表したのですよ。

l_og_ipad1_009.jpg

iPhoneユーザーの大半は、
OSの最新版の話があると思っていたのです。
でもまぁ~蓋を開けてみれば、
iPadと言うことで、
若干の残念感は否めないなと(苦笑)

実物を見るまでは、
やっぱ良いも悪いも
言えないのであれですが
一言で言うならば、
iPhoneのワイド版みたいな・・・
みたいな・・・感じ(苦笑)

これは売れるのかなぁ~?
Amazonから出る「Kindle」への
対抗馬だという話もあるけど、
携帯性としては需要がある機種には
見えないんですよねぇ~(苦笑)
さすがに今回はこけるような
気がするのは俺だけか?

iPhone用のシステムとだけ見れば、
当然の如く現状のiPhoneよりは
スペックが良いのは分かるんだけど、
日本には馴染まなさそうな・・・。
iPhoneは持っていたら格好いいと
個人的には思っているんだが
iPadは持ってたら、う~ん・・・って思う(笑)

まぁ~技術の発展は良いことだし、
タッチパネル自体も見慣れてくれば、
そういうものだと思うように
なってくるんだろうけどねぇ~。

単にでかくすればいいわけではない、
と言うことと、iPhoneOSの話が
なかっただけに、がっかりだぁ~くん
みたいな・・・みたいな・・・感じなんです(笑)

肩こりからの脱却

とまぁ~オーバーな話ではありますが、
最近肩こりがひどく・・・
腰も痛く・・・膝も痛く・・・
整形外科へ行けって話ですが(苦笑)

肩こりは誰かにマッサージしてもらえば、
いいんでしょうが、普通の人がやる分には
そうそう治るとまでは行かなく、
専門家にやってもらうのが一番ってことで、
あっ、KAZ一派に専門家がいました(苦笑)

専門家なので当然無料ではありません(笑)

今回は肩こり解消トリートメントコースを
頼んでやってもらいました。

実は本格的なマッサージは始めて。
あくまでも想像ですが、
単純にくすぐったくて
堪えられないのではないか?
と思っていましたが、
この年になってくると
マッサージが気持ちいいというのは、
本当によく分かった気がします(笑)

そして終わった後の、肩が本当に軽いこと。
肩って、こんなに楽になるのねぇ~。
奥さんも一緒にやってもらって、
肩が軽くなったと言ってました。

勉強のしすぎ、
PCのしすぎ、
仕事のしすぎ、
頭の使いすぎ、
何となく肩こり、
年齢による肩こり、
マッサージは大事だよ(苦笑)

そんな方には、是非お勧めです。

英国式リフレクソロジー かもみぃる
http://www6.ocn.ne.jp/~refle/frame.html

KAZからの紹介ですというと、
安くはなりませんが優しくされると思います(苦笑)

追記:今回は・・・宣伝だな(苦笑)

Win7 episode12

  • Windows・Mac

その後も続く我がマシンでの
ブルースクリーン問題。

昨日を境に落ちなくなりました(笑)

それは何故か・・・?
実は分かりません(苦笑)

だけど、考えられることはあって、
ハード面での不具合がないと言うことであれば
要はソフト面での問題である
という結論に至るのかなと。

と言うことは、不具合を起こす可能性がある
ソフトを排除していけば良いだけです。

始めに手をつけたのが、
実は前の日記にも書いた
Win上でMac風のDockが利用できる、
ObjectDockというソフトをアンインストール。
理由は特にないけど、ないならないで、
問題がないと言うこと。
以前日記で進めた割には、
対して使うべきではなかったのかも(苦笑)

次にGoogleデスクトップをアンインストール。
これも理由はほぼ同じ。
だけどGoogleカレンダーだけは
残しておきたかった(苦笑)

そして何となく入れていた
フリーのソフトをアンインストール。
これは言うまでもないと(苦笑)

最後にずっと気になっていた、
インターネットをするだけで、
ブルースクリーンの現象は
異常な感じがしてたので
IE8でのネットをやめて、
Firefoxをインストールしてみました。
使い勝手は好きではないけど、
でも今のところネット利用時では
落ちなくなった気がします。

まぁ~変更を試みて、まだ一日目なので
じぇ~んぢぇん安心は出来ませんが、
それでも毎日電源つけて何か作業するだけで
凹むくらいに落ちていたので、
今日は全く落ちていないだけでも、
俺にとっては奇跡の様にも感じるのです(笑)

このまま安定してくれます様に(苦笑)

iPhone紛失事件

  • かなしい事

今日は、まおさんの生誕祭を
お祝いしようとKAZ一派で
焼き肉に行きました。

俺はいつも通り牛タンしか食わず、
一人で9人前は食べていたと思います(苦笑)

その後、カラオケに行き、
ネタだらけの人たちに唖然としながらも、
自分は自分なりに、新ネタを持参するも、
所々他の面々に食われっぱなしで、
いかに自分が一般人か思い知りました(笑)

そんな中、服のポッケに入れていた
iPhoneがないことに気付く・・・。
でもまぁ~車の中にあるのだろうと
勝手に都合のよい解釈で
気にせずにいると
おるさんの携帯に連絡が・・・。

「iPhoneを落としませんでしたか?」

えぇ~落としましたとも(苦笑)
どうやらお店にあった様子。
お店が、もうすぐ閉まると言うことで、
ご面倒ながらも、おるさんに走ってもらいました。
本当にすみませんでしたm(_ _)m

考えてみれば・・・
多分現時点では命よりも大事な
iPhoneを落とすことは死活問題なわけで、
車に落としたなんて楽観的に
考えていた頭の悪さに身震いを覚え、
誰かに拾われていたら・・・
雪に濡れて壊れていたら・・・
最新機種ではあるので、売られていたら・・・
多分しばらくの間、
ローテンションであることは
言うまでもないと思います(苦笑)

改めてiPhoneへの愛しさがこみ上げてきて、
最近少しでもDocomoから出る
XPERIAに心を奪われた自分が恥ずかしい(苦笑)

もう君を離したりはしないからね(汗)

スタジオ練習

久々にスタジオを借りて
爆音で練習してきました。

場所は琴似パトスにあるスタジオで、
アンプやマイクを通しての
練習は気が引き締まるというか、
気分がのってくるもんですね。

ってかね、本当は手稲のヴァリオスという
場所に行きたかったけど、
電話が使われてないと言われるです。
札幌市手稲区手稲本町2条5丁目3−1なので、
近くに住んでいる方、通りかかる方
今でも営業しているのか
教えてくださぁ~い(苦笑)
値段が俺は安くなるので、
出来れば、ここのスタジオを使いたいんだけど
なくなったなら仕方がないんですが(汗)


と言うわけで、練習するってことは
そうですよ、そこの奥様方(苦笑)
昨年のシークレット時計台ライブ以来の
ライブをやりますよぉ~。

今回は職場の同僚に誘われて、
同時にユニットもやっていこうと思っていたので、
それをお披露目する意味でも、
良い時期に誘ってくれたなと思ってます(笑)

「とまと畑ライブ」
日時:1月30日(土)
OPEN~19:00 START~19:30
場所:札幌市中央区南4条東3丁目ピープルⅢ1階
011-261-3350
チャージ:1500円(1ドリンク付き)
共演者:うけ丸 さっとんヘンドリックス
    オグロック 白倉裕美 木霊

KAZの出番は20:00から25分間です。
この中で新ユニットを発表します。
詳細は伏せますが、相方は学生時代に
バンドをやっていたらしいのですが、
日の目を浴びる前に解散したらしく、
今回十数年振りにギターに触れています。
人前でやるのも初めてです。
どうか温かい目で見守って頂けたら嬉しいです(笑)

今年やろうとしている
チャリティーライブでも必要な人材です。
人前で演奏する機会を増やして
場慣れしていこうと企んでいますので、
今年は俺も一緒に精力的に動いていこうと
思っていますので、その辺もよろしくです。

と言うわけで、お時間のある方
KAZ自体の出番は短いですが、
是非足を運んでくれたら嬉しいなぁ~。
ってか来てよ(苦笑)

Win7 episode11

  • Windows・Mac

懲りずに、まだまだ書いていこうと思います(苦笑)

今回のテーマは、デスクトップのアイコンの
大きさや縦幅・横幅の変え方です。

もしかすると、ずっと古くからの機能として
あったのかも知れないけど、
取り敢えず偶然ながら見つけたので
やり方を紹介してみようと思います。

基本機能としてデスクトップ上で、
右クリックするとサブメニューが現れ
その中に「表示」があって、
一応そこである程度の設定は出来るんだけど
細かい設定とまでは出来ません。

そこで一番下にある「個人設定」を選びます。

win7_11_01.jpg

そうすると画面が現れ、
デスクトップの背景とか、
ウインドウの色とか
サウンドとか、スクリーンセーバーなどの
設定が出来るようになります。

win7_11_02.jpg

ここで「ウインドウの色」を選択。

win7_11_03.jpg

また画面が変わり一番下に

win7_11_04.jpg

「デザインの詳細設定」があるので選択。

win7_11_05.jpg

次は「ウインドウの色とデザイン」が
表示されるので「指定する部分」を選択すると

win7_11_06.jpg

「アイコン」「アイコンの間隔(横・縦)」が
選択できるようになるので、
その後、横にあるサイズを変更していくと、
アイコンの間隔が自由自在に設定できます。

win7_11_07.jpg

単純にアイコンはデスクトップに置くけど、
壁紙の邪魔にはなりたくない人など、
結構便利な機能だと思います。

今頃か?と責めません様(苦笑)

XPERIA

  • モバイル

Docomoが4月に出す、
Android携帯の機種名です。
So905ics以降数年振りの
ソニーエリクソン製の機種になります。

so-01b_sb_f_m.jpg

auでは昨年も出しているのに、
すっかりDocomoから遠ざかってしまったかと
思っていた矢先、噂だけが飛んでいましたが、
本日正式に4月頃の発売を伝えました。

別にソニー信者ではないが
現在使っているDocomo携帯が
So905icsであることもあり、
次世代機種を望んではいたのですよ。
でも普通の機種ならいらないなぁ〜
と思っていたらAndroid携帯だって言うし、
そりゃぁ〜興味もわくってもんですよ(苦笑)

ただ発表された内容を見る限りでは、
大方の予想通り、すぐに変更とまではいかない様子。

まずAndroid OSのバージョンが1.6ということ。
先日Googleがら発売されたNexus Oneでさえ
OSが2.1搭載しているわけですから、
4月発売という点からも2.1であるのが妥当かと(苦笑)

そして、i-modeメールが現時点の情報では
対応していないとのこと(苦笑)
現時点という書き方の訳は、Docomo社長が
今年中には対応させると記者会見で発表したので。
しかし通信会社が提供しているサービスが使えない
スマートフォンの取り組みはいかがなものかと思う。

iPhoneだって当初は使用できなかったから、
相当な反感をかったわけですよ。
1年後の3GSには対応させたものの
それと同じ事をしていていいのか?ということです。
ずぅ〜っと同じアドレスでやってきているのに、
今更スマートフォンだからやめれってのは
サービス提供側の怠慢だなって思うよ。

今年中にやるから良いじゃないか?
ってのは論外ですよね。
発売と同時に使えるようにするのが当たり前でしょ。

あと日本文化にこれだけ浸透しているのに、
おサイフ携帯が使用できないのも、
いただけないと思うんだよなぁ・・・。
外国製の製品だから無理って話も
頷けなくはないけど、でもそこは頑張って欲しかったよ。

DCMXミニや、ヨドバシポイントカードなど、
いうならば結構俺自身も助かっているのです。
だからどうしても対応して欲しいというのが、
素直な感情だよ。

多分ね、XPERIA自体の端末の完成度は高いと思うんだ。
何が?どこが?と言われると、
実際に触れているわけではないから、
憶測の範囲だけど、現時点で欲しいと思っている
俺の直感は、そこそこ当たっていると思うので、
手に入れたとして満足できると思うのです(苦笑)

上記2点をクリアしたら間違えなく機種変すると思う。
今のDocomo端末の支払いが6月で終わるので、
そしたら変えても良いと言ってたし奥さんが(笑)

何でもいいからさぁ〜
アプリで何とかしてよDocomo社長さぁ〜ん(笑)

保険は誰のもの??

  • ふと思う事

ちょっと問いたいのですが、
分かっている方がいらっしゃったら
教えてください。

あくまでも架空の話として
受け取って頂きたいのですが、
あと詳細もよくは分かりません
という前提で話を進めます。

マンションを借りていたAさんが
冬になって寒いので電気ストーブを
使って部屋を暖めていました。

*ここ重要

通常、何かあったら怖いので、
夜は電気ストーブの電源は止めていました。

しかし、明け方に目が覚めると部屋中が
火に包まれていて火事になっていました。

慌てて消防車を呼びましたが、
結果的に全焼に近い半焼
ということになりました。

Aさんは寝る前には絶対止めて寝たと
主張していますが警察の方が
ちょい納得していないみたいな状態です。
ただ電気ストーブの電源は止めてありました。
ここは若干の水掛け論です。

月日は流れ、新たな引っ越し先を見つけ、
平穏を取り戻したように思いましたが、
ここからが本題です。

どうやら、保険会社が保障するのを
渋っている様子なんです。
その理由は不明。

元の家主から話を聞くと、
部屋の修繕には1200万円かかると言われ、
家主の方で半分は保険でまかなうとのこと。
残りを払ってほしいと言われました。

Aさんは火災保険には入っていました。
なのでそれで払えると思っていたところ
保険会社から渋っているとのことで、
非常に困っている状態であります。
保険会社が保障してくれなければ、
600万円を支払うことになります。

調べてみると、
火災保険には2つの意味があって、
1つはマンションなどの集合住宅は、
家主が建物自体に対しての保険と、
もう一つは個々の部屋を借りている
人がかける家財保険があるようです。

当然、家主も入っていたし、
部屋を借りていたAさんも
家財保険には入っていました。

さて一番聞きたいのはAさんは
不可抗力であったとしても、
火事の原因を作った本人であるために、
自分の借りた部屋についての
保証を受けることが出来ないのでしょうか?

こういう解釈で良いとするならば、
例えば放火とか、隣人が火事を
起こした時でしか保障の対象にならない
という考えで正しいのでしょうか??

誤って自分で火事にしてしまった場合に
適用されないのも、何か変じゃないか?
って思ってしまうのですよ(苦笑)
違ったのなら認識不足なのでしょうがね(汗)

誰か教えて?(笑)

はじまりの朝

  • 新曲情報

久々に曲が出来ました。
時期的なものもあるし、
何となく自分の心境にあった
歌詞になっていると思います。

来年のキットカットに採用されないか、
無駄に願っていたりもする(苦笑)

というのは冗談ですが、
今年は原点に返るというか、
新しいことにも挑戦するし、
自分自身に対しても、
周りの仲間に対しても
頑張っていこうぜっていう感じ。
珍しく楽器のカズーも取り入れて、
アップテンポな曲になっています。
歌詞自体はKAZらしい内容です(汗)

その内に歌いますんでよろしく(苦笑)





はじまりの朝 鳴り響く鐘に
鼓動は高まっていくんだ

今日からは誰も 助けてはくれない
それが僕の選んだ道だ

振り返らずに 後悔はしない
胸に刻んだ 想いを抱えて

つばさを広げ 昨日にさよなら
明日への希望へと 強く羽ばたかせて
その方向(さき)に 答えがあるなら
飛び続けるだろう この大空を

誰もが笑うだろう 無謀な選択を
正しいのかは わからない

目の前にある 決められた未来より
自分の将来(みち)は 自分で決めたいから

つばさを広げ どこまでもいこう
幾多の困難も 全てプラスにかえて
叶わない夢はないんだ
探し続けよう この世界で

現実は高く 飛べやしないけど
胸に刻んだ 願いを叶えて

つばさを広げ どこまでもいこう
幾多の困難も 全てプラスにかえて
つばさを広げ 昨日にさよなら
明日への希望へと 強く羽ばたかせて
その方向(さき)に 答えがあるなら
飛び続けるだろう この大空を

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4