2010年2月の記事一覧

美味しい牛乳

会社の同僚のねぇさんから、
出産お祝いのお返しにということで、
「摩周草原 牛のおっぱいミルク」と、
「北海道バター」を送っていただきました。
他にもありましたけど(苦笑)

milku.jpg

これが濃厚で美味しかったですよ。
最近、ちまたでは低脂肪分の牛乳が
売られていますが、
あれは俺は好きではありません(苦笑)
やっぱ牛乳は脂肪分あってこそです(汗)

子育てで忙しいのに、
わざわざすいませんねぇ~m(_ _)m
札幌に帰ってきたら飯行きましょうね。

ドラ・ドラ・ドライブ大作戦!!

先程、珍しく早起きすると、
大津波警報なるものがTV画面を占領していて
早速NHK(日本ひきこもり協会(苦笑))に
切り替えると、昨日の昼頃に南米チリにて、
大地震があったとのことで、
津波が日本に向かっているとのこと。
沿岸部の人たちは気を付けてください。

さて津波も気になるところながら、
昨日、天気も良く意外と暇であったことから
奥様とカラオケに行くか?という話になり
運転の先生方を乗せないで、
初の単身二人きりの運転で、
西野のシダックスまで向かいました。

本来のルート的には、琴似本通りから
山の手方面に向かい、後は真っ直ぐ向かうのが
道のりとしてはわかりやすいのですが、
琴似本通りは歩行者がいきなり、
横断歩道とは別のところから無理矢理
渡ろうとするので、まだ慣れていないし
不安だと言うことで、発寒ジャスコへ
向かう道を途中から横切ることにしました。

運転の先生方を乗せてのドライブは
何度かあっても、今回は二人きり、
奥さんが運転で、俺がナビゲーター。
大丈夫と分かっていても、
少しの不安がないわけではないんですが
実際に乗ってみると、スムーズに運転していて
特に問題なく目的地へ到着(笑)

素直な感想としてやるな!!(苦笑)

3時間ほど歌ってきて、辺りは暗くなっていて
晩飯を食べようと発寒ジャスコへ。
ここでも道のりは軽やか。

ただ駐車に関しては、まだ微妙な感じがしたので、
運転の先生方、是非駐車に関してのレクチャーを
お願いいたします(苦笑)

俺が指摘すると、ちょい逆ギレされるので(汗)
腕のある方から指摘されると
納得すると思われますのでよろしくです(苦笑)

でも二人だけのドライブは、
これはこれで刺激たっぷりで面白かったです。
帰ってきたら奥様はぐったりでしたがね(苦笑)
お疲れっした。

送別会

誰の?俺の?
いや・・・元所長の(苦笑)

2月一杯で辞める所長の送別会でした。
随分前から辞めるのは分かっていたし、
本来であれば3月で定年退職のところを
2月で辞めざるを得ないほど、
12月の方針転換は許せなく、
批判の意味も込めて早めたとのこと。

そういう状況まで追い込んだ
会社の姿勢ってどうなんだろうね。

本来ならスタッフ・メンバー共々、
一番お世話になった方であったろうし、
全員でお疲れ様でしたと、
送り出すことだと思うんだよね。

でも蓋を開けてみれば、
はよ、出て行けみたいな空気を作り出し、
一部からは言葉を発したとも聞いています。
いい大人たちが本当に情けない。

まぁ~俺も来月には出て行くので、
もういいっちゃぁ~いいんだけど(苦笑)

唯一の救いは今の部署の面々では、
微妙な送別会になっちゃったけど(苦笑)
心から送り出せることが出来たのが幸いです。


印刷に関して全くのど素人を
スタートラインまで引き上げてくれた方でした。
今でも、あっしはまだまだペーペーですが、
それでも最低限はついて行けるまでに
なったと自負しています。

これからなんですがねぇ~俺は(苦笑)
ただこれからも印刷をやっていこうと思うので、
今まで学んだことは無駄にはならないはずです。
この人から教えてもらったんだと、
元所長の名に恥じぬように精進していきます。

色々思い出がよみがえります。
大半は注意されてばっかだったけど(苦笑)
でも毎度毎度、きちんと教えてくれたし、
きちんと態度や言葉で示してくれました。
この人がいたから印刷を好きになったと
今なら思えるんですよねぇ~。

印刷って時代とともに仕事量は減ってるし、
アナログからデジタルへの移行も
急速に進んで行ってるけど、
それでも白紙の状態から冊子が出来たりすると
作り上げたぁ~という実感が湧くんですよ。

作り上げるまでの行程は
うちの職場はアナログな部分も多いので、
凄い沢山やらないといけないんですが、
理屈を分かってくると
本当に面白い仕事でもあるんです。

客観的に見て減ってきていても、
絶対になくなっていかない
仕事の一つなんですよね。

本当にお世話になりました。
多々ご迷惑をおかけしたと思いますが、
辛抱強くお付き合いいただけて感謝しています。
ありがとうございましたm(_ _)m

さっ、次は俺の番か!!(笑)

森永ミルク

rennyu.jpg

昨日から、連続で我が家に登場している
いちごと言えばコレ!!!!
と言うくらい定番中の定番である、
森永ミルク、いわゆる練乳というやつですが、
やっぱ今食べても美味い(笑)

ってか、いちごいらないんじゃね?
と思ってしまうほど素敵な味わいです(苦笑)

さすがに、そのまま舐めてしまう
勇気はありませんが、これほど美味しいのに、
実はいちご以外の食べ方を知りません。
夏限定ではかき氷という手もありますが、
今は暖かくなったとはいえ、まだ冬だし(汗)

是非、これに練乳を使うと美味しいぜ
っていう食べ方を知っていましたら教えてください。
真っ当な内容であれば試してみたいと思います(笑)

しかし・・・美味しいよなぁ~(苦笑)

あらっ・・・

  • ふと思う事

最近、mixi仲間が頻繁に日記で書いていた
「劇症型ウィルス性心筋炎」から
「拡張型心筋症」のため、心臓移植しか方法がない、
札幌に住む「寺町沙也」さんを救おうとして
「さやちゃんを救う会」に対して
募金やらチャリティーライブやらと、
書いていて俺も興味を持って救う会の
HPチェックして俺もライブとか企画しようと
思ったり、自身HPにもバナーを
張ったばかりだったんだけど
どうやら目標金額に達したようで、
募金活動は終わったみたいです(汗)

まぁ~本当に大変なのはこれからなので、
素直に良かったなんて言えやしないんだろうけど、
現時点ではアメリカへ旅立つ資金が
みんなの善意から集まって良かったなと思います。
バナーについては応援の意味も
込めて継続して張っておきます。

改めて法整備の整っていない
日本の現状も考えさせられるし、
同時に脳死についても考えさせられる
ことになっていくんだろうなぁ~って思う。

何かさぁ~ある意味だけど、
さやちゃんは命の危機に
瀕してはいるけれども、
恵まれていると思うのですよ。

メディアに取り上げられ、
多くの人の善意によって、
取り敢えずはアメリカへ
行くことが出来るでしょ。

でも人によっては、受け入れ先もない
費用も工面できない、
時間だけが刻々と過ぎていき
どうにもならずに、命を落としていく。
大半がそうなんだと思うんだよね・・・。

でも考えようによっては、
国の法整備が整えば、
ドナーが現れるかどうかは別にしても、
今回のように莫大な費用が
かからないと思うわけですよ。

それだけでも難病の人たちにとっては
充分な希望の光の一つになるよ。

お偉い政治家でもない、お金持ちでもない
普通の人たちがみんなで協力するだけで、
とんでもない金額を作り出せるのに、
国は何やってんだよって
声を大きくして言いたいよ。

鳩山も小沢も金持ってんなら寄付しろよ。
その上で本当に困ってる人に対しての
政策を展開してくれよ。
国会風景を見ても情けなくなる。

難病などの病気をなくすことは、
今現時点では無理だろうけど、
わざわざアメリカまで
行かなきゃならない状況や
臓器移植法についての見直しや
医療保険制度見直しも含めて
第2のさやちゃんのような人が
増えないことを切に願うばかりです。

KAZさんの辛口!性格相性診断結果

「辛口!性格相性診断」をやってみた(苦笑)

KAZさんの性格タイプ:遊び上手な自由人タイプ

【性格】
自由とロマンを愛する男性です。何よりも自分らしく生きることを、人生の第一目標にしているタイプで、富や権力のために自由な魂を売り渡すことを、ヨシとしません。このタイプの男性は、好奇心が強く、自分がしたいことをやり残したままで、就職や結婚という人生の常道に乗るのを嫌がったり、何かあるとすぐ人生の脇道へ走り込みたがる傾向があります。しかし、常に熱っぽく、落ち着かない生き方をしながらも、我を忘れて人生を大きく踏み外してしまうことは、まずありません。そろそろ危険地域だという辺りまで踏み込むと、スッと安全地帯まで引き返してしまうのです。・・・ということは、つまり、何かに夢中になっている時も、いつも頭のどこかに冷静な判断力が残っているということです。現代の男性の生き方としては、一つの理想像かも知れません。もっとも、本人とすればもっと冒険がしたいかもしれませんが・・・。

だってさ(苦笑)



【恋愛結婚】
このタイプの男性から恋やSEXの楽しみを奪ってしまったら、抜け殻みたいになってしまう可能性があります。女性という存在に、好奇心と下半身がうずいて仕方ない好きモノなのです。とはいえ、好きな女と一緒にいれば全部OKというわけではなく、酒やギャンブルや車や音楽や、その他、モロモロの遊びごとにも目がないタイプなのです。女遊びも一生止みそうになく、恋人や妻になった女性は、常にハラハラドキドキさせられそうです。


違う違うそうじゃない(苦笑)
俺は一途なんだぁ~。



【職業適性】
安定よりも、冒険や刺激を好むタイプなので、公務員や会社の管理部門などの仕事ではすぐ退屈してしまい、転職を考えることになる可能性が大です。芸能、音楽、料理、美術、建築、文芸、映像、報道などの分野の方が、このタイプの好奇心や独創性を活かせるでしょう。才能や運に左右される世界なので、必ずしも成功できるとは限りませんが、やりたいことに挑戦した方が、後で悔いが残らないでしょう。

これは当たってる気がする(笑)



【対人関係】
基本的に、自分の感情と本能に正直なタイプで、他人をあまり気にしません。そのため、周りの人々とのある程度の摩擦は、避けられないかも知れません。かと言って、周囲の人間との折り合いを気にし過ぎると、自由に伸びようとしている才能の目を、自ら摘み採るようなことにもなりかねません。無理に他人と歩調を合わせることはありませんが、あまり暴走して孤立しないよう、時折振り返りながら、じっくりと進むべきです。

あぁ~_| ̄|〇


mixiやってる方は、みんなもやってみてね!
http://mixi.jp/view_appli.pl?id=8643

Happy Wedding

昨日(2/20)、どっちかというと、
奥様の友人で、いつの間にか勝手に
友達にさせてもらった「むっちゃん」の
結婚式に参加してきました。

昨年以来、俺と奥さんの結婚を機に、
奥さんの友人が数人結婚しており、
皆幸せモードまっしぐらですな。

俺は余興で歌わせて頂きました。
当然、奥さんもピアノで参加ですが(笑)

しかし後楽園ホテルはさすがでした。
グランドピアノも普通にあるし、
音響も完璧すぎて、気持ちよすぎです(苦笑)
最初ラインを繋げられないという話だったので、
ミニアンプ持参していきましたが、
普通にホテルの音響使う方が
絶対に良い音しますよね。

いつかお金が貯まったら
ディナーショーやりたいですな(苦笑)

SMAPのらいおんハートと、
オリジナルのトビラを歌ってきましたが、
取り敢えず好評であったようです。
素直に良かった・・・そう思います(汗)

ってか、直前まで体調悪くて、
声でないかと思ってたけど、
まぁ~本番に強いのは健在なようで、
良い声が出ていたと思います(笑)

まぁ~俺のことはどうでもよくて、
花嫁さんは本当に素敵でした。
新郎は始めて見たけど、優しそうな方でしたよ。
親戚が多いんだなぁ~と普通にビックリ(苦笑)
結構広い会場であったけど、
半分以上が親戚が埋め尽くしていました。
そういうもんなんだろうけど、
自分たちと当てはめると随分違うなって(笑)

最近の傾向は、やっぱ当人たちの
今までを振り返る映像がありますね。
あれは今更だけど、俺等もやればよかったなって
思うほど楽しそうな映像でした。
作る方は大変なんだろうけどね(苦笑)

人の幸せは本当に心を温かくしますね。

むっちゃん結婚おめでとうございます。
夫婦でお祝いに参加させて頂いたことに、
素直に嬉しく思っています。
末永く幸せをお祈りしております。

あなたの為だから・・・

WBS(ワールド・ビジネス・サテライトニュース)を
見ている間に流れるCMが大好きで、
YouTubeで探したらあったので、
日記に載せてみます(苦笑)

外為オンラインCM オフィス篇

外為オンラインCM カフェ篇

そして最近、事ある毎に意味なく言ってる
お気に入りCMがDMM.com証券の
「大切なのはお金なんかじゃないってこと」
が決めゼリフで、実は心の中で
「オレ、キレイ事言いました」と
言ってる、このCMが大好きなんで、
これも載せておきます(苦笑)

DMM.com証券

えぇ~っと、それだけです_| ̄|○

穏やかな月曜日

今日は意味なく有休を取って休み(苦笑)
本当は先週の金曜日にとって
4連休にしたかったけど、
そうもいかない状況だったので、
今日休みにしたのさぁ~(笑)

んで有効に使おうと、
ギター練習をしていると、
結構良い具合にメロディーが
浮かんでくるので、新しい曲が出来そうです。
真剣にやれば曲も浮かぶので、
これまた如何に練習をしていなかったか
よ~くわかりますな(苦笑)

でもずっと練習できないのも、
性格なのか、さて次は何をしようと考えると
やっぱ・・・ドラクエVIか??(苦笑)

と言うわけで、やっとDSのスイッチを
入れるのであった(苦笑)

まぁ~夜には奥さん交えて、
練習をするので、どの道それまでの間
だけなんだけどねぇ~・・・。
待っておれぇ~ハッサン(苦笑)

ギターリペア

  • 音楽ネタ

奥さんの友人の結婚式まで、
後一週間を切ったというのに、
ギターの調子が悪くなりました(苦笑)

症状としては、
ギターには弦が張ってありますが、
1弦2弦とフレットの部分が近すぎて、
Dコードを押さえると通常鳴るはずの
音の他に「ビビーン」とビビるようになりました。
今のギターを買った当初に
一度あったんでリペア(調整)を
した以来してなかったので(苦笑)
以前頼んだお店に持って行くことにしました。

チェックしてもらうと、
要は弦高が低くなっていたとのことで、
ヘッドの部分のナットと、
サドルの部分を作り直してもらいました。

まぁ~いい金額になりましたが、
無事に症状は直り、演奏も楽になりました。

分かっちゃいるけれども、
時にチェックやリペアは必要だなぁ~
と素直に思いました(苦笑)
予備のギターを持ち合わして
いるわけではないし、
俺にとっては安もんのギターでもないしね。
大事な相棒なわけですから
もっともっと大切に扱おうと思いました。

弦高が下がったりとか、
ちゃんと弾いてあげてる証拠だと言われて
確かにずっと付き合ってますからね。
ギターとかは使えば使うほど、
その人なりの特徴が音として
反映されていくから、長く付き合ってこそ、
あじのある楽器へと変わっていくんだと思います。

これからもよろしく頼むよ
LXME Little Martin様~(苦笑)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4