2010年4月の記事一覧

KAZ 7年の歴史

まぁ~どうでもいい人には、
本当にどうでもいいんですが(苦笑)

思えば人前で歌い出して7年目なんですね。
KANさんと同じ素数記念年です(笑)

止めるって言ったり、
やっぱりやるって言ったり、
忙しい男ではありますが、
音楽に楽しさを感じてる時点で、
止めれるわけないんですよねぇ~(^_^;)

今現在こういう映像を作るあたりで
結構な暇人なんだなって
理解してもらえたら、
それはそれでいいかなぁ~と(笑)

そもそも何で映像を作ったかというと、
5月7日に出演する、「GUARDIAN DEITY 9」という
チャリティーイベントで、
舞台監督さんが「KAZを知らない人に
こういう人なんだよ」という
映像を作って歌う前に
流してくれるという話になっていて、
どうするこうするという打合せもあったりして
「そうか!!そういう映像を作るのもアリか!」
と心の中で思ったわけですよ。

かと言っていう程、映像もないので、
過去に出演している写真を繋げて、
バックに音楽を流せばいいやと思いまして
意味なく今日作っていたのです(苦笑)

バック音楽に関しては、
先日のKANさんのライブのオープニングで
やっていた楽曲の重ね合わせを参考にしました(笑)

Message
Two persons' happiness
Santa Station
あの頃の夢
トビラ
真夜中の訪問者
tear
晴れた空の下
なくしちゃいけないモノ

上記9曲を組み合わせて作りました。
とは言っても、盛り上がる部分だけ
フェードアウト・インを繰り返すだけだから
そこまで労力も使ってなく(苦笑)

んで後は、金髪時代からのKAZの写真を
ひたすら並べていくだけで、
最終的にはソフトが頑張ってくれたので、
これも結構あっさり終わり、
逆に言うと、このレベルならいつでも
作れるんだなと思った(苦笑)
マシンも性能が良いから、全ての合体も
予想以上に早かったし、
こういう仕事も出来るかもな?
なぁ~んて思ったりもしました(笑)

暇つぶしにどうぞ(苦笑)

KAZ 7年の歴史(Youtube)
http://www.youtube.com/watch?v=iLhxS8R9lIc

モバイルYoutube
http://m.youtube.com/watch?gl=JP&warned=True&client=mv-google&hl=ja&v=iLhxS8R9lIc

あでゅ~♪

真実はいつもカンタービレ(苦笑)

まっ、タイトルを見れば
何の映画を見たかは一目瞭然ですが、
映画を見てきましたよ。

俺は意味なく2日間連続で(苦笑)
奥さんは月曜だけ(汗)

と言うわけで月曜日は
「のだめカンタービレ」の最終楽章後編を
奥さんと二人で見てきました。

これは前編も同時で良いから、
一気に見たい感じですね。
基本漫画に忠実なので、
漫画を読んでいる人には、
展開が素晴らしくよく分かる(笑)
それでも実際に使われるクラシックを
聴けるとあって、迫力が満載です。

のだめとシュトレーゼマンの
ピアノコンチェルトは見物です。
通常は映さないような
上からのピアノ演奏が見れて、
音は出せてなかったとしても、
あの曲を擬似的にでも弾ける、
上野樹里は凄いと思った(苦笑)
CGだったら少々残念だが・・・。

にしても、配役は何度見ても、
全員が完璧であると言えます。
完璧すぎて、ドラマ以降
上野樹里のどのドラマを見ても、
やっぱりのだめで・・・、
玉木宏も他何見ても、真一で・・・、
それだけ良すぎたということですな(苦笑)

これは見た方が良いと思いますよ。


んで今日は「名探偵コナン」の
最新作の映画を一人で見てきました。

昨年の黒の組織の後で
動員を稼げるとしたら
やっぱ怪盗キッドなんだろうなぁ~と
妙に冷めた気持ちで見始めましたが(苦笑)
見始めたら、面白かったりして(笑)

内容は敢えて触れないけど
キッド好きには少々微妙な気持ちに
なるような気がするねぇ~(苦笑)

めっちゃ書きたいけど、やめとくわ。
詳細は映画を見よう(笑)

あでゅ~♪

たまには洋楽も聴きたくなるシリーズ

  • 音楽ネタ

まぁ~所詮にわか仕込みの
セレクトなんで他の曲も良いのに
とかの突っ込みはおやめ下さい(苦笑)

その1

Gilbert O'Sullivan(ギルバートオサリバン)
「Alone Again」

この曲の知ったきっかけは
やっぱりめぞん一刻だったりもするんだけど、
アニメで実際に洋楽が使われること自体
結構まれで当時としては
なんてセンスの良いことをするんだと
感心したものです。


その2

Billy Joel(ビリージョエル)
「Honesty」

これはKANさん好きなら当たり前の話ですが
実は気に入ったきっかけは少し違っていて
18歳くらいの時に実家から入所していた
施設へ帰る途中に大通公園で、
電子ピアノで弾き語りをしていた
外人の人がいて、その人のオリジナルかな?
って思いながらも恐る恐る聞いてみると
「Billy Joelのナンバーなんだよ」
と教えてくれて、その足でCDショップへ
行ったと思います。

その3

The Carpenters(カーペンターズ)
「Yesterday Once More」

これは中学時代の音楽の時間に
先生が流していて洋楽も素敵だと
ほぼ初めて思った曲です。
以降、洋楽への違和感がなくなる程の
影響力を発揮するのですが、
この曲に出会ってこその、
今があるんだと思いますよ。

その4
Green Day(グリーンデイ)
「Basket Case」

これは福山雅治のラジオで
「いやぁ~格好いいんだよ」
って言ってた通り確かに格好いい。
バンドの原点というか
ギター・ベース・ドラムの3楽器で
シンプルなんだけどロックしてるんですよね。
ロックたるもの余計な音はいらないぜ!!
って思わせてくれる曲です。

あでゅ~♪

T・K・G

ポリープゆうぢ氏の日記読んでいたら
TKG(卵かけご飯)について
味の素がわざわざHPで映像化しているではないか!!(笑)

TKG好きとしては見ないわけにいかず、
早速チェックしてみると確かに近代化映像だ(苦笑)

でも侮るなかれ、TKGとはこうだと
押しつけるわけでなく
あなた好みのTKGをシミュレーション
してみてはいかがだろうか?
と若干の上から目線も気になるが・・・。

STEP1 白身について

これは要は白身の量をどうする?
って聞いてきますので
HALFかFULLかを選びます。
俺は躊躇わずFULLで。

STEP2 醤油について

これも醤油の量をどうする?
となるので、俺は多めを選択。

STEP3 味の素について

これはさすが味の素のHPだけあって
TKGと言えば味の素だろ?
とファン心理をくすぐってきます(苦笑)
俺は基本的に味の素で
育っていることもあり、ほぼMAXを選択。

STEP4 混ぜ方について

ここがね、味の素側とKAZの違いがあって、
そもそも俺は全て先に混ぜてから
ご飯にかけるタイプなので、
ここまで作り上げるなら、
先に混ぜる?
それともご飯にかけてから混ぜる?
の選択制があっても良かった(苦笑)
俺自身は最終的には
まんべんなく綺麗に混ざるのが好き(笑)

最後にUSER IDを入れると・・・
何と俺専用のTKGを作ってくれるのです(笑)



バーチャルじゃなくて、
本当に食べたくなってくるよ_| ̄|○

是非卵好きのみんなもやってみてくれよな!!

NEO TAMAGO KAKE GOHAN
http://www.ajinomoto.co.jp/aji/egg/generator/

ちなみにPC限定だ(苦笑)
スマン・・・m(_ _)m

あでゅ~♪

さらばフロッピーディスク

  • オタッキ~

異常なまでの時代の進歩に
取り残されたFDD(フロッピーディスクドライブ)が
来年の3月に販売を終了するんですって。

以下Yahooの記事↓


さよならフロッピーディスク、来年3月販売終了
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00001196-yom-bus_all

 ソニーは23日、パソコンで作成した文書やデータを保存する記録媒体「フロッピーディスク」の販売を2011年3月末で終了すると発表した。
 ソニーの撤退で国内最大手の製品は姿を消すことになる。
 現在の直径3・5インチ型はソニーが開発し、1981年に世界で初めて米国で発売し、日本では83年に発売された。
 しかし、近年はハードディスクやDVD、USBメモリーなど新しい記録媒体に押されて需要が減少。生産は中国メーカーに委託していたが、必要な部品の調達も難しくなっており、販売を終了する。


フロッピーと言ったって
結構な段階を踏んでいて、
最初は8インチディスクで
次に5.25インチディスクで、
最終的な形状が見慣れている
3.5インチディスクになるのですが、
さすがに8インチディスクには
お目に掛かったことがなくて、
俺が見るようになったのは、
ワープロ検定時に使用していた
一太郎のソフトを立ち上げるのに、
5.25インチディスクで使ってました。

素直に懐かしいというか、
今現在、ほとんどのPCに搭載しなくなったから
下手したら今の子供はFDDを
知らないかもしれないよねぇ~(苦笑)

FDDの要領なんて2HDのFDDで1.4MBなので、
1GBにしようとしたら1000枚必要で、
1TBにしようとしたら100万枚必要なんですよ(苦笑)
どんだけ今の要領が激しいのかって
わかってもらえるとは思います。

昔のドラクエ1と2は
FDDに収まる要領なんですよ。
それを頑張って並んで買ってたかと思うと
それはそれで残念というか(苦笑)
本当に時代の流れが良くわかる。

それでもデータのやりとりとかで、
普通に活躍してくれていました。

一時期MOとか色々出たけど、
結局CD-Rに座を奪われて、
終いにはフラッシュメモリに座を奪われ
HDD(ハードディスク)も
SSD(フラッシュメモリ版HDD)が
次代を担っていくんでしょうねぇ~。

既に我が家にも存在しておりませんが、
ゴミ扱いせずに記憶に残るような
扱いをしてやるべきだったのぉ(苦笑)

来年には市場に出回ることはなくなりますので、
是非最後の雄姿を見届けようではありませんか。

あでゅ~♪

追記:珍しく1週間続けて日記を書いている(苦笑)
   暇なんだな(汗)

今日も

歯医者に行ってきたのぉ。

というか本格的な治療は今日からで、
俺の歯は虫歯に冒されていてのぉ、
ついでにいうと、歯石も満載なんだそうだ(苦笑)

まずは歯科助手さんによる
歯石除去から始まりますが、
本日は麻酔なしで事が進みます。

随分と細く尖った機械で、
歯茎の根本からグリグリ・・・
ガリガリ・・・と狙い澄ましたように
ピンポイントで削っていきます。

助手さんが感心するくらい、
歯石が取れてきて、
でも歯石が層になっているようで、
少し削ったくらいでは
本物の歯が現れてきません(苦笑)

「歯石はばい菌の固まりなんですよ」
と痛恨の一撃を喰らわす
一言を言うくらい面倒なんでしょうね(汗)

結構な時間をかけてやるも、
1時間の内45分も歯石を削っても、
下の歯の左から真ん中までしか
今日は出来ませんでした(苦笑)
どんだけ歯石がたまってるんだって
話なんでしょうが、
俺からしたら寝耳に水って感じで(汗)

残りの15分で先生が現れ、
虫歯の治療しますねとさらり・・・。
噂に聞いていた回転する
ドリルが容赦なく歯に突き刺さる。
「染みてきたら教えて下さいね」
というもんだから素直に「・・・染みる」
と意思表示したら「もう少しだから」
って結局止める気配もなく・・・
なかなか日常生活では
聞くことの出来ない音が口の中で
ハーモニーを奏でていました(苦笑)

でもそれもすぐに終わって、
「詰め物したら終わりですから」
と言われ、初詰め物も無事に終わり、
気が付けば虫歯2本の治療が完了していました。
確か8本も虫歯があったので、
あと6本で虫歯が治ると思ったら
もう少し頑張れそうな気がします(笑)

歯医者日記レギュラー化しようっと(笑)

あでゅ~♪

あゆの結婚~泣かない めげない くじけない

  • ふと思う事

関東圏であれば、4月4日に放映されていた
番組が2週間遅れで北海道でも
昨夜放送されていました。

俺と同じ障がい
「先天性多発性関節拘縮症」
http://kaz-sing.com/kaz_sickness.html

を持つ神奈川県に住む
「すがやあゆみ」さんの女性の話です。

実は3年前にも取材されていて
同じようなドキュメンタリーが
組まれていたわけですが、
今回新たな彼との同棲から結婚までの
道のりを追った番組になっていました。

俺自身5年前に東京で
会ったこともあるんですが、
元気なイメージが強かったです。

ここからが感想ですが、
実際に結婚をした立場で言えば、
俺も昨年したし、今まで生きてきた
環境が違う2人が一緒に住むのは、
本当に大変なことなんだと思うこと。

最初はお互い気を付けていたところでも、
日を重ねる毎に忘れてしまったり、
任せっきりになったり、
一方だけに負担が強くなったりなど、
障がいがあるなら、尚更そういう傾向は
あるのかも知れない。
多分俺もあるんだと思う。

でもそれもやっぱり
感謝の気持ちをもってこそ、
生活は成り立っていくんだろうから、
出来ること自体少なくても、
「ありがとう」という言葉を
かけるべきなんだろうなと思う。

番組を見る限りでは、あゆちゃんは、
ちゃんと「ありがとう」を
心がけているように見えたし、
本人の意識の中にもあると思う。

ただ口調が厳しいところがあったので、
それを見る人が見れば我が儘と
受け止めるかも知れない。
でもそれは彼女が生活していく上での
絶対的な必要なルールがあって、
例えば床には物は置いておかないとか、
高いところに物は置かないなど、
障がいがあるからこそ不自由な部分を
誰かが意図的ではなくても、
作られていたとするならば
それは少々ムッとすることもあるのでは
ないだろうかと思えます。

でもそれを相方に全てを完璧に
求めるのは酷なことでもあると思う。
人間なんだし、仕事をして疲れているかも知れない。
ふと気がゆるんでいたのかも知れない。
そんなことくらい誰にだってあるしさ。

逆に言えば相手も自分に思ってるかも知れない。
障がいがあるから大目に見ようってのも、
絶対に違う気がする。

そこはやっぱりパートナーとして
生きていくことを決めたなら、
どういうことであれ、
話し合いを重ねる必要があるんだと思う。

誰かと生きていくって、
言う程簡単なことじゃないよ。
一緒に暮らすことで見えてくることもあるし、
それでも一緒にいたいって思うから、
結婚という道を選ぶと思うんだよね。

結婚に関しては1年先輩のあゆちゃんには、
本当に幸せになって欲しいと願っています。
時には旦那をたててあげて下さい(苦笑)

頑張ってね。


あなたはパートナーに感謝の気持ちを伝えてますか?

愛くるしい奴ら

あっしは基本動物が苦手なのですが、
こういう猫がいるんだとしたら
ちょっと関わっても良いかなぁ~
なんて思ったりもします(苦笑)

UQコミュニケーションズ 
UQ WiMAX CM
「入ってる? 箱のネコ編」

UQコミュニケーションズ
UQ WiMAX CM
「入ってる! 比べて篇」

UQコミュニケーションズ
UQ WiMAX CM
「入ってる! 全国区篇」

あでゅ~♪

ネット配信の現状

  • ふと思う事

面白い記事がありました↓

一体オンラインで何曲売れば、
アーティストは生活して いくことができるのか?
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100421_artists_wage/

これによると、アメリカでの基準になりますが
最低賃金が1160ドル(約10万8千円)を
得ようとするのに、毎月どれだけの
量を販売すれば生活していけるか?
ということを内容によって分けていて
なかなか現実は厳しいんだねぇ~と思う。

ソロアーティストと限定し、
作詞・作曲・編曲・歌まで全て自分で
行うものと仮定し、毎月売れると考えます。

自費出版アルバムCDで
1枚9ドル99セント(約930円)で販売すると
1枚の利益は8ドルとなり
143枚売れば良いんですって。

レーベルからの出版になると、
1161枚で目標達成。

オンライン販売では、
Amazon単曲ダウンロード販売で、
1曲99セント(約92円)となると、
1万2399回ダウンロードされて
始めて目標に達するそうです。

まぁ~あくまでも個人で
全て行った場合なので、
事務所契約やレーベル契約での
CDは別に販売すれば、
それなりに収益はあるにしても、
更にiTunesとかなら200円が普通なので、
もう少し変わると思うけど、
それでもネット配信は元手が掛からない分
収益は極端に低くなりますよね(苦笑)

CDを自分で作るとなれば、
CD-Rからケース、ジャケット、
紙代など様々なコストは掛かるし、
言う程安くもないので、
ネット配信できたら?なんて思うことは
ないわけではないけど、
こういう現実を知ると、改めて現実の
厳しさを痛感する気がします(苦笑)

カラオケでの収益も
相当低いって聞くしねぇ~。

音楽で生計を立てるのであれば、
やっぱどっかに契約してもらって、
作詞作曲・編曲・歌まで全て自分でやって、
バックアップがついてこそ、
になってしまうよねぇ~~~(苦笑)

何か寂しい日記になったなぁ~(笑)

あでゅ~♪

すっかりと

仕事を辞めてから夜人間になったようで、
寝ようにも寝れなかったりして・・・
ダメ人間まっしぐらなように感じている
今日この頃なのですが(苦笑)

寝れないものを無理に寝ようとしたって
それ自体が根本的に無理なんだから
先日発表された「iPhone OS 4.0」について
触れてみようかと思います(苦笑)

今回のアップデートで何が追加されたのか?

マルチタスクが可能
壁紙の設定が可能
カメラのズームが可能
メールのスレッド表示が可能
アプリをまとめるフォルダ作成が可能
上で作ったフォルダはドックに置くことが可能
Bluetoothでキーボードの使用が可能

他にも改良点は山程ありますが
個人的には背景の壁紙設定は嬉しいかも。

まぁ~OSのバージョンが上がるということは、
古いバージョン3Gを使ってる人には、
OS4.0は対応しないんですって。
スペック的な問題が起因だと思うけど、
それはそれで残念なようにも思うねぇ。

取り敢えず俺は3GS使用だから、
4.0は対応できるけど、
来年発表のOSには
対応できないんだろうね(苦笑)

来年、2年縛りはなくなるけど、
奥さんはダメっていうだろうなぁ~_| ̄|○

6月にはOSのアップデートが可能になるらしく、
同時にiPhone4G?が発売になるんですって。

しかしアメリカでは面白いニュースがあって
新型iPhoneのデモ機を落とした人がいるらしく、
それを拾った人がPC・MOBILEを
専門に扱うサイトへ5000ドルで売ったらしく、
新型だよぉ~って画像入りで発信したんです。

それを知ったAppleが
新型iPhone返してくださいって
直接書面が届いたんだそうだ(苦笑)

返却自体には素直に応じたんだけど、
発売前の時点でほぼ明らかにしてしまうのは、
秘密主義者のAppleとしては、
絶対にあってはならないことを
してしまったから、
落とした人はクビだな・・・(苦笑)

とは言え、そのおかげで俺等は
情報を得ることが出来たんだけどねぇ。

新機能としては
背面だけでなく全面にもカメラ有。
カメラ用のフラッシュ有。
画面解像度が上がってる。
ボタンは全部メタルになってる。
マイクロSIM搭載
など。

ネタバレしちゃった以上、
同じ物を素直に発売するとも
思えないけど、今更他にも変更する
時間もお金もないよねぇ~(汗)

どうあれ発売延期がなければ、
6月発売は有力説なので、
本機は買えずともOSの
バージョンアップは期待しておりますよ。

あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4