2010年6月の記事一覧

どうでもいい夢

明け方の夢なので鮮明に覚えていますが、
「ポテトチップス・ラブ♪」で
有名な大橋のぞみが夢に出てきて、
何故か俺はデートに誘おうとしていました(苦笑)

多分、何度も誘っては断られの日々なんでしょう。
今日こそ頑張るぜっ!!
っていう意気込みで・・・
中島みゆきのライブのチケットをもって
「一緒に行こうぜ」と誘っています(苦笑)

のぞみちゃんの返事は・・・
「無理・・・」

がーーーーーーーーーん(苦笑)

あまりのショックで目が覚め・・・
「どうして中島みゆきなんだ?」
と一日中悩むのであった(汗)

若干のロリコンは否定しませんが・・・
いくらなんでもねぇ~・・・(苦笑)

そんなことを悩む日本戦前。

頑張れ日本!!(笑)

あでゅ~♪

KAZ・マニフェスト

珍しく練習しております(苦笑)

と言うのも先週のホコ天での
見事なまでの声の出の悪さが、
ミュージシャン生命に関わる気がして、
初心に返るべく気が付いたら
腹筋と、腹式呼吸の練習を
繰り返しているところなのです。

別にさぼっていたわけでは・・・
さぼって・・・サボテンが・・・
いやさぼっていたんでしょう(苦笑)
無駄に俺はいけるぜっ!!
なんて甘えがホコ天のライブに
繋がったのですよ・・・_| ̄|○

えぇ~反省・・・日々反省・・・です。

未だかつて声が出なくて
歌の途中で声が止まるなんて
現象は俺の記憶には一切ございません。

単純にホコ天が鬼門だからではなく、
あっしの努力が足りなかったのです。

1年以上も定期的に歌ってなかったことも、
災いとしてあり、俺は出来ると天狗にもなり、
音楽をなめきっていたんでしょうなぁ~・・・。


私はここで誓う。

KAZ・マニフェスト。

01.日々意識して腹筋を続けます。
02.発声練習をします。
03.ギター練習も怠りません。
04.気持ちダイエットします(苦笑)
05.体調管理・・・は極力気を付けます(汗)

以上の5点について
今後の音楽に対する真剣さを
皆様にアピールしていきたいと思います。

子どもの夢をつぶすことのないよう
一歩一歩実現へ向けて頑張ります!!

明日は我が身、け~え~ぜっ党

あでゅ~♪

意味が分からん

こんなニュースがあった↓

公務員の飲酒運転「原則懲戒免職」緩和の動き
http://mainichi.jp/select/today/news/20100627k0000m040077000c.html

 飲酒運転した公務員を事故の有無にかかわらず「原則懲戒免職」としていた全国29自治体のうち、計10府県市が処分基準を見直すか、見直しを検討していることが毎日新聞の調べで分かった。06年8月に福岡市職員の飲酒運転で幼児3人が死亡した事故をきっかけに処分の厳罰化が広がったが、09年以降、「過酷だ」として免職を取り消した判決が最高裁で相次いで確定。厳罰化の流れに変化が生じている。
 基準が厳罰化された後、職員側が免職の取り消しを求めて各地で提訴していた。09年9月に兵庫県加西市の上告が棄却され、自治体敗訴が最高裁で初めて確定。その後、神戸市、佐賀県、三重県の敗訴が確定した。
 毎日新聞は5月までに、この4県市と、都道府県、政令指定市のうち、「原則懲戒免職」基準がある25府県市に司法判断の影響をアンケートした。回答によると、基準を「免職または停職」と緩やかに改めたのは、大阪府と、最高裁で敗訴した加西市。大阪府は「飲酒運転には厳正に対処すべきだが、最高裁の判断は尊重すべきだ」と指摘する。
 神戸市は検挙のみの場合などは「停職」とする新たな運用方針を定めた。市人事委員会は一連の司法判断を踏まえ、飲酒運転で横転事故を起こすなどした2人の懲戒免職を停職6カ月に軽減した。
 見直しを検討しているのは茨城、三重、滋賀県と、さいたま、岡山市の5県市。京都、長崎の2府県は見直すかどうかも含め検討中。さいたま市は「今後は、より一層慎重な判断が必要となる」。長崎県は「処分の取り消しについて国民の理解を得られるか今後の司法判断を注視したい」との姿勢を示した。
 一方、見直しの予定がないとしたのは19県市。福島県は「社会的非難が依然として高く、引き続き厳格に対処する必要がある」とする。福岡市は「変更が必要とは考えていないが、他都市の裁判例を注視していく」。佐賀県は「飲酒運転には厳罰で臨む姿勢に変わりはない」としている。


この動きは明らかに飲酒運転を
容認していると言うことになるよね?

飲酒運転は法律に違反しているはずなのに、
ちょっと飲んだくらいで厳しいよ
なんて良く言えたもんだ。

そもそも一歩間違えば車は凶器になる。
だからこそ最低限の飲酒の上での運転は
やめましょうよと言っているはず。

人が亡くならなければ良いのか?
って発想になりかけない動きには
相当の疑問と公務員の考え方の甘さが
イライラさせますね。

実際に飲酒運転による死亡事故は
正直なくなっていないでしょ?
そういう事実を踏まえた上で、
事が起きる前の事前に対策を練って
進めてきたはずなのに、
あまりにも、この流れが本当にがっかりする。

見直しに賛成したヤツは
飲酒運転の車に轢かれてしまえばいいんだ。
そうすれば如何に愚かなことを
言ってたんだと気付くでしょうよ。

ダメなことはダメ!!
子どもだって分かっていることを
大人が出来ないなんてバカばっかりだ。

お願いだから見直し賛成のヤツら死んでぇ~(苦笑)

あでゅ~_| ̄|○

歯医者受診 episode6

  • かなしい事

ちょっくら所用により
行けてなかった歯医者ですが
久々に行ってきました。

今日は何されるのかと
ドキドキワクワク・・・しないけど(苦笑)
受付を済ませて治療椅子に座ると、
開口一番に歯科助手の方が
「KAZさん今日左上の親知らず
抜くって聞いてます?」
と悪魔のような問いかけをしてきました(汗)

俺は全くもって聞いてなかったので
「えっ??」
と驚いていると・・・
「そうですよねぇ~・・・」
と笑いを堪えられなかったのか・・・
良い感じに苦笑していました(苦笑)

他の助手さんも知らなかったようで、
どうやら医者だけの思い込みだった様子。

確かに虫歯になっていると
言われたことはあれど、
抜くとは言われてなかったので、
一気にテンションがた落ちで・・・
何度も何度も「聞いてないです」
と訴えていました(笑)

取り敢えず今日いきなり抜くことは
避けられたものの・・・
どう考えても歯ブラシが上手く当たってないため
親知らずの抜歯は避けられないようだ(苦笑)

抜いてしまえば歯磨きも楽になるだろうし、
虫歯になる危険もないので、
良いことづくしなんだろうけど・・・
それでも抜くこと自体は
結構な勇気がいるものですよ・・・。

しかも削って治療すれば
大丈夫だと思っていただけに、
「抜歯」の2文字が何故に?
と頭を過ぎるのです・・・(苦笑)

とは言え基本医者には逆らわない
という人生の方針を決めているので、
7月2日には左上の親知らずは
抜くことは決定のようです・・・_| ̄|○

更に切ない話をすれば・・・
他の親知らずも抜いた方が無難だという
結論にもなっているようなので、
気付いたら親知らずはなくなっている
可能性が高いようですね(苦笑)

予備麻酔はするし、麻酔自体も良く効くから
痛くないのは確かなんだけど・・・
改めて宣告されると怖いよねぇ~。
結構あっさりと抜歯って言うよねぇ~(苦笑)

新たなカウントダウンへの幕開けである(汗)

あでゅ~♪

iOS4セカンドコンタクト

えぇ~やっぱり・・・
やっぱり最新iPhone4を触りに行ってきたよ(苦笑)

iOS4のOS自体は3GSを使ってれば
アップグレードは出来るので、
大凡の機能は理解できましたが、
実物を触ってなんぼでしょ?
ということを意味なく訴えているのです(汗)

数分触った感想は・・・
誰か風に言うのならば「素晴らしい」(笑)
画面が本当に綺麗。
ってか携帯で、ここまで綺麗で良いのですか?
毎回毎回、進歩しているなぁ~と
感心させられっぱなしです。

CPUも賢くなったし、
メモリもアップしているので、
Safariも開くの早いし、
どのアプリにしても起動が速い。

カメラ性能も抜群に良くなってるし、
綺麗に撮れているなぁ~と
見た目にもよく分かる。

触れば触る程・・・欲しくなる(笑)
気持ちが高ぶる・・・。
胸が躍る・・・。

もっと君に触れていたい。
もっと君を抱きしめたい。

↑アホだ(苦笑)

でも若干本気かも・・・_| ̄|○
ちょっと金貯めようと思いました(苦笑)
明日から節約人生だな。

あでゅ~♪

さぁ~てどうなることやら

まずはiPhone4から。

本日iPhone4の発売だったのですが、
どうやら在庫が足りないようですねぇ~。
日本に入ってくる在庫数の問題か、
全世界の問題ととらえるかは、
意味合いが異なってくるだろうけど、
根本的に日本に入ってる在庫が
予約者の数さえ確保できなかったようです(苦笑)

我がiPhoneを手に入れるきっかけをくれた
PCやiPhoneの先生である、
友人のSくんでさえ予約したのに、
在庫不足により初日に
Get出来なかったんだそうだ。

そりゃぁ~東京に比べれば、
在庫が確保できなかったのは、
多少の仕方なさはあるけれども、
せめて予約者には、
ちゃんと提供するべきだったよね。
じゃないと何の為の予約なんだか(苦笑)

ハイテク機器だし、高価であるし、
そう簡単には買えない人もいるだろうけど、
世界の予約件数には応えるよう
努力はすべきだったと思うな。

せっかく触らせてもらおうと思ってたのに(笑)
急げApple!!


もう一つはW杯ですよね。

今日の深夜にリアルタイムで見る方法を
ずぅ~~~っと考えているけど、
単に早く寝て時間に起きるしかないのか?
それともひたすら起きているしかないのか?
更にそれとも見ないで結果だけ知るのか?
明日何もなければ起きていて見るんだけどねぇ~。
用事あるからさぁ~(苦笑)

やっぱ早寝早起きか?(汗)

起きれるかなぁ~・・・。
起きれねぇだろうなぁ~・・・。

諦めるか?
諦めきれねぇ~だろうなぁ~・・・(苦笑)

勝てると期待するか?
いや期待薄そうだなぁ~・・・(苦笑)

頑張って起きてみるわ(苦笑)

あでゅ~♪

サッポロファクトリーにて

ウィークデーライブというのが、
ほぼ毎日行われているんですって。

norico01.jpg

そこにNORICOさんという
歌い手が歌うということで、
奥さんとRYOさんを引き連れて行ってきました。

NORICOさんとは2008年のKAZ祭で
大変お世話になっていまして、
見に来てくれた人に分かりやすく言うなら
オープニングアクトの2人目の女性の方です。

norico02.jpg

かわいい人で歌もうまくて、
実力は半端なくある方です。
コンスタントにCDも発表していることもあり、
iTunesにも配信されているし、
CMでも曲が使われているし、
今度はHTBの番組でも使われるんですってよ。

話だけ聞けば凄まじく羨ましいよね(苦笑)


久々にライブを見たけど、
やっぱ声の圧倒的なパワーは健在で、
曲調も以前より聴きやすくPOPな感じで、
初めて見る人も入りやすいと思います。

声質もハスキーなのに、
嫌な感じじゃなくて音域も広いし、
裏声のさらに上もいく声が格好良かったです。

でもあんなに上手いのに、
それでも自分に厳しくある姿勢は
素直に感服ですな(苦笑)

最近はアマチュアのライブに行くことは
極端に減っちゃったけど、
たまに見に行くと、やっぱ刺激受けるよね。
あれはHALLさんにも見せてあげたくなりました。
次は誘ってみようと思う。

俺もあんな声ほしいぃ~(苦笑)

あでゅ~♪

俺の相棒

それは俺にとってなくてはならない現実。
それは生きていく上でのかけがえない光。
それは意味すれば絶望から希望への序章。
それは未来へ受け継がれる伝言。
それは飽くなき探求心。
それは目覚ましい発展の象徴。
それは最先端技術の結晶。
それは人と人を繋ぐ手段。
それは自由への第一歩。
それは明日への扉。

それは・・・それは・・・

そう「車椅子」(苦笑)

実は先週車椅子の折りたたむ部分が
バックリ折れまして・・・。

kurumaisu.jpg

業者の方には「稀ですね・・・」
と言われる程、滅多にないらしい(苦笑)

別に体重が重いから折れた訳じゃないからね!!
たまたまなんだからね(笑)

その間、他の車椅子に乗ってましたが
これが予想以上に体に合わず、
姿勢がおかしくなってました(苦笑)
背中は若干の筋肉痛になるわ、
良いことはなかったな(汗)
でも仕方がない折れちゃったんだから・・・。

それが無事に今日直ってきまして、
やはり体にフィットする車椅子は
本当に安心して乗れるのが
よ~く分かった気がしました(遅っ)

これからは大事に酷使しようと思います(苦笑)

それだけの日記のための前章でした(汗)

あでゅ~♪

iOS4ファーストコンタクト

非常に眠い目をこすりながら
22日、午前2時を待っていました(苦笑)

大方(2chや専門サイト)の予想では
アメリカ時刻で21日なのではないか?
というのは正解だったようです。

iTunes上でひたすら更新ボタンを
連打していくと現れたのは、
「iPhone4へ更新します」の画面が(笑)
やはり分かっていても感動的でした。

ダウンロードもインストールも
想像以上に、あっけなく終わり、
再起動も終わり画面を見ていると
「背景に画像が表示されている~」
と意味なく夜中に叫びました(苦笑)
だって脱獄していないのに
背景が設定できるのは
これはこれで嬉しいよねぇ~。

iOS4.jpg

最大の目玉の一つ、
フォルダに似たようなアプリを
まとめられる機能を使ってみると、
これは便利ですよ。
今まで、どうやって整理しようかと
悩みながら配置していたけど、
粗方整理できるのは助かるね。
俺は本当によく使うのは、
1ページ目に出してあるけど、
他はほぼまとめたら3ページで済んだ(笑)

マルチタスクも慣れると便利だね。
ソフトが終わらないで隠せるから、
同時に色々なことが出来るので、
ちょっと違うことしたい時に便利です。

何よりも嬉しい機能が、
縦横固定機能がついたこと。
片手で操作する人には、
横向きになると文字入力が
遠くになるのでしずらいんだよね。
その点は今回のアップデートで
カバーされていてマジ嬉しい。
欲を言えばアプリごとに設定できたら
最高だとは思うけどね(苦笑)

iBooksは、まぁ~普通(笑)
日本語対応が増えていくことを
願うばかりです。

メールは便利になったね。
複数のアカウントを登録している人には
まとめて全て表示されるので、
楽になるとは思うけど、
アカウントごとに見たい人には
一手間増えたかな?
賛否両論はあると思うが俺は有り(苦笑)

他はiOS4自体に変更してからじゃないと
確認できないことが多いので、
いつか手に入れることが出来たらレポします(笑)

全体的には、新OSを突っ込むわけだから
少しくらい遅くなるかな?
と思ってたけど、全然問題ないくらい
サクサクと動いていますよ。
こだわりさえ捨てれば、これで充分かも(苦笑)
来年出る予定まで待っても有りだと
少~しだけ思った・・・多分(苦笑)

あでゅ~♪

キャンドルナイト in 琴似二十四軒

札幌全体でのイベントらしいんだけど、
地域は地域なりのことをやっていこうという
イベントを琴似小の5年生が中心となって
呼びかけていたようです。

主旨としては夜8時から10時までの時間を
極力電気を使わずにロウソクで過ごしてみませんか?
というものらしいです。
http://www.sapporo-candle-night.com/2010/

琴似の地域では8時から8時10分までの
10分間でも電気を消しましょうとのことです。

最近、奥さんはロウソクが好きなようで、
早速この企画に賛同して、
本日も実際に電気を消してやってました(笑)

俺はと言うと・・・
普通にiTunesで曲探ししてましたが、
少しくらいは参加しようとしたけど、
移動しようとしたら既に暗い(苦笑)

携帯の明かりを頼りにロウソクの場所へ。

DCF00003.jpg

完全に電気が消えて見たら
これはこれで幻想的というか、
意外と悪くないかもね(笑)

まぁ~普段の生活の100%が
電気なしでは成り立たない生活をしているので
たまには電力削減に協力するのも
良いもんだなぁ~と自分に言い聞かせてます(笑)

せっかく子ども達が頑張って
広報活動を続けてきたわけだしね。
お疲れ様でした。
来年の5年生も頑張れよぉ~。

あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4