2010年7月の記事一覧

第23回ふれあい広場2010きよさと

  • ライブ日誌

さぁ~清里レポは第3弾で
フィナーレを迎えます。

最後はライブの時の内容をUPします。

色々な人の期待を背負った
ライブになったわけですが・・・
実際のところはどうだったんでしょうね?

2部構成でのライブなので、
どうせなら全部違う曲を
やろうと思ってたし、
リクエストにもあったように、
カバー曲も取り入れました。

1部は開会式直後の出番なので、
皆さん活気づいていて、
それに合わせてノリが良い曲から
スタートしました。

有り難いことに皆さん
じっくり聴いてくださって、
歌う方としては嬉しかったです。

shari04.JPG

にしても、カバーに関して言えば
練習不足もあったかなと・・・_| ̄|○

井上陽水の夢の中へは簡単だったけど、
この曲はイントロあって盛り上がるよね。
でもイントロを弾けるわけでもないし、
セレクトは間違ったかなと(苦笑)
夏川りみの涙そうそうは
それなりにはいけてたかなと(汗)
でもねみんな優しい。
拍手が暖かかったです(笑)

shari05.JPG

2部の方は、ちょっと時間が早まったんです。
と言うのも食品関係が全て売り切れたらしく、
多少のまったり感も漂っていて(笑)

そんな中でのライブなので、
皆さん席に座ってくれて、
1部よりも沢山いました(笑)

カバーは、これがどちらも
上手くいかなかったなぁ~・・・。
改めて人の歌を唄うって簡単じゃないね(苦笑)

それを引きずるように、
自分の曲もミス連発で・・・
トビラは根本から間違ってしまい、
一端止めちゃったりして(汗)
ホントすいませんでしたm(_ _)m

でもそれ以降は、違うスイッチが入ったのか、
段々盛り上がってきたように思います。
ってか、みんなで盛り上げようとする
雰囲気が伝わってきて、
それもまた有り難くて、
自分自身もノってきたんですよねぇ~。

最後の方は急遽「ふれあいダンサーズ」が
登場してきてくれて、RYOさんや颯太も
一緒にラインダンス的な踊りをやってました(笑)

shari06.JPG

ラストのラストは会場が
一体化したように盛り上がってくれて
本当に助かりましたし、
自分も楽しく歌うことが出来ました。

でもねぇ~あんなんで良かったんですかね?(汗)
清里町の皆さんが求めていた
展開に出来たなら良かったのですがね。

ただ心配していた声とかは
取り敢えずは出ていたと思うし、
しゃがれて歌えない事態にはなりませんでした。
これは清里町の水のおかげでしょうかね?↓

shari12.jpg

一番嬉しかったのは、
清里町の皆さんが「何が出来るか」
って事前に考えてくれていて、
例えば9月に行うチャリティーライブのための、
募金活動をイベント中行ってくれて、
清里町の皆さんから「6,566円」を
寄付して下さいました。

この寄付は確実に子どもたちのために、
使わせて頂きたいと思います。
ありがとうございました。

そしてもう一つサプライズが。
episode2で書いた「指絵」の企画で
作った虹がKAZにももらえたことです。

shari10.jpg

shari11.jpg

てっきり全体の大きいヤツだけを
作っていたと思っていたので、
これは本当にサプライズで
素直に感動しました。
ってか泣きそうでした(苦笑)

もう本当に一つ一つが
優しさに溢れているんですよ皆さんが。
何故この町に生まれなかったのか?
と言うくらい好きな町になりました。
損得は別にして人のために何かを
出来るって素敵なことですよね。

一派全員や、ヤマちゃんやあきるや、
しょこたんとか全員を連れて
経験させてあげたかったなぁ~。
それくらい良い経験ができました。

俺自身、次へ繋がる一歩を見出せた気がします。
何度でも書きますが、御礼申し上げます。
また会いましょう~。
その日までお元気で!!

あでゅ~♪

曲目

1部
01.Message
02.夢の中へ(井上陽水)
03.涙そうそう(夏川りみ)
04.青空へひびくメロディー
05.ありがとう

2部
01.なくしちゃいけないモノ
02.涙のキッス(サザンオールスターズ)
03.milk tea(福山雅治)
04.Smile
05.トビラ
06.バイバイ
07.Message

Road to 清里町 episode2

続きを行ってみましょう~。

25日。

天気予報は大幅に変わり、
雨から曇りのち晴れになっていて、
取り敢えず晴れ男の面目は保てたかと(笑)

歌い手としては最低でも
4~5時間前には起きていないと
声が出ないという切なさもあり、
6時過ぎに起床し、
みんな揃って7時には朝食を
食べに行きました。
まぁ~食べ過ぎると声が出ない
という別の切なさもあり(苦笑)
結局、そんなには食べなかったけど。
RYOさんは結構食べてたな(苦笑)

居心地の良いホテルを後にしようと
外に出ると、実は斜里駅の真ん前に
ホテルがあることを知り、
あまりのスモールサイズに
ビックリしたり、謎の大鷲の
モニュメントもあったりして、
取り敢えず写メでおさめておくあたりが
明らかな観光気分が
抜けていないのがわかりますね(苦笑)

shari03.JPG

車で向かうは、清里町社会福祉協議会へ。
清里町に入っていくと、
至る所に花が植えられていて、
歩道も広くて綺麗に整備してあって、
何となく福祉に力を入れている感じが
伺うことが出来ました。
空も広くて気持ちいいんですよねぇ~。

現地に着くなり発見したのがこれ↓

shari09.jpg

「KAZ」御一行様(笑)

こんなところまで気を遣わせて
本当に申し訳なかったです(苦笑)

福祉協議会の建物は、随分立派で、
基本的な福祉の案内などは、
ここでやっているんだろうなぁ~
と思いました。

実際の詳しいライブ内容は
別に書こうと思うので、
この日の流れを書いていきたいと思います。

ライブは10:30~と、13:00~の
2回出番がありました。

開会式の後のすぐの出番と、
閉会式の直前の出番であって、
担当者の方が言うには
「KAZで始まって、KAZで終わる」
ということでした(笑)

どんだけVIP待遇なんだと
逆に恐縮してしまう程、
手厚く歓迎されてしまい、
これまた申し訳ない気持ちで一杯で(苦笑)

こんな看板までありました↓

shari13.jpg

基本福祉協議会のお祭りなので、
車椅子の試乗とか、盲導犬と一緒に
目が不自由な人の体験コーナーとか、
健康診断コーナーとか色々ありました。

一番の目玉企画は、「指絵」による
七色の笑顔を作るという企画があり、
俺も参加してきました。
七色のスタンプインクに指をつけて、
丸形のシールに押しつけて、
色を付けていき、更にその上に、
手書きの笑顔のイラストを描いていきます。
それを同じ色を丁寧に並べていき、
虹を作っていくというものでした。

ちょっと、写真を取り損ねたのが
残念でしたが、違うものを
撮っておきましたので、
ライブレポの方でアップします。

何だかんだと時間は過ぎていき、
14時には閉会式を迎えました。

全体を通して思うことは、
担当者の人柄も含め、
清里町の皆さんが一人一人暖かくて
本来であれば元気を届けに行ったはずなのに、
逆に元気をもらった気がしています。

札幌から来た名も知らない人間に対して、
あそこまで優しさを振りまけるのは
本当に凄いと思ったし、
感動すら覚えました・・・。
心が表れた感じがします。

俺もそう言う人間になりたいと
心から思いましたし、
周りにも伝えていきたいです。

担当者のIさん、清里町の皆さん
本当にありがとうございました。
同行者全員の分も含めて、
改めて御礼申し上げます。

また遊びに行きたいと思います!!
絶対に、本当に絶対に(笑)


名残惜しくも清里町を後にした俺等は
担当者さんから海の幸が美味しいですから
食べていって下さいと言われたので、
斜里へ戻って道の駅で情報収集することに。

そこで得た情報のお店が「しれとこ里美」。
http://shiretoko-koubou.ftw.jp/index.html

ホンジャマカの石ちゃんの色紙もあったので、
結構な有名どころらしい(笑)

そばの方が有名みたいなんだけど、
そんなものはお構いなしってことで、
メニューにすら載ってない
「ウニ丼」を注文します。
やってきたのがこれ↓

shari07.JPG

なんてまばゆいオレンジ色。
こちらのウニはエゾバフンウニが
主流のようで身もしっかりしていて、
甘みもあって今まで食べた中で
ダントツでしたね(苦笑)

みんな腹一杯のわりには
綺麗に食べていたのが笑えました(笑)

そういえばRYOさんお気に入りの
女の子
がいたようないなかったような(苦笑)

そんな里美も名残惜しくも後にして、
やっと本気で札幌へ向かいます(笑)

shari08.JPG

途中晩飯のために旭川もより、
家に着いたら12時でしたね(汗)

みんな本当によく頑張ったよ(苦笑)
奥さんも2日間で300kmも運転したしね。

またみんなで行こうぜぃ~。
I LOVE 清里町~♪

あでゅ~♪

Road to 清里町 episode1

さて何から話せば良いのか・・・(苦笑)

取り敢えず一言で言うと、
斜里郡清里町まで行って、
無事に昨夜帰ってきました。

一緒に行った、RYOさん、ヤッティ~、
カズ、颯太、tea、
みんなお疲れ様でした~。

サラッと、しれっと振り返ってみます(苦笑)

まずは24日。

ヤッティ~の仕事の関係で
14時出発しました。

ルートとしては↓
札幌→江別→岩見沢→三笠→美唄→
奈井江→砂川→滝川→旭川→比布→
愛別→上川→常呂郡→北見→美幌→
大空→網走→小清水→斜里→清里
となっております(苦笑)

実際にどれだけの距離を走ったのか?
地図に表示してみました↓

shari00.JPG

距離にして片道「381km」
時間にして8時間半
(腰痛対策のために、休憩を挟んだため(汗))

人生初の長距離ドライブでした(笑)
たった1日で、ほぼ端から端まで
走行したわけですから・・・
運転手は本当に大変だったと思う(苦笑)

休憩ポイントは、砂川サービスエリア、
層雲峡、北見の3ポイントでした。

砂川までは結構平然としていて、
サービスエリアではソフトクリーム食べようぜぃ。
なんて言って調子に乗っていたと思います(苦笑)

shari01.JPG

やっぱ層雲峡あたりから
正直疲れが出てきて、
北見ではグッタリしていたと思う(苦笑)

shari02.JPG

それにしても道中、自分を盛り上げたのは
「地名ダジャレつぶやき」でしたね(苦笑)
新しい市や町に入る度に
その町に尊敬の念を込めて、
Twitterを通してつぶやかせていただきました(笑)
以下は痛々しいつぶやきです(苦笑)

三笠〜ミッカーサー(苦笑)
美唄〜ビーバイス(苦笑)
奈井江〜ゆうきないえ(苦笑)
砂川の皆さ〜ん、KAZですよ〜(苦笑)
滝川〜クリステル(苦笑)
深川飯(苦笑)
鷹栖町〜高須クリニック(苦笑)
比布町〜ヒップホップ(苦笑)
愛別〜キャベツ(苦笑)
層雲峡〜すっとんきょう(苦笑)
北見〜きたみマヤ(苦笑)
美幌アフター(苦笑)
大空翼です(苦笑)
網走〜パシリ(苦笑)
小清水〜小清水ミチ子(苦笑)
斜里〜しゃ〜り〜浜(苦笑)
清里町〜清佐藤B作(苦笑)

結果的に砂川が思いつかなかったのと、
北見の「きたみマヤ」とガラスの仮面の
「北島マヤ」が、じぇ~んじぇん結びつかず
同行者にえらい不評だったのは
リアルにつぶやきを見ていた人たちは
素直に頷けるのでしょうね(苦笑)

でも・・・俺は思いました。
俺より上手が世の中には沢山いることを。

KANオフメンバーが気付いたら
「斜里」についてつぶやいていました(苦笑)
しかも相当な高等テクで・・・↓

斜里んこ チャリンコ(苦笑)
斜里とチョコレート工場(苦笑)
斜里ーちゃんのパパ(苦笑)
斜里んこチエ(苦笑)
宇宙刑事斜里バン(苦笑)
ビル・斜里クソン(苦笑)
斜~里~ズ エンジェル(苦笑)

敢えて誰が何を書いたかは書きませんが、
素晴らしいハイセンスに脱帽です(苦笑)

とまぁ~こういう紆余曲折を経て
宿泊ホテルに着いたのですが、
担当者の方がわざわざ待っていて下さいました。
実際には到着予定より2時間押しだったので、
本当に申し訳なかったです。

担当者さんとメンバーの顔合わせをしまして、
次の日の打合せなどをしていたら、
思わぬ話を聞いてしまいました。

自分が道中リアルタイムで
つぶやいていたTwitterを
見ていたというのです(苦笑)

まさか見られているとは思わず・・・
あまりにもくだらないことをつぶやいていたので、
珍しく恥ずかしさを感じました(苦笑)
もうちょっと、まともな人間になれば
良かったなんて思ったりして・・・_| ̄|○

ホテルも立派なホテルを予約してくれて、
お土産まで用意してくれていました。
本当に遅くなった上に、
何から何まで嬉しかったです。
ありがとうございました。

長くなりそうなのでepisode2へ続く。

あでゅ~♪

さぁ~て明日のKAZさんは?

KAZです。

すっかり夏本番で、大好きな海にも
行きたいんだけど、ツレが山行こうって
うるさいんです(苦笑)

まぁ~言ったって僕に
決定権はないんだけどね(笑)


次回のKAZさんは?

堀北とゴマキのどちらを取るか悩む。

南、更年期でイライラする。

どう考えても福山雅治にはなれない。

の3本で~す(苦笑)


最近、日記ネタがなくて・・・
Twitterでつぶやいてばかりなんだけど、
やっぱ日記は書かなきゃね(苦笑)

さてさて、明日はいよいよ道東への旅です。
正直、車に乗っている時間最長に
なるのではないか?というくらい遠いです。

でもね、せっかく声をかけて頂けたわけだし
精一杯、頑張って歌ってこようと思います。
プロでもないし、アマチュアであって、
聴いてくれる人を楽しませることが
出来るのかどうかも怪しいけど、
自分の存在を知ってもらう良い機会ですから、
チャンスは生かそうと思います。

今回2ステージ分時間があって、
カバーを入れて欲しいと言うことで、
自分なりに選択した楽曲は以下の通りです。

若い世代:福山雅治「milk tea」
中間世代:サザンオールスターズ「涙のキッス」
中間世代2:夏川りみ「涙そうそう」
団塊世代:井上陽水「夢の中へ」

Twitterやmixiでも意見を募ったけど、
結構難しい答えが多くて・・・
自分のレベルにあった曲となると、
こういうセレクトになりました。

どうなるかはレポをお楽しみに(苦笑)

明日はTwitterを通して、
実況レポートしていきますので、
見逃すなよ(笑)

これから最終練習さっ!!
あでゅ~♪

体力回復傾向にあり(笑)

病院行って薬もらってから、
案の定、体は楽になってきました。
単純に風邪から来る夏バテだった模様。
みんなも気を付けてね(苦笑)

とは言え、本当に久々に、
夏バテなんて体験しちゃったもんだから
体のしんどさは尋常じゃないよね。

体力はない、食欲もない、
熱くて寝られない、軽い脱水症状、
やる気も起きない、
思考回路も停止気味・・・。

・・・なんだけどギャグは浮かぶ(苦笑)

どんだけ笑いに飢えているのだ俺は。
ってか普通は一番必要ないとこだろうに
0コンマ何秒の世界で、
パッとサイデリア~の如く、
くだらないことだけは閃くんだよね(苦笑)

あぁ~一般人になりたい(笑)

あでゅ~♪

サッポロシティジャズ

  • ライブ日誌

この週末は多忙でしたね(苦笑)
急遽決まった17日の出演も含め、
次の日の18日も昼間から出演もあって
今日は本気で死んでおります(汗)

まずは17日分から。

場所は大通り1丁目にステージは
作られていて目の前にはビアガーデン(苦笑)
誰も聴く気ねぇ~アウェー感たっぷりでしたが
それでも挫けることなく歌いました。

ライブ自体は、どうにもKAZの体調が良くなく
声も結構微妙でしたが
取り敢えずは乗り切れた感じはしましたが
歌声は決して褒められる感じではなかったな(汗)
ちょっと反省しますが・・・
出ないものは出ないということで(苦笑)

でも見に来てくれた皆様ありがとうでした。

18日分。

DCF00062.jpg

場所は札幌駅南口ステージで、
個人的には何度か出演しているので、
気持ちは楽でしたね。

ただ喉の調子は最悪で・・・
全くもって声は出ていませんでした(泣)
どうやっても出てこないもんだから
曲の基本コードを突然下げるなど、
相方のHALLさんには迷惑はかけたと思う。
終いには声も出なくて、
一部HALLさんに歌ってもらったり(苦笑)
申し訳なく・・・m(_ _)m

まぁ~色んなハプニングも、
時には必要だってことで(苦笑)

HALLさんに関して言えば、
歌うことも出来るようになってきたし、
状況に応じての対処も
普通に出来るようになってきていて、
相方として頼もしい限りだなと思いました(笑)

さぁ~俺も早めに治さねば・・・(苦笑)

いつも気にして見に来てくれている
皆様、本当にありがとうございました。
また見に来てやって下さい(笑)

あでゅ~♪

曲目

17日分。
01.う~に~ずのテーマ
02.夏の贈りもの
03.風に乗せて
04.バイバイ

18日分。
01.う~に~ずのテーマ
02.Message
03.風に乗せて
04.あの頃の夢
05.ありがとう

To a heart of children

今回、KAZ自身が初めて行う
チャリティーライブのタイトルです。

詳細は特別サイトをチェックして下さい↓

KAZ Charity Live Vol.1
To a heart of children
(携帯・iPhone対応)

KAZCL01.jpg

特別サイトには、何故チャリティーに
興味を持ったか?などが
詳しく書いてあるつもりです(苦笑)

別に偉そうに語るつもりもないし、
ライブに来てくれる人に対しても、
チャリティー色を前面に
出すつもりもありません。

単純にKAZのライブに来たら
ついでに子どもたちに寄付されるんだ
程度と思って頂けたらと考えています。

まぁ~特別サイト自体には、
やっぱまじめ感を出さないと
説得力もないだろうし、
取り組みだけは真摯に
受け止めてもらえたらとは思います。

多分こういうことをやり始めたら
色々な声は出てくるんだと思う。
エゴだの自己満足だの言われると思います。

だけど、じゃぁ~あなたは
何か行動に移しているんでしょうか?
と逆に問いたい気がします。

最低でも、何もしていない人から
言われる覚えはないはずです。

どんな形であれ、自分が今思うこと、
今感じることを、俺はチャレンジしたいだけ。
それだけなんですよね。

ただ信念はあれど、時に間違った道へ
行きそうになった場合には
是非KAZを注意して下さい。
誰かの役に立ちたいと思っていても、
一つ方向を間違えれば、
大変なことになってくる。
そんな展開には持っていきたくないし、
そんな終わり方だけは絶対にしたくない。

だから周りの意見には真摯に
対応していこうと思っています。


昨年参加した「イマジン音楽祭」や
今年の春に出演した「Guardian Deity 9」など、
自分が取り組んでいこうとする
チャリティーに関しての知識や経験を
沢山させて頂きました。

そこで得たことは小さなことでも、
コツコツと真っ直ぐに
信念を持って続けていくことにある。

そう感じました。
10年は続けていくつもりです。

誰かがやるから良いのではなく、
出来ることから自分たちの力で
行動していく・・・それしかない。
それが今KAZが出来ることなんだと思います。

取り敢えず始動し始めました。
まずはチケットを販売していき、
ライブの詳細を決めていき、
見に来てくれた人に対して、
楽しかったぁ~と言ってもらえるように、
9月まで多忙を極めますが、
日々頑張って行こうと思います。

皆様、是非ご協力をして下さいm(_ _)m

明日から販売開始します!!
よろしく哀愁♪(苦笑)

LIVE日程
日時9月19日(日) PM18:00~OPEN PM18:30~START
会場:〒060-0001北海道札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台2Fホール
チケット1000円(18歳未満無料)
     ※ただしチケットをもっていることが条件です。
定員:100名まで
ライブ内容
KAZ単体での弾き語りライブになりますが、う~に~ずの相方 HALLさんと、KAZ奥さんのteaにもサポートとして入っていただきます。
チケット販売
7月17日(土)から販売開始
チケット取り扱いなど
基本的にはライブ会場・路上ライブの時などに発売していきます。他にもKAZのHPや、直接お電話(090-9083-7040 受付時間 PM18:00~22:00)頂ければ予約受付をします。

あでゅ~♪

カウントダウン

さて、KAZのHPも気付けば、
後70アクセスで80000HITを迎えそうです。
それもこれも皆々様のおかげでございます。

とは言え、色々確認のために、
自分でアクセスしていることも多々ありますが、
それでもせいぜい900~1000くらいなので、
やっぱりみんなのおかげなのですよ(笑)

折角なのでアクセス解析してみると、
分かってくることがあります。
基本、活動ベースが札幌なので、
全アクセスの50%は札幌含めた道内からです。

ただ何故かWEB上では俺も人気があるのか、
全国からのアクセスも結構多いのです。
しかし侮るなかれ、どうやら先日の
路上ライブで言い放ったワールドワイドな
音楽家と言うことも
あながち外れてはいないと思う。
というのも海外からのアクセスも
確かにあるのですよ(笑)

代表的なところで言うと、
韓国、アメリカ、ブラジル、台湾など
どこをどう間違ったらアクセスしてくるのか?
と言いたくなる国からも確かにあるんです。

俺の予想では・・・カザフスタンの
略称が「KAZ」なので
間違えただけかと(苦笑)
でもカザフスタンも、
早々間違えないと思うが(汗)

日本国内で言うと、アクセスの大半は
「先天性多発性関節拘縮症」という
俺の病気の件でのアクセスが多いです。
そう言う意味では、ちゃんと誰かの
役に立っていることだけでも、
当人としては充分嬉しいんですよ。

後はL'Arc-en-CielのHYDEと一緒に組んでいる
K.A.Zという人と間違えてのアクセスかな(苦笑)
それに関しては間違えるなよって
言いたくもなるんだけどさ(苦笑)
だって、検索すると分かるけど、
タイトルに「札幌で活動中の車椅子の歌うたい」
って出てくるのに、
その人と間違えられてもねぇ~・・・。


でもまぁ~皆さん分かりますよ。
要は俺が好きなんでしょ?(苦笑)
無駄にマニアックな日記も見たいんでしょ?
分かる・・・分かるよぉ~(笑)

だけど俺はみんなのKAZだからさ!!
そんな取り合いしないでよぉ~(苦笑)

・・・えぇ~妄想はここまでです(汗)
大変失礼しましたm(_ _)m

明日からも平穏に生きていきますから、
どうぞHPを荒らさないで下さい(苦笑)

ってなワケで、80000HITを
アクセスした方は、名前残していってね!!

これからもよろしくメカドック。
あでゅ~♪(笑)

う~に~ず路上ライブ04

  • ライブ日誌

雨の予報をすっかり裏切らせる
生まれもっての晴れ男KAZです(苦笑)

今回は偶然通りかかる人が
面白かったりして、
歌う側でも非常に楽しく
歌うことが出来ました(笑)

その1 外国人の親子。

まぁ~当然ながら
偶然通りかかった訳ですが
自分たちが歌う真ん前のベンチを
挟んで両端に観光客と思われる
外国人の親子が座っていました。

その子どもであると思われる
小さな女の子が、自分たちの歌を聴いて
ノリノリでダンスをしてくれているんです。
それがまた非常に可愛くてねぇ~。
癒されましたよぉ~。

ってか、そこら辺から
う~に~ずもワールドワイドな
ユニットにならなきゃいかんと
勝手に思い込んでいきまして、
インチキルー大柴並に、
英語のような日本語を連発してました(苦笑)

結局、外国人の親子が去っていく時に
「ありがとう」と言ってくれて、
あらっ、日本語上手と思ったのは
間違いない・・・(苦笑)

その2 ハプニング大賞。

あれは突然の出来事でしたが
大通公園にはベンチの裏に
別に休憩スペースがあるんですが、
そこに探偵物語の松田優作もどきや、
金田一耕助もどき、
シャーロックホームズもどきなど
総勢30名くらいの人たちが
いきなり現れ始めまして
ビデオカメラとか持っている人もいたので、
何らかの撮影かとは思うんですけど、
あまりにも突然すぎて驚いたのですよ(苦笑)

どうやら教育文化会館が絡んだ、
イベントの一環だったようで、
テリー伊藤が良くやりそうな、
ハプニングを起こすイベントだったようです。

ちょっとした嫌がらせかと
思ったりもしましたが(苦笑)
普通に面白かったですね。


路上ならではの遊び心満載なのが、
今回は一層目立った気がします(笑)
こういう路上ライブも面白いですよね。

見に来てくれた方々も
本当にありがとうございました。

次はサッポロシティジャズで
お会いしましょう~♪

あでゅ~♪

曲目
新旧合わせて歌った気がします(笑)

あるとこにゃ~あるもんだ

  • ふと思う事

駐車場で600万円入り袋発見...180万円に続いて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100709-00000654-yom-soci

 9日午前8時35分頃、福岡県春日市のアパート駐車場で、現金600万円が入ったビニール袋が落ちているのをアパート管理人の男性が見つけた。
 男性は2日昼にもこの駐車場で180万円入りのビニール袋を拾っており、筑紫野署は持ち主を捜している。
 同署によると、袋は灰色で買い物袋とみられる。お金はすべて1万円札。比較的新しいという。
 男性は福岡市南区から出勤。アパートに隣接する駐車場に車を止める際、袋に気づいたという。
 2日午後にも、ほぼ同じ場所に180万円入りのビニール袋が落ちており、近くの交番に届けた。袋の色や形も似ているという。同署幹部は「手がかりもなく、目的も分からない」と困惑している。


皆さん、KAZ自宅の駐車場は空いてますよ(苦笑)

世の中では金がなくて、
強盗だの殺人だのと事件が起きているのに、
方や一方では600万もの大金を
駐車場に捨ててあるんですって。

大金持ちの愉快犯か、
それとも表には出せない金なのか
まぁ~正直分かりませんが、
それなら困っている人に寄付せいよ。

そもそもお金という概念を
作ったことに問題があるのではないか?
いや・・・それを言い始めたらキリがないか(苦笑)

言ってみればさぁ~経済が
上手く廻っている間は
「お金」って有効だけど、
いざ災害などが起こってしまえば
お金なんて紙切れになっちゃうじゃん。
お金だけで空腹は凌げないよ。
そう言う意味では一歩間違えば
成り立ってるシステム自体が怪しくなるよね。

とは言え・・・諭吉さん見ると
心がウキウキする時点で
あっしも、世のシステムに乗ってるんだよねぇ~(苦笑)

あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4