2010年9月の記事一覧

決まりました!!

浦河へ行く日程が。

子どもたちに直接会って、
皆さんからの寄付を図書券にかえて
一人一人に渡す。
ここまでやって初めて今回の
チャリティーライブは終わるのです。

今回伺う場所は浦河にある
児童養護施設の「北海暁星学院」です。
(ちゃんと名前を出して良いか確認済)

何で浦河なのか?って
ちゃんと説明できてなかった
かも知れませんが、
きっかけ自体は2年も前に遡り、
結構前の職場の同僚から、
「浦河の児童養護施設で歌わないか?」と
お話があったのです。

その時は施設側の都合が合わなくて
実現しなかったんだけど、
俺の中では、ずっと残っていて、
何かしら関われたら
いいなぁ~とは思ってました。

寄付する対象としては
他にも選択肢は探っていたけれど、
連絡してみると、こちらの意図を快く
受け取って頂きまして、
改めて実現に至ったわけです。

今回は本当にありがとうね。


日程は10月17日(日)です。

一派のみんなの予定と、
学院の方の都合があったのが17日でした。

さすがに一泊する時間もないので、
日帰りの強行スケジュールになります(苦笑)
朝8時半には出発ですね・・・
俺が一番心配という話もあるが(汗)

なかなか学院の状況も分かってきて、
中学生や高校生は部活などで、
基本的には帰ってくるのが遅いんだそうだ。
もしかすると、全員とは
会えないかも知れないけど、
それはそれで仕方ないということですな。

子どもの受け入れ定員数は50名で、
今現在では44名いるんですって。
でも状況としては変動が激しいらしい。
その時その時によって、
すぐに受け入れなきゃいけなかったり、
子どもを取り巻く環境は
やはり想像以上にシビアそうですね。


ところで、子どもたちから今回のお礼として、
太鼓の演奏を聴かせてくれるんですって。
逆にこっちが恐縮しそうな
おバカなメンバーで向かうんですがね(苦笑)
まぁ~みんなの気持ちが少しでも、
伝わってくれたら嬉しいですね。

取り敢えず一派諸君、頑張って行きましょう(笑)

追記:札幌市の提出書類は無事終えました(笑)
   思ったよりもあっさりしたもんだね。

あでゅ~♪

洗髪ロボット

こっ、これは我々にとって
夢のアイテムではないか!!(笑)

僕にとって夢の機械な
「洗髪ロボ」が2年後に発売か!?

http://www.gizmodo.jp/2010/09/2_41.html

100927senpatsurobo1.jpg

パナソニックがロボットハンドの技術を応用した洗髪ロボットを開発しました。頭の形を予めスキャニングし、いろいろな形の頭に対して最適な力加減を計算、合計16コの指先で頭全体をマッサージしながら洗浄動作を行ってくれます。2012年度の商品化を目指しているのだそう。

この洗髪ロボは本来、入浴の難しい状態にある方などのために介護施設や病院での利用を想定して開発されたロボなのです。


なかなか理解されにくいと思うけど、
身体障がい者にとって、
入浴に関する全般の流れは
結構毎回体力を使うし、
年齢を重ねていくと・・・要は疲れるの!!(笑)

まぁ~ギャグ抜きで大変なことは大変で、
でもある意味毎日は無理だったとしても、
相当な頻度で必要なことでしょ?

特に髪は目に見えてくるから、
毎日洗髪が必要だと思うんですよね。
これでもあたしゃぁ~
毎日洗髪してますよ自分で(苦笑)
時に・・・奥さんに頼むけど(汗)

それに時間も無駄にかかるから、
もしロボットが自動的に洗ってくれて
時間も短縮されたら、
これほど嬉しいことはないですよ。

このロボットは、当然まだまだ値段は
高いんだろうけど、だけど未来に繋がる
第一歩を踏み出させてくれる夢のロボットですね。

色々な意味で介護面を含むことを
ロボットが自動でやってくれたら
介護する人も、される人も双方に
メリットはあると思うなぁ~。

でも微妙に痒い位置を伝えるのは
技術的に難しそうですよね(苦笑)

技術者の皆様、我々は待ってますよ(笑)

あでゅ~♪

季節が僕を変える

いや・・・別に大げさに
タイトルをつけただけで、
文章自体には特に深い意味はない(苦笑)

誰かれの日記やつぶやきを見ていると、
大抵「寒くなった」と書いてあります。
かく言う私も時代の波に乗って
「寒くなった」とつぶやく一人であります(汗)

初秋を通り越して、
秋まっただ中な感じはしますね。

最近職場では、自立支援法のB型を
申請しようとしていて、
同じような業種の見学に行っています。

改めて思うのは、皆多種多様な
業種で仕事を生業としているので、
見ていると素直に面白いですよね。

まぁ~どれも生活できるほどの
収入にはなっていないんでしょうが。

それでもやっている職種には
その道のプロが常駐していることから、
作られている製品は素晴らしい物ばかりです。
こだわりを持つって良いですねぇ~。

自分たちの職場では
どのようなことができるかは
まだ未知数ですが、可能性はあると思うので、
一つ一つチャレンジしていこうと思っています。

今日も同僚は見学に行きました。
遠いところは俺は行けませんので、
なのでお留守番になるんです(苦笑)

あでゅ~♪

事後処理

今週は、ずぅ~っと体調が悪くて
週の半分以上は死んでいたと思うのですが、
そんな中でも着々と日数は過ぎていくのであって
チャリティーライブの会計処理を
しなくてはいけないのですよ・・・。

そりゃぁ~当然なんです。
皆さんの善意を不透明な形にしたくはないし、
お預かりした金額をオープンにしたい。
この気持ちの大前提があったからこそ、
チャリティーライブをしようと
決めたわけですから、ちゃんとやらねばね(苦笑)

何を隠そう私高校時代は
何を勉強させても苦手で、
ってか勉強する気は一切なく、
勉学とは無縁の学生でしたが
唯一何故か有能だったのは
商業系の勉強で簿記だけは一人早く2級を
獲得してしまう程の有能っぷりでした。

しかし月日は流れ・・・
15年以上も関わっていないと、
綺麗さっぱり忘れてしまい、
何度も何度もリカバリーを試みるも、
どうやらハードディスクが
物理的に故障しているのか、
復元は無理だったようで・・・。

結局、会計処理にやってぃーを呼んで
事なきを得ることになります(苦笑)
やってぃーサンキュー(笑)

さて、そこそこ会計に関しては
徹底してやってきたつもりでしたが、
最終確認をしていくと、
所々に穴が発見されてきて
残すべき領収証がなかったり、
受け取るべき領収証をもらってなかったりと、
凡ミスが多発しております(汗)

本格的な会計であれば、
説教をくらうところでありますが
取り敢えず・・・取り敢えず
お金の流れだけ不透明にしなければいい
という前提で行くと何とかなりそうです(苦笑)

来年以降気を付けていこうと思いますm(_ _)m

総額の収益に関しては
予想以上に集まることができて
本当に嬉しく思っています。

個人負担金に関して言えば
まぁ~想像通りかと思っています。

人によっては、経費を引いた分だけ
寄付するのがセオリーだという
発言も多々聞かされましたが
それだと他の寄付を行っている
団体と変わらないし、俺としては
自分ができる範囲では自分で負担し、
皆さんからの気持ちは全額を
子どもたちのために使いたいという
企画段階当初からの意志がハッキリしています。
それは一派全員が同じ気持ちでいてくれています。

なので自分のキャパを超えるような
場所でのライブなどはやるつもりはありません。

別に大手の団体を否定するつもりは
全くもってないんだけど、
やっぱせっかく集まったみんなの気持ちが
不透明なまま使われていくのは
少々腑に落ちなく、俺がやりたいこととは
ちょっと方向性が違うなぁ~と思うのです。

目に見える形で、大人の事情で
消えていくのではなくて、
ちゃんと届けたい人たちに直接届けていく
このスタンスだけは、どうしても譲れないのです。

当然の如く毎回毎回赤字になるけれども、
普通に働いていれば、どうにかできない
金額でもないし、こんな俺でも
誰かのために何かをできるなら
ちょっとくらいは頑張ってみようかと
思うのですよ。

今回のライブを通して、
チャリティーに意識を持つことができたとか、
自分に出来ることは何かないかとか、
何かしら感じ取ってもらうことができたようだし、
少しずつでいいので、そういう声が
広がっていけば、それが一番嬉しいのです。
子どもたちにも何かしら伝われば
いいなぁ~とも思っています。

取り敢えず・・・札幌市に提出する
資料が終わってよかった・・・(苦笑)
若干、ホッとしております。

HPにも随時報告していきますので、
もう少しお時間をくださいm(_ _)m

改めて、本当にどうもありがとう。

あでゅ~♪

ATOK Pad for iPhone

iPhoneの辞書は、
まぁ~当然なんだろうけど、
日本語には力を入れてなくて、
変換も困ったちゃんなんです(苦笑)

と言ったって、他に辞書ツールがなければ
使わざるを得ないのですが・・・
そんな時に、アプリという形ですが、
iPhone版のATOKが出ると聞いたから、
早速AppをDLしてみました。

感想としてはアプリ内であれば
非常に優秀な文字変換をしてくれるので、
良いところ満載なんですが
実際にiPhone内で変換が使えないので、
正直使い勝手は良くはないですね(苦笑)

とは言え、そこら辺は割り切って使えば
それなりの使い方はできます。
メールへの投稿や、Twitterへも投稿できるので、
慣れれば便利かも知れませんねぇ。

一つ残念なのが、iPhone内で
登録した辞書がインポートできないこと。
今までよく使う単語は登録することにより
楽に入力できるんですが、
普通にやろうとすると、
全て一から入力し直さなきゃならないのは
非常に不便ですよこれは。

結局どうするかとなれば、
パソコンでもATOKを買ってまで
利用しているので、登録単語を
テキスト化させて必要ないのを
削除して整理したテキストを
iTunesから取り組み読み込みました。

これによって単語登録は無事に済みました。

面倒だな(汗)

はよぉ~、もっと便利になりますように。

あでゅ~♪

ソングライターズ

  • 音楽ネタ

NHKの番組らしいのですが、
皆さん知ってます??

職場の人が教えてくれたんですが、
夏季限定番組で2年連続やっているらしく
佐野元春がメイン司会で
著名なアーティストを呼んで、
詞の世界観について語り合うんですって。

結構な有名人が出ているのに、
歌も歌わずに詞について語る・・・
熱くないですか??(笑)

俺は意外と詞には重点を置いてない
ソングライターなので、
結構この番組はカルチャーショックでした。
単純に番組を見ていると、
分かってはいたけど、詞は奥が深いですね。
ちょっと反省しました(苦笑)

Mr.Childrenの桜井さんが出演した時の
様子がYouTubeにありましたので、
リンクしておきますので、
詞を書く人は見ておくべきかも知れませんね。

ソングライターズ 桜井和寿 Part1 1/3

ソングライターズ 桜井和寿 Part1 2/3

ソングライターズ 桜井和寿 Part1 3/3

あでゅ~♪

「To a heart of children」ライブレポ

参加いただいた皆様への
挨拶は前回の日記で書いたので、
今回の日記はライブレポをしようと思います。

kazcllive01.jpg

ライブの構成としては12曲(アンコール含む)で、
エレアコ、エレキギター、ピアノの
3人で臨みました。
一部エレキからエレキベースへ持ち替えましたが。

そもそも8年もライブ活動をしていますと、
同じことをやらないようにしないと
いけないという気持ちが常々出てきてて、
「さてどうしたものか?」
なんて頭を悩ませることから始まります。

まぁ~いつもとは違いピアノが入るので、
アレンジの幅は広がるので、
通常のアレンジを考えるよりは
非常に楽なんですがね(苦笑)

今回やる以上は新曲をぶつけたくて、
2曲作りました(苦笑)

1曲は「君がヒーローになれ」

これはヒーロー像のイメージを
頭の中で試行錯誤し、一番子どもに
伝えたいことは何だろうか?
と考えに考えたら、言うほど都合の良い
ヒーローはいないんだよと。
でも本当のヒーローは自分の中に
いるんだよという
メッセージ性があると思います。

もう1曲は「I'm Home」

これは、う~に~ずの相方HALLさんが
作詞をした第2弾の詞です。作曲はKAZです。
詞のテーマとしては、辛いことがあったりしても、
必ず温かく優しく向かい入れる
帰れる家があるんだよという
ほんわかとした優しい曲になっています。
曲先行型であるも、少々ノリがいいような
メロディー作りは意識していたけど、
歌詞は丸投げでした・・・(苦笑)
それでもメロディーは壊すことなく、
良い歌詞を書けるってすげぇ~なぁ~と思います(笑)

新曲に関しての評判は
上々だったと思います(苦笑)


それにしても、時計台でライブを
やるというのは時間との勝負であり、
結構過酷な状況を生みます(苦笑)

流れとしては6時に会場という仕組みを作ると、
5時10分までは一般のお客さんが入るので、
5時20分には機材搬入やセッティングを
行っていって6時を迎えるので、
正味40分しか基本的な時間はありません(苦笑)

大量に人がいたとしても、
PAなどの仕組みが分からないのであれば
それはまた別問題になるので、
やはり40分の壁は非常に大きいのですよ。

お客さんが入った状態で音合わせを
していくので、あまり格好いい状態では
なかったですよね・・・ただ仕方ないんですが(苦笑)


ライブの内容に触れていくと、
RYOさんのMCから始まり、
彼の「KAZ~Here We Go」と
キャラを変えての呼びかけは
あまりにも突然すぎて笑いました(苦笑)

1曲目は「It's all right

KAZの曲としては結構珍しい
ジャカジャカ系の曲です。
最初からツインギターで臨み
エレキギターの方はオーバードライブの
エフェクターで少し歪ませて
ロック調のアレンジを意識しました。
ギター演奏もカッティングを取り入れ
格好良くできたと思います。

2曲目は「世界中に

ここから弾き語りになります。
これは昨年参加させて頂いた
イマジン音楽祭の時に出来た曲で、
子どもたちのためのライブなら
絶対に入れようと考えていました。
曲の流れとかは全く変わってないけど、
昨年作った時よりは、
テンポを下げて歌っているので、
じっくり聴いてもらえると思いました。
結果的に上手く行ったとは思います。

3曲目は「君がヒーローになれ

詳細は省きますが、今回のライブに向けて
ノリが良い曲が欲しくて出来た曲です。

4曲目は「風に乗せて

ここからサポートが改めて加わります。
う~に~ず用に作った曲ですが、
HALLさん初の作詞と言うこともありますし、
せっかくサポートで入るし、
何よりも名曲の一つになったということから、
今回採用になりました。
アレンジ自体は今年の春にやった
スプリングライブでのアレンジを
そのまま採用し、違う点はHALLさんの
コーラスが加わったことでしょうか。
歌詞の中に「きっと」「ずっと」
「そっと」というワードがあり、
そこにコーラスの重点を置き、
優しく歌い上げました。

5曲目は「なくしちゃいけないモノ

更にピアノも加わります。
しっとりナンバーの後には、
ノリの良い曲は必然と言うことで、
この曲が選ばれました。
エレキはひたすらリズムを刻む
アレンジにしまして、
ピアノソロに重点を置きました。

6曲目は「tear

この曲からHALLさんは
エレキベースに持ち替えます。
ピアノを邪魔しないコンセプトに置き、
音の厚みを出すために、ベースを加えて
ギターも本当はいらないか?
という話もありましたが、
優しく演奏するということにして、
イントロ部分とエンディング部分は
インチキアルペジオに挑戦したんですが
誰かKAZがアルペジオを弾いていたことに
気付いてくれたのだろうか?(苦笑)
結構頑張って練習したんだよ(汗)

7曲目「I'm Home

ピアノのイントロから始まり、
歌を被せてテンポアップする曲です。
詳細は先程書いたので省きますが、
全体的に優しさ溢れる曲になっていて
ピアノのソロも注目して欲しい曲でした。

kazcllive02.jpg

8曲目「永遠

ピアノとボーカルだけでチャレンジし、
大尊敬するKAN様のカバーです。
時計台でやりたいという話と、
KANオフの仲間が籍を入れたばかりと言うことが
偶然にもマッチングし、
本気でしっとりさせてやろうと
大いなる野望の元、挑戦しました(笑)
結果的には非常に評判良く、
KAZだって、こういう歌が歌えるもん
とアピールできた曲だったと思います。

9曲目「Peace

基本、会場の人を参加させたくて
取り入れた曲でした。
8年来のファンの人の意見を聞くと、
時に参加型ではないライブも良いと
後日談として聞くことが出来ました。
これは今後の参考にしようと思います。
一見様も多かったこともあるようです。

10曲目「Smile

意外とというか、初めてかも知れない
Smileを本編最後にするというセレクト。
でも結構演奏間違えちゃってねぇ・・・(苦笑)
ただコンセプトとしてはバッチリだったと思う。

11曲目「Message

アンコール1曲目は、
あれ??今日はMessageやらないのか?
と思わせることもあり、
敢えて本編に入れなかった曲です。

12曲目「ありがとう

まぁ~王道中の王道なんだけど、
締めとしては、この曲になっちゃうんだよねぇ(笑)
来年以降の課題として
新たな締めに相応しい曲を作りたいですね。

kazcllive03.jpg


とまぁ~振り返るには非常に長い内容に
なってしまい読むのも疲れたと思いますが
振り返ると、こんな感じでした。

トータルとして、まずHALLさんの
成長がはんぱなく感じ取れて、
MCも出来るし、演奏も問題なかったし、
相方としては本当に嬉しかったよ。

人前に出ることの緊張は
そう簡単には克服できるものじゃないけど、
もう一人前のハートになってきたかなって思う。
今後、益々楽しみになってきました。


今回、KAZもレベルアップしていると
多くの声を聞くことが出来ました。
これは本当に嬉しい声でした。

たまに聴いて頂く皆さんにとって
楽しめるライブだったのか?とか、
飽きることのないライブだったのか?など、
毎回毎回思うところなんですよ。

そんな中でね、今まで以上の
パフォーマンスを発揮できているのか、
心配を通り越して、年々勢いが
落ちてきているような気もしていたので、
だから今回の声は素直に嬉しいんです。

まだKAZは現役でいけることの
証明を皆さんが導いてくれたので
来年以降も頑張って行けそうです!!


何度も申し上げますが、
お忙しい中、多くの方にお集まり頂きまして
本当にありがとうございました。

これからも応援してやってくださいm(_ _)m

あでゅ~♪

曲目
01.It's all right
02.世界中に
03.君がヒーローになれ(新曲)
04.風に乗せて
05.なくしちゃいけないモノ
06.tear
07.I'm Home(新曲)
08.永遠(KANさんカバー)
09.Peace
10.Smile
~Encore~
11.Message
12.ありがとう

「To a heart of children」を終えて

まず最初に、多くの方々のご協力の下
KAZ Charity Liveは無事に
終えることが出来ました。

厚く御礼申し上げますm(_ _)m

直前までチケットの売れ行きなど、
正直厳しいのかなぁ~と思ってましたが
蓋を開けてみれば77名の方が
ライブに足を運んでくださり、
当日新聞を見たという方なども、
数名来てくださいました。
朝日新聞さんにも感謝をします。

当初の目標金額であった10万円を
大幅に超えて、CD売り上げや
チケットとは別の寄付などにより
112,500円に達しました。
これも本当に嬉しく思っております。

当然ながらKAZ一派実行委員会の
仲間のおかげでもありますし、
KAZを応援してくれる人たちが
宣伝にご協力頂けたことも
大きいと思っております。

ただスタッフ人員の少なさから、
来場されたお客様に対し、
多大なご迷惑をおかけしたこともあり、
その点については深くお詫び申し上げ、
来年以降の反省点として真摯に
受け止めていきたいと思います。

具体的に申し上げますと、
車椅子の方への対応が不十分であったようで、
エレベータの位置が分からず
本来裏側から入るところを、
一端正面玄関のところまで入ってきて
場所が違うために、また降りて裏側への
移動になるために、二度手間だったことや、
それを知らせる内容が一切なかったりなど、
全体的に親切な対応が出来なかった
ことなどが挙げられます。

改めて深くお詫び申し上げます。

受付のスタッフの方にも、
必要のない注意を受ける形になり、
申し訳なかったと思います。

これは全て実行委員長であるKAZが
受けるべき注意であったと思いますので、
この点についてもお詫びします。

第1回目のイベントとして、
チャリティーの金額面で言えば、
成功したかも知れませんが、
充分な配慮が出来なかった点では、
まだまだ出来ることは山程あったと思います。

来年以降、皆様からの注意事項に関しては
充分な配慮が出来るように、
創意工夫して参りますので、
ご了承頂けたらと思います。

まずは何よりも無事に終えれたことを
ご報告させて頂きたく思います。

3連休のお忙しい中、
お集まり頂きましたことを
改めて御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

来年以降も頑張って参りますので、
応援していただけたら幸いです。

KAZ一派実行委員会 実行委員長 KAZ(熊野宏和)

本番当日

天気も予報を外れ
ただいま快晴でございます(笑)

必死こいて練習して参りました。
皆様、是非今日はよろしくお願いします。

そろそろ現地へ向かう用意をします。

札幌時計台2階でお会いしましょう~♪

あでゅ~♪

カウントダウン

いよいよ明日に迫ってきました。
初の10年計画の第一弾チャリティーライブ。

ここまで来ると、後は来てくれる皆様と、
一派の仲間を信じるのみで、
俺は最終練習に費やすのみです。

予想では良い感じに集まってくれそうな
感じはしているので、大丈夫そうかなと。

これまでの流れとしては、
紆余曲折を経て、色々あったし、
心境的にストレスもあったけど、
明日となってしまえば、
もうやるしかないからねぇ・・・。

頑張って歌いきって、
皆さんにも楽しんで帰ってもらえたら
と思っているところです。


今日は夜にヤマハのスタジオを借りて
一派の極わずかの人を入れて
最終公開練習をします。
これは結構レアですよ(苦笑)

でも当日聴いてる余裕ないだろうし、
プチお礼も兼ねての公開練習です。
前日の時点で、ズタボロか、
かっちょいいかを
判断してもらおうと思います(苦笑)
聴けるあなたはラッキーです(笑)

さぁ~碇を上げろ!!
航海の準備をしようぜぇ~。
ごちゃごちゃ考えたり、
くよくよ悩むのはやめた。
楽しんでいこうぜぇ~~~~(笑)

あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4