2011年1月の記事一覧

Cafe CROISSANT

  • ふと思う事

スタバやタリーズ、ドトール、
宮越屋珈琲、札幌珈琲館など、
数あるカフェの中で、
何故かお気に入りだった
カフェクロワッサンなんですが、
その理由はただ一つ・・・
「ロイヤルキャラメルミルクティ」があったから(笑)

kafe.jpg

しかし・・・昨年の10月頃に
訪れると「メニューからなくなりました」
と無情の宣告・・・_| ̄|○

俺がここに訪れていた理由は

1.タバコが吸える
2.ロイヤルキャラメルミルクティ
3.長時間いれる
4.利便がよい

これだけあります。

単純なようですが・・・
ロイヤルキャラメルミルクティの存在は
非常に大きくて、夏はアイスで冬はホットで
頼むという絶大なヒットメニューでした(苦笑)

最近のカフェは分煙されることなく
完全に禁煙の世界になってきたので、
こういうお店は貴重になってきています。
そして札駅の中での休憩場所としても
良い位置にあるので俺の憩いの場所でした。

自分の性格上、気に入ったメニューを
毎回頼むというのがあって、
メインのものがなくなってしまうと、
結構足が遠ざかってしまうのですよ。
しかもお店自体もなくなる率も多い(苦笑)
まぁ~カフェクロワッサンは
まだまだ大丈夫だろうけどね。

例えば、西区琴似にあったチロリン村では
明太子マヨにイカのトッピングが
絶対的なメニューでしたが、
琴似店は閉店を迎え・・・
琴似ダイエーにあった中華屋さんでは
担々麺を毎回注文していたけど、
気付いたらカフェになっていて
北海道から撤退したバーミヤンでは
海老あんかけ炒飯とか、
エスタにあったラーメン共和国ではまった
味の大王のカレーラーメンは美味しくて美味しくて
何度も足繁く通うも気付いたらなくなっていて
近所のラーメン屋の炒飯が好きで
数年も通っていましたが店舗が古くなったのか
移動してしまい、お店に段差が出来て入れなくなり、
気に入ってる店程、俺の周りから消えてます(苦笑)

話は戻るけど、カフェクロワッサンにて
似たような商品はあるか聞くと、
似たようなものはあるんだけど、
慣れ親しんだ味には勝てるわけもなく、
本当に残念だったよ(苦笑)

頼むよカフェクロワッサン、
是非ロイヤルキャラメルミルクティを
復活させてくださ~~~~~~~~い(苦笑)
切に望む(笑)

YUIも使ってるあでゅ~♪(笑)

頑張れぇ~

日本!!

と言うことでテレビ画面の音は消しつつ
ラジオでKANさんのロックボンソワを聴きながら
パソコン上では日記を書きながら
サッカーを見るという、人によっては
どれかにせぇ~と言われそうですが、
いいんです問題なく全て出来ているから(苦笑)

俺のパソコンの画面は、現在4画面で
埋まっていて、全て同時進行で進んでおります。

日本代表が真剣に頑張っているのに反し、
KANさんは看護師さんの制服が
入院していなくても気になるという
自身のフェチを発言しております(笑)
やっぱKANさんは俺と気が合うな(苦笑)
くだらなくて笑えるな・・・_| ̄|○

そうこう言ってる間に前半終了(笑)
どうなるか、そっと見守っていようと思います。


さて、話は大いにガラッと変わるのですが
取り敢えず今日の暇つぶしのために、
ちまたでは話題沸騰の「Facebook」を
登録してみました・・・。

にしても全く内容がよく分からず
どう進めていけばいいのかよく分かりません。
誰か詳しい人がいれば教えて欲しいんだけど、
あれは日記は書くところはないのね?

オジサンには何がメインなのかが
見えてこないから、登録しただけ
無駄だったのはないだろうか?なんてことも思う。

こういうところが面白いんですよKAZさん
というFacebookに、はまっている方
情報をお待ちしております(苦笑)

あっ、一応KAZの情報です↓
http://www.facebook.com/KAZ.SING

まずはサッカーを見ますか(笑)

YUIも使ってる、あでゅ~♪

どうやら

今週は堀北真希のラッシュなんだねぇ。
残念ながら見ることが出来なかったけど、
今日は朝から「のりゆきのトークで北海道」や
「どさんこワイド」に出演していたらしいし、
夜にはぐるナイに出てたし、
明日の昼は笑っていいともに出るみたいよ。

もっと早く情報をリークしていれば、
新千歳空港でストーカーしていたのに(苦笑)
だって堀北真希が札幌に来たんですよ!!
仕事サボったって見に行ったよ(苦笑)

死ぬ前に一度でいいから会いたい芸能人↓

堀北真希
宮崎あおい
新垣結衣
長澤まさみ
榮倉奈々
上戸彩
広末涼子
高島彩
本田朋子(フジ)
前田有紀(テレ朝)
前田真理子(テレ東)

KAN
Mr.Children
福山雅治
いきものががり
YUI
aiko
奥華子

ナインティナイン

全然統一感がないな(苦笑)
まっ、そんなものです・・・_| ̄|○

真希ぃ~~~~~~~~~~~(笑)

あでゅ~♪

孫社長良くやった!!

  • ふと思う事

先日、あるニュースを読んだ人から
SoftBankの孫社長にツイートされていて、
それを読んだ孫社長がTwitterで
「やりましょう」と話されていて、
実際に出来るようになったとのこと。

元の記事がこちら↓

児童養護施設の子、
ケータイ契約できず「親の同意いる」

http://tinyurl.com/4a26a3d

東京都の児童養護施設で暮らす高校2年の男子生徒(17)が携帯電話の契約をNTTドコモに申し出たところ、親などの法定代理人の同意が確認できないとして拒否されていることがわかった。この高校生は虐待が理由で裁判所の命令で親と分離されており、親の同意をとるのは不可能な状態だ。
この高校生はガソリンスタンドなどでアルバイトをして金をため、昨年暮れ、施設長とともに近くの店舗で携帯電話の購入申し込みをした。しかし、「施設長の同意では受け付けられない」と拒否された。施設長が同社に改善を求める申入書を2度送付したが、事態は変わっていない。
NTTドコモ広報部は「民法上、未成年者の契約には親権者などの法定代理人の同意が必要とされている。同意が確認できなければお断りしている」と説明する。
SB、auを展開するKDDI、ウィルコムなど他社も「原則法定代理人の同意が必要」とする。
文部科学省の調査で高校2年生の携帯電話所持率は96%。この高校生はクラスで唯一持っていない。アルバイト先からも連絡のために持ってほしいと言われている。高校生は「好きで施設に来たのではない。社会から疎外されていると感じる」と話す。
施設長は「親の虐待から保護したのに、その親から同意をとれというのは無理難題。ハードルが高すぎる」と訴える。国に対しても「親権について民法や児童福祉法の改正が検討されているが、こうした問題も入れて考えてもらいたい」と話している。


若干文章は省いていますが、
大凡としては、こんな感じです。

おそらく通信会社側も対応的には
間違っていないのかな?とも思うけど、
事情に応じて臨機応変に対応する
柔軟さはあってもいいかなと思います。
多分この彼はアルバイトをしていて、
自分で使うものは自分で稼ごうとしているし、
将来自立していくためにも働こうと
しているんだと思うので、
個人的見解としては契約させてあげたいです。
仕事の連絡手段としても必要と
言ってる以上、それくらいはどうなの?
って通信会社には言ってあげたい。

そんな記事を読んだ孫社長は
条件さえ満たせば親が同意せずとも、
施設側の確認書類さえ揃えば
契約することが出来るようにしたとあり
既に本日全国の施設に案内も送ったんだそうだ。

このツイートは1月24日にされて
26日に出来るようにしたという
スピーディーさには、素直に感心しました。

masasonのツイート
出来ました。受付け開始します。 http://bit.ly/gN834s
全国500以上の施設に本日郵送しました。


他社に、こんな事が出来るかね?(苦笑)
少しは見習えよ(笑)

俺は、やっぱこの人好きだな。
10年以上Docomo使ってなければ、
SBに完全移行しても良いな(笑)


とは言えニュースを読んで思ったのが、
携帯電話を持っていない事による
疎外感を感じるというのも、
そこまで現代の子どもたちには
必要なアイテムになってしまったんだねぇ。
どうか変なサイトへアクセス
しないことを臨む(苦笑)

あでゅ~♪

勝負に出たか!!

  • オタッキ~

KDDI、FM全国52局をエリア無制限で
「リスモ ウェーブ」

http://tinyurl.com/4f7em3f

KDDI(au)は25日、auのスマートフォン(高機能携帯電話)などで全国の民放52局のFMラジオ放送を、放送エリアに制限されることなくどこでもクリアな音質で聴けるサービス「LISMO WAVE(リスモ・ウエーブ)」を26日に始めると発表した。
専用アプリを端末にダウンロードして利用する。KDDIは、出遅れたスマートフォンでの巻き返しが課題で、1台の端末で全国のFMラジオを聴けるのを売りとする新サービスをてこに、スマートフォンの販売に弾みをつける。
対象機種は、昨年11月に発売された「IS03」などのスマートフォン3機種と、従来型の携帯電話1機種。スマートフォンの場合は「au one Market」から専用アプリをダウンロードする。携帯電話回線網や無線LAN(構内情報通信網)を利用してFMラジオを聴く。月額利用料は315円だが5月末までは無料とする。


インターネット回線で提供を始めている
radikoが全国に対応できていない今、
これはユーザーは喜ぶでしょ?
AM放送も対応できたら、もう完璧(苦笑)
後は、回線の提供で途切れることなく
聴くことが出来るのかという点でしょうね。
自分が住んでいる地域に限らず、
全国のが試聴できるのなら、
整備面をきっちりしていかないと、
反感を買うのは必須になっちゃうよ。

でもあれなんだね。
コミュニティFMは対象になってないんだね(苦笑)
まぁ~今のiPhoneやスマホのアプリで
ある程度聴けるようになってるしょ?
ということから敢えての対象外しかな。


今回の試みでおそらくradikoも
何かしらの反応は示すと思うので、
はよぉ~北海道対応してくれ。
個人的には500円くらいなら
利用料払っても良いから
有料先行で始めたらどうなのさ??
radikoのサービスなんて、
家で聴くのが難しい人が対象なんだろうから、
本当に聴きたい人は、
ちょっとくらい払うって(苦笑)

きれいな音でラジオ聴きたいよぉ~。

あでゅ~♪

時代の波の変化

  • オタッキ~

皆さん、昨年春から週刊少年ジャンプの
印刷への入稿がデジタルへ移行していたのを
知っていましたか・・・??

InDesign ユーザー事例
集英社/週刊少年ジャンプ

http://tinyurl.com/2v2hgwv

俺は今日知りました(苦笑)

Fuji Xeroxが主催するセミナーに
本日参加してきたのですが、
そのセミナーの中で話されていた
内容がジャンプのことも触れられていて
あたしゃぁ~素直に感心しちゃって
驚き桃の木山椒の木だったのです(苦笑)

基本的な漫画を描く作業というのは
スタンスとしては変わらないんだけど、
作家さんが描いた原稿をスキャンし、
台詞が入るところやページ割などは、
全てInDesignで入力して下版するんですって。

今までは写植を使っていたために、
台詞のみの印刷を別に頼んで、
更に刷り上がった印画紙をもとに、
台詞を一つ一つ貼り付けて
やっとネガフィルムへ出力されるんです。

だからアナログ時代の時には、
300ページ近くある漫画の台詞は
原稿の上から貼っていたとなると、
えらい作業内容だったのでしょう。
そしてそれを毎週毎週こなしていたのでしょう。
業界にいるものとして大変さがよく分かる(苦笑)
でもそれがデジタル化されたのであれば、
それはさぞ楽になったことでしょう。

一工程が減っただけでなく、
デジタル化することでのメリットはまだあって、
台詞が全てソフト上の設定で済むとなると、
海外版を制作するのが簡単になったんですって。

言われてみれば納得で、
日本の漫画は日本以上に評価が高くて
海外ではバカ売れするくらい、
人気があるんだから海外版は
出せるものならば出したいはず。

ただそのために、各国版の台詞を
印画紙に印刷していく手間と経費を考えれば
デジタルはなんてコストを
下げられるんだろうって思う。


他にもInDesignを使って
簡易FLASHページを作れたりするデモや、
最近の印刷業界の入稿の
変化など教えてくれました。

最近はpdfでの入稿が主流で、
分かんない人にはとことん
分かんないと思うけど、
pdfにもバージョンがあって、
2~3年前まではPDF/X-1aがあったけど、
実は透明機能とかRGBには対応できてなくて
現在はPDF/X-4が主流です。
これはRGBにも対応するし
CMYKにも対応し、透明機能も
正しく表示されると言うことで、
俺も仕事ではPDF/X-4にして、
印刷屋へ下版しています。

まぁ~全般的にジャンプネタと、
iPadへの電子書籍の作り方などが、
面白すぎて他は記憶が曖昧です(苦笑)

2~3日続けて開催してくれないかなぁ~(苦笑)

あでゅ~♪

癒しの音楽

奥華子を聴いております。
好きじゃない人には好きじゃないと思うけど
声が優しくて癒されるんだよねぇ。



取り敢えず週末は、どこに行くわけでもなく
家でボケーッと録画してあるドラマなどを
見て過ごしていたら、体が楽になった
気がするだけかも知れませんが(苦笑)
週末の休みって大事だよねぇ(笑)

とは言え自由に外に出られないってのも
これはこれで退屈ですな。
経費削減を考えたら、外に出ないのが
一番であるけれども、
でも暇は暇だなぁ~(苦笑)

まっ、明日から仕事で嫌でも
外に出るんだけどね・・・(汗)

余計なこと考えて寝れなくなる前に、
とっとと寝るのが一番だな・・・うん(苦笑)

あでゅ~♪

ロックボンソワ

KANさんがSTVラジオで毎週土曜日の
深夜に放送している番組なんですが
なかなか電波も悪かったりして、
じぇ~んじぇん聞けてなかったのですが、
聞く術をネットで仕入れたので、
久々にリアルタイムで聞いております。

相変わらずの、まったり感漂う
話し方はいいですねぇ~(笑)
また今後聴いていこうと思います。

そんな、まったりな中ネットを彷徨っていると
Yahooにこんな記事がありました↓

無料ソフトで自治体コスト減らせ
機能向上、有料から切り替え

http://tinyurl.com/6enwj99

自治体がパソコンで使用する有料ソフトを、インターネット上で配布されている無料ソフトに切り替える動きが広がっている。不況で税収減に悩む自治体にとって手っ取り早いコスト削減策で、導入を後押しする企業関係者からも「無料ソフトの機能は向上している。この流れは今後も拡大していく」との声が上がる。
インターネットを通じた届け出の受け付けなど事務作業のIT化に積極的な福島県会津若松市はワープロや表計算ソフトに、マイクロソフト社の有料ソフト「オフィス」を使っていたが、平成19年から庁内のパソコンすべてに同種の無料ソフト「オープンオフィス」を導入した。
オフィス(通常版)は新たに購入すると6万円近くかかり、定期的に使用権の更新料も必要だが、オープンオフィスを導入すれば、すべて無料になる。
同市では対外的なデータのやりとりに備え一部のパソコンにオフィスを残したままだが、それでも5年間で1500万円のコストダウンを見込んでいる。
大阪府箕面市でも教員用の約400台のパソコンや、授業で子供が使う千台を超えるパソコンにオープンオフィスを採用。教員用パソコンは基本ソフト(OS)も有料のウィンドウズから無料のリナックス系ソフトに切り替えた。
同府八尾市ではオープンオフィスを試験的に使用している。担当者は「ここ数年で、無料ソフトの機能や使い勝手が有料ソフト並みに向上している」と話す。
職員数が多い都道府県や政令指定都市でも山形県、横浜市などで導入の動きがある。
自治体にオープンオフィス導入をサポートしている企業「グッデイ」(大阪市)の担当者は「オープンオフィスのデータ形式は国際標準規格に適合している。公的文書のデジタルデータが増えていく中、長期保存という面からも問題はない。導入拡大の流れは今後も進んでいくだろう」と話している。



まぁ~通常のOfficeを使ってる側から言えば
OpenOfficeは、どこまで優秀なのか?
という話になってきます(苦笑)
だって印刷屋としてはOffice使ってよ
って言いたくなる(笑)

でも一市民から言わせてもらえば、
やっとか?という印象も拭えない。
結局今のままではソフト会社の仕様に
きつくしばられちゃうし、
ちょっと仕様替えましたってなれば、
その都度バージョンアップのための、
費用も払わなきゃいけないし、
その費用は全て税金からまかなわれるとなれば
ただで似たようなソフトがあって
ある程度のレベルが保たれるなら
そっち使えよって思うでしょ??

除雪費削ったり、弱者から金ふんだくって
何とかやってるって顔を前面に出すくらいなら
ただで出来ることから、やって欲しいものである(苦笑)


自分の住む地域を批判しまくってると
今年の後援してくれなくなるかな?(笑)

いやっ、それでも意見くらいは
書いたって良いはずだ。
北海道庁、札幌市よ、ただのソフトを使え(苦笑)

あでゅ~♪

いやぁ~本当に疲れた

アメリカのコメディアンが、
YouTubeにて「誰か100万ドルちょうだい」
なんてシュールなことを発信していたら、
実際に現れる大富豪がいたり、
32年も続いていた「3年B組金八先生」が
今年の春で定年を迎えたり、
恋のから騒ぎが3月で終わったり、
気に入ってるスタバの店員さんの
年齢が分かってウキウキしている親友がいたり
幸せなんだかどうかは不明でしたが
今週の私は精神的に多忙でした(苦笑)

まっ、仕事の話なんですがね。

そもそもは同僚のIさんが
サービス管理責任者の研修で
3日間も通わなきゃ行けないということで、
残った人たちで現在利用してくれている
人たちとやりとりをしなきゃいけなくて、
久々にいっぱいおっぱいだった訳なんです(苦笑)

とは言え・・・結果を見れば、
無駄に気を張りすぎていたのは
スタッフ側だけで皆さん
真剣に取り組んでくれて
何の問題もなく3日間は過ぎました(笑)

経験が少ないから・・・
余計に思うところがあって
不安レベルは東MAXだったんだけど、
こういうのって実践あるのみで、
やってみるしかないんだろうねぇ・・・。

見苦しい点も多々あったと思うけど、
それでも良い経験になりました。
今後の糧になりそうです。

やっぱり人と人の関わりだからさ、
一方的な想像だけで物事は図っちゃいけないし、
逆にみんなの方から教えてもらえることが
本当にこういう業界は特にあるなと思う。

人一倍、そういうことは敏感に
受け止めていたつもりだったけど、
スタッフ側にいるのと、利用者側でいるのとでは
全然違うものなんだよね。

お恥ずかしい限りです・・・_| ̄|○
また頑張って行こうと思います。

残念ながら悩みというものは
次から次へと溢れてくるので、
落ち着く暇もなかったりするんだけど。

でも本当に疲れたので、
今週は大人しく体を休めようと思います。

俺・・・今年音楽大丈夫かな?(苦笑)
少々、心に余裕がねぇ~~~(汗)

あでゅ~♪

やっとですかぁ~

「iPhone」の独占販売契約が全世界で終了、
世界各国の携帯電話会社にチャンス到来中

http://tinyurl.com/65klpa9

詳細は読んでもらうとして
先日AppleのCEOスティーブ・ジョブズが
病気で療養のため休職するため、
運営担当者が変わったことにより
Appleとの交渉次第では
SoftBank以外の発売の可能性が
強まってきています。

結構売れているイメージもあるけど、
まだ不十分らしい(苦笑)
まぁ~Androidが爆発的に広まっているのを
直視してしまうと楽観視出来なかったんだね。
だけど取り敢えず、ヤバイから妥協しようぜ
とも受け取れてしまうので、
それなりにこだわっていた
Appleでいてほしい気持ちはあります。

どんなに時代が変化していても
独自の路線を突き進んでいた
Appleだからこその製品だから
Windowsには真似できない
製品が沢山出来たんだろうなぁ~と思う。

Docomoから発売されたら、
嬉しいと言えば嬉しいけど、
俺の中ではスマホの料金設定が
おかしいと思っているので、
SB程の安さにはならないだろうなぁ~。

どうなるのかは全く読めないけど、
楽しみな話ではありますねぇ~。

あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4