2011年2月の記事一覧

かずぅ散歩

一度も見たこともない「ちい散歩」の
タイトルをパクるのは俺くらいなものだろう(苦笑)

まぁ~それはいいとして、
先週の温かい気温の連続で、
地元琴似の本通りの雪がきれいに
溶けているのを知った俺は、
ほぼ2カ月ぶりに一人で外に出てみました(笑)

多少昨日降ったようですが、
それでも気にならないくらい、
スムーズに動けたのは嬉しい。

と言うわけで本来の目的の
ヒトカラへ行ってきました。

火曜日に約5カ月ぶりに歌うので、
思いっきり声を出しておきたかったのと、
日頃の外に出れない鬱憤を晴らすかの如く
2時間一人ノンストップで歌ってました(苦笑)

意味はないんだけど桑田佳祐復活祭と
テーマを位置づけて、サザンと桑田佳祐の
曲をず~っと歌ってました。

こんな感じ↓

明日晴れるかな
悲しい気持ち[Just a man in love]
祭りのあと
真夜中のダンディー
君にサヨナラを
YaYa[あの時代を忘れない]
真夏の果実
八月の詩(セレナード)
TSUNAMI
クリスマス・ラブ [涙のあとには白い雪が降る]
希望の轍
彩 ~Aja~
愛と欲望の日々
逢いたくなった時に君はここにいない
I AM YOUR SINGER

JOYSOUNDは便利だのぉ。
曲目が全てわかるわい(笑)

時間の都合で終わったけど、
本当はもっと歌いたい曲もあったので、
次はもっといてやろうと思います(苦笑)

あぁ~桑田さんの新譜と
aikoの新譜が欲しいよぉ~。
でも買う程、余裕もないよぉ~。
早くレンタル始まっておくれ。

それにしても一人で外に出られるって大事だな。
結構ストレスは軽減された気がするよ。
でも漫画とか買いたくなるのは
押さえないと危険だな春は(笑)

・・・来週はSPでも見に行くかな(苦笑)

あでゅ~♪

ナイナイ20周年

録画してあったのを今見終わって、
すっかりKANさんのラジオを聞き逃す
という頭の悪さを露呈しましたが
それでも特番は面白かったなぁ~。

普通に考えたら、矢部の付き合ってる
TBS青木裕子の手作りカレーは
出てくるのはありえないだろうし、
熊田曜子ネタも出てくるとは思わなかった(苦笑)
プライベート全開な感じがたまらず、
だもんだから、すっげぇ~腹を抱えて
笑わせてもらった。

もってけ100万円のコーナーも懐かしかったし、
タイガーマスクがランドセル置いていったら
そりゃぁ~ちょっとは手は出せないよな(苦笑)

NMB48の矢部の踊りも酷いけど、
それを途中で放棄する岡村も面白い(笑)

何かやることなすことが面白すぎるし、
二人のキャラも、ゆる~い感じで、
力を入れずに見られる番組だと思います。

たまにこの形式でやってほしいなぁ~
と思う深夜帯でした(苦笑)

あでゅ~♪

どうにか・・・

一夜限りのaikoのオールナイトニッポンを
聴くことが出来ました。
久々に聴くと懐かしいし、
今後もやればいいのになぁ~。
モノマネレベルが高いような低いような(苦笑)

釈由美子を文字って、
「お疲れしゃくしゃく」とか、
すっげぇ~懐かしいし、
ラジオをやっていた当時は
俺も普通に使ってた(苦笑)

これぞラジオって感じで
聴いていて楽しいですねぇ~。

過去に良く聴いていたのは、
福山雅治やウッチャンナンチャンや
ナインティーナイン、aiko
土屋礼央や、堂島孝平、西川貴教
ネプチューン、ビビる大木、
松浦亜弥、松任谷由実、松村邦洋
裕木奈江、ジュディマリのYUKI、
ロンブーなどは聴いていたと思います。

映像の媒体が、TVに限らず、
ネットやケーブルTVや、深夜だからって
見るもんないなって時代ではなくなったから、
ラジオって昔程需要がないのかも知れないけど、
何となく顔が見えない分だけ、
ワンツーマンな感じで俺は好きなんだよねぇ。

是非、aikoのラジオ復帰を切に望む(笑)

あでゅ~♪

むむむ・・・

  • ふと思う事

今更ながら新曲の歌詞を読み返すと、
結構心境的にやられているんですかねぇ(苦笑)

確かに、この数カ月は色々あって、
うまくいかないことが続いている気もするし、
少々疲れが溜まっているようにも思う。

とは言え、現状どうにもならないことも
そりゃぁ~あるわけで、それをぶり返したとしても
別にすぐどうこうなる問題でもない。
おそらく落ち込んでいる暇もない(笑)

だんだん雪解けも進み、
このまま温かくなるのであれば、
そろそろ一人で動けそうな
感じもしてきているので、
本来であれば喜ばしい限りなんですが、
どうもテンションが上がる気配がない。

何にも考えずに、ただ思うように
生きるのって本当に大変なんだなぁ~。
逆にそれができている人なんていないか(苦笑)

課題は山積み、起こりうる問題も山積み、
それでも明日は来るし、明後日も来る。

仕方ねぇ~歌うか(笑)

さぁ~て明日からのKAZさんは?

1.KAZ現実逃避
2.佐々木希に恋をする
3.寿司の食い逃げ

の3本で~す(苦笑)

あぁ~疲れてる(笑)

あでゅ~♪

ちくしょう良い曲書くぜ

アニメ「バクマン」で使われているコブクロの新曲です。

頭フル回転で曲を作ったって、結局才能ある人には叶わんのかのぉ(苦笑)

 

コブクロ「Blue Bird」

あでゅ~♪

Such is life

  • 新曲情報

うまくいかないことが 人生の大半だよって
わかっていても 今更どうしようもない

困っている人がいても 手も差しだせないんだ僕は
周りの視線が気になって進めない

都合が悪くなると すぐに逃げ出したくなるんだ
過剰な期待が心締め付けてく

完璧を求めることに
そんなものに何の意味があるのかな?

考えが違ったとしても何か問題あるの?
いつしか流されることに慣れていた

悩みごとは増えてくばかり何重にも重なって
誰かに頼ることもできなくなってた

理想ばっかおいかけては
自分らしい想いを見失いはじめてく

生きてくのって そんなに簡単なことじゃない
現在では死ぬことも楽なことじゃない

辛くても苦しくても明日を生きていくんだ
一度きりの人生だから進もう

東から昇る太陽に背を向けない
明日は今日よりもいいことがあるさ
うまくいかないことも それがすべてさ

 

人生なんて、そんなもの・・・そういうタイトルの意味です(苦笑)

あでゅ~♪

皆さんお大事に

同僚の方が部屋で転んだらしく、
背骨の骨を折ったことが判明したかと思えば、
KANさんもラジオであばら骨を
折っていたことが判明し、
骨を折ってるのに何で皆動けるんだ?(苦笑)

俺は骨を折った記憶がないのですが、
それでも骨を折るというのは、
相当なことではないのだろうか?(汗)

すげぇなぁ~(苦笑)
靱帯を過去に伸ばした程度はあるが、
そん時は痛くて動けなかったけどな。
痛みに強い人って羨ましいぜ。

想像だけで痛い・・・そんな夜(笑)

あでゅ~♪

地味ぃ~に

創作意欲が湧いております(苦笑)

少しずつ春が近づいているからでしょうか?

それとも、まだまだ音楽家としての
才能が俺を動かすのでしょうか?

それとも聖☆おにいさんの6巻に登場する
エピソードのように若くして召された
才能あるミュージシャンの方々が
降らせてくれた音を俺が
たまたま受け取ったからなのか?(苦笑)

良く分かんないけど、昨日、日記にUPした
新曲とは別に新しいメロディーが浮かんだので、
コードに起こして地道に
歌詞を書いているところです・・・。
若干、皮肉めいた歌になりそうです(笑)

もし次の曲が完成すると、
なんと50曲目になるのですよ。
作詞作曲をし始めて早11年。
単純計算で1年で4曲は作っていて
時には5曲も作っているんですね。

アニバーサリー的な曲を作ればいいのに
何故か皮肉めいた曲を作るのは
やはりそこは俺らしいと言うべきか(苦笑)

とは言え1回しか披露していない曲も
多々ある中で、それを公式に作ったよって
言い切って良いのだろうか?(笑)
まぁ~一応作ったんだからいいよね。

そんな夜を送っております(笑)

あでゅ~♪

Yesterday

  • 新曲情報

そっと静かに 瞳を閉じてみると
描いた 自分になれているのかな?

きっと悩みながら 毎日をもがいてた
無情にも 時間は過ぎていくばかり

多くの後悔と 無力さを知ったあの頃
昨日の君にサヨナラを
振り返ることなく手を振った

吹き抜ける春の風に
背中押されて 君はバスに乗り込む
明日からは 自分で決めた道 信じてく
光り輝く あの道へ

長い年月を 乗り越えてきたんだね
だから今だけは 寄り添っていいんだ

多くの悲しみと 絶望を繰り返した
昨日の君にサヨナラを
流す涙に別れを告げた

走り出したバスは トンネルの先にある
希望の出口へ向かう
新しい自分を 待ってる人がいる
誰でもない 君を待ってる

吹き抜ける春の風に サヨナラを告げて
バスを降りていく
明日からは 自分で決めた道 信じてく
光り輝く あの道へ

誰でもない 君を待ってる



3月の看護学生向けに作った新曲の歌詞でした(笑)

あでゅ~♪

帰ってきたKAZの気ままにMy Life

まぁ~仰々しくタイトルにしましたが、
何てことはありません、
KAZがやってるネットラジオです(苦笑)

実は4年前にもネットラジオは
10回程度やっておりまして、
続けようと思いつつも多忙のため
すっかり休止しておりましたが、
あまりにも仕事以外では
自由に外も出れないことあり
意味なくラジオをやってみたくなり、
今回復活させました(汗)

正直・・・MCが下手になっています_| ̄|○

トーク噛みすぎです。

感覚が取り戻せません。


今回じぇ~んじぇん言う程面白くないです(苦笑)

でもやりたかったのです(泣)

と言うわけで、あまりにも退屈で
仕方がない方、ちょっと興味のある方、
付き合いで聴いてやる方、
聴きたくないのに聴いてしまった方、
今放送に限っては、
突っ込みなしでお願いしますm(_ _)m

今後感を取り戻していくと思うので、
今回だけはお許しを・・・_| ̄|○

~帰ってきたKAZの気ままにMy Life~

PCで聴ける方↓
http://kaz-sing.com/radio/index.html

携帯・スマホ・iPhoneの方(YouTubeで試聴)↓
その1
http://m.youtube.com/watch?gl=JP&client=mv-google&hl=ja&v=DQn5ItlyEM8
その2
http://m.youtube.com/watch?gl=JP&client=mv-google&hl=ja&v=ENOJl-3ruXA
その3
http://m.youtube.com/watch?gl=JP&client=mv-google&hl=ja&v=EmyMBQs9pLU
その4
http://m.youtube.com/watch?gl=JP&client=mv-google&hl=ja&v=2eV0hNBLavc

お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4