2011年3月の記事一覧

何の根拠もないけど・・・

  • ふと思う事

まだ日本にも未来を感じさせる
可能性があるのではないか?
と思わせるニュースがあった。

mixiニュースだったんだけど、
藤波心という中学2年生が書いた
記事が大人顔負けの内容で、
脱原発について、真剣に綴ってました。

藤波心オフィシャルブログ
『ここっぴーの★へそっぴー』

http://ameblo.jp/cocoro2008/

出血は止まるのか・・・(>_< )
http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10833564288.html

批難覚悟で・・・・
http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10839026826.html

パンドラの箱の「希望」\(^o^)/
http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10843436268.html


3万年後の未来生物父娘
http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10852297342.html


読んでもらうのが一番分かると思うけど、
本当に中学生が書いた文章なのだろうか?
とさえ疑ってしまう程、しっかりした文章で、
しかも的確に原発について語ってるのは
おじさん世代からすると本当に驚いた(苦笑)

アイドルを生業としているので、
取り上げられ方も激しいし、
批判くらうのはマイナスになるだろうに、
自分の想いと、考えと、世の中への問いかけは
目を逸らそうとしているダメな大人へ
現実なんだよと改めて認識させてくれます。

それにしても・・・この子が書いた文章に
対しての、おそらく大人たちの批判が
凄いあるのはどうなんだろう?と思う。

芸能人という立場から見れば
発信する内容が無意味に煽ることは
好ましくないだろうけど、
でもさぁ~本当にダメなのかな?

この子が震災や原発事故を
自分の中で受け止めて出てきた言葉を
ブログを通して一緒に考えていかないか?
と訴えているんだと思うんだ。
一つの意見として俺は受け止めたいと思う。


そもそも大半の人は専門家でもなければ
勉強をしたわけでもないし、
当然偉そうなことを述べられませんが、
でも少ない知識の中でも感じたり、
考えたりすることを否定してもいいのだろうか?

俺は原発について震災後に知ったことは
間違いありませんし、
電気には本当にお世話になっています。
電動車椅子は電気なくして動けませんし、
手が不自由な俺にはPCや携帯は
生活して行くには必須のアイテムです。

原発をやめたら困るのは自分自身かも知れません。

ただ、それでも安全神話が崩れた今、
人類が犯した最大の過ちを素直に認め、
一人一人が心から反省をし、
原発に変わるモノを考える時が来たんだと思います。

それは今すぐには変わらないかも知れない。
俺等が生きている間には無理かも知れない。
もしかすると同じ過ちを繰り返すかも知れない。
逆に放射能の驚異を取り除く
何かが新たに生まれるかも知れない。

正直、どうなるのかは分からない・・・。

次の世代、未来の世代へ・・・
安心して暮らすことが出来て、
且つ不自由に感じる人たちが
便利に暮らせる世の中になるように
少しでもなっていくことを切に願いながら
自分も何か出来ることは考えていこうと思います。

そして日記の最初に出てきた
子どもたちがいることを誇りに思います。

さすがです!!

先日、私は札幌駅下にある
カフェクロワッサンを訪れ、
喫煙席に段差が出来たことを
非常に悲しいと日記を書きました。

同時に、カフェクロワッサンの親元である
ロイホなどを展開するロイヤルコーポレートの
ご意見メールへ要望をお送りしました。

これはクレームとかではなく
単純に要望書扱いで出したのです。

内容としては、ざっくばらんに言うと

車椅子に乗っていることを伝え、
社会背景上、喫煙スペースを
作るの必要性は分かりますが、
車椅子の人などへの配慮はなかったのか?
スロープなどの設置は今後考えてもらえないか?


という表現はもっと丁寧でしたが
要望を出させていただきました。

とは言え、こういう内容に
いちいち応えていたらキリがないだろうと
勝手ながら思っていて、
返事もありきたりだろうと思ってたら
素晴らしいお返事が返ってきました。

以下は正式な文章です↓

熊野 宏和様

平素は、カフェクロワッサンをご愛顧頂き、心より御礼申し上げます。
この度は、ご連絡を賜りましたこと、重ねて御礼申し上げます。
ご指摘につきまして、店舗及び担当部署におきまして事実確認を行いました結果のご報告を申し上げます。
①喫煙室スロープ設置につきまして
この度は、カフェクロワッサン札幌アピア店をご利用頂きました際に、ご不便な思いをお掛け致しまして大変申し訳ございませんでした。店舗にて確認を行いましたところ、常時スロープを設置することにつきましては、通路の問題があり店舗の構造上、難しい状況でございます。しかしながら、今後につきましては、現在脱着式のスロープを手配中であり、お客様からご要望があった際には、店舗従業員が脱着式のスロープを設置しお手伝いをさせて頂きたく存じます。ご利用の際にはお気軽に従業員にお申し付け頂きますようお願い申し上げます。
また、脱着式スロープの準備が出来次第、喫煙室入口にご案内文を掲示させて頂きますこと、併せてご報告申し上げます。ご不便な思いをお掛けし、誠に心苦しい限りではございますが、ご準備が整うまで、今しばらくお時間を賜りますようお願い申し上げます。
②キャラメルミルクティーにつきまして
今回、新たにティーエスプレッソの導入を行い、キャラメルティーラテと致しましてご提供させて頂いております。お試し頂けたら幸いでございます。
以上、ご報告申し上げます。
熊野様におかれましては、日頃からカフェクロワッサンをご利用頂いておりますこと、この場をお借り致しまして厚く御礼を申し上げます。ご指摘を真摯に受け止め、お客様に喜んで頂ける店舗を目指して参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。
この度のご指摘はいずれも貴重なご意見と受け止めております。
今後とも、何かお気付きのことがございましたら、何なりとご連絡を賜りますようお願い申し上げます。ご連絡頂きましてありがとうございました。



以上ですが、正直ここまで
迅速に対応してくれるとは思ってなかったので、
これは本当に嬉しく思いました。

こういうのって頭では分かっていても、
すぐには行動に移せないじゃないですか?
今後検討します程度の返答だと思ってました。

でもお客様の声として上がっていることを
真摯に受け止めて必要があれば
迅速に対応する姿勢って、当たり前なんだけど、
当たり前になっていない世の中なので、
身体が不自由な人間としても嬉しかったよ。

最後のキャラメルミルクティーに関しては
ついでに聞いてみたら、それは無理だったみたい(苦笑)

まぁ~何にせよ、私KAZは今後も
カフェクロワッサンを利用し、
応援していきたいと思います。

あでゅ~♪

全然明るいニュースがない

まぁ~そりゃぁ~そうだろう(苦笑)
日に日に小出しにされるように、
色々な事件が湧き出てくる。

専門家でもないから知識は浅いけど、
漏れた水からは1000ミリシーベルトが
検出されて、その次は原発内土壌から
プルトニウムが検出されて、
それでも安全だからとおそらく
報道規制をかけられて・・・
笑えるかって~の。

もうさ、原発付近の人は避難させてあげてよ。
ただの、トーシローさえ危険なのはわかるだろ。


本当は今日の日記で、

テレビ局スタッフもPTSDに…報道映像がトラウマ
http://tinyurl.com/6zskq5l

について語ろうと思ってたのですよ。
3月11日以来、どうなっていくのか
ただ見ていた俺でさえ、
ショッキングな映像を見過ぎて
若干気分が落ちてさぁ~
ちょっとおかしくなっていたと思うんです。

でもこれって、テレビで流されているのは
まだそれでも抑え気味の内容でしょ?
映像の編集にあたるスタッフが
見ることが出来ない映像が多々あったとしたら
自分らの比じゃないくらい
辛いことだと思うんだよなぁ・・・。

俺は回復してるから、
今日のスマスマ見てて笑えたりするけど、
ストレス障がいとかまでいくと、
回復って容易じゃないでしょ?

かといって現地の人たちは、
それが映像でもなくリアルに体験して
目にして、心を痛めている。


正直、こうなってくると
日本のどこにいても安全な場所がなく、
いつどこで何が起きてもおかしくないから、
どう頭を切り換えても、
人ごとでは済まないんだと思うんですよ。

だからこそ、政府には本当のことを
話してもらいたいと思う。
その上で緊急事態宣言をして
避難させてあげてほしいと思います。

本当に大切なのは・・・
地位や名誉や見栄や使えなくなった物じゃなく
まずは国民一人一人なんじゃないの??
情けなく、非情で、無責任で、
一切の信用のない政府になったもんだな日本は。


子どもたちは、未来を見据えて
日々辛くとも生きようと頑張ってるぞ。

そういう子どもたちを守っていける
俺も含めて大人たちでありたい・・・
と切に願う今日この頃です。

大通~札幌駅までの地下歩道

12月以来、一人で出掛けたのは
本当に久し振りで・・・(苦笑)

そんな中で変わった出来事は、
職場で障害者自立支援法の
就労継続支援B型が始まったのと、
4年振りにネットラジオ復活させたのと
大通から札幌駅までの地下歩道開通くらい(苦笑)

妙にテンションが上がった状態で
まずは地下鉄琴似駅まで向かいます。
駅員さんに大通まで行くと伝え
これまた久し振りに地下鉄に乗ります。
意味なく地下鉄に揺らされるのも
悪くないなぁ~なんて思ってると
あっという間に大通へ。

そして噂の地下歩道へ向かいます。

今まで向かう必要のない方向へ行くと
確かに新たな通路が出来ていました。

入り口がこれ↓

satutika01.jpg

んで進んでいくと・・・
まぁ~ただの・・・通路だね(苦笑)

途中見慣れないのもあったりもするけど
特別すげぇ~って思うのでもない↓

satutika02.jpg

ただ当初は地下にお店は置かない
みたいな話も聞いていたので、
銀だこなどがあって、
あぁ~やっぱり入るんだねぇとは思った(笑)

satutika03.jpg

信号がないぶん、あっという間に
札駅に着いてしまって・・・
もうちょっと冒険心を煽って欲しかったけど、
ありゃぁ~つまらんな(苦笑)

あと個人的には、途中で地上に上がる方法が
少ないのと、あそこまできっちり作るなら
階段で上れるところは一緒に
エレベータも設置して欲しかったなぁ。
ない訳じゃないけど少ないと思ったよ。

まぁ~それくらいかな。
所々で地上の光が入るので、
地下だって思う意識も少なかったです。

あとは、2カ所くらいは場所代払えば
ライブ的なことも出来そうですね。
HP見たら少々高かったけど・・・(苦笑)
いつか借りてやってみたいです。

本日のメインの一つが終わりを告げ
次は「SP革命編」を見ることに。

詳細は省くけど・・・
すっげぇ~面白かった(笑)
満足のいく映画だったなぁ。
是非今の政府に見せたい(苦笑)

映画については以上だけど、
札幌シネマフロンティアのスタッフに
AKB48の前田敦子にそっくりな人がいて
これは間違いはずだ(笑)
誰か証明してくれ!!(苦笑)


KAZ一派の仲間が入院していたので、
お見舞いにも行ってきました。
想像よりは元気そうで良かったです。
28日退院とのことで安心安心。
でも生活のために火曜から働くんですと(汗)
休んで欲しいが、それもまた現実なんだねぇ。
無理しませんように。

まっ、そんな休日でした(笑)

途中カフェクロワッサンに寄って
ついに喫煙席が別途出来て
そこに入るには段差を上るという
非常に残念なことになって悲しかったな・・・。
ちょっと要望だしてみよう(笑)

あでゅ~♪

希望の灯

東北地方太平洋沖地震で被災され
日々懸命に生きようとしている
人たちへ向けて作った曲です。

正直、俺自身は被災しているわけでもないし、
当事者の人たちから見れば
戯れ言を言ってるだけなのかも知れませんが
テレビの映像で写る子どもたちが
出来ることを必死に明るく頑張っているのを
見てしまうと、俺も何かをしたいと思うのですよ。

でも自分たちの生活もままならない
現状では寄付も少額になっちゃうし、
これぞという解決策もない。

んで、俺が出来ることは
ほんの・・・ほんのちょっとでいいから、
前向きになってもらえるような
歌を唄っていくことと
現地の人たちが頑張って生きているのを
伝えていきたいという想いがあるのです。

まぁ~ご託を並べてもどうしようもないので、
曲を聴いてもらおうと思いますが、
急遽録音したのでめっちゃ音質は
最低レベルですが(汗)
取り敢えず聴いて欲しいので
iPhoneで録音しました(苦笑)

今後ちゃんと録音するのでご了承下さいm(_ _)m

希望の灯

何もかも全て失って
生きる意味さえわからずに
明日のことさえ見えなくて
途方にくれてくばかりだ

時に僕らは 無力さに 涙を流すけど
ただいつまでも このままでは 終わることはない

希望の灯を絶やさないこと
君の笑顔  絶やさないこと
今僕らが出来ることは
消えかけた灯を守ること

誰もみな 余裕をなくして
元気がないのがわかるから
だからキミたちは声を振り絞り
大人を励まそうとする

今僕らは 生きる力を 試されてるんだ
何よりも 大事な想いを 胸に刻みつける

心の灯を絶やさないこと
子どもの笑顔 絶やさないこと
今僕らが出来ることは
明日も灯を灯すこと

希望の灯を絶やさないこと
君の笑顔  絶やさないこと
今僕らが出来ることは
消えかけた灯を守ること

命の灯を絶やさないこと
多くの笑顔  絶やさないこと
きっと僕らが出来ることは
小さな灯を守ること



あでゅ~♪

やはり先輩方は

  • ふと思う事

行動が早いです。

段々口だけのような
感じになってきていますが(苦笑)

東日本地震の被災者へ向けた、
チャリティーライブを、
どういう形でするべきか
未だに悩んでいるところあたりが
俺はまだまだなんでしょう。

そんな中、結構お世話になっている
いなむら一志さんのBlogを読んでいると、
既に4月2日に「ちえりあ」で
チャリティーライブの企画をしていて
場所は押さえたらしい。

行動の輪が広がって・・・
http://pub.ne.jp/komakoma/?entry_id=3546066

何度か電話しているが繋がらず、
日記のコメントに協力したい旨は
書きましたが、返事が来るかなぁ?
別に歌わなくてもいいから
協力したいと思っています。

楽しんご、どころではなくなりました(苦笑)

やっぱり先輩方の困っている人に対しての
想いというのは強く、出来ることをやろう
という姿勢には尊敬します。
そして本当に行動力が早いのにも尊敬します。

ある男が「旬だからやれば
いいという訳ではない」という
言葉にもあるように、
早ければいい訳じゃないのもわかる。
だけど俺は一人でも救えるのであれば、
何にしても早い方が良いとは思うんだ。
だから出来ていない自分にもどかしさはあるし、
じれったい自分にイラツキもする。

基本じっくり考え込むタイプではないので、
思い立ったが吉日と言わんばかりに、
何かしら行動したい想いは強いんですよ。

でも・・・今回は思うように
頭が働かないし、身体も動かない。

これって何なんだろうねぇ?

何かにビビってるのかな?
今の現状を受け止めきれてないのかな?
周りに気を遣う余裕がないのかな?

自分の感情が良く分かってないけど
一つだけ言い切って良いのは

絶対に被災者の人たちのための行動には移します


亡くなった方々にはかける言葉もないけど。

世界中が日本に手を差し伸べています。
日本中が助けになろうとしています。
被災している子どもたちが率先して
他の被災者の人たちのために動いています。
自衛隊が頑張っています。
警察が頑張っています。
消防隊が頑張っています。
医師や看護師、介護士が頑張っています。
自治体が必死に援助にあたってます。
被災した皆さんが必死に今を生きています。

やっぱり同じ人間として
何かをしたいじゃないですか!!

そんな臆病な俺の背中を
この前のおばあちゃんやおじいちゃん、
いなむら一志さんなどが
「ポンっ」って押してくれるんですよ。
悩まないで、やりたいことをやれって。

今の俺に出来ること・・・

その一歩を踏み出すこと

まずはそこからです。


あでゅ~♪

グループホーム上砂川慰問ライブ

  • ライブ日誌

今年2発目のライブです。
場所は上砂川にあるグループホームです。

まぁ~正直、直前までテンションが上がらず
良いライブをお届け出来るか不安もありました。
それと童謡の歌をギターで歌うのは
思ったよりもレベルが高くて、
前日まで「ふるさと」とかは
下手だったなぁ~・・・(苦笑)

現地に着くと、おばあちゃん方が
良く来たねぇ~と向かい入れてくれて、
嬉しかったんですよねぇ。

あと直前に控え室で練習出来たのが、
これは助かりました。
おかげで何とか乗り切れたと思います。
総括すると童謡は無難にこなし、
最後の美空ひばりがテンポを間違えるも、
無理矢理歌いきるということでしょうか(苦笑)

kami01.jpg

高齢者の施設とあって、
みんながみんな楽しんでもらえたのかは
分かりませんが、それでも数人の方から
笑顔が見れたので良かったなと思います。

kami02.jpg

こんな時ですから楽しめることの
ほんの一部を担うことが出来るなら
どんどんやっていきたいなと思う。

なので、遠慮せずにオファー下さい!!

まぁ~最後は施設職員の「みつ子」さんと
RYOさんのコンビにすっかり持って
行かれましたが(苦笑)

皆さん長生きして下さいね。
そして職員の皆様、ありがとうございました。

※ 急遽結成ユニット「みつ子&RYO」(苦笑)

kami03.jpg

あでゅ~♪

明日の★SHOW



先程、魂ラジで最後に歌っていました。
被災者の方々には本当にありがたい
勇気のでる歌声だったと思うな。

やっぱり「歌」には何かしらの
力が存在していると思うんですよ。
落ち込んだり、寂しかったり、
苦しかったりしていても、
ふと歌に心が癒されて元気が出てくる。

理屈抜きで凄いことだなぁ~と思う。

被災なんて全くしていないけど、
俺は俺で一週間思うところはあったし、
仕事上でも問題があったりと、
少々心が折れていました。

だけど、やはり被災者の方々に比べると
全然小さいことのようにも感じていて
何やってるんだよと言い聞かせていたんだけど、
それでも少々挫けてました(苦笑)

被災者の皆さんには大変申し訳ないけど
悲惨な映像の繰り返しには
頑張ろうと思っていても
それをあっさりと跳ね返してしまう
リアルさが強すぎて参ってしまうんだよ。

少しずつ救出の映像や、
通常の番組が始まったりしてると、
悲しいかな落ち着くんですよ。

そして聴き慣れた音楽が流れてくると
やっと本気で頑張ろうという気持ちが
強くなってきました。


よしっ!!

今度こそ本当に震災チャリティーライブに
気持ちを入れ替えて企画を考えようと思います。

被災もしていない自分が挫けてんじゃねぇ~(苦笑)

あでゅ~♪

トラブルメーカー

  • ふと思う事

別に日記で菅首相を批判しても
始まらないのですが、少しだけ触れてみます(苦笑)

日に日に外国からの情報が
個人的には信憑性を増してきて
国を信じ切れない心境です。

そんな中で、夜の8時過ぎに
番組を中断してまで会見を行うというので、
これは重大発表なんだろうと思ってたら
菅首相の国民への根性論を
淡々と語るだけでした・・・。

あまりにも各局が呆れたのか、
終わってもいないのに終了させられる始末。
仮にも一国の首相でしょ?
その人が話す内容がNHKさえも
終了するとなると・・・
申し訳ないが誰しもが
首相に対しての威厳を
感じないと言うことですよね?(苦笑)

少しでも希望が持てそうな
話をして欲しいもんだ・・・。

どうしても、ここ何日かは
原発のニュースが目立ってしまい、
本来の状況把握、人命救助、
被災者救済などが見えてこない。

もっと本気で取り組めよ。
何のための政府だよ。
得意分野に関しては専門家に任せてさ、
防衛大の卒業式に出席している場合じゃねぇ~だろ。
http://tinyurl.com/4tmkugj


俺たちは自然災害には勝てないし、
原発が安全なんて思い込んで
肝心の部分を見ないようにしてきたけど、
それでも日本という国が好きなんだよ。

どんなに想いがあっても
何も出来ない俺たちとは違って、
助けることが出来る術があるなら
全力で取り組んでくれよ。

頼むぞ・・・政府よ!!

本当に

日に日に厳しい現状を
目の当たりにしてしまいますね。
地震や津波による被害は
尋常ではないのが伝わります。

そんな中での原子力の問題は
想像以上の出来事で、
正直唖然としました・・・。

知識として全然ないので、
多くを語れないんだけど、
メルトダウンしているのか、いないのかで
今後の日本の存在を大きく
揺るがすことになるし、
内容によってはチェルノブイリ扱いさえ
外国からされてしまう可能性もあるだけに、
政府の発表は全世界が注目されることになる。

本当に大丈夫なのか?
本当は大丈夫ではないのか?

この点は、やはりハッキリさせるべきだと思う。


まぁ~この論点は永遠に語らないと思うので、
今はもう少し前向きな内容を書こうと思います。


前向きかと言われると怪しいが(苦笑)

ちんけな札幌で活動中の
アマチュアミュージシャンを
やってる人間が、どこまで出来るか
分からないんですけど・・・
やはり・・・微力ながらも
復興の足しになればということで、
チャリティーライブを企画するべきだろうか?
と悩んでいたりします。

とは言うものの・・・
3月中は、まだまだ自由に動けないし、
実は場所を借りる資金も正直ない。

となると誰かが企画に賛同してくれて
場所提供してくれると嬉しいけど、
自分がやりたいチャリティーとなると、
集まった金額は全額寄付したいし、
例えばお店でやるとしたら、
多分飲み物代とかは別途かかるだろうし、
もしそういう金額を出すのであれば
その金額さえも俺は寄付に
回して欲しいとさえ思います。

って考えると、やっぱ路上かなぁ?(苦笑)

平日は仕事で厳しいしなぁ・・・。
正直悩んでいたりします。

今回は一人でライブというよりも、
複数の歌い手が趣旨に賛同してくれて
ボランティアとしてライブに参加してくれる
そんな人たちとやってみたいと
思ってたりもします。

だけど横の繋がりを対して持ってない
俺にはハードルが高そうだが(苦笑)
いなむら一志さんとかに相談したら
乗ってくれるかなぁ?(笑)

もう少し考えたいと思います(汗)


やれることをやろう!!

これは、その通りだなと思う。
俺たちは専門的な技術もないし、
直接助ける術もない。
思いつくのは今は寄付しかなくて、
更に俺は歌うことしかないと思うので、
音楽を通してやれることをしたいと考えています。

たまたま俺は音楽なので、
祈ることも必要だし、ある程度落ち着いたら
必要な物資を送るのも良いでしょう。
でもこれだって、強制じゃない。
何かをしたいと思う人がやればいいんです。
んで俺は、やりたいなと思ってるだけ。

取り敢えず・・・寝るか(苦笑)
あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4