eye.jpg

札幌医師会看護学校予餞会

  • ライブ日誌

約5カ月ぶりのライブでした。
そして・・・ド緊張しました(苦笑)
どうしたんだ俺?ってな感じです。

まぁ~取り敢えず振り返ってみましょう。

仕事が終わり付き添いの、
八方眉人くんと共に、看護学校まで向かいました。

現地に着くと、どうやら同じホールで
直前まで講演会が行われていたようで、
職員室へ行っても、ドアが開かず(笑)
会場に行ってみようかと少し待っていると、
先生方が現れ、職員室へ入れてもらえました。

でも言う程、くつろぐ暇もないまま会場へ。
2年生が会場のセッティングをやっていました。
そんな中、セッティングの準備に取りかかるも
刻一刻と出番の時間が迫り、
少々一杯一杯になります(苦笑)
でも何とか準備を終えると、
3年生が入場になり俺は陰に隠れます(笑)

多分説明されていたと思うのですが、
すっかり記憶が飛んでいて、
俺は予餞会のオープニングアクトだったのです(笑)

紹介を受けて出て行くと・・・
あららぁ~皆さん大注目・・・。
しかも結構まなざしが痛い程に大注目(苦笑)

おそらく、この時点で過去に例を見ないくらいの
緊張が始まり、その緊張を解こうとするべく
しゃべるしゃべる(苦笑)

P3010148.jpg

1曲目から2曲目に行くまでが、
無駄に時間を取ったんだと思うけど、
2曲目が終わった時点で既に半分経過(汗)

心の中では「ありゃぁ~・・・」と思っていて、
結局5曲予定したのを4曲に切り上げて、
ライブとしては終わったのです。

にしても・・・今回のMC内容ほとんど覚えてなく
それでもしゃべると爆笑が起こるのは、
俺は一体何を話したんだろうねぇ~??(笑)

P3010149.jpg

何となく記憶にあるのは、
今日のために曲を作ったと言うことと
それによって会場から「おぉ~」と歓声が沸き、
作っていくまでの仮定の説明していると、
爆笑が起こっていたんです。

必死に頑張ってきた学生に対して、
ネガティブのような、上から目線の歌詞になったとか、
そんなことを、ずっと話をしていたと思う(笑)

でも新曲は好評だったようで、
泣いてくれていた人もいたと思います。
それだけが唯一の救いだった(苦笑)

P3010151.jpg

2年生は実習を終えたばかりだし、
3年生は国家試験を終えたばかりで、
正直みんな心身ともに疲れ切っていた中での
予餞会となれば気持ちは余裕がないと思うけど、
一人一人が真剣に歌を聴いてくれて、
ぐだぐだのMCに笑ってくれて、
本当に心から嬉しかったです。

3月3日に卒業式を迎えるようです。
学生の皆さん、本当にお疲れ様でした。
僭越ながら「無理しない程度に
頑張って下さい
」という言葉を
送らせていただきたいと思います。

ここの看護学校は来年度をもって閉校するらしく、
学生さんが残るのは2年生だけなんだって。
極端に人数も減っちゃうし、
歴史もあったんだろうから、
残念だとは思いますが
何かしらの理由もあるんでしょう。

新たに旅立つ皆さんを、
待っている人が絶対にいるはずです。
後の人生が、どうなっていくかは
人それぞれでしょうけど、
今だけは真っ直ぐ前を見て進んでいって欲しいです。

俺自身も良い経験ができました。
本当にありがとうございました。

あでゅ~♪

曲順
01.なくしちゃいけないモノ
02.桜の木の下で
03.君がヒーローになれ
04.Yesterday(新曲)

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4