2011年5月の記事一覧

そういえば(追記有り)

伝え忘れていたけど、
KAZ日記(http://kaz-sing.sub.jp/blog/)の
コメントは書き込み出来ないように
してあるんです・・・m(_ _)m

理由は簡単で・・・
スパムコメントが多発していて
レンタルサーバー会社から
苦情が来たのです(苦笑)

まぁ~確かにスパムコメントは
増えてきてるなぁ~とは思ってたけど、
クレームが届いた日には
いきなり300件近くのスパムが
発生していて・・・
どうやらターゲットに
なっていたようです(苦笑)

だもんだからサーバー会社も
あわてて「どうにかせい」と
なったんだとは思われます。

とは言ったって、設定替えるの面倒だし
BLOGのバージョンUPも正直面倒(苦笑)
ってなると、単純にコメントを
禁止するのが妥当な線になってくるのです。

コメントを書かれるようなBLOGでもないし、
じゃぁ~いいか!!となりました(笑)

現在BLOGシステムのMT4.23を使ってますが
これをMT5に替えたところでたかが知れてるし
無理して替えなきゃならん、
セキュリティー問題もないと思うので
当面コメントが書き込めない
BLOGとして継続していこうと思います。

大体が11年も書いている日記を
簡単に他にUPデート出来るほど、
暇じゃないし、楽でもない(苦笑)

そういう意味では、色々設定をいじってる
BLOGってのは、ある意味厄介じゃのぉ。

気が向いたらします(笑)

あでゅ~♪



先程の追記

どうやら調べていくと、
MT4からMT5への以降は
そんなに面倒ではない様子。
でも俺は面倒(苦笑)

ただスパムコメントを防ぐ手段として
「CAPTCHA」という機能を使うことによって
防ぐことも出来るらしいと
情報を得たので試してみることに。

「CAPTCHA」とは何ぞや?
と言う方のために説明すると↓

obj_mt4_cm_3.gif

こんな画像のことです。
要は提示した文字や数字を入力しないと
コメントさせないよというものです。

詳細な説明設定は以下のサイトが分かりやすい。
無限の翼
http://tinyurl.com/3e7smlf

ただ稀に画像が表示されない時もあり、
その際は「mt-config.cgi」の一番最後に
以下の文を追加すると見れます。


#======== CAPTCHA =======================

CaptchaSourceImageBase /home/sites/lolipop.jp/users/アカウント名/web/mt-static/images/captcha-source



俺はこれで見れるようになりました(苦笑)
これでスパムコメントがなくなりますように。
と言うわけで、コメント再開しました(汗)
お騒がせしました。

ぶらり小樽の旅

本来であれば、10数年振りに
留寿都の温泉に行くという、
壮大なスペクタルを繰り広げる
はず・・・だったのですが・・・。

まず私が、お尻に出来物が
出来てしまったために、温泉に入れず(苦笑)
そして一緒に行くはずのRYOさんが
風邪を引いてしまい風呂は厳しそうだ
という理由から、通常の旅に出ることに(苦笑)

ここぞという時、私のタイミングの良さは
意味がないくらいに本領発揮され、
実に残念で仕方がない・・・_| ̄|○

でもせっかくみんなでいくのだから、
何かしようぜということで、
小樽の「新南樽市場」へ行って
海鮮系を食べることにしました。

牡丹エビウニいくら丼という
超豪華な丼を食べたにも関わらず
写メ撮るのを忘れてしまうほど、
速攻で手をつけてしまい・・・
頭の悪さを露呈してしまったようです(苦笑)

でもウニは二口で終わっちゃったな(笑)
あれは・・・寂しかった。
でもウニ丼は高かったし、
値段の割にウニが少なそうな
写真のイメージだったので、
恐れ多くて頼めなかったよ。

次は溢れんばかりの
ウニ丼が食べたいものである(^_^;)

その後、デザートを食べようということで、
ウイングベイの「美園」の
ソフトクリームを食べることに。

しかし・・・ここでも写メを
取り忘れるという失態(苦笑)

心のシャッターで記憶を残すための
旅だったのかも知れんのぉ。

後はウイングベイ内のニトリを散策したりして
今回のぶらり旅は終了でした。

余談ですが我々が小樽へ到着したのは
午後2時半過ぎだったけど、
どうやら今日我々が移動したルートを
奥さんのお母さんも2時間ほど早く
同じルートを歩んでいたらしい。
もうちょっと早けりゃぁ~会えたのにね。

私の親は元気かのぉ~??(苦笑)

あでゅ~♪

てをつなごう だいさくせん

素敵な記事を見つけました↓

夢の共演!?ドラえもん、ミッフィー、
ピカチュウ、スヌーピー、エルモ…
企業の枠を超え人気キャラが集合!
「てをつなごう だいさくせん」

http://tinyurl.com/3ghkjud

teotsunago05_print-PostCard-VERTICAL.jpg

今までだったら絶対無理だった
人気キャラクターの共演です。

全ては子どもたちのために
少しでも笑顔にしていくべく
自分たちが出来ることを考えた結果が
こういう結果に繋がったんだと思う。

一民間人でさえ、被災地のことを
常に考えているというのに、
日本の政治家共は、
ホントに・・・情けない・・・。

多くの子どもたちが見えるように
したいとのことで、微力ながら
BLOGにUPしたいと思います。

まぁ~このサイトを見る
機会はないと思うけど(苦笑)

一日でも早い復興をお祈りします。

あでゅ~♪

HPリニューアル2

  • オタッキ~

これを数日前から書きたくて
仕方がなかったのですが・・・(苦笑)

どうしてリニューアルに至ったかというと
まぁ~以前リニューアルしてから
結構な月日が流れたので
作り直したいなぁ~という思いからです。

それと、これが決定打ですが
KAZのHPは、どんな媒体(PC・携帯・iPhone)でも
アクセス出来るようにしたかったため
ちょいとバラバラに作りすぎたという欠点から
更新するのに全部いじならないと
いけなくなり、非常に面倒だったのです。

とは言え、各媒体ごとに仕様は異なるので
全部を統一するのは不可能ですが
最低でも頻繁に更新する内容に関しては
統一出来るようにしたかったのです。

あと、無駄にページ分けしていたのもあり
リニューアルする度に、全部の変更も
非常に面倒なので、簡略化することでした。

んで簡略化出来るところは何か?
として考えたのが、「ライブ情報」と
「新曲情報」でした。

結果的に楽になる方法として
選んだのが「BLOG」を利用すること。

BLOGはPC向けというイメージもあるでしょうけど、
ちゃんと携帯向けに変換する技術があり
iPhoneにも対応出来る技術もあります。

例えば「WEB2.0 Labo」というサイト内にある

「Movabletypeで携帯サイト作成MT4keitai」
http://www.web2-labo.com/m/1816.html

というツールを使うと携帯でもBLOG記事が
表示されるようになります。

このようなものを使うことによって
BLOGであれば、一つの記事を書くだけで、
PC・携帯・iPhoneなど同時に反映されます。

ただ私のHPにはPC版・iPhone版だけですが、
TOPページに直近のライブ情報が
表示されるようにしておりまして、
これは分かりやすくするために
設置していたのですが、
これも毎回毎回、結構手間がかかります(苦笑)

んで考えたのが、BLOGは記事をUPすると、
RSSという更新情報を配信するための
文書フォーマットが書き出され、
それを上手く使えばいけると判断しました。

最近は、この手法を使ってTOPページに
最新記事のタイトルを表示させたりする
ページが増えています。

そこで見つけたのがフリーCGIの

「RSSリーダー RSS reader Type1」
http://www.candy-cgi.com/perl/RSS_reader_Type1.html

です。

これは使ってみると本当に便利で、
表示方法もCSSで指定出来るので、
CGI使える環境であれば使ってみると良いかも。
難点は「iframe」での吐き出しになるので、
面倒なことは面倒だろうけど、
一度やっちゃえば後は放置で良いので、
俺は楽になりましたよ。


これだけで、俺が設定するべき媒体は
一回だけで済むようになりました。
本当に楽になったよ(汗)

後は無駄なページをどう削除していくか。
取り敢えずアルバム紹介のページとか、
ネットラジオのページを一本化しました。
こんなもの複数にページを区切る必要は
なかったはずなんだけど・・・
気付いたらこうなってた(苦笑)
1ページ内で収めても別に見るのが
大変でもないだろし、問題なくできました。

後は上でも触れたけど、新曲情報ですね。
これはさすがに区切らないと意味分からんので、
BLOGを使って一本化させました。
ただ携帯と、iPhoneでの表示には
難があったので、別のCGIを利用して
この二つは統一させました。

コンテンツが多いのはページ作りには
非常に厄介ですが、どれもなくしていいものがなく
結局全部コンテンツは残してあります。
BBSもいらないかと思ったけど、
Twitterもmixiもfacebookもやってない人が
今日ライブちゃんとやるのか?
って知るにはBBSが楽なツールなんだよねぇ(苦笑)
だから残しておいた(笑)

世の中が、どんどんスマホになってくれると
多分携帯サイトは必要なくなるので、
とっとと、なってほしいものであ~る(苦笑)

取り敢えず細かく見ると、
結構細かいところとか修正されているので、
そういう点も見てもらえたらと思います。

あっ最後に、当サイトはアクセシビリティには
対応出来てないので、ご了承下さい(苦笑)

目指しては行きたいけど、
やりたいことが半減されちゃうので、
自分のサイトくらいは触れないでおきます。

長文失礼しました(苦笑)
これからもKAZのHPをよろしく!!

あでゅ~♪

初のライラック祭へ


ひょんなことからと言うか・・・
天気も良いし、今週しかやってない
情報を知った私は、職場のB型利用者の
みんなへ聞いてみました。

「ライラック祭いかね??」

思いの外、みんな行くとなり
飯を食べた午後から行くことに。

今日は本当に暖かくて・・・
いや暑くて・・・_| ̄|○
まぁ~でも外に出るには
良い一日だったと思います。

毎年ライラック祭をやっているのは
知っていながらも、ライラックを
そもそも知らないことが、まずダメね(苦笑)
でもこれは会場で分かりました(笑)

職場が西12丁目ということで、
7丁目会場から5丁目会場へ
遡ることにしました。

7丁目

ワインなどが飲める飲食コーナーでした。
既に昼飯を食べた後なので、
特別寄るところはなかったけど、
ワインを試飲出来るんじゃないか?
と、みんなが行くも有料ということで断念(笑)

rairack01.jpg

6丁目

喫茶コーナーや音楽ステージ、
キャンドル製作体験コーナーがありました。
危うく「キャンドル・ジュン」に
なってしまうところでした(苦笑)

rairack04.jpg

音楽ステージでは「IKU」という
女性のピアノ弾き語りがいて
ちょっとしか聴けなかったけど、
歌のレベルが高かったなぁ~。
メジャーの人であるらしい。
全部聴いてみたかったです、残念。

rairack03.jpg

rairack02.jpg

5丁目

ここのメインは体験コーナーで、
和紙ちぎり絵や、折り紙、
万華鏡、麦わら細工があり、
他に骨董品市もやってました。

みんなは折り紙体験と、
麦わら細工体験をしていて、
楽しそうでしたっが・・・
今日に限って日差しが強く、
体験室の中がひたすら暑くて
汗だくだったのは言うまでもない(苦笑)

rairack05.jpg

途中でラムネ飲んだりしながら
それなりに楽しめたし、
気分転換くらいにはなったのかなぁ?
と勝手に思ってたりします(苦笑)

また大通近辺で行事あったら
みんなに紹介するからねぇ~(汗)

あでゅ~♪

HPリニューアル

完結に(苦笑)

昨日から取り組んでいた
HPのリニューアルですが、
今し方、無事に終えました(汗)

詳細を書こうにも、もう疲れたので、
明日こそ普通に日記に取り組もうと
思っておりますので、お待ちあれぇ~(苦笑)

PC版のみですが、見てやってください↓

KAZ OFFICIAL PAGE
http://kaz-sing.com/index.html

あでゅ~♪

エレベーター・シンドローム

  • ふと思う事

ふと思う。

どうして、スタスタ一歩飛ばしで
階段を駆け上がれる人や、
乗るべき電車が来た瞬間に
ダッシュ出来る人などが、
エレベーターに乗るために、
車椅子や、高齢者、
妊婦さん含む子ども連れを
無理矢理避けながら乗ることが出来るの?

いや・・・誤解があるとアレなので、
ちゃんと述べますが、別に乗ることを
否定するわけではないのです。

単に、明らかに先に優先すべき人から
目を逸らし、知りませんでしたっていう
雰囲気を醸し出してまで
無理に乗らなきゃならんの?

一本待てば良いんじゃないの?

車椅子に乗っている俺でさえ、
ベビーカーで移動するお母さん方が
いたら最低でも、先にどうぞっていうぞ。

譲り合いの精神をもとうじゃないか。
ただそれだけなんだよ(苦笑)

もしかすると、調子が悪いのかも知れないし、
足を痛めたのかも知れない。
仕事とかで疲れたのかも知れない。

健康そうに見えても、
何かしら階段やエスカレーターを
利用出来ない理由もあるんだと思う。

だから使っちゃダメなんて言うつもりはない。
使えば良いんですよ。みんなのものだから。
少しは譲る気持ちをもってくれってこと。

あくまでも個人的主観で述べてますから
間違ってる内容もあるかも知れんけど。

何回かあるんだが、俺の姿を見つけるなり、
連打で閉めるボタンを押している姿を見ると
結構イラッとする(苦笑)
そういう時は、てめぇ~降りろ!!
って言ってやりたくなる(苦笑)

少し詰めてくれれば乗れそうなのに、
敢えて動かず次にしなさいという
雰囲気を醸し出す時にも
やはりイラッとする(苦笑)

小さいことと言われれば、それまでですが、
俺等には代替え手段がないのですよ。
待つことが苦という訳でもないけど、
時に俺だって急ぐ時もある。
そういう時に上記の目に遭うと、
誰だってイラッとすると思うけどねぇ。

まぁ~俺も含めつつ広い心でありたいものである。

取り敢えず、時に譲り合いませんか?(苦笑)

あでゅ~♪

人生って

  • ふと思う事

人が生きていく様を表した言葉ですが、
やはり、そう簡単にいかないことも
人生なんだと思うんだよね。

心に余裕がない時ほど、
もうダメだ・・・とか、
最初から無理だったんだ・・・など、
否定的な気持ちに犯されて、
正常な判断さえも出来ないことも
多々あるんだろうけども、
後々に振り返ってみると、
あの時は辛かったけど・・・
何とかなるもんだよなぁ~
って思ったりも出来るはずなんだよね。

そういう心に余裕があれば、
乗り切れることの方が多いのも、
多分事実なんだとは思う。

とは言え、現時点での現状が
一切合切、希望が見えなければ
不安になるのが人間というもの。

困ったもんだ・・・(苦笑)

一時期は本当に否定的な
考えが頭をグルグル巡っていたけど、
ここ1カ月くらいはポジティブに
気持ちを切り替えていたので、
大丈夫!!何とかなる!!
と心から思うようにしています。

だから少しずつ人も増えてきたと思うし
個人見解で言えば、もう少しだって思ってる。

ここまでやってきたんだ。
頑張って行こうぜ!!

目の前の課題は解決してないけど、
それでも前向きにやんないと、
進むべき道も見えてこないよ。

俺にもう少し力があればなぁ~。
心配事も減らしていけるだろうに。

あぁ~寝る(苦笑)

あでゅ~♪

唯我独尊

誰がだ・・・_| ̄|○

全くもって意味が分からない状態から
スタートした本日の日記ですが・・・(苦笑)

奥さんの誕生会が今日ありました。

その中のエピソードの一つが
パワーストーンをプレゼントされた際に、
その説明文が一緒に含まれていて
内容を読んでいくと当たってるなぁ~
と素直に感心しきりだったことから

「KAZの場合のメッセージは唯我独尊だな!!」

と言われたのであった(苦笑)

だから、誰がだ・・・_| ̄|○

となったのです(笑)


一応意味を正確に知りたく調べてみた↓

唯我独尊(ゆいがどくそん)

この世で、自分ほど偉いものはいないとうぬぼれること。釈迦が生まれたときに七歩歩き、一方で天を指し、他方で地を指して唱えたという言葉と伝えられる。この世の中で自分より尊いものはいないという意味。


いくら俺が調子に乗るタイプであっても
自分が一番偉いと思ったことはないわ(苦笑)
そこまで愚かではない。

大体「偉い」という基準も、
この年になってくると、よく分からなくなるよな。

首相だから偉い ← そうかぁ?
売れてるから偉い ← そうかぁ?
社長だから偉い ← そうかぁ?
金を持ってるから偉い ← そうかぁ?
年上だから偉い ← そうかぁ?
男だから偉い ← そうかぁ?
人間だから偉い ← そうかぁ?

こうやって思いつく限りで見ても、
全く説得力もない程、
偉いという基準や意味合いが分からん。

偉そうというヤツはいるかも知れませんが
それだって端から見れば、
どこも偉い訳ではないので、
やはり「偉い」という本来の意味が見えません。

まぁ~意味なんてどうでもいいんだけど(苦笑)

あたしゃぁ~偉いって言われるくらいなら
単純に有名になって、CDが売れたいことを
切に考えてしまう愚かな人間ですよ(苦笑)


余談ですが・・・
奥さんの誕生会であるにも関わらず、
サプライズのケーキの登場に、
「誰のだろうね?」
というナイスなボケは書かずにはいられない(苦笑)

rie_birth.jpg

あでゅ~♪

やっときたぁ~やっときたぁ~

って、おせぇ~よ(苦笑)

おっと、これ以上言うと、
来年にひびいてきそうなんで
やめときます・・・(苦笑)

札幌市と札幌市教育委員会に
依頼していました「後援」の
正式決定通知が本日届きました。

kouen2011.jpg

まぁ~昨年OKもらっていて
今年はダメってことは
よっぽどではない限りないと思うけど、
それでも届くまでは不安だったのぉ。

と言うのも、昨年は口頭でざっくばらんに
予算計上を伝えていて、それで通ったけど
今年は少し理解してきたので、
ちゃんとした予算書を作って出したら、
予算書の中に図書券購入費を書いていて

なぜ、図書券なんですか?

という確認の電話があり、
それを説明して納得するまで数分かかり、
どうやら事細かく書いたことが
決定に至るまで時間がかかった様子です。

でも、その連絡が来るまでに
2週間は普通に過ぎていて、
確認電話から更に10日間経って
初めて決定するってのは、
いささか先生・・・じゃなく・・・
いささか時間がかかり
過ぎではないだろうか?(苦笑)

ここに、お役所tist・・・が
見栄隠れている気がします・・・(汗)

おっと・・・また愚痴になっちゃう(苦笑)

ですが・・・後援の威力は計り知れなく
燦々と輝く「後援」の2文字があるだけで、
公共的な場所でのポスター貼りとかは
許されるのです!!
同時に、対応も素晴らしく優しくなります。
ありがたやぁ~ありがたやぁ~m(_ _)m

取り敢えず、今年もお世話になります、
札幌市様、札幌市教育委員会様m(_ _)m

これで本格的にポスターとか作れるので、
To a heart of children Vol.2始動します!!
今年も多くの方々のご協力を
お願いすることになりますが、
是非ともよろしくお願いしますm(_ _)m

あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4