2011年10月の記事一覧

2011年10月31日のツイート

  • twitter

Mon, Oct 31

  • 19:21  ネット検索したら、結構あった(苦笑) 本当にチャラいね(笑) 今夜は何もないけど、パ〜リナイ!
  • 18:29  よく考えたら、チャラ語は、サンキュ〜で〜すと、君キャワイイ〜ねしか、知らないこの安直さ..._| ̄|○
  • 10:58  にしても、この時間帯の地下鉄は、マダムばかりて、君キャワイイ〜ね(苦笑)
  • 10:56  琴似にある、モンジェリという店によって、ケーキ買おうと思って行ったら、休み..._| ̄|○ タイミングの悪さに、サンキュ〜で〜す(苦笑)
  • 01:46  ちやみになんのコードですか? @maje_co: 美容師さんに好きなギターのコードは何ですかと聞かれ答えたらおしゃれですねーと言われた。変な話題だった。
  • 01:38  よし!そうしよう(苦笑)
  • 01:38  それよりも、彼らに歌詞を書かせた方が、いい気もしてくるなぁ〜。その方が、やりがいも出てくるんじゃないかな?
  • 01:36  そういやぁ〜夏に、オフィス夢羽のみんなにテーマソング作ってくださいよって言われてたが、多忙すぎて忘れてた(苦笑) ヒマになったし、取り組んでみますか!!
  • 01:32  だな(苦笑) @Komame_one: @KAZ_SING oh...今週は木曜が祝日なのがせめてもの救いです
  • 01:11  @Komame_one 昨日くらいだな(苦笑)  [in reply to Komame_one]
  • 01:05  @Komame_one 俺も休みたいわぁ〜(苦笑)  [in reply to Komame_one]
  • 00:51  エコヴィレッジ研究所収穫祭 - http://t.co/ms5nY8t5
Powered by twtr2src.

エコヴィレッジ研究所収穫祭

  • ライブ日誌

いろいろあった一週間でしたが
気分を入れ替えて、今日は歌ってきました。

そもそもエコビレッジって
どういう意味なのか?
実は良く分かってなかったんですが
簡単にまとめてみますと
・持続可能な食料自給
・持続可能なエネルギー
・持続可能な経済
・持続可能なコミュニティ形成

という内容を掲げて行われていて
世界では結構有名な言葉なんだそうです。

詳しくはコチラ↓
http://ecovillage.greenwebs.net/index.html

それでもイマイチ良く分かってないんですが
取り敢えず今日分かったことは
雄大な敷地を持つ長沼で
農業を勤しんでいる方の
田んぼの一部を借りて
自分たちで育てた米や野菜などの
収穫祭をやったとのことです(苦笑)


今回呼ばれた場所をGoogleマップで
見てみると・・・農地の真ん中を
示していて、さてどこなんだ?
と向かっていきました。

見渡す限り広い農地だらけの場所で
正直見つけるのは容易ではないと思いましたが
そこはGPSを搭載したiPhone。
住所を打ち込んでいくと、
ナビゲートしてくれて、あっさり着きました(苦笑)

現地に着くと一軒家があり、
そこが研究所というか、
体験塾をやっている場所なんだとか。

eco01.jpg

eco02.jpg

中に入れてもらうと大量の食材が
調理されていて、賑わっておりました。

さて皆さんご存じの通り、
食事の好き嫌いが激しすぎるKAZですが、
案の定・・・食べられるものは
限られてしまったのですが・・・_| ̄|○

でもおにぎりとか、きんぴらゴボウとかは
とっても美味しかったし、
何よりもデザート3種類ありましたが
非常に美味しかったです。
これはマジで美味くてお土産もらっちゃった。

ってかお前は何しに行ったんだと
言われたら困るので、ちゃんとライブレポします。

実は俺以外にもパフォーマーがいて
南京玉すだれの人とか、
民族系の音楽を演奏する人など
結構ジャンルは幅広かったです。

あれ?俺で大丈夫か?
とさえ思ったりもするけど、
そんなこと気にしたってしょうがないので、
普通に歌わせて頂きました(苦笑)

なんか家の中で歌っていたので、
アットホームな空間は歌いやすかったです。
距離が近いから、みんな真剣に聴いてくれるし
居心地が良かったですねぇ~。

先週まで気を張った日が続いていたから
ゆったり、まったりと、
リラックス状態で歌えたと思います。

eco03.jpg

偶然ファクトリーライブで
歌ったところを見てもらったことで、
今回声がかかったわけですが
こういう繋がりが本当に嬉しいです。

声をかけてくれた人は
雨竜高等養護学校の先生らしく
帰り際に、この冬に学校まで来て
講演や歌をうたってくれないか?
とお願いされました。
なので今度は滝川に行くことになりそうです。
平日ですが・・・(笑)
まぁ~そこはなんとかしようと思います。
折角の縁ですからね。

関係者の皆様、本当にありがとうございました。
やってぃ~も付き合ってくれてサンキュ~で~す(苦笑)

あでゅ~♪

曲目
01.太陽が僕らを照らすから
02.紙ひこうき
03.Message
04.希望の灯

「To a heart of children 2」ライブレポ

  • ライブ日誌

やっとレポを書く気力が湧いてきたので、
頑張って書いちゃうぞぉ~なんてノリで
お送りしたいと思っております(苦笑)

以下からライブレポになります。


当日はあいにくの天候で・・・
というよりかは雨・風が強くて
ライブを開催するには、若干お客さんの
足が遠のくような天気でした(苦笑)

それでも多くの方々が、わざわざ時計台まで
足を運んでくださり、ライブに参加していただけました。
本当にありがとうございました。

to_vol2_05.jpg



さて打合せの段階で、今年はどうしていこうか?
と話していくんですが、当然昨年よりパワーアップ
しているところを見せたいと思いますし、
どうしたら飽きさせずに見続けてもらえるか?
というのが最大の課題でした。

結果的に、どうだったのか?
と言われてしまうと、できたような・・・
できなかったような・・・(苦笑)

できなかった点は、ライブスタイルが
昨年とかぶった感覚は否めません。
弾き語りからのギターサポート入って、
ピアノサポート入って、また弾き語り。

できた点でいうと、演奏レベルの
質は上がったのかな?と。
例えばギターはツインでしたが
同じことは一切しませんでしたし、
個人的には少しだけストロークから
アルペジオを取り入れてもいきました。
曲の感じを最大に活かし、ボーカルコーラスも
重点に置いた曲もやったので、
地味なところではあるけども、
質は向上してると思うんです。

まぁ~来年も同じようなライブであれば
そろそろマンネリ化してしまいそうな
気もしてくるので、来年に向けては何かしらの
打開策は必要なんだと思います。
ありがたいことに、いろいろ繋がりもできてくるので、
もっと気楽な気持ちでお願いできるところは
お願いできていけたらと思っています。

来ていただけた皆様には、どう映っていたのか
ぜひ遠慮ないご意見を伺えたらと思います。

もう来年のライブ計画はスタートしているんですよね。

to_vol2_03.jpg



to_vol2_04.jpg




では、ここから曲解説をしていきたいと思います。

1曲目「君がヒーローになれ

これは昨年、このチャリティーライブをやる際に
作られた曲でして、ノリが良いってのが最初にあり、
さらに子どもたちへ向けたメッセージ性は
充分あると思って選びました。

2曲目「あの頃の夢

30歳になる際に作られた曲で、路上ライブでは
良く歌っていたんですが、歌詞の内容としては
今に一番当てはまっている曲だと思ったんですよね。

僕等が描いた未来
僕等に映した現実
僕等へ下した課題
僕等に出来ることと言えば・・・


原発の必要性も含めて、今こそ考える時期だと
思っているんですよねぇ~。
どうしても歌いたかった1曲です。

to_vol2_08.jpg



3曲目「I’m Home

これはHALLさんが作詞した歌で、
一緒にやるならという想いと、
子どもたちについて作った歌なので取り入れました。

to_vol2_06.jpg



4曲目「Peace

ライブのMCでも話しましたが、インチキコブクロを
取り敢えずやってみたくて挑戦した歌です。
みんなが思っている以上に、人のメロディーに
綺麗に重なるようにハモりを入れるって
実は相当難しいんです(苦笑)
新たな展開のライブを演出するには
充分効果はあったと思うし、
ハモりもほぼ完璧だったと思います。
一部からは綺麗なハーモニーでしたよって
言ってもらえたことが救いでした(笑)

5曲目「My Life

このライブ唯一のおふざけソングです(苦笑)
しかも、9年前に作った曲ですからね・・・
通常の演奏では全然面白くないということで、
オープニングアクトを飾ってくれた
ヤマガタユウジくんに、サポートギター入って
遊んでくれないか?と頼んでみました(笑)
バックギター入ると、こんなに違うのか?
と言いたくなるくらい格好いい曲になってました。

6曲目「太陽が僕らを照らすから

ヤマガタくんと一緒にやるなら
1曲ノリが良くてかっちょいい曲を
作りたいと思ってできた曲です。
あんまし評判は聞けませんでしたが
個人的には、すっごい気に入った曲になってます(笑)
エレキでジャンジャン弾けるものならば
弾きこなしたい曲になっています。
歌詞は、子どもたちを意識しつつも、
どこか復興応援ソングになっています。
この曲音源化したいなぁ~(苦笑)

7曲目「バイバイバイ(KANさんカバー)

ここだけレギュラー企画です(苦笑)
昨年同様、尊敬するKANさんの曲をやりたくて
選ばせていただきました。
KANさんの曲ってジャンルは満載で、
ノリが良いのも沢山あるんですけど、
時計台にあわせてやる曲になると、
ピアノがメインの曲になってくるので、
割と新しめな曲をセレクトしました。
当初は「愛は勝つ」という案もあったのですが
それではないと奥さんに拒否られました(苦笑)

8曲目「紙ひこうき

先日、イマジン音楽祭というイベントがあり、
子どもが書いた歌詞に曲をつけるということから
KAZが曲を付けさせていただきました。
実際に会場には歌詞を書いた子も来てくれて
実は一番今回の中で嬉しい出来事でした。
音源ではギターがメインでしたが
ピアノをメインとしたアレンジは
また違った感じで受け止めてくれたかなと思ってます。

to_vol2_07.jpg



9曲目「Message

まぁ~王道です(苦笑)
でも途中でピックが折れてしまって・・・
あれは本当に申し訳なかったですm(_ _)m

10曲目「Overture

本編ラストの曲です。
終わりはゆったりしたかったのと、
歌詞としては明日への繋がる意味合いも強いので、
一番あってる気がして選びました。
CDも発売しているしねぇ・・・(苦笑)

to_vol2_09.jpg



11曲目「なくしちゃいけないモノ

スローナンバーの後となれば
ノリの良い曲を選ぶのはセオリーかと思うんです。
最後の曲への複線なイメージです。

12曲目「希望の灯

今年のチャリティーライブでは
やはり最後に選ぶのは、この曲なんですよね。
この半年間、この曲と共に活動してきたし、
震災復興を願い作った曲だけに
想いはひとしおなんですよね。
今回のライブで一番評価の高い曲でもありました。
もっともっと多くの方に聴いてもらって
少しでも義援金にまわせればと思っています。

to_vol2_10.jpg




相変わらず振り返るには長い内容になったけど、
今年も無事にライブが終えれたことを
心より感謝したいと思います。

昨年以上に、このライブを作り上げることの
難しさを痛感させられましたし、
続けていくことの難しさも知りました。
だけど・・・俺たち若い世代が
これからは頑張って行かないといけない時代なんです。

できることからでいいので、
今一度、どうしていくべきなのか?
どういうことが求められているのか?
を一緒に考えていってもらえたらと
切に願う今日この頃です。

至らない点も多々あったかも知れませんが
協力していただいた皆さんには
何の問題もありません。
全ては発起人であり、実行委員長の私の責任です。
よりよいものを作り上げて、
来年以降に繋げていこうと思いますので
これからもご指導・ご鞭撻賜りたく存じます。

本当にありがとうございました。

あでゅ~♪

曲目
01.君がヒーローになれ
02.あの頃の夢
03.I’m Home
04.Peace
05.My Life
06.太陽が僕らを照らすから(新曲)
07.バイバイバイ(KANさんカバー)
08.紙ひこうき
09.Message
10.Overture
~Encore~
11.なくしちゃいけないモノ
12.希望の灯

 

ありがとうございました

ライブレポに関しては後日じっくり書くとして
まずは何よりもご報告と、来ていただいた
皆様に感謝のお礼を書くべきだと言うことで
日記を書いております。

354164_1378113555_30large.jpg



まずは報告から。(10/26訂正済み)

動員数:80名(実行委員購入含む)
売上総額(募金、CD売上含む):199,102円


内訳
路上ライブ:20.333円
CD90枚:45,000円
匿名寄付:12,340円
チケット売上(7時以降半額含む):78,000円
募金:43,429円


となります。

こうやってみると募金の多さが見えてきます。
話を聞いているとCDを買った時のおつりや、
クッキーを買ってくれた時のおつりなどは
多くの方々が寄付してくれたようです。
ありがたいことです。

何よりも驚いたのが・・・
総額の20万円越えです(苦笑)
金額聞いた瞬間に、本気で固まりましたから(汗)
正直、いったとしても15~16万円だと思っていたので、
遙かに超える数字に一瞬意味が分かりませんでした。

スタッフとなってくれた皆さんも
チケットを購入してくれたし、
ボランティアさんも募金してくれました。

昨年からスタッフも購入するのか?
と自問自答はしていたんですが
実行委員会の話し合いの際に
買いましょうよと言ってくれたのが、
個人的には凄い嬉しかったんですよね。

やっと2年目にして、みんながちゃんと
意見を持って話すことができた上での
結果だったので喜びはひとしおです。


さて昨年でた課題については、
今年はクリアしていこうとなりました。

スタッフの人員不足はボランティアさん含め
CATWORKSさんの田中さんや
KANオフの中からも協力いただき
19人の人を配置することができました。
それによって移動に時間のかかる方々の
誘導などはスムーズに行えたと思います。
さらに誘導については正面入り口には4名配置し
裏側の入り口にも1名配置し
時計台見取り図なども導入しました。

to_vol2_01.jpg



to_vol2_02.jpg



それにしても役割分担をはっきりさせたので
思いのほか、全体的に上手くいきました。

他にもパンフレットを作成したり、
演目も入れましたし、ある程度のことは
実行できたかなと思っております。

とは言え新たな課題も浮き彫りになりましたが(苦笑)
でも、それは次の時に改善できれば良いんです。
それが続けていくことだと思っています。



それにしても当日は予報は思いっきり外れ
相当な悪天候ではあったんですが、
多くの方々が足を運んでくださいまして
申し訳ない気持ちで一杯だったし
来るのが大変だったろうなぁ~とも思いました。

人間の心理として明らかに
あぁ~今日は止めようとか考えると思うんですよね。
でもそれは責めることではないし、
それ以上に悪天候だろうが見に行きたいと思える
魅力ある歌い手にならないとダメなんですよね。

そんな中でも来てくれたことに
企画の責任者として、心より御礼申し上げます。

KAZの歌が聴きたいから、
KAZを応援してやろうと思ってるから
イベントの趣旨に賛同したから、
知り合いに聞いたから、
たまたま通りがかったからなど
いろんな想いのもと集まってくれた。
本当にありがたいことです。

あの空間に集まってくれた皆さんとは
少なからずスタッフも含め、
同じ想いを共有できたのかな?と思っています。

まぁ~ただの自惚れかも知れませんが(苦笑)

先日、イマジン音楽祭で歌詞を書いた
女の子も招待したら来てくれて
あれも嬉しかったです。


今回の売上総額については
責任を持って東北2県の児童養護施設へ寄付しますので、
皆様の気持ちや想いは必ず届けます。

復興支援も含めて、KAZはこれからも
このTo a heart of childrenという
イベントは続けていきますので、
どうかこれからも応援していただけたら幸いです。
そしてご協力いただければ幸いです。


KAZ一派のみんな、KANオフのみんな、
CATWORKSの田中さん、
北海道教育大学のボランティアの皆さん、
オフィス夢羽のみんな、
そして会場にきていただいた皆様、
本当にありがとうございましたm(_ _)m

あでゅ~♪

 

いよいよ

チャリティーライブも明日となりました。

今日は昼から業界用語で「ゲネプロ」という
最終リハをやって練習は終えました。
オープニングアクトのヤマガタユウジくんも
わざわざ横浜から駆けつけてくれまして
練習にも付き合ってくれました。

基本的にやり残しがないか?
と言えば嘘になるかも知れませんが
取り組むスタンスとしては
やり残しはありません。

しいての不安は声が出るかどうかだけ(苦笑)

でも声に関しても、まぁ~大丈夫だろうと
勝手に思っています(笑)
明日のために結構な緊張感を持って
過ごしてきましたから、明日の朝いきなり
風邪を引くということも多分ないかなと。


今回もいろいろ仕込みを入れて
何とか飽きさせずに、楽しく、
素敵な音楽の空間を演出できればと
取り組んでいます。

尊敬するKANさんのカバーも1曲やります。

いろいろな仲間がバックサポートをしてくれます。

そして多くの方々がKAZを応援してくれます。

本当にありがたいことです。

だからこそ、次の世代に繋がっていけるように
私たちは、この活動を続けていこうとしています。
今年はさらに大震災で被災された方々への
復興応援も兼ねています。
現地に行けるわけではありませんが
遠い場所からの声が少しでも
届くことを切に願っています。


まずは明日、頑張って歌いますので、
お時間のある方は、ぜひ来てやってください。
よろしくお願いします!!

KAZ チャリティーライブ2011
To a heart of childrenⅡ


日時:2011年10月23日(日) OPEN~18:00 START~18:30
場所:札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台2Fホール
チケット:1000円(18歳未満無料)
主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会
有限会社ことのは舎・わーく木の葉
Office夢羽・CATWORKS
協力:英国式リフレクソロジー かもみぃる
オープニングアクト:ヤマガタユウジ

あでゅ~♪

あと3日

だんだんと日程が迫ってきて
練習に勤しんでおりますKAZです(苦笑)

もうここまでくると、自分ができる宣伝は
ほとんどないので、イベンターから
プレーヤーへ意識を変えようと思っています。

取り敢えず自分が用意するものは
おそらく全て作ったし、
前日にいくら騒いでも仕方ないので、
もう当日終わるまでは余計なことは
考えないことにします。
まぁ~当日色々あったとして、
苦情・要望とうは終わった後で
いくらでも聞きますので、
終わったら好き勝手いってください(苦笑)

今日、明日、明後日は練習はするけど、
あとは疲れすぎた体を休めることに
集中出来たらなぁ~と思ってます。

結局、報道各社の皆様は
じゃんねんなぎゃら、音沙汰はなく・・・
その点だけ残念だけど、
続けていくことで向こうから
取材させて下さいとまで
言わせてやろうと思っているので、
今年は大人しくしよう(苦笑)

でも一派を含め周りの皆さんが
積極的に宣伝してくれているのが
非常に嬉しくて、本当にありがたいです。
ご協力感謝します。


よし今日も色々あったが・・・
今から少し練習して早めに寝ることにします。
頑張るぞぃ!!

KAZ チャリティーライブ2011
To a heart of childrenⅡ


日時:2011年10月23日(日) OPEN~18:00 START~18:30
場所:札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台2Fホール
チケット:1000円(18歳未満無料)
主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会
有限会社ことのは舎・わーく木の葉
Office夢羽・CATWORKS
協力:英国式リフレクソロジー かもみぃる
オープニングアクト:ヤマガタユウジ

是非、よろしくお願いしますm(_ _)m

あでゅ~♪

2011年10月19日のツイート

  • twitter

Wed, Oct 19

  • 22:25  それでも私は、音を奏でる歌い手なのだよ。なんだかんだいっても、絶対にライブは成功させてやるんだけどな(笑)
  • 22:23  じぇ〜んじぇん、練習する時間が取れないのは、音楽人としていかがなものか(苦笑) やること山ほどあるしさぁ〜。誰か、こまけぇ〜こと代わりにやってくれ(泣)
  • 22:17  中央区部会を早めに切り上げて、職場に戻り、今まで軽作業やってました(苦笑) Iさんは、今もやっています(汗) もう軽作業いらねぇ〜_| ̄|○
  • 18:01  これから中央区部会なぅ(苦笑) 既に眠たいし、疲れたよ(汗)
  • 12:58  アムロ行きま〜す(苦笑) http://t.co/HzzYsvZd
  • 10:49  少し暖かいのが、今日は救いだのぉ(苦笑) 眠たいわぁ〜。
  • 01:32  @nyaa523 Twitterとmixiボイスに対応してんの?  [in reply to nyaa523]
  • 01:27  んで、似たようなの探して使ってるけど、動作がイマイチでのぉ。なんか、しっくりこない(苦笑) ってか、mixiに反映されるのが遅いから同期したくないだけなんだけど、でも、そこが普通に重要なんだなぁ〜。
  • 01:24  なかなか都合のいい、アプリってないなぁ〜。俺は単純にTwitterとmixiボイスに同時に投稿できて、お互いのタイムラインが見れたらいいんだけど(苦笑) 気に入っていたやつが、開発終了となりiOSアップデートしたら落ちるようになったから使えないんだよね..._| ̄|○
  • 00:55  あらたなアプリをためすなぅ(苦笑)
Powered by twtr2src.

2011年10月18日のツイート

  • twitter

Tue, Oct 18

  • 19:26  今日はさすがに寒いのぉ(苦笑)
  • 14:00  永遠なのかぁ~本当かぁ~♪ ( #docomo live at http://t.co/nTgSDhgZ)
  • 13:58  真希真希ぃ~(苦笑) ( #docomo live at http://t.co/nTgSDhgZ)
  • 13:58  Ustreamの「docomoOfficial」にチェックイン! http://t.co/nTgSDhgZ
  • 10:52  寒いと予報にあったから、冬用の上着を着たら、久々に着るもんだから、時間かかっちゃって(苦笑) して、動きづらい(泣)
  • 00:19  KANオフの皆さんが、チャリティーライブの宣伝をしてくれています。本当にありがとうございますm(_ _)m KAZ一派のみんなも宣伝を頑張ってくれています。いつもありがとうございます。
  • 00:16  2011年10月17日のツイート - http://t.co/f9YkQRhJ
Powered by twtr2src.

2011年10月17日のツイート

  • twitter

Mon, Oct 17

  • 07:33  RT @mypl_sapporo: [イベント]「To a heart of children」Vol.2 http://t.co/Eae1NGyC
  • 06:12  一人留守番終わり(苦笑)
  • 06:01  何となくiOS5についてわかってきた。公式Twitterアプリは、写真投稿システムがえらべるけど、標準のを指定しないと、まだダメみたい(苦笑) yfrogとかは、ダメなのね..._| ̄|○
  • 05:33  静かに、AIR-G聴けるのって、素敵やん(苦笑)
  • 05:30  こんな穏やかな日は、いついらいだろうか・・・_| ̄|○
  • 05:29  iPhone4使ってた人が、iOS5にした後で、twitterの公式アプリで写真を投稿しようとしたら、必ず下書きにならない??何回やっても下書きになっちゃうんだけどさぁ~誰に言えばいいの?(笑)
  • 05:20  職場、誰もいないなぅ(苦笑) 気楽でいいのぉ(笑)
  • 02:49  お金に困らない人生をプレゼントしてちょ(苦笑) #サンタさん今年のプレゼントこれでお願いします
  • 01:44  腹減ったなぁ〜。昨日の夜は結構食ったしなぁ〜(苦笑)
Powered by twtr2src.

帰ってきた気ままにMy Life 3回目更新

もう他に宣伝方法がないということで
最後の悪あがきを兼ねて、
ネットラジオを更新することにしました。

今回の内容は、ほぼ宣伝ですが
後半のダジャレのコーナーは
結構みんなが投稿してくれたので、
ダジャレコーナーが盛り上がってます(苦笑)

お時間のある時に聴いてもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いしま~~~すm(_ _)m

帰ってきた気ままにMy Life 3回目




KAZ チャリティーライブ2011
To a heart of childrenⅡ


日時:2011年10月23日(日) OPEN~18:00 START~18:30
場所:札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台2Fホール
チケット:1000円(18歳未満無料)
主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会
有限会社ことのは舎・わーく木の葉
Office夢羽・CATWORKS
協力:英国式リフレクソロジー かもみぃる
オープニングアクト:ヤマガタユウジ

是非、よろしくお願いしますm(_ _)m

あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4