eye.jpg

イマジン音楽祭

  • ライブ日誌

久々にリアルタイム日記です(苦笑)

2年前に縁があって出演させていただいた
イマジン音楽祭に今年も出演させていただきました。

まず端的に感想を述べると、
楽しかったなぁ~の一言です。
以前と比べると知った名前の大物さんが
いなかったので、個人的には
本番が始まるまではお客さんが入るかな?
など勝手に心配しておりましたが、
余計なお世話でした(苦笑)

普通に席は埋まっていましたし、
結果的にネームバリュー的な
ミュージシャンをあてるよりも、
真剣に、このイベントに取り組む
アマチュアミュージシャンの方が
よっぽど実りのあるイベントになったと思います。

一人一人個性的だったし、
曲調も様々でした。
小学生の合唱団も良かったしねぇ。

当然2年前の出演者の皆さんは
大半が知った名前の方々でしたから
そう考えたら、曲のクオリティなどの
高さは今よりもあったのかも知れないけど、
それでもいろいろなパターンの歌い手がいる
今年の方が、お客さんの視点で見ても
素直に楽しかったんじゃぁ~ないかなぁ。

昨年のはお客さんでいったこともあり、
正直、言うほど面白くなかったんだよね。
自分が出ていないからということは
完全に抜きにしても、特に名前が知れた
歌い手さん方が、やっつけ仕事に見えちゃって、
本当に残念に思えたんですよ。

だからこそ、今年は重要な年になるなと
思ったし、お客さんの収容含めて
上手くいくことを願っていました。
ステージ側から見た感じでも、
多くのお客さんが集まってくれたし
良いイベントになったと思います。


さて、肝心のKAZのライブはどうだったのか?
と言いますと・・・(苦笑)

まず先週は仕事が忙しすぎたのと、
でっき~のせいで体調が悪すぎたので、
ほとんど練習出来なかったので・・・
これは危険な感じはしました(汗)

んでリハを始めると、1曲目は大丈夫でしたが
2曲目・・・指がつる一歩手前でした(苦笑)

作った曲のコード設定が間違ってないんだけど、
基本的に移動の激しい進行なので、
あっちいって、こっちいってと
対して練習出来てない俺には
まだ早かったようで・・・。
リハは本当にズタボロでした(苦笑)

仕方ないから急遽空き時間を使って
弾きやすいコードに変更して
ひたすら練習していたら
取り敢えずいけることが分かり
カポ2の「E」から、
カポ4の「D」になりました(笑)

でもねぇ~カポを真ん中まで付けると
ミニギターは特に、音がちゃっちくなるので
正直上げたくはなかったけど、
あれ以外の方法が短時間で見つかることは
皆無に等しかったので・・・
まぁ~あれはあれで良かったのでしょう(苦笑)


本番に至っては、1曲目からスイッチ入って
声は出ていたようですよ(苦笑)
個人的には、しゃがれ感もあったけど、
終わってみれば問題なしです。

そして2曲目・・・作詞者の子との対面です。

考えてみれば2年前の時だって
目の前にいたはずなんだけど
結局会うことはなかったし、
ステージに上がることもなかったので、
緊張するには至らなかったけど
今回は全く状況が違って・・・
作詞者の子がステージに上がって
その子を目の前にして歌うわけですから
これは結構緊張しました(苦笑)

不安要素だらけの中、歌うしかなかった(笑)
だってそうでしょ??
演奏は先程コード替えたからいけるのか?
ちゃんと声は出るのだろうか?
そもそも曲は気に入ってもらえるのか??
苦労して作った歌い手としては
これほど緊張感のあるステージはありませんよ(汗)

歌い終わったらね、その子は言ってくれましたよ。
「私の想いをしっかりと
受け止めた曲になってました」
って・・・。
なんて大人びたコメント。
おじさんは全てが終わってホッとしたよ(苦笑)

ライブ後、また会うことが出来て
2週間後の、チャリティーライブにも
都合が付けば来てくださいって言ったら
「行きたいと思っています」
って言ってくれましたよ。
本当に来てくれたら嬉しいなぁ~。
こういう繋がりも増えていくと良いよね。

なんか、また違った意味合いでの
参加出来て良かったと思えるイベントでした。

imagin01.jpg

出演者の皆さん、
イマジン実行委員会の皆さん
ちえりあスタッフの皆さん
そして、見に来ていただいたお客様
本当にありがとうございました。
来年、再来年も続いていきますので、
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

さぁ~次は俺の番だな!!
頑張らねば!!

あでゅ~♪

曲目
01.希望の灯
02.紙ひこうき(新曲)

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4