eye.jpg

「To a heart of children 2」ライブレポ

  • ライブ日誌

やっとレポを書く気力が湧いてきたので、
頑張って書いちゃうぞぉ~なんてノリで
お送りしたいと思っております(苦笑)

以下からライブレポになります。


当日はあいにくの天候で・・・
というよりかは雨・風が強くて
ライブを開催するには、若干お客さんの
足が遠のくような天気でした(苦笑)

それでも多くの方々が、わざわざ時計台まで
足を運んでくださり、ライブに参加していただけました。
本当にありがとうございました。

to_vol2_05.jpg



さて打合せの段階で、今年はどうしていこうか?
と話していくんですが、当然昨年よりパワーアップ
しているところを見せたいと思いますし、
どうしたら飽きさせずに見続けてもらえるか?
というのが最大の課題でした。

結果的に、どうだったのか?
と言われてしまうと、できたような・・・
できなかったような・・・(苦笑)

できなかった点は、ライブスタイルが
昨年とかぶった感覚は否めません。
弾き語りからのギターサポート入って、
ピアノサポート入って、また弾き語り。

できた点でいうと、演奏レベルの
質は上がったのかな?と。
例えばギターはツインでしたが
同じことは一切しませんでしたし、
個人的には少しだけストロークから
アルペジオを取り入れてもいきました。
曲の感じを最大に活かし、ボーカルコーラスも
重点に置いた曲もやったので、
地味なところではあるけども、
質は向上してると思うんです。

まぁ~来年も同じようなライブであれば
そろそろマンネリ化してしまいそうな
気もしてくるので、来年に向けては何かしらの
打開策は必要なんだと思います。
ありがたいことに、いろいろ繋がりもできてくるので、
もっと気楽な気持ちでお願いできるところは
お願いできていけたらと思っています。

来ていただけた皆様には、どう映っていたのか
ぜひ遠慮ないご意見を伺えたらと思います。

もう来年のライブ計画はスタートしているんですよね。

to_vol2_03.jpg



to_vol2_04.jpg




では、ここから曲解説をしていきたいと思います。

1曲目「君がヒーローになれ

これは昨年、このチャリティーライブをやる際に
作られた曲でして、ノリが良いってのが最初にあり、
さらに子どもたちへ向けたメッセージ性は
充分あると思って選びました。

2曲目「あの頃の夢

30歳になる際に作られた曲で、路上ライブでは
良く歌っていたんですが、歌詞の内容としては
今に一番当てはまっている曲だと思ったんですよね。

僕等が描いた未来
僕等に映した現実
僕等へ下した課題
僕等に出来ることと言えば・・・


原発の必要性も含めて、今こそ考える時期だと
思っているんですよねぇ~。
どうしても歌いたかった1曲です。

to_vol2_08.jpg



3曲目「I’m Home

これはHALLさんが作詞した歌で、
一緒にやるならという想いと、
子どもたちについて作った歌なので取り入れました。

to_vol2_06.jpg



4曲目「Peace

ライブのMCでも話しましたが、インチキコブクロを
取り敢えずやってみたくて挑戦した歌です。
みんなが思っている以上に、人のメロディーに
綺麗に重なるようにハモりを入れるって
実は相当難しいんです(苦笑)
新たな展開のライブを演出するには
充分効果はあったと思うし、
ハモりもほぼ完璧だったと思います。
一部からは綺麗なハーモニーでしたよって
言ってもらえたことが救いでした(笑)

5曲目「My Life

このライブ唯一のおふざけソングです(苦笑)
しかも、9年前に作った曲ですからね・・・
通常の演奏では全然面白くないということで、
オープニングアクトを飾ってくれた
ヤマガタユウジくんに、サポートギター入って
遊んでくれないか?と頼んでみました(笑)
バックギター入ると、こんなに違うのか?
と言いたくなるくらい格好いい曲になってました。

6曲目「太陽が僕らを照らすから

ヤマガタくんと一緒にやるなら
1曲ノリが良くてかっちょいい曲を
作りたいと思ってできた曲です。
あんまし評判は聞けませんでしたが
個人的には、すっごい気に入った曲になってます(笑)
エレキでジャンジャン弾けるものならば
弾きこなしたい曲になっています。
歌詞は、子どもたちを意識しつつも、
どこか復興応援ソングになっています。
この曲音源化したいなぁ~(苦笑)

7曲目「バイバイバイ(KANさんカバー)

ここだけレギュラー企画です(苦笑)
昨年同様、尊敬するKANさんの曲をやりたくて
選ばせていただきました。
KANさんの曲ってジャンルは満載で、
ノリが良いのも沢山あるんですけど、
時計台にあわせてやる曲になると、
ピアノがメインの曲になってくるので、
割と新しめな曲をセレクトしました。
当初は「愛は勝つ」という案もあったのですが
それではないと奥さんに拒否られました(苦笑)

8曲目「紙ひこうき

先日、イマジン音楽祭というイベントがあり、
子どもが書いた歌詞に曲をつけるということから
KAZが曲を付けさせていただきました。
実際に会場には歌詞を書いた子も来てくれて
実は一番今回の中で嬉しい出来事でした。
音源ではギターがメインでしたが
ピアノをメインとしたアレンジは
また違った感じで受け止めてくれたかなと思ってます。

to_vol2_07.jpg



9曲目「Message

まぁ~王道です(苦笑)
でも途中でピックが折れてしまって・・・
あれは本当に申し訳なかったですm(_ _)m

10曲目「Overture

本編ラストの曲です。
終わりはゆったりしたかったのと、
歌詞としては明日への繋がる意味合いも強いので、
一番あってる気がして選びました。
CDも発売しているしねぇ・・・(苦笑)

to_vol2_09.jpg



11曲目「なくしちゃいけないモノ

スローナンバーの後となれば
ノリの良い曲を選ぶのはセオリーかと思うんです。
最後の曲への複線なイメージです。

12曲目「希望の灯

今年のチャリティーライブでは
やはり最後に選ぶのは、この曲なんですよね。
この半年間、この曲と共に活動してきたし、
震災復興を願い作った曲だけに
想いはひとしおなんですよね。
今回のライブで一番評価の高い曲でもありました。
もっともっと多くの方に聴いてもらって
少しでも義援金にまわせればと思っています。

to_vol2_10.jpg




相変わらず振り返るには長い内容になったけど、
今年も無事にライブが終えれたことを
心より感謝したいと思います。

昨年以上に、このライブを作り上げることの
難しさを痛感させられましたし、
続けていくことの難しさも知りました。
だけど・・・俺たち若い世代が
これからは頑張って行かないといけない時代なんです。

できることからでいいので、
今一度、どうしていくべきなのか?
どういうことが求められているのか?
を一緒に考えていってもらえたらと
切に願う今日この頃です。

至らない点も多々あったかも知れませんが
協力していただいた皆さんには
何の問題もありません。
全ては発起人であり、実行委員長の私の責任です。
よりよいものを作り上げて、
来年以降に繋げていこうと思いますので
これからもご指導・ご鞭撻賜りたく存じます。

本当にありがとうございました。

あでゅ~♪

曲目
01.君がヒーローになれ
02.あの頃の夢
03.I’m Home
04.Peace
05.My Life
06.太陽が僕らを照らすから(新曲)
07.バイバイバイ(KANさんカバー)
08.紙ひこうき
09.Message
10.Overture
~Encore~
11.なくしちゃいけないモノ
12.希望の灯

 

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4