eye.jpg

雨竜高等養護学校訪問

  • ライブ日誌

縁あって札幌ファクトリーで
歌っていたところを偶然みてもらい
10月には長沼に呼んでもらって
呼んでくれた方が、たまたま養護学校の
先生だったという奇跡的な流れのもと
雨竜高等養護学校へ行ってきました(笑)

雨竜高等養護学校といえば、
映画好きであれば山田洋次監督の
「学校Ⅱ」という映画の舞台になった
養護学校なんですって。
俺も映画は見たこともあり、
印象に残っていたので、
よ~く覚えております。

さすがに滝川より北にある雨竜郡。
雪はめっちゃありました(苦笑)
北上していくごとに雪の割合が増し
太陽と雪が合わさり非常に眩しかったです。

長沼に引き続き、やってぃ~に同行
してもらったのですが、
当初スタッフとしていったのですが
蓋を開けてみれば、やってぃ~も
プチ講師を依頼され、二人で熱く語ってました(苦笑)

さて着くなり音楽室へ通され、
ライブの準備に取りかかります。
既に席は用意されていて、
40席以上あったと思います。

時間になるとわんさか学生さんが溢れ
あっという間に埋まってました(笑)
高校2年生の学生さんが集まったので、
まだ16~17歳といわれ随分若いなぁ~
と現実を受け止めざるを得ませんでした(苦笑)

基本的にはオリジナル曲を
やらせていただきましたが
みんな素直に聴いてくれて
これが午後からだったら
もうちっと良い声を披露できたかなと
悔しい想いになりました(笑)

uryu01.jpg

内の職場にも雨竜高等養護学校の卒業生さんがいて
その彼の印象が強かったので、
正直、重度の知的の方が多いのかなぁ~
と勝手ながら思っていましたが
割合的には、そんなに多くはないようです。
話をすると普通に返してくれるし
容赦なく質問してくれるし
イメージは変わった気がします。

曲は分かりやすい曲をセレクトしまして
smile、紙ひこうきなどを最初に歌い
一応クリスマス時期なのでSanta Stationも
久々に歌ってみたりして
ありがとうも歌わせていただきました。

uryu02.jpg

ありがとうに関しては、みんな知ってると
言い始めたので絶対にいきものがかりと
勘違いしている可能性もあったので、
完全に否定させていただきました(苦笑)

最後に知っている曲を一緒に
歌いたいなぁ~と思って
翼をくださいをセレクトすると
みんな良い声で一緒に歌ってくれました。
歌が好きなんだなぁ~と嬉しかったです。

完全に俺が歌い終わると
今度は逆に学生さんから俺らに
歌のプレゼントをしてくれて
それも非常に嬉しかったです。
本当にありがとうございました。

学生さんの歌声に助けられ
演奏のミスも誤魔化しながらも(苦笑)
無難にライブが終わると、
次に待っていたのはプチ講師・・・。
実はこれは結構困った(汗)

取り敢えずは話す内容などは
こういうことを話して欲しいと言われていたので
それを無難に話していくしかないと思い
自分が働いている場所のこと
自分の生活状況や、歩んで来た流れや
社会に出るにあたっての大事なことなど
分かりやすく話すことはできたかなと
個人的には思っているのですが・・・
どうだったんでしょうかねぇ~(苦笑)

uryu03.jpg

一問一答形式だったこともあり
何とか終えることができた感じではありました。

uryu04.jpg

uryu05.jpg

一緒に行った、やってぃ~も話す場を与えられ
教員免許を持っているだけあって
単純に俺も感心しちゃいました(笑)

uryu06.jpg

何はともあれ学生さんと触れ合うことができて
俺も勉強になったし、
こういう場を設けてもらえたのは
素直に嬉しかったです。
こういう機会も増やしていきたいなと
思った今日この頃でした。

呼んでいただいた先生、
並びに雨竜高等養護学校の他の先生方
半日も俺たちに付き合ってくれた学生さんたち
本当にどうもありがとうございました。

最後は寒い中、車に乗るまで見送ってくれたこと
申し訳ない気持ちもありつつ、
とても嬉しかったです。

あの中の誰かが、いつか一緒に働くことが
できたら、それはそれで嬉しいなと思っています。
肩の力を抜いて、社会に出てきてください。
僭越ながら応援しております。

あでゅ~♪

曲目
01.smile
02.紙ひこうき
03.Santa Station
04.ありがとう
05.翼をください

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4