eye.jpg

「To a heart of children 3」ライブレポ

  • ライブ日誌

長くならないように書いていきたいと思いますが
多分長くなると思うな・・・(苦笑)


今年はライブに集中できるようにしようと
実行委員会での打合せの段階で話がありまして
当日の全体状況を把握する
総合プロデューサーという位置付けを
決めたことによって、本当に歌うことに
集中できたと思います。

まぁ~伝言等、私の伝え忘れもあり
四苦八苦したとは思うんですが・・・
その点は、申し訳なかったです(苦笑)
以後気を付けたいと思います(汗)

同時に外部からのボランティアさんも
多く参加してもらえたことも
初であるんですが、特に問題等も
起きることなく、終えられたも大きかったです。
逆にお願いした仕事があっさり終わってしまい
それが申し訳ない気持ちもありますが
参加していただけた皆さん、
本当にありがとうございました。


一応反省点も上げると・・・
やっぱお客様の集客が例年以上に
少なかったのは素直に反省すべき点だと
思うんですよねぇ~・・・。
いろいろな要因もあるのは良く分かってるし
誰が悪かったというわけでもなく
宣伝方法は、もっと出来ることもあったと
振り返ると思ったりもするので、
来年は、もっと宣伝頑張っていこうと思います。

他にも反省点は多々あると思いますが
それは後の打ち上げ&反省会で
いろいろみんなから出してもらおうと思います(苦笑)

 

to_a_heart_of_children_vol.3 018.JPG

 

さて・・・そろそろ本題のライブレポです(苦笑)

今回のセットリストについては
音楽家KAZを一番良く理解しているだろう
RYO氏と共に、作戦会議を経て決まりました。

そのセットリストを、ヤマガタユウジくんに託して
どうしていこうかと議論を重ねて、
どういうわけか・・・やまちゃんの出番が
異様に多くなってしまう展開は
完全に頼りすぎ感満載な感じになりました(汗)

それでも俺は歌に集中することが
いつも以上に出来たと思うので、
全体的に見ても、満足のいく歌い方は
出来たと思うし、ライブも良かったと思います。


では、曲解説に入って行きます。

でも、その前にオープニングMCの部分から(汗)
今までKAZ一派のRYOさんが続けて来ましたが
仕事の関係で間に合わないこともあり、
MCを改めて誰かに決めないといけない
事態になりまして、ある程度しゃべれて
臨機応変に対応できるキャラということで、
MCシヴァーさんになりました。

 

to_a_heart_of_children_vol.3 128.JPG

 

改めて録音を全て聴いてみると
アンコール部分の、お客さんへの
煽り方などは、何にも問題ありませんでした(苦笑)
逆に煽り方がプロだとさえ感じました。

まぁ~来年も継続かは一応話し合いますが
多分みんな否定しないだろうなぁ・・・(笑)


さらに、その前にオープニングアクトから(苦笑)

今回、いつもお世話になっています
俺みたいなアマチュアからすると
偉大すぎて、その人をオープニングアクトに
するのか?という総突っ込みを受けそうな
いなむら一志さんにお願いをしました。

 

to_a_heart_of_children_vol.3 140.JPG

 

ただ、チャリティーライブの次の日に、
イマジン音楽祭を控えていて
実際に来られるのか来られないのかが
直前まで分かっておらず、会場に向かう
車の中で電話がかかってきまして
少しだけ参加できそうだと連絡をもらい
本当に急遽決まった次第でした(苦笑)
これに至っては、総合Pや、エバタさん
伝え忘れていて、ごめんなさいm(_ _)m

いなむらさんは、ラジオをずっと
続けていただけあって、落ち着いた声のトーンで
俺に対する想いや、子どもたちへの想いも
静かに語ってくれました。

そんな中で歌ってくれた曲は
イマジンを、いなむらさんが日本語詞をつけた
歌をうたってくれました。
時計台を包み込むような歌声で
本当に素晴らしかったです。
ありがとうございました。


1曲目「Image

この曲は、結構ネガティブな歌であるので
トップに持ってきても良かったのか
当日歌うまで思っていたけど、
でも、やまちゃんがオープニング用に
SEを作ってくれていて、それがあまりにも
素敵すぎたので、チャリティーライブ初にして
SEからのライブスタートとなりました。
思いのほか、Imageという曲も雰囲気に合っていて
それをチョイスしたRYOさんはすげ~なぁ~って思った(笑)
お客さんや、いなむらさんの評価が高い曲でした。

2曲目「君がヒーローになれ

前半を飛ばしていく意味でも、
勢いのある、この曲を選びました。
この曲は今年結構歌っているんだけど
子どもたちへ向けて作った曲ながら
結局ヒーローなんていないって
言ってんじゃんって最近突っ込まれました(苦笑)
でも心の中にヒーローはいるよと
最後は終わっているんですよ(笑)

 

to_a_heart_of_children_vol.3 192.JPG

 

3曲目「太陽が僕らを照らすから

基本的に、今一番気に入ってる曲です(笑)
振り返ってみると、今年はMessageよりも
多く歌っている曲になると思います。
サビの部分の歌詞も気に入ってるし
メロディーラインも気に入ってます(苦笑)
珍しく自画自賛の曲に仕上がってます。
だからこそ、歌いたかったんです。

4曲目「Rainbow

ここからピアノも加わりました。
何だかんだ、チャリティーライブでは
一度もやったことがないんですが、
今年はCDも発売したし、ピアノの良さを
存分に引き出せる、この曲は外せませんでした。
CDとは、ちょっと違ったアレンジも
聴き応えがあったと思うんです。

5曲目「今度君に会ったら(KANカバー)

チャリティーライブ恒例、レギュラー企画です。
尊敬するKANさんの曲を無謀にも挑戦しております(苦笑)
今年はKANさんの曲の中でも、NO.1であります
「今度君に会ったら」は、確か10周年くらいの
時期に出したアルバムの中に入ってる曲です。
それだけに本当にやっても良かったのか?
やっちゃったんです(苦笑)
キーが高かったし、過去に歌ってきた
曲に比べると、歌声の完成度は
充分ではなかったものの・・・
それでも歌いきれて満足はしております。
来年は何をやろうかのぉ~・・・(苦笑)

6曲目「生きてる生きてく(福山雅治カバー)

元々、予定にはなかったので、
パンフ等にも記載されてなかったんですが
小さな子どもにも歌える曲をやろうと
急遽やまちゃんと打ち合わせて、
ある友人に、福山の「生きてく生きてる」を
歌って欲しいと言われていたこともあり
ドラえもんの映画Songでもあったので
本当に急遽決まりました(苦笑)
自分で言うのもアレですが・・・
一番出来が良かったと思う。
って言われることも覚悟の上で臨みました(笑)
声質が近いんだと自己分析していますが
歌う側としても歌いやすいんですよねぇ。
結果的に楽しかったです(笑)

 

to_a_heart_of_children_vol.3 209.JPG

 

7曲目「紙ひこうき

ありがたいことに、
今年札幌市平和都市宣言20周年の
イベントで曲が採用されて、
8月のイベントではHBC少年少女合唱団に
歌ってもらうなど、自分の手を離れていくことを
初めて味わった大切な曲です。
それだけに、これからも大事に大事に
歌っていきたいと思っております。
アレンジとしては、CDを忠実に表現したと思います。

 

to_a_heart_of_children_vol.3 247.JPG

 

 

to_a_heart_of_children_vol.3 336.JPG

 

8曲目「忘れてしまった大人たちへ

このチャリティーライブで初披露された曲で、
本当は次の日のイマジン音楽祭で
披露される予定でしたが、
まぁ~一日くらいならいいか!という
軽いノリで歌わせていただきました(苦笑)
でも、随分とお客さんの評価が高かったと思います。

 

to_a_heart_of_children_vol.3 384.JPG

 

9曲目「あの頃の夢

単純に歌詞が気に入ってる曲です。
曲調はノリが良いのに、歌詞は重みがあると
勝手に思っているんですよねぇ~。
今の時代こそ歌うべき曲、そんな感じです。

10曲目「なくしちゃいけないモノ

ちょっとアレンジをいつもと変えまして
軽いタッチの曲調になっていたと思います。
カントリー風というのでしょうか。
一人の弾き語りでは、難しい演奏方法も
やまちゃんや、teaの用なサポートが入ると
曲の幅も広がるんですよねぇ~。
本当に有り難いです。

 

to_a_heart_of_children_vol.3 282.JPG

 

11曲目「希望の灯

本編最後としては、いろいろな想いのこもった
この曲を歌いたく選曲しました。
もう1年半近く歌っておりますが
一番上手く歌えたと思います。
それくらいに満足しています。
作った自分が歌いこなせないって
まぁ~あるとは思うんだけど(苦笑)
自分では完璧だったと思う(笑)
あれはYouTubeにアップしても良いくらい。
でも同じ曲を何回もアップしても
仕方ないからやんないけどね。

12曲目「Such is life

時計台でオケを使って歌うのも
俺のライブでは初の試みです。
アリなのかナシなのか、良く分かってないんですが
多分アリだったんじゃぁ~ないかなと思ってます。
CDを購入していない人には、
KAZの曲で、こういう曲もあるんだなと
思っていただけたらそれだけで
やった意味はあるかなと思っております(笑)

13曲「Message

あれっ、今年は歌うのかい?歌わないのかい?
と思わせながらも、う~たう!!
そんな気持ちで歌わせていただきました(苦笑)
今年は、ケーエーゼットコールも
ないのかなぁ~なんて思ってたら
後ろから聞こえてきました。
ホントにありがたい話です。


今年も振り返るには長~い内容ですが
何とか無事に終われたことが
本当に良かったなぁ~と思ってますし
見に来てくれた皆様に、
改めて感謝申し上げますm(_ _)m

続けていくことの難しさや、
集客などの課題も垣間見えたライブでしたが
それでも回数を重ねていく度に、
子どもたちのために、やっていこうと
頑張れる気持ちになります。

来年以降も、直すべきところは直していき
良いところは継続できていけるように
次へ繋げていきますので、
ぜひ、これからもご指導・ご鞭撻のほど
よろしくお願い申し上げます。

 

to_a_heart_of_children_vol.3 528.JPG

 

ありがとうございましたm(_ _)m

20周年に突入~あでゅ~♪

曲目
01.Image
02.君がヒーローになれ
03.太陽が僕らを照らすから
04.Rainbow
05.今度君に会ったら(KANカバー)
06.生きてる生きてく(福山雅治カバー)
07.紙ひこうき
08.忘れてしまった大人たちへ(新曲)
09.あの頃の夢
10.なくしちゃいけないモノ
11.希望の灯
~Encore~
12.Such is life
13.Message

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4