2012年11月の記事一覧

そんな僕も今年でもう36歳

辰年を3回も迎えたし、
オリンピックであれば9回も
できるほどの期間を、
運良く生きてきましたが(苦笑)

どうやら36歳です(笑)

36歳のキーワードで、世の中の偉人は、
どういう人がいるのか調べてみました。

木下藤吉郎秀吉(のちの豊臣秀吉)、
1573年に羽柴秀吉と名を改める。
孫正義、1994年7月に
ソフトバンク株式会社を店頭公開。

なんかパッとしねぇ~なぁ~(笑)

んじゃぁ~11月29日生まれを調べてみた。

林家ぺー(70歳)
舛添要一(63歳)
定岡正二(55歳)
隅田美保(37歳)
田口淳之介(26歳)

尾崎豊
たいせー(シャ乱Q)

くらいかなぁ~。
隅田美保って誰か調べたら
アジアンの人ね(苦笑)
やっぱパッとしねぇ~なぁ~(苦笑)

結局のところ、自分自身が
どうあるべきなのかを問う一日が
誕生日ということなんですかねぇ??

昨年からの一年を振り返ると
結構な激動だったと思うなぁ~。

仕事に関しては言えば、
利用してくれる人も増えてきたし
活気づいてきたとも思う。
まぁ~逆に多忙な状況もリアルに
迫ってきたので、これからが大変なんだが(苦笑)

音楽に関して言えば、
音楽活動10周年とあって
いつもよりも多くの場所で
歌わせていただいたと思います。
やまちゃんのおかげでフルアルバムの
CDも発売できたし、一番良い1年だったな。

家庭で言うと、ケンカは一度もなかったし
平和な一年だったと思うのぉ~(笑)


最後に11月29日生まれの人の特徴は↓

「強い信念を持つ、誠実で正直者」

□長所は?□
●ひらめきがある
●バランス感覚がよい
●心が平穏である
●寛大
●独創的
●直感力がある
●壮大な夢を持つ
●世事に長ける
●信念がある

■短所は?■
●集中力に欠ける
●心配性
●神経質
●利己的
●うぬぼれが強い
●気分屋
●気難しい
●極端に走りやすい
●気がきかない
●独立する
●繊細すぎる

☆性格と運命☆
●活力と気力にあふれ、理解力があり
臨機応変なあなたは、精神的な安定を望む
思いやりある人物。
●直感力が鋭いので、人の話の真意を
理解できますが、相手と一定の距離を保つべき。
●強い信念や意見を持ち誠実で率直な
性格であるため、思っていることを
ずばりと口にします。
●誠実で正直ですので、約束はきちんと守る人です。
●気前がよすぎる点に注意。充分な
見返りと慈善的なふるまいのバランスを
とるように心掛けましょう。

22歳までは⇒楽観的で、起業、勉学、
あるいは旅行を通して可能性を広げたいと考えます。

23歳⇒目的を持って現実的な方策で
目標達成を進めます。このことは人生に
秩序や規律を望む気持ちが強くなってくる
ことに関係します。

53歳⇒転機を迎えますが、この時期に
進行する太陽がみずがめ座に入ります。
自由や新しい考え、それから個性の表現に
関心が高まっていきます。

☆仕事と適性☆
●真実と公正を強く望み、博愛主義的性格から、
法律、政治、社会改革の道に進むとよいでしょう。
このような才能を想像力や感受性と
合わせて作家などの執筆業や、
福祉の仕事にも向いています。
●もともと博愛主義で面倒見がよいため、
地域に密着した公務員なども適職です。

★恋愛と人間関係★
●温かく魅力あるあなたの周りには人が集まります。
●少々さみしがり屋の面も。しかし、
パートナーや友人を操縦しようとしたり、
依存しすぎることのないように気をつけましょう。
●あなたにとって家族は特に大切な存在で、
あなたは将来的によき父、よき母になるでしょう。

当たってるような、そうでもないような??(苦笑)
何はともあれ、36歳の1年も大変だと思うけど
頑張って生きていきますので、
今後とも楽しいお付き合いをお願いします(笑)

20周年に突入~あでゅ~♪

パッとサイデリア~

仕事の帰り道に、暗い道があって
そこを通っていると、前方に小学生が2人いて
ふと後ろを振り向いて・・・

うぉっ!?

と驚いたようで、
終いには「幽霊かと思った
と言われるKAZです(苦笑)


紅白歌合戦の出場者が決まりましたね。
顔ぶれを見ると・・・
なんか特に真新しい感じの
歌い手などがいなくて
例年通りなら見なくても良いかな?
なんて、なっちゃうんだけど
今年はそういうわけにはいかない。

なぜなら・・・司会が堀北真希だから(笑)

真希ちゃんが出るんだったら
そりゃぁ~あんた、見るに決まってるしょ(苦笑)

とは言え、真希ちゃんだけで
数時間耐えられるわけじゃないから
ところどころは注目してみようと思うけど
PRINCESS PRINCESSくらいかなぁ~
進んで見てみたいのは。
あとはYUIが当面見れなくなるらしいので
それも見たいところだけど。

何となく、紅白ってその年に流行った音楽や
定番ソングを歌うというのが
暗黙の了解なんだろうけど、
どうせ定番ソングで呼ぶなら
年代別コーナー的なものを作って
例えば1990年などの人を呼ぶとかすれば
もうちょっと見る人も増えそうな
気もするんだがのぉ~(苦笑)

まぁ~真希ちゃんがでるから良いか(笑)

20周年に突入~あでゅ~♪

2012年11月19日~11月25日までのツイート

  • twitter

Mon, Nov 19

  • 09:59  今日から、わーく木の葉は中央区民センターにて、三日間のバザーに参加するよぉ〜。お近くにおよりの際は、なんか買ってって(苦笑)
  • 09:57  思ったよりも積もってなくて助かったのぉ〜。完全冬眠まで、もうすぐか...(苦笑)
  • 00:49  興正学園訪問 - http://t.co/r74PGipR

Tue, Nov 20

  • 09:55  三度寝に心折れそうでしたが、なんとか乗り気ってやった(苦笑) 今日も中央区民センターにて、バザー開催中だよぉ〜。確か俺は昼からの出番のはずです(苦笑) なんか買ってって(汗)

Wed, Nov 21

  • 22:56  今、仕事帰り(苦笑) 明日給料日だから、計算したりしてた。会計難し〜〜〜(苦笑)
  • 09:59  いやぁ〜ちょー寒いんですけど(苦笑)
  • 01:07  AKBの新曲が、光GENJIのGraduationにしか聴こえなかったが、でも聴きやすい(苦笑)

Thu, Nov 22

Fri, Nov 23

  • 15:51  映画館、激混みなんだけど(苦笑) ジュース買えなかった(泣)
  • 13:24  まぁ〜出たからには、悪の教典見るんだけどな(苦笑)
  • 13:23  外に出たことに後悔してしまった(苦笑)

Sat, Nov 24

Sun, Nov 25

  • 21:04  連絡なかったぁ〜〜〜(苦笑) 冬眠決定です(汗)
  • 17:28  無事に CROSS ROADS LIVE 歌い終わりました!! 見にきてくれた皆さま、本当にありがとうございましたm(_ _)m あとは、8時〜9時までに連絡があれば、ファイナル進出で、なければ冬眠決定です(苦笑)
  • 12:16  さぁ〜もうすぐ出番だぜぇ〜ドキドキよりも、ワクワクだぜぇ〜。気持ちだけは一人前だろぅ?(苦笑)
  • 11:05  これからチカホへ向かいます! まだ間に合うよ。CROSS ROADS LIVE けーえーぜっとの出番は12時40分から、チカホ北3条広場の前に集合だ!!(苦笑) ファイナル残るぞぉ〜〜〜(笑)
  • 01:30  しゃ〜ねぇ〜眠くないけど寝るか(苦笑)
  • 00:44  俺以外にもMartinのミニギター使ってる人がいた!! なんかちょっと嬉しい(笑)
  • 00:25  明日歌わせていただきます!! CROSS ROADS LIVE 11月25日(日) 12:00-START(KAZは12:40-13:10) 場所:札幌駅前通地下歩行空間チカホ「北3条広場」 共演者:多数 ファイナルに残ると12月9日にもチカホで歌えます。応援に来てくださ~い!!
  • 00:20  明日はライブだよ!! - http://t.co/i4SwwwdS
Powered by twtr2src.

CROSS ROADS LIVE

  • ライブ日誌

どうやらファイナルに残ることは
できなかったようで・・・
そこだけは非常に悔しさは残りますが
でも、それが現実なんだから
仕方がないようで(苦笑)


まぁ~それはいいとして、
長年、このイベントに出演したく
何度か応募していたんだけど、
どうやら実力が伴ってなかったのか
音源の質が悪すぎたのか
尽くかすりもしなかったのが
やまちゃんにプロデュースしてもらった
RainbowのCDを送ったら通ったので
改めて、やまちゃんに感謝しておりますm(_ _)m

出演する以上は、ファイナルに残るべく
前日にも、やまちゃんとスタジオに入って
最終調整していました。
今日のライブも出来は良かったし
年内最後でも良いくらいに
全力は出し切ったと思います。

 

20121125cross 002.JPG

 

 

20121125cross 009.JPG

 

だので満足はしてるんですけどね(苦笑)

チカホの一番広い場所で歌えたのは
やっぱ嬉しいよねぇ~。
あそこを借りて歌おうと思ったら
尋常じゃない金額がかかるから
個人では借りられないし(苦笑)

多くのお客さんも止まって聴いてくれたし
数年振りに会えた人もいたし
わさも来てくれたしね(笑)
一派からも、シヴァーとミックも来てくれました。

 

20121125cross 011.JPG

 

今年はいつもよりも
いろいろなイベントに参加させていただいてるし
普通じゃ歌えない場所での
ライブもできたりするので、
10th ANNIVERSARY YEARに相応しい
1年だったと思います。
最後の最後でチカホのでかいところで
歌えるなんてありがたいのぉ~。

来年も絶対にエントリーして
ファイナルに残ってやるんだからねっ!!
にゃろ~~~みてろぉ~~~(笑)


見に来てくれた皆様、
偶然止まって聴いてくれた皆様
アートステージ関係者の皆様
Air-Gの林唯衣さん、そしてやまちゃん
本当にありがとうございました。

20周年に突入~あでゅ~♪

曲目
01.Rainbow
02.忘れてしまった大人たちへ
03.Image
04.太陽が僕らを照らすから
05.希望の灯

明日はライブだよ!!

ファイナルに残れるかどうかで
今年最後のライブなるか、
大きく変わってくるのですが、
明日歌わせていただきます!!

もう日ハムのパレードも終わっちゃったし
特に大きなイベントもないけど、
日曜の昼間くらい、チカホに来たって
いいじゃないかぁ~~~~(苦笑)

審査基準が分からないから
どうすればファイナルに行けるかは
正直分からないけども
精一杯、楽しく歌わせていただこうと
思っておりますので、
お時間がありましたら
応援に来てもらえると嬉しいです!!


今回もありがたいことに
ヤマガタユウジくんに
サポート入ってもらえるし
ファクトリーに次ぐ、立派なステージで
歌わせていただくので
気合いだけは入っておりますので、
よろしくお願いします!

CDも販売しますし、
写メも取り放題(苦笑)
KAZとふれ合える良い機会です(笑)

待ってるってばよ!!

CROSS ROADS LIVE

11月25日(日) 12:00-START(KAZは12:40-13:10)
場所:札幌駅前通地下歩行空間チカホ「北3条広場」
共演者:多数

20周年に突入~あでゅ~♪

久々の完全オフ

怒濤の給料計算を終え、スタッフに
給料を渡せて少しだけ気が楽になった
ケーエーゼットです(苦笑)

せっかくの勤労感謝の日。
のらりくらりと働いている
自分への褒美の意味も込めて
映画でも見に行こうと決めておりました。

したっけ家を出た瞬間に
猛風吹ジュン(苦笑)
俺が何したって言うんだ??
ちょっと映画を見ようとしただけじゃんか(汗)

何とかJR駅までたどり着いて
札駅へ向かいました。

今回見ようとした映画は
「悪の教典」・・・。
これまた自分への褒美にしては
重たいテーマの映画を
選んでしまったもんである(苦笑)

見ようとした時間には間に合わず
2時間も空きができたので
一番気になっているギターの
Taylor GS miniを演奏するべく
島村楽器へ行きました。
時間が有り余っているもんだから
1時間近く勝手に弾かせてもらってました。

GS miniは通常のアコギよりも小さくて
今のMartin LXMEよりも大きいサイズの
ギターになるんで、何度も何度も
弾かせてもらって、その上で購入したい
という想いがあるので、
今すぐ買わないのに、何度も弾きに来る
微妙なお客さんとして定着しております(苦笑)

やっぱりずっと使い続けて来た
LXMEに比べると慣れていないこともあり
音がちゃんと出せていないような気もするんだけど
押さえ方としてはできてもいるんですよね(苦笑)
でもLXMEだって最初は弾きづらくて
何度も何度も演奏していく度に
今のようになっていったので
取り敢えずは購入しないことには
何ら話にならないのである(汗)

サイズに制限があるってのは
正直ギターに選択肢がないので、
ミニギターの各社本格仕様のバージョンが
現れることを切に願っております。


んで、映画の時間になったので、
GS miniに別れを告げて、
やっと映画の本題へ(苦笑)

伊藤英明のクレイジーぶりは
見ていて圧巻だったけど
いまいち共感能力を欠くサイコパスになった
経緯というか、生まれながらにそうなのかの
説明がなさ過ぎて、意味が分かりづらかった。
でもひたすら猟銃をぶっ放すシーンは
なかなか凄まじいものがあった。
正直もう良いやって感じ(笑)

感想はそんなもんです(苦笑)

その後、ヱヴァンゲリヲンを見に来ていた
やってぃと合流し、空き時間で行ったという
ヨドバシへまた連れて行き、
一緒にiPad miniをチェックしたり、
ミラーレスカメラを見ていたりしていました。

それにしても今日は凄い人の数で
動けど動けど人で溢れていましたねぇ~。
明日は日ハムパレードがあるらしいので
もっと人で溢れそうですね(苦笑)
行く人は気を付けてくださいねぇ~。

と言うわけで、良いオフの日だった。

20周年に突入~あでゅ~♪

パンクーばー

今日一日の話。

朝、普通に職場へ向かうべく
玄関から車椅子を広げて
座ってみると・・・
左側のタイヤがペッタンコ(苦笑)

oh~空気が抜けているよぉ~

なんて呑気なトーンで、
コンプレッサーで空気を補充してあげました。
一端は持ち直したかのように
車椅子も振る舞ってくれるので、
意気揚々と職場へ再度向かうと・・・
また空気が抜けてしまい
俺のお腹のようにペッタンコ(苦笑)

再度家に戻り、空気を補充すると
さっきよりは持っている様子なので、
空気入れた後で、なんかが緩んだんだなと
言い聞かせながら再度職場へ向かいます。

ところが職場へ行くと、
やはり空気が抜けてきていて

oh~パンクーばーだよぉ~

と、やっと事の重大さに気付く(苦笑)
仕方ないから職場近くの自転車修理屋さんを
ネットで見つけるや否や、速攻で向かいました。

まだ昼食前の時間帯なので、
お腹も何も入っておらず、風の冷たさが
より一層厳しさを増していましたが
まずは直すことが先決だと言い聞かせ
お店に着いてみると・・・

勝手ながら21日、22日はお休みします

・・・・・・・・・_| ̄|○

あんだけ駆け抜けた時間は何だったのか?
そもそも一本電話を入れてから行くべきだったと
気付いたのは後の祭り・・・。
往復20分の寒い散歩でした(苦笑)

そうこうしていると昼休憩になったので、
飯を食べてから違うお店に行こうと考え
再度店探しをしてレッツゴー。

ネットで見つけたお店に行くと
対応してくれそうな感じだったが
相当忙しいらしく、しかも結局車椅子は
やったことがないと拒否られる(苦笑)

改めて言おう!!
タイヤの仕組みは自転車と同じじゃボケ(苦笑)
それを自転車修理を主とする
お店ができないってどういうことじゃ??

と心の中でつぶやきながら、
違う店を紹介してもらい
渋々さらに遠くへ向かいました(苦笑)

やっとの思いで到着した店では
親切に対応してくださり
チューブ交換でことは済みました。
交換手数料を払って店を後にします。

この間ずっと外にいたもので
体も冷えてきて、トイレに行きたくなりました。
スーパーのトイレを利用して、
車椅子のバッテリーも減ってきたので、
予備と交換してトイレから出ようとした
その瞬間・・・

パーーーンッ!!!!!

という拳銃をぶっ放したような
近い音がして・・・一瞬辺りを見回します。
一瞬自分が打たれたのかと思い
腹とか心臓とか押さえてみます(苦笑)

でも音の正体はすぐに分かって、
さっき修理したはずの反対のタイヤチューブが
勢いよく破裂した音でした・・・(汗)

なかなか尋常ではない音だったので
トイレのドアを開けたところで
心臓が弱い、おじいちゃんやおばあちゃんが
倒れてやしないかドキドキしながら開けると
取り敢えず誰もいなくて安心しました。

誰も倒れてなくて良かったのぉ・・・。

何となく居心地が悪いので、
とっとと逃げるようにスーパーを後にしました(苦笑)


結局、左側のタイヤを直してもらうはずが
どういうわけか右側も破裂してしまい
両方タイヤチューブ交換になってしまい
なぜか、さっき払った金額を
また払っていました(苦笑)

少しくらいまけてもらえるという
勝手な思い込みは脆くも崩れ・・・
タイヤ修理で樋口一葉が俺の手元から
巣立っていったとさ・・・(苦笑)

言うまでもなく職場へ戻る道のりは
快適な走行だったぜ!!(笑)

20周年に突入~あでゅ~♪

2012年11月12日~11月18日までのツイート

  • twitter

Mon, Nov 12

  • 10:07  朝から雨に当たるのねぇ〜(苦笑) 挫けそうだ。

Thu, Nov 15

Fri, Nov 16

  • 10:06  今日の夜7時から、サッポロファクトリーにて、KAZ歌います!巨大ツリーを見に来るついでに、歌を聴きにきてくださ〜いm(_ _)m
  • 00:18  そういえば、12月23日のKANさんのライブチケットが届いてた。チケット見て思い出したけど共済ホールだった(苦笑) しかも真ん中あたりだった。RYOさんに担いでもらうしかないな(苦笑) http://t.co/b67byWvA
  • 00:14  昨日の森光子さんといい、今日の政治評論家の三宅久之さんといい、偉大な方が亡くなっていきますねぇ。三宅さんなら今の解散はどう答えるんだろう?(苦笑)

Sat, Nov 17

  • 15:56  意外と悪夢ちゃん面白いかも(苦笑)
  • 02:09  サッポロファクトリー・ウィークデーライブ - http://t.co/N2CxgCsT

Sun, Nov 18

Powered by twtr2src.

興正学園訪問

To a heart of childrenという
子どもたちのためにできることを
やろうという企画を立ち上げて、
チャリティーライブを開催して
そこで得た募金を児童養護施設へ
寄付する活動を継続しているわけです。

今年の寄付先である、札幌市北区にある
興正学園さんへ訪問してきました。

場所はこちら↓

児童養護施設 興正学園

 

gakuen_01.jpg

 

(札幌市北区新琴似4条9丁目1-1)


大きな地図で見る

http://www.kousyou.or.jp/taiyo/index.html

今回は話し合いの末、原点に帰ろうということで
自分たちが住む地域の児童養護施設の
状況や現状を知りたいと考えました。

訪問して感じたのは、児童養護施設と言えども
各施設ごとに子どもたちに関する取り組みや
考え方が違うのに驚きました。
別に悪い意味ではなくて、ある程度統一された
もので各施設が成り立っていたと思っていたので。

いろいろ短い時間内での話となりましたが
数年前に全国的に話題となった
児童養護施設へランドセルなどを寄付する
伊達直人(タイガーマスク)現象が
きっかけもあって、国も以前よりは
児童養護施設への対応も柔軟化させてきていて
2年前に訪れた浦河で聞いた、
部活動に参加する際の必要な道具などは
国からはお金が出ないので、寄付ややりくりで
まかなっていた部分については、
必要なものと認められ、購入することが
できるようになってきたとのことでした。
部活での遠征費などもでるようになったと
うかがうことができました。
そういう部分にはお金がでないと聞いていたので
きっかけはどうあれ、少しずつ
改善されてきていることに嬉しく感じました。

ただ、国が示す、施設運営に関する人員配置と
施設側が捉える人員配置にはギャップがあるようです。
小学生以上になると6人に対して
職員は1人配置するとのことで、
現場で働く職員の想いとしては
可能な限り周りを見渡すと、
ちゃんと大人がいる、それくらいの環境である方が
望ましいという認識でした。
小学生と言えども、小1と小6では
大人の必要度も違ってくるだろうということで
葛藤も抱えているようにも見えます。
職員の人員を増やしたいという点は
大きく残る課題の一つなんだと思います。


施設によって異なるんだとは思うのですが
学年によって値段が違うものの
小遣いなどももらえたりするんだそうです。
お年玉ももらえたりするんですって。
でも、単にお金や寄付などもらうことが
当たり前ではないんだよという
意識を強く持ってもらうために、
小遣い帳をつけたり、寄付してもらったことに
感謝する想いを持つことには
特に重点を置いて話をしているとのことでした。

大事だなって常に思うけど、
結構環境によっては普通になってきて
感謝することもなく過ぎていくことは
別に大人の社会にだってあると思うんですよね。
だから感謝するという気持ちを
ちゃんと話していける関係作りは大切なことですよね。


話の最後に、どういう形であれ
施設に来てしまった子どもたちには
この施設がHOMEであってほしいんですと話していました。
社会に出て行った子どもたちが、
正月などに2~3日泊まっていって
現在の仕事のこととか報告してくれるんですって。
多分そういう時が一番嬉しい時なんだろうなって
聞いていて思いました。

児童養護施設は、子どもたちにとって
救いの場所であると思うんだけど
一生いれる場所でもないんですよね。
いつかは社会に出なきゃならないですから。

でもふとした時に、実家のように帰れる場所が
あるかないかだけでも、その後の人生には
大きく変わってくると思うんです。
施設がそういう場所でもありたいという話には
児童養護施設の違う一面も見えた気がして
旅立っていった子どもたちとの関係性に
妙に感動してしまいました。
ぜひこれからも、今暮らしている子どもたちには
安心して暮らせる施設であってほしいし
旅立っていった子どもたちには、
ほっと帰ってこれる施設であってほしいと思います。

興正学園さんでは定員は60名で
現在59名の子どもたちが暮らしているんだそうです。
少しだけ挨拶させていただきましたが、
いろいろな気持ちを抱えながら、
ここで暮らしているんだろうなと思うと
上手い言葉も見つからず、話した内容は
しどろもどろだったかも知れません(苦笑)

ただ確実に多くの方の想いが詰まった
寄付であることだけは伝えさせていただきました。


いつもチャリティーライブが終わると考えるのが
この企画はKAZ一人でできているわけじゃないし
KAZ一派実行委員会の仲間だけでできているわけでもない。
子どもたちのためにできることをやろうという
主旨に賛同いただけた多くの方々の
想いがあって初めて成り立っていることに感謝し
微力ながらも来年以降も継続していって
少しでも多くの子どもたちに
寄付できたらと思っております。

改めて募金してくださった皆様にも
感謝申し上げます。

まずは今年の集まった募金を
無事に届けられたことにホッとしております。

 

2012-11-19 00.36.55.jpg

 

お忙しい中、何度もメールの
やりとりをしてくださったIさん、
訪問の際にお時間を割いてくださった職員の皆さん
休み中に付き合ってくれた子どもたち
本当にありがとうございました。

一緒に訪問に行ってくれた
RYOさん、シヴァー、ミック、ひーちゃんも
本当にありがとうございました。

あまり良くまとまっていないようにも感じますが
これでTo a heart of children Vol.3の終了と
施設訪問の報告とさせていただきます。

20周年に突入~あでゅ~♪

寝たなぁ・・・

天気が良かったら出掛けようと思ってたけど
昼の1時に起きても夜のように
妙に暗かったから出掛けるのは素直に諦めて
昼飯を食べながらドラマの悪夢ちゃんを
5話連続で見ていました(苦笑)

ここ数年の土曜夜9時台の
ドラマってのは、ファンタジー色が
強かったので、遠ざかっていました。
とは言え、毎回第一話は録画するんですがね(汗)

意外と二話目以降が面白くなってきて
気が付けば5話までノンストップで
見ていました(苦笑)

その後、眠くなりまた寝てしまい
気がつきゃ、9時間際で・・・(苦笑)

ほぼ、一日寝てたような気がしますね(汗)
まぁ~そんな日もあっていいかと
自分に言い聞かせております(苦笑)


明日は児童養護施設興正学園さんに
チャリティーライブで集まった募金を
寄付しに行ってきます。

福島県のいわき育英舎さんには
水曜日に普通為替証書にして
郵送したので、既に寄付は済ませております。

2012-11-14 00.03.53.jpg

明日、寄付しに行って今年度の
To a heart of childrenの企画は終了します。
募金に協力してくださった皆様には
本当にありがとうございました。

少しでも多くの子どもたちの
笑顔が増えていけばいいなと思って
これからも活動していきますので、
よろしくお願いします。

まずは明日です。

20周年に突入~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4